余命三年時事日記 ミラーサイト
数秒後にアクセス数を表示します
2019-09-06 07:47 0 comments

0125 反撃開始③

引用元 

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、おはよう。元気かね。

 

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

 

 

コメント1  前回の懲戒請求及び告発の違い

 

民事と刑事の違いで、前科がつくかつかないかくらいかな。簡単に比較したが、まあ、大変な差ではある。

 今回も検察への刑事告発が先行したが、事実関係に争いがない事案に絞っているから、前回の外患罪告発とは様相が違う。処罰を求める事案が具体的であり、証拠もそろっているのだ。もっとも事実関係が否定できなくても、千葉とか神奈川そして池袋上級国民事故とか、検察にも都合がいろいろとあるからね。

 事案からして、刑事告発→起訴→実刑の可能性が高いから、彼らも必死だよ。これからその実態をあきらかにしていくが、とにかくあきれるばかりだ。これから先、そういう話の連続になるが、怒らないように我慢していただきたい。

 

 

コメント2  懲戒請求者の追加

 

余命 144号 陸上自衛隊予備3等陸佐の発言について ①

要望

坂本正幸氏は陸上自衛隊予備3等陸佐兼弁護士ということだが、この状況は間違いなく陸上自衛隊予備3等陸佐の肩書きを使っている。

当人は気がつかず、弁護士目線で無防備な発信をしているが、さすがにこれは問題である。

 これは自衛隊が少なくとも50年にわたって営々と築き上げてきたイメージを一気にダウンさせ、あきらかに国益を損するものである。とにかく品位がない。

 

文民統制への疑念。

岩屋毅防衛大臣の責任。

また、民間人への確信的恫喝行為として以下の発言について、自衛隊内の処分を求める。

 

坂本正幸@sakamotomasayuk

弁護士への懲戒は最も重いと二度と弁護士ができないというものなのだから、安易な請求は平手打ち程度というけど、それなりの対応が必要だし、タマをとりにいくのと同程度の覚悟を持ってもらってもよい

 

弁護士に対する懲戒請求は匿名ではない 懲戒請求というペーパーを提出することは誰にでもできるが、内容が何であっても不問に付されるものではなく、違法と評価されることもある 違法と評価されたときの損害賠償責任を負う 損害額は事案によりけりだが数十万以上 ということも知らせておかないと

 

弁護士/ベトナム・ミャンマー進出/ハーフコース振興協会会員#67/法政大学教授/ゴルフ(B.I.F契約アマ)、ラッパ/日本ねむねむ協会会員番号5番/無法協会員/陸上自衛隊予備3等陸佐/情報法制研究所上席研究員

 

 

余命 145号 ‏ 陸上自衛隊予備3等陸佐の発言について ②

 

要望

以下の発言の釈明と防衛相ならびに自衛隊の処分を求める。

坂本正幸

@sakamotomasayuk

5W1Hをきちんと吟味して具体的に、詳細に書いてあったから、被疑者とされる人に負担をかけてよい、となる。負担をかけるために告訴告発なんてのは間違い。なお、弁護士に対する懲戒請求も虚偽告訴の罪に該当するので被害者が告訴したら変わるかも

 

告訴や告発は結構ハードル高い

それは刑事法を知らないでけしからんで出して来られても困るからなので、ある程度やむを得ない。

過去に告発状受理して捜査にまで至ったときは、告発状をそのまま起訴状に使えるレベルまで吟味して作り上げたとき。

 

検察に告訴告発は直告と言って通常取り上げられず、汚職などの政治犯、背任などの経済犯くらいしか扱わない

これは警察には荷が重いから

 

 

余命 146号 ‏ 陸上自衛隊予備3等陸佐の発言について ③

 

要望

以下の発言の釈明と防衛相ならびに自衛隊の処分を求める。

今回、虚偽告訴として扱うとしたら、教唆でよめい本体も危ないのでは?

そこまで真剣に警察が取り上げるかは別だけど

 

そもそも最高裁に指揮権ってのは日本じゃないので、どこの話をしてんだか?

 

大量にまた来たとなれば、暇はないが刑事として立件して教唆で上げることも考えてもよい

 

有事に俺が何をするのかわかってないね(笑)

 

なんでこんなに幼稚なんだ?これで納得できるのがわからん。

 

なお、自衛隊法みたら何するかは明らか(笑)

 

これだけでおかしいと思うのが普通だと思うんだがなぁ(笑)

 

なんか削除したらしいけど、昔、予備自衛官を隠密みたいに書いてたよなぁ(笑)

さすがに実態と違いすぎて削除するくらいの判断はしたようだ

 

いや、なんか昔予備自衛官についてのエントリーがあったので検索かけたらなくなってたんだよね

そんな、柳生の草じゃないんだし(笑)

 

なんか削除前に読んだときは、隠密みたいに考えてた内容だったよ

 

守秘義務なければ説明したいわ(笑)

 

 

 

 

 

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト