余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-03-23 18:50 最新コメント:2016-03-24 06:03
527 ハンドブック①(9)
引用元のソース

冬の紳士
ハンドブック発刊おめでとうございます。
スヒョン文書は以前からコピーしていてFBにも掲載していたのですが、最近は要点を抜き出し副題をつけ、Youtubeなどにコメントしています。
たとえば・・・
「安保法案賛成デモを報道しないマスコミの理由」や「何も知らない日本人へ在日Ⓚからのメッセージ」とかの副題に→ 
「マスコミ対策 ・投稿者:スヒョン 投稿日:2007年 7月30日(月)15時49分54秒
あるかたからマスコミ対策は大丈夫なのかと聞かれましたが大丈夫です。ここ数ヶ月の報道を思い出してください。自民党の不祥事や失言などは大いに報道されましたが民主党の失言や不祥事はほとんど流れなかったでしょう。
 ときどき冷や冷やした状態はありましたがテレビ局に新聞雑誌など主要なメディアのほうは本部(韓国・民団)のほうで抑えてあるようです。
 またマスコミ各社に勤めている同胞たちも自民党の不祥事は徹底的に報道して民主党の失言などはやりすごすような体制ができていますから心配ありません。なにより日本人はテレビと新聞を信用しますからこの辺は大丈夫でしょうね。大手新聞社やテレビ局はすべて抑えてあるとのことです。
 愚民対策とでも言いましょう。知らないのは一般日本人だけというなんとも可哀想な状況ですね♪」 ( 在日コリアン「スヒョン文書」より )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
というように、スヒョン文書から適時、必要なところを抜き出し、コメント欄に張り付けています。在日の日本人に対する嘘とねつ造と悪意を日本人に理解させるには下手な文章より説得力があると思います。
 どの部分を読んでも日本人なら怒り心頭、必ず「スヒョン文書」を検索し全文を読みたいと思うはずです。
 参院選前の「スヒョン文書貼り付け運動」は誰でも参加できるので、官邸メールのように民主党を崩壊させる力になるのではないでしょうか。

よし
早速ハンドブック購入しました。
いや、これはハンドブックの形にはなっていますが、補完本ではなく堂々たる旗艦本ですね。何よりも最新情報で書き下ろしていただいたお陰で圧倒的に読みやすい。構成もとても読みやすい。完成度がとても高いです。
 正直なところ初心者には前作は取っ付きにくい面があったと思いますが、これは完璧です。本作ならさっさと手に取って流し読んだら引き込まれるでしょう。この武器があれば自信を持って拡散できます。
これからはまずはハンドブックを紹介なり贈呈して啓蒙を計れば本編は自動的に買いたくなるでしょう。
最高の武器です。ありがとうございます!

超ホンシメジ
我慢しきれずにKindle 版クリックして購入し、ざっと目を通して見たところ…いやあ、きっつい(笑)内容に頭がクラクラ。嫌韓の私でさえそうなのだから、いわんや(元)民主党、(現)民進党議員の皆さんの胸中たるや…(笑)
特に74ページを見るにつけ、外国勢力にマスコミを乗っ取られる事の恐ろしさがわかります!
他の方のご指摘の通り、(元)民主党、(現)民進党 の党名問題は電子書籍ですから、すぐに対応可能と思います。では、引き続き読み進めたいと思います。

かっちゃん
余命様及びプロジェクトチームの皆様
初めてお便りします。米国滞在が長くなっている団塊世代の一員です。1年半ほど前からブログを拝見しております。小生が覚醒後家内もすぐに覚醒しました。
 日本にいる同世代の友人たちの覚醒に努めておりますが難渋しております。
 余命三年時事日記と同ハンドブックをアマゾンで注文し、日本の親戚・友人4人に送る手続きをとりました。
 ところで、ハンドブックについてはキンドル版がありましたので自分用に買おうとしましたら、”著者の指示により海外在住者は購読できません”とのメッセージを受けました。
もし差し支えないようでしたらこの制約を解いていただき、海外からでもキンドル版が購入できるようにしていただけませんでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

A
余命さまいつも陰ながら応援しています。ハンドブックが昨日アマゾンから届きました!これからゆっくり読みます。
 先にアマゾンレビューをチェックするとさっそく星1がついてますね‼
 皆に指摘されたから物凄く頑張って句読点を入れてるのが見ていて笑えます!
 今回は最初から低評価を入れてくるのもほんと単純ですよね~(^^)日本人になりすまさないで在日朝鮮人としてこの本を読んだ自分の感想を書いた方がよっぽどいいのに!

通りすがりの774
Amazonから発送通知が届きました。
ところで、発売日を3/17にされたのは何か理由があったのでしょうか?
絶妙なタイミングなので、今後の展開が楽しみです。
合意署名、安保関連法施行、韓国総選挙…
第二巻の発売が5月ってのもいいですね。
サミット後、参院選前、米大統領候補確定前…
 在韓米軍司令官スカパロッティ将軍がNATOに栄転だそうですね。
次の在韓米軍司令官が誰になるのか未発表ですが。

.....「スカパロッティ在韓米軍司令官の後任に、ブルックス太平洋陸軍司令官を充てる人事も決めた」というところまではわかっているが、米韓統合司令部が廃止され、在韓米軍司令官が兼任ということになると事実上、米軍韓国撤退となる。韓国軍は国連軍ではない。ついに国連旗はお飾りとなってしまった。
 発売日の件は第二弾がすでに5月と決まっていたため真ん中となっただけ(笑い)
しかしご指定の通り、絶妙なタイミングではあるな。ただハンドブックの出版は割り込みであったため、シナリオの予定に入っておらず、余命は火事場の状態である。(涙)

ムーミンパパ
『余命三年時事日記』及び『余命三年時事日記ハンドブック』書店にて購入出来ました。埼玉県川越市の紀伊国屋書店、2階の奥まった国内関連のコーナーでしたが、双方平積みで陳列されておりました。ご報告まで。ちなみに、はすみとしこ氏の『そうだ難民しよう』も同様に平積みで陳列されておりました。

.....ありがとう。昨日、埼玉県川越市の紀伊国屋書店は売り切れになっている。
埼玉県内の紀伊国屋はこれで、1店舗が在庫僅少以外はすべて売り切れとなってしまった。
現在補充に全力を挙げている。

TMTM
余命爺様、プロジェクトの皆様、青林堂様、ハンドブック発売おめでとうございます。
 前回の余命本よりも読みやすく、また、取り上げて欲しかった事案の具体的に掘り下げた説明がなされていて、自分達が今どういう状況で何と戦っているのか、今一度確認する上でも非常に理解しやすく整理されており、とても大きな助けになります。
 正しく対韓国、対在日参考書として何度も読み返すものとなるでしょうが、やはりトドメの決意をもたらすのは、「あとがき」にもってこられた李明博の「天皇陛下侮辱発言」と「日本征服宣言」です。
 余命プロジェクトチーム、安倍総理、読者皆様始め、我々日本人が必ず日本を日本人の手に取り戻すことを強く決意させてくれます。
改めまして、ハンドブック発売ありがとうございました。
今回も親、兄妹、友人&父にプレゼントします。  (TMTM)

.....知れば知るほどいやになるね。

相原
伏見なんたらが、Amazonへの攻撃を行う様子です。
販売中止になったらと、不安に感じています。
言ってることやってることが朝鮮人そのもの。
サイバー攻撃を勧めたり、Amazonへ販売中止するよう脅したり。
日本人なら気に入らないプログはスルーです。
いかにも在日が焦っていることと、内容が世間へ知れわたることを恐れていることからも、ハンドブックが真実であることを告げていますね。
人脈・予算があればただで配りたいくらいです。
既にご存知と思いましたが、くれぐれも気をつけていただくようお願いいたします。

.....誰も相手にしないので発狂しているようだな。キチガイ相手にしてもしょうがない。放置が一番だ。妄想ブログと銘打って、わざと間違えて書いているものを一生懸命に間違いだと指摘しているそうだ。こんなのに応援されてTSUTAYAも迷惑だろう。

デブ忍者
余命三代目老師様、スタッフの皆様、日々の激務お疲れ様です。
初代様からの読者です。
 余命三年時事日記ハンドブック2冊購入しました。一冊は自宅近くの書店で2週間前に予約、一冊は関東出張中に書店で購入しました。
 内容は正直「これ、活字にされたら、嫌だろうなぁー」ですかね。
 第一弾に比べ、余りに内容が濃い、濃過ぎるので、これが拡散したら暴動が起きるんじゃねーってレベルですね。
 先走って申し訳ございませんが、第三弾が5月発売、内容が今から楽しみです。その前に微力ながら、私も拡散に努めたいと思う次第です。(購入の1冊は友人に渡すつもりです。第一弾は3冊購入して、2冊は別の友人と親族に渡しました。)
最後ですが、老師様、スタッフ一同様、御身体を御自愛下さい。
駄文失礼しました。

.....書いてて思った。「これ出版されたら嫌だろうなぁー」(笑い)

とろりん。
余命様、スタッフ様、みなさまいつもありがとうございます。
昨日、ハンドブックが届きました。
本当に素晴らしい内容ですね。
ただ、恥ずかしながら、花王文書を読んだ事がなかったので読みながら叫びそうになりました。
ずっと読み耽りたい本なので持ち歩く事になりますが、どこか公共の場所で忘れてきてしまわないか不安で仕方ありません。なので、あと数冊買って友人にプレゼントしようと画策しております。
その友人もどこかに忘れてくるかも知れませんが。(笑

.....現実は戦闘の真っ最中なのだが、こういう投稿は一服つける。ありがとう。

騙され飼いならされた労働者の救い方…
「余命三年時事日記 ハンドブック」はやはりブログ読者の私にもマニュアル本=ハンドブックといった内容になっていました。
 やや後手、若干受身の感じから遠慮無しの攻撃の態勢に入った印象も受けました。
これまで私自身も、怒り・苛立ちとは裏腹に、私生活では一歩前に踏み出せない、周りを警戒しながらの悪い事しているような錯覚さえ覚えていました。
けれども、今は違います。
 この本をスルーせず読めば、普通の人なら絶対わかるはずです。
 私のように、いろんなことをあきらめ、生きていた人がたくさん目が覚め変わるきっかけになるはずなのです。私が感じていた過去の日本…
やったもの勝ち、言ったもの勝ち、病み、闇だらけ、方便、嘘ばっかりのでたらめな報われない社会。
 駄目な日本、問題がはっきりしてる日本。どうしてわかっていて解決できなかったのか?
 特に、誰もが一生向き合う労働、教育、福祉。
 本音と建前、理想と現実の違いは異常で、現実世界は、フィクションの映画かTVがかぶるような、政治家の醜態、企業の経営の実態で、フィクションの世界はそのまんま現実に繋がっていました。
 事態を認識すると、国会中継を見るのが苦痛になりました。見ると動悸が激しくなり、頭痛がして体に悪いですね。
はたしてここは日本なのか?本当に自分たちの将来をまじめに変えようと考えている国なのか?
 第二弾出版の内容は、日本全体がもう遠慮する必要のない、退く必要のない段階に達したと思っています。
 読んでみるとやはり膨大な記事、事実のほんの一部の内容ですが、もう一歩も退くことのない日本再生の強い意思表示をしっかり感じ取れるようまとめられていますよね。
これを読めば、もう目の前にある日本再生を誰にも邪魔させたくないはずです、こころから日本人ならばですが。

.....著者が書いていて嫌になる本なんてまずないよな。単なる史実の羅列なのだが、日本人が読むにしても気分良く読める代物ではないし、ましてや在日や反日勢力の連中ならば発狂するレベルであることは間違いない。

SHOW
ハンドブック来ました
これを待っていたと言わんばかりの内容です。
補完という意味通りですね、これ単体でも申し分ありません。
十二分に活用させていただきます。

.....ブログとは目的が違うので無難な資料としたのだが、読み返してみると、これでも結構きついな(笑い)でもまあ仕方がないな事実なんだから。

反撃のおっさん
余命さま
日々の活動、大変ご苦労様です。
毎日、ブログ内容を確認して励みとさせて頂いております。
 3/18 ハンドブックを友人に配布用を含めて3冊購入させて頂きました。平積みになっていましたよ。全部買い占めも考えましたが、近隣の愛国者の方にの為、今回は遠慮させて頂きました。
 すぐ側の棚には前著もありました。
前著に比べて、大変読みやすくまとめられていると感じました。
内容は初めての人には衝撃的ですが、この昨今、これぐらいのインパクトは日本人覚醒の起爆剤にちょうどいいかなと思います。
 岐阜県 穂積の三洋堂書店で購入しましたが、前著のような入荷のタイムラグはなく、ここでも反日勢力の弱体化が感じられました。
着々と在日包囲網が狭まりつつあるようで、感動もひとしおです。
 私もいい年のおっさんですが有事にはお役にたてるよう、高校時代より続けている武術の鍛練を見直し、即反応できる体へ鍛え直しているところです。
 もっとも、一番の護身術はリスクを事前に察知し、危なそうなところや人間には近づかないことですけども。そのための勘働きはやはり緊張感を持って日々を送ることでしか身につかないものですが。
 せめて、一朝ことが起きた時には専門家の足を引っ張らないよう心掛けたいと思っています。己の分際はわきまえないといけませんからね。
 年初よりハードランディング(あってほしくはないですが)に向けての動きをマスコミの報道からも感じるようになりました。余命さまにおかれましては日本人真正保守層の求心的役割、大変とは存じますが、日本を在日から取り戻すまでお導き頂きたく。

.....平積みって夢のようだよな。いろいろお気遣いいただいてありがとう。先が見えてきたのは確かだがまだまだある。もう少しばかり頑張ろう。

  1. 余命翁様、プロジェクトの皆様、
    毎日ありがとうございます。
    お疲れ様です。
    コメント、取り上げていただき
    ありがとうございます。

    仕事等の関係で仕方なく使っている
    「ライン」のプロフィール写真を、
    余命三年時事日記の表紙写真に変えました(爆)。
    何かあったらあったで、旗幟鮮明と言うものでしょう。

    さて、23日(水)の朝日新聞朝刊。
    「暴力革命」認識変えず。
    13行のベタ記事。何の事やら?

    朝日のベタ記事は疑え、は余命翁の指示だったか?
    今日、母の月命日、少し遅いお彼岸参りを兼ねて
    歩きながらコンビニで産経新聞を探し、見つけました。

    産経は1面に「共産党は破防法対象」。
    6段62行、破防法の解説もあり。
    さらに5面には4段69行。

    分かりやすいなぁ!!

    妻に産経に変えて良いか、と訊いたら、
    チラシが減るのはイヤ!!だそうです(笑)。

    黒澤明監督の本のように、いまこそ、
    悪魔のように細心に、天使のように大胆に、
    粛々と攻める時ですね。

    1. 良ければ参考に。

      LINEは韓国企業です。
      信用出来ないので私は使用していませんよ。

      1. クリスタル様。

        >LINEは韓国企業です。

        招致(違う!!誰が!!!)
        承知しております。
        日記の表紙写真への変更は確信犯です(笑)。

  2. 余命爺

    アマゾンでハンドブックを自分のを含めて8冊購入しました。お友達に7冊ギフトで送って貰いました。
    これなら読みやすくてイイなぁ、前回の余命・・は難しいと言っていたお友達も取っ付きやすいから嬉しいです。
    近所の曽根book Firstにも平積みされていて、梅田では売り切れていましたので、嬉しかった。
    スヒョンは以前から読んでいたので(その時も腸が煮えくり返りましたが)それほどでもなかったのですが、花王は初めてでした、スヒョンよりももっと口汚い書き方で、頭が怒りで沸騰しそうなので、最後まで読む勇気がありません。
    これは素晴らしい本です、彼らの怒り心頭した顔を見てみたいです・・イヤ下品なキモい顔は見たくないな。
    これからももっともっと奴らが喜びそうな本を出してください。応援しています。

  3. 余命様及びプロジェクトチームの皆様
    お疲れ様です。

    週末にハンドブックを購入しました。
    (名古屋の三洋堂にて平積みで陳列されていました。)

    みなさんの様に親族への拡散をはかりましたが還暦を過ぎた母はどうにも、受付ない様です。

    過去の教育の為?
    私も嫌がる人にごり押しするつもりは有りません。

    ただ今後、安倍政権における高齢層の支持が今以上に必要になると思います。

    そこで百田氏のように映画化(ネット)はどうでしょうか。
    可能な限り、寄付させて頂きます。

  4.  伏見なんとかのブログ、覗いてみたらアヒャヒャ、完全に逝っちゃってます。余命爺が朝鮮族で同族の裏切り者だの、中国の工作員だの、統合失調症のカルト爺だの、よくもまあ毎日毎日粘着できるものです。

     2chで在日が粘着しまくって論破されるパターンそっくり。正誤表なるものもレベルが低すぎて気の毒なほど。保守系とされるブログにもいろんなのが紛れ込んでいることがわかります。
    余命様にはこんなゴミ・クズは放置(できれば焼却処分)の上で粛々と日本の除鮮と覚醒に導いていただきたい。

    ハンドブックは店頭で購入予定なのですが、JR駅構内の書店では見当たらず、今週末にでも大型書店をまわるつもりです。

    桜が咲いたら先人への感謝と皇室の弥栄を願って靖国神社と皇居もいいですね。何も知らない中国人がお花見してたりしますが、韓国や中国の政治家・軍人にこそ靖国神社遊就館を見てほしい。武器が輸入品だった中国に対し日本は国産です。いまだロシアのコピー兵器の中国、神風の日本が本気を出したらどうなることやら。

    上海を本拠の春秋航空、関東では茨城空港ですが、ここは自衛隊百里基地でもあります。春秋航空機の離発着の時間帯には自衛隊F-15の訓練飛行も行なわれることもあり、中国に対する暗黙のプレッシャーなのかもしれません。中国はステルス実証機の「心神」にさえビビっていますから、新型戦闘機の配備が望まれますね。

  5. 凶区民さん
    もしも現在朝日を購読契約されているのでしたら、家長(死語?)権限でまずは産経に変えることでしょうね。あるいは最低でも産経を追加して二紙併読できる環境を作ってしまうか。それが長年洗脳されてきた人を覚醒させる一歩になると思います。真面目な人ほど取り込まれていますが、逆に活字になったものには弱いのです。世界に類のない宅配制度のために他の世界を知らずに来ていますから。少し踏み込んでお互い頑張りましょう。

    1. よし様。

      わが駄文へのコメント、ありがとうございます!!
      我が家の辞書に「家長」なる言葉は存在しません(笑)。
      死語どころか無語です(爆)。

      半年金生活者の身には痛い出費です。
      まずは一週間の無料購読から試してみるつもりです。
      産経デジタル(産経ニュース・iza等)を利用する手もあります。

      ちなみに数年前から、妻と子は激しい反日です。
      知らなかった、情報を取りに行かなかったのは、
      自分自身です。強く反省しています。

      覚醒した以上は、
      冷静沈着・機略縦横・大胆素敵・臨機応変
      を意識して戦術、戦略を練ります。

      できない理由を数えるのではなく、
      できる方法を考える、と言うことです。

  6. 彼等の戦術は、日本人の徹底的な分断にあると思います。こちらも在日韓国人、在日朝鮮人、それぞれの帰化人、中国系を分断できないだろうか?
    男女、老若、学歴と更に細分化して分断できれば、各個撃破し易いと思うのだが‥誰か良い知恵がありませんか?

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト