余命三年時事日記 ミラーサイト
数秒後にアクセス数を表示します
2019-07-18 12:31 0 comments

0085 井上太郎⑨

引用元 

井上太郎@kaminoishi

余命に関する裁判に関しては、その答弁書とかお粗末な主張の準備書面、裁判所の判断、法廷での様子等が詳しく記載されているサイトがこれです

ttp://yomei.jp/

余命、反訴と称していくつかの訴訟を提起していますが、請求する金額に合わせての訴訟ですからかなりの印紙代になっています。しかし幾つも取り下げており、その場合に印紙のほとんどは還付されます。つまりマネーロンダリングの可能性もあり、脱税の古典的手口です。もっとも集めたお金の何なのかもありませんが・・・

 これらと私の人脈使い、直接ではないにしろ懲戒請求された弁護士達と連携し、余命に厳しい罰を与え、お金はありますからいくらかの損害賠償ともなれば、残りのほとんどの人に対する訴訟は取りやめてもらうことは可能だと考えます。


.....人脈ねえ。せんたく一家、北周士、嶋﨑量、佐々木亮、神原元、三宅雪子といったところかな。NHK中村や毎日新聞後藤も仲間だよな。 ttp://yomei.jp/



両同盟国は、8月に戦時中の作戦移行に必要な条件を満たすために韓国の指揮官を検証する一環として、韓国主導の初めての訓練演習を行う予定である。?????


在韓米軍統合本部の移転は防衛を危険にさらすのか

ジェフ・ジョング 2019年6月5日


ソウル発


韓国と米国は6月3日、韓国の4つ星将軍が率いる新しい共同指揮体制(以下CFC)を構築する取り組みの一環として、ソウル首都圏から合同軍司令部を移動することに合意した。

韓国のチョン・キョンドゥー国防相とパトリック・シャナハン米国国防長官が合意した移転計画は、北朝鮮に対する将来の合同指揮と防衛準備の運用効率に関する激しい議論を引き起こした。一方、北部の隣人はソウルを射程範囲とした大砲を配備した。

「双方は、この(移転)措置がCFCの運用効率を高め、合同準備態勢を強化するという見解である」と国防省は声明の中で、連合軍司令部の頭文字を用いて述べた。

この合意に基づき、現在ソウル中心部の永山に位置するCFCは、ソウルから南へ約70キロ離れた平沢のキャンプ・ハンフリーズに移転する。陸軍駐屯地は、広大で3,500エーカーあり、在韓米軍の統合基地であり、同国に駐留する主要な司令部と戦闘部隊を配備している。

在韓米軍、国連司令部、第8陸軍は、2004年に署名された基地移転協定の下、キャンプ・ハンフリーズに移転した。非武装地帯の近くに配備された米陸軍第2歩兵師団に所属する部隊のほとんどは、2002年に締結された別の協定の下で農村地域に移転された。


もともと、CFC本部はソウルに残り、戦時中の米韓軍の作戦統制の移行に伴い、戦時司令部は、2022年までに在韓米軍と国連司令部の最高司令官を務めるCFC司令官から韓国の司令官に移譲されることになっていた。

今現在、戦時下の司令権は在韓米軍、および国連軍司令官であるCFC長官の下にある。

 しかし、この計画は、一度、2018年11月にCFC司令官に就任したロバート・エイブラムス米将軍によって覆された。報道によれば、CFCの省庁への移転の見直しを求めたという。将軍は繰り返し、指令系統への懸念と、CFC職員とその家族の住居にかかるコストについて、見直しを求めた。

「時期を見て、韓国と米国政府の指導者は、両国の最大の関心事である司令を実行する能力を強化させる、将来のCFC本部の場所に関する同意決定を発表する。」エイブラムスは5月16日の声明で、韓国の正式名称である大韓民国の頭文字を使って述べた。


 韓国の一部の安全保障専門家は、CFCのキャンプ・ハンフリーズへの移転は米軍司令官の間で効率性に利益をもたらすだろうが、彼らは韓国と米国の司令部の物理的な距離とそれが相互の意思疎通に与える影響について懸念を示している。


 「簡単に言えば、遠く離れた2つの別々の司令は、同じ場所で統一されて出された司令よりも共同作戦指揮の点で効率が悪い」と、キム・キホ元韓国陸軍大佐は、ディフェンスニュースに語った。

「CFC本部では、韓国の司令官は、特にミサイルの実験発射などの北朝鮮の軍事的挑発の時に、米国の諜報、監視、偵察から機密情報や情報をほぼリアルタイムで入手できる。2つの軍隊の司令官が今よりも情報を共有できるかどうか定かではない」と、現在ソウルのキョンギ大学で国際政治学の教授を務めるキムは語った。

国防省の報道官チェ・ヒョンソは、これらの懸念を払拭した。

「将来の戦争では、地理的な距離は重要な意味を持たない。合同防衛態勢はC4Iシステムを通じて十分に確認されている」と、語った。また、「米国は韓国に対する安全保障への関わりを再確認し、連合軍は国民の安全と防衛を達成するために最善を尽くした」と付け加えた

しかし、韓国の国防相の重要なアドバイザーは、米軍は「(統合参謀本部の)議長であろうと、別の4つ星将軍であろうと、韓国の司令官によって在韓米軍を制御されることは本意ではないだろう」と語った。


「米軍は韓国の戦時指揮能力を少なくとも今は信用していないようだ。そして、彼らが平沢の統合基地に指揮統制施設を維持したいのはそのためだ」とアドバイザーは匿名を条件に語った。

現実的にいうと、アドバイザーは「韓国の将軍がCFC司令官に選ばれたとしても、彼は米軍の副司令官に依存する可能性が高い」と付け加えた。

元陸軍大佐のキムは、想定される指揮系統の率直な例を示した。

「会社の株式の95%を保有する副会長が、わずか5%の株式を保有する会長によって支配されているようなものだ。「会長が計画どおりに独自の意志で会社を率いるのは大変に難しい使命となる」と彼は言った。

浦項のハンドン・グローバル大学の国際関係教授、パク・ウォンゴンは、米国が重要な司令部を首都から遠ざけるという決定をしたことは、北朝鮮が侵略してきたときに「トリップワイヤー」の役割を果たしたくないことを意味すると考えている。


「代わりに、米軍は緊急事態の場合には空軍と海軍は一定のレベルでの支援は提供するだろう」と、パク教授は言った。

両同盟国は、8月に戦時中の作戦移行に必要な条件を満たすために韓国の指揮官を検証する一環として、韓国主導の初めての訓練演習を行う予定である。

「同盟を考えるとき、思い浮かぶ言葉は『信頼』――70年近く前の戦闘で築かれた両国間の信じられないほどの信頼だ」とシャナハンは今月、韓国当局者との会談の中で語った。「これはまた、CFCが米司令官から韓国の司令官への戦時運用管理のより迅速に移行するための条件を満たす、大変目覚ましい進歩である。」



The joint command for US, South Korean forces is moving. Will this jeopardize defense?

By: Jeff Jeong   June 5

SEOUL - South Korea and the United States agreed June 3 to move the headquarters of Combined Forces Command out of the greater Seoul metropolitan area as part of efforts to set up a new joint command structure led by a South Korean four-star general.

The relocation plan, agreed to by South Korean Defense Minister Jeong Kyeong-doo and acting U.S. Defense Secretary Patrick Shanahan, has sparked debate over operational efficiency of the future joint command and defense readiness against North Korea. The northern neighbor has deployed much of its artillery in range of Seoul.

“The two sides have shared the understanding that this (relocation) measure will enhance the operational efficiency of the CFC and a combined readiness posture,” the Ministry of National Defense said in a statement, using an acronym for Combined Forces Command.

Under the agreement, the CFC that is currently located in Yongsan, central Seoul, will be relocated to Camp Humphreys in Pyeongtaek, some 70 kilometers south of Seoul. The sprawling Army garrison, spread over 3,500 acres, is a consolidated base for U.S. troops in South Korea and houses major command posts and combat units stationed in the country.

U.S. Forces Korea, United Nations Command and the Eighth U.S. Army moved to Camp Humphreys under a base relocation pact signed in 2004. Most of the units belonging to the U.S. Army’s 2nd Infantry Division deployed near the Demilitarized Zone were relocated to the rural area under a separate pact signed in 2002.


Originally, the CFC headquarters were to remain in Seoul and move into the local Defense Ministry complex in tandem with the transition of operational control of American and South Korean troops during wartime from a U.S. Army general to a South Korean commander by 2022.

Wartime command authority is currently in the hands of the CFC commander, who serves as chief of U.S. Forces Korea and United Nations Command.

But the plan was overturned by U.S. Gen. Robert Abrams, who was sworn in as CFC commander in November 2018. The general reportedly called for a reconsideration of the CFC’s move to the ministry complex, citing operational efficiency concerns and the cost of establishing accommodations for CFC staffers and their family members.

“At the appropriate future time, ROK and U.S. government leadership will announce an alliance decision on the future CFC headquarters location, which will be in the best interests of the ROK-U.S. Alliance and strengthen CFC’s ability to perform its missions,” Abrams said in a statement May 16, using the acronym for South Korea’s official name, the Republic of Korea.


Some security experts in South Korea say the CFC’s relocation to Camp Humphreys will benefit efficiency among U.S. commanders, but they raise concern over the physical separation of South Korean and U.S. commands and how that could impact communication and relationships between the allied forces.


“Simply put, two separate commands far away from each other would be less efficient in terms of joint or combined operational command than a unified command in the same space,” Kim Ki-ho, a former South Korean Army colonel who oversaw military operation planning at the CFC, told Defense News.

“At the CFC headquarters, South Korean commanders can obtain classified information and intelligence from U.S. intelligence, surveillance and reconnaissance assets almost in real time, especially in time of North Korea’s military provocations, such as missile test firings,” said Kim, who is now a professor of international politics at Kyonggi University in Seoul. “I’m worried [whether] the commanders of the two militaries could share intelligence more and better than now.”

Defense Ministry spokeswoman Choi Hyun-soo brushed off those concerns.

“In future warfare, geographical distance doesn’t carry significance, and the combined defense posture has been well confirmed through the C4I systems,” she said. “The U.S. has reaffirmed its ironclad security commitment to South Korea, and the allied forces have done their best to achieve the safety and security of the people.”

However, a key adviser to South Korea’s defense minister said the U.S. military doesn’t want to be controlled by a South Korean commander, "whether it’s a [Joint Chiefs of Staff] chairman or a separate four-star general.”


“It seems the U.S. military doesn’t trust the South Korean wartime commanding capability - at least now - and that’s why they want to keep its command-and-control facility at the consolidated base in Pyeongtaek,” said the adviser, speaking on condition of anonymity.

Practically speaking, the adviser added, “even though a South Korean general is selected as CFC commander, he would likely be dependent on the deputy commander from the U.S. military.”

Kim, the former Army colonel, offered a more frank analogy of the envisaged chain of command.

“It’s like a vice chairman, who has 95 percent of shares in his company, is controlled by a chairman with only 5 percent. It’s a really tough mission for the chairman to lead the company independently as planned,” he said.

Park Won-gon, an international relations professor at Handong Global University in Pohang, believes the decision for the U.S. to move a key command away from the capital implies the country doesn't want to play the role of "tripwire" in possible North Korean aggression.


“Instead, the U.S. military would provide air and naval support at a certain level in the case of an emergency,” Park said.

The two allies are scheduled to stage the first-ever South Korea-led training exercise in August as part of efforts to verify whether South Korean commanders are on course to meet the conditions required for the transition of wartime operational control.

“When I think of an alliance, the word that comes to mind is ‘trust’ - incredible trust between our countries forged in combat nearly 70 years ago,” Shanahan said this month during talks with South Korean officials. “This is also apparent, tremendous strides that the CFC is taking to more rapidly fulfill conditions for the transition of wartime operational control from the U.S. commander to a South Korean commander.”


余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト