余命三年時事日記 ミラーサイト
数秒後にアクセス数を表示します
2019-12-07 14:30 1 comment

0153 佐々木亮逃走劇第二幕

引用元 

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、こんにちわ。元気かね。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

 

 10月8日に東京弁護士会会長から調査嘱託申し立ての回答があり、佐々木亮と北周士

のはしごがはずされた。そのためであろうか、上記の代理人弁護士の数が増えている。もっとも全員が提訴されている状況であるから、このままでは裁判になるまい。ただし、ここに来ての代理人受任は「確信的行為」であるから情状酌量は無理だな。

新規代理人弁護士は以下の面々である。

竹村和也(東京弁護士会)東京南部法律事務所

市橋耕太(東京弁護士会)旬報法律事務所

小野山静(東京弁護士会)旬報法律事務所

伊藤安奈(東京弁護士会)旬報法律事務所

鈴木悠太(静岡県弁護士会)鈴木大和田法律事務所

まあ、うさんくさいメンバーで、佐々木亮のお仲間ばかりだ。北周士は捨てられた。

 

 

逃走劇のはじまり

 

前稿で擬制陳述にふれたが、さすがに和解金詐欺事件といわれるように、一般人には和解金を取って提訴するなどまさに詐欺である。さてさて、佐々木がどうやって逃げるか興味津々である。ということで今回は第二幕である。

 

コメント1 逃走劇は第二幕

 

12月6日に予定されていた令和元年(ワ)第26980号損害賠償請求事件公判が前日に

急遽中止になった件について、法廷で一悶着あった。

 

前日の夜に代理人弁護士に連絡したということであるが、公判に備えて地方から前日ホテル泊まりで傍聴に来た者も多数いて、傍聴者20数名と裁判所の間で異様な状況となった。

山口貴士弁護士の強引な移送申し立てに、あの有名な田中秀幸裁判長が答えたという図式で、コメントのしようがない。

前日の夜では中止の連絡など取りようがなく、今後は、裁判所に謝罪を求めると共に地方からの傍聴来庁者への交通費とか宿泊費とかの請求を田中秀幸裁判長につきつけることになりそうだ。

 

コメント2 前日の夜の連絡なんて霞ヶ関は24時間営業かね。記録はたぶん後付けだな。

 

 

 

コメント
1. 2019-12-14
ドサンピンでございます。

こちらの投稿した内容のコメントが、
5ちゃんねるのハングル板 余命三年時事日記って真に受けていいの? 
スレッドに転載されて話題の種になっていることを確認しました。
こちらとしてはこれ以上餌をくれてやる義理など無いのでいったんすべてコメントを削除させていただきました。
転載される可能性は専ら織り込み済みであったがまさかあそこまで当該スレの民度が極端に低いとはこちらの計算の外であったわ。
ありゃぁパヨの巣だ。手の施しようがない。あんなひどい場所に転載されておるとは思わんかったぞ。猛省だ。
次から意見発信の方法も考えなければなりませんな。
なにとぞご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。