余命三年時事日記 ミラーサイト
数秒後にアクセス数を表示します
2019-08-11 16:10 0 comments

0111 官邸メール更新余命138号

引用元 

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、おはよう。今日も暑そうだね。

 

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、金哲敏、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

 

 

コメント1 余命138号  悪徳弁護士刑事告発はじまる

 

要望

弁護士の詐欺事件として刑事告発がはじまっている。

本件は横浜地検に告発された。

得体の知れない怪文書が「通知書」「合意書」として懲戒請求者に送付されたもので、個人情報の漏洩とその目的外使用の問題だけではなく、関係民事訴訟の訴訟理由がすべて否定され棄却されたことから、「通知書」「合意書」なる怪文書の根拠が失われ、詐欺行為が確定している。

 個人情報に関し、漏洩と目的外使用については神奈川県弁護士会と日本弁護士連合会にも責任がある。また、被告発人の行為は、以下の罪名に該当し、看過できないので、厳重に処罰されたく、ここに告発するとして、以下、3名の弁護士が刑事告発されている。 

 

(詐欺)第246条

1.人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。

1.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

神原元(神奈川弁県護士会)

宋恵燕(神奈川県弁護士会)

姜文江(神奈川県弁護士会)

通知書の要求額は150万円、200万円、250万円である。

 この通知書、合意書なる詐欺文書は2019年8月5日にも送付されている。早急な対応を要望する。

 

.....官邸メールにも弁護士名が登場する有名な事件である。非常に巧妙に仕掛けられており、まさに詐欺のプロ集団のなせる技である。

 具体的な告発情報であるが、すでに内容はすべて把握している。この通知書を送付された被害者は確認しただけで約1000名を超えている。

 開封後の通知書には「貴殿は...」とあって、加害者と被害者の特定が焦点となるが、損害賠償請求ならともかく、事実証明であれば、無開封の通知書がいくらでもある。告発、あるいは告訴で犯罪者の処罰を求めるのには不足はない。少なくとも武蔵小杉の封筒と通知書があれば、詐欺行為の被害者であることは認定できる。

 現在は告発状態であるので、通知書は武蔵小杉から送付された封筒共々、大切に保管をお願いする。

 

 

コメント2 懲戒請求と告発の違い

 

懲戒請求書の送付先は対象弁護士の所属する弁護士会である。そこでお手盛りの審査が行われる。また、その処分は大甘で、かつ、ないに等しいのが実態である。

 しかし、「懲戒請求を違法とする訴訟提起」となるとあきらかに弁護士法の枠を逸脱する事案となるから、国権による処罰を求めるということになる。つまり、告発は刑事事件である。本件も詐欺罪ということになれば罰則は10年以下の懲役である。

 告発も告訴も当事者の違いだけである。本件は懲戒請求の憲法上違法かどうかという問題になれば争いにならない。要は法律審理で有罪か無罪かの話である。

 

 

コメント3 まとめ役がいない単独告発

 

2016年10月から第六次にわたる全国地検外患罪キャンペーンでは、日本再生大和会でまとめて、記載日の年月日も記入しないで、できるだけ検察で処理しやすいように配慮した。懲戒請求書も同様である。

 東京地検には段ボール33個、約4万4000通の告発状が押し寄せたと聞いているが、すべて返戻されたようだ。しかし、今回は日付けの記入から発送まで直通であるから、たとえ100分の1でも大変だね。もっとも現状は11件だからそうでもないか。

 告発対象者はグループであるし、有印私文書偽造行使と詐欺に告発罪状がしぼられていること、また、起訴要件に複数あるいは大量という条件はないので、検察のやる気次第だな。あてにはできないが、期待はしたいね。

 

 

コメント4 簡易な告発手段(何人も.....)

 

刑事訴訟法第239条

①何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

②官吏または公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、

告発をしなければならない。

 

今後、告発案件が増える。選択肢が多くなる。また、大量だとか、あおっただとか騒ぎ出すかな。まあ、もう、その手は通じないがな。

 

 

コメント5 津田大介君情報 

 

渡邉哲也認証済みアカウント

@daitojimari

フォローする @daitojimariをフォローします

その他

御尊父様が在日特権を作った高沢寅男さんの私設秘書さんでしたか、労働貴族のエリート様ですね。【東京すくすく】父は会社勤めせず、労働運動や政治活動ひとすじ

16:29 - 2019年8月10日

 

 

T. S.@tstateiwa

フォローする @tstateiwaをフォローします

その他

返信先: @anonymous201504さん

津田公男さんは社青同、社会主義協会の専従を長く務めた方で、現在、社会主義協会本部でボランティア専従をしています。昨年は私といっしょに中国に行きました。社会主義協会本部HPは津田さんの息子さんが経営しているIT会社に管理運営を委託していると聞いていますが、..ttp://roudousyaundou.blogspot.com/2012/02/blog-post_25.html …

2:59 - 2018年11月10日

 

ジャーナリスト 津田大介さん 闘う両親に育まれたジェンダー観 

添田隆典

(2019年5月26日付 東京新聞朝刊)

家族のこと話そう

家族との思い出を振り返る、ジャーナリストの津田大介さん=名古屋市で(太田朗子撮影)

 

父は会社勤めせず、労働運動や政治活動ひとすじ

 リベラルな思想を持つ両親の元で育ちました。父親は60年代に学生運動にかかわったのを機に、大学卒業後は一度も会社勤めをすることなく、労働運動や政治活動に身をささげてきました。10年ほど、社会党副委員長を務めた元衆院議員の高沢寅男さんの私設秘書も務めていました。

 もの静かな性格だけれど、酒が入ると冗舌。「酒を飲むのが仕事だ」と、毎晩のように飲み歩いていました。休日になると労働組合の関係者が家に集まり、酒を片手に議論に花を咲かせていました。

 でも、子どもに自分の政治信条を押しつけることはなかった。家にいることが多かったので、父親と遊んだ記憶はすごくあります。小学生の夏休みには2週間、車で東北などにも連れていってくれた。高校に入ると「もう一人前の個人なんだから、自分の道は自分で決めろ」と。大学卒業後、就職試験にすべて落ち、アルバイトしかあてがなかったときも楽観的でいられたのは、いろんな生き方があることを父親が身をもって教えてくれたからだと思います。

 母は労災で後遺症 家計支えつつ裁判を闘った

 2歳年下の母親とは労組の集まりなどで知り合ったようです。母親は地元の女子高を卒業後、上京して国立大の職員をしていました。僕が7歳のころ、職場で労災事故に遭い、安全配慮に問題があったとして国を相手に裁判を起こしました。頸椎(けいつい)損傷の大けがで後遺症が残ったにもかかわらず、大学側が半年間しか療養補償を認めないのはおかしいとの思いがありました。

 母親は10年間、裁判を闘いましたが、最高裁で敗訴が確定しました。訴訟をしながら大学に勤め続けたので、精神的にもつらかったと思います。僕や2歳下の妹の学費が必要だったし、父親の収入が不安定だったから、辞めるわけにはいかなかった。心配性だったので、放任主義の父親と子育てを巡ってよくけんかもしましたが、家計を支えていたのは母親でした。

 父は率先して家事 母も「尊敬している」と支え合う

 一方で、父親もけがを機に体調を崩しがちだった母親に代わって、炊事や掃除、洗濯を進んでやっていました。今は70代後半ですが、あの年代の男性ではすごく珍しいこと。母親も「お父さんのことを尊敬しているから支えたい」って。互いが違うかたちで支え合っていたと思います。

 そんな両親の関係は僕のジェンダー観に決定的に影響を与えました。芸術監督を務める「あいちトリエンナーレ2019」でも、男女平等の観点から、招待作家の男女比を1対1にしました。二人ともあまり口にすることはありませんが、僕の仕事について喜んでくれているみたいです。

つだ・だいすけ

 1973年生まれ。東京都出身。98年、早稲田大社会科学部卒業。政治情報サイト「ポリタス」編集長。早稲田大文学学術院教授。ネットメディアやジャーナリズムを専門に幅広く発信。名古屋市などで8月1日~10月14日に開催する国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督を務める。

[元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年5月26日]

 

 

ウェブからテレビに進出した、日本でもっとも「信頼できるジャーナリスト」と旧世界メディア界隈から位置づけられている津田大介氏の「沖縄基地反対派に肩入れするスタンス」が何からくるものか調べていたら、大変興味深い事実を発掘しました。

父親が長年社会党関連団体の専従役員を務め、今も「社会主義協会」の雑誌に原稿を書いています。なおもう一つの所属団体「社青同」には池上彰氏も所属していたと言われています。津田大介氏がNHKでこのうえなく重用された理由が見えてくるように思えます。

 しかし資料を見れば見るほど完全な反安倍政権であります。津田大介氏は2019あいちトリエンナーレの芸術監督に就任されたそうですが、本当にこの方で大丈夫なのでしょうか。大村知事は自民党からも推薦されていましたよね?

以下、津田大介氏に関する情報を投稿いたします。

 

■労働者運動資料室サイト管理人よりttp://roudousyaundou.blogspot.jp/2013/01/blog-post_31.html

2013年1月31日木曜日

朝日新聞「おやじのせなか」理想追い思想押しつけず(津田大介さん)

本日(2013.1.31)朝日新聞朝刊の週一回連載インタビュー「おやじのせなか」(大阪本社版では26面)に、ジャーナリストで「ウェブで政治を動かす!」(朝日新書)などの著者津田大介さんが登場しています。長く社青同、社会主義協会の専従役員を務め、現在は協会本部ボランティア専従である津田公男さんのご子息です。(紙面に名前は出てきませんが)

今日の時点では朝日新聞HPに転載されていないようですので、朝日新聞HPでは会員制ページ掲載ですので、要旨をまとめておきます。(略)

 

■社会主義協会

102-0072東京都千代田区飯田橋1-8-8 ASKビル4階

TEL 03-3221-7881

 

■月刊『社会主義』2014年度の特集テーマ ttp://www.kyokai.gr.jp/kako-2015.html

2015年10月号 640 津田 公男  「15年『防衛白書』と新安保法制」

月刊『社会主義』2014年度の特集テーマttp://www.kyokai.gr.jp/kako-2014.html

2014年11月号 629 津田 公男  「特定秘密保護法の廃止を」

2014年10月号 628 津田 大介  「今なぜ『憲法改正』か」

2014年5月号 623 津田 公男  「国家安全保障戦略とは何か」

2014年2月号 620 津田 公男  「新『防衛計画の大綱』がめざすもの」

2014年1月号 619 津田 大介  「ネット選挙解禁、若者の政治意識は変わるのか」

月刊『社会主義』2013年度の特集テーマttp://www.kyokai.gr.jp/kako-2013.html

2013年11月号 617 津田 公男  「安倍政権の「積極的平和主義」は何をめざすか」

2013年5月号 611 津田 公男  「危険きわまりない安倍政権の軍事政策

 

■ブーリキー@tincanscarecrow

【新左翼断想16】みんなが大好きな池上彰さん。彼も社青同だったそうだけど、社青同は三派あった。1.向坂逸郎(社会主義協会)派=ソ連崇拝、2.太田薫派=労組中心、3.新左翼系=革労協、第4インター、構造改革派。多分3ではないでしょう(笑)。

1:05 - 2013年7月13日ttps://twitter.com/tincanscarecrow/status/355961130822270976

 

■ブーリキー@tincanscarecrow

【新左翼断想17】池上彰さんが慶応大学に入る前、社青同の三代目委員長を退任した深田肇氏は、「チュチェ思想研究家」であり「北のスポークスマン」としても有名な人だった。我が国における北崇拝の歴史は古いんだね(笑)。

1:10 - 2013年7月13日ttps://twitter.com/tincanscarecrow/status/355962386965987329

 

■津田大介?認証済みアカウント@tsuda

8)●なぜ沖縄に対するヘイトがここ数年で増えたのか?

翁長知事誕生で本土に向けた情報発信が強化された。自民党が圧倒的に強い中政府に対して真正面からNoを突きつけてる。そんな自治体は全国どこを見てもないため、結果として本土メディアで沖縄が取り上げられる機会が増えた。 #クロ現プラス

7:12 - 2017年5月15日ttps://twitter.com/tsuda/status/864121306626760704

 

■『津田大介 日本にプラス』(CS テレビ朝日チャンネル2)

10/11(火) #230

沖縄の新聞は本当に『偏向』しているのか~ジャーナリスト安田浩一氏に聞く“沖縄の新聞”と“高江ヘリパッド問題”ttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/tsuda/contents/lineup/0230/

安田浩一(ジャーナリスト)

「沖縄の2つの新聞社はつぶさないといけない」…自民党勉強会における作家百田尚樹氏の発言を受け、沖縄2紙の幹部、さまざまな世代の記者、県民の思いを聞いたのがジャーナリスト安田浩一氏だ。そもそも「偏向」とは何なのか。そしていま最も緊迫する「高江ヘリパッド問題」の行方は?

 

■沖縄タイムス+プラス ニュース

津田大介さん・安田浩一さん、「ニュース女子」問題でMXテレビ出演辞退 2017年1月19日 沖縄タイムス+プラス ニュース

ニュース女子 安田浩一 津田大介 ヘイトスピーチ 沖縄ヘイトttp://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80431

 東京の地上波テレビ局、東京MXテレビの番組「ニュース女子」が沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設の抗議行動に関し事実と異なる報道(2日放送)をした問題で、ジャーナリストの津田大介さんと安田浩一さんが18日までに同局が放送する別のニュース番組への出演を辞退した。「取材がずさんで事実でない」「報道に値しない」と2日の番組を批判している。

 2人が出演を辞退したのは、同社が毎週月-金曜に放送する「モーニングCROSS」。津田さんは1月と2月に出演予定だったが辞退。17日付で自身のツイッターに「『ニュース女子』について何らかの検証や総括がない限りは出演しないつもり」と投稿した。安田さんは1月に予定していた出演を取りやめた。

 本紙の取材に対し津田さんは「2014年11月の知事選以降、沖縄で取材して感じる基地問題の現状とは明らかに異なる内容だ。取材もずさんで、事実ではない」とコメントした。

 東京MX側は16日の番組後に「さまざまなメディアの沖縄基地問題をめぐる議論の一環として放送した」と見解を公表。これに対し津田さんは、番組を検証する姿勢が見られず対応がひどいと指摘。「ネットの書き込みと同レベルの内容を放送すれば、視聴者へ与える悪影響は大きい。地上波テレビ局としての責任を感じてほしい」と求めた。

 安田さんは「現地の人に話を聞く、裏取りするという取材の基本ができていない。抗議行動をおとしめるデマで、報道に値しない」と批判した。

 

■『津田大介 日本にプラス』(CS テレビ朝日チャンネル2)

11/20(木) #70

普天間“辺野古移設にNO” 初のオールロケ!

津田大介が見た沖縄県知事選挙スペシャルttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/tsuda/contents/lineup/0068/

津田大介キャスターが全編沖縄で取材を行う初のオールロケスペシャルは、沖縄県知事選を取り上げる。米軍普天間飛行場の辺野古移設問題に反対する翁長候補が10万票差で移設容認の仲井真候補に勝利したが、政治家、経済人、市民はどう行動し、どう選択したのか。本土からは見えない沖縄の複雑でねじれた実像を津田大介が徹底取材した。

 

■『津田大介 日本にプラス』(CS テレビ朝日チャンネル2)

7/2(木) #124

津田大介オールロケ第2弾!“移設反対”で国と対峙…

津田大介が半年ぶりに取材した“沖縄の民意”ttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/tsuda/contents/lineup/0124/

去年11月沖縄県知事選をオールロケで取材した津田大介が半年ぶりに沖縄を取材!辺野古移設をめぐり翁長知事が政府と対立する中、津田大介が半年前に取材した政治家、経済人、市民などを取材。“沖縄の民意”がどこにあるかを確認する。また訪米で厳しい現実を突き付けられた翁長知事の今後の戦略は?渾身のオールロケ第2弾。

 

■『津田大介 日本にプラス』(CS テレビ朝日チャンネル2)

7/18(月) #209

津田大介沖縄オールロケ第3弾!繰り返される米軍関係者の犯罪と”日米地位協定”ttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/tsuda/contents/lineup/0209/

繰り返される米軍関係者による凶悪事件。その背景にある日米地位協定の抜本改定に動かない政府に怒る沖縄県民。おととし・去年と沖縄オールロケで取材した津田大介が、3たびオールロケで沖縄を取材。県民大会、慰霊の日、大田元知事、地元与野党政治家、若者たちなどの取材を通じて、沖縄の人々の本音と知られざる日米地位協定の実態に迫る。

 

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト