余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-06-13 18:34
852 川崎デモ事件12(0)
引用元のソース

田舎ママ
ヤフーニュースに川崎デモについてこんなの載ってました。
「ヘイトスピーチ解消法」に一定の効果、見ゆ
さる5月24日、衆議院本会議でいわゆる「ヘイトスピーチ解消法」が賛成多数で可決、同6月3日に同法が施行されたことは、我が国におけるヘイトスピーチ対策における画期である。
これを受け、矢継ぎ早の展開が全国各地で続いた。神奈川県川崎市では、同県川崎市が民間団体が主催する在日コリアンなどへのいわゆる「ヘイトデモ」に供する公園の使用許可を認めなかった。
これに対抗する形で苦し紛れに開催された同団体のデモは、神奈川県警により一旦は道路使用の許可が降りたものの、反ヘイト団体らの抗議に遭い、開会直後に中止においこまれた。警察による中止要請も奏功した。
神奈川県警に限らず、全国各地の警察も「ヘイトスピーチ解消法」施行を受けてヘイトデモへの厳正対処の方針を打ち出しており、川崎の事例はこの効果が覿面であったことを示す。
「朝鮮人を海に叩き込め」「在日(コリアン)はゴキブリ、人もどき、糞食い土人、嘘つき人種」などの眉をひそめるヘイトスピーチが社会問題と化したのはゼロ年代中盤、『在日特権を許さない市民の会(通称、在特会=当時の会長・通名、櫻井誠)』などのネット発のヘイト団体が跳梁跋扈したからであるが、この「ヘイト解消法」は、このようなゼロ年代からの風潮に一定程度の効果があったことを如実に物語っており、評価できるであろう。
実際、6月9日に実施された政治系老舗データサイト『政治山』の世論調査によると、「ヘイトスピーチ解消法」を受けた川崎市の「公園使用不許可」に対する川崎市の判断への支持は、実にその61%が「妥当」と回答しており、「行き過ぎ」の約38%を大きく上回った。
いわゆる「ヘイトスピーチ解消法」とそれをめぐる行政の対応には、一部のネット保守や、それに支持される一部CS放送局ら主催による「反ヘイト法廃案」デモ活動にもかかわらず、大多数の物言わぬ日本人世論の常識による圧倒的な支持が、この法律の後背に付帯しているとみなすのが正当であろう。

2020年の東京五輪を控え、多数の外国人観光客が訪日することが予想される。そのような状況の中、根拠なき外国人(特に、在日コリアン、韓国人、中国人)への排斥を声高に主張するのは、西欧自由主義国家に対する日本の精神的後進性を露見する恐れがあり、国威の観点から言って好ましくない。

・日本の国益を害するヘイトスピーチ
「在日(コリアン)は半島に帰れ! 糞食い嘘つき犯罪者!」という、ネット上のデマに基づく声を公の場所(公園や道路)などで野放図にすることは、日本が寛容性という点において、精神的に劣後していることを国際社会に公言するのと同じであり、国益のためにも規制されるのが相当である。
このような「ヘイトスピーチ」の多くが、事実に基づかない。「在日朝鮮人は戦後、100万人の日本人を殺した」「在日朝鮮人は税金が無料で、脱税のし放題」―。すべてネット発のデマで事実ではない。「在日特権」とされる事例のほとんどは、ゼロ年代初頭に隆盛した『同和利権の真相』(宝島社)の中にある、「被差別部落」を「在日(コリアン)」に読み替えた嘘とデマの混交である。
在日コリアンの犯罪者は、日本の司法官憲に摘発され、脱税者は追徴課税され、刑務所に送られている。在日コリアンのパチンコ経営者で、追徴課税や脱税で逮捕された経営者は数知れない。「在日特権」など存在していない。在日コリアンよりも、はるかに日本の司法官憲の方が強大な権勢と権力を握っている。日本は、日本人が人口比率で圧倒的にマジョリティーなのだから当たり前の力関係だ。
「特権」をいうなら、駐留米軍(と軍属)にかかわる恩典の方がはるかに「特権」だが、それには触れない。卑小な心理といえよう。

本来ならばこの手の人々の「狂言」は自助努力で廃絶に向かわしめるのが健全であるが、いったん火が付いた「ヘイトスピーチ」は、もはや法によってしか鎮火できない領域にまで進出してきた。
根拠なき嘘とデマで在日外国人その他を呪詛する発言を野ざらしにするのは、日本が精神心的後進国であることを国際社会に露呈することになり、国益を害する。アジアで最も進んだ資本主義国であり、かつ有色人種最初の工業国である歴史を有する日本から、同じ有色人種を呪詛する発言が公にできることを許容してはならない。20世紀、様々な局面で欧米の人種差別に立ち向かった、明治の祖霊が泣いているぞ。

「ヘイトスピーチ」の”本体”
しかし、このような「ヘイトスピーチ解消法」の成立・施行をみても、筆者は根本的には「ヘイトスピーチ」の根治的治療には至らないと俯瞰する。なぜか。いわゆる「ヘイトスピーチ」を行うネット住民の理論的支柱に対し、全くなんのメスも入れられていないからである。
彼らの理論的支柱とは、いわゆるこの国の一部「保守論壇」にある。彼ら「ヘイトスピーチ」の当事者のほとんどは、その言説の根拠をこの国の「保守論壇」から発せられるある種の表題的(ヘッドライン)言説に寄生しているのだ。
彼らは口々に、「朝鮮人は嘘つき人種」「中国人は全員犯罪者、強姦魔」と叫んでいる。彼らの叫びの根拠、そのおおもとの根拠はどこなのか、考えた事があるだろうか?
彼らの愚にもつかない低劣な罵詈雑言の根拠は、彼らが寄生する「保守系文化人」や「保守系言論人」から発せられたネット上の言説に依拠している。
彼ら「保守系文化人」や「保守系言論人」は、「朝鮮人は嘘つき人種」「中国人は全員犯罪者、強姦魔」とまでは明示しないものの、もっともらしい伝聞や体験、出典不明なエピソードなどを用いて、さも「朝鮮人は嘘つき人種」「中国人は全員犯罪者、強姦魔」であることを、その著書のタイトル(或いはその中の扇情的な目次)や、自身が出演する動画のタイトル、発言で以って修飾している。
ヘイトスピーチを行う「ヘイトスピーカー」らは、このような「保守系言論人」や「保守系著名人」の著書のタイトルや目次、あるいは彼らが出演する短いネット番組の動画(おおむね、その時間は2分~30分の間である)の中にある扇情的で攻撃的な文言を拾い上げて、自らの排外的言説に結び付けている。これを「ヘッドライン寄生」と呼ぶ。つまり、その著書や発言を吟味せず、内容を斟酌しないまま、扇情的な見出し=ヘッドラインのみを観て、ヘイトスピーチの根拠に組み込んでいるのだ。

・「ヘッドライン寄生」、保守論壇との共依存
実際に彼ら「保守系言論人」の書いた書籍を読んでみると、いかにも「差別」とは遠い記述である。しかし「ヘッドライン」のみを観測する「ヘイトスピーカー」にとっては、書の内容よりもタイトルと目次、そして短い動画情報がすべてである。なぜ彼らが書籍のヘッドラインを知るのかといえば、アマゾンの「商品情報」の項に委細が明示されているからだ。
「保守系文化人」や「保守系言論人」は、自らの著作や出演動画が、「ヘイトスピーカー」らによる寄生を受け、都合のよいように脚色され、つぎはぎされていることを当然承知している。それを承知したうえで、彼らからの寄生を黙認している。それが自らの商業上の利益につながると確信しているからだ。
つまり、「朝鮮民族の歴史」を至極学術的に記した書籍でも、その書籍タイトルや目次が、たとえば「息を吸うように嘘をつく朝鮮人」であることを以って、彼ら「ヘイトスピーカー」の思想的根拠として寄生されている、ということである。そしてその寄生されている事実そのものを、彼ら「文化人や言論人」は追認し、彼らから一定の購買力を感じているからこそ、「ヘイトスピーカー」への追撃や攻撃を、決してしようとはしない。

インターネット上で「ヘイトスピーチ」が量産される根源は、こういった理屈なき「ヘイトスピーカー」が、権威としての「保守系文化人」や「保守系言論人」に寄生することによって発生するある種のシチュエーションを、寄生される側の宿主、つまり「保守系文化人」や「保守系言論人」が追認することによる共依存関係なのである。
この根深い構造は、私の歴代の著作等に記述したとおりであるが、単なる「ヘイトスピーチ解消法」の成立・施行だけでは、根治療法にはなりえないと考えるのはこのためである。
「ヘイトスピーチ」の”本体”は、公の空間で外国人排斥を叫ぶ人々ではない。彼らは原因ではなく結果なのであり、彼らに思想的恩典を与えている一部の「保守系文化人」や「保守系言論人」の粗悪で、根拠なき、排外主義につながる言説こそが「ヘイトスピーチ」の”本体”そのものなのである。

「2・26」事件の首謀者は陸軍皇道派の青年将校であったことは間違いない。しかし、その理論的支柱はどこであったのか。それは、北一輝を中心とする国家社会主義者である。北は反乱の精神的支柱とされて死刑になった。
では現在の「ヘイトスピーカー」と、「保守系文化人」や「保守系言論人」の関係はどうか。路上に踊る「ヘイトスピーカー」をもぐらたたきのように規制しても、「根治」という意味では効果はない。真の巨悪はその背後にいるその人々なのである。

・ゆがんだ「保守論壇」の更生を
「アンチ在日コリアン」、「アンチ中国人」で稚拙な「保守商売」をしてきた、安直で粗製乱造された「保守系文化人」や「保守系言論人」が、「ヘイトスピーカー」の理論的、精神的支柱になってきたのは明らかだ。
彼ら(往々にして彼女らは、とも言う)は法で規制されることもせず、今日ものうのうと、根拠不明なデマと妄想を、一部のブログやSNS、そして保守系CS放送局などで垂れ流している。
彼ら「ヘイトスピーチ」の本体は、客観的に見てあまりにトンデモ、陰謀論的なので大衆的なテレビ、新聞、ラジオにはあまり登場しない(登場できない)。
しかし市井の耳目を集めないからといって、その影響力を軽視することは罷りならない。一部でカルト的人気を誇る彼ら「保守系文化人」や「保守系言論人」の頒布する動画等こそが、「ヘイトスピーチ」の温床であり、”本体”なのだ。彼ら、彼女らを許してはならない。
ゆがんだ「保守論壇」の更生こそが、「ヘイトスピーチ解消法」の立法・施行よりも真に重要であろう。  (引用ここまで)

・・・・だそうです。喧嘩売ってますよね。
保守のいうことは嘘だと必死のご様子。
この人は工作員ですかね。外患罪行けませんかね。
既出でしたら削除お願いします。読んであまりにも頭にきて即筆しました。

.....2015年7月9日のヤフートップ記事を覚えておられるだろうか。あのときもひどかったが、今回は完全に腰が引けている。間違っても告発されないように、具体的な名称はすべてぼかしている。一歩間違えば外患罪だから慎重にはなるな。それにしても2.26事件はまずいぞ。ヤフーも反日を隠す余裕がなくなってきたんだな。

真太郎
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
中共でテロ発生です。しかも、ロイターで報道されてしまいました。今までこの手のニュースは完全に遮断できていたのに。どうやら、中共内部は大変に混乱しているようですね。余命爺様がおっしゃるように一気に緊張感が高まって来ました。親中派議員は選挙前に生きた心地がしないでしょう。

ビール瓶で自作した爆発物投げる 男は自ら刃物で首切り重傷
【上海=河崎真澄、北京=西見由章】中国の上海浦東国際空港ターミナルで爆発が発生し負傷者が出た事件で、上海市政府は12日、男がビール瓶を使って自作した爆発物を起爆させ、その後に刃物で自らの首を切り、重傷を負ったことを明らかにした。
上海市の発表によると、12日午後2時26分(日本時間同3時26分)ごろ、男が背負っていたリュックから爆発物を取り出し、チェックインカウンター付近に投げつけて爆発させた。
その後、リュックから刃物を取り出し、自分の首を切り、その場に倒れ込んだという。
爆発でビール瓶の破片が飛び散り、現場にいた乗客4人が軽傷を負った。
爆発直後には、中国メディアが目撃情報などから2つの手荷物が相次ぎ破裂したと伝えていた。
国営新華社通信によると、負傷した乗客にはフィリピン人の男性(53)と中国人男性(67)、中国人女性(64)が含まれ、頭部や手足を負傷しているという。

がん患者
日本と日本国民のために への返信
日本と日本国民のために様
ご意見感謝します。警察には国民の一人として日頃から感謝しています。
今回の警察の対応で五十六パパ達が守られたのは事実です。危害が加えられなくて良かった。それが警察のおかげであることも事実です。
しかし、その程度では不満なのです。その程度でまあまあ良かったじゃないとやり過ごしてきた過去を遺憾に思ってそれではいかんと思っているのです。過去の遺憾な事実が今の状況を生んでいる。余命三年時事日記はその残念な過去を記述している。
道路に座り込む違法行為を行った全員を逮捕すべきだった。その為には警察の大規模増員を予め計画すべきだった。自衛隊の出動要請も準備すべきだった。そのくらい重大で危険な事件だった。
県警レベルで一掃できないのならば、県警は警察庁にそのように報告してください。警察庁は国家公安委員会にそのように報告してください。
デモに反対し、間違った考えを持って法律に違反した人達を何とかしなくてはいけません。このまま戦後の混乱期同様違法行為をやり過ごしてしまえば、新たな余命三年時事日記を将来誰かが書かなくてはなりません。

主婦です
がん患者様のご意見に賛同いたします。
私も、警察には国民の一人として日頃から感謝しています。
ですが、あの対応は酷かった。
「民意が・・・」との話でデモ隊に中止をさせるのではなく、「我々の想定を超える人数の反対派が集まってしまい、皆さんの安全を確保する事が難しい状況になってしまいました。申し訳ありませんが(ココ大事)今回は中止して下さい」とお願いするべきでした。
警官も人の子ですから、巻き込まれて殴られるのも嫌ですし、道に座ってる高齢者の腕を持っただけで「暴力警官!」と叫ばれるのは困るのも分かります。
しかしながら、神奈川県警は公式には何の発表の気配もなく沈黙しています。合法のデモ隊には問題はなく、カウンターと称する団体の違法行為が問題であったと発表するべきです。
大体にして、五十六パパさんたちのデモが気に入らないならば、自分たちも同じように合法デモを行って「ヘイト反対」「レイシスト帰れ」と自分たちの主張を叫べば良いだけです。その主張を聞いて判断するのは聞いた人の自由です。
表に出せる代表者も主張もないからカウンターとかするのでしょうが、デモの形をとっている「反天連」の方がちびっとだけましなのかなあ(笑)
あの団体も大概ですが・・・ははは・・・。

「日本と日本国民のために
余命さま、読者のみなさま
川崎デモについて、誤解がありますようで、これだけは申し上げたい
川崎警察署ならびに神奈川県警は、デモ主催側を排除するわけでもなく在日側に味方したわけでもありません。
警備に落度なく適正だったと、説明させてください。.....」(以下略)

上記2016年6月13日850、103記事について謝罪の投稿があった。ご本人であることを確認した上で、受け入れることにした。これによる記事の削除等の変更はない。
 その理由については、細かく書かれているが,非公開を希望されているので、そのように処理をした。
以上、ご報告申し上げる。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト