余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2015-12-31 03:32 最新コメント:2016-01-01 20:49
401 2015年12月31日時事(70)
引用元のソース

 だいぶ落ち着いてきましたな。保守速報さんのコメント欄に湧き出ていた反安倍勢力の論調はワンパターンで、どうやら安倍総理の狙いがわかってないようだ。テロ3法、7月9日、安保法制7月19日、そして今回と、死んだふりして一気に一括攻略という安倍スタイルを全く学習しておりませんな。結局、反日IDをさらけ出しただけで終わりとは情けないお祭りではあった。

2015年12月29日
本を読み、初めて投稿する者です。
今回の一件、確かに安倍さんには何らかの思惑があるのかも知れません。
又、これも確かに次世代の子供達は救われるかも知れませんが、僕には先の戦争で命懸けで祖国を護られた英霊の方々の思いをどう決着つけるのかが全く見えないのです。
先人の名誉を傷付けてまで合意する価値は本当にあるのかという。
本当に、今回の会談をどう受け止めれば良いのか正直な処分かりません。 (八八艦隊)

.....今回の余命本のことを指しているのだと思うが、あれ全部が攻略方法のかたまりだ。であるからこそ彼らはこのブログを徹底的に潰そうと狂奔しているのである。
 一度、目次を読み直してみてはいかがだろうか。目線をあげるといろいろと見えてくるだろう。また、「先人の名誉を傷付けてまで合意する価値」という部分が理解ができない。もう少し全体を詳しく説明していただけるとありがたい。次の投稿をお待ちしている。
追記
こう書いて、出稿直前に投稿をチェックしたら、なんともう入っていた(笑い)忙しいのでとりあえずこのまま出稿する。

2015年12月29日
連投すいません。不買運動に テレビ見ない 新聞買わないも一考願えないでしょうか。自由度は広いとして。私が尊敬応援する保守ブロガーさんでも今回の日韓慰安婦合意について、かなり悲噴でいつもより動揺されていました。とくにテレビで何度も ちがうのに 安倍総理が謝罪するとか ちがうのに賠償するとか聞いたら、洗脳されますよね。いつもは動揺しやすい私が、テレビ新聞見ないので、ネットからの情報調査でこれは様子みようと思っていたところ、このブロガーさんが動揺しているのを見て共鳴して動揺してしまいました(笑)。反省。この件でもしばらくすれば、メディアは信用をまたひとつなくすと思いますが、保守の方が動揺されているのを見るのはつらいです。偏向報道を正す会ならぬ 偏向報道を見ない会です。 (こつる)

.....不売には不買をもって答えようということで、はっきりしているものを1月20日に指定する予定である。オンライン書店については白黒がはっきりしているので色分けの苦労はない。反日企業としてその度合いと規模によって数が多い場合であっても、2つか3つの指定とする予定である。いったん指定したあとは解除の予定はない。
 ご提案のTV、メディアについても検討しているところで、反日行為が明らかな企業は当然対象とせざるを得ない。また、今回も官邸メール案件に提言をいただいているが、食の安全の問題として、韓国のりをはじめ、中国からの有毒食品を扱う企業も対象となるだろう。
 これらの不買(買わない、利用しない)運動がなぜ起きなかったかということについては、ご承知の通り、規模が小さかったり、また、報道されなかったりして拡散が妨害されていたことが原因である。隠蔽されていただけで実際は頻発していたのである。
 このような運動は全国レベルでないと効果は薄い。あとは呼びかけの主体の問題である。
全国ブログである余命と、出版におけるアマゾンのレビューの反応がほぼ100%運動を指向していることから、今がタイミングかなとも思っている。

2015年12月29日
「慰安婦問題合意」についての早速の御解説を頂き、有難うございました。 ところで、「日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。」としていますが、第一次安倍晋三内閣は「政府が発見した資料の中には、軍や官憲による強制連行を直接示すような記述はみあたらなかった」との政府答弁書を閣議決定しているにもかかわらず、従軍慰安婦が済州島で多数強制連行されたとする「吉田証言」に基づく誤報を朝日新聞が30年以上取り消さなかった問題で、「日本国及び日本国民の国際的評価は著しく低下」したとする現行の「朝日新聞2万5千人訴訟」や「朝日・グレンデール訴訟」で、たとえ朝日新聞が敗訴しても、日本側は政府、民間もこれ以上追及しない、つまり、この会談はそもそも従軍慰安婦捏造で「日本国及び日本国民の国際的評価を著しく低下」させ、日韓関係を悪化させた朝日新聞、日本共産党、福島瑞穂等の左翼陣営に免訴を与える決定をしたのだろうか。。。この懸念についてのご見解をお願いします。 (山中英雄)

....合意内容は日韓の国レベルの問題であり、ご指摘の彼らが免罪という問題ではない。現在提起されている集団訴訟の告訴事案は朝日新聞の慰安婦記事捏造に対する謝罪と損害賠償である。一見同じようだが、今朝日が一番恐れているのは捏造記事に対する外患罪事案としての告発である。この「対外存立」という法意の有事法は今回の合意とは全く関係がない。

2015年12月29日
余命さま、プロジェクトチームの皆さま、読者の皆さまお疲れさまです。
ずっと気になっていることがあります。
ブログの記事「383 余命の近況と南京通州事件」の中で、「2016年のキーマン」として9名の方をあげられています。(→藤井実彦、藤木俊一、山本優美子、鈴木規正、トニー・マラーノ、谷山雄二朗、高橋史郎、ケント・ギルバード、杉田水脈)
この方々は慰安婦問題に関して民間人としてこれまでも精力的に取り組まれてこられた方々と思いますが、この9名の方をキーマンとして挙げられたことと、今回の慰安婦問題に関する日韓合意とは、なにか繋がりがあるのでしょうか?
SNSなどを確認する限りでは、この方々の多くは、今回の日韓合意の内容について、非常に落胆し、今のところ批判的な意見を述べられているように思います。「我々のこれまでの活動を台無しにした」という声もあるように。一見、政府の今回の行動と、民間のこれらの方々の活動とは合い入れないように思いますが・・・。合い入れないからこそ、今後の活動を託された方々という認識でよろしいのでしょうか?
文章がうまくまとまらず申し訳ありません。どなたか御教示いただければ幸いです。
(YUKI)

.....みなさんの活動があったからこそ安倍総理は決断できたんですよ。日本政府はユネスコの状況については全くわかっていなかった。それがユネスコの勧告を受けてはじめて問題の存在を知った。そこであの日弁連の戸塚弁護士をはじめとする反日集団が動いていたことなど政府は全く知らなかったのだ。グレンデールやサンフランシスコの慰安婦像の件もみなさんの活動が政府に伝わっている。また、ホワイトハウス誓願署名はオバマ大統領のメッセージというところまでは行かなかったが、しっかりと伝わっていて、今回の米国の一連の対応につながっている。
 問題が微妙で、かつ、相手のあることであるから、安倍政権としてはアドバルーンを上げることができなかった。
そのため、保守の方でもかなりだまし討ち的な感じを持たれたようだが目的は同じ、方向も一緒だからすぐに狙いはわかる。相手のはしごを外したから、今後の活動は逆に動きやすくなるだろう。2016年のキーマン(女性がいるからキーパースンかな)には変わりはない。

.....(中略) 一方、韓国系の団体がアメリカ各地で慰安婦を象徴する銅像を建てるなど活発な運動を展開していることについて、トナー副報道官は「すべての市民に今回の合意を前向きに捉えてもらいたい」と述べ、アメリカ国内の団体も今回の合意を尊重し、自制するべきだという考えを示唆しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151229/k10010356091000.html

2015年12月29日
谷山雄二朗氏のYouTube動画に「従軍慰安婦の真実」と言うのがあります。
52分と長いですが、いわゆる従軍慰安婦について英語で世界へ発信しています。
2年ほど前に視聴したときにはタイトルが違っていましたが視聴回数は100万近かったと思います。
当然、韓国人には大変不都合な内容ですので何度か削除されたんでしょう、今現在での視聴回数は3万弱です。
当時、総務大臣だった新藤義孝議員は安倍総理とも近いと思いましたので、直接事務所へ出向き(自分の選挙区だったので)、ご本人には会えませんでしたが、 谷山氏のYouTubeのことを伝え、英語で世界へ発信できるこのように有能な方を、安倍政権内でご活躍いただくべきです、と話してきたことがあります。
日本は情報発信がとても弱いので、ここのてこ入れは急務と思います (とっち)

.....ググればすぐに出てくるから是非見てもらいたいよな。

2015年12月29日
平成28年3月1日,外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法の一部を改正する法律(平成26年法律第29号)が施行されます。
 この改正により,外国法事務弁護士が社員となり外国法に関する法律事務を行うことを目的とする法人(外国法事務弁護士法人)を設立することができるようになります。
これは近いうちにアメリカ人弁護士も日本で訴訟代理人として活動できる布石にならないでしょうか。しかし今までと同様、民事、刑事訴訟には関与できないようです。それと、監督者が日弁連なのも気になります。余命官邸メールが援護射撃になって、この改正が日弁連を包囲していく機運になればいいと思います。 (けいちん)

.....こういう動きがあるので、日弁連は必死なのだ。日弁連は米国の圧力に抵抗できるかな?来年はおもしろいぞ。乞うご期待!

2015年12月29日
最後にさりげなく引用がありますが、米国の北東アジア戦力縮小、やる気マンマンじゃないですか。さすがに日本は見捨てきれないとは思いますが、果たしてどこまで縮小する気なのかが気になります。韓国は見捨てるにしてもどの時点でどういう形で見捨てるのでしょうか?
また、韓国の国民日報が次のように報じているそうです。
 日本側が28日の会談で日本軍慰安婦に「性奴隷」という表現を使用しないことを要求したことが分かった。これに対して韓国側は「『日本軍慰安婦被害者』が唯一の公式呼称」という趣旨で答えたと伝えられた。
 これを日本のメディアが伝えてないのはともかく、外務省や官邸側でも触れていないのはなぜなのでしょうか? どうにも解せません。 (ふぃくさー)

.....以前、韓国に対する米の対応について余命は「破産した親戚に対するように」と表現している。要するに関わりたくないという構えが見え見えである。今後もそうだろう。 情報はこれからどんどん出てくる。なにしろ合意文書がないのだから何でもありだ。ふれようがないだろう。

2015年12月30日
いつも拝見させていただいております。
余命様、一つだけ大変不安に思うことがあります。日韓スワップを再開してしまうのではないかという不安です。余命様はどう見られていますか?私としては出来るだけ、日韓スワップ、TPPへの参加、今後の経済援助は一切してほしくありません。 (望む)

.....韓国の狙いはそこだからな。国民感情から言えば、慰安婦よりこの問題のほうがはるかにインパクトが大きい。拒否は即、経済は破綻のような状況であるから判断は米国との協議が必要となるだろう。ただし、再開の場合は、現状の在日特権の廃止や剥奪をはじめ特例法のすべての廃止が条件となるのは必至である。以外、国民は納得しないだろう。

2015年12月30日
>midaway様
>まりこ様
 確かに、3月予定の米立会いの下での正文案では修正が図られてしかるべきでしょうね。ただし、余命様のおっしゃるようにこの手のことは既に枝葉と化しているように思われます。海外といっても欧米(ほとんど米、おまけで独、英、仏まで)のことですし、米が問題ないのは云うまでもなく、他も必要があれば、現地レベルで、その都度個別に対処すればよいだけかと。そもそも、彼らにとって、極東のどうでもよい和解などニュースバリューとしては一回こっきりです。あと、例によって日韓メディア及び反対勢力が焚きつけた場合ですが、今の韓国国内の状況を考えるとこの先、その余力があると思えません。双方とも今回の合意をどう扱ってよいのかいまだよくわからないらしい。妙におとなしいのはそのためでしょう。 (ねむり猫)

....現在、資料ということではなく投稿というスタイルで長文の引用文書が送られてきている。その中の1行、1句の訂正とか、誤用とかいう問題は別のサイトでお願いしたい。余命としては返事のしようがない。また、外国の報道関係者がなにを言おうと、その発言について余命がどうのこうのといえる問題でもない。
 個々の小さな字句のような問題は枝葉末節、本筋を見誤らせるだけだ。
今回、かなりの数、スパムやゴミ箱処理をしている。感情で誹謗、抽象的な投稿はもちろんアウトだが、一番問題となるのは、自身の憶測思い込みで論理を組み立ててくる場合である。はっきりとした事実誤認や事実無根の場合は無条件で没にしている。
「10億円払った」「アメリカの圧力に屈した」という語句での投稿は完全な事実誤認である。

2015年12月30日
「貴殿は合意文書を読んでいないな」とありますが、産経新聞によると「日韓外交筋によると、合意文書の作成は、韓国国内の世論の動向を懸念する韓国側の要請で最終的に見送られた」とあります。
会談の正式な合意文書はないのではないですか? (中原れい)
.....両国が正式に調印した文書はない。ここで言っているのは日韓外相の会見内容を記した文書のことである。

 官邸メール要望は31日までの受付なので一応本日で閉めきる。貴重な投稿を無駄にされないようお願いしたところ、みなさん個々のテーマ別分割に対応され大変助かっている。 現在、65件ほどであるのでかなり時間がかかると思うが、政治の流れは来年7月の参院選でほぼ決着がつきそうだから官邸メールは今回がラストだろう。少し多めに採用するつもりだ。
この正月、靖国神社には参拝するので、もしかしたらすれ違いがあるかもしれないよ。 
 それではみなさん。良い新年をお迎え下さい。

  1. 三代目余命様、初めまして。
    初代余命様から、拝読させて頂いています。
    初代余命様の、まさしく命を削りながらの投稿は、鬼気迫るものがあり、のめり込むように読みあさりました。
    全てプリントアウトして、ファイリングしてあります。
    パソコン画面だけでは、なかなか理解できなくて、プリントして何度も何度も読みました。
    初代余命様の文の中に、「韓国の行く末を見届けるまでは、自分の命が持たない。あちらの世界から見届ける」と言うのが有りました。
    初代余命様も、きっと見守って下さっているでしょう。

    こちらに投稿という行動をしていなくても、応援している人は沢山います。

    それを伝えたくて、

    最近、我が家の上空から朝昼晩問わず、戦闘機の音が聞こえます。
    何が、起きているのでしょう。

    日本は、日本人のものです。

    1.  そう遠からず起きる第三次世界大戦が、中東と東アジアで起きるのはほぼ間違いない所です。もちろん、ここを見ている人達は、今いる場所が戦場となる覚悟をしてください。

       でも、今世界に必要なのは、ローマ法王とハディース集の欺瞞を明らかにできるユダヤの正統な王なのでしょうね。ユダヤの正統な王の証(アーロンの杖、十戒石、マナの壺、御船(アーク))は、ナザレのイエスの正統な後継者(ヘブライ派)の証(ナザレのイエスが磔にされたτ十字型十字架+罪状板、他は忘れました)と共にユダヤの正統な王の管理下にあるという話ですから…。

  2. 青山さんのインサイトコラムでは正月明けに安倍総理が何故
    今回決断したかを直接電話して聞いた内容を話してくれるそうです。
    米国・英国のメディアも中国にお金もらってるんですかね、8年もかけて日本の慰安婦強制は虚構で売春婦の延長という調査結果でてるのに、今回の合意は「性奴隷を日本が認めた」とか異例の報道してるそうです。
    ————————————————————-
    青山繁晴インサイトコラム

    韓国のおばあさん「慰安婦は募集だったのよ。逃げる日本人を終戦のどさくさで襲ったのよ。」
    https://www.youtube.com/watch?v=1WakORB769k
    ————————————————————-
    2014.11.27 05:10 産経ニュース抜粋

    米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに

    米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施した
    ドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、
    日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける
    米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。
    「米国議会あて最終報告」として、2007年4月にまとめられた。

    米側で提起されることはほとんどなかったが、
    慰安婦問題の分析を進める米国人ジャーナリスト、
    マイケル・ヨン氏とその調査班と産経新聞の取材により、
    慰安婦問題に関する調査結果部分の全容が確認された。
    調査対象となった未公開や秘密の公式文書は計850万ページ。
    そのうち14万2千ページが日本の戦争犯罪にかかわる文書だった。

    報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は、
    慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。
    調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ
    「こうした結果になったことは残念だ」と記した。
     報告では日本の官憲による捕虜虐待や民間人殺傷の代表例が数十件列記されたが、
    慰安婦関連は皆無だった。 慰安婦問題について(1)戦争中、
    米軍は日本の慰安婦制度を国内で合法だった売春制の延長だとみていた。※当時の常識!

     ヨン氏は「これだけの規模の調査で何も出てこないことは
    『20万人の女性を強制連行して性的奴隷にした』という主張が虚構であることを証明した。
    日本側は調査を材料に、米議会の対日非難決議や国連のクマラスワミ報告などの撤回を求めるべきだ」
    と語った。


    【ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)】
    クリントン政権時代に成立した「1998年ナチス戦争犯罪開示法」
    と「2000年日本帝国政府開示法」に基づき、第2次大戦での日独両国の
    戦争犯罪の情報開示を徹底させる目的で2000年に始まった調査。
    国防総省、国務省、中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)
    などに未公開の公式文書を点検し戦争犯罪に関する資料の公開を指示した。

    ケント・ギルバート氏がマイケル・ヨン氏の記事を和訳
    日韓問題:第二次世界大戦中、韓国男性が臆病者だったとでも言うつもりか?
    マイケル・ヨン氏「今までほとんど誰も存在すら知らなかったIWGの報告書を読んで欲しい。
    もし全部を読む時間が無いようなら、報告書の中で慰安婦(Comfort Women)を検索して、
    その部分だけでも注意深く読んで欲しい」
    かっての敵国アメリカが8年と30億円かけて日本先人の潔白を証明した最終検証報告書を。

    Nazi War Crimes & Japanese Imperial Government Records Interagency Working Group

    Final Report to the United States Congress April 2007
    http://www.archives.gov/iwg/reports/final-report-2007

  3. 余命様、プロジェクトチームの皆様

    海外から読んでおり 何時も力付けて頂いており感謝に堪えません。
    さて 今回の欧米メディアの反応ですが、
    軍の関与を ”20万人の強制性奴隷関与” と飛躍して情報を流した欧米メディアの間違いを指摘し 拡散出来ないでしょうか?

     これはアメリカが戦時中に日系人を強制収容したと 同等くらいの人種差別であり、間違いではないかと思っています。

  4. 余命さん、皆さん。
    何という長い一年だったことでしょう。
    いつかこの一年のもろもろの出来事が歴史の一ページに刻まれ、日本人が誇りを抱いて読み返す日が来ることを祈っています。
    来るべき年が、日本に寄生している在日にとって終わりの始まりとならんことを。
    そして、日本と日本人にとって希望と再生の年となりますように。

  5. おはようございます。
    昨日、一昨日と保守系でないブログを回ってマスコミにださまれた方々へ懇切丁寧に説明して参りました。
    かなり誤解が解けたように思えますが
    反対派は言い返せないとなるや「ネトウヨが~」「安倍が~」の芸の無いワンパターン反撃(笑)
    何を勘違いしているのか在日、サヨク勢力は今回の騒動で保守系だった人達をサヨク勢力に率いれようとしてるようですが
    むしろ韓国、在日、サヨクへの憎悪が増しただけであり
    勘違いのままの方が日本人がブチ切れて歯止めが効かない事態になりそうなのですが…?
    まあそれはそれでいいですかね(笑)

    そして在日に比べてネトウヨの嫌韓なんてカワイイものです。
    在日こそ祖国の住民登録、納税、兵役無視、在日認定への嫌悪感、本名を隠し日本名を使って日本人に成り済まし
    そして何が何でも祖国へ絶対に帰国しない世界一、地球一、宇宙一嫌韓な訳ですからね(笑)

    今年もお世話になりました。
    来年も「更新情報」のお知らせがんばります。
    余命さん、余命スタッフの皆様、余命読者
    来年が皆様にとって幸せな年でありますように。
    それでは良いお年を。(高速冷房ことスラ仏内藤)

  6. 在日のデータとマイナンバーはまだ渡していないのでしょうか?

    喫緊の課題は目の前に金が欲しいのだと思うのですが。

    オンラインで渡すのか、媒体で渡すのか?

    何か韓国の目の前に人参をぶら下げているように思うのは、下衆の勘繰り?

    米軍の撤退は朝鮮日報の記事を見ると既定の方針で粛々と行われているのだと思われます。韓国暴発の可能性を感じるのも下衆の勘繰り?

    質問ばかりで恐縮です。

  7. 先日、池袋に行きました。北口地下通りの本屋に余命本が3冊棚にありました。静かに販売拡散していますね。池袋北口は以前は韓国人、中国人たちが堂々とハングル、支那語の新聞(韓国人風俗情報か?女性の写真付き。)を読んでいましたが、最近は見かけなくなりました。慰安婦の件も、余命さんの解説を読んで、これも戦略なのだと改めて再認識することが出来ました。今年一年厚く御礼申し上げます。

    来年も余命さんと共に歩いていきます。

  8. 今回の慰安婦問題合意には正直動揺致しました。余命さんの399でのコメントを読んで大いに落ち着きました。本当に有難うございました。安倍さんも支持者までも煙に巻いての英断、韓国側の大混乱の現状を見て納得です。支持者は必ず帰ってくるとの強い信念があったのでしょう。岸田さんの再び騙されたフリしての尹外相への逆襲。ノリツッコミの様でおぼっちゃま感のあった岸田さんの執念を感じました。
    さて、韓国側のこの妥協。スワップなどの経済協力が目的と本項でも御指摘が有りましたが、その援助が実現されるとなるとかなり日本の世論が沸騰しそうです。韓国経済の困窮は今回の無条件降伏的な合意を飲んだ状況を見て参院選(ダブル?)の前に動かざるを得ないのでは無いでしょうか。安倍さんの目指す道への弊害にならなければ良いなと思います。
    来年は韓国、中国そして世界中激動の年になりそうですね。今年の極限を過ぎ、来年驚くべき結果が次々と出て来そうです。余命さんの灯台としての役割も益々重大となりますね。除鮮・除反日勢力行動の元年となる気がしております。
    文末になりましたがお体に気を付けて良いお年をお迎え下さい。

  9.  極限値の2015年が、終わります。
    余命時事日記を初めて読んだ時の衝撃は、現在でも続いております。仕事もしないで集中的に最初から全部読破しました。かなりの衝撃でした。それから、毎日、毎日、ブログの更新を待つ、2015年でした。危惧した事件は、起きなかったのは、幸いです。

     今回の安倍総理の慰安婦決断が、大多数の国民に理解されるでしょうか?

     余命時事日記を読んでいる読者は、数十万人くらいで、残りの一億数千万人は、既存のテレビや新聞・雑誌・ネットなどでしか情報を見ないし、判断出来ない現状だと思います。

     安倍総理への保守層の批判は、当然です。

    判断する能力が無いのでは無く、判断する情報の取得が、テレビや新聞、ネットなど、戦後から続いた既存の情報取得方法で行っているからです。これは、現在の日本人に染み付いております。簡単には、消せない、修正不可能です。頭の良い人間でさえ、この情報は正しいのか、何故そうなるのか、裏はなんだと考えずに、既存のテレビや報道だけで瞬時に判断させられているのです。完全な情報操作に踊らされている日本国民なのです。

     情報分析の専門家でない国民が目先の情報で、判断しているのです。

     安倍総理が判断した今回の慰安婦国策の意図が、国民に理解されるでしょうか?

    いずれなされるとしても、遅きに失したなんて事になる気がします。だからこその2016年です。着々と日本を取り戻す法律を通してきたのです。結果は、ついて来るでしょうが、大多数の国民は、目先のことしか見えません。見えないのです。

     余命時事日記の案内本を出版したのは、大正解と思っております。完全な、情報封鎖・隠蔽の中での、余命本出版は、巨大なダムに穴を穿つ、乾坤一擲の作戦となるはずです。

     余命様、日本国の為に、御身大切に、御自愛願います。

    1. 初めまして(更にはつコメント)、いつもこちらのブログを楽しみに見させてもらっているものです
      さて、youtubeの保守系チャンネルのコメントにも安倍が戦没者の顔に泥を塗った、岸田はふぁびょっただのと言う始末です
      今までの安倍総理の外遊や安保法制などを見ていれば、今までの自民党総裁とは明らかに違う、後ろに余命スタッフのような策士の存在を臭わせるような、他国を巻き込んだり(今回はアメリカ)柔と剛の使い分けの巧妙さが見て取れるはずなんですが、、、保守系から批判が噴出しているような内容であれば、当然、共産党や親姦議員が今回の妥結内容にケチをつけることは事実上無理、世界に対してもきちんと謝罪した日本と言う印象が残る、韓国と言えば国内世論、挺身協などまとめようがない、最悪白紙撤回(野党などから異論が噴出しているようで)

      そうなった場合、きちんと謝罪した日本、それをけった韓国、こんな国とは国交は継続できない(これは私の理想ですが)
      も考えられるようになりますね
      駄文長文すみません

  10. 余命様と、プロジェクトチームの皆様へ、

    私も当初は落胆しておりましたが、あまりにも今までの安倍首相の行動と異なっていたため、本当の意図は何であろうかと数日間考えておりました。保守の方々の悲観的な言動には正直驚きましたが、徐々に現れてくる情報を読み取っていくうちに、安倍首相は思っていた以上の役者だったということを痛切に感じております。正に「敵を欺くには、先ず味方から」。
    これからしばらく我等在外日本人にとって厳しい事もあるでしょうが、本当に「日本を取り戻す」ためには何が必要であるかを、今一度再認識したつもりです。それが出来なければ、何事も進みません。2016年はアメリカ(国連)軍の韓国撤退も含めて、色々と面白くなりそうです。

  11. Amazonランキングが、一時の間2位になっていました。今朝確認したらまた返り咲いておりましたが。

    その間1位になっていたのは、「パタリロ!」の作者である魔夜峰央さんの漫画でした。
    かなり古い作品で、なぜ今さら?と思ったのですが、どうやらテレビで取り上げられたのが理由のようです。改めてメディアの影響力を思い知らされました。

    そこでふと思いました。
    余命本の売上を下げる事は出来ないので、他の本のランキングを上げて余命本の注目度を下げようとする動きがあったりするかもしれないなと。

    これからしばらくの間、テレビや雑誌などでやたらと本や書評が話題になるなあ…なんて事になるのではと思った次第です。
    チェックしてみると面白いかも知れませんね。

  12. 余命の皆様へ

    いつも勇気を頂きありがとうございます。
    このサイトを初めて見た時には、これから日本はどうなるのだろうと胸がドキドキし、自分には何が出来るのか悩みました。
    しかし、この一年で状況がめまぐるしく変わり、日本に一筋の光が差し、希望が生まれました。
    余命の皆さまに感謝の気持ちで一杯です。
    来年もよろしくお願いいたします。
    それでは良いお年を

  13. 余命さんの解説で納得がいきました。「在日特権」の廃止については韓国以外の他国からは文句が出ようがないでしょう。スワップと引き換えに、「在日特権」、「竹島」、「靖国参拝反対停止」など各種懸案事項を一挙に解決するのがベストでしょう。今、韓国内は1910年の日韓併合時の状況に陥りつつあるので、国内をまとめるのは至難の技でしょう。結局、韓国のマスゴミと政治家が自国を破局に追いやっているわけです。
    一時的にご先祖様の名誉を傷つけているように見えても、子孫の将来のことを考えれば、今回の合意は国益に沿った行動の一環であると判断できるでしょう。年明け早々には靖国へお参りする心算です。

  14. 余命さま、少し早いですが良いお年をお送りください。
    今日が締め切りですので、最後に官邸メールの件のお願いをさせていただきます。

  15. 余命プロジェクトの皆々様

    明日から新しい年になりますが、私は今春(GW)より、余命さんの存在を知り、衝撃的であったと同時に、本物に出逢えたと、夜も眠れないほど興奮し、貪るように過去の記事を読んだことが昨日の事のように蘇ります。

    そして、今回の慰安婦合意でも、多少の動揺はあったものの、きっと何か意図があるのだろうなぁと、直ぐに冷静になりました。

    敵を騙すには先ず味方から… 安倍首相も悪よのぉ〜、とニタニタしながら推移を見守っていると、余命さんの記事を拝聴して、やっぱりねぇ〜、としたり顔。

    こんなやりとりをして楽しませていただいた一年でした。(ホントは一年以下ですが…)

    遅ればせながら、どうにか間に合った感がこの上もなく嬉しかったし、ものごとの見方や本質を見抜く力も、余命さんのおかげで自然と身についた感がします。ありがとうございます。

    余命プロジェクトの皆々様、お身体大切に。来年もよろしくお願いします。

  16. 今年もあと僅かですがお疲れ様です。
    今回の合意等で私見でありますが安部総理は一回頂点から転落してまた頂点へ登りつめただけの事はあるなと思いました。多少の非難をものともしなくなったと実感中です。

    今回の合意によって先祖の英霊が辱められた等の意見がまばらにありますが、辱めたのは朝日新聞であり河野であり村山であるのを忘れてはなりません。
    そして残念なことにアメリカ国内での慰安婦の件はアーミーテージ氏も指摘しておりましたが完全に日本が負けております。長年放置してやりたいようにやらせていたツケです。これを解決するには長い年月がかかります。地道にやっていたら安部政権が長期政権であっても無理でしょう。
    そしてただでさえ獅子身中の虫が多い中、安部政権以降の政権が安部総理と同じ様な方向性を取るという保証は一切ありません。
    例え批判されようともここで一気にケリをつけて安部政権以降の政権が媚韓になったとしても簡単に行動(売国)出来ないようにする楔を打ち込む意図も含んでいると思っております。
    また今アメリカを介して合意、文書化しても韓国の次の政権が無かった事にするに決まっているという話もありますが、無かった事にするという事はアメリカの面子を潰すと同時に前政権の方針を踏襲しないということになります。日本にとってこの合意は河野、村山談話以降の歴代政権に踏襲されたものをベースにしております。韓国側でこの合意を踏襲しないという事は韓国自らが河野、村山談話の否定という事になります。アメリカを立会人に世界に発信したという事はこういう意味もあるという事かと。もし韓国が将来無効にした時に日本が「あちら側が踏襲しないといっているものをこちだけが踏襲するというのはおかしいのでは?」とアメリカに問いただした時のアメリカの反応が気になるところです。
    安部総理に文句を言う前に、そういう状態にした朝日新聞、村山、河野他大勢の獅子身中の虫に文句を言ってもらいたいものです。

    それでは皆様良いお年を。

  17. いつも拝見させていただいております。ブログだけでなく書籍にもなり、売上もたいへん好調なようで余命様の活躍ぶりに驚き、世間の目が啓かれること嬉しく思います。

    以前、余命様は名乗りでたり顔出しでの活動はしない旨を書かれていたと思います。それは結構だと思うのですが、それならば、なおさら素性を知られない努力が必要だと思います。特に、今回の記事には靖国神社に参拝すると書かれています。それも正月と時期まで明らかにされています。これでは敵に自ら身をさらしているようなものです。twitterの書き込みから相手の居場所を特定する余興をしている人たちのやり取りを見たことがありますが、インターネットに通じていないものには舌を巻くばかりの手口でした。どうかお気をつけ下さい。

    それでは、来年も余命様の活躍を期待しております。良いお年を。

  18. こんにちは、官邸に罵詈雑言に近いメールを送ってしまった一人です。
    一瞬、送るのを止めようかと思ったのですが、送ってしまいました(笑)

    メールの内容はともかく、大量のメールが官邸の送られたものと思います。デモも起こっているようですね。

    まあ、良いかと思います。

    日本国民は「この問題に注目している」との意思表示ですから、
    政府、お役人には大きなプレッシャーをかけるできです。

    いつだって最後の詰めが甘いのが今までの「日本政府官僚」ですもの・・・。
    黙って無関心がもっとも売国奴には都合がよいですものね。

  19. 極限値の2015年も今日が最後ですね。
    来年は如何なる年になるのでしょうか?
    今年までに撒いた種がいよいよ発芽し、段々とそこらここらで様々な効力が発揮していきますね。
    ところがマスゴミは都合の悪い事はスルーするか誤魔化すか、はたまた本来とは逆の意味に挿げ替えるか、姑息な手段を高じて來るでしょうね。今回の日韓外相会談の様に我々も騙されないように、気を引き締めて掛からなければなりません。

    しかしながら余命様が我々の疑問を即時に回答して頂けるのは、大変助かります。
    こちらのコメントを書かれている方々はご自分のブログを持っていたり、まとめブログへのコメントに書き込みされたりの行動派が多いので、今回の慰安婦問題のような保守派の勘違いも余命ブログで安倍さんや政府の本心が解るや否や、すぐに訂正拡散できますものね。
    余命様、プロジェクトの皆様もお忙しい中、ありがとうございます。

    今年も今日で最後になりました。
    初代の時より格段に在日・韓国・国内反日の包囲網を狭める仕掛けが出来たとはいえ、まだまだやらなければいけない事は山ほどあります。
    余命様プロジェクトの皆様、また読者の皆様 体に気を付けて来年も気合を入れてまいりましょう !

  20. 私も今回の合意に、半日ぐらい凹んでましたが、その後冷静に情報を集めてみると、
    今回の合意で、当の日本も韓国も「性奴隷ではない」「強制連行など知らん」と、認め合ったとも言えます。関与は、募集の新聞広告があるし、何も今回が初めての言及ではありません。
     民間のプロパガンダ、メディアの報道も、コレを基に、「これ以上、元慰安婦の方々の心の傷をえぐるような真似はよせ!」と、訂正を求めればよいのです。
    もちろん、来年3月に正式文書にするなら、それを待ってからでしょうが。

  21. 余命三代爺さま 余命スタッフの皆様 そしてコメント欄に
    書き込んで様々なことを一緒に考えて心配して、教えて下さった
    やまと魂をお持ちの皆様 
    皆様のおかげでまだ日本は大丈夫だと確信することができました。
    こんなに来年が待ち遠しいのは嬉しいです。
     初詣では日本の弥栄を祈りましょう。
    よいお年をお過ごし下さい。

  22.  今回の安倍・岸田合意を見ていて強く感じるのは、保守も安倍総理を勘違いしていると思うことです。
     安倍総理は「左翼が打倒すべきヒトラー」でも、「ナショナリストの強い指導者」でもないように思います。
     総理のお考えは一貫して「戦後レジームの脱却」であり、「自由と繁栄の弧」だと思うんですよね。

     安倍談話でも、排外的な世界観は一切示されていませんし、戦後日本の平和国家としての歩みを全面肯定されている。
     例えばTPPも「知的財産権や政治制度を揃える」方向性がある以上、民主主義を基本にした日米欧的な枠組みを重視するということで、これは「覇権国家に民主的国家が連携して対応し、民主主義を広げる」という「自由と繁栄の弧」で、売国政策などではない。

     安倍談話では「孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを力で解決しようとした戦前の我が国」を例として、世界の大勢を見失ったことへの反省が述べられていますし、「歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります」と述べられています。

     安倍総理が韓国と少なくとも表面上は対立しないのは、安倍談話で「行き詰まりを力で解決しない」「植民地支配から決別する」「すべての民族の自決の権利が尊重される」「女性の名誉や尊厳を傷つけず、より添う」「いかなる国の恣意にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させる」と言っている以上、当然だと思うのです。

     岸田合意の「日本の責任」なるものは、「行き詰まりを力で解決しようとした責任」であって、先の大戦で救われた人もいるだろうけど、不幸になった人もいる。朝鮮の悪徳民間業者に、親が娘を売り飛ばしたことに、日本政府や日本軍が積極的に加担したことはないでしょうけど、戦争がなければ売り飛ばされなかったかもしれないし、結果として慰安所で不幸を感じていた人もいるかもしれない。
     そうしたこと全てをひっくるめて「行き詰まりを力で解決しようとした時代に巻き込まれた人の救済」というだけのことでしょう。

     安倍談話では「歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります」と述べられていますが、つまり「歴史は胸に留めておくが、同時にそれを教訓として、より良い未来を切り開くべきもの」ということですから、韓国とも対立せずに「最終的かつ不可逆的に」区切りを付けるしかない。
     「区切りをつけるのは政治の責任」だと思われているのではないかと思うのです。

     つまり安倍総理は右でも左でもなく「未来に責任を負おうとされている」だけでしょう。そのことで民主的社会が前進し、アジアや世界を発展させることにつながりますから、日本の正当性だけに固執するよりも、むしろ尊い姿勢だと思うのですが。
     
     韓国はどうしようもない国ではありますが、国際世論に叩かれれば新聞記者を無罪にし、「最終的かつ完全な合意」を完全反故にはできず、仏像も一つは返します。ロシアなら産経記者はとっくに処刑されていたかもしれません。
     彼らが幼いのは、この百年に人権すらない李氏朝鮮→日本統治時代→朝鮮戦争→軍事独裁政権→一応民主主義と目まぐるしく是とするものが変わり、アイデンティテイが安定しないこともあるでしょう。
     我が国としては腹立たしいけど、世間知らずのドラ息子を育てるように接するしかない。「暴支膺懲」みたいな価値観で同レベルで殴り合っても、我が国の国際的評価が下がるだけですから。

     その上で、今回の岸田合意を見るなら「大人が子どもの嘘に責任を取らせる」ような内容だと思います。
     岸田外相は「韓国政府が、元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し、これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し、日韓両政府が協力し、全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心を傷の癒しのための事業を行うこととする」と述べられましたが、これは全編仕掛けだらけですよね。

     「全ての慰安婦」であり、韓国人限定と書かれていません。また、韓国政府が「財団」を作るというのも見事な交渉成果です。
     既に台湾の慰安婦が「私たちにも賠償せよ」と言っていますが、「慰安婦でお金が得られるなら我も我も」と現れるであろう、台湾とか東南アジアの自称慰安婦は、10億円という限定された原資から、韓国の「財団」が対応しなければならないのですから。

     韓国政府は「慰安婦は国際的な人権問題」と強く主張しましたから、台湾などの慰安婦を門前払いできません。韓国が門前払いしようとしても「日韓政府で協力する」「この措置を着実に実施するのが前提」とありますから、日本は「財団に渡した資金で台湾の慰安婦も救済しろ」と韓国に要求できます。「最終的かつ不可逆的な解決」なんで、資金のおかわりはない。
     必然的に限られた10億円を韓国と台湾や東南アジアが奪い合う構図になるわけです。
     この中で韓国が、台湾の慰安婦に「証言だけでは信用できない」などと言ったら、日本は「では全ての慰安婦に証拠の提出を義務付けましょう」と指摘するだけです。大ブーメランですよね。

     また、この財団は「米軍慰安婦問題」「ライダイハン」は対象外ですが、日本軍慰安婦だけが救済されるとなれば、被害者たちは怒り狂うことでしょうね。
     こうなれば、10億を使い切った韓国は、自国資金での救済などしたくないので「慰安婦財団は歴史的役割を終えた」などと畳もうとするでしょうけど、上記の「日韓政府で協力する」「この措置を着実に実施するのが前提」なので、韓国の都合だけでは畳めない。
     畳むことに対して「日韓経済協力を反故にする」などの対抗措置を覚悟する必要があります。無理に畳んだとしても「慰安婦財団は役目を終えた」と韓国政府が言えば、「自分で言ったことなので蒸し返せない」。もうアリジゴクみたいですね。

     付け加えるなら「原爆被害者が」みたいなことを持ち出しても、「慰安婦と同じ解決方法」を提示すれば、この厄介事を背負い込むことになりますから、韓国政府は及び腰になるでしょう。

     こうした仕掛けに韓国側が気づき、財団を作らないとしても(今、ゴネてますよね。作らないと)、「米国主導で行われ、世界中のマスコミの前で行われた約束を韓国が守らない」、「日本は10億円を払わないでいい」、「対韓外交のハードルを上げる理由にできる」と何も問題はありません。

     慰安婦像の撤去なんて行わなくても、日本側の完全勝利。10億なんて安いものだと思いますけどね。この想像が当たっているなら、岸田外相が交渉後に「歴史的合意」と笑顔だったのはよくわかります。相手が罠にかかったのですからね。

     欧米にとっては「韓国・ギリシャ式ゴネ得モデル」を、途上国から行われるのは鬱陶しいから「そういうこと言いだすと自力救済型解決にして、ペナルティがあるよ」という形にしてほしいでしょう。だから、米国のケリー国務長官は「国際社会はこの歴史的合意に賛同してほしい」と呼びかけているわけです。多分日米がグルなんですよね。
     こんな可能性がある以上、安倍叩きに加わるつもりには全くなれない。安倍総理は稀代の策士かもしれませんよ。

  23. 今年も残すところあとわずか、そして来年はいつもと違った意味で楽しみな年になりそうです。
    さてシンシアリー氏のブログによりますと、あちらのマスコミも饅頭に仕込まれた毒に薄々感付いてきたようですね。いや本当に楽しみです。
    それでは皆様よいお年を。

  24. 余命様、余命スタッフ様
    お疲れさます。

    初めて投稿します。

    初代のかずさんから読ませて頂いてます。

    悪夢の3年3か月と日本を歪める勢力の強さから
    やっとここまで来たか・・・と身を引き締める思いです。
    3代目余命様も、日本本来の状態を取り戻すために予断はできないと思うのですが
    今後も応援してまいりますので頑張ってください。

    官邸要望メール

    多くの事案がすでに皆さんや余命様が出されているので
    優先順位が後になるかもしれませんが、送らせていただきます。

    次世代の子供教育について

    いかなる環境で生まれ育った日本人の子供に対して教育を公平に受けさせてほしいです。

    少子化と懸念があるなら、今いる子供たちの教育レベルを上げて人材育成をした方が移民を入れるよりよほど将来の日本の財産になると思います。
    結局は人材だと思うのです。

    家庭の事情や、ひとり親の子供、施設や震災孤児も含めて今の子供の教育費や進学や進路に選択肢を広げるとか何かできないでしょうか?
    親の収入で将来が決まってしまうと言われている現在。

    親の貧困の連鎖が子供にも現れていると報道されています。
    これは本当に深刻な問題です。
    自治体や学校によって差はあると思いますが、すでに中学校~塾が主体になっており長期休みは学校の宿題がほとんど出ません。
    塾に通っていない子もかなりいるのですが担任に聞くと「塾で沢山宿題が出るから」と返答されるそうです。
    また、受験の志望校や面接の練習も塾任せな学校がちらほら出てきて、保護者は大変不安に思っています。

    兄弟姉妹がいる場合で、受験の年が重なった場合は「下の子が塾行かず、志望校もランクを下げて諦める」そうです。
    本当に格差社会になりつつあるので、子供の教育費に頭を痛めます。

    勉強をしたくても、地方から出てきた学生は「妹・弟がいるからこれ以上、親に負担をかけさせられない」と
    進路や就職もかなり軌道修正している子を多く見てきました。

    会社の後輩は先輩方の子育てをみて「私は子供を産みたくない」とも言っています。

    色々なご意見があるでしょうが、向学心がある子や環境で学びたい事が出来ないのが残念です。

    海外留学生奨学金制度の廃止はもちろんです。
    現場では、現実的にこのような差が出てきています。

    余命様のご意見を聞かせて頂けたら嬉しいです。

    2015年最後の日ですが、来年もご活躍期待しております。
    よい年をお迎えください。
    乱筆乱文失礼いたしました。
    (抹茶)

  25. >田舎者さま

    >Amazonランキングが、一時の間2位になっていました。(略)その間1位になっていたのは、「パタリロ!」の作者である魔夜峰央さんの漫画でした。
    かなり古い作品で、なぜ今さら?と思ったのですが、どうやらテレビで取り上げられたのが理由のようです。改めてメディアの影響力を思い知らされました。そこでふと思いました。余命本の売上を下げる事は出来ないので、他の本のランキングを上げて余命本の注目度を下げようとする動きがあったりするかもしれないなと。

     その本読みました。「このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉」ですね。
    2冊めの余命本と、はすみ本を買いに行ったけれど無かったので、代わりに
    購入して帰りました。

     埼玉県民をこれでもかと差別しディスりまくるブラックユーモア漫画で、主人公たちは埼玉県民解放のために立ち上がるレジスタンス。
    それを始末しようとする側に「自民党幹事長 階階堂進()」がいたり、
    ところどころに”埼玉狩り”とか”人種差別政策”とか、
     ”差別を止めさせるために子供を養子に出し東京都民の素性を作り上げた後に大蔵省から政界入りする工作だ”・・・等のエピソードにどこか既視感を感じました。

     魔夜さんが好きだったので読んでみたのですが、「このマンガがすごい!」という煽り文句もAmazonランキング1位というのも有り得ないと思いました。なぜなら魔夜さんにはもっと埋もれた素晴らしい作品があるからです(笑)。
     しかもこの作品は1982~1983年に発表されたもので、今回のコミック全180ページ中98ページまでしかない未完なのですよ。
    完結もしてない漫画にこのマンガがすごい!ってありえないし、今この時期にこの本を売りたい誰かの意図を感じずにいられませんでした。
    魔夜さんがアッチ側の工作に利用されたのではない事を祈りたいです。

    余命様、今年もありがとうございました。
    来年も私達日本人の牽引よろしくお願いいたします。
    どうぞよいお年をお迎え下さい。
     

    1. >たとえば 様
      日本の大手出版社はすでに編集者レベルで在日に乗っ取られていて、芥川賞とかも帰化人や在日などの日本人でない人しか獲れず、日本人は作家にすらなれないと、2ちゃんねるのスレッドで見たことがあります↓

      [帰化、在日]戦後文壇は朝鮮系[乗っ取り]http://peace.2ch.net/test/read.cgi/books/1362250779/l50

      上スレッドより抜粋

      出版社は編集者レベルで朝鮮系 だから日本人は作家にすらなれない
      反論、異論は認めない、というのも現在の文壇のほとんどが朝鮮左翼系だから 
      自虐史観を新聞、テレビと共に誰が植えつけてきたか考えよう

      もはやすべての文学賞受賞者は 朝鮮人認定式 と成り果てましたな

      戦後、出版社が朝鮮人にのっとられてどこの賞も日本人が受賞できなくなった
      だから文壇は左翼と反日の巣窟
      おまいら、本なんて絶対買うなよ、朝鮮人に貢ぐだけだ

      私も『パタリロ!』のアニメとかを見て育った世代なので残念ですね。
      魔夜峰央さんも在日出版社の言うことを聞かなければおまんま食い上げ
      なのでしょう。

  26. 余命様
    今年は嵐のような一年でしたがご尽力誠にありがとうございました
    来年は日本国と日本人に幸多からん事を願います

    また慰安婦問題に関してまだ納得がいかない方がいらっしゃいましたら
    余命三年時事日記アーカイブ様にて詳しく解説しておりますので
    一度目を通していただけると見方が変わるかと思います。

  27. 初めて投稿いたします。余命ブログのおかげでメディアの流す事項にフィルターをかけて見ることができるようになりました。以下官邸メール案です。
    公立中学校の教員の資質、人間性、に問題があります。プロ意識に欠けすぎています。首都圏の公立中では学力の向上に寄与しているとは思えず、進学塾に頼りきりです。国籍を日本人に限ると共に、数年に1度適正を図る何らかの手段が必要と思われます。
    以上です。うまく文章が練れないのですが・・・。
    チーム余命の皆さま方、くれぐれも身辺にお気を付けください。またご自愛下さい。よいお年を、そして来年もよろしくお願いいたします。ブログの更新、大変な労力と思われます。ありがたいです。

  28. 「朝日新聞の慰安婦記事捏造に対する謝罪と損害賠償」
    朝日に対する集団訴訟の結果が待ち遠しいのですが、勝訴した場合には
    朝日は勿論、ジャパンタイムスなどの英字新聞の第一面に謝罪広告を1年間出稿することを朝日に義務付けるべきでしょう。あくまで「謝罪広告」ですから「報道の自由の侵害」にも当たらないでしょう。

  29. 余命爺様

     慰安婦合意問題のとても分かり易い解説、ありがとうございます。
    余命読者の大半が安堵し、心穏やかに年末を過ごし、そして新たな決意で新年を迎えられると思います。

     官邸メールが本日締め切りですが、以前から気になっていた「重要施設や水源周辺地の外国資本による土地取得問題」をテーマに、来年以降の有事があった際に心配なので、法的にきちんと整備してほしいと要望しようと考えておりましたが、現行ではWTO協定違反の恐れがあるため法整備はできないみたいですね?
    ———————————
    日本経済新聞 電子版 2013/10/23

    首相、外国人の土地取得規制検討表明 防衛施設周辺

     安倍晋三首相は22日の衆院予算委員会で、自衛隊の重要施設周辺の土地取得を制限する仕組みを政府・与党で検討していく考えを表明した。外国人や外国資本の周辺土地の所有に歯止めをかけ、安全保障上の懸念を払拭するためだ。土地取得で国籍の差別をしない世界貿易機関(WTO)協定に抵触する可能性もある。自民党は安全保障と土地規制に関する特命委員会を新設し、25日から検討作業に着手する。
    ———————————
     全文は有料会員登録しないといけないので引用はここまでとします。
     外国人土地法のウィキペディアを見ると、第1条や第4条では禁止や制限ができそうに読めるのに、戦後運用では難しい(特に民主政権以降)とあります。

     ただ、安倍政権が把握して行動に移しているので、現行では法的規制が難しくとも公安(?とか日本版NSCとか?)が監視継続しているので問題ないと捉えてよろしいのでしょうか?

     もっと自分できちんと調べて理解できれば良いのですが、休みが明日やっと1日(元日のみ)とれるのが救いの自営業&学もない恥ずかしい者ですので、お時間の取れる時にご教授くださいましたら幸いです。また、余りにもお粗末、的外れな質問をしているのでしたらお手間を取らせるのも憚られますので、スッパリと無視してくださいませ。

     それでは余命爺様、スタッフ皆様、読者皆様、良いお年をお過ごしくださいませ。来年また共に戦えますよう。

    TMTM

  30. 今年も紆余曲折な事柄がありましたが、来年から本当の意味で日本人のための日本がもどって来ると信じています。
    政治家だけが戦っているわけではありません。日本人のサラリーマンが日々の暮らしのために仕事をこなし自分を磨きあげるからこそ今日があるのです。
    来年度もご自愛ください。

  31. 極限値と云われた2015年も残り数時間となりました.今年を振り返れば,
    日韓スワップ終了,外務省HPの文言修正(只の隣国記述),在留カード切り替え,集団通報,70年談話,マイナンバー改正法可決・施行,安保法案成立,日韓外相会談での共同声明などの重要なイベントがあり,日本にとって良い方向に進んでいると思います.

    特に共同声明については直近のイベントであったので,現在進行形で賛否意見がニュースまとめ板,SNSで見かけますが,それだけこの問題が日本国民にとっても関心が高いという事が分かります(その一方で工作員の活動が活発でもありますが).
    是非ともメディアのこういう情報,報道スタイルに踊らされず,冷静に問題の本質と向き合って欲しいと思います(生意気な事を言ってすみません).
    私も動揺した事を反省して,もっと冷静に情報の意味・意図を読み取る事に努めたいと思います.

    一方で,かの国では挺体協,ナヌムの家,自称慰安婦,学生および市民団体が盛大に火病っていますね.
    当然これら問題の窓口は韓国政府という事で,朴槿恵が動かざるを得ない状況になっている様です(前記事の一読者様のコメントが分かり易いと思います).
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151231/k10010357741000.html
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015123000108

    それでは皆様良いお年を,そして来年も何卒宜しくお願い致します.
    “MGY”

  32. 官邸メールとして帰化の条件としてアメリカ式に近い日本版を考えています。支那人、朝鮮人のように日本に帰化しているにも関わらず本国に忠誠を誓う者達がいます。本来その国の国籍を習得した場合如何なる理由が有ろうとも国籍を習得した国に忠誠を誓わねばならないと思います、当時アメリカといよいよ戦争が始まろうとしている時、当時の日系アメリカ人はどちら側に忠誠を誓うか悩んだそうです、東條英機首相から日系アメリカ人に手紙が届いたそうです、【君達はアメリカ人ですお国に忠義を尽くしなさい】と言われアメリカ人として勇敢に戦ったそうです、それぐらいの覚悟がなくては駄目だと思います、中には日本が好きだからと言う理由で帰化している人もいますが…個人的にそうゆう者達もあまり信用ならないんですよね‥この内容は承認しなくても結構ですので、
    日系アメリカ人部隊の話しをある所で読んだとき当たり前のこと何だがそうだよな~と思っただけですので。

    1.  急に「少女像」と呼び始めたのですか。これは、敵も従来通りの「イアンフが~っ」では勝てないと見て作戦を変更しましたね、要注意ですね。
       「追軍売春婦 Campfollowers像]を「人権被害者少女像」の象徴にしようとする作戦ですな。
       しかし、「人権被害を被った純真な少女像」にしては、如何せん、人を惹きつける気品が足りません。どう見ても象徴に値する像とは思えないのですが・・・・^^
       ま、これを逆手に取って逆襲する方策も考えられないではないですが・・・
      今日は大晦日ですし、頭を冷やして考えましょう^^
       おじゃましました^^どうか良いお年を。
       

  33. こんばんは。
    安倍総理がどのような経緯で一度政権から落とされ、そして返り咲いたのかを知れば、彼がK国や在庫に対して温情をかけたりなんてするなんてことは、まず100パーセントありえないとわかります。
    おそらく日本で一番朝鮮民族を日本からたたき出したいお日本人が、彼だと思ってます。
    これを念頭においておくと、一見裏切ったように見える安倍さんの行動に対して、今度はどんな手ひどい方法で朝鮮人たちを追い詰めるのかなーとニヤニヤしてくる次第です。
    だまされる日本人が多いほど、彼の離韓政策の成功度が高い感じがするのは気のせいでしょうか?

  34. 今年一年間あっという間で、あの7月9日が懐かしくさえ思えます。余命さんの記事、皆さんのコメントには勉強させていただき、また希望をもらえました。有難うございます。それから靖国は1月3日に行く予定ですからすれ違いは期待できませんね。

    余命さん、皆さん、良い新年をお迎え下さい。

  35. 初めて投稿いたします。

    いつもニュースを見ては、歯がゆい思いをしたり、戸惑う事もしばしばですが、安倍首相は必死に戦っておられると思ってます。私は信じて応援を続けたいと思います。

    こちらは二代目かず様の頃より読ませていただいてます。
    初代余命さんの文章にふれたとき、思わず胸にこみあげるものがありました。受け継がれた二代目様、三代目様にも感謝の言葉しかありません。弱くなりそうな私の心を支えてくれます。
    本当にありがとうございます。

    災厄にあったとき私達は心を一つにし、助け合ってきました。
    これからもきっと。

  36. 永住者カードと強制送還あたりから読み始めた者です。
    今回の発表で軽挙妄動としてしまい、次第に思考停止していましたが、少しずつ新しい情報が入り巧妙な作戦あったこと等々、自分の空騒ぎに反省しているところでございます。木を見て森を見ずの状態でした。
    どこかのコメ欄で「えーどーゆーこと!」とかみついておりました。
    情報をテーブルの上に並べ重要度の位置づけを意識するように気をつけます。
    今回は見方が炙り出されたかと。理解がタリンと 笑
    私のことでした
    よいお年をお迎えください。

  37. 余命様、関係者の方々のご努力に感謝しています。

    >先般、海外の慰安婦像問題で活動されている方々の件で少しふれておいたが、そこで、この件はバックの韓国を叩かなければ解決しないという余命のスタンスをあきらかにしている。韓国系住民の慰安婦像の設置と、慰安婦問題だけではなく、その他の捏造問題でも国連への働きかけが強まっていることから1月中の対策会議の設定をしていたところである。
     

    慰安婦像設置で活動している団体は、国連の人権理事会に、辺野古移設を阻止する勧告を出させようと働きかけてるのではないですか。
    人権保護の観点から、「沖縄の負担軽減」「沖縄の基地縮小」は必要、辺野古移設は問題であると。
    基地問題に国連が口を出すのは行き過ぎですが、今秋の総会に翁長知事が出席し、基地の負担を訴えました。
    当事者の沖縄県民の強い要望があり、代表して知事が訴えたという形を取ったことで勧告は出しやすくなったでしょう。
    理事会は三月にあるのですよね。

    沖縄の海兵隊は、日本が制空権を守るうえで非常に重要な存在と認識しています。

  38. 余命本をはじめて手にした書泉ブックタワーを再訪。
    売り切れとのこと。
    話題のコーナーというはすみさんなどの本のコーナーがあり、このコーナーには左ゼロ。おそらく余命本はここに平積みさてれいたのでしょう。
    平積みが見たいのですが、なかなか見られません。
    書泉さん、また、書泉さんで買いますね。
    明らかにあちらでないと思われる方には年賀状に余命本宣伝しました。
    余命様、来年も引き続きよろしくお願いいたします。

  39. 発表合意について、コメントしたいと思います。(二回目です)
    1 岸田大臣は、発表合意の前段で「その経験に立って」と言ってたので、個人的には、韓国側の対応は全てお見通しなんだな、と思いました。
    2 慰安婦とは関係がないのですが、韓国には、リーマンの件で米国を土壇場で裏切り、リーマンショックを引き起こし、世界中に迷惑をかけたという過去があります。(「リーマン 韓国産業銀行」で検索)
    3 韓国にはこのような過去があるため、口約束とはいえ、世界中に向けてその国の大臣が取り交わした約束なので、もし仮に韓国政府がこの合意を反故にすれば、世界中から「また裏切るのか」と批判され、今後、韓国政府は、他国との交渉(通常はギブ・アンド・テイク)ができなくなるのではないかと思います。
    4 ですから、韓国政府は、発表合意を反故にできず、発表合意にある前提事項を着実に実施しなければならない立場に「置かれてしまっている」と思います。

  40. 韓国内部のイザコザ噴出で、すでに合意内容の破綻が見えてきましたねw
    政権を取ったら合意を覆すとか言ってる韓国野党の頭の悪さは、日本政府による無視方針の正当性を担保するものでしかありません。
    今回合意できなければ、米国政府でさえ無視を容認せざるを得ないでしょう。

    皆、「どのみち日本では安倍政権一択しか出来ないし、脊髄反射するのは控えた方がいいんだろうな」と学習するんじゃないでしょうか、ねえ。

    2015年は極限値、ならば2016年はどこまで事態が進んでいくのか、国家間戦争やEU内戦(IS主催)も含めて見ていく年になりそうです。

  41. 余命爺さま
    プロジェクトチームの皆さま

    この一年本当にご苦労様でした。

    いままでの流れを見ていますと来年こそ日本国・国民として勝負の年と思います。
    海外状況がどうであれ、国内に異民族が100万人以上住んでいて日本人に成りすまし極悪の限りを尽くしていようとも縄文時代から少なくとも16000年以上この土地に住み神々の恩寵をうけながら生きてきた神々の民=日本人は、すべてを受け止め、受け入れながら独自の日本文化を必ず進化させていくでしょう。
    そして日本民族の高度な精神文明は現代に復活し、いずれ地球文明すらリードしていくでしょう。

    さて、日本民族がこのような更なる進化・成長を達成するためにはゲートキーパー(門番)を突破しなければなりません。
    そのゲートキーパーが在日朝鮮中国人と中国・韓国だと思います。
    そのクリアが2016年かもしれません。
    覚悟を決め大いなる勇気を腹に溜めつつ祖先に恥ずかしくない考えと行動をしたいと思います。
    良いお年を。
    そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  42. こんばんは。
    余命様が疑問を持たれました、僕の”先人の名誉を傷付けてまで”というコメントは、「安倍総理が謝罪した上で軍の関与を認め、
    10億円を支払う」という報道で、
    「捏造された歴史に金まで払うのでは先祖も浮かばれないだろ。泥棒に追い銭か」
    と、つい早とちり(と言いますか、カチンと来て)してしまったものです。
    しかし昨夜にコメントを入れさせて頂いた通り、29日の余命様の投稿で説明して下さった内容の一つである、

    4.賠償金は不可
    この財団は韓国が設立し、日本が資金を拠出するものである。運営の主体と責任は韓国政府にある。日韓協調の取り組みであるから、当然、資金は賠償金ではない。

    つまり、全ての元慰安婦の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うという名目の手切れ金を、財団に支払うだけで賠償金ではない事。
    そして挺対協やら何やらが財団に資金が行く様ではおまんまの食い上げとばかりに、韓国政府に噛み付き、収拾の付かない様な大騒ぎが起こるであろう事を分かり易くご説明頂いた事で、昨夜のコメントに至りました。

    今後はもう少し勉強してからコメントさせて頂きますので、初回の失礼なコメントにつきましては、どうかご容赦下さい。

    それでは、余命様もどうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

  43. 「額賀氏が近く来韓し元慰安婦と面会」
    安倍首相の意図が見え見えの措置です。元慰安婦達を説得に行くのでしょうが、説得に失敗すれば、額賀氏は政治生命を失い、説得に成功したとしても発言内容次第では政治生命を失うという大変難しい役目でしょう。これまで自民党内の親韓派も慰安婦問題での韓国の立場を陰で支援していたようなものですから、そのツケを払わないといけない時期に来ているのでしょう。

  44. 今晩は。初代様のお亡くなりになる数か月前よりお邪魔させていただいておりましたが、どうしても年が変わる前にお礼を申し上げたく、初めてコメントを書き込ませていただきます。
    2015年もあと数時間ほどとなりました。余命爺様、余命プロジェクトチームの皆様におかれましては、大変な一年であったのではないかと思われます。
    来年は更なる激動の年になるのではないかという予感(期待?)に、新年を迎えるのが待ち遠しい様な、緊張するような。
    こちらのブログを知るまでは、そこはかとなく渦巻くもやもやした感情と戦っていたものですが、余命様のおかげでそのもやもやも大分すっきりしました。
    本当に有難うございます。何度お礼を言っても言い足りないほど感謝しております。

    先日は『余命三年時事日記』の発行おめでとうございました。
    是非購入したいと思い、インターネットにての注文と、地元の本屋で在庫がないか確認してみたのですが……残念ながらおいている書店はどこもありませんでした。
    まぁ、地元の本屋では、片田舎なものですので仕方なし。
    インターネットでも『BOOKFAN』という場所で2、3週間で取り寄せ、となっていたため注文してみたのですが、2週間後に送られてきたのは『この度ご注文いただきました以下の商品は、出版社・メーカーにお取り寄せの依頼をしておりましたが、出版元より出荷不可の連絡が参りましたため、ご用意することができませんでした。』というメール……。
    そんな馬鹿なと思いつつも、在庫なしの状態が続いているという更新がありましたので、仕方がないと思えば仕方がないのか、Facebookに登録されているホームページアドレスが楽天につながっているため、ひっかけられたと思えばよいのか……。
    そんな手の込んだことまでするかなぁ?と思いつつ、改めてAmazonにて注文させていただきました。手元に届くのが待ち遠しいです。

    乱文になりましたが、失礼させていただきます。
    また、余命爺様と余命プロジェクトチーム様のご健勝を祈っております。
    来年がこの国を大切にされる全ての方にとって良い年となりますように。

  45. 韓国の食品について、以前から大腸菌などの問題は有名です。四大河川事業以降は川の流れが淀み、有毒藻類が繁茂しています。緑色のドロドロの農業用水で作られた作物には藻類の毒が蓄積しています。日本と韓国の共同研究で発表しています。韓国食品の問題は衛生以外にもこの様な事もあるんですよ!

  46. 謹んで新春のお慶び申し上げます。
    反日勢力が暗躍し、日本の未来を憂い、危惧していた頃に余命様の秀悦ブログに出会いました。
    明確な解説と鋭い分析力に、私自身、日本の未来に、一筋の光明が差し、何度も余命様に心が救われました。
    心より感謝と共に御礼申し上げます。
    お正月の間も繰り返し余命様の本を何度も読み返してみようと思います。
    今年もTwitterなどで拡散して参ります。
    本年も余命様やプロジェクトの皆様方の益々のご活躍ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

  47. 不買関連の報告です。

    12月17日にHonya Club.com で余命さんの書籍を注文しましたが、31日になって、品切れのため注文取り消しの連絡が来ました。
    保険にと思って27日にアマゾンに注文しましたが、こちらは31日に到着しました。
    Honya Club.com は今も予約可能(通常3日~20日で出荷)のようですが、取り扱う気があるのか疑問です。
    以上報告まで。(ころりんこ)

  48. 明けましておめでとうございます。
    いよいよ2016年が明けました❗️
    伊勢神宮へと初詣に向かう車中にて余命親衛隊(笑)の皆様のコメントを読み『始まった〜!』との思いを強くしております。
    日本の国を取り戻す!美しい日本
    あぁ何と良い響き。
    今年も皆様頑張りましょう❗️

  49. 謹んで新春と除鮮段取り進捗をお慶び申し上げます。
    安倍総理が過去の第一次&第二次総理就任時に言った「美しい日本」「戦後レジュームからの脱却」「日本を取り戻す」等スローガンの意味が、余命全ブログを読みその知見を元に安倍総理の政治を見ると、深い意味を持っていたことがよく判ります。最も日本を憂い、除鮮の必要性を痛感して対策を実行している筆頭が安倍総理でしょう。よって、安倍政権の全政策に賛同しているわけではありませんが、最優先は除鮮とデフレ脱却なので当面は無条件で安倍政権の全てを支持しています。

    安倍総理への危惧は、次の通り幾つかあります。
    1.謂われ無き誹謗中傷・暗殺
      中韓とも身勝手で目的のためには謀略や暗殺を躊躇する連中では
      ありません。歴史が証明しているし、黒い噂もあります。
      中韓だけではありません。当時の中川昭一通産大臣の酩酊記者会
      見事件、間もなく大臣辞任した直後に変死、等々もあります。
      故にもっとセキュリィティに力を入れて欲しいと思います。
    2.自民党総裁3選
      自民党総裁は連続2選までです。自民党内では規約を改訂し安倍
      総裁3選(=総理任期延長)を実現したいとの動きがありますが、
      本人が固辞しているようです。
      しかし今頼れるのは安倍総理しかいないし、それは当分変わらない
      でしょう。なんとか3選・4選して欲しいです。
    3.先進国サミット
      5月に日本で開催される主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の
      議長を安倍総理が務めます。その際に、議長の権限で朴大統領を
      サミットに招待との観測が既定路線のように新聞に載っています。
      安倍総理が一国を招待する権利を行使するのなら、相手国は蝙蝠や
      レッドチームで無く世界の安全保障のキーになり得るブルーチーム
      の一員であるべきです。
      例えば、インド・オーストラリア・トルコ等です。

    上記3点は、除鮮とは直接関係はありませんが、日本にとって非常に重要かつ間接的に除鮮に役立つものだと思っています。これらを官邸メールまたは自民党メールに加えるのは迷うところでしょうが、是非入れて欲しいと思っています。(おっと、もう締め切ってしまいましたね。残念です。)

  50. 余命の皆様へ
    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
    宇都宮市のくまざわ書店に2冊のみですが、余命本平積みされていました。1冊購入しました。
    くまざわ書店は左巻きという印象があったのですが、とても嬉しかったです。

  51. 新年、明けましておめでとうございます。
    占星術の結城モイラ女史の年頭のメッセージが更新されてます。

    http://www.moira-net.com/index.html

    去年のメッセージと2015年の日本のニュースを擦り合わせ、一読をお願いします。
    アメリカのマリア・テジモネ女史も
    参考になります。

    2016年の運勢

    http://jp.tarot.com/astrology/yearly/2016
    2015年の運勢も2015年の国際情勢のカレンダーと見比べると興味です。

    http://jp.tarot.com/astrology/yearly/2015

    1. 憲治様
      ありがとうございます。
      モイラさんは最初に手相のご本を出された時からの大フアン!
      一時、休養引退されたと思っていましたが、
      懐かしいブログを拝見して 変わらぬ凄さを感じました。

      テジモネ女史も魂を揺さぶられます。

      お二人の2016年の予想は余命様の言葉とともに大切に心に刻み
      日本の輝かしい日が沈まぬことを信じたいと思います。
      如何なることも冷静に乗り切りたいとの思いを強くしました。
      感謝します。

  52. コメント内容が他の皆様とは少々趣を異にしていますが、最後までお読みいただけると有難いです。

    平十字による平成27年度 御製の超妄想解釈

    平成27年歌会始御製御歌

    お題 本

    御製
    夕やみのせまる田に入り稔りたる稲の根本に鎌をあてがふ

    皇后陛下御歌
    来(こ)し方(かた)に本とふ文(ふみ)の林ありてその下陰に幾度(いくど)いこひし

    昨年初めに、この御製を聞いた時、いかにも暗く、何かおどろおどろしく、鬼気迫るものを感じ、歌会始にそぐわないと思いました。多分、この歌を聞いた誰もが、そのように感じたと思います。そんな思いが心のどこかに引っかかっていました。
    このブログをお読みになる皆様は、もう十分にご承知の事と思いますが、 今の状況は、まさに、地球的規模で「夕やみせまる」状況です。陛下は、年初めに今を予想されていたのでしょうか。いや、予想ではなく、予測されていたのではないでしょうか。 そして、その時にまでには稲を刈る準備を整えますよ、の意味が込められており、また、この御製が公に発表されたという事は、私は決心をしたから「理解できた者から準備せよ」の、号令ではなかったのかとも思いました。さらに言えば、安倍首相が進めてきた一連の政策の思惑は、私の意とするところでもあると、陛下がお認めになられ、公に知らしめられたのではないかとの思いが、一瞬よぎりました。まさか、とも思いましたが、胸が高鳴るのを禁じえませんでした。もちろん、日本が再生すればそれで終わりではありません。取り戻した日本の姿を継続し続ける事が大切です。その為にはまず、新生日本の礎となるべき人材が必要となります。その意味から、荒れた田にあっても、稲穂をしっかりと実らせた稲をまず選別する必要があります。残念ながら、稲もまた選別されなければなりません。
    さらに、刈り取りを待つ稲田には、稲によく似た稗(ひえ)が生えています。稲は、穂の重さで垂れていますが、稗はツンと上をむいています。稗は、太陽が高く上がってから取り除きますと、身がはじけて田の中に落ち、来年また今年以上に生えてきて、やがて田を荒らし、米の収穫量を落としてしまいます。始末の悪い事に、穂の出る前は、稲とよく似ているので、早めに取り除く事は、なかなか難しいのです。ですから、収穫時の朝露のある時(身が弾ける前)に、丁寧に取り除かなければなりません。では、稲の中から特によく実った稲を選別し、又、稲に似て非なる稗を刈りとるための「鎌」となるべきものは何なのか、去年の暮まではわかりませんでした。
    しかし、「余命三年時事日記」が出版された時、「鎌」とはこの本の事だと思い、この歌の謎が解けた気がしました。しかし、よく見てみれば、お題は 「本」(もと、ほん)でしたね。思わずニヤリとしてしまいました。そして、この本が出版される時期が 、一年の終わり、つまり、1日が終わる夕刻だとすれば、「夕やみせまる」は、二つにの意味を持っていることになります。明るさの見えない世界情勢の中、年末に、稲刈りの準備をし、年明けは、本格的に稲刈りを始めますよ、という事を、知らしめす御製だとも思いました。
    そして、皇后陛下御歌は、御製を補うように、解りやすく歌われています。つまり、「来し方に本とう文の林ありて」は、そのままですね、在日の出自を明確し、それらの真実を知らしめすための本やブログなど、残念ながら、今までは多くの人の目に止まる事はありませんでした。しかし、 「余命三年時事日記」は、そうではありません。そして、下の句につながります。今も、これからも、心が揺らいだ時には、幾度となくこの本やブログにたち返り、一息つきながら、また、鋭気を養う、といった意味になるでしょうか。

    私の、御製、御歌の超妄想解釈が、皆様の腑に落ちましたら幸いです。

  53. 遅ればせながら、
    余命さん、諸氏の方々、新年あけましておめでとうございます。

    去年の11月前かな?最後の投稿から暇がなく、読めてないエントリーが約30も・・・ペースが早い・・・
    出遅れ感は否めず、これから更に時間が無くなるので脱落になるのかな。
    追いつければ※します。
    皆さんに幸あらんことを。

  54. 謹んで新春のお慶びを申し上げます。

    400の記事における、連立方程式の例えが非常にわかりやすかったです。
    『実に簡単な連立方程式を解くようなものだ。事実を寄せ集め、整理して、次の事象式に代入する。これだけで誰でも全く同じ答え=結論が得られる。』
    つまり、結論が予め示されていたり、既に結論が共有されている状態であれば、そこへ至るまでの過程がどのようであれ、不安に思ったり大騒ぎする必要はないということですね。
    その過程でもし、ある突飛な値が代入されたり奇妙な計算式が間に挟まれたとしても、結論が決まっているため、残りの部分には結論へ導くための値を代入すれば良い。
    むしろ結論を出すためにどのような値や計算式の代入が見込まれるか、楽しみながら見守っていればよい。
    日本人は、日本人的な決まりきった「公式」のようなものに当てはめてしまいがちですが、あらゆる過程・仮定を考えてみることも必要なのですね。
    今後の考え方の参考にさせていただきたいと思います。

    本年も、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。どうぞ宜しくお願いいたします。

  55. あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。
    私の勝手な妄想ですが…今回の日韓慰安婦合意は、昨年一気に加速した、日本そして日本人らしい正攻法による「ディスカウント南朝鮮(←敢えて)」の総仕上げのように感じています。安倍総理が本当に仰ったのかどうかわかりませんが、「約束を破れば、韓国は国際社会の一員として終わる」とのこと。件の「慰安婦像項目」の取り扱い如何によっては、今後、対南朝鮮においても、対北朝鮮同様 “complete, verifiable and irreversible” 文言必須ということですよね。「北も南も朝鮮は朝鮮でしたー」慰安婦問題は勿論のこと、その他数多の韓国の“いちゃもん”案件に関して、今後は、国際社会に向けて「韓国は信じるに値する国ですか?」で終りです。
    世界遺産登録の件は、よく「失態」という声を聞きますが、日本国内外に韓国のやり口をオープンにする意味で必要だったと思いますし、特に何より日本国内において韓国に対するコンセンサスを得る意味ではとても効果的であったと思います、政治的案件でないが故により一層。なんだかんだと言っても友好論者は多いですから。
    欧米メディアの報道を懸念されている方も多いですが(もちろん私も気分はよくありません)、いくら訂正報道等したとしても、それを見なければ、信じなければ意味がありません。それによって民間レベルで「誤解」があるなら、私たち民間レベルでその「誤解」を事実に基づいて粛々と解いていくだけです。まさに「一億総活躍社会」。私もそういう意味で活躍できるように頑張ります。
    年頭早々の妄想、乱筆乱文失礼しました。
    2016年が素晴らしい年になりますように!!

  56. 憲治様
    新年、あけましておめでとうございます。
                      YMTと申します。
    占星術のHP、一読しました。なかなか示唆に富む内容ですね^^勇気づけられました。
     それとともに、小生「愛国行進曲」を思い出しました。
     「愛国行進曲」と言っても若い方はほとんど知らないと存じます。
    しかし、リズムもよく、歌詞も名文で、我々の先人たちがどのような思いで、先の大東亜の戦いに臨んだかを彷彿とさせるもので、不思議と現在の我々と符合する内容ではないかと感じています。
     以下は歌詞の抜粋ですが、興味あれば「愛国行進曲」でググってみて聞いてみてください。新年にふさわしい曲だと思います。

    1番 
     見よ東海の空明けて、旭日高く輝けば、天地の正気(せいき)溌剌と、
     希望は踊る大八洲(おおやしま)
     ・・・・・・・・
    2番
     ・・・・・・・
     往け(ゆけ)八紘を宇(いえ)となし、四海(しかい)の人を導きて
     正しき平和打ちたてん。
     理想は華と咲き香る。
    3番(全)
     今幾度か、我が上に試練の嵐、哮(たけ)るとも、断固と護れその正義、
     進まん道は1つのみ。
     嗚呼(ああ)悠遠(ゆうえん)の神代(かみよ)より、轟く歩調受け継ぎて
     大行進のゆく彼方、皇国常に栄えあれ。
                                      以上

  57. あけましておめでとうございます。
    昨年末 大阪は梅田の紀伊國屋で2冊購入しました。2016年は覚悟の年だと思っております。新しい日本のカタチを創るイシヅエ日本となる地道な努力が必要になる覚悟をしに元旦に詣でて参りました。私達の子供らに謝罪はさせたくありません。出来る事を粛々と行動して行きます。
    余命関係者の皆さん、お身体に充分お気をつけ下さい。

  58. 明けましておめでとうございます。
    今年も御指南の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
    「慰安婦合意」についての昨年末の早速の御解説の御利益により、私も落ち着いて正月を迎えることが出来ました。
    そこで、冷静さを欠き、憤慨した自分を棚に上げていますが、以下の官邸メールを致しました。

    テーマ:「慰安婦問題」早期解決の合意について、国民の誤解を解く説明を求める

    意見・要望:
    私は、今回の合意について当初強い疑問を感じたが、今は安倍内閣の作戦との理解に至った者である。しかしながら、今回の合意は国民に対し、説明不足であると諫言したい。
    合意内容中の「軍の関与」とは、
    「有史以前より戦場の周りに存在していた“売春婦”について、日本政府は日本軍がこれを利用したことを、謝罪する。」という意味でよいのか。
    そうだとしても前代未聞なのであるが、韓国政府を封じ込める作戦であれば、国民としても受け入れる他は無い。
    しかし今や、合意を取り付けたのであるから、この主旨は、戦後70年の首相談話、
    「戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。」
    「私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい。二十一世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードしてまいります。」を、
    実行するものであると表明すべきではないか。私はそういう合意内容だと信じている。
    尚、その方法としては、“誰か”の“発言”でよいのではないか。
    古来より、「神と民を味方につけねば、戦には勝てない」と言う。
    この合意は、多くの日本人に誤解を生じさせている。その解決の為に国民への迅速的確な説明を求める。

    (駄文を続けさせて頂きます。)
    今回の合意は日米合作の韓国潰しのシナリオとのことですが、そうなると米国も韓国問題を抱えていることになると思います。
    それはもしかして、「米韓同盟の破棄」ではないでしょうか。いくら朝鮮人が裏切り常習犯であっても、同盟を破棄するというのは米国の信頼に直結する大問題なので、破棄に向けて世界に理解を求める、その「下地造り」ということはありませんか。
    つまり、韓国人が一番発狂し易い“慰安婦問題”を利用して、世界中に彼等の狂態を晒させる、そして「ブルーチームの結束を乱す」という宣伝材料にするのが目的、というのは空想し過ぎでしょうか。
    年明け早々の駄文長文、失礼致しました。

  59. 安倍総理の慰安婦への対応、やはり目に見える結果として早めに出さないと一般の保守層は安倍総理を見限ってしまっていますね。
    例えば、今日の内閣支持率、というサイトですが、今までどんなに安保などで揉めようと常に80%以上あった支持率がこの年末は60%から50%に下がり、不支持が逆転した日まであります。
    いまだに支持率は回復しておらず、このサイトにいる人間の多くが保守派と見られることから、一般保守、ライト保守層が今回の対応に不満を持っていることがわかります。
    安倍総理は早期にわかりやすい形で、慰安婦問題の逆転劇を見せつけないと、余命サイトにいる保守の方々からしか支持を得られなくかるかもしれません。
    私は楽観視できません。

  60.  余命プロジェクトの皆様、謹んで新春のお慶び申し上げます。はじめての投稿です。今頃で大変恐縮ですが、刊行おめでとうございます。ブログは初代様の頃から拝読していましたので、とにかく嬉しい!!私は三重県の和牛で有名な市に住んでいるのですが、本販売日から約1週間市内の比較的大きな本屋を回ってみました。残念ながら現物を確認できたのは1店だけでした。また例の熊沢本屋ですが、置いていません。ただ自分が確認した印象として本屋の都合もあったかもしれません。地元では大きなショッピングモール内にあるのですが、通路を挟んで真正面が似鳥、その隣がAで始まる靴屋・・・事情を知ってたらちょっとおきにくいかもしれませんね。多少の同情はあるものの、シー何とかの本や反日ばかり書いているリベサヨの本を目立つように置きまくっていたのでアウト。そこでは2度と買いません。
     本屋巡りをしていて気がついたのですが、上記のように在日系の企業ってけっこうかたまっています。交差点を中心に 焼き肉・Tで始まるレンタルビデオ・コンビニはファミ何とかと言った具合です。R42号線沿いもすごいですよ。オンパレード状態で、創価の会館、朝銀の建物をどうやって買い取ったかは分かりませんが福祉事業所として使っている医療法人、山田電気、パチンコ、レンタルビデオ、焼き肉、金貸し・・・不買運動のリストが楽しみですね。
     一刻も早い日本再生が進みますよう、心から願う次第でございます・・・

  61. 余命爺様、余命スタッフ様

    新年おめでとうございます。
    慰安婦合意事案で日韓双方で、国を二分した騒ぎになっておりますが、それに惑わされることなく、余命読者はやるべきことを着実に実行して、日本再生に向けて頑張りましょう。

    新年早々、保守系のブログで素晴らしい記事がアップされていましたので、以下にご紹介させていただきます。本当に素晴らしい深読みと洞察力です。
    慰安婦合意事案でまだ迷いのある方には参考になれば幸いです。

    「美しい国への旅立ち」さん
    捏造慰安婦問題 誰が日韓合意シナリオを作成したのか
    http://nihonnococoro.at.webry.info/201601/article_1.html
    一旦、嫌韓、安倍不信、歴史的感情等を捨て去り、山の沢を流れる透き通った水になった気分で、これら事象が示すものについて、皆様の感覚でどう映るのか、一切の虚飾を捨て去り、眺めていただきたいのである。
    ただ、それだけである。
    正月気分で読まれて結構である。ただし、酒は旨い酒を選んでいただきたい。
    不可解な点は、全部で5つある。

    「大和心への回帰」さん
    超妄想で2016年を占う!新年のご挨拶に代えて。
    http://blogs.yahoo.co.jp/nagomi3878
    今回は新年第一報であることに鑑み、
    今回の慰安婦合意の意図と、本年起こりうるであろう展開について、超妄想となることを正月に免じてお許しいただくことを前提に論評させていただく。
    ●慰安婦日韓合意の意図は、ありもしない゛従軍慰安婦゛を捏造し、でっち上げ、日
     本の国益を損ねた国家的犯罪者のあぶり出しが狙いである。
    ゛口約束゛、゛努力目標゛等々政府批判のキ-ワ-ドとなった懸念は、確信に基づいた高度な政治判断である。
    反政府勢力ならばいざ知らず、歓迎したのは向こう側の勢力であり、批判と失望は保守陣営であった段階で、既に両陣営とも安倍マジックにかかった兆候である。
    歓迎した勢力はやがて失望に変わり、地獄に向かって驀進する兆候であることをどこまで察知しているのだろうか。

    (日本に恩返し)

  62. 東京スカイツリー三省堂書店訪問。
    店内見当たらず、店員に聞くと、従業員用パソコンで検索し、
    「当店は入庫しなかったので、お取り寄せになります。」
    とのこと。
    かなり、広い書店ですが、置いていませんでした。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト