余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2018-07-22 01:55
2612 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった52(0)
引用元のソース

マンセー名無しさん
これも訴状待ちでしょうか。
在日コリアン理由の大量の懲戒請求 弁護士が慰謝料求め提訴 | NHKニュース
ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20180712/k10011530601000.html
在日コリアンであることを理由に大量の懲戒請求を受け、精神的な苦痛を受けたとして、東京の弁護士らが請求を行った人たちに慰謝料を求める訴えを東京簡易裁判所などに起こしました。
訴えを起こしたのは東京弁護士会に所属する金竜介弁護士ら2人です。
金弁護士によりますと東京弁護士会に所属する金弁護士ら在日コリアンの弁護士8人と、弁護士会の役員だった10人は、去年11月から12月にかけて、およそ950人から懲戒請求を受けたということです。
請求はほとんどが同じ文面で、東京弁護士会がおととし4月、朝鮮学校への適正な補助金交付を求める会長声明を出したことを理由としていて、金弁護士は役員ではない在日コリアンの8人については名字などから請求の対象に含まれたのではないかとしています。
東京弁護士会はことし4月、これらの懲戒請求をすべて退けています。
金弁護士らは人種差別が目的の違法な懲戒請求だとして、請求を行った数十人に慰謝料を求める訴えを東京簡易裁判所などに起こしました。今後も追加の提訴を検討しているということです。
金弁護士は「大量の請求が来て非常におそろしいと感じた。属性や民族を理由に懲戒請求を行うことはヘイトスピーチと変わらないと思う」と話しています。

 

The Big Picture!
余命先生並びにスタッフの皆様、日本を取り戻す旅順攻略作戦展開中の皆様、また側面から援軍を送ってくださっている皆様お疲れ様です。
ヤフーのヘッドラインニュースに下記の記事があがっておりましたので速報いたします。
「堂々と人種差別された」大量懲戒請求を受けた弁護士が提訴「タガが外れている」
7/12(木) 17:45配信 弁護士ドットコム
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00008201-bengocom-soci
「堂々と人種差別された」大量懲戒請求を受けた弁護士が提訴「タガが外れている」
金竜介弁護士
民族的マイノリティに属すること理由とする不当な懲戒請求で、名誉を傷つけられたなどとして、東京弁護士会に所属する弁護士2人が7月12日、複数の懲戒請求者を相手取り、東京簡易裁判所と静岡簡易裁判所に損害賠償をもとめる訴えを起こした。原告の1人、金竜介弁護士と代理人が同日、都内で会見して明らかにした。被告は数十人規模で、請求金額は非公表としている。
原告側によると、2017年11月から12月にかけて、約950人から、原告2人を含む東京弁護士会に所属する18人の弁護士に対して、懲戒請求があった。そのうち10人は、会長・副会長などの役職だったが、残り8人は名前から在日コリアンと推認されるだけで、業務上のつながりもなかったという。
金弁護士は会見で「弁護士の業務としてこういうことをやっている、こういう発言をしている、という理由ではなく、ただ日弁連の名簿から名前で選ばれた」「国籍ないし民族を理由として懲戒請求しており、人種差別にあたる」「得体の知れないおそろしさがあった。ほっておくという選択肢はなかった」と述べた。
●謝罪文も「神経を逆なでする内容だった」
弁護士への懲戒請求をめぐっては、「余命三年時事日記」というブログが発端となって、全国レベルで大量におこなわれている。このブログは、朝鮮学校への補助金交付などを求める各弁護士会の声明に反発したもので、今回の懲戒請求者について、金弁護士は「ブログに煽られてやったのだと思う」と話した。
金弁護士らに対する懲戒請求の理由には、次のような内容が書かれていた。
「違法である朝鮮学校への補助金交付の会長声明に賛同、容認、その活動を推進することは、弁護士の確信犯的犯罪行為である。利敵行為としての声明のみならず、直接の対象国である在日朝鮮人で構成されるコリアン弁護士会(原文ママ)との連携も看過できない。この件は、別途外患罪で告発している。あわせてその売国行為の早急な是正と懲戒を求めるものである」
金弁護士は、人種差別にあたることを強調した。「これまでも在日コリアンに対するおそろしい表現がネット上にあった。ネットで匿名でやるのではなく、自宅の住所と名前を書いて郵送する。そこまではやらないだろうというタガが外れてしまっている。堂々と人種差別、ヘイトスピーチするようになっている」と指摘した。
原告側によると、懲戒請求者から和解の申し入れはないという。金弁護士のもとには、一部の懲戒請求者から謝罪文が届いたが、「『自分は(ブログで)洗脳された』と書かれており、当事者意識がなく、神経を逆なでする内容だった。社会的な経験がとぼしい若者ならわかるが、地位のある人だと思われる。お詫びの文書とは思えない」(金弁護士)。
以上。

 

どんたく
毎日新聞でも報道されています。
毎日新聞
弁護士懲戒請求
ネット扇動者の情報開示求め提訴
ttps://mainichi.jp/articles/20180714/k00/00m/040/214000c
2018年7月14日 06時00分(最終更新 7月14日 06時00分)
インターネット上の扇動を背景に約3000件の懲戒請求を受けた弁護士が、ブログで請求をあおった人物の個人情報を開示するようサーバー管理会社に求め、大阪地裁に提訴した。「不当な請求を受け、ブログ運営者も共同不法行為に当たる」として、損害賠償も請求する方針。13日に第1回口頭弁論があり、会社側は請求の棄却を求めた。
訴えたのは、東京弁護士会の佐々木亮弁護士。大阪市の管理会社に、賠償請求に必要な運営者の氏名や住所などの開示を求めている。
訴状によると、このブログは「朝鮮学校への補助金停止に反対する日本弁護士連合会の声明に賛同した」などとして、佐々木弁護士らへの懲戒請求を呼びかけた。【戸上文恵】
佐々木亮弁護士・嶋﨑量弁護士と三宅雪子氏のツイッターから拾いました。

7月13日 3:01 ささきりょう
大阪地裁に提訴していました。:大量懲戒請求呼びかけ、弁護士が投稿者の情報求め提訴:朝日新聞デジタル

7月13日 16:14 三宅雪子(国民投票を知ろう)
いよいよですね。私も経験ありますが誰かほぼわかっていても、一応はこの手順は必要ですからね。今後の裁判のためにこの紐付け作業が大事になっています。ただし、佐々木さんらは確実に追い込む次の一手があるはずです。

7月13日 5:21 三宅雪子(国民投票を知ろう)
「余命ブログ」ブログ主の投稿者情報求め佐々木亮弁護士らが提訴。なぜ、この裁判が必要かというと(おそらく佐々木さんらもう誰か知っていると思われますが)「紐付け」をして投稿主を確定させるためですね。この後、ブログ主がわかったら、おそらく損害賠償請求になっていきます。

7月13日 7:39 三宅雪子(国民投票を知ろう)
当然、プロバイダーは拒否します。昨年の検察への12万件(これも提訴すべき)弁護士会への13万件(これも提訴すべき)もあり、認められないとおかしい。被疑者不詳で名誉毀損や脅迫で刑事告訴もできます。刑事でやると思っていたので民事なのはやや意外です。

7月13日 15:54 嶋﨑量(弁護士)
カンパをお願いしてるときにお約束している通り、刑事もやります。
承認する | 返信 | クイック編集 | 編集 | スパム | ゴミ箱へ移動
2018年7月17日 8:49 PM
コメントを選択

どんたく
余命様、余命プロジェクトの皆さま、最近の暑さには参りそうですがお体ご自愛下さい。
さて、ちょっと古い話題でもしかしたら、どなたかが投稿されているかもしれませんが、重複となれば削除でお願いします。
朝日新聞デジタル
ttps://www.asahi.com/articles/ASL7F43V5L7FPTIL017.html
大量懲戒請求呼びかけ、弁護士が投稿者の情報求め提訴
大貫聡子  2018年7月13日18時04分
朝鮮学校への補助金交付を求める声明などを出した弁護士会に大量の懲戒請求が寄せられた問題に絡み、東京弁護士会所属の佐々木亮弁護士が大阪市のサーバー管理会社に対し、懲戒請求を呼びかけたブログ運営者の発信者情報を開示するよう求めた訴訟を大阪地裁に起こした。13日に第1回口頭弁論があり、会社側は請求棄却を求めた。
訴状によると、佐々木弁護士は朝鮮学校への補助金停止に反対する日本弁護士連合会声明に賛同しているとして、ブログで懲戒請求を呼びかけられた。5月時点で約3千件の懲戒請求を受け、業務に支障が出るなどしたという。
佐々木弁護士側は「賛同を表明したことはない。違法な懲戒請求を触発したブログ運営者は(懲戒請求をした人の)共同不法行為者に当たる」と主張。運営者に損害賠償を請求するために必要として、情報を開示するよう求めた。
ネット上の権利侵害に詳しい神田知宏弁護士によると、投稿そのものではなく、投稿が呼びかけた行為で権利を侵害されたとして発信者情報の開示を求める訴訟は珍しいという。(大貫聡子)

 

直樹
在日本大韓民国青年会 (韓半島にルーツを持つ18歳~35歳の青年が集まり、各種イベントや研修会を行っています。)
「在日コリアンが日本で生きることそのものを、この裁判は問うている」
2018年07月17日 学習/時事
2018年7月12日、金竜介弁護士と金哲敏弁護士の2人が東京簡易裁判所と静岡簡易裁判所に、損害賠償をもとめる訴えを起こしました。
金竜介弁護士ら18名の弁護士は2017年11月から12月にかけて、北海道から九州までの全国の約950名から懲戒請求を申し立てられました。18名のうち10名は2016年度の東京弁護士会の会長や副会長などでしたが、残り8名は在日コリアン、つまり同胞の弁護士がターゲットとなりました。
なぜ8名の在日コリアン弁護士が懲戒請求されたのか。事由の要旨には
違法である朝鮮学校への補助金交付の会長声明に賛同、容認、その活動を推進することは、弁護士の確信犯的犯罪行為である。
利敵行為としての声明のみならず、直接の対象国である在日朝鮮人で構成されるコリアン弁護士会との連携も看過できない。
この件は、別途外患罪で告発している。あわせてその売国行為の早急な是正と懲戒を求めるものである。
とあったそうです。
2016年4月に東京弁護士会は、「朝鮮学校への適正な補助金交付を求める会長声明」を発表しています。しかし金竜介弁護士によると8名は所属事務所も活動内容もバラバラ、業務上の繋がりはないし、朝鮮学校を支援している人もいれば距離を取っている人もいる。在日コリアンであることがわかる名前を名乗っているものの、朝鮮籍・韓国籍・日本籍と国籍もさまざま(金弁護士は日本籍)。つまり「たんに朝鮮半島にルーツがある弁護士が、その属性のみで懲戒請求の対象として選択された」ことがうかがえます。
弁護士の懲戒請求自体は認められた権利で、誰でも行うことができます。しかし「気にくわない」といった私怨や嫌がらせ目的の請求は、不当なものとして判断されます。そして弁護団の高橋済弁護士が「人種差別撤廃条約上の人種差別に該当する不法行為。変更することができない国籍や民族という属性を理由として攻撃のターゲットにする。それが人種差別だ」と説明したように、今回は明らかに人種差別目的の懲戒請求です。ちなみに外患罪というのは「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させ、又は、日本国に対して外国から武力の行使があったときに加担するなど軍事上の利益を与える犯罪」のことですが、日本に住み日本で働く弁護士が、在日コリアンというだけでテロ行為を起こすのではと考えるのは、この上ない侮辱です。
金竜介弁護士は記者会見上で
「懲戒請求は住所と名前を書いて印鑑を押す行為。恐ろしいと思うのは日頃から在日コリアンに対するネットでの悪意表現を見ますが、それは匿名。今回送られてきたものは自分の住所を書き名前を書き印鑑を押している。これまでは『社会的に認められない恥ずかしい行為』だからと匿名で行われていたことが、堂々とヘイトスピーチ、人種差別できるようになった。ネットユーザーが書き込みをする行為と、自分の住所を紙に書いて印鑑を押して郵送する行為、これにはかなりの差がある。そこまではやらないだろうという、タガが外れた」
と言いました。
今回は950名全員ではなく、弁護団が定めた基準で選んだ相手を提訴していますが、被告の数はおよそ数十名で、請求金額については「金額の問題ではないし、ネットなどでいわれのない批判をされる」ことを避けるために非公表となっています。中には「私は洗脳されていた」「いいことをしていたと思った。申し訳ないことをした」などと書いたお詫び文を送ってきた被告もいたそうですが、金弁護士はこれを「お詫びだとは思えないし、差別に踏み込んでもいない。神経を逆なでされました」とバッサリ切り捨てました。
今回なぜこの裁判をここで取り上げたのか。それは皆さんに
私たちの人生は祝福されたものであり、その自由は誰によっても奪われるものではない。だから時に理不尽なことが起きたら声をあげ、人生と自由を守る必要がある。それは自分や家族、そして同胞を守ることにも繋がる。もちろん1人で背負うことはないし、辛いときは誰かに「助けて」と頼ることも、立派な「声をあげる」行為のひとつだ。そして本当に辛い時は、全部投げて逃げてもいい。でもあなたは決して1人ではないのと同時に、声をあげる同胞を1人っきりにしてはならない。
ということをどうか、覚えていて欲しかったからです。
会見の最後、金竜介弁護士は「この裁判で何を問いたいかは1人1人に考えていただきたい。私が被告に聞きたいのは『自分も騙されていたんです』ということではなく、自分は正当だと思っているならなぜそう思うのかということ。法廷でそれをきちんと述べていただきたい。ごまかさないでいただきたい。あなた(被告)が自分の意思で正しいと思ってやったことは、調子にのって「いいね!」ボタンを押してしまうこととは全く違う。繰り返しになりますが、自宅の住所を書いてそれに判を押して郵送することまで、なぜできたのかということを考えてもらいたい。それを公の法廷で明らかにしましょう」と言いました。
この裁判で争われるものは、弁護士2人の尊厳だけではありません。私たち在日コリアンがこの社会で生きるための権利がかかってると言っても、過言ではないと思います。だから皆さんも他人事と思わず、今後を一緒に見守り、応援してください。
(チョンソン)

この懲戒請求は日弁連に対してのことであり、朝鮮学校補助金支給はテロ国家支援にあたり、日本国民の生命にもかかわるので認めるわけにはいかない。近頃では西川口にも中華コミュニティーが新たに出現し、参政権など主張しかねない。だから日本国民は他人事と思わず、今後を一緒に見守り、応援してください。となりますね。
日本政府は在日3世以降に『一時滞在を許可しているだけ』であって日韓条約による国際法的な永住権は有していない。
まして密航者の子孫は日韓基本条約で定めた「在日韓国人」にすら該当していない。
その人たちから日本国民と同じ権利を主張されても、まず祖国に帰国するのが先ではないか。
と、きついことを言ってしまう。人権だ差別だという前に、あなた方の親や先祖がこの日本に対して戦後してきたことの歴史認識から現在に至るまで数々の犯罪を認め懺悔しない限り、これ以上人権を語らないでくれ。
日本人の尊厳だ。

 

神奈川県民
ご存知かとは思いますが、朝日新聞デジタルにこのような記事が掲載されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「在日コリアン理由に懲戒請求」弁護士2人が損賠提訴
北沢拓也 2018年7月12日21時28分
弁護士に対して大量の懲戒請求がされている問題で、東京弁護士会の金竜介、金哲敏の両弁護士が12日、「在日コリアンであることを理由に、根拠のない懲戒請求を受けた」として、請求者数十人に損害賠償を求める訴訟を東京、静岡の両簡裁に起こした。都内で会見した金竜介弁護士は「1文字の姓の弁護士を選んで、懲戒請求をしている。明らかな人種差別だ」と述べた。
ブログ信じ大量懲戒請求「日本のためと思い込んでいた」
ネットであおられ弁護士2人に懲戒請求4千件 提訴方針
金竜介弁護士によると、懲戒請求は昨年11~12月に約950人から寄せられた。理由は、朝鮮学校への補助金支出に賛同する東京弁護士会の声明が「確信犯的犯罪行為」であることで、同じ時に請求されたのは同会の役員ら10人と、金弁護士ら1文字の姓の弁護士8人だったという。
両弁護士はこのうち、「40歳以上」などの条件を満たす一部の人を相手取って提訴した。金竜介弁護士は会見で「ネット上の匿名の人種差別も問題だが、分別がある社会人がなぜ、自分の名前や住所を書き、ハンコを押して懲戒請求したのか。被告らには法廷で理由を語ってほしい」と話した。
全国の弁護士会には同様の懲戒請求が寄せられており、日本弁護士連合会によると、昨年1年間で約13万件が受理されている。背景には、補助金支出に批判的なブログが、懲戒請求への賛同者を募っていたことが指摘されている。(北沢拓也)
ttps://www.asahi.com/articles/ASL7D5S4GL7DUTIL04K.html?iref=comtop_8_08
ttps://web.archive.org/web/20180713045648/https://www.asahi.com/articles/ASL7D5S4GL7DUTIL04K.html?iref=comtop_8_08
金竜介弁護士は帰化しており日本国籍のはずなんですが、どう差別されているというつもりなんでしょうか。一文字姓を差別しているというのは理屈がとおりません。実際に一文字姓は日本にもあまたとあるわけで、その人たちが差別されているという根拠はどこにあるんでしょうか。懲戒されているのは、彼らがいずれも反日的な行動をとる在日朝鮮人とそのシンパだからという事では?
法に則った行動をしていないから批判・非難を受けているので、論点をずらしてなんでも差別といえばいいというものでもありません。印象操作をして事を有利に運ぼうという行動様式は昔から変わらないんですね。

.....一部60万円以下の簡易裁判所少額訴訟でうまくやろうとしたようだが、その簡易裁判所に、はしごを外されて地裁へ移送されたようだ。
さすがに簡裁も在日コリアン弁護士協会の弁護士の好き勝手にさせることは日本人世論が許さないと判断したのだろう。静岡も東京も地裁へ移送されている。裁判所同士が裏でご相談ということだな。
在日コリアン弁護士協会LAZAK の日本人攻撃は第一歩でつまずいた。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト