余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-06-06 11:28 最新コメント:2016-06-04 05:56
798 巷間アラカルト80(6)
引用元のソース

ポポロ
投稿させてもらいます
余命三年時事日記をネットで知らない人のため
集団ストーカー・創価学会・朝鮮人あたりで検索に引っかかるように出来たら余命さんファンも増えるんでは増えるんでは^^;

サムライブルー背番号0
今回のG7伊勢志摩サミット(第42回先進国首脳会議)の事について言及したいと思います。
一言で言うと大成功だと思います。
 安定政権だからこそ、そして何よりも日本の将来にビジョンを持つ安倍首相だからこそ、成功に導けたのだと思います。
これだけでも日本の記録と日本人の記憶に残る大偉業だと思います。
大きく2つの事を国内外に発信したと感じました。
 先ず、各首脳の伊勢神宮参拝で感じた事は「日本は宗教国家である。」という事です。
それを日本人に思い起こさせたと同時に世界に発信したのだと思います。
キリスト教とは様式が違う日本独自な神宮の荘厳なしかも自然と調和した空気がオバマ大統領を始め各首脳に伝わったと感じました。
 私は、日本は天皇陛下(皇室)を中心とした他の国とは違うオンリーワンの宗教国家だと思いました。
 神話から続く万世一系の天皇陛下(皇室)と不可分な国民の存在(君民一体の形)こそが日本そのものであると思いを強くしました。
 日本はその君民一体という核心部分は変化させず、他の部分は多神教的な幅広い価値観によりアメーバの様に形を変える、統一された意思を持つ一つの生命体ともいうべき存在であると思います。
 日本が平和な時にはその宗教国家的側面は国民にあまり意識されず潜在意識として存在するが、日本が危機の時にはその宗教国家的側面を国民が強く思い起こし、天皇陛下(皇室)の基に結束するのだと思います。
 次に、オバマ大統領の広島訪問では「日本とアメリカという対極的な旧敵国同士が未来志向で協力する事こそ世界平和の鍵の一つである。」と感じました。
日本とアメリカは対極とも言える存在だと思います。
アメリカも日本とは違う形ですが宗教国家です。
多様性のある世界一の軍事経済大国ですが、歴史の短い人工的実験的国家であると思っています。

日本は敗戦後にアメリカの世界戦略に組み込まれています。
この状態から日本が少しでも主体的にアメリカと協力してWIN・WINの関係を築く事を成功させる事こそ、世界平和の可能性を示すものだと思います。
 在日を駆逐するという1回戦に勝った暁には少しずつ軍事外交的に完全な日本の自立とその上での協力を目指すべきだと思います。
 ただ、核兵器の削減はバランスを取りながらでないと不可能だと思います。
 本当に日本が世界の核兵器を削減する為に貢献したいなら、一度は過不足ない十分量の核兵器持つべきだと思います。
サムライブルー背番号0

マンセー名無しさん
桜井さんとこでも、正式(少し前からリンクはされていた)に紹介されていました。
『保守系裁判支援団体 すみれの会』 発足のお知らせ |Doronpaの独り言
http://s.ameblo.jp/doronpa01/entry-12160128648.html
以下、引用。
(すみれの会ブログからの引用部分、略)
拙ブログと同じamebloで上記団体の立ち上げ報告がありました。代表者に連絡を取り拡散の了解を得ましたのでご紹介したいと思います。
 確かにこれから行動する保守運動に関わらず、保守系の裁判が各地で多々行われると予想されます。しかし一方で裁判も無料ではなく、弁護士費用、維持費など一つの団体で賄うにはかなり苦労しそうです。行動する保守運動でも裁判費用の捻出に頭を痛めていたところ、上記団体が発足したということで、早速同団体体表に連絡を取ってみました。
 代表曰く「これまで黙って見ている立場でしかなかったが、今後は少しでも積極的に保守層の後押しをしたい。色々な保守系団体と連携しながら支援を続けたい。」との言葉を頂戴しました。
 拙ブログ読者の皆さまには「すみれの会」のブログをご覧頂き、保守系裁判の支援という限定された目的を支持・共感された方は、是非ご支援を宜しくお願いします。
引用終わり

.....たしか4月20日だったと思うが、青林堂に用があり、時間差で桜井氏も来社ということで、もし良ければお会いになりますかという話があって対談が実現している。
 冒頭、雑談の中で、青林堂から二人ともモンスターだからモンスター対談という企画はいかがでしょうという提案があり、それが6月10日出版のジャパニズム31号に掲載されている。
 まあ、読んでいただければわかるが、保守の連携の重要性では一致しているものの、その実現の難しさが語られている。それ以上の話はなく、余命の身バレの問題から名刺交換もなく終了している。
 5月20日になって余命の極秘ファイルに「すみれの会」ブログ情報が投稿され、慎重に検討の結果、ゴーサインを出している。
 余命の読者ならご存じのことだが、過去に在日対策でシンポジウムが開かれた。どうも内部情報が漏れているという疑いがあって、4回目を戸籍謄本での確認にしたところ、立ち上げのメンバー3人が脱落したという事件があった。結局、これは5回で終わっている。
 その一連の会議の中で、保守支援がテーマとなって、いろいろと議論されていた。その中で「保守の定義」というものがあって、結論から言えば、日本の国と国民を守る行為はすべて保守と定義されている。保守系裁判の認定はこれが原則だ。細部の施行規則については承知していないが、おかげさまで資金的に余裕がありそうなので、かなり手広く動けるだろうと予想している。
 定義から言えば、日本を貶める行為はすべて対象となるから、ほとんどの在日や反日勢力が関わる裁判は対象となる。しばき隊関連や外患罪の関連も当然対象となる。
すぐに恐ろしさがわかるだろう。

19代目の日本人
テーマから外れているので恐縮ですが、こちらに集う皆様にも是非、共通認識として頂きたく、御覧頂きたいと存じます。
 皆様と共に、慰安婦は絶対に「性奴隷」ではなかった事 その事実を米国の公文書が証明している事を 世界に発信していきましょう。

http://blog.goo.ne.jp/ajiakairo/e/a9d798e8625aa9cf123792acad5510fd

 米国の国立公文書館に保存されている重要資料を根拠として、全世界に向けて 慰安婦は「性奴隷」では絶対になかった事 その事実を米国の公文書が証明している事をしっかりと宣告して行けば 米国内に「慰安婦像」など建立されずに済んだはずなのに、何故、今もなお、こんなに明らかな証拠である米国の公文書を活用しないのか。
 米国の慰安婦像が建立されてしまった現地で戦っている日本人有志たちよ、何故なのだ、と私は不可思議でならない。日本の外務省は売国奴の巣窟であり、朝鮮人に乗っ取られた省庁は外務省の他にも多いが、民間の有志たちは 何故 この重要証拠たる米国公文書を武器としないで負けたのか。
今も負け続けているのか。不可思議でならない。

.....余命の過去ログに再三にわたって記述してある。米国における抵抗勢力は半端ではないのだ。日系米国人の組織さえ反日である。カリフォルニア州における教育委員会のほとんどは中国系、韓国系である。さらに問題があるのは日本人組織の内部にも敵勢力が入り込んでいることで、このため支援、協力が分断されている。
 以下の例はその典型で、読者ならみなご存じのクミトービン殿の投稿である。
もうずっと身動きできず放置状態になっているのだが、この原因は文中にもあるが署名サイトであるチェンジ・オグである。その過去と正体とつながりをたどっていくとアウトである。それを書くと、せっかく一生懸命に運動しているみなさんの足を引っ張ることになる。結局分断されることになる。

クミ ト∸ビン
余命扇様、官邸メールの作成ありがとうございました。ミラーサイト様も素早くツールに組み込んで下さり感謝します。
【外務省の任命責任】※ 署名のお願いです ※
▼林陽子委員長の解任を要求▼
余命扇様、こちらの新しい署名を拡散して頂きたいのですが、可能でしょうか?チェンジ・オグではありません。
テキサス親父日本事務局長・藤木俊一氏よりシェアしました。

日本政府に不当な見解を出した国連女子差別撤廃委員会の林陽子委員長のリコールを求める署名にご協力をお願いします。
Web署名(とても簡単です)
・署名ボタンにチェック
・名前・フリガナを記入
・性別を記入
・年齢を記入
・住所を記入
・送信を押す
署名完了まで、1分少々です。
「完了すると、御署名誠にありがとうございます。」と画面が変わります。
※ 署名は6月末締め切り
※個人情報は事務局で適切に管理し、署名提出以外の目的では使用しません。

『皇室典範』により女性が差別されているとの事を最終見解書案に入れた国連女子差別撤廃委員会の委員長は、日本人弁護士、フェミニストの林陽子氏
この林陽子氏を2008年に国連女子差別撤廃委員会の委員に推薦したのは、外務省。
 外務省の任命責任も含め、林陽子委員長の解任を要求します。
 日本政府及び外務省は、速やかに林陽子氏をすみやかに解任して下さい。女子差別撤廃委員会の最終責任は、委員長である林陽子氏にあります。誰が提案した事であれこれは許容できるものではありません。

詳しくは、重要>新署名がスタート!「慰安婦の真実」国民運動より
http://www.ianfu-shinjitu.jp/LMC/?p=1620
春、不遠。~はるとおからじ~ 余命スピンオフ ~外務省の任命責任
余命扇様、ミラーサイト様、花菱様、応援しています。クミ トービン

赤い大地を憂う母
余命様、スタッフの皆様、日々のご活躍感謝しか有りません。
 北海道在住の一主婦です。初投稿ですがネット遮断事件の少し前からブログは拝見しています。遮断された当時は訳が分からず、どうして余命さんの記事が見つからないんだろうと不思議に思っていたところ、自分達にとって不都合な真実が拡散されるのを恐れた勢力に因る妨害だと知りました。私の日常生活では考えられない事柄が現実に起きているのをひしひしと感じています。
 時事日記1、2、ハンドブック購入し、遠方に住む甥や姪にも読ませ、又、娘や姪の子供達にも、周りにどんな人が居るか分らないから十分注意するように伝えました。余命本の拡散については少しづつですが、知人などに読んでねと渡しています。一人どうしても読んで欲しい人が…とても優秀で、所謂良い人なのですが、「安倍が戦争したがってるから…」と発言するような思想の持ち主です。折角国立大学に入学したのにデモ活動に依る退学処分を受けたのだそうです。絶対覚醒して欲しい友人です。読んでもらえるよう頑張ります。ただ、もう少し若かったら活動範囲が違っただろうなと(一般的に言うとどちらも定年過ぎた年齢なので)。
 

正義のななし
今日もニュースUS様のコメントで余命sage工作員を発見しました。
工作コメントを見つけた記事は、こちらです。

【緊急事態】中国人と創価学会と共産党員に乗っ取られた団地が悲惨なことになってるぞ!!! と ん で も な い 日本侵略計画を推進!!!?http://www.news-us.jp/article/438035091.html
二人一組か、一人で二役のマッチポンプか…
敵も必死ですね 笑
余命本三冊の大ヒットが、よほど効いているとみえます。
移民反対の顔をしておいて余命をディスり、保守派を自分たちの方に何とか引き寄せようとする、彼らパヨクなりにない頭をしぼって考えた必死な工作のつもりなんでしょうが…
最初から尻尾見えてますけどw
維新政党新風の鈴木信行さんの名前まで出してますが、余命ディスってる時点でバレバレ。

(ここから工作コメント)

もうさ、どうしたらいいの?
殺すしかないって事?
安倍は、難民入れようとしてるし
どうするんだよ…
Posted by   at 2016年05月20日 02:43

>>もうさ、どうしたらいいの?
>>殺すしかないって事?
>>安倍は、難民入れようとしてるし
>>どうするんだよ…

余命一派がやってくれるんだろ?
安倍は、中道左派で移民を受け入れたい口。
余命は、それを知ってるのか、知らないのか?
将又、それを知っているのに、知らないふりをしているのか?
そこんとこは、どうでも良いので、安倍が本気で在日を殲滅すると思っているの?
余命が、安倍押しをしてる時点で、おかしいと気付かない奴は、頭おかしぞ!
病院に行った方が良いぞ!
国有地や用地の売却を推進して支那大使館や領事館が、自由に土地を買える様に、
仕向けて来た真犯人が、朝鮮「自民党」です。
維新政党新風 鈴木信行を押すのが得策なのにね。
Posted by チョンコ at 2016年05月20日 03:16

(工作コメントここまで)

余命様は安倍さん推しなんてしてないと思いますよ。むしろ、『2』の中では麻生さんとともにかなり辛口な評価になっていますよね。
お前らパヨクが日本から出ていけばすむ話なんだよ、わかってる?
外患誘致罪で告発される前に出ていけよ、頭悪いパヨク。

.....最近は他のサイトを覗くひまがまったくないので、何があっても反応ゼロ。
「盲、蛇に怖じず」...知らないってことは凄い武器なのである。

  1. 川崎市の社会福祉法人が、在日コリアンへのヘイトスピーチデモを主催する男性にデモを禁止するよう求めた仮処分で、横浜地裁川崎支部は2日、同法人の事務所から半径500㍍以内でのデモを禁止する決定を出した。決定後、法人職員で在日コリアン3世の崔江以子(チェ・カンイジャ)さんが弁護士らと記者会見した。【撮影・後藤由耶】

    ヘイトスピーチ規制法案以降、司法の汚鮮のあぶり出しが進んでいますね。本当に腸が蒸せ返る思いです。

    1. 崔江以子氏はこの件に関しては有名人です。川崎市長はもともと前神奈川県知事松沢成文氏の秘書でしたから、その思想は推して知るべしです。
      桜本という場所は昔からそういう場所です。鶴橋のような。最近福田市長がまるで隠さなくなってきたなぁと感じています。

  2. 投稿者としても度々登場されている五十六パパ氏が、激戦区川崎で6.5デモ開催を巡り激しい攻防と激闘を繰り広げられています。既に公園使用については市長判断で許可が下りず、ヘイトスピーチ法施行日の本日、デモ自体についての公安系の判断待ちとなっているもようです。

    今回のデモについては、内部でも進め方に異論もあったようですが、パパ氏への神奈川新聞記者の自宅待ち伏せ含む執拗な妨害、朝日新聞記者からの無礼な行為、川崎市や市長の公園不使用に対するヘイト法拡大解釈等、愛知大村知事案件に見られるように、これからエスカレートするであろう事案の予兆縮図が噴出し始めたことにより、早くも氏や川崎という地域だけの問題ではなくなって来たと言えそうです。

    大局の見通しでの、ヘイトスピーチ法の位置付け故の静観や、炙り出し期間の待機も必要なことは確信し承知はしております。しかし、各機関や各市の会派等、関係各位には釘は刺しておきたいと思います。川崎案件は外患モデルも含め、一つの市の事案とだけ捉えていては、拡大解釈自主規制好きの現状日本では、やはりそう放ってはおけない動きのように思えます。

    パパ氏も次の段階も視野に入れておられるようです。

    下記 行動する保守運動 予定表より抜粋
    ———————————-
    緊急告知!【平成28年6月2日~3日記載】
    先ほど、法務省人権擁護局の聞き取りから漸く帰ってきました。
    上記の結果解った事をお伝えします。

    1)法務省人権擁護局が6月2日に拘った理由:デモ許可日の前日である事。
    つまり、デモの名称、目的を変更しての再申請は不可能な時期。

    2)要は、法務省人権擁護局の狙いは当デモ主催者の人権案件では無く、6月5日のデモを中止させる為のトラップであった事。

    3)上記二項の理由は、当方が申し出る案件には、マトモに答えず、6/5のデモの【目的や、趣旨のみを執拗に】尋ねて来たこと。

    4)さらに3日に施行される某法に違反する行為をするか、しないかのみに異常に拘泥した事。

    5)某法にある『不当な差別の』の根拠が示されていない以上【特定の勢力が】不当な差別』主張と言い募る可能性は

    『完全には排除【不可能】』である事を当方が
    主張した段階で、聞き取り終了となった。

    6)つまり、上記1~5(特に5項)を利用して、当デモが違法なデモであるので、法務省傘下の公安委員会に対し、以下次項。

    7)違法デモは許可しないと言う方策で活動していている事は明白である。

    8)以上の傍証として、5に述べた
    >完全には排除【不可能】<
    と当方が、述べた段階より、人権擁護委員会の寺田某は
    【ニヤニヤを押さえきれない素振り】を隠せなかった、と言う状況が観察出来た。

    9)よって、明日の許可の可否次第で、我々、日本人は次の行動に撃って出るべきである事を宣言する。

    ———————————–
    ※デモ日程確認は行動する保守運動南関東地区スケジュールをご覧ください。

    追)6.5は渋谷 宮下公園より午後3時30分出発の反日本共産党デモin帝都も開催されます。

  3. 川崎の事態、朝日の一面トップらしい。なんと言う司法汚鮮か。いても立っても居られない。どうすればいいのか?自分に出来ることは?今日は携帯である。

  4. チェンジオルグもですかー!
    従軍慰安婦に反対する署名と沖縄の龍柱に反対する署名、カリフォルニアの教科書の性奴隷記述に反対する署名に参加しました。
    ウィキペディア見たら確かに日本の請願法では無効とあります。
    直筆でなければダメなのですね。
    また元花王にお勤めの方の内部告発に感銘を受けました。
    よくぞ言ってくださった…!
    日本に恩返しさんの読み上げ昨日、いいですね。
    確かにそれは拡散効果も期待出来そう。
    家族の覚醒の難しさ、自分も夫のテレビに染まった花園ぷりにどう切り崩すか責めあぐねているところに有効な戦い方をご教示頂いた思いです。

  5. 6.5 川崎デモ
    ツイートやまとめサイトに既に開催許可が下りた事は掲載されていますが、改めて投稿いたします。

    昨日、6月3日 神奈川県警は道路交通法に基づいて道路の使用を許可し、県公安委員会も県公安条例に基づき許可した。社会福祉法人が訴訟代理人(弁護士)を通じ、半径500メートル以内でのデモ行進の禁止を求める仮処分を横浜地裁川崎支部に申し立てた受理されている。仮処分無視の民事訴訟の誘発の狙いに引っ掛ることなく、川崎デモもコースを換え開催される。
    ぎりぎりの日取りにはなりましたが五十六氏の粘りで、妨害に屈することなく路上出発となったようです。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト