余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2015-12-20 19:26 最新コメント:2015-12-31 22:25
391 アマゾンレビュー④(43)
引用元のソース

86人中、86人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
未来ある日本へ覚醒の一歩を踏んだ本書発行に感謝
投稿者四児の父2015年12月20日
Amazonで購入

妻より紹介を得て本書を読みました。
自分の知っている事をはるかに上回る内容、そして現日本人の覚醒の確信。
本書を発行いただいた余命プロジェクトチームには感謝の一言に尽きる。
思えば韓流ブームも全て作られたものだったのだ。
韓国製不買運動をしている自分だが、この本により多くの日本人の目が覚めることであろう。
日本人であることを誇りに思っていれば、悪き者は勝手に堕ちていくのだ。

173人中、171人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
本書を手に取り、心ある真性日本人よ今こそ正当なる怒りを!!!
投稿者八重垣2015年12月19日
Amazonで購入

昨日到着、寝る前の2時間半で一気読み、うむ、実に読みやすい。
ブログの方は些か読みづらいが、入門編としては上出来ですな。
ブログはかなり長文なので、寝床の友としてmobiデ-タに変換しキンドルにて熟読。
日本民族の敵である、卑劣極まりない連中にとっては、この本はけして存在してはならないのでしょう。
だからといって「余命3年時事日記」をヘイトスピーチ本として、題名を名指して得意のパッシングもかえつて世間の耳目を集め、多くの人が内容知りたがり、ネットで検索なり、本書を書店で求める結果になり、まったくの逆効果が予想される(笑)
よつて表面的には無視して、得意の裏でコソコソと工作していると推察される。
ここのレビュ-もホントに熱いが、ブログのコメントもなかなかの盛り上がりで、今現在の「余命3年時事日記」を巡る高揚感は半端ではない、ぜひこの高揚感を持続させるためにも、第2弾、第3弾につながるためにも皆で何冊もの購入を期待しよう。

181人中、179人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
初代余命様に感謝。いざ反撃開始
投稿者Amazon カスタマー2015年12月19日
Amazonで購入

某ジュンク堂の検索機で探したところ、芸術の分類にされてましたが、そこにあるはずもなく、店員さんに探してもらい、置いてあったのは政治の棚でした。他の店でも同じような姑息なことをしてるみたいですよ。
マニュアルでもあるんですかね?
よほど都合が悪いんですかね?

128人中、127人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
日本を取り戻すためのバイブル!!まずは現状把握を!!
投稿者Amazon カスタマー2015年12月19日

テレビの報道番組に違和感を感じて、ネットで色々調べるようになったのが3年ぐらい前だった。そして日本の裏を知り、余命のブログに行き着いた。それからはこの時を心待ちするようになった。これは日本人によるリアル半沢直樹だ!!より多くの日本人に知ってもらい日本人の為の日本を取り戻そう!
本の中身はブログと比べかなり簡略化されていて、ブログを知っている人にとっては読みやすくなっているが、実態を全く知らない人には少し簡略化しすぎかな?とも思った。そういう人はブログを見に行って下さい。日本人ならこれから起こるであろうことを知っておくべきです。
初代余命様にお悔やみを申します。

81人中、81人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
産経新聞裁判のこのタイミングで出るなんてすごい。歴史を変える本かもしれません。
投稿者kamekurasanベスト100レビュアー2015年12月20日

他国の人は読んで不都合を感じるかもしれません。しかし日本人ならば必ず読まなくてはいけない本です。
このような本が流通できたということが、時代が変わったということを表しているのかもしれません。
内容はブログの通りなので、単なる嫌韓論や在日陰謀論ではないのも周知の事実と思います。
産経新聞裁判のこのタイミングで出るなんてすごいなあ。

118人中、117人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
サヨクにも読んでほしい。
投稿者battouman2015年12月19日

まず、最初に「記録を残さないことを前提に」米国からのわが国への要求事項の中に「核弾頭の売却云々」があること、中程に終戦直後の朝鮮進駐軍の横暴さ残虐さ、韓国の身勝手さが記述されていること、最後のあとがきに「皇室の存在によりわが国の序列がローマ法王と同列あるいはそれ以上であること。」など戦後のマスゴミが意識的に報道しないが日本国民全員が知っておくべき事柄が記述されていることだ。
 特に「核弾頭の売却云々」については、9条教信者やシールズ諸君に読んで貰いたい。理解できるかどうかは判らないが、理解すれば目を白黒させて泡を吹いて頓死するだろうからだ。それらに関連してサヨクや極左の諸君の行動が外患罪の適用対象であることも理解してほしい。民主党や共産党の議員とつるんで勝手な行動をしたり、在日朝鮮人韓国人の肩を異様に持って好きがってな行動を採ってるが、在日朝鮮人韓国人は敵性国民であること、日本と韓国は李大統領の竹島上陸により戦争状態であるので、外患罪で告訴して始末するか、米中衝突の騒擾状態を利用して一気に殲滅するかは国家の胸先三寸にあることなど、など。ほんとサヨクにも読んで欲しい内容だからだ。

367人中、361人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
日本人としてのプライドがあるならこの本を読むべきです。素晴らしい内容です。
投稿者ひで2015年12月17日

日本人としてのプライドがあるならこの本を読むべきです。素晴らしい内容です。

118人中、117人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
現代版の【焚書】!
投稿者戸欄巣美太2015年12月19日
Amazonで購入

発売早々、メジャーな書店の店頭、及びネット書店から遮断されている模様(Amazonは大丈夫、たった今から読むところ(笑))。
この事実を見ただけでも、いかに日本人の対抗勢力から危険視されているかがご理解いただけると思う。
余命ブログのコメント欄でリアルタイムに反日書店リストが更新されていく様はネット社会のダイナミズム、スリリングさを体感できる、またと無い機会であろう。ぜひ皆さんもブログと本書を一読し体感して欲しい。
そして、まだネットを使いこなせない世代の方々へ本書を勧め、あるいは世間の各所へ置き忘れる(笑)なりして、一緒に一般国民の側から反日勢力へのレジスタンスを進めようではないか!
出版社への要望としては、第2版や次作からは各記事に個別にQRコードを振って頂きたい(ブログ記事とは微妙に編集がされている為)。
私も早速、戦後教育の呪縛を解くべく、まずは身近な人から本書を広めていく所存。

321人中、315人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
文字通り命懸け。
投稿者LvMベスト500レビュアー2015年12月17日

気迫のこもる文章に押されっぱなしだった。
反響が大きいだけの内容は伴っているので繰り返し読みたい。
「日本国」生き残りのために。

91人中、90人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
”本日ヲモッテ我ガ国ハ 特亜工作員トノ苛烈ナル戦闘ヘト 突入セリ。”
投稿者しろくま2015年12月20日
Amazonで購入

戦後日本の絶対に触れてはいけないタブーである闇の部分を初めて世間に公開した極めて重要で秀逸な本だと思います。
このブログの遮断事件や考えられる全ての妨害工作によって火消しに奔走した諸悪の根源の在日達は今震えあがってるんじゃないでしょうか。
本を完読した後は「余命三年時事日記」のブログを最初からじっくり読んでいただきたい。
正直で勤勉で世界と仲良くしようと精一杯頑張ってる我々日本人をよくもここまで徹底的に陥れたなと虫唾が走る憎悪の感情がとめどもなくわき出てくるでしょう。
次回作は5月にも出るそうなので期待しています!
自民党安倍総理の元で各方面に潜り込んでいる在日を駆逐殲滅して平和な日本を日本人の手に取り戻そう!!
「待ち望むもの」という余命サイトの応援を目的にした嫌韓サイトに以下の為になる最高な書き込みがありました。
本当にその通りです!殲滅あるのみだと思います!コピペさせていただきます。

”本日ヲモッテ我ガ国ハ 特亜工作員トノ苛烈ナル戦闘ヘト 突入セリ。”
これはまさに彼等に対する宣戦布告ですね。
その昔の戦国時代に何故城ごと、城主、領民、一族ごと殲滅したか、謀反となる芽を少しでも摘むためです。
今や現代の戦国時代に突入、我が国の人間は我慢強いが一定以上を超えてしまうとどうなるかは不明。
70年以上に渡る、搾取、暴力、殺人、名誉棄損、いかな聖人君子でも耐えられはすまい。

102人中、101人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
驚愕の本!必見
投稿者Amazon カスタマー2015年12月18日
Amazonで購入

事実のみの発信です!戦後の真実が今ようやく明かされて!
日本人覚醒の始まりであり反日勢力の終わりの始まり。
必読です。

121人中、119人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
縁の下の力持
投稿者ガラクタ(大宮)ベスト50レビュアー2015年12月19日

私たちの知らない知識から、真実や情報を地道に探求した人たちがあることを決して忘れてはならない。

125人中、122人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
愛国というと馬鹿にされる今の日本
投稿者貧乏キャンパー2015年12月19日

ここに書いてあることは全てが本当かどうかはわかりません。
しかし愛国心というのは、日本人なら持っていておかしくないはずで、バカにされる今の状況が変に感じるのは僕だけでしょうか。
その愛国心を持っていていいんだと思える内容でした。
現実には様々な問題が生じているにもかかわらず、メディアなどにより隠されている事実が、この本によって明るみにでるのは良いことだと思います。
それは余命3年しかないと書いてある筆者の、僕たちに知ってほしいという熱い想いを知ることができます。
右も左も関係なしに一読することをお勧めします。

79人中、78人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
お勧めします
投稿者ジャンニ2015年12月20日
Amazonで購入

特にテレビ、新聞に頼っている方へ
手に取って1ページ読まれることをお勧めします。

49人中、49人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
すごい
投稿者nyonky2015年12月20日
Amazonで購入

素晴らしい本です。保守とかリベラルとか右とか左とか関係なしに。

30人中、30人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
正月休みを利用して拡散
投稿者ソーニャ2015年12月19日
Amazonで購入

初代の時から拝読しています、朝鮮民主党政権下ではネットの検閲遮断は当たり前で、本当に絶望的な気持ちの中この余命サイトは希望の灯火でした。
書籍では無難なものになっていますが(サイトを読んでいるものからすると)是非自衛隊の方の覆面座談会とかおもしろものもあるので、サイトにアクセスしてください。クリスマスプレゼンとにamazonから知り合いに送っています。正月休みに親戚、同級生などに拡散する良い機会だと思います。
プレゼントした方にはその周りの方にも回し読みしてくれるように言葉を添えています。
余命サイトにあったNHKの機材以外は自衛隊がメディア殲滅シナリオの実現を個人的に願っています。
来年が楽しみです。書籍化も継続されるとの事で心強いです。
ネットの◯天も注文できませんと表示、来年中旬からだそうで、その頃には余熱が覚めると思ってるのかな?二度と本は楽天では買わないと決心しました。
市内の本屋には扱っているか問い合わせるつもりです。韓国の元大統領が「日本乗っ取り完了宣言」出していたぐらいだから日本中あらゆる組織の汚鮮は日本国民は信じられないレベル、余命さんが99パーセントと表現してるぐらいひどいものでした。
ネットではなかなか拡散できなかったけれど、一人一人が出きることを地道にやりたいですね。

29人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
戦後混乱期の出来事を封印された御高齢の方々へ・日本の裏を知らない人々へ
投稿者キイロイサイエンス2015年12月20日

戦後を封印された御高齢の方へこの本をお勧め下さい、「日本再生大計画」が静かに始まっていますと・・。
読んで下さい、テレビや新聞には絶対書かれない「日本社会乗っ取り・日本人支配作戦の全貌」が暴露されています。
安倍首相の復活劇は、崖っぷちに立たされた日本国に吹いた「救国の神風」としか言いようがありません。
私も「余命・・」を見て初めて知りました。「アベ政治を許さない」は支配者達の反撃スローガンだという事を。

26人中、26人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
日本の売国マスゴミ共が報道しない事実!
投稿者リョーマ2015年12月19日

良く同書籍を発売出来たと思います。
発売にこぎつけた青林堂と余命プロジェクトチームに拍手を送りたい。
ブサヨとマスゴミ・朝鮮人が知られたく無い事実を赤裸々に綴っており読む価値大です。
一般書店ではロクに同書籍を置いて無いので密林で購入しましょう。

18人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
日本再生のための必読書
投稿者Chiasmodonベスト100レビュアー2015年12月19日
Amazonで購入

発売日の17日、普段利用している書店や他のネット通販全て入手不可能でした。
17日夕方Amazonで注文し、本日午前に届きました。
反日勢力、在日勢力から日本を取り戻すため、日本再生のための必読書と思います。
アメリカが日本や韓国をどう見ているのか、中国と手を結んだ韓国に対しアメリカが経済的には積極的に関わる援助等はしないとしていることや、米軍を朝鮮半島から撤退させつつあること、韓国が末期的症状にあること、そして日本を食い物にしている反日勢力、在日勢力及びそれらを隠したり擁護するマスメディア等各業界についてメディアで報じられない情報を入れて述べています。
韓国の国を挙げてのパクリ、スパイ行為や慰安婦問題、竹島問題、韓国人の隠蔽、捏造、たかりの事実についても触れています。
マッカーサーラインを無視した韓国の一方的な「李承晩ライン」の宣言が竹島問題の原点であり、13年間で多くの日本人が殺戮され、夥しい日本人が韓国に抑留されたこと、そして日本政府は韓国政府の要求に応じて日本人抑留者の変換と引き替えに犯罪者として収監されていた在日韓国人・朝鮮人を放免し、在留特別許可を与えたのが在留特別許可の始まりであったこと、韓国政府は日本人抑留者の返還には同意したが、日本政府が摘発した韓国人犯罪者の強制送還は拒絶し、日本国内に解放するよう要求し、日本国内に解放された韓国人犯罪者がヤクザの原点となったと解説しています。
現在日本にいる在日朝鮮人の99%以上は自分の意志で日本にやってきた人たちとその子孫であり、戦後徴用され戦後も日本にとどまっていた朝鮮人徴用者は1959年の外務省と在日韓国・朝鮮人の調査で245人と僅かとのこと。
在日特権を有する在日朝鮮人・韓国人たちの生活保護受給率が日本国民のそれと比べると5倍も高いことを指摘し、日本国民だけが厳しく審査され、在日朝鮮人・韓国人は禄に審査されていない不公平や彼らの不正な受給の実態を浮き彫りにしています。
在日特権廃止に向けて、改正入管法により、民間において通名が記載された住民票が閲覧可能になるので在日朝鮮人が特定できること、犯罪収益移転防止法により新たな銀行口座開設時には本名の確認が義務づけられるので、通名による架空口座開設はできなくなっていること、マイナンバー改正法での個人、企業、団体、在日外国人その他に付与されるナンバーにより、情報をすべて一元管理することが可能となるので、彼らの不正受給はすぐばれてしまうし、マイナンバーが韓国への在日住民登録情報に付与されるのは、在日の脱税と特権への対策であること、そして、7月9日から国籍確定、居住の特定により犯罪収益移転防止法やテロ資金提供処罰法が効果的に適用可能となり、いよいよ在日と反日勢力が追いつめられつつあると述べています。
民主党政権時代の公安資料流出と韓国漬けの状況や、韓国や在日が知られたくない「試し腹」やトンスル酒の話も出てきます。
「日本から韓国への莫大なODA 補助金額順リスト(98年まで)」(P94~P103)を見ると恩を仇で返されている思いでした。
行動する保守として「余命」は現行の集団通報、集団官邸メールをはじめとした在日特権の廃止という具体的な段取りに入っており、「入管通報用 自動通報」(P139~P141)に集団通報用のソフトとリストのURL、官邸や警察への通報メール先も記載されています。
余命ブログの政府や関係機関・組織などに向けて送る要望は初代からを含め40号までが掲載されています。(11月末現在)(P150~P183)必要があれば積極的に利用しようと思います。

15人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
題名からは想像出来ない、日本人必読の政治本。
投稿者美月2015年12月20日
Amazonで購入

 前韓国大統領の竹島上陸・天皇陛下侮辱発言。韓国人サポーターの大震災おめでとう垂れ幕など…。あの民族の異常性に驚き、ネットの掲示板などで韓国に関する記事を見ていくうちに必然と、この余命三年時事日記ブログに出会いました。
 この日本に住む在日韓国人朝鮮人とはどんな存在なのか、在日特権とは何か、なぜ民主党は朝鮮傀儡党と呼ばれるのか、そして呆れるレベルのマスコミの偏向報道の理由。この本を読めば、それらの事がすぐに理解できるでしょう。
 この国の現状を多くの人に知ってもらうための【日本人覚醒プロジェクト】そして、現在進行形で進められている、日本を日本人の手に取り戻す為の【官邸メール作戦】戦後70年越しの国内大掃除は、今始まったばかりです。
 新聞は読むがネットをしない高齢世代、そして、ネットは使うが政治に興味のない若者世代に、是非とも読んで頂きたい本です。
 書籍化にあたり、内容はかなりソフトな仕上がりとなっていますが、ブログにはもっと驚愕的な事実が盛りだくさんです。是非ブログもご覧下さい。

  1. 初めて書きます。
    近所の書店で見つからなくて浜松町まで出かけて購入しました。
    どなたかが、本を渡したが『理解できない』という意見がありました。
    そんな方には蓮見さんの本を一緒に渡したらどうでしょう。
    とっかかりになるような、内容が解りやすく書いてあります。蓮見さんの本を導入に使われても良いのではないかと思います。
    蓮見さんの本も浜松町で購入しましたが、政治部門ではなくイラストなどの場所にありました。
    いつも、読ませていただいています。
    50代で3年前ほどから目覚めたものです。なぜ、年寄りの方が朝鮮人に拒否感があるのか理解できました。

  2. まずはご出版おめでとうございます。
    初代かず様の時代より拝読しております。
    さて、この本が書籍として世に出てしまったからには、
    書かれている内容もさることながら、
    「なぜこれまで誰も書かなかったのか?」が問われる気がします。
    書かれている内容は、驚きの情報源によるものもありますが、
    「すでに発表された情報」「入手可能な情報」も多い。
    日本には自称他称含めて星の数ほどのジャーナリストがいます。
    それなのになぜ今まで活字にならなかったのか?
    知らなかったならば不勉強に過ぎるでしょうし、
    知っていたなら何かに加担して隠してきたことになります。
    日本のジャーナリストは何してきたんだ?
    そんな気になってしまい、そこに暗澹とします。
    日本にジャーナリストは一人も存在しないのでしょうね。
    余命本は他のすべての表現者や文化人、学者に対して、
    それ自身がある種の踏み絵を迫る存在となりました。
    そこが凄いと感嘆します。

  3. いつも楽しみにしております。
    本日、書店を回りました。
    神奈川ですが、文教堂に2冊あり2冊購入。
    勝木書店に1冊あり購入。
    くまざわ書店に2冊あり購入。
    微力ですが応援しています。
    20代の若い後輩にプレゼントする予定です。

    ご自愛くださいませ。

  4. Amazonレビューが掲載されると、なんだか嬉しいし、一人じゃないんだと実感。
    (香川県 なべ)

  5. 売り上げ好調のようで嬉しい限りです。
    今まで無関心だった人にこそ読んではしいですね。
    そしてシールズがいまだにオワコンになったと気づかずに本日野党統一候補を支援するプロ市民団体を設立したようですね。
    今までもどーせ共産や民主の支持者ばかり集まって意味はあるんでしょうか。
    まぁ、それこそ無関心な人が騙されないように気をつけないといけません。
    安保法案で支持率が下がるのは、まだまだ日本人は覚醒できていないのです。

    さて、しつこいようですが官邸メールのお願いをさせていただきます。
    選択制夫婦別姓反対と禁止。
    そしてそれの目的である戸籍制度破壊の阻止を、お願いします。
    余命様、皆様、よろしくお願い致します。

  6.  17日に「余命書籍」入荷との連絡あり、19日に受取りに行きました。当日、新刊コーナーに「余命書籍」は無く、それとなく店員に有無を確認すると17日に2冊入荷有るも2冊とも予約されているとのことでした。
     広島の大手書店で話題の新刊の入荷が僅か2冊というこの実態。改めて妨害工作が発動されているな、と感じました。ただこのことも含め、「余命三年時事日記」の周知を図らなくてはとの意を強くしています。

  7. 何回も申し訳ありません
    官邸メールの追加お願いです。

    皆様ご存じかと思われますが、外国人実習生の行方不明が過去最多となっております。
    このままでは日本は不法外人の巣窟になってしまいます。
    移民制度阻止とともに、安易な外国人流入の禁止を官邸メールにお願いします。
    日本に害なすのは中韓だけではありません。
    最近はアジア系や中南米系も増えており、治安の悪化は否めません。
    東京の一部ではアフリカ系黒人が呼び込みなどを頻繁にしており、そろそろ歯止めをかけないと、日本の文化などの破壊にも繋がりかねません。

    25日締め切りの官邸メールですが、
    私としては
    ①夫婦別姓の禁止、阻止
    ②戸籍制度の廃止の阻止
    ③安易な外国人実習生などの受け入れ禁止、受け入れの場合の管理強化
    ④移民禁止

    この四つでお願い致します。
    外国人参政権などはすでにあったとおもいますが、この四つからも重複しているものがありましたらすいません。

    余命様、よろしくお願い致します。

  8. 既出の案件でしたら、申し訳ないですが、余命様のご著書の販促チラシなど作成できないでしょうか。
    ネット上に掲載して、拡散を希望する各自がプリントアウトし、近所や知人に片っ端からポスティングはいかがでしょうか。
    集団ストーカー被害の実態を訴える方法として、日夜ポスティングに励んでいる方もいらっしゃいます。この方法にも様々な妨害がある様なのですが、敵方が多勢に無勢なら、こちらも対抗して飛躍的に拡散すべきです。
    プリンターが無くても、スマホにダウンロードし、コンビニの複合機でもプリントアウトは可能です。
    あるいは、印刷したものを新聞の折り込み広告として拡散。
    もう既に発覚してますが、どの新聞が断わってくるかで、反日度合いがさらに分かるのでは。

    今、思いつきましたが、とりあえず余命三年時々日記の表紙のコピーなどでも代用出来ませんか?
    或いは、次回著書のカバーを裏返すとそのまま販促チラシになるとか、書籍本体の一部にチラシを封入するとか。
    そして思いつく限りの公共的な場所にチラシを山積みするのです。

    私は流通、出版等には疎いですが、ネットのみで無い拡散方法を覚醒日本人の皆様で、いろいろなアイディアを募ってはいかがでしょうか。
    ネットだけでなく、ローテクも効果ありと個人的には見ております。
    微力ながら、余命プロジェクトチームの皆様を応援し続けます。

  9. 余命長老並びにチームの皆様、また読者応援団の皆様、お疲れ様です。

    Amazonでの首位快走に、日に日に増える気持ちの込められたレビュー。 余命ブログさんの読み通り、書籍によって反日在日勢力が隠蔽してきた様々な真実を知り、驚愕に至ったというレビューも少なくないですね。

    ところで、他の保守系ブログのコメントで見掛けたのですが、せっかくのこの貴重な真実満載の本作、英語版ほか、是非とも翻訳版も出版して頂きたい。 台湾、香港向けの中国語版なども含め、日本人覚醒は勿論のこと、世界人類の覚醒まで期待が更に膨らんでいます。

  10. 余命様。夫婦別姓は見事はねのけました。原告団の素性も色々とバラされております。 そこで、次の提案。 養子縁組制度の是正、改正は訴える事をお願い致します。なぜ、あの左翼どもは、この制度の是正は言わないのでしょうか。
    そう、不都合だから。ハイ乗り防止の為にも是非、動いて頂きたく存じます。

  11. 余命爺様

    本日、Amazonから届いて読んでおります♪

    合わせて『日の丸街宣女子』と『はすみとしこの世界(でしたか・・・隣に修園前の小僧が寝てるので、電気付けられず確認出来ない・・・)』を購入し、読み終わってます。
    余命三年は『家族が寝静まった静かな時に読もう』と温存♪
    すぐ読破ももったいないので、ゆっくりと♪

    私は一昨年9月から余命三年時事日記を知りました。
    保守速等の※で『余命は~』をアチコチで見つけ『なんだろ?』と。
    Amazonレビューでも同じような方いましたね。
    以前は『自民党だけでは、調子乗るから』とお花畑全開で民主党に入れてた情弱バカだったせいか、今では一気に『いわゆる嫌韓』通り越して『憎韓』です。

    さて、自分の事はともかく、※投稿しました本題です。

    Sonnetblog遮断以前からも思ってましたが、年代や月でのカテゴリで直ぐに見たい記事に飛ばす事は出来ませんか?
    『次へ』『次へ』を繰り返してやっと見つけた!が多く見づらく思われ・・・。
    正直、カズ先生ご存命から見てました(数ヶ月ですが)が、blogの最初は見てなかったです。(今回の書籍で『そうだったんたぁ』と思う所もあったり)

    一次復活(Sonnetとは別にて)後は更に遡るのが大変で、これから『帯のQRから飛んで来る』方には始めの大半が『通報・官邸メール』で占められますので、辛いかと思います。
    何せ膨大ですから。

    何とかなりませんかね?いや、もしくは閲覧側で飛べるのかな?
    もし、読者様で分かる方居ましたら、お手数ですが教えて下さいませ。

    1. 余命3年時事日記 ミラーサイト で検索して下さい。上部にインデックスのページに行くリンクがあります。

      スマホなら本文も読みやすいと思います。

  12. 初めて投稿させていただきました。
    この度は書籍のご出版おめでとうございます。皆様方と同じく、ついにこの日が来たかと感慨ひとしおでございます。
    小生、某都市にて映像コンテンツ制作の会社を経営させていただいているのですが、本書籍のCMもしくはそれに準ずるような内容のコンテンツを作って放映させていただくことはできないでしょうか?
    当方、民放テレビやネット放送の類いではないのですが、かなり大規模なアウトプットを所有してございます。
    この場で申すことができない代物なので申し訳ございません。
    ぶしつけな書き込みで大変失礼かとは存じますが、この段階では公にできない立場なものでご容赦いただけたら幸いです。

    きたじま

  13. 先程読了しました。
    ブログへのコメント、Amazonへのレビューが凄まじい勢いで増えていますね。
    本書補記の最後の一文、ブログ読者以外の日本人へのアプローチまで気を抜けませんが、想像できない程の変化を生むことは間違いありません。

    書籍化による変化はまだまだ数日で通過点に過ぎません。
    安倍総理と同じように焦らず日本再生、日本人覚醒のために真っ直ぐ進んでいきたいものです。

  14. 今日ライフというスーパーで買い物をしていたら、妻が、安いからと買い物カゴに赤パブリカを入れてました。
    ここ数ヵ月前から、パプリカの産地が韓国なので気にしています。
    イオン系の店は、当然ながら韓国産が多いと思います。
    結局、倍の価格の日本産の赤パブリカを買いました。
    家に帰り、頭にこの赤パブリカのことが残っていましたので、
    「アマゾンの本のカテゴリーでNo.1の『余命三年時事日記』に記載されている日本の状況のため、未だ日本では韓国産品の禁輸が行われてないが、ライフで韓国産品を取り扱うことで、日本国民を危険にさらさないで下さい。」という趣旨のメールを送りました。
    本を周りの方に送ったり、渡したりすることもとても有効ですが、メールを送信してみて、短時間で、『余命三年時事日記 』の存在を、企業の広報部門に直接うったえられるので、これはこれで、とても有効なのではないかと思い、投稿いたします。

  15. 言葉足らずでしたが、ライフはイオン系ではないと思いますが、イオン(岡田社長(兄)、民主党岡田党首(弟))は朝鮮系との認識なのて、ライフも韓国の赤パブリカ、黄パプリカを置いてるの?という趣旨の投稿でした。

    1. スーパーのパプリカは残念ながらほぼ韓国産ですねぇ。
      国産がほしいのなら、地元の直売所などで探された方がいいとおもいます。
      日本に入ってくる食品ですが、意外にも中国産よりも韓国産の方が基準がゆるゆるですので、個人的には避けてます。
      中国産は色々問題があったせいで日本へ輸出するものはかなり厳しく検査されるようです。それでも食べたくないですが。
      一方韓国産は、民主党が与党時代に基準をゆるゆるにしたとのことです。

      横から失礼しました。

  16. こんばんわ。
    余命さまとスタッフの皆様お疲れ様です。
    重ねて書籍販売数の事ご同慶の至りとお喜び申し上げます。
    僭越ではありますが、余命支援者の皆様にお願いと注意勧告を申し上げます。
    かの連中は現状においてもその凶暴性、短絡性は変わっていません。
    わたしの経験上で申し上げますが、万一在とそれに絡む団体とトラブルに巻き込まれると至極厄介な事になります。
    警察も相手が在だと詭弁を弄して民事に誘導する発言もします。
    法曹もほぼ同じ状況です。
    つまり法曹と警察で擦り合いをしているのが現状です。
    ですのでここはもう一つ冷静になり、できるだけ水面下での工作に徹底して、表沙汰になった時点で詰みという準備をする事を推奨します。
    何度でも言います。
    かの連中に日本の司法も、日本人の倫理観も通用しません。
    そこにきて凶暴性、短絡性が原因で本来なら法によって裁かれるべきはずの案件が行政と司法の間で盥回しにされています。
    支援者の皆様におかれましては表立って反日勢力を直接的な方法で解決するという事だけは今のところお控え願いますよう。
    彼らは大した事由もなく簡単に人を殴る連中です。
    そしてそれは当たり所が悪ければ死に直結します。
    もう少しの我慢です。
    どうか軽挙妄動だけは謹んで頂きたく存じます。
    秋津島

  17. テーマ;先端分野で独創的研究をする若手科学者の保護について

    理 由;先端分野で独創的研究をする若手科学者は国家の宝である。研究が、世の中の常識とかけ離れている場合が、若手科学者の周囲の者やマスコミから非難と中傷が浴びせられ、せっかくの研究が挫折してしまうケースがある。2014年の小保方晴子博士の例である。

     博士は、体細胞を酸の刺激により幹細胞化できるとするSTAP細胞を発表すると、理化学研究所 野依良治理事長の「若い女性がノーベル賞級の研究を発表するのはけしから」という一言(注1)で、理化学研究所とマスコミから轟々たる中傷が浴びせられ、小保方晴子博士から博士号、研究環境が剥奪された。
    大川隆法氏によると、小保方晴子博士の過去生は、ガリレオ・ガリレイとマリーキュリーとのこと(注2)
    注1大川隆法氏 『「嫉妬・老害・ノーベル賞の三角関数」守護霊を認めない理研・野依良治理事長の守護霊による、 STAP細胞潰し霊言』
    注2大川隆法氏 『小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する』

     ところが、小保方晴子博士のSTAP細胞を裏付ける研究が発表された。
    科学雑誌「ネイチャー」の姉妹紙でオンライン専用媒体「Nature.com SCIENTIFIC REPORTS」に2015年11月27日付けで掲載された。
    『Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells』 障害誘導性による筋肉由来の幹細胞様細胞(iMuSCs)

    —————-以下引用—————————-
    http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/2e389bc3495d47bf3c98c038029a2546
    小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された? 多能性を持つSTAP現象と同じ研究結果 更新
    2015年12月13日 01時52分03秒

    ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました

    小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された?

    2015年12月10日http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1047183994.html より
    ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました。
     小保方晴子さんの発見した「外部ストレスにより体細胞が初期化して多能性を持つ」「STAP現象」が存在した事を報告する論文が、科学雑誌「ネイチャー」の姉妹紙でオンライン専用媒体「Nature.com SCIENTIFIC REPORTS」に2015年11月27日付けで掲載されました。
    『Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells』 障害誘導性による筋肉由来の幹細胞様細胞(iMuSCs)
    http://www.nature.com/articles/srep17355

     ※下記に論文の自動翻訳有り
    【怪我のストレスにより体細胞が初期化して多能性を持つSTAP現象と同じ研究結果】

     この報告書では負傷したマウスの骨格筋から幹細胞になる新規の細胞集団を発見した_とあります。
    「物理的ストレスで体細胞が初期化され、多能性を持つ」とされるSTAP現象と同じ原理が記されています。キメラマウス実験でもこの体細胞から多能性に変化した多能性細胞は脳や肺、心臓にそのGFPが認められたという事です。※参照の事。

    【笹井芳樹博士の驚きは幹細胞学者として正しかった】
    http://www.nature.com/news/acid-bath-offers-easy-path-to-stem-cells-1.14600 より〜

     体細胞が物理的要因で未分化の状態に戻り、多能性を持つ細胞に変化する_小保方さんの「酸性の液に浸けるストレスにより細胞が未分化の状態に戻り、様々な身体の組織に分化できる多能性細胞になる」事をSTAP現象と名付けた研究結果と同じ原理です。
     外部刺激により、体細胞を幹細胞に出来るとした小保方さんのSTAP実験について故笹井芳樹博士(享年52)はネイチャーの記者デイビット氏にこう話した。「素晴らしい成果です。私自身、外部からのストレスが細胞にこのような効果をもたらすとは思ってもみませんでした」この驚きは正しかった。ノーベル賞級の研究者も、思いもよらない未知の細胞生態を小保方さんは発見していたのだ。

    【小保方晴子さんの発見は真実だった事が証明された】

     小保方晴子さんは細胞培養中、細胞にストレスをかけると分化多能性を持つようになるアイデアが浮かんだという。今回のネイチャーの報告書で小保方さんのアイデアの本筋は間違っていなかった事が証明された。小保方さんは細胞にストレスをかける実験は低酸性液だけではなく、細胞膜に穴を開ける方法や物理的圧迫なども試し、多能性マーカーを発現するようになった、と報告している。

    【STAP細胞と全く同じ物ではないが、STAP現象とされる細胞の初期化は実在した】

     物理的圧迫で細胞が初期化し、多能性を持つとする現象が報告された事により、細胞がリプログラミングする事がある、という事が解った。「細胞はいったん分化したら未分化の状態に戻る事は無い、細胞は分化が進んで行くだけ」「体細胞が未分化細胞になり、幹細胞状態として身体組織を作れるようになるなんて事はない」とするSTAP否定派はこの実験結果をどのように捉えるのか?

     論文に引用された小保方さんの論文。
    ハーバード留学時代に書かれ、再生医学専門誌「ティッシュ・エンジニアリング誌」に掲載された「The Potential of Ston Cells in Adult Tissues Representative of the Three Gern Layers」
    体細胞が多能性を持つようになる研究が実験段階である事を示すために引用されています。博士号を授与される前に、多能性細胞について書いた論文が一流の研究者達の参考になっているのです。小保方さんはこの論文を元に博士論文を書きましたが、間違って草稿を製本し早稲田大学に提出したために、「不正により学位の授与を受けた」と判定され、学位を剥奪されました。
    bc9a7d3a-s

     
    【ネイチャー論文日本語翻訳】 http://www.nature.com/articles/srep17355

    Abstract 要約

    我々は最近、負傷したマウス骨格筋からの幹細胞の新規な集団を発見しました。これらの傷害誘導性の筋肉由来幹細胞様細胞(iMuSCs)は部分的に分化した筋原細胞から再プログラムおよび多能性のような状態を表示しています。このような神経性および筋原分化などの複数の系統に分化する能力を含むiMuSCs展示幹細胞の性質;彼らはまた、in vivoでの筋肉の生着の強力な能力を実証する優れた移行容量を表示します。 IMuSCsには、いくつかの多能性および筋原幹細胞マーカーを発現します。胚様体及び奇形腫を形成する能力を有し、そして3つのすべての胚葉に分化することができます。また、胚盤胞のマイクロインジェクションは、iMuSCsキメラ胚に貢献したが、生殖系列伝達を完了できなかったことを示しました。我々の結果は、iMuSCsが負傷した骨格筋の微小環境によって生成された多能性の部分的に再プログラムされた状態であることを示しています。

    Introducion 導入

    損傷後の組織修復は、組織常駐前駆体および幹細胞の活性化、および局所および全身の信号に応答する細胞の浸潤の多様性を含む複雑な生物学的プロセスです。哺乳動物の骨格筋の再生には、筋線維の基底膜と筋細胞膜の間に位置する単核細胞の集団である衛星細胞と筋肉幹細胞(MuSCs)、などの常駐筋前駆cells1,2の活性化および増殖に依存しています。 MuSCsは、細胞の機能的に不均一な集団であり、可変増殖速度、マーカー発現プロフィール、自己再生能力、クローン原性および分化capacities2,3を持っています。我々は以前MuSCsうち、iMuSCsの小集団が存在することを発見した、我々のlaboratory4で確立Cre-loxPシステムを用い、損傷したマウスの骨格筋から単離することができます。我々はiMuSCsは、CD34を発現するのSca1(細胞抗原-1幹)、およびPAX7(ペアボックスタンパク質7)だけでなく、vivo5に強い筋原性分化および筋肉の再生能力を提示するだけでなくことが示されています。さらに、我々はiMuSCsは、細胞の挙動を幹実証し、そのような癒さ骨格muscle4におけるCD31 +内皮様細胞などの非筋原性系統に分化することが可能であることを実証しました。ここでは、さらに、それらの形態、マーカー発現プロフィール、多能性、渡り鳥能力と分化能力に焦点を当て、iMuSCsの特有の性質を調べます。

    Results 結果

    我々の確立された細胞分離法(図1a)を適用することによりiMuSCs正常負傷したマウスの前脛骨(TA)筋から単離しました。三日後、細胞単離後、増殖iMuSCs(約全体筋細胞集団の0.1%)を培養皿に現れました。しかし、細胞は、対照から確立された培養物中に存在していない無傷の筋肉(図1b)。顕微鏡評価は、代表iMuSCsは、直径5-7ミクロンであった比較的大きな核と細胞質の狭いリムが含まれていることが明らかになりました。それらの核はMSX1(MSHホメオボックス1)式(補足図S1aと)とヘキスト33342陽性および取り込まれたBrdU(ブロモデオキシウリジン)となりました。たてPAX7とのSca1(図1c)を発現する少数の細胞であったそのうちの陽性細胞を単離し、またはiMuSCsの初期の人口はMSX1およびCXCR4(CXCケモカイン受容体タイプ4)の割合が高いが含まれていました。全体生検負傷したTA筋肉の遺伝子発現分析は、MSX1、(またPOU5F1と呼ばれる)のOct4、Sox2の制御無傷古い脛骨筋(図1dおよび補足図と比較してアップレギュレート(SRYボックス2)およびNanogの発現がありました。S1bが)。新たに単離したiMuSCsは筋原幹細胞関連マーカー、すなわちのSca1、PAX7およびCD34、およびコア多能性マーカー遺伝子、すなわちのOct4、Sox2のおよびNanog発現した(図1E及び補足図。S1cを)。培養iMuSCsは、13時間の平均の細胞集団の倍加時間を有する筋成長培地中でin vitroで増殖させました。細胞遺伝学的解析は、iMuSCsが正常な女性核型を持っていたことを明らかにしました。しかし、染色体異常は、染色体5(補足図S1D)のためのトリソミーで、その結果、長期培養(継代33)の間に現れました。また、iMuSCsが顕著マイグレーション特性を有していたことを発見しました。タイムラプス運動性アッセイからのデータは、iMuSCsは対照マウス筋芽細胞株、C2C12に比べて長く、より高い速度と距離を移行していることを確認し、コントロールから分離しMuSCsは(図1F)筋肉を無傷。また、iMuSCsはmRNAレベル(図1G)でβカテニンおよびいくつかのカドヘリンを高レベルで発現しました。

    体外多能分化アッセイでiMuSCsはMyHC +(ミオシン重鎖)制御MuSCsとC2C12筋芽細胞(図2a)と同様の融合インデックスを持つ筋分化培地中で筋管と融合することができたことを示しました。 iMuSCsもBMP2と骨形成培地内の骨形成系統(補足図S2)に分化することが可能でした。 iMuSCsも簡単かつ効果的に、一週間のために神経幹細胞培地(方法を参照)で一度培養ニューロスフェアの形成を介して神経性系統に誘導することができた(図2b)、制御一次筋芽細胞およびMuSCsはこれらの構造を形成するの兆候を示さありませんでした。 iMuSCsによって誘発されるニューロスフェアは、神経表現型を示し、ネスチン、CNPアーゼとNefm(ニューロフィラメント)(図2b)を表明しました。 3週間後、神経分化培地にラミニン/ポリオルニチンコーティングした単層培養でメッキ再ニューロスフェアは、三つの主要な神経系統(ニューロン、アストロサイト、およびオリゴデンドロサイト)に分化することができ、彼らはMtap2を表明し、βチューブリンIII、Nefm 、ネスチンおよびOlig1 / 2(オリゴデンドロサイト転写因子1/2)(図2B、C)

    さらにiMuSCsの起源を調べるために、我々は、in vivo筋肉内移植試験で行いました。 iMuSCsと制御MuSCs同数のは6 6-8週齢の雄のmdx / SCIDマウス(ジャクソン研究所、米国)のTA筋に注射しました。二三週間の細胞移植後、我々はホストのTA筋肉のユートロフィンとジストロフィン(図2d)の発現を検出し、iMuSCs制御MuSCs(図2d)と比較して、より大きく、より強固なジストロフィン+筋肉移植片を形成していることが観察されました。

    我々はまた、iMuSCsの遺伝子及びタンパク質発現プロファイルを明らかにするために、定量的リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)および免疫組織化学分析を行い、胚性幹細胞(ESC)および筋原幹細胞(C2C12及びMuSCs)にこれらを比較しました。 iMuSCsはESCのと同様に、(B、図3a及び補足図のS3a)のOct4、SSEA1(段階特異的胚抗原1)、Sox2の、CXCR4、MSX1、PAX7、とのSca1を発現したが、より低い発現レベルで。 QPCR分析はiMuSCsがESG1及びDAX1(図3B)を除いて、多能性マーカー遺伝子の大部分を発現することを明らかにしました。しかし、ESCは異なり、iMuSCsは筋原性マーカー遺伝子を発現し、興味深いことに、始原生殖細胞関連マーカーの一部、例えばBlimp1とフラジリス、そのようなCD45またはCD90(図3c)として、他の系統に関連した遺伝子を発現しませんでした。また、iMuSCsは、アルカリホスファターゼ(図3a)に対して陽性でした。これらの結果は、彼らが筋原性メモリ(ESCのに比べて、筋原性遺伝子の例えば、高発現を維持するため、iMuSCsは、に似ていますが、ESCのと同じではないことを示し、容易にin vitroで筋原系統に分化するように誘導され、生体内で)。

    iMuSCsの多能性を明確にするために、我々はiMuSCsシャーレで胚様体(EB)(図3d、e)を形成することができることを示したin vitroでのassays6,7分化を行いました。浮遊培養で7日後、EBを拡大し、自発的分化を開始した外胚葉と中胚葉胚葉種々の誘導体にし、さらに2週間培養した後、付属のEBは、神経のような構造に包含多核筋管を収縮を形成した(図3F 、G)。我々はさらに、in vivoで奇形腫形成によってiMuSCsの多能性を検討しました。 7週間のSCIDベージュマウス(ジャクソン研究所、米国)に移植すると、iMuSCsは(90%、N = 7)は、3つの胚葉の代表組織を含む(図4a)奇形腫を形成しました。組織学的検査はiMuSCsは、神経、筋肉、および脂肪組織、および上皮に分化することを明らかにしました。奇形腫は、移植された細胞から直接形成されたことを確認するには、iMuSCsは、注射の前にβ-galで事前に標識し、我々はLacZを(図で染色したとき奇形腫内のすべての3つの胚葉誘導体は、β-galの+細胞を含んでいた検出した。図4b )。

    iMuSCsはキメラマウスを生じさせることができるかどうかを評価するために、胚盤胞注入アッセイを行った(図4c)。我々は、標準的なprocedures8以下のマイクロインジェクションによってのBALB / c(ジャクソン研究所、米国)胚盤胞に未分化のβ-gal +および単一細胞としてのGFP-予め標識iMuSCsを移しました。我々は、6が適切に開発され、胚にGFP + iMuSCsの寄与を示し、E14で8胚を得ました。 β-galおよびGFP発現細胞の高〜中程度の貢献は、これらのE14のキメラ胚(図4c、dおよび補足図S4aでは)で見ることができました。組織学的分析は、iMuSCsはすべての3つの胚葉(図4E及び補足図S4bと)に寄与していることを確認しました。 iMuSCs注入した胚盤胞由来子孫が生まれ、正常に開発されました。この実験を3回繰り返した後、私たちは白衣(補足表S1)を持って生まれた23匹の子、すべてを得ました。自分の髪がiMuSCsが表示されませんでしたが、生殖系列伝達、免疫染色およびqPCR分析は、図(例えば、皮膚、筋肉、心臓、肺、腎臓、脾臓、および脳などの仔のいくつかの組織でのLacZ +およびGFP + iMuSCsの存在を明らかにした。4Fと補足図ステップS4c)。

    Discussion 議論

    矛盾した結果が、様々なgroups9,10,11,12,13,14,15によって報告されているので、成体組織における多能性細胞様細胞の存在は、年間の論争の種となっています。しかし、研究は、これまで、そのような多能性幹細胞は、分化した体細胞組織から生じ得ることを証明していません。本研究では、細胞の再プログラミングが骨格筋を負傷しているときに発生する強い刺激することによって開始することができることを明らかにしました。このように、我々が負傷骨格筋から再プログラムさiMuSCsを単離することができました。

    まとめると、我々の知見は、iMuSCsこれまで研究されたすべての細胞型とは異なる特性(形態、大きさ、および遺伝子発現プロフィール)を有する細胞のユニークな、非常に敏感な集団であることを示しています。 IMuSCsはESCの代表的ないくつかの特徴を表示する(細胞質の狭い縁に囲まれた例えば大型核、高い核/細胞質比、開いたクロマチン、非構造化核質、及び染色体の二倍体数)(表1)だけでなく、いくつかの多能性を表現するだけでなく、マーカー遺伝子は、筋原性遺伝子の高い発現レベルを維持します。また、本研究の最も注目すべき発見はiMuSCsは、in vitroおよびin vivoでの多能性のための基準のいくつかの成就ということでした。しかし、我々は、胚盤胞のマイクロインジェクション後に生殖系列伝達とiMuSCsを得ることができませんでした。これはiMuSCsは、多能性マーカーの低い遺伝子発現プロファイル(例えば、あるOct4、Nanogの、及びSox2の)を有するとのESCと比較した場合、ESG1及びDAX1発現を欠いているという事実に起因し得ます。それはiMuSCsによってのBlimp1、フラジリスおよび筋原性マーカー遺伝子の比較的高い発現がこの観察に寄与し得ることももっともらしいです。これらの結果は、iMuSCsが多能性を完全に退行し、おそらく彼らの筋原組織起源のエピジェネティックな記憶を保持していないことを示しています。このようなDNAメチラーゼまたはNanogの過剰発現の阻害などiMuSCsのさらなる操作は、潜在的に完全な多能性を達成するためにiMuSCsをプッシュすることができます。
    「STAP細胞不正報道」カテゴリの最新記事

    ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました。

  18. テーマ;原子力規制委員会は、偏った判断のみしかしない3条委員会なので、高速増殖炉については、原子力規制委員会から切り離した法律を作り、日米新原子力協定に更新ができる体制を構築せよ。

    理由 今年11月13日には原子力規制委員会から運営主体の変更を求める異例の勧告が出されており、文部科学省は今月中に検討会議を作るとしていますが、新たな運営主体を見つけることができなければ、もんじゅは廃炉を含めて抜本的な見直しを迫られることになった。

    「核燃料サイクル事業」とは、発電し原子炉から出た使用済み核燃料を再処理して、核燃料として再使用できるようにすることだが、しかし、再処理技術を用いて、核燃料サイクルを回すことができる権利があることは、世界では当たり前ではない。
    1988年、日本はアメリカに再三の交渉を行い、日米原子力協定で包括的な同意を勝ち取たものである。

    この日米新原子力協定は、1988年に発効し、30年の有効期間となっており、あと3年で2018年の満了にあたる。核保有国以外にこの再処理技術の許可が認められた国はこれまでない。

    私たちの眼前で進行中の、高速増殖炉という重要技術に関する規制の在り 方を一例として、国際社会のそれと比較し、日本の規制がどれほど異端で あるかに、政府は目を向けるべきだろう。偏った判断のみしかしない原子力規制委員会から、高速増殖炉を切り離すべきなのはそこにある。
     

    ————幸福実現党神奈川県本部副代表/HS政経塾第4期生 壹岐愛子氏引用開始———–
    あきらめてはいけない!日本の核燃料サイクルの実現[HRPニュースファイル1521]

    http://hrp-newsfile.jp/2015/2526/

    幸福実現党神奈川県本部副代表/HS政経塾第4期生 壹岐愛子

    ◆もんじゅ勧告を受け、核燃料サイクルが正念場

    高速増殖炉「もんじゅ」でナトリウム漏れ事故が起きてから8日で20年となりました。

    先月には原子力規制委員会から運営主体の変更を求める異例の勧告が出されており、文部科学省は今月中に検討会議を作るとしていますが、新たな運営主体を見つけることができなければ、もんじゅは廃炉を含めて抜本的な見直しを迫られることになります。

    まさに今、もんじゅを中心とした日本の「核燃料サイクル事業」は正念場に立たされております。

    ◆日本外交力で勝ち取った現在の日米原子力協定

    「核燃料サイクル事業」とは、発電し原子炉から出た使用済み核燃料を再処理して、核燃料として再使用できるようにすることです。

    これまで日本は、余剰プルトニウムをもたないということを前提に「核燃料サイクル事業」が進められてきました。しかし、再処理技術を用いて、核燃料サイクルを回すことができる権利があることは、世界では当たり前ではありません。

    1988年、日本はアメリカに再三の交渉を行い、日米原子力協定で包括的な同意を勝ち取っております。

    敗戦国として軍事力を封じ込められてきた日本に対して、核兵器の開発に転用される可能性が否定できない技術をアメリカが認めたことは重大な出来事でした。

    ◆韓国が羨む日本の再処理技術

    この日米新原子力協定は、1988年に発効し、30年の有効期間となっており、あと3年で2018年の満了にあたります。核保有国以外にこの再処理技術の許可が認められた国はこれまでありませんでした。

    しかし、今年の4月、アメリカと韓国の原子力協定が42年ぶりに改定され、韓国によるウラン濃縮などを事実上禁止していたのを一部緩和し、研究開発による再処理技術を認めております。

    韓国は改定に渡り4年以上アメリカに交渉をしておりました。韓国は世界5位の原発強国にもかかわらず、日本のような再処理の実用化は認められておりません。

    今、日本が「核燃料サイクル事業」から撤退することは、再処理技術をもっていない国よりも優位な立場をみすみす手放すということとなります。

    ◆核燃料サイクル実現が日本を守る力となる

    日本では、廃炉に追い込まれる危機にある高速増殖炉ですが、急ピッチで高速増殖炉の開発を進めている国があります。ロシアと中国です。

    ロシアでは2014年6月に実証炉が稼働し、初臨界に達し、2025年に商用炉化を目指しています。中国も2025年から実証炉を導入し2030年商用炉導入予定です。

    こうした、自国の力を強めたい大国の原子力技術が高まる中において、「プルトニウムを再利用できる技術をもっている」という抑止力につながる技術を途絶えさせることは、安全保障の観点からみて、致命的な選択です。

    「もんじゅ」をエネルギー計画から外すことは国家の根幹を揺るがすことになります。最先端科学の原子力開発はその国の科学技術レベルの象徴です。

    資源が途絶える危険に瀕し、大東亜戦争に突入していった日本にとって、自国のエネルギーを自国で賄えるチャンスをもっているもんじゅを維持し、「核燃料サイクル事業」を確立していくことは国の発展と繁栄のために絶対に存続すべき道です。 
    ============幸福実現党神奈川県本部副代表/HS政経塾第4期生 壹岐愛子氏の引用終了===

    —————————–評論家櫻井よしこ氏引用開始——————

    ━━━━━━━━━━━━━
    公正化は自民党の 責務である
    ━━━━━━━━━━━━━

            櫻井よしこ

    原子力規制委の独断は許されぬ 

    わが国の原子力政策を決めるのは政府であり、原子力規制委員会ではな い。だが現状は、ほとんど国民の支持を失った民主党・菅直人政権の残し た規制委の独断がまかり通ろうとしているかのようだ。

    国家行政組織法による第3条機関として設置された規制委は委員長の任免 を天皇が認証し、公正取引委員会同様、内閣総理大臣といえども介入はで きない。

    強い権限を与えられた分、規制委には、「中立公正」さと運営の「透明 性」が設置法によって求められている。だが、田中俊一委員長以下規制委 はその法的要件を満たしているだろうか。

    田中氏は11月13日、高速増殖炉「もんじゅ」の運営母体である日本原子力 研究開発機構の能力を否定し、半年後に機構に代わる専門機関を探せなけ ればもんじゅを根本的に見直せと勧告した。

    高速増殖炉を扱える専門家集団は機構以外には見当たらないため、同勧告 はもんじゅの廃炉にとどまらず、高速増殖炉を中核とする核燃料サイクル を完成させるというわが国の原子力政策を覆しかねない。

    確かにもんじゅの評価は厳しい。約20年間動いておらず、2013(平成25) 年には運転再開の準備作業も禁止された。地元の「福井新聞」による今年 4月の世論調査では、3人に1人が「廃炉にすべきだ」と答えた。

    国民の信頼回復も高速増殖炉の安全確保も最重要課題だ。それでも核燃料 サイクルを完成させ、使用済燃料を再処理して、2500年以上にわたってエ ネルギーを供給するという基本的エネルギー政策を、規制委が覆すのは行 き過ぎであろう。

    政府は日本のエネルギー政策として、核燃料サイクルの完成を目指す基本 計画を続けるのかどうか。国民への明確な意思表示が必要である。

    同時に政府には規制委が設置法に基づき正しく機能しているのか否かを検 証する務がある。3条委員会といえども独断専行は許されない。活断層問 題で露呈したように、規制委による安全審査の在り方には、内容と手続き の両面で深刻な問題がある。

    その事実に、なぜ、政府はもっと正面から向き合わないのか。

    福井県の日本原電敦賀原発第2号機の安全審査で、規制委は敷地内の破砕 帯を活断層だと断じた。反対の立場の専門的・科学的資料を門前払い同様 に退け、まともな科学的議論がないまま断定したことに関して、敦賀市の 渕上隆信市長は11月25日、公正な議論を求める意見書を規制委に提出した。

    一方の意見への偏りが目立つ規制委の審査は真の安全確保にはつながらな い。のみならず、科学立国としてのわが国の力をそぐことになる。

    加えて規制委の審査方法は世界で最も非効率、非合理的で、遅れているこ と、信じ難いものがある。

    欧米では検査記録はすべて電子化され、パソコンでの閲覧が可能だが、日 本は必ず紙に転記して提出し、説明しなければならない。規制委が原発各 社に要求する検査関連書類は概して10万ページに上るであろう。厚さ10セ ンチのキングファイルで150冊分、積み上げると15メートル、言語を絶す る量だ。

    しかも、高速増殖炉に関してはより多くの書類作成が求められている。

    現場の技術者や専門家に他国に例を見ない膨大な書類の山と格闘する負担 を課す一方で、審査の目的や優先すべき事柄について、規制委は意思の疎 通をはかっているのか。長年経緯を見詰めてきた地元の敦賀市や福井県は 明らかに疑問を抱いている。

    渕上市長は「(規制委の)適切な指導があれば、勧告という事態にはなら なかったのではないか」と述べ、西川一誠知事も「これまでの助言に親切 さが欠けている」と、いずれも規制委のコミュニケーション不足を批判し た(「福井新聞」11月17日)。

    対して、規制委の更田豊志規制委員長代理は「要するに手詰まりだという ふうにしか聞こえない」と突き放したが、このような姿勢は妥当なのか。

    私たちの眼前で進行中の、高速増殖炉という重要技術に関する規制の在り 方を一例として、国際社会のそれと比較し、日本の規制がどれほど異端で あるかに、政府は目を向けるべきだろう。

    米国の規制では、原子炉の安全や行政手続きの透明性と公正さの確保につ いて、規制委が判断を間違わないように複数の専門家集団が助言する。上 院の環境公共事業委員会、下院のエネルギー商業委員会も規制委の監視権 限を有し、過度な規制や偏向した判断を抑制する機能を、議会が果たして いる。

    日本では規制委の行き過ぎを、専門家も国会も抑制できていない。3条委 員会を尊重することと、彼らが真に公正な立場で、高い透明性を保ちなが ら安全審査を行うよう、専門家および国会による助言や抑制を機能させる ことは両立する。否、両立させなければならない。にもかかわらず、それ ができていない。このことになぜ政府は心しないのか。

    2030年代の原発全廃を念頭に民主党・菅政権が人選した規制委を国会承認 したのは政府・自民党である。結果として、国のエネルギー政策が覆され ようとしている。民主党の置きみやげである規制委の公正化を目指して、 専門家委員会および国会の機能の活用に、急ぎ踏み込むのが、自民党の責 務である。

    産経ニュース【美しき勁き国へ】2015.12.7
                    (採録:松本市 久保田 康文)
    ====================評論家櫻井よしこ氏引用終了=====================

  19. 中国 - 南シナ海軍事基地 - オーストラリアという物騒なラインが将来できそうです。

    「ダーウィン港を中国企業 嵐橋集団が99年間租借へ」というニュースが出ていました。
    武装民兵部隊も有する嵐橋集団は、“民間企業”というよりは、人民解放軍の “フロント企業”と考えなければならないと。下記参照の引用文に出ている。

    「2500名規模の海兵遠征隊を定期的にダーウィン に駐留することになっている」とか、
    「日本とオーストラリアは軍事協力する」とか、言っているけれど
    それって、実は表面的にしか過ぎない。実は着々と中国の工作が進んでいるじゃないのかな。
    最近のオーストラリアの総選挙ではまた親中派が巻き返した。

    ◎http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45294

    オーストラリアと米国の同盟関係に中国がくさび
    通商・軍事の要衝、ダーウィン港を中国が99年間租借へ

    オーストラリア北部に「ダーウィン港」という通商・軍事の要衝がある。

    およそひと月ほど前、
    中国の“民間企業”である「嵐橋集団(LANDBRIDGE)」がダーウィンの港の 「99年リース権」を手に入れる契約をオーストラリア北部準州政府と交わ した。
    リース権の入手価格は5億600万オーストラリアドルであった。

    オーストラリアならびにアメリカの防衛当局の間で、この契約が深刻な問題となっている。

    ■かつては列強が中国の土地を咀嚼、今や逆の立場に

    インフラ・エネルギー関連企業である嵐橋集団は中国山東省を本拠地に し、港湾ロジスティックス、石油化学関連事業、木材輸出入、不動産開 発、それにホテル経営など幅広い事業を手がけている。

    2014年には、オーストラリアのブリスベンを本拠にするガス会社「ウェス トサイド」を敵対的買収によって手に入れたことで話題になった。
    ウェストサイドの買収契約署名式(2014年11月17日)は、ちょうどオース トラリアを訪問していた習近平国家主席とアボット首相(当時)の立会い のもとにオーストラリア連邦議会内で実施された。

     今回のダーウィン港租借契約によって嵐橋集団が99年間使用権を得るの は、ダーウィン港ならびにダーウィン港付属のいくかの主要施設(イース トアーム埠頭、マリンサプライ基地、フォートヒル)である。

     嵐橋集団は、リース契約料に加えて2億オーストラリアドルを投じて港 湾設備や周辺の整備を推し進めることを表明しており、北部準州政府の期 待は大きい。

     ウェストサイドのような一企業の買収と、ダーウィン港のリース契約は 意味合いが大きく異なる。

     ダーウィン港のリース契約は、港湾施設ならびに港湾を含む周辺土地の 租借によって、“オーストラリアの土地”を中国企業に99年間使用させるの である。

     かつて香港をはじめとする中国各地の土地がヨーロッパ列強や日本など によって租借されてしまった。これと真逆の状況になっているというわけだ。

    ■ダーウィンはアメリカ海兵隊の拠点

    「ダーウィン港99年租借契約」の締結が発表されると、オーストラリア のシンクタンク「オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)」はオーストラ リア国防上の懸念を表明し、オーストラリア連邦政府による再検討を提言 した。

    アメリカ海兵隊部隊は過去数年間にわたって、数カ月交代でダーウィン 郊外を訪れ、オーストラリア軍による水陸両用作戦能力構築を支援している。

    アメリカ海兵隊とオーストラリア軍による水陸両用作戦合同訓練も、 ダーウィンを中心とする地域で実施されている。

    沖縄の海兵隊基地問題が長らく解決しないことなどの影響で、米軍は太 平洋地域の海兵隊展開を見直している。

    ダーウィン近郊における以上の米海兵隊の動きは、その一環である。

    現在進行中の計画では、2500名規模の海兵遠征隊を定期的にダーウィン に駐留することになっている。
     ただし、オーストラリアでは法律によって外国軍の完全な駐留は認めて いない。
    そのため、日本のように永続的な海兵隊基地をオーストラリア領内に設 置することはできない。

     そこで海兵遠征隊は数カ月ごとにダーウィン郊外にローテーション展開 する形をとることになっている。
    その際、アメリカ海兵隊展開部隊は、ダーウィン港を使用して兵員・資 機材の揚陸や、弾薬・食料の補給などを実施しなければならない。
    現在構築中のオーストラリア軍水陸両用部隊も同様である。

    ASPIによると、軍が使用する埠頭そのものは租借契約には含まれていない。

    ただし、その埠頭に至る道路を含む各種港湾施設は嵐橋集団が管理する ことになる。
    ダーウィン港は、アメリカや友好国の軍艦が毎年100隻以上も使用して いる。
    当然のことながら、アメリカ海兵隊やオーストラリア軍からは深刻な警 戒の声が上がっている。

    ■武装民兵部隊も有する嵐橋集団

    ASPIはダーウィンの軍事的重要性とともに、嵐橋集団に対する疑義も提 示している。
    ASPIによると、中国の大規模“民間企業”のほとんどが、中国共産党や人 民解放軍との関係が極めて曖昧である。

    しかしながら嵐橋集団と中国共産党そして人民解放軍とのつながりは他 の企業以上に極めて密接であり、“民間企業”というよりはむしろ党と軍の “フロント企業”と考えなければならないと指摘している。
    嵐橋集団を率いる億万長者の叶城理事長の名刺には、「中国人民政治協 商会議全国委員会」ならびに「山東省人民代表大会」のメンバーであるこ とが明記されているという。
    この事実は、叶氏が中国共産党といかに密接なつながりを持っているか を何よりも強く物語っているとASPIは指摘している。

    さらにASPIが注意を喚起しているのは、嵐橋集団に設置されている共産 党支部組織の書記長、賀照清氏である。
    賀氏は、人民解放軍を退役してから、日照港公安局の政治局次長や日照 港湾グループの共産党委員会メンバーを歴任している。

    また、2013年に賀氏は、山東省政府によって「国防に著しく寄与した10 名」の1人に選ばれている。

    さらに2014年8月には、嵐橋集団の内部に人民解放軍の支援を得た「人 民武装民兵部隊」が設立された。この武装組織を指揮するのが賀氏なので ある。

    これらの事実は、いかに嵐橋集団が中国共産党および人民解放軍と緊密 につながっているかを示している、とASPIは主張している。

    ■契約の再考は困難

    「ダーウィン港99年租借契約」の締結に疑義を呈しているのはASPIだけ ではない。

    オーストラリア労働党なども中国企業のオーストラリアへの大規模参入 に反対している。

    こうした声を受けて、オーストラリア連邦政府は、もう一度連邦政府レ ベルでの嵐橋集団によるダーウィン港租借契約のレビューを行う方向での 検討を始めた。

     ただし、北部準州政府も嵐橋集団も、契約締結以前に連邦政府機関(国 防省ならびに外国投資調査委員会)とは十二分に話し合っていると主張し ている。

    そのうえ、北部準州政府は強烈に嵐橋集団の投資を歓迎している。

    北部準州政府はASPIの論調に対して

    「大きく事実を歪めた論説であって、オーストラリアに反中思想と、排 外思想を広めようと目論んでいる悪意ある主張だ」

     と批判している。

    近年まで白人至上主義が残存していたオーストラリアでは、「反中思 想」や「排外主義」といったレッテルを貼られることは、“弱み”となって しまいかねない。

    また、北部準州政府に支払われる巨額の資金はすでに銀行に振り込まれ ており、北部準州としては絶対に契約を見直すわけにはいかない。

     さらには、連邦政府内部でも「国防に関わるような取引をいい加減に監 督していたのか? 連邦政府の緊張感を欠いた態度は追及されるべきだ」 といった責任問題になるのを避けようという動きが生ずるであろう。

    以上のような理由によって

    「ダーウィン港99年租借契約が破棄されることは極めて考えにくい」

    とオーストラリアでは考えられているようである。

    中国が推し進める「海のシルクロード」の拠点の1つにダーウィン港が 組み込まれる日は間近に迫っている。 ( 収録 中山)

    1. >朝日新聞だ

      コメントが多いのに
      だらだらと長文を書き込むのは迷惑だと思います
      引用元URLを張るだけでOKですよ

      ちなみに、面倒くさいので
      あなたのコメントはスルーしてます

      1. 某掲示板やまとめサイトにも居ますよね。
        関係無い長文をだらだらと書き込んで妨害する輩が。
        ここに来ている方は朝日新聞の凶悪さは充分ご存知だと思います。
        未処理コメントが増えて悲鳴を上げている余命氏に嫌がらせ?と疑ってしまいますね。

        1. 引用文を含めて、3本もの長い投稿をおこないすいません
          以後、引用箇所のみで、手短な引用にします。

          ナナシさんの、厳しい指摘もそのとおりです。
          ただ、別にブログあらしなどというものではありません。

          みなさんと同様、日本人が覚醒して素晴らしい国となることを祈っているものです。
          以後重々気をつけます。

  20. Amazonのカスタマーレビューを見ていると、参考にならなかった
    をクリックしているのが、上位の人は全て「4件」ですね


    855 人中、851人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

    さもしい反抗をしているようで、ちょっと笑えましたのでご報告

  21. 突然ですいません。このスレには場違いかもしれなせんが。わたしは初代様からの余命読者でした。しかしながらこの貴重なブログを誰かに拡める事なく、ただただロムってました。たった数年前なのに。タブーでした。
    わたしは広告業界、マスコミの端っこでフリーランスとして生業を頂いていた事から、決しって表だってこの話題にはしらぬそぶり。
    マスコミでは、決して上げてはならぬ事だからです。しかしながらある大きな事業に関わる事となり、今迄の経験を活かし事業に没頭し特異な分野でしたが自分が関わった事で大きな飛躍を得る事が出来ました。言うなれば金の生る木を生み出してしまったのです。
    その後、瞬時に状況は一変、誰の紹介か、推薦かわからないまま、多くのあやしいやからが事業に絡んで来ました。あいつらでした。
    その後お金に関して、余りにも理不尽で不正な行為が蔓延してきます。
    我慢できず、何度も何度もその不正を問いただすも、廻りはすべて取り込まれ済みで八方ふさがり。個のチカラの無さに無念の日々と自分の情けなさに酒に溺れる毎日でした。
    同時進行で更新される余命さんのブログに夢を抱くようになります。
    思い悩んだ末、ひとりであいつらと刺し違える事にしました。余命さんのブログにムチ打たれました。
    奴らの脇は結構甘く、全てのお金の流れ、請求書、領収書などのコピーとともに主意書をしたため、ターゲットとなる会社の事業管轄の税務署に脱税告発郵送するとともに自分は適当な理由を付けその関わりを断ちました。自分が身を引いた事、告発もありその後出入り禁止。ターゲットの会社に大きなダメージを与える事に成功。でも実際は誰にも相談できず、怖くて怖くて。目立たぬよう都会の隙間で別の人生を歩んでます。
    今回その余命さんのブログが名実ともに「おおやけ」になりました。
    もう涙です。左翼が好きな「名も無き声」は私たち「日本人」の声となりました。
    初詣では今迄自分の事ばかり願って来ました。来年は違います。
    「日本に真の平安をお授けください。お願いします。あとちょっとです。後押しください。その為なら身を捧げる覚悟です。何故なら私は日本人だからです。」
    そうお願います。

  22. 日本民族の敵である、卑劣極まりない連中にとっては、この本はけして存在してはならないのでしょう。
    だからといって「余命3年時事日記」をヘイトスピーチ本として、題名を名指して得意のパッシングもかえつて世間の耳目を集め、多くの人が内容知りたがり、ネットで検索なり、本書を書店で求める結果になり、まったくの逆効果が予想される(笑)
    よつて表面的には無視して、得意の裏でコソコソと工作していると推察される。

    この本は是非有田先生に贈呈していただきたい。有田先生がツイッターで日本中に拡散してくれることでしょう。(笑

  23. うーん初めての人も多いのかなあ…まえの嫌韓本でも似た感じになったので。
    そういう時が来たんだな…と思う。(関係者の努力は相当な物だと思う)
    あとアマゾンを賞賛してる人もいるけど過度はよくない確か日本で税金払ってないはず。
    過度に評価しない方がいい。まあだからと言って他がいいかとなると難しいけど。

    …スタップ細胞ですがそういう結果になったのか…自分はよくわからなかったので。
    確かイギリスの研究者だと犬で成功したという話がありました。(うろ覚え)
    日本の大学に来て公演していましたがイギリスの大学は知りませんと言うスタンスだった。
    動きが変なんだよね。
    発表者の捏造にしてもそういう動きは見られないと聞いているし。
    圧力がかかった?ということですかね…

  24. 新横浜駅前の文教堂の書架に、4冊ほど表紙を見せて立て掛けて置いてありました。Amazonで予約購入したのに続き、1冊購入。
    ただし、入り口近くの目立つ島や、販促コーナーの島にはシールズ関連やアホノミクスなど、店内全体としては猛烈にアチラ寄りな印象。
    余命三年時事日記は、一応置いてはあるけれど目立ちにくい場所に、という感じで、見つけるのに少し歩き回りました。

    ほにゃ

  25. amazonで11冊19日土曜日到着、hontoネットで15冊本日到着。土曜日にうちの7名のスタッフに各一冊配り、一冊はお隣の自衛隊OBの方に進呈。本日の15冊は待合室の掲示板に本の案内とともに予備があることを提示。一冊売れました。
    数か月前から「安倍晋三リベンジの原点」、「ある在日の告白」、「日韓併合前後の朝鮮半島写真館」の写真の一部を冊子にして待合室の棚に置いております。各冊子ともに150部以上は持ち帰られました。先日は在日(生保)が来ました。写真館の一部をバックに入れておりました。
    来年あなた方は祖国に帰らなくてはならないよ、と話したのですが、実感が湧かないようでしたね。

  26. 続けての投稿、失礼します。

    官邸メール案件の要望です。

    出生時のDNA検査の義務づけです。
    日本では、出生時に血液型検査を行うので、その時に一緒に。
    検査結果をマイナンバーに紐付けておけば、背乗り防止にもなるし、事件や事故の時に身元不明となることも防げるのではと。
    これから生まれる赤ちゃんにはもちろん、現存の日本人には『全員』一人の例外もなく、義務づけていただきたいです。

    ほにゃ

    1. 全く同意しますね、人権弁護士が騒動しそうですが、最近の喜多嶋舞のケースのように子供が成長してから問題が出てはより悲惨です。また遺伝子検査は障害の早期発見に繋がり、治癒率向上や医療技術の発展に繋がるかも知れません。帰化条件にも当然必要でしょう、拒否するなら帰化は無しで。

      また女性の再婚禁止期間はさらに短縮出来る可能性がある上に、東芝が持ってる技術が発展したら身分証明が要らなくなると思います。自身の肉体が身分証になるので偽造の恐れが0になりますね。

  27. 群馬県情報です
    ワンダーグー、タイムクリップは無し
    喚呼堂は入れるかもしれない、その他小さな書店数件回ったがなし
    ゲオに至っては注文取り寄せすらできないとさ
    Bookmans academyに一冊だけありましたが買わずにアマゾンにします

    初めてコメントします
    第二次安倍政権になって半年たった頃から覚醒しましたが、それまで反安倍さん、今思えば反日もでしたww

    覚醒してからは危機感からなんでしょうね、頭の回転がよくなって全く頭に入らなかった政治経済がスラスラ入ってくる。
    わかってみればそんな難しい事じゃなく、テレビや新聞にわからないように仕組まれてたんだと、日本人が馬鹿になるように仕組まれてたんだと気付きました。
    闘いますよ私は!
    安倍さんは雲の上の大将、余命さんは戦闘訓練を施して闘い方を教えてくれる指揮官です
    もしその指揮官が居なくなったら二等兵の私は不安にかられてしまうので、途中で役目は終わったとか言わないで完全勝利まで覚醒させた責任取って面倒見てくださいねw
    拡散覚醒頑張ります(^-^)/

  28. 二次調査
     先ほど所用を兼ねて紀伊国屋大津店に行ってみると、先日(18日)あった平積み5冊が無い。検索すると「在庫なし」なので、カウンターで照会すると、「1月9日に入荷しますが、取り置きしますか?」と聞かれたので、「ちょくちょく来るので、内容確認して買うよ。」と言って帰ってきた。
     買ったのはネット民かそれ以外か?こっち系かあっち系か?買い占めか個別か?は不明だが、どっちにしろ売れたのは心強い。入荷が遅くなるのは年末と品薄なのでヤムを得ないが、とにかく嬉しい。
     緒戦はまずまずだが、戦後70年かけて入り込んでる奴らは侮りがたい。
    奴らがこのまま黙っているわけがないので、有頂天にならずに直押ししましょう。
     むこうがその気なら、こちらは現在の余命氏の「余命の旗は降ろさない!」だ。   このスローガンはいいですね^^。

  29. 初投稿になります。
    この度は「余命三年時事日記」書籍化と発売に対し、
    初代カズ様、二代目余命様、そして現余命三代目様、
    そして余命プロジェクトチームの皆様、本当に感謝し尽くせぬ思いで、いっぱいです。

    ありがとうございます。

    大切なことなので、もう一度伝えさせてください。

    「ありがとうございます。」

    これでネットに疎い、わたしの母親とその近隣のお友達の方達に
    日本国民としての誇り、誠意と自信と確信を持って、書籍を手渡す事が出来ます。

    【余命三年時事日記の整理について一案】
    ここへコメントを書き込まれる方ならPCでのブラウザから閲覧している方も多いかと存じます。
    そこで一つ、個人的な、わたしが現在も使用している方法をご紹介します。

    ブラウザはFirefox、そしてこのブラウザにアドオンという拡張機能が存在します。
    このアドオンに「ScrapBook」というものが御座いますので、
    これを使用し、すべての余命三年時事日記を1ページずつ保存致します。
    保存時に「ページの詳細な取り込み」を使用し、
    タイトルの末尾(もしくは前頭)に、関連するタグ(または見出しっぽい感じ)の意味合いで、単語を書いておくと、
    保存後、キーワードとして検索で記事を探すことが簡単になり、読むことも、記事を探すことも容易になります。

    このような形で、わたしは常に新しいページはコメントが増えると再読み込みをし、
    保存ページを更新しつつ、保存と読み返し、忘れていた内容の再確認として利用しています。

    もしご興味がありましたら、お試しください。

  30. おめでとうございます、まずは、今回の書籍化は大成功ですね(まだ始まったばかりですけど)。
    発売日から4日にして第5刷増刷とは、いやはやなんとも驚きです。。。
    コアな余命支持者はともかくとして、一般的には全くの無名で、書籍販売に於いては肝である何々賞や、メディアのバックアップも無しで、むしろ販売的には逆風の中の初出版に於ける今回の出来事は出版界における快挙では?
    実際のところ初版の部数?と増刷の部数?に依りますが。
    今回の件で色々見えてくるものが有り興味が尽きないです。
    その中でも複数冊の購入の方が多数おられ、いかに待望の書として期待され、拡散と支援の意欲が強く垣間見え心強いです。
    また国内の流通販売業者のヘタレた及び腰の販売で注文がアマゾンに集中し、遂には堂々の総合ランキング1位、これは読書家及び一般にはある程度の注目を集めたのでしょう。
    そこでアマゾンの熱い熱い多数の速攻のレビュ-を参照しこのブログの存在を知り、本の購入そしてブログへのアクセスとなる。
    こうしてみるとアマゾンのレビュ-も言論の場として立派に機能することが確認されましたね。
    今回は提供側は青林堂と余命プロジェクトチ-ムとアマゾンの完全なトリプルプレ-ですな。
    産経新聞の広告以外は、この破壊力を秘めた本をマスメディアは無視(逃げの姿勢)するしかなかった。
    なぜならばこの本の内容が広く認知されれば、これらの事実を戦後一貫して隠蔽(タブ-化)してきた報道体質に多くの国民は怨嗟の声を上げるでしょう。
    そうなれば最早報道機関としての残り少ない権威は完全に失墜し、一般への影響力が限りなく減少の可能性が高い。
    今回の件により反日分子と在日(含む帰化人)により驚くべき程広範囲な日本の汚染状況の中、乾坤一擲の反撃の狼煙は上がった。
    前途は多難だけど流れは確実に変わっているし、変えねば、ご先祖様と、子孫達に申し訳なく、そして日本の未来は危うい。
                     ウシトラ ノ コンジン

  31. アマゾンで扱ってくれていて、かつ、本のランキング1位なのはおめでたいことですが、アマゾンの本のベストセラーのところでは、1位にもかかわらず、そのランキングを紹介しているページ(本のランキング、ではなく、本のトップページのページ(?)です)除外されています。
    よっぽど、よっぽど、こういう姑息なことをしてでも、妨害したいのねー(棒)と、ますますこの本を広めようとファイトがわきました。
    http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E9%80%9A%E8%B2%A9/b/ref=sd_allcat_jb?ie=UTF8&node=465392

  32. 池袋駅地下街、JR、地下鉄改札近くの東武BOOKS。
    小さな店ですが、入口会計近くに8冊ほど平積みしていました。12/23 20:00 ごろです。

  33. アマゾンレビュー☆一つの(誰もこないなぁw投稿者名無しさん)にコメント入れたら何故か削除されてました。他の方のコメも全件削除されてます。そんな事出来るんですかね?

  34. いつも拝見しています。
    来年に期待しつつ、心も引き締めて、戦います。
    官邸メールです。

    テーマ
    医師、看護師の免許、資格について

    要望
    医師、看護師の免許、資格は永久ではなく、期限を設けて更新の際は厳しく審査するものとする。
    その際は研修や試験を実施するものとする。

    既に姉歯事件以降は、建築士においては5年毎の更新となっております。
    医師会の反対により、医師には現状に実施されてはないですが、命に関わる重要な資格として、一度取得すれば良いと言うものではなく、常に技術の向上や、不正取得を防ぐ為にも実施をお願いしたいです。
    また医師免許には写真付きとし、マイナンバーと関連付けていただきたいです。国籍も明記し、更新時や試験時に不正が出来ない様、要望します。

    付記
    その他の各種国家資格にも同様に、期限付き資格とする事も合わせて要望します。
    またマイナンバー、写真付き免許とし、本人以外が不正に使用する事がない様、拘束を強めていただきたいです。
    また試験時には必ず写真付き身分証明書を提示し、保険証等写真付きで無い身分証明書の提示は、試験の無効とします。

    理由
    各種免許資格は、不正取得や資格も無いのに不正に実務に当たっている者、特に外国籍の者が絶えないです。特に生死に関わる様な重要な資格や、金銭のやり取りに関わる資格、実務に対して高額の報酬が支払われる資格は期限付きとして、不正取得や乱用を防ぐ為にも期限付きとしていただきたいです。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト