余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-04-22 01:09 最新コメント:2016-04-22 02:30
635 不買運動アラカルト②(1)
引用元のソース

 現在、不買対象としているのは「TSUTAYA」と「ヨドバシ」である。他は余命爺の嫌いなものという程度で不買運動に関しては進めていない。サンケイを除く新聞、TVメディアが常習的に反日、偏向報道をする中、対抗措置としてのスポンサー企業不買運動であるが、確信的な行為であることから、不買運動には開き直った対応をしてくる可能性があるとして、慎重に検討していたところである。
 この開き直りを天下の偏向テレビ局TBSが演じてくれたのが以下の記事である。

不買運動
テレビ報道を検証している任意団体「放送法遵守を求める視聴者の会」がTBSテレビの報道を「放送法違反」とする声明を出した問題で、TBSは6日、放送法違反を否定した上で、声明について「弊社番組のスポンサーに圧力をかけるなどと公言していることは、表現の自由、民主主義に対する重大な挑戦であり、看過できない」などとするコメントを発表した。  
 「放送法遵守を求める視聴者の会」は1日の記者会見で、安保法制を扱ったTBSの昨年9月13~20日の全番組が、法制への「反対」意見の報道に大半の時間を費やしていることを問題視。番組編集に当たっての政治的公平や多角的な論点の提示を義務付けた「放送法4条違反」を指摘し、TBSの見解を求めた。
 同時に、TBSから「誠意ある」回答を得られなかった場合、スポンサーに調査報告書や提言書を送るなどの注意喚起運動を検討する考えも示していた。
 TBSは「自律的に公平・公正な番組作りを行っている」とした上で、スポンサーへの呼びかけを示唆した同会の声明を問題視。同会は8日までの回答を求めているが、TBS広報部は「回答する考えはない」としている。
 TBSが発表したコメント全文は以下の通り。
「弊社スポンサーへの圧力を公言した団体の声明について」
 2016年4月6日 株式会社TBSテレビ  弊社は、少数派を含めた多様な意見を紹介し、権力に行き過ぎがないかをチェックするという報道機関の使命を認識し、自律的に公平・公正な番組作りを行っております。放送法に違反しているとはまったく考えておりません。  
 今般、「放送法遵守を求める視聴者の会」が見解の相違を理由に弊社番組のスポンサーに圧力をかけるなどと公言していることは、表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦であり、看過できない行為であると言わざるを得ません。
 弊社は、今後も放送法を遵守し、国民の知る権利に応えるとともに、愛される番組作りに「一層努力を傾けて参ります」  以上 http://www.sankei.com/entertainments/news/160406/ent1604060010-n1.html

花菱
前回の「ISO26000&放送法第4条違反調査依頼メール作戦(仮)」に関する投稿の追記です。
承認待ちのところ、さらに煩わせまして大変恐縮です。
 フジテレビが、自局のキラーコンテンツ「月9ドラマ」で「やらかす」という好事例が発生しましたので、例文を制作してみました。
[事例]
またフジが!有村架純主演ドラマで震災被災者を激怒させる演出に批判が殺到
http://www.asagei.com/excerpt/51402
[対象]
テレビ局:フジテレビ
制作者:フジテレビドラマ制作センター
提供企業:P&G、TOYOTA、エステー、SUNTORY、メナード化粧品、NTTdocomo
[例文]
貴社がスポンサードしているフジテレビの『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(月曜21:00~)ですが、2016年1月18日の放映にて放送法第2章第4条第1項「公安及び善良な風俗を害さないこと」に違反した可能性が濃厚です。
…内容ここから…
主人公が震災の被災者という設定でありながら、ヒロインが病院を訪れるシーンにて、放射『線』科とすべきところを放射『能』科と書かれた場所が一瞬写り込んだ。
…ここまで…
この例以外にも、フジテレビとフジテレビドラマ制作センターには、放送法第4条違反の疑いが濃厚な例は数多くあります。
…事例ここから…

1.『最高の離婚』(2013年1/10~3/21 木曜22時~)
登場する人物(名前:「都並(つなみ)」)が利用した名刺のメールアドレスに「tsunami-lucky」と書かれていた。こちらのドラマにも震災がストーリーに絡んでいる。

2.『それでも、生きてゆく』(2011年7/7~9/15 木曜22時~)
登場した小道具である架空の週刊誌「MONDAY(マンデー)」に「JAP18」と表記されていた。英語で日本人を侮蔑する人種差別用語「JAP」と、朝鮮語において英語の卑語「fuck」や「shit」に相当し、韓国では放送禁止用語でもある「シッバル」とよく似た発音の「18(シッパル)」を組み合わせた日本人への侮蔑が疑われる。
…ここまで…
 このように、フジテレビ及びフジテレビドラマ制作センターには、放送法第4条違反が常態化しているように思われます。
 貴社がこのまま『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』という番組のスポンサーを続けられる場合は、社会的責任に関する規格ISO 26000に違反する可能性が濃厚であると危惧致します。
 つきましては、貴社がISO 26000に違反していないかどうか、しっかりと社内でご検討いただき、調査結果の報告と今後の対応についての回答を、公式文書で貴社ホームページにて公表していただきますようお願い申し上げます。
以上が、例文です。
 官邸メールのような数を恃む作戦では、やはり民間相手では威力業務妨害に抵触してしまうでしょうか。
 私がこの作戦において一番危惧しているのは「余命ブログが煽動した」という口実にされてしまいかねない、ということです。
 それを回避する手段もありますが、動員数やタイミングが分散してしまい、効果としてイマイチです。ジレンマに陥ります。
・余命ブログが「主導者」にならないよう、計画を執筆せず、他サイトを「紹介」する形式をとる。
・スパムメール扱いされないよう、例文パターンを複数種類用意する(実行者は複数ある例文からコピペするだけ)。
・スパムメール扱いされないよう、メールは「実名」「1人1通」とする。
「他サイト」は、余命様が直接関知せずとも、当方で3~4サイトほどご協力を仰げるよう手配できます。…できると思います。
文例やルールも条件さえ決めれば問題のないものになります。
今一度、ご検討ください。
なお、返答&掲載を促す書き込みではないこと、何卒ご理解くださいませ。
末筆になりましたが、いつも貴重な情報発信ありがとうございます。

愛国子 2016/1/23
国産とハッキリしているもの以外のギンナンは不買しましょう!
【食品テロ】韓国産のギンナン300トン、日本へ初輸出 – 保守速報
http://hosyusokuhou.jp/archives/46620755.html
茶碗蒸しメーカーに国産ギンナン以外いれないように注意しましょう!

ma2016/1/21
山猫様
ウオッカの原料についても再度問い合わせてみようと思います。
長文のリンク先なので、リンク先までご覧になられないかもしれないので、下記も抜粋します。
「スポンサー問い合わせ」
http://www.paradisearmy.com/doujin/pasok_sponsor_toiawase.htm
それまで存在していた不買でも苦情でもデモでもなく 「問い合わせ」 という耳慣れない新しいスタイルが手詰まり感を払拭し、方法としても取り組みやすく新鮮に感じられたこともあるのでしょう。
 その後、日本中の膨大な毎日新聞の広告スポンサーが媒体別、地域別に全国で手分けしてリストアップされ、ネットで逐一情報がリアルタイムで共有。 さらにこれら全てにローラー作戦で問い合わせが殺到することに。
 また問い合わせの結果もネット上でその都度共有され、企業側オペレーターや社員などの電話対応の良し悪しにより、「良い」「まずまず」「最悪」 などのランク付けが行われ、悪い対応の企業に対するさらなる問い合わせや不買、強硬なバッシングへの呼びかけがネット上に溢れかえることとなりました。

日本人女性を性的に侮辱するあまりの内容に鬼女が激怒
変態記事を垂れ流していた「WaiWai」
英文サイト出直します 経過を報告しおわびします」
 6月に紙面の片隅に400文字ほどの小さな謝罪の真似事をしたものの、一向に騒ぎが収まらず、7月20日、英文サイトについて紙面とサイトで検証記事の掲載と謝罪を行った
 ところでこうした運動の中心にいたのは 鬼女 と呼ばれる人たちでした (掲示板2ちゃんねるの雑談系 カテゴリ に属する板 「既婚女性板」(主婦のための掲示板) の略語、既女の 誤変換当て字)。
 毎日新聞英語版の内容が日本人女性を性的に侮辱するものであったため、怒りの急先鋒となったのが彼女たちでした。
 この 「家庭の財布を握る主婦」 による執拗・膨大なスポンサー問合せは毎日新聞の広告業務に壊滅的な打撃を与え、毎日新聞サイトからはほぼ広告が一掃される状況に。 
 新聞紙面からも広告が激減し、どちらも自社広 (利益の発生しない自社広告) だらけとなり、部数も大幅に減少。
 結局その年の毎日新聞は記録的な減収減益となり、折からのサブプライムローン問題などによる景気後退からの広告減もあるにせよ、結果的に史上最大の赤字決算となってしまいました。
 その後このスポンサー問い合わせは、「効果のある抗議方法」 としてソーシャル系サービスなどにも伝わる一方、朝日新聞社内からのアクセスによる鉄道板荒らし問題を発端とする 「ネトアサ事件」(2009年) をきっかけに、「偏向報道にはスポンサー問合せまとめ@wiki」 といった専門サイトも登場し、強く推進されることに。以降も様々なマスコミ問題について、情報を共有する拠点の役割も担っています。
 その後もタレント倖田來未さんのラジオでの発言が元となる 「35歳で羊水が腐る発言騒動」(2008年)や、俳優高岡蒼甫さんの Twitter でのつぶやきを発端に燃え広がった 「フジテレビ偏向放送問題」(韓流 ゴリ押し 問題/ 2011年) などもネット上の運動として非常に大きく盛り上がっています。

アオイ
余命様
官邸メールによる一括対応(提案)
1 各スポンサー企業に対して、ISO 26000(JIS Z 26000)を利用した個別対応とは別に、一括して対応できそうな方法がありましたので、提案したいと思います。
2 業界によっては国による免許制となっている業界もあります。このような業界の場合、その免許を与えている国に対して意見要望(必要な措置を要望)をすれば、一括して対応できるかもしれないと思います。
3 以下、旅行業界を例として、意見要望の「内容の流れ」をザックリと考えてみました(下記では反日活動を示すなどの肉付けが必要です。また、内容については、他にも色々な案あると思います)。

要望の主旨>
旅行業者による広報・宣伝活動の適正化の促進(旅行業法第1条)を要望。
意見内容>
(1)旅行業者による広報・宣伝活動にはマスコミ(テレビなど)が利用されている。
(2)一部のマスコミは、社会の期待(手引3.3.2)に反して反日活動に加担(手引ボックス4)している。
(3)にもかかわらず、旅行業者は、自らの広報・宣伝活動にこのようなマスコミを利用している。
(4)これは、このようなマスコミの活動を助長するものであり、反日活動を黙認するものである。
(5)よって、旅行業者は、反日活動に加担(手引ボックス4)しているといえる。
(6)したがって、これについて調査し、旅行業者による広報・宣伝活動の適正化に資する措置をとってほしい。
(※ 手引=社会的責任に関する手引)
4 このような形で官邸メールにすれば、業務妨害などの心配をせずに、主張できるかと思います。ひな形が一つあれば、他の業界にも容易に転用できるように思います。
5 そこで提案なのですが、このような官邸メールを募集してみてはいかがでしょうか。

滅韓 2016/1/27
【自己防衛を兼ねた不買の提案】
余命スタッフの皆様方、前回「不買の方法の拡散について」の提案を記事に取り上げて頂き有難うございました。少しでも知識が多くの人に広まればと思い、今回も恐縮ながら提案させて頂きます。

「PC、スマートフォン無料アプリの危険性について」
一般的に不買と言えるのかは分かりませんが、無料アプリについて注意が必要です。
無料だからとか、他のアプリに付随してて気づかずにインストールしてた、なんて事がままあります。
そういったモノは勝手に良からぬ通信をし、情報を抜き取られる可能性があります。特に中国、韓国、在日製は余命日記が攻撃されたように、日本に対して組織的にやっている可能性があります。
ここに少しですが、例を挙げていきます。
・最近はLINEの流出についての話題がホットですが、LINEは韓国製のアプリです。サーバーが韓国にあり、韓国政府はいつでも情報を得ることができます
・文字入力アプリのSimejiは「百度バイドゥ(中国企業)」の傘下です。入力した文書が見られてるかもしれません
・ゲームではパズドラで有名な「ガンホー」(ソフトバンク孫氏の弟が創業)、「ハンゲーム」等
・PCでは、セキュリティソフト関連の「KINGSOFT」(欧米風に見せてるが中国製)
・ニコニコ動画ユーザーで利用者が多く、少し前にバックドアが話題になった韓国製「GOMプレイヤー」など
・ついでに今、余命日記で話題の「TSUTAYA」「ヨドバシ」もショッピングアプリがあるみたいですね
(他に情報を持っている方がいれば教えて頂きたいです)
怪しいな、と思ったらそのアプリの企業HPを確認して、本社の住所や社長の名前を確認しましょう。企業名で検索して評判を確認するのもいいです。無料だから、おすすめだから、と安易にダウンロードしないように気をつけましょう。
 それと、インストールする時も説明を流さずよく読みましょう。勝手に付いてくる別アプリの「インストールに同意する」、等のチェックの外し忘れがあったりします。
 怪しい無料アプリのダウンロードを止め、反日資金に繋がる企業を避ける努力をする事は立派な「不買」と「自己防衛」だと私は思います。(一石二鳥ですし)
無料アプリの危険性を心に留めておいて損は無いでしょう。

MGY
余命様
花王不買のコメントを見て,ふと思い出したことがあったので記述したいと思います.
 自分は工業用途の化学系のメーカーに勤めていますが,その原料の購入先に花王があります.知っている人も多いと思いますし,花王のHPを見ればすぐに分かる事ですが,脂肪酸,アルコール,エステル,アミン,界面活性剤など用途の広い製品を扱っています(化学系であれば誰もが知る化合物群です).
 これらの化合物を反応もしくは混合した物を製品として販売しているメーカーは数多いと思います.最終製品を考えれば化粧品,洗剤,医薬品といった身近な物や建材,塗料,潤滑剤,プラスチック製品などの工業品になります.
 言いたいことは我々一般人が購入する様な製品もあれば一方で原料のサプライヤーでもあるという事です(うろ覚えですが花王自体が油脂原料であるヤシなどのプラントを持っていたと思います).
 これに対して我々ができるのは一般用製品(ソフィーナ,カネボウ,ビオレなどで,この分野が最も利益が多い)の不買はもちろんですが,他に何かできないかとやきもきしております.
もしコメントの内容が不適切であれば,削除頂きたく宜しくお願い致します.
“MGY”

  1. 余命翁さま

    初めてコメントさせていただきます。
    不買対象のTSUTAYAですが、皆さんTカード持っておられますか?
    このカードをただのポイントカードとして使っている方も多いかと思いますが、簡単に退会できないのをご存知でしょうか?
    つまりハサミを入れたり廃棄したりしただけでは退会も個人情報の削除もされません。
    退会の方法もわかりにくく、しかもTSUTAYAに持って行っても退会できず、ネットにてわかりづらいところにある退会手続きの記入用紙と個人情報削除の届け出用紙(ともにPDF)を印刷し、記入の上、わざわざ切手を貼って簡易書留で郵送しないといけないのです。
    わたしは海外に転居するため自分と配偶者分、2名分普通郵便で郵送しましたが、ただでさえ忙しい中この手続きは煩雑極まりなかった記憶です(しかも本当に個人情報削除されているのかどうかも怪しい)。
    この会社、退会させるのがよっぽど嫌なんでしょうか。ネットで見ると、同じように怒っている方がたくさんおられるようです。
    Tポイントがつくことによって利用者を増やし、個人情報や購買傾向などデータを取り放題です。

    またポイントにつられてT-SITEに登録すると毎日毎日メルマガが届いて鬱陶しいので退会したのですが、その後も延々メルマガが届き、耐えかねてカスタマーセンターにクレームしたことが数回あります。
    こちらの経営者は在日らしいですが、さすがとしか言いようがありません。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト