余命三年時事日記 ミラーサイト
数秒後にアクセス数を表示します
2020-07-28 1 comment

0334 近況アラカルト③

引用元 

米暴動が欧州拡大の裏 中国共産党が全世界の“同志”に指令?


アテネの米大使館付近で警官と対峙するデモ参加者(ロイター)

4日・野球その他


 これも中国の仕業なのか!? 米ミネソタ州ミネアポリス近郊で黒人男性が白人警官らに押さえ込まれて死亡したことに端を発した暴動が、予想外の展開を見せ始めている。米国で人種差別問題を巡る暴力的混乱は過去にもあるが、その抗議デモがなぜかロンドンやベルリン、コペンハーゲンなどにまで飛び火している。不自然な形で世界に拡大中の大規模な暴動や“反米デモ”の背景に、中国共産党の存在が見え隠れする。

 暴動が始まってすでに1週間。混乱はいまだ収まらず、暴行死に抗議する平和的なデモとは別に数百人単位の暴徒化した若者が放火や略奪を繰り返している。

 首都ワシントンでは今週、極左過激派集団「ANTIFA」とみられる黒ずくめのグループが、大声で叫びながら米国の国旗に火をつけて投げ捨てる様子や、抗議デモの最中にANTIFAのメンバーらしき男が黒人少年にカネを渡して行動を指示する姿をとらえたとされる動画がツイッターに投稿され、一般市民の反発を呼んだ。

 トランプ大統領は「ANTIFAが民衆をたきつけている」とテロ組織に指定することも発表。ウィリアム・バー米司法長官は、暴徒の多くが州外から集まったと断定し、「ANTIFAや同様のグループが警察への抗議デモを利用し、自分たちの主義主張を訴えるため組織的な破壊活動を展開している」と糾弾した。

 FBI(連邦捜査局)は全米に56の反テロ特別捜査班を設置し、活動家の身元を割り出そうとしている。

 一方でツイッター社は、白人至上主義者がANTIFAに偽装したアカウントを作り、デモ参加者に暴力をあおる投稿を繰り返したとして、このアカウントを停止する事案も生じた。暴徒化には極右の関与も指摘されている。

 そんななか、反中国共産党の米紙エポック・タイムズ(大紀元時報)のジョシュア・フィリップ記者は、1日にユーチューブのニュースチャンネル「クロスロード」で、司法長官が示した「ANTIFAや同様のグループ」とした点が重要だと指摘した。

 記事によると、暴動が勃発したミネアポリスには、約600人の社会主義者の政党「アメリカ民主社会主義者(DSA)」の党員が存在。同党は抗議デモや暴動を支持し、ANTIFAなどとも共闘すると表明。「暴動を利用した革命」を目指しているというから驚きだ。

 実際、同党ミネアポリス支部は5月27日にツイッターで「至急必要な物」として催涙ガスを防ぐ盾やゴーグル、医療用応急処置キットや抗争用の武器になるホッケースティックなどを集めるよう党員らに呼びかけた。

 フィリップ記者によると、同ツイートは「ミネアポリス市警の所轄第3区で使うため」と明記しており、実際、同区の警察署が暴徒による焼き打ちに遭ったという。

 そんな暴力的な活動の背景には何があるのか。

 エポック紙によると、中国共産党は新型コロナウイルスによる感染が世界で爆発的に拡大した4月上旬、世界100か国以上で展開する約230の社会主義政党や組織に対して、コロナ禍を機に「資源や力を結集し、社会主義のグローバルな連帯のため行動せよ」と呼びかけたというのだ。

 その裏には西側諸国による中国への、新型コロナ感染拡大の責任追及の矛先をかわす狙いがあると同紙は分析した。

 当然、そのメッセージの対象はアメリカ共産党やDSA、英国共産党を含む欧州の社会主義政党も含まれる。その中国共産党からの“指令”を実行するため、ミネアポリスで起きた悲劇が絶好の機会となったのか?

 もしこれが事実なら、トランプ大統領はデモが過激化すれば、制圧のため軍投入も辞さない構えを見せているだけに、さらなる米中関係悪化を招くかもしれない。

06/04 16:00 東スポWeb



中国共産党は政治的利益のために武漢ウイルスを利用するよう230の左派政党を結集させた

https://www.theepochtimes.com/chinese-communist-party-rallies-230-leftist-parties-to-exploit-ccp-virus-for-political-gain_3302341.html

トレバー・ラウドン

コントリビューター

2020年4月8日

解説

中国共産党(CCP)は、北京周辺で集会を開き、武漢ウイルス危機を利用して国際社会主義の大義を進めるよう、世界中の同盟国や属国に呼びかける公開書簡で訴えた。


4月2日、中国共産党中央委員会国際部のウェブサイトは、「COVID-19との戦いにおけるより緊密な国際協力を求める公開書簡」を発表した。CCP(中国共産党)のプロパガンダ・アウトレットである新華社の当日の報告書によると、100カ国以上の少なくとも230の政党がすでにこの書簡を支持または再公開していた。


国内消費を鑑みウイルスの深刻さと影響を最小限に抑えながら, CCPの戦略は、国際的に問題を大いに誇張することである。CCP公開書簡は、病気の流行を「最も緊急かつ深刻な課題」と呼称している。


「今日、Covid-19は世界中に急速に広がっており、人類の健康と世界の平和と発展の両方に対する最も緊急かつ深刻な課題となっています。

「この前例のない状況に直面して、我々は、人々の幸福を向上させ、国家の発展を促進し、世界の平和と安定を守るという重い責任を任務とする様々な国の主要政党は、ここに次のように我々の共同宣言を発行する。


CCPによって公然と発行されたこの書簡は、恥知らずな気ままな自賛の前に、「協調政策」と「世界的な資源と力の動員」を求めている。


「我々は、ウイルスは国境を無視し、どの国もウィルス発生に直面した場合単独で課題に対応できることはないと認識している。より緊密な国際協力、協調的な政策、協調的な行動、そして資源と軍隊の動員は、人類のすべてに共通の敵であるこのウイルスを打ち負かすことを可能にする。


「我々は、中国でCovid-19との戦いの多大なる進捗に注目している。膨大な時間を費やし、他の国際社会の経験を提供している。我々は、中国を含む国々が、関連情報を適時に開示し、対応や患者の治療に関する経験を共有し、特に影響を受ける国々に最大限の能力を発揮する医療その他、物資を提供する、オープンで透明性の高い責任ある態度をとっていることを高く評価する」


次に国際的な非難や報復からCCPを保護し、西側諸国のCCPの何千人ものエージェントを捜査または追放から守り、国連、世界保健機関(WHO)、その他の反欧米国際機関との統合の強化に向けて取り組む、国際共産主義運動へのコード化されたメッセージが掲載されている。


「我々は、あらゆる国、地域又は民族に対するあらゆる差別的な発言及び慣行に対して断固として反対し、すべての国の政府に対し、受け入れる外国人及び学生の健康、安全及び正当な利益を守るための積極的な措置を講じるように求める。


「また、Covid-19の流行は、議論と協力を通じて共通の成長を達成するためにグローバルガバナンスの見解をさらに促進し、グローバル公衆衛生ガバナンスにおける国連と世界保健機関の主導的役割を支援する必要性を全ての国が露わにしていると考えている。我々は、国民の健康に対する未来を共有するグローバルなコミュニティ構築に努める上で、G20の枠組みや、国際的に効果的な予防・管理のための国際的なメカニズムの中で、すべての当事者に対し、協調と協力を強化することを求める。


現在までに、CCPは「主要政党から」230人の署名者のリストを発表していない。それは、その多くが「主要」ではなく、ほとんどは共産主義者であるからと思われる。


CCPの書簡に署名した重要な政党には、与党キューバ共産党とネパール共産党が含まれる。アフリカ民族会議と協力してその国を半統治する南アフリカ共産党は、この書簡を支持している。キプロスの与党、共産主義の労働人民進歩党も公然と署名しました。

社会主義の序列をさらに下げて、共産党アメリカ、オーストラリア共産党、英国共産党、英国共産党(マルクス・レーニン主義者)もこの取り組みに名称を加えている。

CCPイニシアチブを支持するあまり知られていない政党には、バングラデシュ共産党(マルクス・レーニン主義者)、タイの左派プータイ党、過激派ルワンダ愛国戦線が含まれる。

キューバ共産党の新聞グランマは、社会主義グローバリズムを推進し、CCPを擁護し、国際的な共産主義の調整を増やするための手段としてCCP公開書簡を掲載しました。

「100カ国以上の230の政党によって署名されたこの書簡は、COVID-19が人間の健康と平和的な世界的発展に対する最も差し迫った深刻な課題であると認識しています。..


「ウイルスには国境はないということを認識し、署名者は、どの国も単独で対処できないと述べ、国際協力、統合政策、協調行動を通じて、世界レベルでの資源と軍隊を備えておくことを求めた。


「中国を含む国々は、疫学的情報を公表し、予防と治療の経験を共有する際、特に被災国への医療品への援助に対するオープンで透明性のある責任ある態度を認めている。

「署名者はまた、この特別な時期に緊密なコミュニケーションを維持し、エピデミックとの戦いに勢いを与え、指導的政治的役割を称えることを約束した。


英国共産党系紙「モーニングスター」は、公開書簡を出発点として使用し、CCPとそのロシアとキューバの同盟国を称賛し、米国を激しく攻撃した。


「中国、ロシア、キューバは戦いをリードする国々の一つであり、パンデミックの影響を最も受けた場所に医療チームを送り援助を行っている。


「しかし、米国はキューバへの本質的な医療援助を阻止し、ベネズエラに軍艦を送ることによって『弱い者いじめをする西側諸国』として行動したとして非難されている。


「アメリカ政府はイランに対する制裁を強化し、世界市場での医療品の購入を妨げ、批判者が米国の失敗から目をそらす「煙幕」と表現した反中プロパガンダ戦争を激化させた。


武漢ウイルスのパンデミックを利用する世界共産主義運動の活用は最小限に抑えるべきではありません。

230の政党のほとんどは小規模ですが、すべてが彼らが代表する100カ国以上で重要な影響力を持つであろう。一部の人々は、彼らの背後にある国の重みを持つ与党です。他の人々は、地元の労働組合連盟、女性と若者の同盟、アカデミア、宗教団体を支配しています。今日の世界最大の協調政治運動の一部です。

 西側諸国はすでにCCPとその同盟国と戦争をしていると言っていい。CCPの目標は、社会的大混乱を引き起こし、西側の経済を壊滅させ、米国の軍事費を根絶することです。そうなれば、CCP、ロシア、イラン、キューバがこの惑星を支配するでしょう。


今日、私たちは主に情報紛争の中にあり、一方はほとんど戦いを起こしていません。CCPが戦争のこの段階で勝つことがあれば、西側は次に来るものが何であれ抵抗する立場にないだろう。


トレバー・ラウドンはニュージーランド出身の作家、映画監督、パブリックスピーカーです。30年以上にわたり、彼は急進的な左翼、マルクス主義、テロリスト運動と主流政治への彼らの秘密の影響を研究してきました。著書「内の敵:米国議会の共産主義者、社会主義者、進歩主義者」と同様にテーマにしたドキュメンタリー映画「エネミー・ウィズイン」で最もよく知られています。もうすぐ出版される著書は「ホワイトハウス・レッズ:共産主義者、社会主義者、安全保障上のリスクがある者が米大統領に立候補する」(2020年)である。


この記事の見解は著者の意見であり、必ずしもエポックタイムズの見解を反映しているわけではありません。



Chinese Communist Party Rallies 230 Leftist Parties to Exploit CCP Virus for Political Gain


Trevor Loudon

CONTRIBUTOR

Commentary

The Chinese Communist Party (CCP) has initiated an open letter calling on its allies and vassal parties across the globe to rally around Beijing and to exploit the CCP virus crisis to advance the international socialist cause.


On April 2, the website of the International Department of the Central Committee of the Communist Party of China published an “Open Letter calling for closer international cooperation in the fight against COVID-19.” According to a same-day report on CCP propaganda outlet Xinhua, at least 230 political parties from more than 100 countries had already endorsed or re-published the letter.


While minimizing the seriousness of the virus for domestic consumption, CCP strategy is to massively exaggerate the problem internationally. The CCP open letter calls the disease outbreak “the most urgent and serious challenge”—perhaps the CCP itself might better fit that description?


“Today, as Covid-19 is spreading rapidly across the globe, it constitutes the most urgent and serious challenge to both the health of humanity and world peace and development.


“Faced with this unprecedented situation, we, major political parties of various countries tasked with the weighty responsibility of improving people’s wellbeing, promoting national development and safeguarding world peace and stability, hereby issue our joint appeal as follows:”

The letter, openly initiated by the CCP, then calls for “coordinated policies” and “mobilization of resources and forces globally,” before indulging in some shameless self-praise:

“We are aware that the virus respects no borders, and no country can respond to the challenges alone in the face of the outbreak. … Closer international cooperation, coordinated policies, concerted actions, and mobilization of resources and forces globally will enable us to defeat this virus, a common enemy to all of humanity.

“We take note of the significant progress in the fight against Covid-19 in China, … which has bought time and offered experience to the rest of the international community. We highly commend countries including China for adopting an open, transparent and responsible attitude to disclosing related information in a timely fashion, sharing experience on response and patient treatment, and in particular providing medical and other supplies to the best of their ability to other affected countries.”


Next, comes a coded message to the international communist movement—protect the CCP from international blame and retaliation, protect the CCP’s thousands of agents in Western countries from scrutiny or expulsion, and work toward increased integration with the U.N., World Health Organization, and other anti-Western international organizations:

“We stand firmly against all discriminatory comments and practices against any country, region or ethnic group, and call on governments of all countries to take proactive measures to protect the health, safety and legitimate interests of foreign nationals and students they host. …

“We are of the view that the Covid-19 outbreak has laid bare the need for all countries to further foster the global governance outlook of achieving shared growth through discussion and collaboration and to support the leading role of the United Nations and the World Health Organization in global public health governance. We call for all parties to enhance coordination and cooperation within the framework of the G20 and other international mechanisms for effective international prevention and control as we strive to build a global community with a shared future for public health.”


To date, the CCP hasn’t published a list of the 230 signatories “from major political parties.” That could be because many of them aren’t “major” and most of them are communist.

Significant political parties known to have signed on to the CCP letter include the ruling Communist Party of Cuba and the Communist Party of Nepal. The South African Communist Party, which semi-governs that country in partnership with the African National Congress, has endorsed the letter. The often-ruling and openly communist Progressive Party of the Working People of Cyprus also signed on.


Further down the socialist pecking order, the Communist Party USA, Communist Party of Australia, the Communist Party of Britain, and the Communist Party of Great Britain (Marxist-Leninist) have also lent their good names to the effort.

Less well-known parties backing the CCP initiative include the Communist Party of Bangladesh (Marxist-Leninist), Thailand’s leftist Pheu Thai Party, and the militant Rwandan Patriotic Front.

Granma, the newspaper of the Cuban Communist Party, used the CCP open letter as a vehicle for promoting socialist globalism, defending the CCP, and increasing international communist coordination:

“The text, signed by 230 political parties from over one hundred countries, recognizes that the COVID-19 has put the world in front of the most pressing and serious challenge to human health and peaceful global development. …

“Aware that the virus knows no borders, the signatories said that no country is capable of dealing with it on its own, and therefore called for the pooling of resources and forces at the global level through international cooperation, integrated policies and coordinated actions.

“They recognize nations, including China, for their open, transparent and responsible attitude in publishing epidemiological information and sharing experiences in prevention and treatment, especially for their assistance with medical supplies to affected countries. …

“The signatories also committed themselves to maintain close communication at this unique juncture, to give impetus to the battle against the epidemic, honoring their guiding political role.”

The Communist Party of Britain-affiliated newspaper “Morning Star” used the open letter as a springboard to praise the CCP and its Russian and Cuban allies—while strongly attacking the United States:

“China, Russia and Cuba have been among those countries leading the fight, sending medical teams and aid to places most affected by the pandemic. …

“But the US has been accused of acting as a ‘Wild West bully’ by blocking essential medical aid to Cuba and sending warships towards Venezuela.

“Washington has increased sanctions on Iran, preventing it from buying medical supplies on the global market, and ratcheted up an anti-China propaganda war that critics have described as a ‘smokescreen’ to deflect from US failures.”

The CCP’s harnessing of the world communist movement to take advantage of the CCP virus pandemic should not be minimized.

While most of the 230 parties are no doubt small, all will have an important influence in the more than 100 countries they represent. Some are ruling parties with all of the weight of their states behind them. Others have control over local labor union federations, women’s and youth alliances, academia and religious bodies. All are part of the largest coordinated political movement existing in the world today.

The West is already at war with the CCP and its allies. Their goal is to create social havoc, drive the economies of the West into the ground, and gut U.S. military spending. When that happens the CCP, Russia, Iran, and Cuba will run this planet.

Today, we are in a mainly informational conflict—with one side hardly fighting. If the CCP is allowed to win this stage of the war, the West will be in no position to resist whatever comes next.

Trevor Loudon is an author, filmmaker, and public speaker from New Zealand. For more than 30 years, he has researched radical left, Marxist, and terrorist movements and their covert influence on mainstream politics. He is best known for his book “Enemies Within: Communists, Socialists and Progressives in the U.S. Congress” and his similarly themed documentary film “Enemies Within.” His soon-to-be-published book is “White House Reds: Communists, Socialists & Security Risks Running for U.S. President, 2020.”

Views expressed in this article are the opinions of the author and do not necessarily reflect the views of The Epoch Times.




余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト