余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-06-01 18:08 最新コメント:2016-06-01 22:21
794 余命本情報⑳(1)
引用元のソース

報告
余命様、余命スタッフ様、いつもありがとうございます。
高坂書店・八尾店
余命本part1の時、電話で確認すると、「置いてない。注文もできない」との事。
で、余命ハンドブック、余命本part2も目視で確認できず。
ヒバリヤ書店・山本店
余命本part1の時、電話で確認すると、「置いてないが、注文はできる」との事。
余命ハンドブックは目視で確認できず。
明日より、確認していきます。

G県TK市 市井のX
余命チームの皆様、ご覧の皆様方、お疲れ様でございます。
764余命本情報⑭上泉伊勢守殿 お疲れ様です。 貴殿情報をちょっとだけ後追いします。
・ヤ○ダ電機L△BI1 地下書籍売り場に余命3年1、ハンドブックが1冊ずつありました。 まあ、駅前とはいえ地階だし店舗の取扱い分野の雰囲気から通りがかりの会社員が立ち読み程度の品揃え、かなり小スペースの政治経済書架なのですが、たとえ背表紙1冊ずつとはいえ置いてあるとは。 一兆円企業ヤ○ダ電機からすれば微々たるものかもしれないけれど、これをきっかけにヤ○ダ会員が増えれば安いもの。 内容が選挙の話題なので会社的に厳しいかもしれないが、この際、余命3年2も頼む。
・ワ○ダーグー(ツ○ヤが入っている)は見つからず。 探し方が悪かったかな? 店の人に聞こうとしましたが、レジ待ち客の列が長かったことと皆の投稿を見ている限り返事もある程度想像がついたのでやめました。 近い内、気が向いたら再確認。

 本が書店にあっても見つけずらい場所にあることが多いみたいですね。 配本する、しないは書店本部の考え方でしょうが、本を店内に見つけやすく並べるのは(こう言っては何ですが)その店の人の意識ですよね。 
 単純に本の題名だけで見るならば売れるとは思えないし、置き場もその通りの場所へ。知っている人と知らない人、興味のあるなしがはっきりと分かれている気がします。
それはこの事案に対する地域温度差もあると思います。たとえアルバイト、パートの方が店から指示されたとはいえ、そこに意識があれば手元に1冊しかなくても出来るだけ客の手に取りやすいところに置くのではないでしょうか。
 書店の人が皆、本の内容を知られれば困るというわけではないでしょう?自分の興味と同じことを他人様は感じていないことは理解していますが、浅はかな期待を書店の方へ。

 余談ですが、先日、打合せ外出の際に寄ったうどん・そば定食屋に余命3年1が置いてありました。「なぜここに? 誰か忘れていったのかなあ。 それに昼時に読むのはキツくないか?いくらそばとはいえ消化不良に・・・・」 知ってもらうことが重要ですが、その場の状況、いわゆるシチュエーションも大事ですね。
 H28年5月25日 楽しみです。←これが言いたかった。 注意事項確認してます。CDを借りに早速ツ○ヤに行ってみます。 (G県TK市 市井のX)

大阪オッサン
今日久々に東京に来て日本橋の丸善を覗いて見ました。一階の新刊紹介に余命シリーズは皆無。検索仕手もしても在庫なし。在コ懇意なので仕入れはしないとの意思表明という事で承りました。梶井基次郎のようにレモンならぬ余命本を店頭に置いて去ろうかと思いましたが、屁の突っ張りと思い直し諦めて退散。あ~~あ、残念。日本国民とは交えない書店ということでご報告まで。

オキザリス
余命様、スタッフの皆様、初めまして。
私は、赤い大地・北海道のとある地方都市に住んでおります。(すみません、地名は伏せます…)
差し控えるよう言われている中、申し訳ないのですが余命本情報だけ失礼します。
TSUTAYA…取り扱いなし 
ブック&マガジン(イオン内)…取り扱いなし
ゲオ…取り扱いなし
i・BOOK…取り扱いなし
喜久屋書店…『余命本2』(初版)のみ2冊あり(5/23に確認)
ブックオフ…『余命本1』(初版)のみ1冊あり(5/3確認、値段は\960)
どこの本屋も並んでいるラインナップを見る限りでは、右左に寄るでもなく、売れそうな話題の本を置いているという感じです。
この中で、ブックオフが意外でした。
嫌韓本もちらほら…
自衛隊もいるまちなので、皆口に出さないだけで保守層が多いのかもしれません。

入管24応援者
余命プロジェクトの皆様、お疲れ様です。
昨年に無印良品有楽町店(無印良品の旗艦店)がリニューアルされ、本売り場が拡張されたので
先日、余命本があるか調べてみました所…
余命1・ハンドブック・余命2 全て販売されていませんでしたorz
無印は以前、きちんと積み上がらない韓国製の皿を一枚何千円で売ったり、
韓国人女性が自宅訪問して韓国料理を作るという奇妙な企画を行った事もあったので
嫌な予感はしていましたが…これで反日確定ですね。
あすこのパンは美味しかったので、実に残念です。

小幡 勘兵衛
ある動物園のCMソングをちょっとだけ替えてみた。

ホントにホントにホントにホントに災難だ
ホントにホントにホントにホントに遭難だ
近付くなって!
近付くなって!どうしよう
かわいくなくて どうしよう
ホントにホントにホントにホントに来んなよな
ホントにホントにホントにホントに
逝かせたくって
無視〜左派李 パーク(朴)!

お粗末さまでした。明日からは来月頭まで一読者としてのみ運動に参加させて頂きます。お忙しい中、本当にバカな事をやって申し訳ございませんでした。

越後のニダ・クリーナー1号機
余命様、余命スタッフ様、いつもありがとうございます。
 2代余命さまの頃より巡回閲覧して居ります。越後のニダ・クリーナー1号機といいます。今回初投稿です。
地元新潟市の書店情報の調査結果です。
 駅前のバスセンター隣接ビルに有る紀伊国屋や、駅裏の駅隣接ビルにあるジュンク堂は、
私が行くには駐車場料金が掛かるため、郊外の駐車料金がかからない書店でしか調査していませんが報告です。

5/23日
知遊堂: 郊外のパチンコ店の広大な駐車場の一角に有る書店。
入り口入って平積み台に余命1と2が積んで(5~6冊の高さ)有りました。
ハンドブックは見当たりませんでした。
隣は産経新聞社著の新刊本やその系統の本と同じ列です。
最前列は田中角栄まんせー本や櫻井よしこ氏で、そのデベソ台一番奥の列に平積みでした。
 びっくりなのは、奥の「社会」っていう棚の前の平積みで「さよならパヨク」とジャパニズムが有りました(棚差しでバックナンバーも有り)
 高さが他店とは違って高いのは売れ筋ってこと?井上太郎氏の最前線日記もその近くに平置き陳列有り(4~5冊)。
でも、その至近距離にはシールズ本あり、左翼臭プンプン本も多く有ります。
 気に食わなかったのは、シンシアリー著の嫌韓シリーズはゼロ、倉山満著の嘘だらけの近現代史シリーズがほぼゼロ(1冊のみ)
(姥ケ山の戸田書店では上記の著者は新書棚の1区画にシリーズ全部表紙面置きで置いてあるのに・・・・
戸田書店は嫌韓、嫌支那・あの戦争では日本は悪くなかった的な本・のコーナーに余命本あり)

 日本会議を悪役にしたい為の本が平積みで大量に・・・嘘だらけの近現代史が並んでいたならば、扶桑社だしサイズが同じだし日本会議の山に倉山満本を被せて置きたいと思いましたが残念・・・
石平著:「韓民族こそ歴史の加害者である」(←余命本を援護射撃するのにうってつけのような本)はゼロ。
嫌韓、嫌支那コーナーは床面積の割に少なめです、でもまぁ~合格の範囲でしょう。

5/24
●ツタヤでも一番近くのTUTAYA、(市民病院近くの)
余命2は新刊本の棚に背向けで1冊差して有りました、アリバイづくりでしょうか?(笑い)
余命1はゼロ、
ハンドブックは1冊別のジャンル棚に差して有りましたので、近くの蓮○さんの安倍さん貶めタイトルの”あの本”に「被せるように表紙向け」で飾って置きました。
 手にとって見た後、どうも、返す棚の差しこみ場所を忘れてしまう「悪い癖」が有り、困ったものです。(笑い)
ツタヤに「竹林はるか遠く」が(棚差しで)有ったのでびっくり。
 石平氏の「韓民族こそ歴史の加害者である」は1冊しかありません(他店では平積み)でしたので、同じように戻す場所を忘れたので、”大前研一”の平積みの上に戻して置きました。
 元に戻す場所が違っていても犯罪にはなりませんよね。
 防犯カメラは万引き対策でしかありませんので臆する事はありません、朝鮮進駐軍の悪どさからみたらはるかにマシだ。
 千葉麗子氏「さよならパヨク」が1冊有りましたので、すかさず手に取ってレジに向かうが、池上彰本の前でなぜか購入を思いとどまり池上彰の上に戻しておきました(笑い)
井上太郎氏の「最前線日記」も1冊棚差しのみ。これも半藤一利自虐本の上に戻して置きました。

■屋山太郎氏の安倍政権擁護の本や、
■倉山満著、聞き手:杉田水脈の
「胸を張って子供世代に引き継ぎたい・日本人が誇るべき<日本の近現代史>
▲★ヘンリー・S・ストークス、加瀬英明「英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄」「なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか」
特別★印: 井上和彦著の「日本軍が戦ってくれてありがとう」
特別★印: 池間哲郎著「世界にもし日本がなかったら」

特別★印: 青山繁晴著、「真珠湾、逆転ガイド(思い込みや刷り込みをちゃぶ台返し)」
内容: アメリカ軍は真珠湾攻撃を卑怯だとは思っていない。軍事作戦として素晴らしかった、米軍士官学校教科書に乗せてあるほど。
 俺たちはこんな凄い日本軍と戦ったんだよ、どうだ!すごいだろ?・・・的な、日本軍尊敬するような戦争記念館の展示物を紹介している。
 ケント・ギルバード氏の、何時まで騙されるんだ日本人よ!いい加減目を覚ませ・・・・的な自虐史観からの覚醒を促す”ジャンル”の、嫌韓本とはチョット違う方向性の書籍を、棚差しから平積みサヨク本の上へ被せて、売上貢献運動(覚醒日本人増量計画)を実行して居ります。

5/25
◎デッキー401ショッピングセンター地下のくまざわ書店
余命本オールゼロ。(予想通リ、笑い)
話題のコーナー: ・・・でも、カエルの・・・はゼロ、まぁ~判りやすいな~。
孫崎の本や半藤一利の毒本には、他の「安倍政権上げの系統の本」で被せて見えなくしてやりました。(たまたま手元が狂っただけですから・・・笑い)

5/24
姥ケ山Sタウンの一角の「戸田書店新潟南店」(本店静岡)売り場面積は知遊堂よりチョット小規模。
 文房具売場寄りでなく、右側の入り口(トイレ寄りの)を入ると、正面に障害物のようにワゴンで田中角栄まんせー本が山盛り。
そこを進むと書架の端のデベソの平積み台の”最奥列”に、余命1と2が山積み7~8冊あり。
ハンドブックは、その右手の嫌韓・嫌中・本当はアメリカが企んだ戦争だった系があるコーナーの棚に”表紙向け”で3冊あり。
シンシアリー著書はシリーズ全部棚に表紙向け(新書棚)、その上の段には倉山満の嘘だらけシリーズ全巻あり・・・
 で、「どうしてもサヨク本を売りたい系統」の書店では無いようですね。
石平著:「韓民族こそ歴史の加害者である」は平置き山積み(よくやった戸田書店)、カエルの・・・より多量(先週偵察時)でしたが、今日は半分ほどに減っていました、石平本がんばれ!。
とても判りやすく難しい所はふりがなが振ってあり、小学生高学年でもすんなり読めると思いますので、家庭内教育副読本にふさわしいですね。
 個人的には、英訳してホワイトハウスや国務省職員に読ませたいと思わせる名著ですね。

余命ブログ読者の皆様へ
覚醒日本人を増やすため、ハンドブックと「韓民族こそ歴史の加害者である」ペアリングさせるのも良いと思いました。
その時ついでに「韓国では日本と違って、コンビニで虫下しが当たり前に売られているのを知っている?」とか、
「韓国の飲食店では、前のお客の残飯を3回までは使い回しOKなんだって」・・・とか囁き、なんでなのか?本人が独力で調べるように誘導する。
そして韓流ドラマは時代考証がデタラメで事実にないファンタジーの歴史だった、調べてみてびっくりだったわよ・・・って一言沿えて、
いきなりハンドブックでは無く、先ずは韓国への”嫌悪感を醸成”することを1段階挟むと良いでしょう。(笑い)

覚醒目標の相手によっては、■の本と、ハンドブックをペアリングして貸し出して、覚醒日本人増量計画するのも良し。
▲★の系列の本(自虐史観が誤りだった・ホントはアメリカが仕組んだ戦争だ・・・などの系統)とペアリングも良し。
特★の、実は日本軍が現地から頼りにされていた系の、読むと涙が溢れて止まらないジャンル(そうだったのか、自分たちの先人たちは決して極悪非道では無かったのか、真実を知って涙が止まらない系統の本)とペアリングするも良策かと思いました。
 覚醒日本人を増やすためには、自分たちの先人が必死に闘い散って逝った、現地人からの日本軍賞賛エピソード多数ありの、
「読むと涙が止まらない系」を読ませれば、「よし!自分も立ち上がらければ!・・・」と、自然と国防意識が湧いて来る方法も有効ではないでしょうか。そしてその後感想を聞いて、「涙が止まらなかった」という感想が得られたら、そこでハンドブックを勧める手も有りですよ。
 涙は出なかった、何とも感じない方には余命本を勧めても多分ムリ(受け付けない)だと思いますよ。
 ユーチューブを一緒に見てくれる方への拡散では、この系統(涙がとまらない)動画から→吉田茂からマッカーサーへの要望書(保守速報サイト)
→余命ハンドブックというように、政治に無関心層の方へは直接では無く、1段階、2段階挟む方法で拡散へいざなってはいかがでしょうか?
以上報告致します。 越後のニダ・クリーナー1号機

通りすがりのネコ
3代目翁、プロジェクトチームの皆さま、ご多忙中失礼いたします。もう少し経過観察してから…と過ごしていましたが、「反日書店要注意」の注意書きを見て、取り急ぎコメントを入れておくことにしました。
経堂駅前の文教堂&三省堂の余命本販売状況は以下の通りです。
文教堂:
「余命2」は、発売日初日に20冊強ほど平積み、仲良く「余命1」「ハンドブック」と並べて販売。置いてある「2」に余命翁のサインあるかなと探してみましたが、ありませんでした。残念。発売日から起算し、22日(日)に3回目の定点観測。今週の売れ筋ランキングの棚に、「2」は見事に17位で面陳列。残12冊ほどになってました。

三省堂:
前回の報告から、状況変わらず。ひっそりと背表紙陳列されてるのは、「余命1」の2冊のみ。「ハンドブック」「余命2」は、影も見当たらず。「1」は、アリバイ用で決定かな…。

  1. 富山県の書店情報を追記してくださる方がいて下さって、とても嬉しく思います。

    さて、今日は書店とは無関係の愉快なことがありましたので報告します。
    先日沖縄の米軍基地前で騒いでる人たちが話題になっていたので、あの連中のやってることもヘイトスピーチなんじゃないの?という主旨の書き込みをしました。同じような意見はとても多いです。
    すると、自民党の西田議員の見解を見てみろという返信が。
    そのリンク先へ行ってみましたが、コメント欄が理路整然とした反論で袋叩き状態でした。

    笑いを堪えながら言葉上だけは丁寧に(8割方皮肉ですが)対応すると、急に上から目線となりました。初めから上から目線でしたが一層ひどくなりました。どうも私が物知らずということになったようです。皮肉には反応してもらえませんでした。日本人なら徹底的にバカにされてるって気づきそうな内容だったんですけどね。
    ところであなた自身の考えはどうなのと返信すると急にその後一切反応なし。さっきまでの勢いはどうした。

    もうお腹痛いです。
    これほどはっきりとあの民族の特徴を見せてくれるとは。上から目線のくせに虎の威を借る狐。自分より立場の弱い(と自分が思い込めばok)者には横柄な態度。自身に矛先が向くと逃走。本当に虫酸が走ります。

    それにしても自民党の西田議員、あちらの方に随分持ち上げられていますね。次の選挙大丈夫でしょうか。他人事ながら心配です(笑)。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト