余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-05-03 09:27 最新コメント:2016-05-03 12:28
687 ゲーム、アニメ関連⑥(1)
引用元のソース

ななこ
田舎ママ様
信濃太郎様
ご紹介くださった「凛として愛」拝見いたしました。淡々と重い事実が端正に描かれていて、思わず姿勢を正して真剣に見入ってしまいました。これが上映できない現状をなんとか打ち破っていきたいと思いを新たにいたしました。ありがとうございます。
ジェンダー教育やLGBTの啓蒙をするよりも、義務教育修了の段階で全員が学ぶべき事実と感じました。またテレビはぜんぜん見ませんが、騒々しくて品性下劣なバラエティーなど流さずに、毎日流しておいて目に触れるようにできたら良いのにと思いました。

医拳士改め医戦士
「アニメの関連」のジャンルが盛り上がっている様です。
私は「鉄人28号」が本当に大好きでした。
他のアニメも見ていましたが、私にとって「鉄人28号」は特別でした。
多くの日本のロボット研究者が、ロボット研究者になろうと思ったのも、さらにその中の多くの研究者が人型ロボットを目指すのも、ロボットアニメに強く影響を受けたからだと発言しています。
世代により違いますが、「鉄腕アトム」と「ガンダム」の影響が特に大きい様です。
多くの海外の超一流選手を含む、プロサッカー選手も「キャプテン翼」に憧れて真似をしていたと発言しています。
アニメの影響力は強大だと思います。
さらに、「三つ子の魂百まで。」も本当だと思います。
幼少期の、特に幼い時の影響程大きいと思います。
最初から自分の考え方や価値観を持って生まれてくる子供はいません。
自分が所属した集団や夢中になったものの考え方や価値観を少しずつ取り込み、それを消化しながら自分の考え方や価値観を作り上げて行くのだと思います。
先ず、最初で一番大きい影響は両親の考え方や価値観からだと思います。
両親の宗教や職業などは特に影響が大きいと思います。
さらに、親族や地域や、大きくは民族や国家の影響も大きいと思います。
都会と田舎では違うし、田舎でも農村と漁村では全然違います。
夢中になった趣味(部活を含めて)も影響が大きいと思います。
文化系とスポーツ系では、それぞれ個人活動系と集団活動系では違うと思います。
特に武道はその中に考え方や価値観を内包していて影響は大きいと思います。
教育機関も影響が大きいと思います。
私の出身地では、幼稚園や保育園の世代の教育には寺院が圧倒的に多く関わっています。その後に左翼的な教師に教えられても染まらないブレーキになっていると思いますし、キリスト教系の進学校に行っても改宗する人はほとんどいません。
ここに神道が関わって日本の神話等を教えると良いと思うのですが。
アニメの話に戻ります。
真実を広げるのには効果的だとジャンルだと思います。
でも、志のある作者は潰されて来たのでしょう。
青林堂(勿論、志があれば他の出版社でも良いのですが。)の方に、アニメの企画や出版をお願いしたといと思います。
余命ブログの読者の中に漫画家の方がおられるなら、是非余命チームの価値観を魅力的なストーリーで広報してほしいと思います。
目的の為に嘘をつく必要はなく、その年齢なりの正義感に訴えるので良いと思います。
医拳士改め医戦士

もぐら
四季の移ろい様、私もイカ天をリアルタイムで観ていました。人間椅子はねずみ男の衣装が印象的でしたし、和嶋慎治氏のうねるようなギターが好きでした。少し前に、ももクロの黒い週末を演奏されていたのは感激ものでした。BABYMETALは、つべで覗く程度ですが、彼女たちの成長に伴ってメタルがどうなっていくのか、楽しみであり心配でもあります。今の若い世代は、ロック黄金時代を知らないし、あまり洋楽を聞かないようですし。

四季の移ろい
何度もすみません、我儘ついでにもう一つだけ…。
今年の3月11日に合わせ、地上波やBS、CSで色々な震災特集を放送し、見ましたが、特に号泣してしまった番組がありました。
確かヒストリーチャンネルで放送していた、「絆〜キズナノキオク〜」という、自衛隊災害派遣の特集でした。
特に辛かったのは、眉一つ動かさず、何にも動じなさそうな、非常に厳格な自衛官の方の話でした。
ある時子供達を招いて食事を出した際、わいわい食べる子の間に、必死にご飯をかき込んでいる子がいて、…と、言葉が詰まって話せなくなってしまったシーンでした。
また山ちゃんこと山寺宏一さんの、力強くも淡々としたナレーションが、とても良かったです。
ネットで調べた所、リヴァプールという会社(他にも色々、自衛隊DVDを出しているみたいです)で制作した物でした。2012年制作。
恐らく毎年この日に合わせて放送していたかも…今年初めて見た自分が恥ずかしいです。

四季の移ろい
先程の自衛隊の特集番組の話です。それまで自衛隊の災害派遣行動の経過を、表情一つ変えず静かに語っておられた姿とはうって変わって、子供達のご飯の話で絶句して泣いていた姿を見て、この自衛官の方の本当の心を見ました。
そして普段心を無にして、辛い事もおくびにも出さず、職務に忠実に行動なさっている自衛隊の方々の、真実の姿でもあると思いました。
更に言うならば、自分達に対し、心ない言葉を吐く人々も守る自衛隊員、何を言われても言い返せない立場で大変だと思います。
ご自分の家族のみならず(言い方悪いですが)見知らぬ他人も自らの身で守る仕事に着く様な、純粋な心ばえの方達です。心ない辛い事を言われ、聞くたびに、絶対みんな物凄く傷ついているはずだ。そしてその方々を守れない私達の不甲斐なさ…。
何だか思いつめた様な文になりましたが、決して美化して言ってるつもりはありません。どうしたら良いんだろかと、ついつい考えてしまうからです。

願日本男児復活
すみません、願日本男児復活ですが、もう一つ書き忘れたことが。何度も読み返してコメント入れましたのに。。。
子供用の歴史漫画についてです。現地校に通う子供のために日本の歴史について何とか知ってもらおうと思い、日本の親族の子供が読んでいた歴史漫画を送ってもらいました。 私も読んでみましたところ、内容がだいぶあちらに偏ったものではないかと思えるものでした。こちらに来るまでは、主婦であり家事育児にバタバタしてしておりましたので、新聞ななめ読み、テレビのニュースを聞き流し、といった状態で、日本が置かれた状況を一部しか知ることができませんでしたので、その時でしたらすんなり受け入れたであろう内容だと思います。
ただ、こちらに来て日本が置かれている表に出ない状況を知るにつれ、子供用の歴史漫画がこうでは将来が思いやられると思った次第です。
あちらの方たちの、様々な分野に手を伸ばす長期戦略の悪知恵には、正直申しまして脱帽です。究極の自己中精神(ただの究極の欲望)というのは、これほどの力を発揮するのだと思い知らされました。

日本を保守したい
ゲームアニメ関連の方が良かったのかもしれませんが、こちらの方に。
教育勅語の歌です。
教育勅語の内容を分かりやすく歌ってくれてるので、一人でも多くの方に知って貰えれば。
「大切な宝物」山口采希~「教育勅語」を曲に~

歌ってる山口采希さんのサイトは次の通りです。
現在、新しいサイトに移転してるようなので、過去の方とあわせて書き込みます。
旧山口采希サイト
http://www.whizmusic.jp/ayaki.html
新山口采希サイト
http://www.ayaki-yamaguchi.com/
あらためてこうして教育勅語の内容を知ると、人として守った方が良い事を並べてるだけなのがよく分かります。

りんごっち♪
余命翁様、プロジェクトチームの皆様、日々の更新誠に有難うございます。
4月27日発売の週刊少年サンデー22・23合併号にて二階堂ヒカル先生の新連載「あおざくら 防衛大学校物語」が始まりました。
実家が定食屋の貧乏高校生・近藤勇美は成績優秀・探究心旺盛・見た目も格好良い少年ですが家に学費が無く、進学を諦めざるを得ないでいたところ自衛隊員として立派に活躍している年上の幼馴染との再会がキッカケで誰かのために、そして自分のために何かでっかいことをしてやりたいという思いを胸に秘めていたとき教師に防衛大学校の資料を見せられ学費等が全て無料・毎月の手当ももらえると知るなり防大に向けて一直線!!
見事合格を果たし未知の世界へと飛び込んでゆくー
というのが1話目のストーリーです。(ほとんどネタバレでごめんなさい)
この「あおざくら」、WEBサンデーで壁紙も保存しちゃいました。
二階堂先生の絵もいいですよ。
防衛大学校が舞台の少年漫画が始まって嬉しいです。
早速左翼ライターに取り上げられたりしていますが。
恥ずかしい話なのですが、勉強不足の私は自衛隊幹部養成のための士官学校である防大のこととかよく知らないでいたのでこの作品で存じていきたいと思います。
なにやら厳しそうな先輩方がこれから出てくるようですが国の防衛を志した、若者たちの青春ストーリー、5月11日発売の24号の2話目からも楽しみに読んでいきたいと思います。

ドサンピン@量産壱号
爺様皆様、ドサンピンであります。
>小幡 勘兵衛 殿:
アンパンマンに関してですが、原作のやなせたかし氏が日共とズブでアレなせいか、
下記に列挙するように、子供の教育上お世辞にも宜しいとは言えぬヤバイ商品群が
玩具製造大手のアガツマ社及びその系列子会社からこれまで販売されてきました。
その一部をご紹介申します。
・アンパンマン くるくるパチスロット
・アンパンマンのパチスロット
・アンパンマン おしゃべりフィーバーDX
・アンパンマン ちびっこパチンコ
こんなヴツを幼児向けに売り出すかぁ? それを買う親も親でバカ親認定じゃぁ!!
一体アガツマ社は何考えてこのような朝鮮玉入れパチョンカス育成装置なんぞ拵えたんじゃワレェ!
玩具製造会社のアガツマ・ピノチオ両社も考え物ですな。両社の経営母体は同一です。
これらの教育上危険な玩具に版権の許可出したフレーベル館とやなせ氏も推して知るべし。
やなせ氏がこの事実をまさか知らん筈はないですぜ。
版権のロイヤリティのアガリ、すなわち商品が売れた際のキックバックは多かれ少なかれ入ってくるわけでございますからな。

四季の移ろい
もぐらさん、ご返信ありがとうございました。恥ずかしい&大変恐縮です。また簡潔で凝縮された文章力をお持ちで羨ましい限りです。
人間椅子をご存知でしたか、すごく嬉しいです!2013年のオズフェスト出演の際はメディアにどれだけ取り上げられるかと期待しましたが…(泣)
和嶋氏のギターの音色、私も好きです。
あとBABYMETALに関してですが面白い事に、メタルのミュージシャン達が結構注目している様です。
自分達とは無縁の、予想もしなかった日本のアイドルの参入により未知のジャンルの可能性や開拓を見いだし、今後のメタル界の新たな隆盛を僅かでも期待している?と何とはなしに感じました。
(因みに自分はARCH ENEMYのアンジェラ・ゴソウを観た時と同じ種類の衝撃を彼女達から受けました、同じ日本人が観てこれだから、外国人は推して知るべし、かな。)
東洋のはしっこの小さな国がきっかけとなって、新たなムーブメントが起きるとしたら…夢のような話ですね。
ただ元々メタルには興味のない彼女達、また年齢の事もあり、まだまだ判りませんが…。この点において国内外含め、特に評論家の間で賛否ある様です。
あと海外の日系のミュージシャンの勇姿も頼もしい限りですね。
TRIVIUMのマット・キイチ、バンドは各国でなかなかの人気みたいです。ジェイク・E・リーは不遇の時代ばかりで一時出なくなっちゃったけど、今また新たなバンドで花咲かせようと頑張っていますね。
余命さん、また性懲りも無く御ブログの主旨から外れた投稿で申し訳ございませんでした。以前の投稿も載せて下さいました広いお心に、重ねてお礼申し上げます。
優しくされたからと調子に乗らないように気をつけます。

本稿をもって当分の間、ゲーム、アニメ関連は投稿受付を休止するので、乞う了解!

  1. 毎度投稿のたびにお騒がせいたします。越後屋Dです。
    アニメ関連の投稿受付を休止するということなのにアニメ関連の投稿をすることは気が引けますが、最後に一度だけ投稿させてください。これは非表示でも構いません。
    今更こんなことを言われてもお困りになるだけかもしれませんが、余命ブログのコメント欄の内容の投稿制限について支持します。『GATE』に関する投稿に端を発して漫画やアニメに関する投稿が増えいていること、日本の漫画やアニメの現状とは異なる投稿内容の多さにうんざりしていたので当分の間と言わず今後一切ゲーム、アニメ関連の投稿の受付を停止しても良いくらいだと思っています。

    今は参院選の前で、政治を日本に取り戻す大事な時期です。そのような時に影響力がどれくらいあるかわからないアニメ作品を反日だとして叩くような時間的な余裕はないと思います。
    「672 ゲーム、アニメ関連④」に取り上げられた「一筆奏上」さんの投稿のように、余命ブログは不確かな情報だけで中韓を叩いて笑いものにするブログではないですし、また、原作を読ますWikipediaを読んだだけで「この作品は反日だ!」と決めつけてその作品の作者を誹謗中傷するブログではないと思います。

    漫画やアニメの業界は、パナマ文書で話題になっている某大手広告代理店やテレビ局が強く絡んでいるため、某大手広告代理店とテレビ局の命令には逆らえない立場であります。また、アニメ制作に携わる方たちは、某大手広告代理店とテレビ局の中間搾取によって驚くほどの低賃金で働かされていることから、この某大手広告代理店やテレビ局にとってはアニメの制作会社などは他に代わりが効く手駒にすぎないといえるでしょう。
    そのような末端の手駒を相手にするよりも、今回の参院選後に敵である反日勢力の本丸を一気に攻め落とすことが重要だと思います。漫画やアニメの業界を支配している某大手広告代理店とテレビ局、およびそこに所属している在日の影響が無くなれば、漫画やアニメに関する多くの問題のほとんどが解決、または解決の糸口がつかめるようになるのではないかと思います。

    今後は保守派の中からも漫画やアニが持つ影響力を抑えるために規制するべきだという意見が出てくると思いますが、漫画やアニメが持っている影響力は今後の日本再生のために活用されるべきです。

    以上をもって今後のゲーム、アニメ関連の投稿受付が再開されるまでの間は、余命ブログへのゲーム、アニメ関連の投稿は控えさせていただきたいと思います。越後屋D

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト