余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2017-11-06 23:37
2004 あしながおばさん③(0)
引用元のソース

あしながおばさん③
筆者のブログに、「H21年12月16日の千葉市議会において、北朝鮮のミサイル発射を『人工衛星発射』と言った市民ネットワークの長谷川ひろみ(元)議員が、『朝鮮民主主義人民共和国』とも発言していた」とありました。大体あの方たちは「共和国」とか言うんですよね。日本人は普通「北朝鮮」としか言わないですよね?これって強力なリトマス試験紙ですね。
で、その元議員が「朝鮮学校を支援する千葉県民と女性議員の会」に入っているという記述があったので、ちょっと調べてみました。

■「朝鮮学校を支援する千葉県民と女性議員の会」
●教育補助金の早急な至急を/千葉県知事あての要望書提出
朝鮮新報 2016.12.01 (17:37)
千葉初中の金有燮校長をはじめとした学校関係者や同校を支援する日本人有志たちが11月17日に千葉県庁を訪ね、担当者に森田健作知事宛ての「千葉朝鮮初中級学校への補助金等に関する要望書」を提出した。
当日の要請活動には「千葉朝鮮学校を支える県民ネットワーク」のメンバーである日本学校の教員、「朝鮮学校を支援する千葉県民と女性議員の会」の小宮清子県議、本池なみえ柏市議、「千葉・朝鮮学校を支える会」の福田悟・県教組委員長、堀川久司・県高教組委員長、学校関係者たちが参加。上記の日本市民による3つの友好団体が要望書を提出した。
——————
・小宮清子 千葉県議(社民党) ・本池なみえ 柏市議(新社会党)
あと検索で引っかかったのは、三瓶輝枝 千葉市議(民進党)。
この方はおそらく「千葉地区日朝女性の会」にも参加していそうですね。

■新社会党
本池柏市議の所属政党を見に行きました。社民党の姉妹政治団体のようです。
サイトのトップページに取り上げられている人物は2人。1人は右下に写真の出ている岡崎ひろみ委員長(元衆議院議員)。もう1人は「週刊新社会」という政党機関紙のコラム紹介のタブに出ている「辛淑玉」の文字。中央部分にあって目立ちます。コラムは連載第506回。
・掲載議員104名:公認22名、推薦81名、支持1名。
・県議4名、区議6名、市議72名、町議13名、村議9名
・北海道勇払郡占冠村議会:全議員7名中3名が推薦議員
人口1180人。トマムスキー場を擁する。
・北海道音中川郡威子府村議会:全議員6名中2名が推薦議員
「北海道で一番小さな村」。人口776人。
・熊本県荒尾市議会:全議員18名中4名が公認議員
九州は6名中5名が公認で地区ブロック中最も公認の割合が高い。次いで近畿ブロックが16名中7名の公認。

補助金復活の要請は他県でも。こちらの代表は弁護士さん。
■朝鮮学校の補助金不交付に抗議(茨城)
NHK NEWS WEB 水戸放送局 2017年03月13日(月) 23時30分00秒
(リンク切れ:個人ブログ「かっちんブログ『堅忍不抜』」より転載)
水戸市にある朝鮮学校への補助金について県が今年度と新年度、交付しない方針を固めたことを受けて、朝鮮学校の関係者などが13日県庁を訪れ、これまで通り支給すべきだとする知事あての抗議文を提出しました。
県は、水戸市にある茨城朝鮮初中高級学校に対し、昨年度まで交付してきた補助金を文部科学省からの通知を受けて「北朝鮮による日本の安全を脅かす行為が続いている」として今年度と新年度、交付しない方針を明らかにしています。
これに対して、朝鮮学校の関係者や支援するグループのメンバーなど20人余りが13日、県庁を訪れて抗議の活動を行いました。
この中で「学校教育の現場に政治や外交問題を持ち込まず、今まで通り補助金を支出してください」などと書かれた抗議文や署名簿を県の担当者に手渡しました。これに対して対応した県の担当者は、「責任者が不在でありコメントは差し控えます」と述べるにとどまりました。
支援グループの共同代表を務める尾池誠司弁護士は「1つの民族を差別の対象にしていて問題があり、引き続き撤回を求めたい」と話していました。また茨城朝鮮初中高級学校の尹太吉校長は「経済的な負担だけでなく地域社会から疎外された気持ちになります。補助金の停止を撤回してほしい」と話していました。

▼ケース1:和歌山県和歌山市 追加情報
○和歌山市が朝鮮学校への補助金停止(産経ニュース2016.12.12)
本国からの援助が理由
和歌山市は12日、和歌山朝鮮初中級学校(同市)に対する本年度の補助金140万円の交付を取りやめたと明らかにした。理由について、交付の要件に反し北朝鮮から補助金を受け取っていたとしている。
市によると、学校には4月現在で児童・生徒33人が在籍。教育振興の補助金を、昭和61年から毎年交付していた。
朝鮮学校への補助金を巡っては今年3月、北朝鮮の核実験などを踏まえ、当時の馳浩文部科学相が地方自治体に支給の妥当性を再検討するよう通知。和歌山市が対応を検討した際、前年度の学校の決算報告に「祖国からの援助費」があり、補助金の交付を停止した。

■金日成氏が朝鮮総連に350億円送金 教育・政治資金に=韓国文書
聯合ニュース 2017/04/11 06:01
【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の故金日成(キム・イルソン)政権が、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を通じて在日同胞の教育事業に27年間にわたって多額の送金を行い、学校設立などを支援していた。11日公開された韓国の1986年の外交文書で明らかになった。
外務部(現外交部)領事僑民局の資料によると、北朝鮮は朝鮮総連に57年から84年まで約350億円を送金した。
50年9月に金日成氏が朝鮮総連の祖国訪問団に教育援助金と奨学金を支援すると約束した後、北朝鮮は57年に2億2160万円、67年には10億円以上、最も多かった74年には37億1178万円を朝鮮総連に注ぎ込んだ。
外務部領事僑民局はこのような資金の用途について「共産主義思想の注入のために2世(子女)の教育資金として使用されるほか、朝鮮総連の組織による民団(在日本大韓民国民団)の切り崩し工作など、政治資金として流用されている」と記した。
このような状況で、少なくない民団側の子どもが韓国語などの民族教育を受けられる場所がないため朝鮮学校に進学し、これに危機感を感じた韓国政府が日本の各地域別に統計を取り、対策に乗り出した事実も確認された。
84年12月11日付で外務部が情報機関・国家安全企画部のトップに送った文書は「各在日公館を通じて調査したところによると、民団系の僑胞子女の一部が朝鮮総連系の学校に就学しており、朝鮮総連が主管する各種糾弾集会、街頭デモなどにこれらが動員されていることが明らかになっている」と指摘した。
同文書には「これらの就学子女のほとんどは家族が朝鮮総連の組織にいる時に就学し、父母または家族の一部が最近民団に転向した後にも引き続き学校に通っているケースで、その一部は韓国語教育を目的に朝鮮総連の学校に通わせている場合もあるという」とある。
これと関連し、神戸の総領事館は84年7月26日に外務部に送った電文で「当館管内には韓国系学校が1校もない反面、朝鮮総連は小中高17校の朝鮮学校(教員数230人、生徒数3300人)があり、高校の卒業生だけで毎年約210人を輩出している」と紹介した。
外務部は、このような状況への対策として管内の民団系子女が朝鮮学校に就学している事例を把握して随時動向を点検し、本人や保護者を対象に民団系韓国学校、または日本の学校への進学を説得・勧誘すると記した。

■朝鮮総連「4世、5世、6世まで愛国継承」…金正恩に忠誠
中央日報日本語版 2012年01月11日09時59分
在日朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の幹部が金正日(キム・ジョンイル)総書記の生前の昨年7月に会議を開き、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)後継体制に支持を表明する場面が入った映像が公開されたと、日本の産経新聞が10日報じた。
日本の市民団体「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)が公開した映像は、朝鮮総連が昨年7月9日、幹部394人が参加した中、東京千代田区本部で開催した「中央委員会第22期第2次会議」の模様。
許宗萬(ホ・ジョンマン)責任副議長が「敬愛なる金正日将軍様と尊敬する金正恩大将同志の領導(指導)に従い、新世紀の在日朝鮮人運動をたゆみなく進める」と明らかにした。続いて神奈川朝鮮中高級学校のカン・ムンソク校長は「1世から2世、3世に引き継がれてきた忠誠、愛国の代を4世、5世、6世に引き継ぐ道を開く任務がわれわれ幹部にある」と思想教育の重要性を強調した。
朝鮮総連は会議の模様を13分のDVDに編集し、昨年10月に北朝鮮に送ったと、産経新聞は伝えた。
※産経元記事は古いためか検索できず
もともとはここで終わる予定だったのですが、監査委員の調査で留め置いていた間に、次に収めるのにピッタリな資料が見つかってしまいましたので、延長させて頂きますm(_ _)m

■救う会兵庫の資料より:在日本朝鮮人教育会理事会 事業方向と計画
救う会兵庫は、以前から兵庫県、神戸市に対し裁判や住民監査請求を行っており(救う会の他の支部でもそのような行動をされてます)、様々な資料を公開してくださっています。まだそれらを詳しく見てはいないのですが、トップページを見るだけで苦闘の数々が伺い知れて胸が痛みます。
その中に「主体102(2013)年度 在日本朝鮮人教育会 中央常任理事会事業方向 及び 事業計画」が「極秘資料」として挙がってました。一部、このトピックにダイレクトに関係するところを中心に抜粋しますが、とても興味深い内容なので、よろしかったら一読されてみてください。
ttp://sukuukai078.net/_src/sc3283/8Db91E6248D868FD882CC82P.pdf

●前文より抜粋
「総連は、在日朝鮮人運動発展の歴史において重要な位置を占める今年、2013年の基本方向を敬愛する金正恩元帥様の思想体系、領導体系をより強固にするための中心に置き、総連組織をしっかりと固め、民族教育事業と新世代、同胞商工人との事業を現実的な発展の要求に合わせて斬新で活力ある開かれた総連を、伝統が固く群集の地盤が強く、前途洋々たる威力のある組織として作り上げるために新しい全盛期の活路を力強く開くことになった。」
「そして、敬愛する金正恩元帥様が総連に送ってくださった新年祝電の中で、主体偉業の高い要求に沿って在日朝鮮人運動も転換的局面を開くため、新しい全盛期を開拓するための闘争に大きな歩みを前に進めなければならないという懇切な教えを心臓深く刻み、今年の教育会事業で新しい成果と前進を成し遂げるために全力を尽くす。」

●1.教育会組織の中に敬愛する金正恩元帥様の思想体系、指導体系をうち建てる事業をより力強く展開し、決定的に深化させる。

●3.不退転の覚悟で今年の教育会に提起された基本課業を遂行していく。
(1)学生引き入れ事業と日本の学校への転出を防ぐための事業に全機関的な力を入れる。
③日本学校へ転出が憂慮される対象をあらかじめ捕捉し、日常的な接触を通して説得教養をするようにする。

●3.(3)〈4.24教育闘争〉65周年を迎える今年に民族教育の権利を守り拡大するための事業において明らかな前進と成果を達成する。
①変化した状況に合わせ朝鮮学校に〈高校無償化〉を適用させるための闘争をひき続き深化させる。
-教育会のイルクン(注:組織の幹部のことらしいです)と同胞の学父母の中において朝鮮学校に〈高校無償化〉を適用させるための闘争が、わが民族教育のさまざまな権利を守るうえで現在の最も先鋭化した問題になっていることを深く認識させる。
-毎時期に組織される〈高校無償化〉のための各種の闘争に広範な愛国力量と対外力量を総動員し最後まで戦う態勢を整えていく。
②教育助成金給付と税制上の差別撤回を始めとする対外事業を継続して強く展開していく。
-日本の自治体の各定例議会に向けて教育助成金給付と税制上の差別撤回を始めとする対外事業で明らかな前進を達成するための闘争態勢を手抜かりなく整える。
-政治問題を人為的にからませたり、日本経済の不況と財政難を始めとした様々な口実で教育助成金を保留、停止、削減しようとする日本行政当局の動きを適時捕捉して迅速な対策を立て、大衆的行動を展開していく。
-教育助成金支給と関連した要請運動を前向きに展開するための実務対策と情報収集に力を入れ、この事業に影響力がある親朝鮮関係者が積極的に協力するようにする。
-〈朝鮮学校を支援する会〉、〈外国人学校協議会〉のような対外親善協力団体がより多く生まれるようにひき続き大きな力を注ぐ。

●3.(6)三大愛国課業を遂行するための事業を力強く押し進める。
②造りだされた情勢の要求に合わせて対外事業をいっそう強化する。
-敬愛する金正恩元帥様の偉大性の宣伝をしっかりと把握し多様な対外政治宣伝事業を積極的に展開する。
-日本の進歩的教育団体と良心的人物、学父母組織が日本当局の対朝鮮制裁解除と朝日平壌宣言の履行を促す世論造りに大きな力を入れる。
-現時点で造りだされた民族教育を取り巻く暗黒のような情勢に主導的に対処するために各地方ごとに教育権擁護、拡大のため日本の自治体と地域のさまざまな団体との対外活動をより活発に展開し、朝鮮学校マダン(訳注:祭り)を通した多様な朝日友好親善行事を旺盛に組織進行するようにする。

答え合わせ完了ー!\(^O^)/いやー、読みながら爆笑しっぱなしでした。
先方は、この文書を捏造だとか知らないとか言うかもしれませんが、多くの日本人で共有したいですねぇ~。【拡散希望】
それと、道すがら東京都港区の補助金導入の経緯などもわかったのですが、きりがないのでひとまず止めておきます。
なにしろ、先方が「愛国力量と対外力量を総動員」して「前進を達成するための闘争態勢を手抜かりなく整え」てやっていることですから、それはそれは空よりも広く、海よりも深く展開されておりまして、監査請求やら請願やら陳情やら意見書採択やら、工作員・売国奴チームと日本人有志のバトルの跡がこれでもかこれでもかと出てくることがわかって、追い切れない感じです。
今後は拾った情報で興味を引かれたものをぼちぼちと投稿させて頂こうかなと思いますが、もし余命様から何か方向付け(優先順位)などありましたらお願いいたします。
※「千葉朝鮮学園振興協議会」がH24年度に解散したのは自浄作用が働いたとコメントしましたが、「千風の会」の働きかけも奏功したようですので、名誉のために付け加えて訂正しておきます。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト