余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-04-07 01:18 最新コメント:2016-04-10 16:34
579 巷間アラカルト⑳(26)
引用元のソース

「余命三年時事日記2」の関係で2日ほど休みます。

ななこ
余命様、スタッフの皆さま、読者の皆さま方、連日の更新とコメント大変ありがとうございます。
皆様が周囲の方々の説得に苦慮していらっしゃるご報告を拝読して、いくつかのことを思いだして考えてみました。
2009年の政権交代選挙の時、私は麻生さんを応援していました。街頭でビラ配りもしました。麻生さんの生演説も見てTVで叩かれるようなイメージとは全く違い、堂々とした品格にあふれ親しみもあり、人の心を自然にとらえる魅力とカリスマ性を感じました。だからこそ叩かれたのだと理解しております。
民主党一色に染まった世論の中でのビラ配りは危険を感じるものでした。罵声やビラの投げつけ破り捨ては普通にありました。期日前投票では見たこともないような大人数が並んでいて、子供連れの若いお母様が目立ちました。おそらく初めて投票するようなとおぼしき方が多かった記憶があります。
自民党の大変不評だったパンフレットには、「一度任せてみてください、二度と取り返しがつきません」。というフレーズがありました。日本乗っ取りがこの選挙により実現したことを思えば、それは100%の真実でありました。しかし如何せんCMやパンフレットの出来が悪かったと思います。そこには受注した電通の自民党を下げる作り方があったと言われています。
会話のできる相手は説得できますが、話が通じない相手を説得することはできないのだろうと思います。相手が身の危険や将来の不安を自分のものとして考えない限りは無理だろうと思います。
シリアが内戦に突入する前、まだ民主化運動への政権からの弾圧段階で、シリア人の詳細な現地報告を聴く機会があり、数々の写真でみる弾圧の実態に慄然としたことを思い出します。当時政権に近い人は学識も生活レベルも高く、比較的自由に自己実現をすることができていました。それでも、最初に国民が政府側と反政府側で分裂していく様子を伺って、おそろしいことだと感じました。コミュニティが最初に破壊されたそうです。
今、シリアは国の形が完全に壊れ去りました。再建するにしてもクルド問題が以前に増して大きくなり、将来的に国の分裂は避けられないとの見方が支配的です。
これは私たちにとっても大きな示唆を与えてくれます。つまり、愛国心や保守というレベルを超えて、「国が安泰であること」「国が安定して国益と国民を保護すること」が実現して初めて、生活面でのあらゆる幸せが実現するということを一人ひとりが強く意識することが危険を遠ざけるということではないかと思います。
話は2009年に戻りますが、国会議員を選ぶときには些末なことは切り捨てて、二つのことだけを軸に考えました。「日本国の国益を最優先で考えているか」「日本国民の生命財産の安全を最優先で考えているか」ということです。むしろ、その二つを考えられない人間は議員になってはならないと思っています。
国会議員は「外交防衛において、日本国と日本国民の利益のために働くこと」これを徹底していけば、あらゆる野党が失格であることは一目瞭然です。民進党や共産党に任せていけば、日本は完全に草刈り場になって、人も資産もすべて外に流出してしまいます。それを図らずも証明してくれたのは民主党政権だったと言えましょう。
であれば、関心のない人を説得するのは、「ヨーロッパも移民で大変なことになってしまった」「イギリスは大変になったヨーロッパから逃げるのにEUから離脱の国民投票をしようとしている」「いつもは考えないけれど、国がしっかりしていないと人は不幸になるばかり」「それは移民する側も移民される側も同じ」という切り口で、実は日本も大変なことになっている…と導入してみるのはどうだろうかと考えました。
その時にいきなりハードルが高い「余命三年時事日記」「余命三年時事日記ハンドブック」からいくよりも、はすみとしこさんの「そうだ難民しよう」から入って、余命からピックアップした話題を混ぜて関心を引くようにしたらいかがかと思うのです。
つらつらと考えて2009年を思いだし、自民党のサイトに政策パンフレットがPDFでアップされているのを見つけました。これを見ると8月30日にゼロ打ちで民主党300議席超えを見て、果てしなく絶望したことを思い出します。しかし、今見てもこのパンフレットは正しかったと思っています。それが伝わるすべがすべて抑えられてしまっていた。そのことだけが悔しく思われます。
ちなみに、この8月30日はマッカーサー進駐記念日です。※1945(昭和20)年、連合国日本占領軍最高司令官・ダグラス・マッカーサー元帥が厚木飛行場に到着しました。占領軍司令官が入ってきた日ですね。そして日本は乗っ取られた。
政策パンフレットの最後にある、麻生さんの言葉は今も胸に迫ります。いえ、今だからこそ本物の迫力が輝きを増しているように思えます。私たち日本人を団結させてくれるこの言葉を胸に、微力ながら日本再生作戦を続けていこうという気持ちを新たにしました。長文お読みいただきまして大変ありがとうございました。
https://www.jimin.jp/policy/manifest/pdf/2009_yakusoku_a.pdf
日本を守る、責任力。
日本には、世界に比類ない「力」があります。
品質へのこだわり、仕事への誇り、微細なものづくりなど、
日本人の感性に支えられた世界最高の「技術力」。
全員で助け合う精神など、信頼に基づいた「結束力」。
これらの「力」で、資源のない日本が世界第2位の経済大国と
世界一の長寿国になれたのです。
すべてを一から変え、これらの「力」を失うことがあってはいけない。
みなさん一人ひとりがその「力」であることに、誇りをもってください。
その自信が社会の『活力』になり、確かな『安心』をもたらすのです。
日本の「底力」が発揮され、すべての人に魅力ある国へ。
自民党には、それを実現する『責任』があります。
自由民主党総裁 麻生太郎

YKK
余命翁様、プロジェクトの皆様、青林堂様。いつもありがとうございます。
当方S23年生まれの、いわゆる団塊世代です。若き頃は正義感に燃えつつも、基本的にはノンポリでした。
時を経て、自民党政治の行き詰まりや閉塞感を感じる中で民主党が誕生し、これに一票を投じました。今考えれば恥かしい話ですが・・・。
こんな私に転機が訪れたのは、平成20年に知り合いから「天皇陛下在位20周年奉祝祝典」のチケットを貰い参加した時。この時の衝撃は今でも忘れることができません。「もし、この国に皇室の、天皇陛下の存在が無かりせば、日本と言う国はどうなるのだろうか」と言う思いに駆られ、皇室への思いがこれまで以上に募り、式の途中からは、ただただ涙が溢れるばかりでした。
それ以降、N会議への参加を要請され会合に出る中で、日本の現状を知り民主党に投じた一票が、今もって心の片隅に突き刺さっています。
年満退職後、これまで知らなかったことをネットで教えられ、今更ながら自身の無恥を恥じております。「WILL」「正論」「ジャパニズム」もそうですが、「余命本2冊」を始めとして、「大嫌韓時代」「はすみとしこ本」「日の丸街宣女子」「最前線日記」等々、読み漁っています。
機会あれば上記本や支那・朝鮮事案を、自身の勉強の意味でも知人にそれとなくPRしていますが、最大の難関は我妻と二人の娘。
この日本と言う素晴らしい国を、子や孫たちの世代まで残したいと言う思いは、ここに集う人達の共通の願いでもあります。私一人に出来ることは知れていますが、「余命3年時事日記」に出会えたこと、知りえたことを、広く伝える義務があると考えます。
そのためにも、余命爺様とプロジェクトチームの皆様の力が必要です。このブログで日本と日本人が覚醒するまでは・・・。
とりとめのない事を長く書きましたこと、お詫び申し上げますと共に、皆様の
今後のご健康とご活躍を祈っております。  YKK

緑虫太郎
「覚醒」は一夜にしてならず。
学校教育とマスコミ誘導で、左翼思考を刷り込まれた人が、そのマインドコントロールから脱することは簡単ではありません。
かくいう私自身も若い頃、ほんの数年間、パヨクをしておりました。そこから離脱し、まともな思考ができるようになるまで、(私自身が愚鈍ですので)なんと何十年もの年月を要しました。
以下はその自分の心象体験からの教訓?でございます。

●ガチガチの左巻きの転向は難しい
これは洗脳解きと同じですので素人にはほぼ不可能です。
労力の無駄ですし、敵視や嫌がらせなどを呼ぶだけです。
直接手出しせず、むしろ周囲の覚醒を促すことで、
孤立させるような方策が良いと考えます。

●左翼シンパのレベルなら可能性あり
堅固に築かれた堤も「蟻の一穴で崩れる」と申します。左翼シンパの「蟻の一穴」は例えばこんなところにあります。
ガチの左翼はすべてのテーマで思想統制がされています。
・日本は過去に侵略を繰り返した悪の国である
・南京大虐殺はあった。認めて謝罪するべきだ。
・従軍慰安婦の証言は本物だ。認めて謝罪するべきだ。
・日本は原発も核兵器も絶対に持つべきではない。
・沖縄の辺野古新基地には絶対に反対だ。 などなど
ところがシンパはそこまで統制がなく、思考にバラツキがあります。
たとえば「日本は侵略国だ」と思いながらも、「南京大虐殺はさすがにウソだろう」と理解している。
核兵器はダメだが、原発はやむを得ないと考えている。
こんな人は多いのです。この「バラついたところ」が蟻の一穴です。

●蟻の一穴の崩し方
重要なポイントは「日本は侵略国だ」を絶対に否定しないことです。否定してしまったらその時点でアプローチは困難になります。
そうではなくて「でも南京はウソだよね」に大きく同意し、その隙間に「南京はウソ」を強化する、大量の情報を流しこむのです。
情報の流しこみは、口で言うよりも、資料やネット情報で、「本人に自分で確認させる」ことが重要です。
その場で携帯でネット情報を見せるのも良い方法です。
人間は他人に聞いたことより、自分で確認したことに、
より大きく執着する生き物だからです。

●一点突破、全面展開(笑)
左翼の「教条」のうちひとつでも、大きく崩れましたら好機です。そこから「他のこと」も疑うように誘導するのです。
たとえば「南京がウソ」ならば「慰安婦もウソ」かもしれない。関連性のあるところ、崩しやすいところから崩していくのです。「南京」「慰安婦」崩しの場合は、その背景として、「シナ朝鮮のウソつき文化」まで遡及できると理想的です。
時間はかかるかも知れませんが、左翼の教条のいくつかを崩せたら、その人はすでに左翼シンパではなくなっています。彼らが好むワード「一点突破、全面展開」はこのことですね(笑)。
最後にひとつ申しあげます。
「左翼からいきなり転向」は困難です。
そうではなくて、まずは「引き剥がすこと」。
左翼思考に疑いを持たせ、賛同しないようにさせること。
それだけでも大きな勝利だと思います。こちらを目標にされては如何でしょうか?長文失礼致しました。

禿頭斎
事内容に関する要望を一つさせて戴きます。
過去記事、特に二代目様までの記事には、各界関係者による「放談会」なるものが度々掲載され、特亜の現状・内情や、日米間の水面下での交渉と米軍の本音、自衛隊の防衛力の実態等々、普段我々には窺い知ることの出来ない内容が披露され、大変勉強になり、且つ、当時の悲観的な国内状況の中で希望を見出して居った次第です。
三代目様からはブログの目的が変わったこともあり、この「放談会」が途絶えて久しく、
少々寂しく感じて居る処です。
恐らく、初代様からの読者の多くも同様の思いではないかと推察しております。
初代様も亡くなり、一族郎党全て「彼の地」より引き揚げられたとの事、大陸や半島での情報収集にも多少の支障があり、出席者の方々の御事情・御都合もおありでしょうが、出来得れば四半期に一度程で結構ですので、開催と掲載をご検討戴ければ幸いに存じます。
恐々謹言 禿頭斎
爺様及び余命関係者の皆様

.....この関係は「余命三年時事日記2」において記載してある。なお発売日は5月16日に変更となった。

nory
連投すみません。
国歌、国旗にかかわることで、気になっていることがあります。
スポーツの国際試合などで国旗が掲揚され、国歌が流れるのですが、
最近胸に手を当てて国旗を注目するスタイルをよく目にします。
日本式は「直立不動」だったはずが、異国風?になっていますね。
私が間違ってるのかな?
小学校の時、「直立不動」の姿勢で国旗掲揚・降納を教わりましたので間違ってないはずです。
選手たちはカッコイイと思ってるのでしょうか?それとも誰かに指示されている?
とにかく「君が代」と「日の丸」は「直立不動」が似合うと思います。
影響力のあるスポーツ選手たちにそのあたりを意識してほしいものです。
「心がこもっていればなんでもよい」という方がいますが、日本式のお辞儀が朝鮮式(コンス)に侵食されていますよね。
心がこもっていてもコンスは気持ち悪いのでやめてほしいです。
日本人なら誇りをもって日本式を継承しましょうよ!!

774
学校における君が代授業について
コメントにて、学生時代に一度も国家の授業がなかったと聞いて大変驚きました。私の出身地域では、小学中学高校の音楽の最初の授業で、必ず君が代について深く掘り下げて勉強したものです。
私の年代は団塊ジュニアの少しあとの世代です。高校の受験戦争が少し緩んだ頃ですね。高校は私学だったので、他の公立がどうなのかは存じませんが、私学のほうが日教組の影響を受けにくいのか、バリバリの保守高校だったんだなぁと、大人になってから思いました。
君が代については、昔は天皇陛下の御世を称える歌であり、現代訳では日本国の繁栄を称えるという意味もあると、習いました。まとめると、天皇陛下を中心に繁栄し続ける日本を称える歌、といったところでしょうか。うまいこと日教組の目を潜り抜けるように、授業してくれたのかなと思います。
魔法科高校の劣等生についてのコメントもあって、ファンの方がいらしてうれしく思います。中国韓国を絶対悪として描かれたアニメは、この作品が始めてでした。本当に胸糞悪い敵として書かれていて、それが日本人の主人公の少年によって、ぎったんぎったんにry・・・。その展開があるだけで、他のちょっとどうよという設定とかには目をつぶれますw
ニコニコ動画という、視聴者がコメントを打てる動画にて、特定アジアの荒らしが蔓延してるのもこの作品の特徴ですw どうやら映画化もされるようで、これからも期待大の作品だと思います!

天原
保守勢力である事を個人単位で明かす事は現時点では大変危険です。素人である自分でも敵であれば容易に明確な標的と判断するだろうと思います。
真に日本再生を願うからこそ、今は個人単位の保守の方々(護衛を付けられる政治家の先生等ではなく)は不用意に不特定多数に保守である事を決して明かしてはならない!そう断言します!
敵は喉から手が出るほど保守勢力の情報を知りたい反吐が出るような犯罪者共でありますから、弱点となるような事は一切作ってはなりません!
日本中の仲間が見えぬ個人単位の孤独な戦いも今だけです。未来が無い反日共と違って我々純粋日本人には未来と誇りと見えない絆があります。
ハードランディング後の慰労会で余命チーム様を始めとする保守勢力の皆様と何の躊躇いも無くお互いをねぎらえる日を心より楽しみにしております。

  1. >「余命三年時事日記2」の関係で2日ほど休みます。

    ご連絡、ありがとうございます。

  2. 既出であればごめんなさい。皆様がたは「国民保護法」というものをご存知でしょうか?
    以下に「内閣官房ポータルサイト」より抜粋しました。

    平成15年の通常国会で成立した武力攻撃事態対処法に沿って、武力攻撃事態等への対処に関して必要となる個別の法制の整備が進められました。「国民保護法」はその1つです。平成16年6月に成立し、同年9月から施行されています。
    国民保護法は、正式には「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」といい、武力攻撃事態等において、武力攻撃から国民の生命、身体及び財産を保護し、国民生活等に及ぼす影響を最小にするための、国・地方公共団体等の責務、避難・救援・武力攻撃災害への対処等の措置が規定されています。

    このサイトの中に、日本が外国などから攻撃を受ける武力攻撃事態として
    1)本格的な上陸侵攻
    2)ゲリラなどによる攻撃
    3)弾道ミサイル攻撃
    4)航空攻撃
    の4タイプを想定し、国と自治体によるそれぞれの場合の対処法を提示しています。さらには武力攻撃事態等における国民保護のための仕組みとして
    ①避難の仕組み
    ②救援の仕組み
    ③武力攻撃災害への対処
    ④指定公共機関の役割
    ⑤国民の協力
    ⑥国民の権利および義務に関する措置
    等が明確に示されています。

    私はうかつにも、つい先日まで知りませんでしたが、わが国の政府は既に10年前から着々と手を打っていたわけですね。
    もちろん自民党政権下での政策であったわけで、改めて自民党に対する信頼が増しました。さらに、安倍総理はこの法律がスムーズに活かされるよう、具体的に整備を進めてきたのですね。

    余命様におかれましても当然ご承知のはずで、今まで言及されなかった(?のは、読者諸兄からこのような情報があがってくるのを待っておられるのではと、自分勝手に想像しております。

    私は早速この情報を周囲に広めだしています。「今そこにある危機」に鈍感なお花畑の住人にも、この辺から徐々に誘導していくのがよいのかなと思います。
    人によってではありますが、いきなり余命様の情報をぶつけてもドン引きされる場合がありますので(笑
    平成28年4月7日 午前6時50分

  3. 国家を歌う時は直立不動の姿勢
    自分もそう思う
    国際的なスポーツの試合の場で日本人選手が胸に手を当てている姿は見ていてキモチ悪い。あれ本人達はカッコイイと思ってるんだろうか?もし誰かからの指示なら断るのが日本人てもんだ。オリンピックに出る柔道選手の道着に何やら色々書いたものを貼っているがあれなんかもってのほかだ。お前らはサンドイッチマンかと言いたい。俺が柔道選手なら試合相手よりもオリンピック連盟の会長を締め落としてやるところだ。
    そんな事だから日本人選手はロンドンだったか開会式の会場から出されるんだ。あともう一つ言わせてもらえば試合に勝利した時にピースサインをほとんどの選手が出すがあれも何か日本人がやるとカッコ悪い。スポーツの試合で勝っただけで、テレビの視聴率に貢献しただけで口を開けてベロを出してピースサインなんか日本人が簡単に出すものでは無いと思う。人生の試練はまだまだこれからのはずだ。そんな事だから日本人アスリートは簡単にヘアヌード写真集を出したりAVに出てしまうんだ。
    あの国家が流れる時に胸に手を添える日本人選手を観てると、国際的な権力のためなら誰のケツにでも付いてゆく売国奴政治家の姿とかぶってしまう。
    あんなのを観ていると、阪神が優勝したからといって川に飛び込む者や隠れてフランス料理やイタリア料理をガッツいている近所の寿司屋のオヤジを観てる方が愛嬌があっていいと思う。

  4. 余命読者同志の皆さま、孤独な戦いと思いきや、こんなにも多くの同志がいることを知り励みになります。

    一人でも多くの覚醒のため、日本を愛する日本人を増やしましょう。
    左的思考やノンポリには日本人が日本礼賛するより、外国人が「日本は悪くない」との主張の方が耳障りがいいかと思います。

    戦後外国の日本の評価

    ラダ・ビノード・パール
    インド、極東国際軍事裁判判事・法学博士

    要するに彼ら(欧米諸国)は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の一七年間(昭和3~20年、東京裁判の審理期間)の一切を罪悪と烙印する事が目的であったにちがいない。

    私は1928年から1945年までの一七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。それを私は判決文の中に綴った。
    その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。
    それなのに、あなた方は自分らの子弟に、「日本は犯罪を犯したのだ」「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」を教えている。満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。
    日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
    あやまられた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。あやまられた歴史は書き変えなければならない。
    (昭和二十七年十一月五日、広島高等裁判所での講演)

    ガザリー・シャフェー
    マレーシア、元外相、アセアン創設によりハマーシェルド賞受賞

    日本の某代議士の「過ぐる大戦において、わが国は貴国に対しご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」という挨拶に対して、「どうしてそういう挨拶をなさるのですか。あの大戦で日本はよくやったではないですか。マレー人と同じ小さな躰の日本人が、大きなイギリス人を追い払ったではありませんか。その結果、マレーシアは独立できたのです。大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、その他の東南アジア諸国の独立も考えられないんですよ」

    ラグ・クリシュナン
    インド大統領
    インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像もできなかった。
    それを我々と同じ東洋人である日本が見事に撃沈もした。
    驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。

    バー・モウ
    ビルマ元首相 独立宣言より

    約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、英国側はアジアに対する掠奪的野望を以て此等の戦争を遂行せり。
    英国はさらにその伝統的陰謀賄賂及び想像し得るあらゆる詐欺及び術策の武器をしようせり。
    ビルマ人は徐々に搾取され時の進むに従い総ての国民的実質、莫大なる物資的資源、機会、文化、言語、さらに遂にはその生活様式までも失い愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば死そのものを甘受して突進して来れり、これらの英雄はビルマの生存のため苦難を受け遂には斃れたり。
    ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。
    ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり・・・」

    ブン・トモ
    インドネシア 元情報・宣伝相

    日本軍が米・英・蘭・仏をわれわれの面前で徹底的に打ちのめしてくれた。われわれは白人の弱体と醜態ぶりを見て、アジア人全部が自信を持ち、独立は近いと知った。一度持った自信は決して崩壊しない。日本が敗北した時、『これからの独立戦争は自力で遂行しなければならない。独力でやれば五十年はかかる』と思っていたが、独立は以外にも早く勝ち取ることができた。
     そもそも大東亜戦争はわれわれの戦争であり、われわれがやらねばならなかった。そして実はわれわれの力でやりたかった。それなのに日本にだけ担当させ、少ししかお手伝いできず、誠に申し訳なかった

    ククリックド・プラモード
    タイ国元首相

    「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。」( 十二月八日、現地の新聞「サイアム・ラット紙」において )

  5. 連日の更新ありがとうございます。
    5月16日の「余命三年時事日記2」発売を楽しみにしています。
    ところで、戦後の在日朝鮮人の蛮行に絞った「マンガ本」の発刊はいかがでしょうか。資金は当ブログで募金してはどうでしょうか。必要額、途中経過を表示することで積極的に協力される方もでると期待できます。
    覚醒効果大・・・と妄想しております。

  6. 余命様 スタッフ様 ご苦労様です
    私の見聞きした事 また意見を どこへお送りしようかと思っておりましたが ここだと確信いたし 投稿させていただきます
    私は現役引退後 ボランティアにて 全国の神社へお清め参拝させていただき 氏子の方々と さまざまに交流させていただいております すでに数千社 参拝させて頂きました
    その中で 気がつきました事を述べさせていただきます
    まず 日本の神社 神道 は宗教ではございません 八百万の神と
    天皇と その分け御霊 の我々との 接点の場所が神社です
    戦後G–が日本解体の最重要としたのが これでした
    このG–ミッションは成功し 物理的な形態は残ったものの すべてが分断されて形骸化しました
    地方の神社は 大神社を除き 宮司はおらず 荒れ放題 都会では観光 御祭り お金目当ての昇殿参拝 という状況です
    ここからが 私の本題なのですが 昔の格言に ゛山が荒れ 川が荒れ 村が荒れ 人が死ぬ゛と言うものがありますが 地方を回りますと このままの状況です とくに私の参拝の旅の経験から 行政が反日 および非日本人に牛耳られている処では ゛山が荒れ 人が荒れ 神社が荒れ゛ ております
    この狭い日本でも これは驚くほどの差があります 現実的に
    地方の山間部で人知れず山の採掘がなされ 大きな山がなくなっているのです これは都会の方々は知らないと思います そして 山や 河川敷 酷いところでは 田畑に大きな太陽光パネルが乱立して もう日本の里山ではありません
    思い余って その土地の役所に聞いても 満足な返事は得られません こういう処が大抵 反日 非日本人 の自治体です
    しかし ゛山が荒れず 人が荒れず 神社が綺麗な゛ 素晴らしい 県 町 村 もたくさんあります
    皆さんと早く そのような日本を取り戻しましょう
    最後に 是非 ご家族で 氏神さまに 手をおあわせてください 八百万の神様は ちゃんと見守っていて下さいますよ 拝

  7. 余命様、スタッフの皆様お疲れ様です。
    nory様の、コメントを読んでいて思い出しました。
    二年くらい前の事です。日頃よく利用していたスーパーで、ある日レジで、とても違和感を覚えるお辞儀を目にしました。
    よく見ると、どのレジでも同じ様に両肘を張って胸の下辺りで手(指?)を付き合わせた様な変なお辞儀をしているのでした。
    『なんじゃこりゃ…蟹かぁ?』いくらレジ前が手狭でも、こんな変なお辞儀は無いよねぇ…
    それが今なら分かる、衝撃的な朝鮮式のお辞儀コンスでした。
    こんな変なお辞儀をするのは、やめて欲しい、こんなお辞儀ならしない方がマシ。と思っていたところ、いつの間にか見かけ無くなりました。
    あ〜良かった!お客の方が毎回目にして、いつの間にか変だと感じなくなってしまったら大変でした。
    従業員やパートのおばさん達も変なお辞儀が身に付いてしまう前に中止?になって良かった!
    てか…あの店はあっち系って事?
    何か変!おかしい…自分の今まで見聞きして来た事と違う、と違和感をおぼえたり、疑問に思えば調べる、人に聞くことは、とても大切な事だと改めて思いました。
    あ〜あ、あの時知っていたら、コンスを皆にも変だと思わない?って聞いて拡散するチャンスだったのに…残念!
    次回の出版の為に、二日ほどお休みなされるとの事、お知らせ下さいまして、ありがとうございます。心配しなくて済みます。
    かたかごの乙女

  8. 774ぃです、余命様こんにちは。
    私の名前が間違えて掲載されているので、もし次に私が投稿することがあれば(ロムだけでしないかもしれませんが)、修正していただきたいです。現状はこのままでかまいません。
    ぃをつけたのは、774のままだと774番目の記事のときにややこしいとおもったからです。絶対774記事超えますよねっ!

  9. >ななこ さんへ
    自民政権時代まで中東の安定に寄与してたのは、日本政府だったんですよ。よくアメリカの話は出てきますが、実際は日本の外交官が活躍してたのです。いざこざはあったとしても、今のようなヨーロッパを巻き込んだ大混乱にはなかったのです。
    それが、民主政権に変わった途端それを放棄してしまった結果が、今のような事態になっています。
    民主党は日本の安定を壊し、中東の安定を壊し、ヨーロッパの安定も壊してしまったのです。国連事務総長があちらの方ですから、東南アジアの安定も壊しかけています。もう壊れたと言っていいでしょう。
    日本民族がかかわると安定する方へ動き、朝鮮民族がかかわると全てが悪い方へ動いていくと言う事です。

    1. 花のごとし様
      御礼が遅くなりまして申し訳ありません。中東の安定に関する日本の貢献についてご教示くださいまして大変ありがとうございます。君が代のコメントについても興味深く読ませていただいています。勢いでコメントするため至らない点が多々あるかと存じますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

  10. ●強制連行された!というザイニチへの質問

    「強制連行された」と主張する在日朝鮮人には
    次の質問をすると良い。

    (1)戦後60年間、本国から返還請求がない理由を述べなさい。

    (2)戦後60年間、本国に助けを求めなかった理由を述べなさい。

    (3)戦後60年間、本国が在日朝鮮人を
      問題視していない理由を述べなさい。

    (4)戦後60年間、自分達で帰国事業を
      立ち上げなかった理由を述べなさい。

    (5)戦後60年間、日本人に対して返還事業を
      提案しなかった理由を述べなさい。

    (6)誰によって何時どこへ強制連行されたのか?
       詳細を述べなさい。

    証拠の提出と質問に対する回答が無い場合、在日朝鮮人は「違法入国者」の末裔、もしくは当人ということになります。
    つまり「犯罪者」ということです。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    有名なコピペですが、ご存じない方がおられたら、ということで投稿します。国民的ブログ・余命に記録されれば・・・
    武器庫に武器を揃えておくような意味合いです。

  11. 【 強制連行はなかったと断言できる根拠 】

    どうやら朝鮮人慰安婦強制連行はなかったらしい、
    と断定できる根拠は以下の通り。

    ①強制連行があった村や町の名前が特定されていない。
     「○○村慰安婦強制連行事件」という情報がない。

    ②この件が問題化した1990年代以前の韓国の記録で
     慰安婦強制連行を記載したものが皆無。

    ③1990年代以前、これを描いた小説や映画も作られていない。
     フィクションとしてすら記録がない。

    ④韓国の建国時から行われている反日教育の題材として
     慰安婦が使用され始めたのも1990年代から。

    ⑤日韓基本条約の時にも議論されてない。
     当時、韓国は様々な理由を並べて日本に金を要求していた。

    ⑥1945年から1990年代まで多数(20万人?)の被害者が
     全員、沈黙していたというのは不自然。

    ⑦「私の娘/妻/母/姉/妹が日本軍にさらわれた」という
     人の記録がない。

    ⑧第三者目撃情報がない。誰にも見られずに多数の人を
     連行するのは不可能。

    ⑨強制連行実行者の証言がない。
     吉田証言はウソと判明している。

    ⑩当時の朝鮮の警察官や役人の大半は朝鮮人だった。

    ⑪抗議活動の記録がない。多数の女性がさらわれたなら
     暴動が起きたはず。

    ⑫韓国は昔も今も売春大国。第二次大戦中も売買春市場が
     広く存在していた。

    ⑬慰安婦本人もしくは親などの代理人が多額の金銭を得ていた。

    ⑭売春業者が堂々と広告を出して、
     高額の報酬で慰安婦を募集していた。

    ⑮多くの慰安婦が休日に
     映画やショッピングなどに出かけていた。

    ⑯元慰安婦の証言の多くは
     「親に売られた」「だまされた」と述べている。

    ⑰「強制連行された」という証言は少数で、
     内容が度々変わるなど疑問のあるケースが多い。

    ⑱日本の当局は悪質な売春業者を取り締まっていた。
     その業者の多くは朝鮮人だった。

    ⑲戦後インドネシア慰安婦強制事件は
     犯罪として立件されている。朝鮮では立件されていない。

    ⑳多数の慰安婦を強制連行するのに必要な
     組織、人員、設備、費用に関する情報がない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    有名なコピペですが、ご存じない方がおられたら、ということで投稿します。国民的ブログ・余命に記録されたらと願います。

  12. 余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。

    ツイッター上で見られたヘイトスピーチに関する情報です。

    有田芳生議員「ヤンキーゴーホームはヘイトスピーチではない」⇒ 長尾議員「米国軍人への排除的発言もヘイト法案の対象」

    長尾議員のツイート
    ご自身の結論に私の話を結びつけるのではなく、私の話から結論を結びつけてくだされば、ご指摘のようにはならないと思います。人権擁護法案の必要性はなく、法案では米国軍人に対する排除的発言が対象となります。

    有田議員のツイートは省略します。

  13. 前日に引き続き在庫確認をして参りました。
    明林堂 米良店
    レジ近くに週間ランキングのコーナーがありますが、置いていません。棚を確認しても在庫なし。
    あまり売りたくない?ように見受けられます。前日訪れた大分本店では在庫はあるものの自分から検索して二階に上がりレジからも遠く離れた場所まで移動しなければならず、あらかじめ買うと決めて探さなければ辿りつかない状態で、たまたま手にとって買うというシチュエーションはほぼなさそうです。

    春屋 フリーモール稙田店
    余命本平積5冊
    ハンドブック棚に2冊
    ここのお店の余命本1は第5刷でしたが売れてるということなんでしょうか?

    ツタヤ光良店
    …在庫なし。どこかにあるかもと目を皿のようにして探してみましたが…

    やはり書店によりはっきりとした傾向が見えます。今後どこで買い物をするのが良いのかの判断にも使えそうです。
    自分の住んでいる町の書店を調べてみるのも面白いなと思いました。
    以上ご報告致します。

  14. 余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。

     自制を促す方がおられましたが、言われなくても日本人、特に余命読者ならば火病を起こして非合法テロ活動をしてしまう方はいないと思います。敵勢力も余命ブログを読んでいるから敵を利する内容を控えようと考えている方も気にしない方がいいと思います。余命プロジェクトチーム様がその辺も考慮して承認不承認を決めて下さいますから。むしろ、今は真保守の勢いが増しているのを敵勢力に見せつけてやりましょう。

     阪急京都線西院駅前のあおい書店西院店に余命本2冊、ジャパニズム1冊書棚で発見しました。確か一週間前はなかったと記憶しています。出版業界にも真保守の波がきているのかもしれません。未だに余命本を置かない反日書店がイデオロギーでどのくらい飯が食えるか楽しみです。

    「魔法科高校の劣等生」が良いのは、中韓を日本の敵としてしっかり描いているのに加え、中共が敵国人を自国の工作員化する方法を公にした点です。(宇治芳雄著「洗脳の時代」の中で薬物も拷問も使わない方法が紹介されている方法。)

     世界があるいは日本が大きく変わろうとしているただ中に自分がいるのを自覚した人物がその想いを充分に発揮して生み出した作品は面白いのです。GATEや劣等生はそれに近い作品です。他人任せで申し訳ないが「そのような作品」を読みたいと書き込まれていた方おられましたが、それは当然のことです。出版社の横槍が入ってない作品はGATEや劣等生よりも期待できるからです。

     また、日本人の10%程度を覚醒させるならどこかで「そのような作品」が複数市場に出回らなければなりません。(「余命三年時事日記」は地頭の良い人向きですので一般化は望み薄です。)

     そして、さらに言えば比較的早く覚醒した者達の中から「他人任せ」ではなく自分で「そのような作品」を生み出す人物が現れるようになれば「日本人の10%程度を覚醒させる」は実現するでしょう。

    ということで、プロット作り始めました。

  15. 余命爺様、スタッフの皆様、ここに集う愛国者のみなさま、こんばんは。
    緑虫太郎様の左翼洗脳からの覚醒へのプロセス非常に役に立ちます。
    日本人はまだ日本語を読むことができますから、ネットで真実を知ることができますが、外国人とくに言葉は聴いて話せても識字できない外国の方は、英語で発信される反日記事などで左翼洗脳されている方がたくさんいらっしゃいます。
    ヘンリー・ストークス氏がおっしゃっておられましたが、海外では特に戦勝国あたりで「日本=悪」というイメージがやはりあるようで、日本に来てもすぐにはそのイメージが抜けないようです。
    そして日本のTVやJapantimesなどに代表される反日英字紙にしっかりと洗脳されてしまいます。
    ケント・ギルバートさんが英字で情報発信してくださってはいますが、まだまだ量が少なすぎます。
    余命本も英訳がでてくれればと願わずにいられません。

  16. 初めてコメントさせていただきます。
    新学期も始まり、子どもが新しい教科書をもらって帰ってきました。その中の教育出版の音楽の教科書に、なんと朝鮮半島の曲が三曲も採用されており、教育界の汚鮮のひどさにめまいがしました。しかもご丁寧に日本語訳と朝鮮語の歌詞つきです。あの薄い音楽の教科書に三曲は多過ぎです。世界の音楽を学ぶのであれば、もっと他にもあったはずです。
    幸い、音楽の先生は「富士山」を熱心に教えてくれる方なので大丈夫だと思いますが、油断は禁物ですね。子どもたちのためにも早く日教組をなんとかしたいものです。
    余談ですが、日教組は選挙前になると各教師の自宅に「民主党(今なら民進党)をお願いします。」と電話してくるそうですよ。

  17.  初めてコメントを致します、わらびもちと申します。
     こちらのサイトは初代様から拝見しておりました。初めのころは話半分期待半分でおりましたが、時間が経つに従って現実になってくる事の数々に、今では期待しかございません。
     普段はロム専なのですが、割合にTV信者の奥様やお子様に手を焼いていらっしゃる方が多いようなので、一つ提案をさせて頂きたくキーボードを叩きました。

     少々回りくどいですが、まずTVはTVというお仕事なんだと理解して頂く所から始められてはいかがでしょうか。
     TVにはスポンサーがいて、お金をもらって番組が放映できている。だから金主が有利になることはしても、不利にさせてお金が回ってこないような放送はしませんよね。
     例えばイオンのCMがある番組で、民進党の良い所ばかり映しているとします。
     ここで「岡田さんて実家イオンだからニュースで映してあげるんだね」と言ってみる、これ結構知らない奥様多いです。
     何がTVの利益になるのか。利益が絡む以上どこかには偏ります。つまり、TVの意見が絶対ではないという所からTVの洗脳を解いてゆきましょう。

     情報が溢れているご時勢ですが、一つのメディアからの情報がすべてという方もまだいらっしゃいます。そういう方にいきなりメディアは嘘つきだと伝えても、なかなか現状の視点を変えることは難しいでしょう。なので、まずは疑いを持ってTVを見るという事を教えて差し上げるとよろしいのではないでしょうか。

     私の祖父が幼い母に「テレビは一億総白痴にする機械」と言っていたと聞きました。今まさにそのような状態になっています。放送によって誰が得をするのか、そういう考えがあるだけで情報の見方も変わってきます。
     自分に一番近い人が理解してくれないのは、大変辛くもどかしいことだと思います。しかし何十年もかけて刷り込まれてしまった潜在的反日意識を一度で解こうとするのは無理な話です。少しずつ、日頃の会話を大切にして、日本人を日本人に戻してゆきましょう。戻った時の振れ幅を楽しみにしながら、です。

     日頃ネットスラングを使う身が長々と駄文を書き連ねてしまい、お見苦しい点も多々あるかと存じますが、万人に一人でも成功のお役に立てれば幸いです。
     最後になりましたが、余命翁並びにスタッフ様方の日々の弛まぬ努力に心より感謝しております。これからまた何波乱もあるでしょうが、身辺身体お気をつけて更新をよろしくお願いいたします。

  18. 自民党と公明党の関係について、不満を持つ方が相当数いらっしゃるようにお見受けいたします。今日は少し視点を変えて、自民党から見た公明党の素晴らしい点を挙げていきます。

    政治家は選挙が命です。すべての政治家は「選挙の時に有権者に自分の名前を書いてもらいたい」と思っています。選挙区を持つ国会議員の地元活動のすべてはこの「次の選挙で自分の名前を書いてもらう」「選挙で自分の名前を書いてくれる人を増やす」ために行われていると言っても過言ではありません。

    何も知らずに外から見ていたときには私自身も「なぜ公明党と?」と感じていましたが、その理由は近くでいろいろなことを経験するうちにだんだんわかってきました。

    ◆勝利を目指す「熱と意志と行動力」

    公明党(の支持母体)では、「勝利する」という言葉がよく使われていると本で読んだことがあります。末端の一人ひとりまで、与えられた課題に勝利するというプログラムが機能するように鍛えられています。
    ・勝つことへの情熱がある。ここでノンポリや無党派層とは全く違う意識の高さが生まれています。
    ・次に支持する意志の強さがあげられます。一度誰かを支援するという決定がなされたら変えない。どのような偶発的なできごとがあっても心が離れることなく最後まで支持する。これは支持される側が多大な感謝と信頼を感じ、関係が強化されます。
    ・そして言葉だけではなく支持を行動で表します。端的に言えば、名前を書いて投票するところで完結します。これにより政治家が一番欲しいご褒美を相手側に認識させる形で与えることになります。

    この熱と意志と行動力の積み上げが、当選を左右する固定的な支持者集団となるならば、メディアが作る風任せの選挙や有権者の気分次第で決まる選挙を頼ることなく議席を守ることができます。それが自民党と公明党の強固な関係の基盤にあることは間違いのないことだと思われます。

    自民党の単独過半数を求めるならば、現在うまく機能している公明党との協力関係と同等かそれ以上の固定支持層を、現状の自民党支持層に加える必要がでてきます。つまり公明党のように、熱と意志と行動力を持って数があてになる支持者の集団が形成できれば、自民党は迷うことなく新しい支持者を大歓迎するでしょう。

    当選を左右するほどの支持者を自然に集めることはできません。それを維持することも想像以上に大変なことでしょう。そして大きな集団にはリーダーも必要です。公明党でいえば議員の先生方がリーダーに当たると考えます。この候補者の選定が公明党は非常に優れていると思います。

    まず弁が立つ。お話が上手で言葉が明瞭であり熱意が聞き手にきちんと伝わっている。職責についての信念と意志を感じます。演説で思わず感動してしまったことも一度や二度ではありません。そしてそれぞれの議員に強み(専門領域)があり、実現したい政策を具体的に進める調整能力も高い方が多くいらっしゃいます。この選定を左右するブレーンやシンクタンクが優れているのだろうと感じる部分があります。

    そして最大の強みは「相手が欲しがっているものを確実に与える力」だと思います。先入観を捨ててよく見ていくと、集団を統率し利害調整をするというスキルが非常に高いのです。

    自民党に「別れてくれ」と迫るだけではなく、「私にはこんな魅力があります。それはこれまでの相手よりもこんな部分ですぐれています」ということをきちんとプレゼンできるだけの支持者集団ができることが大事なのではないか、と以前からぼんやりと考えています。

    自分が拒否する相手に実は優れた点がいくつもある。それを知った時から自分の向上が始まります。そして大きな目標を設定し目標を達成するというやりがいも生まれます。

    私は余命三年時事日記や保守ブログに集う方々の、常日頃は秘めたる思いといざというときに行動する果敢さと、精神性の気高さにいつも心を打たれます。そして今は孤独に耐えながら、いつか一堂に会するときを思って努力する姿に強く共感しています。

    そして日本人の一割を目標に、新たな方々の覚醒が進み、余命読者の自然発生的な純粋日本人の集団が日本を再生するための集票力が高いロビイとして機能することを夢みています。

    今日はひとつの材料として、公明党の素晴らしさを考察してみました。長文にお目通しいただきまして大変ありがとうございました。

  19. なるべくボリュームを少なくと思ったのですが多い上連投申し訳ありません。
    汚染新聞は必ずと言って良い程、日本語文章が間違っています。テレビのテロップも(酷すぎる)と思った人は少なくない筈。
    「乗っ取られるとこうなる」の見本です。「日本貶め支那朝鮮万歳ばかりで酷いね。」と付け加えれば事実に気付くかと。
    故に、日本語破壊したい支那朝鮮の思惑に乗らず、正しい日本語および文章を継承することが非常に大事だと思います。

    テレビ東京は意外にも、まだ酷くないようです。
    「(あの人を)憶えているよ。上手だったね。」
    と正しい日本語でした。
    とちぎテレビでは「この人は二十歳(ニジュッサイ)です。」
    下野新聞では「この人の魅力に引き付けられる」
    今やテレビだけでなく、新聞も観るとバカになる。です。
    今はテレビだけでなく、

  20. 余命翁様
    余命プロジェクトチームの皆様
    先日のコメントにご回答頂き誠にありがとうございました。
    おっしゃるとおりいまの状態で何事も第一発信者になるのはリスクばかりが大きいですね。
    小生が既出記事が最近多いと書いたのは余命ブログ内での既出記事の再掲が多いと言うと意味でした。
    しかし、小生の聞きたいことは数列の喩えで表現していただいた事と余命ブログがいかに監視されているか記述いただいております事でお応えいただいたと納得いたしました。
    ありがとうございました。

  21. 余命様
    花王不買のコメントを見て,ふと思い出したことがあったので記述したいと思います.
    自分は工業用途の化学系のメーカーに勤めていますが,その原料の購入先に花王があります.知っている人も多いと思いますし,花王のHPを見ればすぐに分かる事ですが,脂肪酸,アルコール,エステル,アミン,界面活性剤など用途の広い製品を扱っています(化学系であれば誰もが知る化合物群です).
    これらの化合物を反応もしくは混合した物を製品として販売しているメーカーは数多いと思います.最終製品を考えれば化粧品,洗剤,医薬品といった身近な物や建材,塗料,潤滑剤,プラスチック製品などの工業品になります.
    言いたいことは我々一般人が購入する様な製品もあれば一方で原料のサプライヤーでもあるという事です(うろ覚えですが花王自体が油脂原料であるヤシなどのプラントを持っていたと思います).
    これに対して我々ができるのは一般用製品(ソフィーナ,カネボウ,ビオレなどで,この分野が最も利益が多い)の不買はもちろんですが,他に何かできないかとやきもきしております.

    もしコメントの内容が不適切であれば,削除頂きたく宜しくお願い致します.
    “MGY”

  22. お疲れ様です。

    ゴキブリの駆除は着々と進めていきましょう。
    また、足元をすくわれないためにも、その後のことも視野に入れて動いたほうがいいと思います。戦後、ゴキブリ共を駆逐できなかったのには訳がありましたよね。あのときのようなことを繰り返さないためにも、グローバリスト、国際金融の動きに注意です。

    庶民が懸命に働き、税も納め、困窮しながらもまっとうに生きている傍らで、企業や富裕層は庶民が払った税で作られたインフラにただ乗りしている。庶民には重税を課しておきながら、自分たちはタックスヘイブンを利用し、脱税しているのだ。庶民はタックスヘイブンを利用する事はできない。同じルールの中で同じように税を払っているものとされていたが、実際は企業・富裕層は専用の抜け穴を用意していた。これは民主主義、資本主義そのものをあざ笑う行為だと思う。
    まともに税を徴収できていれば、少子化や不況もなかったであろう。復興予算も財源不足などということもなかった。消費税など必要なかった。不況で中小企業が倒産したり、従業員が自殺することもなかったのだ。

    日本では消費税が導入され始めたころからタックスヘイブンが流行り始めたようだ。これは思うに、企業などがタックスヘイブンで脱税する分を、庶民には消費税を課すことで財源を確保していたのではないだろうか・・・
    小泉内閣で更ににおかしくなった。派遣労働法で奴隷を増やし、企業に有利に変えていった。日本国民の財産である郵貯も規制緩和、民営化しアメリカに売り渡した。グローバリスト(真の共産主義)、新自由主義、新世界秩序、新世界政府・・・ウォール街の連中が目論んでいることです。

    パナマ文書で問題が表出してきましたが、これはほんの一部。
    もしかしたら日本については、数百~数千兆円もの金が滞留していたのではないかと思われる。このような金を日本の国税庁が追跡、課税するのは難しい。各国、連携しているが、法整備が追いついていないのと人材不足で手が回らないようで、違法取引でない限りは国境を越えて取り締まれないのが現状である。実態は脱税だがそれを追及できない。タックスヘイブン専門のブローカーが暗躍し、わざと難解な取引にして隠れている。
    これに対して国際的に税を統一して取り締まろうと声が上がっているが、アメリカ主導の新世界政府誕生への布石だと思います。グローバルな企業が国境を越えてビジネスをしており、取り締まるには国境を越えた法整備が必要だと。今や企業が国よりも力を持とうとしています。いずれは国境を無くし移民で溢れ返らせ、世界を一つの価値観、法で締め付け、人種や文化をごちゃごちゃにして誰が支配者かわからないようにする・・・新世界秩序。陰謀論めいていますが、国際金融の連中なども注視すべきかと思います。

    長々と書いてしまいました。ご容赦ください。

  23. 始めまして。初めてコメント欄に投稿します。
    まずは、『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(以下、GATE)』に関する投稿について。

    「570 巷間アラカルト⑱」において、「日本を保守したい」さんが『GATE』について「これは反日なのではないか?」との意見がありましたが、コメント欄での「ごうり」さんの補足によって誤解や思い込みによる作者や作品への誹謗中傷が行われるようなことが無いようなので安心しております。

    『GATE』は、作者が元陸上自衛隊の自衛官だということもあり、作中に問題となるような反日描写は特に見られません。終盤には異世界に進出した特定アジアの工作員と戦闘になることから、反日描写は薄いものと思われます。
    『GATE』からは作者の激しい特定アジアに対する怒りと憎悪を感じました。作品が反日であるかどうかは、Wikipedia日本語の情報だけでなく原作を読んでから判断してもらいたいと思っています。

    最近のアニメやゲームでは、『GATE』の他に戦車や大戦期の艦艇を扱った「軍事もの」に注目が集まっています。その中には、実際に「日本を保守したい」さんが言うように「日本解放第二期工作要綱 1-1.展示会・演劇・スポーツ」にのっとって、日本人に左翼の思想を植え付けようという作品があるのかもしれません。
    しかし、だからといってそれらの作品を僅かな情報だけで、しかも重箱の隅をつつくような姿勢で「この作品は反日である」と決めつけ、そのような意見を余命ブログのコメント欄に投稿した後に日本の社会から排除しようとすることは多くの「反余命」を生み出すばかりで、これからの余命と日本の将来にとっては何のメリットもありません。
    最近流行している軍事ものの作品のファンの多くが「反余命」となった場合、その打撃は甚大なものになるでしょうし、下手をすれば致命傷にもなりえるのではないかと思います。
    創作作品についての批評を行うときは、「批評をしようというその作品を見たり読んだりして、内容を把握したうえで作品を批評する」というのが最低限のマナーです。また、野党などによる売国法案の成立を阻止する場合でも、その法案の原文を実際に読むということは当たり前のことであると考えています。

    以前に一度余命でも取り上げられていましたが、Wikipedia日本語版の、特にアニメやマンガ、ゲームに関する内容は「正確な情報源」としての信頼性は無いと思われます。また『GATE』においては、「『GATE』の存在を快く思わない人物」によって作品とは異なる内容がWikipedia日本語に書かれるということが十分に考えられ、実際にWikipedia日本語の『GATE』の項目では主人公側ではなく、主人公の敵である帝国側の視点による表現がいくつか見られます。
    なので「Wikipediaで読んだ程度の知識で、その作品を実際に見ることも読むこともせず、個人的な思い込みによって反日だと決めつけ、日本の社会から排除しようとする」ということは控えてもらいたいと思っています。

    私は高校時代に呼んだ小林よしのりの『戦争論』から保守に目覚めましたが、2013年の暮れごろからとある「海上自衛隊を扱った作品」をキッカケに保守系のブログを読み始め、2014年の夏ごろに「NEWS U.S.」から余命ブログにたどり着きました。
    余命ブログへの始めてのコメントとしては長くなってしまいましたが最後に、今後余命ブログの読者一人一人が「『最近流行している軍事系の作品』をキッカケに、日本のことや自衛隊のことに興味を持った人たち」を余命ブログへ導き、覚醒を促すことを余命ブログの読者の一人として願っています。越後屋D

  24. メディアに染まってしまった方への周知、苦労しますね。
    今は長期戦で効果は薄いけれど抵抗されにくい方法をとっています。
    ・ストレートな政治の話をしない
    ・話題に出してもよく知らない振りをする
    ・他の話題からつなげてみる
    なによりもまず聞いてもらう事と押し付けにならないことを重要視しています。
    「こうなんだよ、だからこれが正しいあっちが悪い」ではなく
    「こんな話聞いたけど本当かな?」という口調で。とにかく情報を耳に入れようという方針ですね。

    何も知らない人、興味の無い人は
    ・国旗国歌、おじぎの正しさなんてどうでもいいしそれで騒ぐなんて意味がわからない
    ・在日なんて聞いた事がない、日本人じゃない外国人が日本人の振りをして生活してるなんて考えもしない
    ・政治の話はカルト宗教ぐらいうさんくさくて押し付けがましいと思っている
    ・ニュースの文章とか難しい
    ぐらいの感覚じゃないかなと。
    なので選挙も、今まで誰が何をしたか、誰がどんな公約をあげたかではなく、TVが「自民にお灸をすえよう!」と言えば、そうか、じゃあ民主に入れよう……と。

    手洗いに例えると、ウィルスや菌の存在を知らない人にいくら「食事の前は手を洗おう」と言っても、
    1.手を洗わないと手に菌がついていること、
    2.その菌が病気の元になる事、
    3.病気になれば体の調子が悪くなる事……ここまで知らなければ
    手洗いについてしつこく言われる理由がわからないし口うるさいとしか思わない、
    どうして手洗いと病気がつながるのかわからないし、つながる理由を聞くのも面倒
    ……なので、病気怖いね、菌怖いね、とだけ話すのです。
    菌について知るうちに自然と手を洗ってくれるようになると思うので。
    国歌やおじぎもきちんと意味を知った後なら、何も言わずとも自然と正しい形と敬意を意識するのではと。

    触れてほしい情報があったら他の話題にくっつける、という方法がもっとも閲覧数高くなるなと思っています。
    興味の無い人にも抵抗が少ない情報記事の隣に政治系の記事タイトルも並ぶようなブログがおすすめで。
    特に「Freemanの音楽・政治ブログ」さんがニュースをくだけた文章で解説しており
    芸能ニュースやちょっとしたスキャンダル的な情報を政治系の人や芸能のあっち系の人につなげて記事にしてくれているので、少し興味を持ってもらう事も出来るかなと。
    どこからでもいい、余命のようなサイトをのぞく「きっかけと入り口」を作るだけ……と気負わずにやっています。

    この方針で現在、話をするのに抵抗がなくあちらの国がどんなひどいものかの理解は得られていますが
    まだまだ「戦争法案」と言う言葉に騙され、自民が席を取り過ぎないよう偏らないようにと言っています。
    (自民以外に日本のためを考えている党にもっと知名度があれば……)
    ただ、今の時期にはこんな長期戦はちょっと気が遠くなりますね。
    ハードランディングの対策なら災害への備えと言って備蓄を呼びかける、防犯意識を持ってもらう、
    選挙なら半日系の党に投票されなければどこでもいいというのが最低ラインでしょうか。
    アニメ系が好きな人になら、規制されないように「表現の自由を守る党」に入れて!という事が出来るのですが
    それ以外のよい方法がさっぱり思い浮かばないのでこちらの方々のアイデアをいただきたいです。

  25. 保存していたプーチン大統領のスピーチが見つかりましたのでご参考までに、以下。
    ーーーーーーーーー
    【プーチン大統領のマイノリティーへのスピーチ】

    2013年2月4日、ロシア大統領ウラジミール プーチンは、デュマ(ロシア国会)でロシアにおけるマイノリティーに対する緊張状態に関して、スピーチを行った。

    “ロシアにはロシア人が住んでいる。どこから来たどんなマイノリティーも、ロシアに住むことを希望し、ロシアで働き食べていくのなら、ロシア語を話し、ロシアの法律を尊重するべきだ。もし、彼らがシャーリア法を好むのなら、我々は彼らにその法律を適用している場所に行く事を勧める。ロシアにマイノリティーは必要ない。マイノリティーはロシアが必要だ。そして我々は彼らに特権を与える事はなく、我々の法律を彼らが望むように変えることはない。彼らが、どれほど大声で「差別だ!」と叫んだとしてもだ。
    もし我々が国家として生き残るつもりなら、アメリカ、イギリス、オランダ、フランスの自殺行為な国家運営に学ぶべきだ。ロシアの習慣と伝統は、文化欠如や多くのマイノリティーの原始的なやり方とは共存しない。この名誉ある立法府が新たな法律の制定を考えるのなら、国益が第一と念頭に置くべきであり、マイノリティーはロシア人ではないと認めるべきだ。“

    デュマの政治家は、プーチンを5分間のスタンディングオベーションで賛辞した。
    ーーーーーーーー
    これを読んだとき胸のすく思いが致しました。日本の政治家にもこれ位の事を言って欲しいものです。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト