余命三年時事日記 ミラーサイト
数秒後にアクセス数を表示します
2019-07-29 21:05 0 comments

0099 悪徳弁護士シリーズ⑥

引用元 

「悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、またまた、こんばんわ。


 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しそうだ。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 悪魔君の要請なので事件番号を記しておいた。しかし、正しいかどうかは保証しないぜ。


悪魔の提唱者殿

<嶋崎弁護士は横浜地裁だから、「令和元年(ワ)第16126号損害賠償請求事件」 で告発することはできない。

事件番号が足りない。今度の告発状も「返戻確実」だな。

真面目にやる気あんのかぁ、ゴルァ(笑)

北周士、神原元、嶋﨑量君。元気かね。ではまたな。

こらこら「ではまたな」で逃げるんじゃない。

その前に、横浜地裁の事件番号を出しなさい。

悪魔からの要望に、ちゃんと答えなさい。>


.....いろいろと自己紹介ありがとう。いくつかわかった点がある。

1.まず、君は女性だね。

1.司法関係者ではないし、職業として、司法に関係したこともまったくないね。

1.「令和元年(ワ)第16126号損害賠償請求事件」で、9割方わかるはずだ。

1.司法用語の使い方がわかっていない。

1.司法の仕組みがわかっていない。

1.事件番号は本物だよ。

 思わぬところで天下に恥をさらしたね。入院、療養が必要とまでは言わないが、当分、謹慎したほうがいいと思う。素人目にもかなり重症だよ。香山リカ先生がいいだろう。




韓国はテロの国家スポンサーになったのであろうか- Op-Ed

日本は韓国にフッ化水素の不透明な取引について問いかけた


一週間前、日本は特定のハイテク材料の韓国への輸出に対する厳しい規制を発表した。韓国政府とメディアは、この発表に対して異常で迅速かつヒステリックに対応し、韓国人に対する経済報復と呼び、国家レベルで日本に対する不満を吐き出し始めた。

この論争が渦巻く中、安倍首相は、日本から輸入されるフッ化水素ガスの韓国の「不適切な取り扱い」に対し言及し、日本は「防衛・安全上の理由から」必要な措置を講じなければならなかったと述べた。

安倍首相は、輸入フッ化水素ガスの韓国内取引に関して、韓国政府から取引を証明した文書化を明確に要求した。

韓国がやるべきことは、フッ化水素ガスがどこで使われたかの詳細を日本に提供する事であり、それで問題はいったん、休止できる。しかし、韓国は日本の慎重な措置を「政治的利益に対する経済的報復」の行為とし、問題点をすり替えようとしたがこれは重大な間違いである。


輸入フッ化水素ガスの消失

問題は何か?

フッ化水素ガスは遠心分離機で濃縮ウラン(U235)を抽出するプロセスに不可欠であり、微細なU235(85%以上)が兵器級の核物質となるため、戦略的な材料となる。

フッ化水素ガスは特殊な金属タンクで取り扱われ、機密性の高い戦略的材料として、その輸出入には政府の承認と取引記録が必要である。日本は北朝鮮の核ミサイルの直接的な脅威にさらされているため、韓国に輸出されるフッ化水素ガスの取引記録を懸念する十分な理由がある。

韓国の日本のフッ化水素ガスの輸入は、文大統領が就任した2017年と2018年に急激に増加した(例:2016年は25,003トン、2017年は32,410トン、2018年は38,339トン)。しかし、輸入されたフッ化水素ガスはほとんど記録されておらず、輸入した韓国の貿易会社の一部も跡形もなく消えている。

この問題に関する日本の発言は、北朝鮮やシリアのような、ならず者国家が原料にアクセスしていることを示唆している。安倍首相は、それを裏付ける証拠なしに、この規模の声明を出さないだろう。韓国の未熟な対応は、文大統領が煙のまだ出ている銃を持ったまま目撃されたと同様である。スタンフォード大学のシーグフリード・ヘッカーは2010年に北朝鮮を訪問し、すでにヨンビョンの核施設が何千もの遠心分離機を稼働させ、濃縮されたU235を抽出するのを見ている。

2017年、米国国務省は北朝鮮をテロ支援国家に再指定した。ソウルがフッ化水素ガスを平壌に引き渡した事が証明されれば、韓国はどうなるのだろうか。


日韓関係の未来

明らかに、韓国は泥中、奥深くに引きこもり、朝鮮半島を取り巻く国際関係のダイナミクスに関する洞察力を持っていないようだ。2017年を韓国で成功した「社会主義革命」の就任年として宣言し、権力を握った後、文氏は北朝鮮との関係を強化し、日本を疎外することが始まった。

文大統領は日本との政治的対立や軍事的緊張を高めることに戸惑いはない。そのため、日韓関係はここ数十年で最悪の事態となっている。韓国に輸入されたフッ化水素ガスの韓国の「不適切な取り扱い」は、両国間の紛争が渦巻く中で起きた。今回、日本は従来と違い、韓国が不正行為の代償を払わずに済ますことは許さないであろう。

米中貿易戦争が深まるにつれて、米国は同盟国からの支援を増やす必要があり、北東アジアにおける同盟国の役割はますます大きくなる。5月、日本はおごそかに新天皇を祝い、現職の「天皇陛下」が正式に日本の新しい時代を宣言した。儀式の多くは象徴的だが、日本にとって国家としての意義を過小評価してはならない。新しい天皇の即位は、日本の歴史の新しい章を意味する。日本はその力を取り戻したいと考えており、安倍首相は現在、東アジア地域の力関係のパラダイムシフトを問いかけられている。

日本の心理的変化の兆しはすでに始まっている:反朝鮮感情は第二次世界大戦以来見られなかった注目すべきレベルに上昇している(例えば、在日韓国人教授は、クラスを割り当てられていない、在日韓国人のローン申請者は、銀行ローンを拒否される、在日韓国人が不人気なポストに降格または割り当てされる)。いったん始まると、この種の人種的な対立の火花はコントロールしにくく、両国の外交関係はもちろんの事、国内の事情が響き渡る。これは、現在進行中の米中貿易戦争を反映した日韓貿易戦争を引き起こすかもしれない、と考える人もいる。

米国の立場は、フッ化水素ガスを取り巻く紛争の壊滅的な事実にもかかわらず、極めて冷静な態度を示している:

「両国は外交を通じて解決すべきである」「米国は仲介しない」というスタンスである。しかし、アメリカの沈黙は、今後数日のうちにこの地域に対する彼らの政策を予見しているとみられる。また、米国が最初にソウルから平壌へのフッ化水素ガスの違法供給の証拠を発見し、その後、日本に警告したと推測する人もいる。もしそれが本当なら、韓国にさらにダメージを与える。

日韓の壊れた関係はどのように修復できるのだろうか。残念ながら、明るい未来は見えない。文大統領とその一派は、現代に共存できないネアンデルタール人の集まりといえる。文大統領は、前任者が署名した日本との主要な協定の多くを無効にし、日本に対する人種的緊張と国民の敵意を引き起こした。次に来るのは、彼の愚かな挑発に対する自然な反応です。

日本との関係修復の第一歩として、韓国は文大統領を権力から取り除かなければならない。しかし、30年間韓国を運営してきたのは親北京派と親北朝鮮派であり、その団体はメディア王、元閣僚、企業幹部、大学学長、軍部長がメンバーとして集められている。したがって、次の大統領は、また、団体の別のメンバーまたは彼らによって選ばれた人物になる。

韓国は切実に、権力の乱用と根深く誤った管理から国を取り戻すことを思う新しいリーダーを必要としている。


*マックス・S・キムはブランダイス大学で認知科学の博士号を取得し、ワシントン大学とニューヨーク州立大学アルバニー校で教えました。自身の専門分野に加え、韓国を含む東アジアの地域情勢について執筆。


Has South Korea Become A State Sponsor Of Terrorism? - OpEd

Japan Confronts South Korea on Suspicious Transactions of Hydrogen Fluoride


A week ago, Japan announced tighter controls on exports of certain high-tech materials to South Korea. The South Korean government and media, responding unusually quickly and hysterically to the announcement, called it an economic reprisal against the Koreans and started fuming about Japan at the national level.

As the dispute spiraled, Japan’s PM Abe clarified the issue, referring specifically to South Korea’s “improper handling” of the hydrogen fluoride (HF) gases imported from Japan, and said Japan had to take necessary steps “for reasons of security and safety.”

Abe’s diplomatic remarks carried clear demands for documented transparency from the South Korean government regarding the domestic transactions of the imported HF gases.

All that South Korea needs to do is to provide Japan with details of where the HF gases have been used, and the matter can be put to rest. Instead, South Korea framed Japan’s cautious measures as an act of “economic retaliation for political gains” and tried to brush the real cause of the dispute under the rug. But that is a grave mistake.


Disappearance of Imported Hydrogen Fluoride Gases


What is the nature of the dispute? HF gases are strategic materials since they are essential for the process of extracting enriched uranium (U235) in centrifuges, and fine-grained U235 (85% or higher) becomes weapons-grade nuclear material.

HF gases are handled in special metal tanks and, as sensitive strategic material, their imports and exports require government approval and transaction records. Japan has every reason to be concerned about the transaction records of HF gases exported to South Korea since Japan lives under direct threats of North Korea’s nuclear missiles.

South Korea’s import of Japanese HF gases sharply rose in 2017 and 2018 after Moon Jae-in took office (e.g. 25,003 tons in 2016 to 32,410 tons in 2017 to 38,339 tons in 2018). Yet, the imported HF gases are mostly unaccounted for, and some of the South Korean trading companies that imported them also disappeared without a trace.

Japan’s remarks on the issue implied that a rogue state, like North Korea or Syria, had access to the materials. Abe will not issue a statement of this magnitude without evidence that backs it. South Korea’s immature response amplifies the suspicions that Mr. Moon was caught with the smoking gun. Siegfried Hecker of Stanford University visited North Korea in 2010 and already saw the Yongbyon nuclear facilities running thousands of centrifuges to extract enriched U235.

In 2017 the US Department of State re-designated North Korea as a state sponsor of terrorism. What will become of South Korea if it is proven that Seoul handed HF gases over to Pyongyang?

The Future of Japan-South Korea Relations


Evidently, South Korea drags itself deep into the mud and appears to have no insight about the dynamics of the international relations surrounding the Korean Peninsula. After declaring 2017 as the inaugural year of his successful “socialist revolution” in South Korea and takeover of power, Mr. Moon started off by strengthening ties with North Korea, on one hand, and alienating Japan, on the other hand.

As Moon has not hesitated to invoke political confrontation and even military tension with Japan, the Japan-South Korea relation has become the worst it has been in decades. South Korea’s “improper handling” of imported HF gases came amidst spiraling conflicts between the two nations. This time, Japan looks different and does not appear to let go of it without South Korea paying the price for their misconduct.

As the US-China trade war deepens, the US needs more support from allies, and the role of allies in the region gets ever greater. In May, Japan quietly celebrated the new emperor, and the incumbent “Tenno” officially declared a new epoch for Japan. Although much of the coronation is symbolic, its significance for Japan as a nation should not be underestimated. The advent of a new emperor signifies a new chapter in Japanese history. Japan wants to regain its might, and Abe is now getting the call from the recent paradigm shift in the regional dynamics

Signs of psychological change in Japan are already on the way: The anti-Korean sentiment has risen to a worrisome level not seen since WWII (e.g. Korean-Japanese professors not assigned classes, Korean-Japanese applicants denied bank loans, Korean-Japanese officials demoted or re-assigned to unpopular posts). Racial flames of this sort are hard to control once started, and the domestic sentiment is naturally echoed in the diplomatic relations of the two countries. This, some believe, may lead to a Japan-South Korea trade war that mirrors the ongoing US-China trade war in its essence: an elimination game.

The US position is remarkably calm despite the devastating nature of the dispute surrounding HF gases: It is an issue that “the two nations should resolve through diplomacy,” and “the US will not mediate.” However, the American silence foreshadows their policy for the region in the coming days. It is also possible, as some speculate, that the US first found evidence of illicit supplies of HF gases from Seoul to Pyongyang, then warned Japan about it. If true, that’s even more damaging to South Korea.

How can their broken relations be mended? Unfortunately, the future doesn’t look bright. Moon Jae-in and his cabal are just a bunch of Neanderthals unable to live in the modern time. Moon voided and reversed many of the major agreements with Japan signed by his predecessors and ignited racial tension and national hostility against Japan. What comes next, then, is a natural reaction to his foolish and mindless provocations.

As the first step in repairing their relations with Japan, the South Koreans must remove Moon from power. However, it is a pro-Beijing and pro-Pyongyang faction that has run South Korea for 30 years, and the deep-rooted cabal recruited media moguls, former cabinet members, corporate execs, university presidents, and military brass as members. Thus, the next president will most likely be another member of the cabal or someone tapped by them.

South Korea really needs new leaders committed to bringing the country back from power abuse and abysmal mismanagement.

*Max S. Kim received his PhD in cognitive science from Brandeis University and taught at the University of Washington and the State University of New York at Albany. Besides his own field of profession, he occasionally writes on regional affairs of the East Asia, including the two Koreas.


余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト