余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-07-20 21:44
1062 寄付金メッセージ34(0)
引用元のソース

梶原です。
遅くなりましたが、本日ささやかながら振り込ませて戴きました。
日本再生大和会の今後のご活躍の一助となれば、幸いです。
 すみれの会の時、皆さんの寄付メッセージをめくりながら、その胸中に秘めた積年の思いの深さに触れ、只々自身の未熟さを嘆くばかりです。
 今回は、戦時の悲惨さと国防の大切さや、日本の山海の美しさを教えてくれた亡き父と、信じて支え続けた母の名の靖国奉納をお願いしたく、日本再生へ協力させて下さい。
小生には何の力もありませんが、縁ある方々の日本人覚醒を進めるべく、九州の片隅で一燈照隅ひた押しで臨んでゆく所存です。いつか、近い将来に余命翁始め読者の方々との万燈が日本を明るく照らす世を求めて・・。
長くなりましたが、暑い日が続きますので、無理をなさらず心身ご自愛下さい。
.....127p37にみなさんご一緒に記載させていただいた。

とちの木
忙しい中ご苦労様です。
今日、私名義で振り込みしました。
少ないですが、少しは役にたてればと思います。
前回同様、家族皆の名前もお願いします。
大和会立ち上がりすぐの振り込みでは、ちょっと浮かれ気分のコメント書き込みましたが、あの後身近で、ボヤが起きました。気を引き締め頑張ります。
.....前回ご寄付15p28行に併記させていただいた。

憂国の志士(見習い) と申します。
祖父の命日なので、ヘタレの私も頑張らねばと、本日7月19日、日本再生大和会に振込みをさせていただきました。
 支那事変から戻ってからは訓練教官をやっていたとのことです。
また、母方の祖父は先帝陛下の近衛兵→出征→負傷して帰国→
リハビリ後は陸軍省経理局という人でした。
二人とも、直接は教えてくれませんでしたが。

yoppe
余命様、プロジェクトチームの皆さま、いつもありがとうございます。
7/15にゆうちょ銀行から大和会へ振り込みいたしました。
振込情報は次のとおりです。どうぞよろしくお願いします。
蝉の声も聞こえ始め、いよいよ暑くなって参ります。
皆様どうぞご自愛ください。

陽光
15日に振り込みました。
余命様をはじめとする皆様方に感謝しております。日本を取り戻すのに少しでもお役立ていただけたらと思います。

西本
すみれの会に続きこちらへもお振込みいたしました(7月14日)
.....前回ご寄付29p20行に併記させていただいた。

あさかぜ
はじめまして、あさかぜと申します。
初代からROMさせていただいております。
僅かではありますが、7/15に寄付をさせていただきました。
日本再生に少しでも協力できればと思います。

真成
父は、戦後に結婚し養子となり姓が変わりましたが、靖国で戦友と再会できるよう旧姓でも併記をよろしくお願いします。  
.....128p27行にみなさんご一緒に併記させていただいた。

鍋焼きうどん
余命さんこんばんは
怒涛の寄付金メッセージ。ブログ上に花が咲いた様で、とても嬉しく思います。
6月6日(月) すみれの会
7月15日(金) 日本再生大和会
振込させて頂きました。
宜しくお願い致します。
余命さん。
いつもありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

いかならぬことにあひてもたゆまぬは
わがしきしまの大和魂
.....みなさんご一緒に前回ご寄付57p34行に併記記載させていただいた。

陽光
余命さま。
15日振り込み、17日11時20分に1021にコメントした陽光です。振り込み確認が初のコメントで、いまひとつよくわかっていませんが、前回の投稿の仕方では、きっと、記事に載せていただいた場合本名が出てしまうんですよね。我儘を言って大変申し訳ありませんが、記事に載せずに削除のみでお願いします。
確認ファイルにコメントをして申し訳ありません。よろしくお願いします。
余命さま、プロジェクトチームの皆さまのご活躍をお祈りしております。私も微力ながらできる範囲でコツコツとやっていきます。どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。(陽光)
.....本名でメッセージが表示されている場合は、ご意志がわからないので、原則秘匿の措置をとる。大げさなものではないが、HNがない場合、姓名を分離したり、場合によっては匿名で表記する。ほとんど100%、それでご当人は了解できるので問題は起きない。

だいわたろう
余命様、スタッフの皆様いつもありがとうございます。
初代余命様のかず様の頃よりの読者です。
昨日、ゆうちょ銀行から些少ですが振込みをさせていただきました。
私の父は大正生まれで予科練から海軍、大戦に行っておりました。
父母は他界しておりますが、父と母と妻を併記して頂きたくお願い申し上げます。
余命様、スタッフの皆様、くれぐれもご自愛下さい。
.....みなさんご一緒に128p32行に併記させていただいた。

(ま)
7月15日ATMから振り込ませていただきました。
すみれの会に振り込んだとき(6/10)は自分の名で報告いたしましたが、今回は両親の名で登録していただければと思います。
お忙しい中大変お手数をおかけしますがなにとぞよろしくお願いします。
.....みなさんご一緒に前回ご寄付64p27行に併記させていただいた。

tomgood
本日(7/19)些少ではございますが送金させて頂きました。
なお、誠に勝手なお願いなのですが、併記して頂きたくお願い申し上げます。
.....128p36行に併記させていただいた。

マサです
余命様、余命プロジェクトチームの皆様、同志の皆様、まだまだ先が見えない状態ですが、一丸となって日本再生に向けて共に歩んで行きましょう!
私にとって、余命様は長いトンネルの中の一条の光です。
くれぐれもご自愛ください。
大和会への振り込みは祖父、祖母連名でお願いします。
祖父母は昭和17年頃まで樺太に住んでいました。
.....みなさんご一緒に128p39行に併記させていただいた。

名古屋の住人
余命翁様、PTの皆様、大和会関係者の皆さま、こんにちは。
いよいよ反撃開始ですね!わずかな金額ですが、すみれの会に続いて、大和会にも7/15(金)にお振込みをしました。日本各地の梅雨明けというこの機会に乗じて、日本国の梅雨明けを実現すべく、今後も応援して参ります。どうか皆様、健康にはくれぐれもお気を付けください。   以上
.....129p3行に記載させていただいた。

晴太郎
「ニツポンサイセイヤマトカイ」へ7/19の振込み予約をしました。
お手数ですが、上記の叔父(ひろまさ・当時24才)の併記もお願いします。南の島で戦死したそうです。
.....129p7行に併記させていただいた。

Kasen
善き未来のために
7/17ゆうちょ銀行
.....129p10行に記載させていただいた。

sakura
遅れて申し訳ありません。PCの調子が悪く(スマホは、なし)ネット接続できなく、昨日復活しました。コメントは、別のところでさせて頂くとして、ひとまず振り込み関係のみをお伝えします。
.....みなさんご一緒に前回ご寄付78p9行に併記させていただいた。

宏治
7月15日に振込をいたしました。申し訳ありませんが父母妹も連名でお願いいたします。
.....みなさんご一緒に129p15行に併記させていただいた。

常世
余命様 スタッフの方々ありがとうございます。
大和会 日本人一人一人が 集まって大きな 和を 作る時が 来たんですね。
さざれ石が 集まって巌をと なる時が 来たんですね。
支那 朝鮮人には 理解不能でしょうが (笑)
お手数おかけします。
よろしくお願いします。
.....みなさんご一緒に129p20行に併記させていただいた。

猫まんま
余命様、スタッフ一同様、暑中お見舞い申し上げます。

 どなたかがおっしゃっていましたが、ただの一日本人としての参加でいいと思い連絡せずにおりました。
 周りには史実から中国・朝鮮人の異常さを教えたり、「戦争反対」と言ってる連中がおかしいと気がついた人には余命本を渡したりしてますが、遠方の事もあり靖国神社まで言って確認したりはしないと思いますので。
ですが、どう処置すべきが判断しかねる状況になってしまってるようで大変申し訳なく思い、とりあえず振り込みの連絡をさせていただきます。
 そしてもし、ご無理をきいていただけるのでしたら以下の親族を奉納に加えていただきたく思います。
 靖国神社には戦争中、特に深く関わってたこの先人の方が私よりもふさわしいですから。
 亡くなったのはもう30年ほど前で、私の方の諸事情により生年月日を調べる事ができません。
 宗春は父方祖父で、木製飛行機を作っていた工場の工場長だったとか。
10年ほど前にこの木製飛行機の一部が古い工場から見つかり、父がふと話してくれました。
 実用化されてたら特攻隊で使われてたかも知れず、実用化されずに終戦を迎えて一番安堵したのは祖父だったんじゃないかと思います。
 吉三郎は母方祖父で警官をしており、お国の命令とは言え「政治犯」と疑った人達を、無実と分かってても逮捕しなくてはならず、随分と辛い事もあったようです。
 フミは宗春の妹で、満州よりの引揚者だったと聞きました。
 私が幼稚園の頃くらいまで近所におり、実の祖母以上に可愛がってもらってましたが、その後再婚して遠方に行きそれっきり。
最近になって母が思い出したように「満州から引き上げてきた人だ」と話してくれました。
母も満州での事は詳しくは聞いてないのですが、引き上げてきた後「一度日本を捨てたんだから」と、親族の間でもしばらくわだかまりがあった事は聞いてたようです。
まさか「竹林はるか遠く」のような体験をした人が身近にいたとは…衝撃でした。
 母の旧姓も「前田」ですが、全くの偶然、親戚でも何でもありません。
双方加賀百万石の前田家と縁があるとの事ですので、戦国時代まで遡れば親戚だったのかも知れません。
 日本人は計算上、全員が遠い親戚といいます。
 千年遡れば全部皇室に繋がるとか。
 私は自分の両親の姓からそれを実感しており、そう言う日本人の絆を守らねばとこちら様に参加させていただいてますし、これからも微力ながら尽力いたしたく思っております。
粛々と本来の日本を取り戻していきましょう。
それでは余命様やスタッフ様も大変のご様子ですが、くれぐれもご無理はなさいませぬように。
かしこ
.....みなさんご一緒に129p29行に併記させていただいた。

和ろうそく
余命様、スタッフの皆さま、いつもありがとうございます。
 日々の命がけのご活動にはただ感謝しかありません。
 ご報告が遅れましたが、振込をさせていただきました。それで、皆様のコメントを拝見し、独身のまま南方の島で戦病死した伯父と、母と姉の名前も併記をお願いできたらと思うのですが…。
 前回私も併記いただき、最初は靖国神社は畏れ多いと思いましたが、やはり大好きだった父の側にいたい思いもあってご厚意をありがたくちょうだいいたしました。今回これで伯父もさみしくないし、父を中心に家族もずっと一緒にいられるような気がします。細かなご配慮本当にありがとうございます。
 大東亜戦争を含めたあの時代の日本と日本人が置かれた状況は、知れば知るほど背筋が寒くなります。そんなすさまじい状況の中で戦い、未来のための礎となり、日本を守ってくださった方々のことを思うと、何も知らなかった以前の自分が本当に恥ずかしく情けなく…。遅ればせながら、古代から日本を築いてこられた先人の皆様やご先祖様たちに少しでも顔向けできるように、子孫として恥ずかしくないように、との思いで日々を過ごしています。
 皆さまのコメントを拝見すると、当時の方たちのお働きはまだ今に続いているのを感じます。あの戦争から70年を過ぎてもなお、日本と私たちを守り、叱咤激励してくださっているように思えてなりません。亡くなった後父が残した戦友会(同期会?)のアルバムには、父を含めた当時の方たちの思いが写真や文章にあふれていました。それはマスコミなどが盛んに喧伝するようなものではありませんでした。昨年の靖国神社での特別展(戦後70周年最終章)でも、特攻を生きぬいた方たちの言葉が展示されていましたが、思いをきくことができなかった父と同年代の方々の言葉は、父が語りかけてくれているようで、涙がとまりませんでした。
 日本も世界も混沌としてきておりますが、最終的には良い方向に向かうと信じます。余命様やスタッフの皆さま始め、日本のために闘っているすべての方たちにこれからも八百万の神々さまのご守護がありますように…。
.....みなさんご一緒に前回ご寄付44p11行に併記させていただいた。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト