余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-04-03 00:57 最新コメント:2016-04-03 22:25
558 選挙関連アラカルト⑨(20)
引用元のソース

ねむり猫
皆様のボルテージが凄いですね。余命様も忙殺されておられるようで、とりあえず、5月を楽しみにしております。
>医拳士さま
「行動変容」について、他の方も似たような問題意識を持っておられるようなので、以下自分なりの意見ですが、参考になれば幸甚です。もし見当外れだったら御免なさい。
思い切って対象と目的を絞ります。
 対象 政治に無関心な職場関係の人・仲間・知人・ママ友等
 目的 棄権しそうな人に投票させる 民・共を選ばせない
 ノンポリも我々も同じ一票。誘導先は自民(個人的には日本の心もハードル高し)。身内や近しい人は自分の考えで。たとえうまくいかなくてももっと大事なものがあります。 
 酒場、喫茶店、ブレイクタイムを利用します。
 正面突破はリスクが高いと思います。煙たがられ、下手すると宗教の勧誘みたく受取られかねません。こういうときに敵のネガキャンが効いてきます。甘利疑惑以降の流れができていますから。選挙期間が始まればそういうことはどうでもいいことなので、彼らも今は必死なのです。
 そこで民・共貶め作戦です。悪事(事実)をそのまましゃべればいいです。永田食堂のキムチチゲ鍋定食、激辛麻婆丼が不味くて体に悪いとなれば日替わり一択です。良心を咎める必要は全くありません。
 ただ、ここからのイメージがポイントとなります。
 まずは導入を自然に。酒場では多少強引でもOK。話題が尽きたところで「ところで民進党ってヒドイねー云々・・・」上司の悪口言うように誇張とユーモアを交えて。喫茶店ではスマホや新聞を小道具に。不自然になるようなら見送り。選挙カーが走り回る頃には、いきなりからでもOK。ブレイクタイムに「ところで、選挙行くの?」「今、いつでもどこでもできるんだから」「あれ一回やると楽なんだよね。だって、死ぬまでずっと送られるんだよー選挙のたびにー」世間話の一環として、変に改まったり、固くならずに。政治に詳しい人と思わせること。潜在意識に刷り込むような方針です。あとは本人の信用です。
 ママ友はお茶をしながら。やはり愛国憂国モードは微妙です。いつも通りのノリで。頃合を見計らって決行。ネタは食品汚染・生活保護を民・共に絡めるとよいと思います。そして適当なところで自分から話を切り上げます。楽しかったーまたねーでお別れがベスト。
 以上たわいもないですが、もちろん一例であり、勘所をつかんで頂くためのものです。人間力とTPOに応じてアレンジしてもらえれば、取っ掛かりくらいにはなるのではと。 手応えや、脈ありと思えば、次のステップも見えてきます。まぁ、うまくいかないことがほとんどです。成果が分かりにくく、焦りもあるかもですが、相手のあることですし、一人一人には限界があります。でも余命読者は一人ではありません。角栄は選挙の要諦を「人の心を頂く事だ」と云ったとか。なので、私らはコメディー映画の愉快犯のように気楽にやりましょう。余命様分析どおり流れはできていますから、皆でスクラム組んでいきましょう。資料でもないのに長々と失礼いたしました。
pS 個人的に山田宏氏をカムバックさせたいです。よろしければ。

罵詈雑言
余命さま、スタッフさま
お疲れ様です。
コメントを引用いただき、恐縮至極に存じます。
 さて、前回の組合小噺に続いて、組合絡みで下記のようなものを見つけましたので、ご紹介させていただきます。
UAゼンセン新聞 2016年3月17日(木) 2854-81号より
“投票しやすい環境をつくろう” 都道府県支部で要請活動を実施
 UAゼンセンは、ショッピングセンターをはじめ商業施設等に期日前投票所の設置を求め、組織内・準組織内議員や地域連合等と連携して地方自治体の議会や選挙管理委員会に対し要請しています。
 これは、選挙が通常休日に行われるために、流通・サービス産業で働くUAゼンセンの仲間にとって投票しやすい環境をつくるだけでなく、わが国全体の投票率の向上にも寄与します。
 UAゼンセン等の働きかけもあり、すでに期日前投票所の設置を決定した商業施設も増えています。ことし7月に予定されている参議院議員選挙では、商業施設に設置された期日前投票所は前回の国政選挙(2014年の衆院選挙)時の44か所(総務省)から大幅に増えることが見込まれています。
 投票しやすい環境をつくり、投票をつうじて私達の声を政治に反映させましょう。
(引用おわり)
 選挙に外国人が関われる現在の法の下で行われる国政選挙で、期日前投票所をあちこちにつくるのは汚鮮を酷くするばかりで何らメリットはありません。日本ではない特定の国の利益を誘導する者たちが選挙運営に参加し、自分たちに都合よく選挙結果を捏造するのは、自明の理です。
 なので、余命17号18号の法制化について早期実現が望まれます。法制化されたら、期日前投票所の拡大に反対したりして…。(笑)
 実際に法制化の動きが国会であれば、『人員が不足するから国籍条項はつけたらあかん』なんて言うんでしょうが、コストで判断してはいけないことは世の中にはいっぱいある訳で、民主党政権下ではコスト優先が国民にどのような影響を与えるかは身に染みたはず。
 国の行く末は国民が負担し責を負い、日本国であり続けましょう。
新聞の参照図にはイオン稲毛店とありましたから、違う意味でピン!と来てしまいました。
長文駄文失礼いたしました。
最後に官邸メール 余命17号18号 を引用 します。

テーマ 余命17号 選挙関連の国籍条項について
要望
以前から買収をはじめ様々な手段で違法行為は行われていたが、大量の票の操作は不可能だった。それを可能にしたのが「国籍条項」である。民主党が政権を取ってから真っ先に取り組んだのが、この国籍条項の廃止で、これは民主党と公明党による強行採決、賛成多数で2010年5月24日可決された。
 これにより、汚染された地方自治体による意図的な選管体制と非日本人、あるいは反日勢力による開票作業が可能となって異様な大量票の操作が行われるようになった。
 総務省選挙課「選挙の開票作業員に国籍条項はありません。」
「問題となった法律は、民主党政権時の強行採決が原因である」
 法律名は『国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律案(国政選挙経費削減法案)』である。元々あった国籍条項がこの法改正でなくなってしまった。
 他にも様々な資格や仕事の募集要項からも国籍条項が抜き取られている。
 日本の生き様を決める選挙に、国籍条項は必須である。即刻改善されるよう要望する。

テーマ 余命18号 不正選挙について
要望
総務省選挙課「選挙の開票作業員に国籍条項はありません。」「問題となった法律は、民主党政権時の強行採決が原因である」
法律名は『国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律案(国政選挙経費削減法案)』である。
元々あった国籍条項がこの法改正でなくなった。
他にも様々な資格や仕事の募集要項からも国籍条項が抜き取られている。
 事業仕分けの成果に基づく法案は、国が自治体に支給する国政選挙の経費を80億円削減、自治体はアルバイト・ボランティア大量導入でその穴埋めをするというもので、つまり、日本国にとって重大な国政選挙の開票作業は、民間企業によって募集されたアルバイトによってなされ、しかもその応募資格に「国籍」なしという売国奴法であった。
まさに工作員入れ放題である。
 その結果、以前ではあり得なかった不正投票、不正開票が行われるようになった。
選挙は国の存立の問題である。即刻、対応されるよう要望する。

日本を保守したい
供託金についてですが。
 つまり、支持者が減ってるであろう野党などは大変なんだろうなと、余計なお節介を考えてしまいます。
 なぜなら供託金300万円という事は、おそらく次のような事なのでしょうから。
「一人一万円の負担をする者が300人集まれば達成可能」
 それだけの数の支持者もいないというのであれば、そもそも出馬しても落選するのでは、と別の心配をしてしまいます。
 今後野党はこういう所でも大変な思いをするのかと思うと…………まあ、言葉を控えておきましょう。
 狙ってやってるわけではないでしょうが、選挙というのは、こういう部分でも兵糧攻めになるんだなと思いまします。
 安倍総理もまさかそこまで考えてるわけではないでしょうが。
 でも、支持者が減ってる所は確実に力をそぎ落とされるのでしょう。
 逆に支持者がしっかりとしてる人物や政党ならば、これらを乗り切って政治にうって出られるのでしょう。
 それとも、支持者からのこうした支持(献金になるんでしょうか)は記事られてるのでしょうか?
 政治資金に関わる法律に疎いので何とも言えませんが。
 だったらそういう法律の方に問題があるのではないでしょうか。
 また、支持はするけど金銭的な負担は断る、というならその結果を受け取ればいいのではないかとも思います。
 結果として出馬も出来なかったりするなら、それまでだったというだけであろうかと。
 とりあえず現在の供託金が本当に高いのか安いのかは分かりません。
今の水準が妥当かもしれないし、実は安いのかもしれないし。
本当に高いかもしれませんが。
 では、どの程度の水準だったら妥当なのか?
 その基準はどうやって決めるのか?
諸外国がどうのこうのなんて、果てしなくどうでも良いことです。
そもそも諸外国の水準が妥当だとどうやって判断するのか、というところです。
それこそ左翼やら反日やらの「外国では云々」というのを何度も見聞きしてきたので、この言葉に疑念を抱いてるからであるかもしれませんが。
それでも、どうしようもない立候補が出るのを防ぎ、ある程度の支持を集めてる人に絞らせるというのに供託金は有効だとは思ってます。
 様々な問題もあるでしょうが、少なくともこういう利点は無視できないでいます。

まゆらママ
りゅうりゅうママ への返信
余命さま
りゅうりゅうママ様
りゅうりゅうママ様返信ありがとうございました。
そうですね!自分の大事な人達には、時間をかけてでも知ってもらいたい。
 今日、離れて住む母にハンドブックを送ろうと思います。
母宅には、ヘルパーさんに週1回来て頂いてるので、その方に不用意に見られてはと、母を心配して送っていませんでした。
娘が母にこぼしたようで、母から「子供に心配かけないように」 と釘をさされていましたので。
娘には直接「国会議事堂の前とかで、ハチマキ締めて叫んだりしないでね」
と言われ苦笑しました。
(もし余命さまのGOがあれば、もちろん絶対行きますが)
 非難を覚悟で打ち明けますと、私は少し前まで韓国ドラマとK-POPのファンで、ファンクラブも2グループに入っていました。
 私は、ジャーナリストの後藤健二さんの事件がきっかけで、なぜ中東はいつも争ってるのかと興味を持ちネットを見るようになったのですが、それまでは全くと言っていいほど見た事がありませんでした。
 色々見ているうち、中、韓の来日者が、日本の良いところを紹介したり、日本が好きになった等の記事を目にして、嬉しくて(その時は)次々と探して読んでいたのです。
そのうち、楽韓webさん、知韓みずきさん、鈴置さんの事を知り、何?この面白い国は!これって本気?
と、まだ笑い話ののりで読んでいました。
そして昨年の夏前に余命ブログに辿り着きました。
 最初見た時衝撃的で、危ないものを見てしまった様な気がして途中で読むのをやめ、でもやっぱり気になり日をあけて又2〜3度のぞいた後シャットダウンとなった様です。
その時は、やっぱり危険だから消されたのだと思ってしまいました。
本当に申し訳なく失礼な事です。
でも逆に復活がわかった時、事実だから消されてしまったのだと100%の信頼に変わる事ができました。
 「余命三年時事日記」「ハンドブック」と、たくさんの方に読んで頂けている今、私の様な普通の主婦の方達が「私が読んでいいのかしら」と恐る恐る余命さまのブログを見て下さっているかもしれないと思い、自分の事をダラダラと書いてしまいました。お許しください。
 りゅうりゅうママ様が余命さまに、余談としてご提案されていた「美しい日本を取り戻したぞ」のパーティー。
そういう事が大っぴらに出来る日が来ることを、心から待ち望んでいます。
まずは靖国に集まり、先人の皆様に長らく悲しませてしまったお詫びと晴れ晴れとしたご報告ができたらいいですね。
安倍総理にもご賛同頂けたらと願います。どの国にも遠慮する事なく。
最後に…
私達日本人は、一定の人や国に高い温度で長年憎しみや怒りを持ち続けるのは不得意なのではと思ってしまいます。(疲れます)
千年持続できる国もある様ですが…
ハンドブックを再読し気を引き締め、5月の第3弾をお待ちしております。
伝えたい事を短くまとめきれず、長文になり申し訳ありません。
あの国の新聞記事のようでお恥ずかしいです。

SHOW
選挙関連の記事ということで投稿を
米大統領選関連のニュースでやたらトランプ氏の名前が出る。
 それは彼の発言が過激だからできはなく、彼の発言通りなら日本を弱体化でき中韓のためになると判断されているからです。
 でも、ここにきて次の発言がでてきました。「在日米軍を撤退させて日本は自分で守れ、日本の核保有を認める」なんて売国奴や中韓は日本の国防力を強化させたくない上に安保関連法案と改憲の危機感をあおりたい状況でこの発言、いいかげん中韓なんて見捨てられているって理解してもらいですね。
ルビオ氏が撤退を余儀なくされたのはもったいないですね。

  1. 自民党メールに代わる新たな窓口でしょうか?

    自民党 ネット上の声分析する新組織設置 | NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160403/k10010466111000.html

    自民党はインターネット上に投稿された意見をくみ取る態勢を整えようと、社会的に関心の高い出来事や政府・与党の政策などに関連する、
    ネット上の投稿を分析するための新たな組織を設けました。

    子どもを保育園に預けられなかったという人が、「保育園落ちた日本死ね」などと、匿名で不満を書き込んだブログをきっかけに、
    国会では待機児童問題を巡る議論が活発になり、政府が緊急対策を発表することになりました。
    これを踏まえ、自民党はブログやツイッターなどインターネット上に投稿された意見をくみ取る態勢を整えようと、ネット上の投稿を集めて分析するための新たな組織を設けました。
    この組織では、関心の高い出来事や政府・与党の政策などに関するキーワードを、1か月ごとに設定し、関連する投稿を集めて内容を分析することにしています。
    自民党は集められた投稿をもとに、有権者の不満や誤解をできるだけ早く把握し、今後の政策に反映させることにしているほか、
    国会での議員の質問などにも生かしていくことにしています。

  2. NEWS-USさんでこんな記事見つけました。

    【緊急拡散】日本の金融はかなり前から在日に乗っ取られていた!!! あの大事件の と ん で も な い 真相が次々と明らかにされる!!!

    アドレスが張り付け禁止なの知らずに前のコメ投稿したのはすみませんでした。
    バブルと消費税と失われた10年があいつらが引き起こしていたとは絶句しました・・・

    1. 通りすがり様

      自分も件の記事を見て絶句しました。
      思い当たる節が多過ぎるのと同時に在日の狡猾さに恐怖を感じ身震いしました。

      在日は正しく『毒しか撒き散らさない寄生虫』ですね‥

  3.  一度緩和した規制は、理由がなければ再強化は無理。ただまぁ、安倍総理とその参謀にはその道筋が見えていそうだから、解らない人は夏の参院選の落選議員選びに力を入れるのが良いかと。

     それと、NHKで韓国の不在投票の改革をわざとらしく報道していましたが、それによって投票する層は、365日誰かが働いている会社を除けば、移ろいやすい層がほとんど。そういう層の対策も安倍総理とその参謀にはその道筋が見えているようなので、それが始まったらすかさず彼らの自滅を誘うように動くべし。多分、核セキュリティサミットで米国と色々打合せていただろうし。

  4. 余命翁さま、スタッフの皆さま
    書籍出版おめでとうございます。
    また、日々のサイト更新、お疲れ様です。

    先日、ブックポート中野島店(神奈川県)にて日記とハンドブックを購入しました。
    読了後はどこかに忘れてくる予定です。

    世界中がキナ臭くなるなか、早く本来の日本を取り戻したいです。
    そして、東方の日出る国から世界に平和が広がりますように…

  5. 余命翁様、皆さんこんにちは
    私も皆さんと共に日本奪還の一助となれればと思い、飛び込み営業経験での対象者の分類と対策、自らを置くべきスタンスを投稿させて頂きます。
    最近覚醒の手法を投稿される方がおられますが、皆さんの手法に組み合わせることで覚醒確立を上げられると思います。

    初めて会った人やこの先会う事もないような相手なら闇雲で構いませんが、対象が友人知人同僚等の場合まず相手の分析が重要です。

     Aタイプ 新聞やニュースを積極的に読む、支持政党がある。
    このタイプは全てわかっている敵側の人間と被洗脳者に分かれます。当然前者は何を言っても無駄です撤退しましょう
    後者は覚醒の余地はありますが知識に自信があり自分の知識と異質な物は頭のおかしい者の話だとして一笑に附す傾向があります。
    ここで、前者と後者の分類の仕方としても、どなたかがおっしゃっていた質問形式が有効です。
    このタイプは知識にプライドがありますからいきなり対象者の知識と逆の事を言っても激昂させるだけで厳禁です。
    質問形式の際自らは『無知なので教えて下さい』というスタンスで臨みます。質問内容はたまたま見たこう言う事実があってテレビや新聞と真逆だったけどどうゆう事なのですか?等
    そして短時間での説得は無理なので一つ質問して数日は放置です。元々知識欲の高い人が多いので質問→放置の繰り返しでそのうち調べだし自ら覚醒させる事を目指します
    病人に例えるなら重病人です、いきなり肉は食べられないので少量の重湯から、提示する事実や質問は軽い話からがいいと思います

     Bタイプ テレビのニュースは見る、支持政党はない
    このタイプは政治家全般に無知からくる不信感を持っています。詳しくはないので支持すべき人もいないし政治にそれほど興味はありませんが露出の多い与党の悪口には乗っかります。
    ここは知識プライドの高い人も低い人も混在します、後述するCタイプに近い場合イケイケで大丈夫ですがAタイプに近い人の場合やはり正面突破は嫌がられるので質問形式で臨みます。
    この場合のスタンスはAタイプより軽めでいいとは思いますが手法はやはり事実提示と質問→放置の繰り返し。正解が返ってきた場合には『そうそう!そうなんだよ!』はいけません
    折角彼が自ら辿り着いたのですから手柄の横取りはせず初めて分かったように『そうなんだ!凄い事になってるね』と
    具体的には知識レベルに応じてラッスンゴレライの芸能情報あたりから始めるのがいいと思います
    病人レベルは風邪程度、食べられそうなら普通の食事をどうぞ

     Cタイプ 新聞どころかニュースも見ない
    テレビはバラエティ、ひたすら楽しければいい、難しい事には距離を置き、ギャンブルや趣味にしか興味のない人達です
    彼らへの対策は興味を引く事に尽きるのでそれほど神経は使いません
    質問形式はポカーンとされて邪魔になることさえあります。そして過激な事実の方が興味を持ちやすく薄い話には一瞥もくれません、最初から延坪島砲撃の裏話等でもいけます
    スタンスは『知識のある人』普通に教えて大丈夫です。ただ注意点として基本的な語学力に問題のある方も少なくないので初心者にわかりやすい丁寧さが必要です。
    病人レベルとしては健康体ですが、帰宅部出身でそれほど体力がないので肉を主体とした多めの食事と運動させましょう

    労力を考えるとCタイプの覚醒がもっとも効率がよくストレスも軽いので慣れるまではCタイプを見つけて口説くのがお勧めです
    以上は基本的に社会的地位はなく庶民中の庶民である私を基本にしたスタンスです。社会的地位のあるかたや上司部下等相手に自分がどう見られているかでも変わると思いますのでご参考までに

  6. 事実は小説よりも奇なり…。
    この妄想ブログは100%現実化してきた! とされながらも、以前に米軍の核弾頭売却の話が出てきた時には、失礼ながらさすがにこれは盛りすぎかなぁと思ったものです。ところがトランプ発言から一気にあり得ない話ではなくなってきた。
    >原潜と大陸間弾道弾は認めないがそれ以外は注文をつけない。日本の国内事情が許せば、中国に対する抑止力の範囲で核弾頭を売却してもよい。
    なんてトランプの要求の当面の現実的な落とし所そのものですやん!
    爪や指だけ見ていてもどんな動物か検討もつかないが、ぐわぁっと俯瞰したら確かに辻褄が合うが想像もしなかった動物だった、みたいな面白い感覚を味わっています。

  7. 爺様皆様、ドサンピンです。

    中共が、南シナ海で米国に対し事実上の宣戦布告をしくさりました。
    これは、周辺国への覇権拡大のため人工島のクリミア化を急ぎたいキンペー君にとって、
    航行の自由を守るべく日米豪がこの付近に艦船を遊弋(ゆうよく)させている現状は、不愉快で面白くない邪魔な存在であると考えた。
    そこで中共は、こいつらを追っ払うために地対空ミサイルと対艦巡航ミサイルを設置したアル!
    この島の“領海”内に接近する船は、軍艦民間船問わず皆々海の藻屑にするアル!! 不用意に近づく輩はもろとも滅殺アル!!!
    一斉射撃で皆殺しアル!!!! ということです。
    オバマも呑気ですなぁ。 シナの軍部に説得など通用しないことなどハナっから分かり切っているでしょうに。
    体よく時間稼ぎに利用されるだけでありましょうぞ。 これ、戦前の日本ならとっくの昔にシナ事変でケジメ案件でしたぜ。
    以下は、それを証する記事。

    http://www.sankei.com/world/news/160401/wor1604010013-n1.html

    中国、南シナ海で止まらぬ暴挙 ミサイル配備で米艦船に脅威
    2016.4.1 08:29更新 産経ニュース

     中国が南シナ海での軍事的覇権を強めている。
    これまで、人工島などに地対空ミサイルや高周波レーダーを整備していたが、ついにパラセル(中国名・西沙)諸島にあるウッディー(永興)島に、
    射程400キロの対艦巡航ミサイルを配備したようなのだ。「航行の自由」を守ろうとする米海軍の作戦への挑戦といえる。
    米ワシントンで31日から始まる核安全保障サミットに合わせて、米国と中国の緊張が高まりそうだ。(夕刊フジ)
     「係争中の岩礁や島を軍事拠点化する動きは、いかなるものであれ懸念の対象だ」
     米国防総省のクック報道官は29日の記者会見で、ミサイル配備の確認を避けつつ、中国の動きをこう批判した。
     ミサイル配備は、国際軍事情報大手「IHSジェーンズ」が分析し、明らかにした。
    ウッディー島では2月、長距離地対空ミサイルの配備が確認されており、軍事拠点化を加速させている現状が浮き彫りになった。
     注目の対艦巡航ミサイルは、地上配備型の「鷹撃(YJ)62」。中国の短文投稿サイト「微博」に20日、ウッディー島での発射の模様をとらえた写真が掲載された。

     ジェーンズは、中国の軍事月刊誌に過去に掲載されたYJ62の写真と一致したとしている。
    配備された時期については、長距離地対空ミサイル「紅旗(HQ)9」が確認された2月とほぼ同時期だとの見方を示した。
     同ミサイルは、中・大型艦を撃沈できるよう設計されているとみられ、「航行の自由」作戦で、人工島周辺に接近する米艦船には脅威といえる。
     ウッディー島は、ベトナムと台湾も領有権を主張しており、さらなる反発を招くことは必至だ。
     ワーク米国防副長官は30日、中国が南シナ海上空に防空識別圏を設定したとしても、「国際法に基づいているとは考えられない。米国は認めない」との立場を重ねて示した。
     一方、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島では、クアテロン(華陽)礁など中国が造成した7つの人工島のうち、
    4島でレーダー施設が建設されていることが確認されている。
     オバマ米大統領は31日、ワシントンで中国の習近平国家主席と会談し、一連の軍事拠点化の動きを中止するよう求めるとみられる。

  8. 初めましてm(_ _)m

    私まだTVやネットを観る馬鹿者です。
    ツルッパゲ都知事の問題が気になります。
    塩崎厚労大臣が現状で何とかしろ
    と… 自民党も韓国が好きなのしょうか?逆に都民よ立ち上がれというメッセージ?

    私はノンポリです。しかも馬鹿者です。難しい事は解りません。
    そして韓国、韓国人、キムチ、在日韓国人、パクちゃん大統領、挙げればキリがないですが韓国という文字があるだけで吐き気がします。
    あとユダヤ人も嫌い。
    選民意識を持った民族に未来はないと思います。

  9. 余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。

    敵国人及び反日日本人との戦いはかなりの長期戦を覚悟しなければならないようです。

    南北朝鮮には、支援がないので今すぐに朝鮮戦争を再開するのは困難です。そのため、日本が中立宣言を出して一気に反日勢力の一括処理をする可能性は低いと思われます。また、在日反日勢力も命と金欲しさに戦争を祖国に起こさせないように尽力します。 日韓戦争も経済破綻に向かっている南鮮には起こせないでしょう。しかも、このまま南鮮の経済が悪くなれば竹島も武力行使無しで奪還できる可能性が出てきます。デフォルトが近づいて来た程度で、慰安婦詐欺を10億円で止めると日米に約束した国ですから。極論ですが、ソウルが焼け落ちても在日米軍派遣を日本が渋れば日米に何でも約束してしまうでしょう。ただし、これも北鮮が滅びの際に来てやぶれかぶれの南進開始となったときの話ですから今すぐに起こるとは思えません。
     それに、米国が経済上の理由で東アジアでの戦争を望んでいません。東アジアで戦争が今起きるとTPPはご破算になり、経済領土を常に拡大しなければ行き詰まる米国にはかなりの痛手となります。

     ということで、反日勢力との戦いはかなりの長期戦になります。70年かけて日本を侵略して来た敵を追い散らすにはそれなりの時間が必要と思います。しかし長く続けられさえすれば必ず勝ちます。南北朝鮮や中共や露がこの先70年続くとはとても思えませんから。10年も持たないと感じています。

     余命読者の中の特に、コメントをしばしば書き込んでいる方々は、真保守門余命派の論客等に将来なって行く可能性が高いです。(すでになっている方もおられるようですが。)なので、コメントが承認されなくても腐る必要はありません。理由があって不承認なのですから、修正すれば良いだけのことです。たとえマイペースであってもカウンタープロパガンダ活動を続けるのを最優先とすれば良いと考えています。

  10. こんにちは、このところ更新の速度が凄くてどなたかが書いてましたが、読むのに追いつかないくらいです(笑)
    余命爺様、気になるところですが睡眠時間は取れてますでしょうか?
    あまりご無理はなさらないように。
    読者としては、更新がストップして心配になるよりも良いのですが・・・

    さて、余命本の在庫状況ですが、以前から書いてます福岡市郊外にある福岡イオンモール内の「フタバ図書」は経済の分野に、かなりの部数が「余命三年時事日記」「同ハンドブック」が置いてあります。
    また、レジ近くのランク付けコーナーにも注目の図書「余命三年時事日記」、ランク4位「同ハンドブック」が堂々と並んでいます。

    老婆心ながら、イオンからクレームなど来ないのかなとか思っておりますが(苦笑)
    しかしその傍ら、韓流コーナーでは一人のおばさまが本を開いて見てました。
    ん~~!まだまだそんなのに騙されて、死に金を吸い取られている方が多いのでしょうね!?

    5月発売の第二弾は楽しみにしてますよ!

  11. 小さな町の防犯協会に勤めております。日本の片田舎から日本の治安維持を確実に拡げていきたいと思います。普通の平凡な日本人は今後、心を鬼にして、かの民族に対応していかなければなりません。   山河あり 人は住めども 国はなし 大丈夫増して 日の本立てん

  12.  どうしたらお花畑層に「行動変容」を起こして頂き、自民党候補さらには愛国自民党候補に投票して頂けるかという質問をしたところ、いろいろな人からアドバイスを頂きました。
    アドバイスを頂いた皆さん、ありがとうございます。
    その上で、私が考えをまとめてみます。

     以下の様に、医療の現場で患者さんが真剣に病気と向き合う為の「行動変容」の時の説得と共通項も多いと思いました。
    ・押しつけでなく自分で考えたという形が最も大切。
    ・その為には質問形式も有効で、オープンクエスチョン(答えを自分の言葉で自由に説明して頂く。)とクローズドクエスチョン(イエス・ノーや三択や四択などの限られた答えから選んで頂く。)を使い分けるのも有効。
    ・それはどうゆう事?を繰り返し質問し、抽象的な言葉は具体的にイメージできるまで明らかにする事が大切。
    ・それはなぜ?を繰り返し質問し、基本的・普遍的な応用可能な事実・真実を考えて頂く事が大切。
    ・その人が共感・実感して感情を動かす事が大切で、その為に実例を説明する事は非常に有効。
    ・その人のバックグラウンドを知っておくことは有効。
    ・その人の大切な人(恋人、家族)への影響を強調する事は非常に有効。
    ・野党のネガティブキャンペーンのみの方が有効な事も多い。
    ・1回で長時間かけて説得するよりも、1回目はハードルを下げて短くても何回かに分けて説得した方が有効。

     以下の様に、今までは気がつき難かったと思う事もありました。
    ・最初は自分が話たい事でなく、その人が興味や心配がある話題(食品衛生から芸能界の話まで)から入った方が有効。
    ・主治医と患者さんでは患者さんは話をしに来ているのが当たり前だが、政治の話は自然なきっかけやタイミングが大切でそれを間違うと逆効果。
    ・説得が困難だった人ほど説得できれば熱心な説得者になりやすく、期待値(説得できる確率×説得できた時の有効度)では悪くないという考えも成り立つ。
    ・その場に協力者がいればさらに有効な事も。

     いずれにしても、説明の為の分かり易いツールは大切であり、余命本をツールとして使えばそれを読んで貰うまでの工夫だけで済む事も多いと思います。
    これを読んで何も感じない人はいないはずなので、その後はその人が考える事も多いと思います。
    説明ツール確保と余命チームへのカンパを兼ねて、これからもまとめ買いをして、脈がある人に贈りたいと思います。
    余命チームには乾坤一擲の選挙戦略・作戦がある様子、期待が膨らみます。

    医拳士  
      

  13. すみません。
    書き忘れました。
    仕事が忙しくなるので、これからは投稿頻度が減りそうです。
    医拳士

  14. 記事に関係のないコメントで失礼いたします。

    「余命三年時事日記」で検索すると
    GoogleもYahoo!もここのアドレスが一番にでてきます。
    ですが、bingはでてきません。
    検索方法が違うのでしょうか?
    アマゾンやミラーサイト、他サイトで余命さんを記事にしたサイトはでてくるのですが。
    「一部の検索結果が削除されました」とはあります。
    不思議です。
    なぜでしょう?
    年のせいで目が悪くなっているのでしょうか。

    1. 鴉様
      あるけむと申します。横から失礼します。
      >「余命三年時事日記」で検索すると
      >GoogleもYahoo!もここのアドレスが一番にでてきます。
      >ですが、bingはでてきません。
      >検索方法が違うのでしょうか?
      Yahoo Japanの検索エンジンは、Googleです。そのため、検索結果は基本的に一致します。
      bingは、独自の検索エンジンを使用してます。
      bingで「余命三年時事日記」を検索しましたが、確かに出てきません。
      情報削除ツールを使用した攻撃を受けた可能性を疑っています。

  15. 初めてお便りいたします。
    ひかりちょういちと申します。
    私は、色々なアプリを使って10以上のブログを運営しています。
    本日、Decalogというアプリで、余命さんのブログを拡散希望しようとしましたが、エラーになりました。
    日文http://www.dclog.jp/en/8456774/563489849、
    英文http://www.dclog.jp/en/8456774/563490001ともにです。試しに、貼り付けていたHPアドレスを消すと成功しました。
    今の所、他のアプリでは問題有りませんが、要注意かもしれません。
    因みに、私のブログは「憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!」です。

  16. 保育園落ちた日本死ねってブログは、あの方の自作自演みたいで、2chで絶賛お祭り中のようですね。

  17. 先ほどお便りいたしました、ひかりちょういちです。
    ライブドア、アメーバ、fc2、goo JUGEM ヤプログ、ココログ、Jimdo ヤフー、Seesaa CROOZ Tumblr LiveJournal

    以上のブログでは問題無く出来たのに、Decologだけが余命ブログのHPをはじきました。日文のみならず、英文でもアウトでした。

  18. 余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。

    トランプ候補が日本の核武装を容認する発言に続き、日本の北鮮攻撃も容認する発言をしたそうです。あなどれない候補になって来ました。また、米国世論に日本の核保有や再軍備を容認するかなり大きな流れがあるようです。

    CNNによると、4月2日、選挙運動で訪れたウィスコンシン州で、以下のように述べた。

    「彼ら(日本)を武装させたくないが、巨額の金を失い続けたくない。そして率直に言うと、北朝鮮に対しては、自分たちで身を守れということになる。おそらく、(日本は)一瞬でやっつけるだろう」

    トランプ氏は「19兆ドルの借金を21兆ドルに押し上げてまで、世界の警察官をやることはできない」と、在日・在韓米軍の駐留経費の負担軽減というこれまでの主張を繰り返し「もし日本が戦えば、とんでもないことになるだろう。とんでもないことに。でも日本は、やるときはやる」とも述べた。

    トランプ氏はニューヨーク・タイムズ紙が3月26日にネット配信したインタビューで、日本と韓国が、アメリカの核の傘に依存せずに自ら核武装することを「アメリカにとってそれほど悪いことではない」と述べ、オバマ大統領が「外交や世界をよく分かっていない」と批判していた。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト