余命三年時事日記 ミラーサイト
数秒後にアクセス数を表示します
2019-09-19 11:16 1 comment

0104 佐々木亮と北周士和解書詐欺

引用元 

「悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、おはよう。今日も暑いですな。

 

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 

<ところで悪魔君。佐々木亮や北周士をあまりいじめるんじゃないよ。もう事実関係では争えないんだから、残された道は提訴取り下げと詫び状くらいのもんだ。かわいそうだろう>

 

と書いたところで一報が入った。

提訴取り下げ!!!

お詫び状送付!!!

だって。

かすれた印鑑でよく地裁も受理するよな。提訴された方は住所氏名という個人情報がさらされて、犯罪者の情報は弁護士の肩書きだけでおしまいか?それにしても取り下げが早いね。よほど焦ったんだな。この件の告発状の到着は29日10時という報告を受けている。さすがに29日中には無理だったんだな。佐々木亮と北周士名だが、嶋﨑量は代理人ということでパスなのかね。それとも大揉めに揉めたのかな。まあ、代理人も同じ穴の狢で告発されているから仲良くすることだ。内ゲバはみっともないぜ。

ただのワープロ文書。印鑑もなければ署名もない。まさに怪文書である。被害者の住所氏名はさらして、自分たちの住所氏名は何もない。印鑑証明くらいはつけなさいよ。ご当人は告訴の意向であるから、個人情報はいずれ明らかになるが、それにしても弁護士としてはあるまじき行為の連発である。懲戒請求待ったなしであるが、まあ、示談書詐欺、有印私文書偽造行使、和解契約書奴隷条項無効等の刑法犯でひっくくりたいね。

 

コメント
1. 2019-08-03
ここ最近、悪魔の提唱者が不当裁判弁護士や元議員ジャーナリストと言い争いをして 
いるそうだが?
反日左翼お得意の内ゲバですか?