余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-02-14 14:32 最新コメント:2015-12-26 09:23
393 2015年12月21日アラカルト(63)
引用元のソース

2015年12月21日
ウシトラ ノ コンジン
おめでとうございます、まずは、今回の書籍化は大成功ですね(まだ始まったばかりですけど)。
 発売日から4日にして第5刷増刷とは、いやはやなんとも驚きです。。。
コアな余命支持者はともかくとして、一般的には全くの無名で、書籍販売に於いては肝である何々賞や、メディアのバックアップも無しで、むしろ販売的には逆風の中の初出版に於ける今回の出来事は出版界における快挙では?
実際のところ初版の部数?と増刷の部数?に依りますが。
 今回の件で色々見えてくるものが有り興味が尽きないです。
その中でも複数冊の購入の方が多数おられ、いかに待望の書として期待され、拡散と支援の意欲が強く垣間見え心強いです。
また国内の流通販売業者のヘタレた及び腰の販売で注文がアマゾンに集中し、遂には堂々の総合ランキング1位、これは読書家及び一般にはある程度の注目を集めたのでしょう。
そこでアマゾンの熱い熱い多数の速攻のレビュ-を参照しこのブログの存在を知り、本の購入そしてブログへのアクセスとなる。
こうしてみるとアマゾンのレビュ-も言論の場として立派に機能することが確認されましたね。
 今回は提供側は青林堂と余命プロジェクトチ-ムとアマゾンの完全なトリプルプレ-ですな。
 産経新聞の広告以外は、この破壊力を秘めた本をマスメディアは無視(逃げの姿勢)するしかなかった。
なぜならばこの本の内容が広く認知されれば、これらの事実を戦後一貫して隠蔽(タブ-化)してきた報道体質に多くの国民は怨嗟の声を上げるでしょう。
そうなれば最早報道機関としての残り少ない権威は完全に失墜し、一般への影響力が限りなく減少の可能性が高い。
 今回の件により反日分子と在日(含む帰化人)により驚くべき程広範囲な日本の汚染状況の中、乾坤一擲の反撃の狼煙は上がった。
 前途は多難だけど流れは確実に変わっているし、変えねば、ご先祖様と、子孫達に申し訳なく、そして日本の未来は危うい。 (ウシトラ ノ コンジン)

....余命のコメント欄には論客が多い。実際にブログを持っている方も多い。そういう方の投稿には余命の先読みや分析の論評もあって、困るというより唖然とすることがある。
上のコメントもその一つで、出版業界レベルで、かなり具体的な分析をされている。
 今回の「余命三年時事日記」の出版に関しては関係筋でいろいろと分析はされたようだが、指摘されているマイナス要因の影響のほうが強かろうということで、業界としてはとくに対応するということはなかったと聞いている。
 まあ、余命といえども、ど新人の初出版であれば「せいぜい初版部数2,3000程度、増刷して1万部も売れれば大健闘!」というような認識だったのであろう。
 青林堂さんはネットにおけるモンスターブログを意識して異例の初版部数をセットしたのだが、初日でアウト。二刷だめ、三刷決定。翌日四刷決定、4日目五刷決定。5日目にしてアマゾン在庫ゼロとなってしまった。オンライン書店はすべて在庫ゼロ。一般書店もほとんどが売り切れとなっている。
 売ろうにも売るものがないという異常事態の解消は1月いっぱいはかかりそうだ。
現在もコメント欄にオンライン書店の販売状況の報告が続いているが、どうもこの関係は混乱しているらしい。上の方は売れようが売れまいがイデオロギー本位で指示をだせるが現場末端書店はイデオロギーでは生活できない。
 販売前日まではアマゾンだけしか予約できなかった状況が、とりあえず販売当日午後には半数以上のオンライン書店が(一部店舗であるが)予約可能となってしまった。
 余命の不買運動の構えが効いたという話もあるが、実際は販売前日のアマゾン出荷担当社員のツイッターの影響があったらしい。
 アマゾンの出荷倉庫において、「予約出荷本がかご30冊満タンで、少なくとも50はならぶという、すげー状況。ほかはどうなってるんだろう」というようなアップだったようだが、業界では他社の予約数を概算でも知ることができないのかなあ。
 まあ、芥川賞100万部とか200万部とかいっても宣伝数字で実態はかなり悲惨らしい。
 今後、業界としては、書店を締め付けて「余命三年時事日記」の販売と拡散の阻止強化ということであろうが、アマゾンがある限りぬかに釘だろう。放置はできぬとしても、日本の予約サイトが総スカンして、外資系アマゾンに集中ということになれば、まさに最悪、それこそアマゾンカスタマーレビューが炸裂することになる。既報の通り100%評価5のレビューデータは彼らにとってはアンタッチャブルな劇薬なのだ。
 上記コメント、にあるように、「余命三年時事日記」に記載されている資料は、公的に発表されているか、公開されている事実資料である。よって彼らが戦後ずっと意図的に隠蔽してきた都合の悪い事件や情報が巷間、明るみに出ると、超まずいので、面と向かって喧嘩ができない。結局、裏でごそごそということになる。
 

2015年12月22日
結構長いブログ読者です。
の度初めてコメントさせて頂きます。
書店も書籍離れが進んでいるのに、通販大手のアマゾンに利する自殺行為をしていると思われます。アマゾンからしか入手出来ないため一度アマゾンを経験した客はアマゾンの簡便さと必要十分で安価な中古本に流れちゃうんじゃ無いでしょうか。書店で立ち読みしてもスマホでアマゾンの中古本買う事だって十分考えられます。早く対応(在庫を)しないと書店の没落を加速させるでしょう。
 ビジネスとして書店を経営せず、そこにイデオロギーを持ち込む余裕があるなら御自由に是非お続け下さい。被害はイデオロギーの有無とは無関係に全書店に広がるでしょう。
アマゾンはさすがに言論の自由の国、アメリカ資本。ヘイトかどうかの判断をするのは通販会社の役目では無いと言う姿勢がいいですね。書店だってそんな責任は無いのでしょうがね。
 何処かの勢力に感化されたリベラル面した小賢しい書店関係者が特定の本を置かないとか隠すなどの卑屈な手法で寂れていく現実をなまあたたかく眺めていきましょう。おかしくない書店も被害を受けるでしょうがそれは時代の流れ、時流を読めない同業者を恨むしか無いですね。 (岩魚)

 さて、余命を直接叩けないという典型的な事例が21日参議院議員会館であった。
これには日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)の富田安紀子さんがもぐりこんでいて、まさに漫画チックな展開となったようだ。主催者側の動転、狼狽が言葉にも態度にもはっきりと表れて誰が見ても自爆の記者会見であった。動画って怖いなあ(笑い)

....108: 右や左の名無し様 2015/12/21(月) 19:07:44.24 ID:XMUi3FZo
iwakami_staff ?@iwakami_staff
【録画配信・Ch6】19時15分より、本日収録した、「『そうだ難民しよう!』の刊行に抗議する共同記者会見」を録画配信いたします。Ch6
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6

....norikoenet @norikoenet 15:51 – 2015年12月21日
間もなく始まります!12月21日(月)16時から、参議院議員会館B103号室で『そうだ難民しよう!はすみとしこの世界』刊行に抗議する記者会見をヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会、のりこえねっと共同で行います。

....まつおか えり @osomatu_san 15:54 – 2015年12月21日 (以下抜粋)
まもなく始まります!

....まずは、署名および提出報告。BLAR事務局の岩下氏より。
岩下「はすみとしこ氏が問題になったイラストを発表したのが9月です。
それを青林堂が本として出すと聞いた。青林堂は嫌韓本のはしりとなった本を出してきた出版社でもあり、非常に問題だと思いました」

....続いて、辛淑玉さんより。
辛「この本は市民社会に対する攻撃であり、ナチス的手法を再生産したものです。
戦後メディアとナチス・プロパガンダとの影響は常に問われてきましたが、本書はそれを明確に肯定しています」

....辛「はすみさんがターゲットにしているのが在日であることは、本書内の分量から言っても明確です。日本社会はあなたにとって故郷であると同時に、在日からしても故郷です。でも在日は生まれた時から『お前は汚い、醜い』と言われている。
どんなに過酷か理解していただきたい。本書は明白な犯罪です」

 まず動画を見てもらいたい。そして上の二人のコメントを見てもらいたい。
この岩下、辛という両者は、自分がどんな立場でどんなことをしているかが全くわかっていない。
 この岩下という男はどういう人間かは知らないが、一応、出版業界を名乗っている以上それなりの責任を持ってこの場に臨み発言していると普通は考える。
「はすみとしこ氏が問題になったイラストを発表したのが9月です」「出版は19日です」
「余命が反日ブログを始めたのは2012年8月です」「出版は17日です」
 また、辛という女も余命は知らないが、以下も同様である。
「はすみさんがターゲットにしているのが在日であることは明確です」
「余命がターゲットにしているのが在日であることは明確です」

....同じ青林堂から2日も早い出版。はすみ氏には失礼だがこっちは嫌韓3年だぞ。
喧嘩するならこっちだろう。要するに闘う前から逃げている。富田安紀子さんが行かれるのがわかっていたなら「どうして余命三年時事日記は問題にしないんですか」と聞いてくれって頼みたかったな。
ラストの富田さんの質問で二人とも半分凍り付いていたから余命の話がでたら実際に凍ってしまったかもな。いやチャンネル桜の高みたいになったかもな(笑い)
 この会見で岩下が「言論の自由が...」なんて言っていたが、直接の被害者である余命に言わせれば、今般の出版業界の対応を含めて「おまえが言うな」という話である。
 また、辛女史の発言にマイノリティ人種差別という言葉があったが、君の台詞「もっと勉強してください」で返そう。在日特権は人種差別であるということが君はわかっていないようだ。この件はいずれブーメランとなるだろう。

 辺野古抗議「基金から日当」 宮古島市議が発言
宮古島市議会の嵩原弘市議が18日の市議会一般質問で、個人的な考えと断った上で名護市辺野古の新基地建設反対の運動について触れ、「(参加者は)辺野古基金からの日当と弁当付きでデモをしている」と述べ、一部議員が反発し議場が騒然とする場面があった。 嵩原市議は発言後の取材に対し、「(実際に)日当や弁当の受け渡しは見たことはない。インターネットで情報を得た」と語った。
 ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表(69)は「みんな生活費をやりくりして手弁当でゲート前に足を運んでいる。日当などあり得ない」と説明。「ネット上のデマをうのみにして質問するのでは、議員の資質が問われるのではないか」と疑問を投げ掛けた。 
 一方、辺野古基金事務局の担当者は「そもそも辺野古基金は運動の主体ではない。誤解しないでほしい」とした。
沖縄タイムス+プラス 2015年12月19日 07:07
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=146458

....名護市辺野古の新基地建設反対の運動は「みんな生活費をやりくりして手弁当でゲート前に足を運んでいる。日当などあり得ない」とはすばらしい。
 余命は手弁当だが、経験上、労働運動、抗議集会、メーデー等、人の動員に関しては必ずお金がかかる。「日当や弁当」はでないが、どこからか行動費、交通費はでる。組織がユニオンでチェックオフしているところが直接、動員参加の場合などは手弁当などあり得ない。常識的にも奴隷ではあるまいし、無報酬の動員などあり得ない。
とくに弱小組織や単組等はお金がなければ動かないし、動けない。これが現実である。
誤解などしない。信じられないだけである。もう、ご立派としかいいようがない。

「最悪内閣」「今起きていることは“クーデター”」 社民・福島瑞穂副党首 (ちばとぴ by 千葉日報) – Yahoo!ニュース
 社民党の福島瑞穂副党首が19日、千葉市内で講演し、安保関連法などを成立させた安倍政権を「戦後最悪の内閣」と批判、来年夏の参院選で「何としても“戦争法”廃止に賛成の議員を過半数にし、動きを止めなければ」と訴えた。
 福島氏は、集団的自衛権の行使容認に踏み切った政権を「憲法違反で、今起きていることは“クーデター”。できる限り早く元に戻さないと大変なことになる」と主張。
 参院選では、比例区での党議席死守に加え、1人区で野党統一候補を実現する重要性を強調し、複数人区の千葉などでも自民・公明以外の候補をなるべく多く当選させるための模索を続けるとした。

.....とりあえずクーデターの意味から勉強した方がいいだろう。説得力がない。

2015年12月22日
先ずは全てにおめでとうございます。
お願いがございます、次回には是非ともスヒョン文書を載せて頂きたいです。
よろしくお願いします。 よっちゃん
.....「384 いよいよ明日になりました」ここの後半にのせてあるよ。

2015年12月22日
余命様 初めてメールさせていただきます。
スレ違いかもしれませんが疑問を持ったのでメールさせて頂きます
昨日WI-FIのセブンスポットを利用していましたが、検索で朝鮮カルタと入力しましたら検索できませんでした。
 その他一部嫌韓がらみのワード入れましたら削除みたいな文言が出てきました そしてセブンネットでの余命三年時事日記の本の入手不可ということは依然から余命様が言っていたライン引きの一環なのでしょうか?
ぜひ余命様 身体だけはお気を付け頑張ってください。
本は本日2冊追加注文いたしました。
嫁や親にプレゼントしたいとおもいます。 (なまと)

.....オモニ7で「余命三年時事日記」が買えること自体が不思議でしたからね....。

国歌「君が代」不起立で減給処分は適法 58歳教諭の訴えを棄却
卒業式で君が代を起立斉唱しなかったことを理由に減給処分を科したのは違法だとして、大阪府立支援学校の教諭、奥野○○さん(58)が府に処分取り消しなどを求めた訴訟の判決が21日、大阪地裁であり、内藤裕之裁判長は原告の請求を棄却した。
 大阪府では橋下徹氏が知事だった平成23年6月に、府内公立学校の教職員に、行事の際の国歌の起立斉唱を義務づける全国初の「国旗国歌条例」が施行。訴訟で原告側は同条例が「思想・良心の自由を侵害している」として違憲・違法性を訴えていた。
 判決によると、奥野さんは平成25年3月にあった同校の卒業式で、キリスト教徒であることなどを理由に国歌の起立斉唱をしなかった。前年の卒業式でも不起立を理由に戒告処分を受けており、府は「違反行為を繰り返した」として、より重い減給1カ月の懲戒処分としていた。
 判決理由で内藤裁判長は過去の最高裁判例に基づき「公立学校の式典における国歌の
起立斉唱は慣例上の儀礼的所作で、個人の思想・良心の自由を直ちには制約しない」と判示。
 起立斉唱を求めた校長の職務命令や、その根拠となった同条例の違法性を否定した。
 減給処分についても「卒業式の受け付け業務を放棄して勝手に式場に立ち入り、上司の退場指示にも従わなかった」として重すぎるとはいえないと述べ、適法と結論づけた。
 府教委によると、府条例施行後に処分された教職員は戒告処分54人▽減給処分2人。これまでに延べ12人が処分取り消しを求める訴訟を起こしている。
産経WEST 2015.12.21 15:10更新
http://www.sankei.com/west/news/151221/wst1512210054-n1.html

テーマ 余命5号 国歌斉唱、国旗掲揚を拒否する教員についての要望。
ご意見・ご要望
少なくとも国公立の教育機関については国歌斉唱、国旗掲揚は義務づけるべきで、これを拒否する者については、解雇を含む規定を設けるよう要望する。

.....当たり前の話で、官邸メール余命5号だ。一刻も早く法制化すべきである。

  1. スマホから失礼します。
    本日12:30頃、あおい書店六本木店にて一冊追加購入しました。
    平積みで残り二冊です

  2. 余命のブログで、読者のコメントが残せるようになり、私ひとりじゃないということが実感できます。みんなで力を合わせましょう。
    皆さんそれぞれ地域の市議会議員、県議会議員の皆さんにもプレゼントしてはどうでしょう。保守派の議員には応援を込めて。そうでない方には警告と覚醒を促すために。メールでのオススメでもいいですよね。マスコミ関係や有名人でもいいですね。
    日本人が今、覚醒していることを知らしめなければ。

  3. 余命様
    言葉が少し足りなかったぁ、次回の第2弾本にスヒョン文書を入れて欲しいのです。これはブログやネットを知らない日本国民にとっては最も衝撃的であると思います。
    よろしくおたの申します。

  4. 日本を取り戻そう!
    安倍さんの、この発言の本当の意味を理解していないじじばばが多すぎます。
    購入5冊のうち、20代後輩に1冊、40代後輩に1冊プレゼントしました。
    近所の飲食店主人に話したところ読みたいと
    店においていただけるそうです。

    神奈川国なので、客層も半島系いますがどんな反応があるのでしょうか
    楽しみです。

    もっと買いたい。

    ご自愛くださいませ。

  5. 数年前から当ブログを愛読しています。正直申しますとso-net時代の方が私には読み易かったです。それはそれとして、今回の書籍化本当におめでとうございます。しかし、マスコミの一部でも反日勢力から奪い返さないと、この戦いには勝てない気がします。SEALs転じた市民連合が、市民の名を冠した反日組織であることを知らない一般市民(特に韓国ドラマに夢中な主婦層)が、戦争法案、クーデターと言った刺激的な言葉に乗せられて来年の選挙で野党に傾倒する可能性が懸念されます。これから先「市民連合」の名がマスコミに登場する機会は格段に増えることと思われます。都知事選挙でネット民の支持No.1は田母神氏でしたがマスコミに登場する機会の多い舛添氏に破れましたね。(日本の未来のためにあえて言います)手段を問わず、マスコミ関係者の誰かを見方に引き込めないでしょうか。「余命三年時事日記」の名をマスコミに取り上げてもらうことが必要です。

  6. 昨日(12/22)に秋葉原の書泉ブックタワー1Fにて購入しました。
    平積みの上に数冊まとめられていて(たぶん下の本は別)、だれかが仕組んだのでは?と思いましたが探す手間が省けて結果的には助かりました(笑)。

  7. 初めまして。
    余命書籍20日に平安堂に予約しておいたのを取りに行きました。
    図書館にもリクエストしました。
    ただ今読ませて頂いてるところです。
    第2弾も必ず買います。

  8. 余命様の軍資金が増えるように、できうる限りのことをして
    拡散に励んでおります。
    さて、日本再生のためのアイデアの件で一つ戦略が
    浮かびましたのでご検討願いたいのですが、
    名付けて【国民総ジャーナリスト化計画】です。

    概要は電凸作戦の進化系バージョンで
    ①怒りや疑問がわく→作戦を練り、電凸、潜入取材
     (場合によっては味方を装う)
    ②相手の反応を5W1Hを明確にして記録(必ず名前の確認)
    ③情報集約の窓口から公開、いいタイミングで各所へ拡散
     中でも動画など飛びぬけて有用なものに報奨金を贈るしくみ
     (不運な境遇にあえぐ人々の支援も兼ねる)
    といった感じです。メリットは規模の小さい個人単位から
    実行可能で、低コスト、ハイリターンな点です。

    このアイデアに至ったきっかけは今までも多くの人々が
    個人単位で取り組んでもなかなか結果が残せなかった部分を
    補強する必要性からです。
    例えば、選挙前に個人事務所などで直接ヘイトスピーチに
    関する見解をうかがうといったことを行っても、
    集約される場がなければただの噂話として霧散してしまいます。
    他にも、所属している会社や取引先の反日や創価に類する
    団体の内情を味方のふりをして探り、実態を把握できれば
    内部崩壊を促す作戦も立てられます。

    集団通報にも類似しておりますが、今まで集団ストーカーなど
    やられ放題だったのを逆手に取る作戦で、うまく機能すれば
    おもいがけない大スクープを目の当たりにできるかもしれません。
    マスコミ報道から出版の自由までが完全に冒された
    現状だからこそ機能するメカニズムで、もしこの戦略が
    成功に至れば新しいジャーナリズムの形態として
    人類史に残るのではないでしょうか?
    ぜひご一考宜しくお願いします。

  9. よく考えたら余命三年時事日記のtwitterがまだ有りませんね。
    かずさん一族の学生チームの皆様、是非とも始めましょう。
    その方が若い方たちに拡散が早い、天皇誕生日おめでとのRiiiioちゃんなんてあの無茶ぶりなtweetで40000越えw
    次の選挙も近いし18から25歳くらいの方に余命の存在を知ってもらうにはtwitterも必要なのではないでしょうか?
    セキュリティ面に不安が残りますかね?

    1. 剛田たけし 様
      ツイッターではありませんが、過去同じような性質の意見が出ています。「376 12/5時事アラカルト」を参照ください。

  10. この年末のタイミングで警視庁と神奈川県警のSATが合同訓練

    https://www.youtube.com/watch?v=jKBD0PQNa9I

    表向きは5月のサミット対策ですが
    タクティカルベストを新調し練度も十分
    現外事情報部長の前任地神奈川県警との合同訓練
    太郎を視察させ会見させる…

    余命記事を読みながら妄想すると点が線となり実に趣があります

  11. 本日、池袋西武のある三省堂池袋本店を見学(PM 2:00ころ)。
    「余命」で検索、ヒットした1ページ目5行目に「余命三年時事日記」。
    場所情報をプリントしてその場所へ。
    有りました。10冊あまりが平積みにされていました。
    場所は書籍館3階、人文社会コーナーの教育保育の隣。

    まだ本を手に入れていなくて池袋にいける方はお急ぎを!

  12. 来年は日本を完全に取り戻した一年にしたいですね。
    本日は天皇陛下の誕生日。
    私事ですが、その日にはじめての甥っ子が産まれました。
    この子たちのためにも、日本を日本人のもとに取り戻さなければ。
    日本の文化や伝統を守らなければ、そう思いました。
    今日は、イブイブなんかではなく天皇陛下誕生日ですよマスコミさん。へんな単語作り出して、イブイブばかり言うのはいかがなものかな。

  13. 在日が攻撃している『そうだ難民しよう!はすみとしこの世界』
    この商品をAmazonで検索しますと…
    「この商品を買った人はこんな商品も買っています」
    の項目に『余命三年時事日記』が出ています(笑)
    在日は『そうだ難民しよう!』を攻撃しつつ
    遠回しに余命書籍を攻撃しているつもり(?)なのでしょうか?(笑)

    なにはともあれ『そうだ難民しよう!』を話題にしてくれたおかげで、間接的ではありますが余命書籍、青林堂の宣伝もしてくれるとは(笑)

    ちなみに『そうだ難民しよう!』のAmazonレビューは星1つの批判レビューが8件あるのですが
    どれもボンヤリとした薄っぺらな批判内容になってますね。
    余命書籍には批判レビューはありませんが
    あの連中がいつまで我慢出来るやら…(笑)

    1. ちょっと気になるレビューがありました。
      『以前から余命を読んでいた』と言う割に『blogが閉鎖されている』とか(単に復活を知らないだけ?)、『本だけが情報源になってしまった人やブログについて誤解している人に解説しておきますと、余命ブログはブログ主が本人の知識をもとに人民解放軍の会議や自衛隊OBの覆面座談会などを創作して作り上げた妄想ブログです。』とか(この部分て創作でしたっけ?どちらにせよ、余命本人やスタッフ以外が妄想blogですとの言い切り方がちょっと違和感)、『一番、書籍化にあたってマズいなと思ったのは、戦時国際法について解説です。ブログでは戦時国際法は有事の際の特別な法律で、戦争になれば在日を皆殺しに出来るというニュアンスで説明していますが、この戦時国際法というのはブログの解説とは逆で、戦争でやってもいい事とやってはいけない事の基準を定めて、終戦後の裁判での判断基準とするものです。』とか(在日は有事の際、大統領令だかの国家動員法?が出された場合は、韓国国籍全て兵隊になるからとか、通名使用時はゲリラ扱いとなるだかとか条件的な物も書かれてたはずですが・・・)
      、『プロフィールが書かれてないから鵜呑みには出来ない』とか(身元特定したいのか?)なんてレビュー内容ですが・・・
      単にちゃんと読んでないのか(私もですが)、あっち側がこっそり仕掛けてるのか・・・違和感がでました。
      もし、万が一仕掛けてるのなら、評価が4なので、バレ無いようにしてるのかもと。1なら直ぐにバレますしね。

      考えすぎなら良いのですが、4の所に出来ましたら確認して頂き、高速さんのご意見を返信頂ければ幸いです。

      1. 板橋区日本人様

        私はそのレビューを読んでなかったので、今読んでまいりました。

        『ブログが閉鎖してしまったので本だけが情報源になってしまった人やブログについて誤解している人に解説しておきますと…』
        ↑QRコードでこのブログに飛べます。恐らく余命書籍を買ってない?

        『余命ブログはブログ主が本人の知識をもとに人民解放軍の会議や自衛隊OBの覆面座談会などを創作して作り上げた妄想ブログです。』
        ↑うーん。余命さんの情報源は私にもわかりませんが、少なくとも余命さんが三代とも同じ妄想を共有していてそれを発信してるとなるとなんとも壮大な創作ですね(笑)

        『書籍の方は編集部の手がかなり入っているようで、余命3年氏の妄想と思われる部分はバッサリと削除されていました。』
        ↑本を購入していないのに何故内容がわかるのか?

        『ブログの内容で明らかに間違いと思われる部分の一部を書くと、ブログでは人民解放軍と共産党幹部が尖閣諸島を我が物とする為に核ミサイルを使うかどうかという話が出てきます。』
        ↑え?そんな話はじめて聞いたけど書いてあったかな???
        何か別のブログかなにかと混合しているような…?

        『中国の潜水艦を海自が追い回して疑似魚雷を撃ち込む話が出てきますが…』
        ↑どこに出てきた!?
        地震計の話をねじ曲げて解釈したのか?!
        とにかくそんなこと書いてなかったぞ!?

        『一番、書籍化にあたってマズいなと思ったのは、戦時国際法について解説です。
        ブログでは戦時国際法は有事の際の特別な法律で、戦争になれば在日を皆殺しに出来るというニュアンスで説明していますが…』
        ↑皆殺し?日韓戦争の場合、通名使用はゲリラ兵扱い。
        朝鮮戦争再開時は日本は中立宣言、在日は祖国へ強制送還、南が拒否すれば北の赤十字にと書いてあったはず。
        どこに皆殺しのニュアンスがあるのか?

        色々と読んでまして私の感想としてはこのレビューを書いた人は
        ・余命書籍を買ってないし読んでいない。
        ・余命ブログもまともに読んでいない。
        ・余命ブログの内容も何かと混合している可能性がある
        ・理解力が足りない(笑)
        ・妄想癖がある(笑)
        こんなとこでしょうか?
        まともな余命読者ではなさそうですね。
        それと『余命3年氏』なんて呼び方もはじめて見ました。

      2. 捕捉です。

        ー中国国防動員法に注意からー
        中国同様、韓国は大統領令がなくても、
        韓国憲法第39条において、「すべての韓国国民は国防の義務を負う」という規定により《有事には自動的に動員され、兵務庁傘下となる》というのが、現実的解釈である。
         フィリピンであろうが尖閣であろうが、日米と中国との有事には韓国も巻き込まれるし、対外的には戦争という状態にはならないにしても、
        断交状態となれば、在日中国人と在日韓国人の国外退去は必然の流れだ。
        邦人の引き上げと同時にこの対策も急がれる。
         大きく問題となるのは、紛争時、中国や韓国在住の邦人はすべてが文民である。
        ところが、《日本国内の在日中国人と在日韓国人は軍属》であるということだ。
        実質、ゲリラ戦の状況となる。
        在日中国人はともかく、在日韓国人はそのほとんどが通名であるため、戦時国際法では便衣兵として扱われる。
        これはなりすましゲリラとして即刻処刑が可能だ。
         余命が再三にわたって警告してきたことが現実となりつつある。
        7月9日は改正法の未更新者の黒白の判別をつける日だが、更新者の通名在日の特定日でもある。
         7月9日以降、強制送還がどうのこうのというような事態は先の話で、今は米中の紛争次第では日本国内で一瞬にして殺戮戦まであるような事態になっている。
        これは帰化済みの元韓国人も通名を使用している方はまず日本人の国民感情として、日本人として扱われることはないだろうから、急いでそれなりの対策をとっておいた方がいいだろう。
        ー引用終わりー
        通名使用はゲリラ兵。
        それなのにすべての在日が皆殺しのニュアンスなどと言ってますので、引き続き我々は通名を使用し続けます。
        でもゲリラ兵ではありませんよ。
        と、言いたいのでしょうか???

        ーレビューからー
        通常この手の本は著者のプロフィールが裏表紙に記されているもので、著者の経歴が本に書かれている情報を保障するものなのですが、
        余命3年氏の経歴は一切不明であり、普通ならば誰しも、どこの誰が書いたものかわからない情報をそのまま鵜呑みにする事は無いと思います。
        ー引用終わりー
        だ・か・ら妄想ブログという設定なのだから
        どこの誰が書こうが構わない!
        そしてその妄想が表紙にも書いてある通り100%現実化しとる訳です。
        「じゃあのさん」「井上太郎さん」も匿名で経歴不明。
        匿名などの活動でないと暴露も出来ない日本社会。
        日本のメディア、マスコミはすっかり乗っ取られていますね。
        板橋区日本人様のおっしゃる通りコレは工作のような気もしております。
        余命さんや関係者を挑発し、表舞台に引っ張りだそうとしているようにも思えるのです。
        本やブログの拡散を阻止するために奴等は暗○なんて事も辞さないでしょう。
        余命さん、余命スタッフの皆さん充分に警戒されて下さい。

  14. 次回作には、パチンコの問題をえぐりだして欲しい。
    これだけわかりやすいテーマで、巨大な利権をもつ産業はほかにないと思う。
    世間一般の人を覚醒させようにも、ソースのはっきりしない情報は受けいれられない。
    この点、パチンコがどれだけ巨大な産業であるかはレジャー白書をみても容易にわかるし、フォーブズの長者番付やいまはなき高額納税者公示をみてもわかる。
    諸外国との賭博場の数を比較しても異常なのは一目瞭然。
    この巨大なパチンコ産業と、政治家が結びついていることも明白になっている。
    パチンコ議連があるし、民団が民主党にパチンコ支援を依頼したことも新聞記事として残っている。
    三店方式だから取り締まらないという一方で、ゲームセンターが三店方式をはじめれば取り締まり裁判になった判例がある。
    巨大産業であるということは、それだけお金を吸い上げられている人達が大勢いるということを意味するけれど、そうした社会問題にパチンコCMを多く持つメディアは沈黙したまま。
    このパチンコ産業の巨額の資金源が政治・司法・警察・メディア全体を歪ませている。警察の歪みは、拉致被害者の捜索がなおざりにされていると糾弾した、H26.2.14の三宅博氏の国会質疑に端的に顕れている。
    ぜひご検討いただければと思います。

  15. 仮に100万冊売れたとしても、人口比でいえば1%弱です。
    120万人といわれる在日帰化人の数にも足りません。
    ひとりひとりが大量購入、バラマキを含め、
    拡販に工夫しましょう。
    せめて500万部くらいは達成したいものですよね!!!

    1. 緑虫太郎様
      500万部!そう願いたいし夢は大きくです。失礼ながら申し上げますとまだ井の中の蛙。ブログの読者も熱烈なサポータは数多く存在しますが大半は日和見か注意深く事の次第を見守る日本人でしょう。一般の世間ではスルーか認知されていない状況だと思われますこ。各自無理なく書籍を購入する案は賛成です。他に図書館にリクエストをする案、友人知人、ご家族に伝える努力も並行して進めましょう。

  16. 余命様、スタッフ様
    いつも、余命の内容には勇気づけられます。
    今回の書籍大成功をおよろこび申し上げます。
    所で、国会議員が育休を取るとか?ニュースで聞きました。
    国会議員は、公僕ではないのか?私ごとを優先したいなら国会議員を辞するべき。そこで、不穏な行動をする国会議員は、減給する等の警告が必要と考え、対象者はインターネット投票で決めるべきと考える私は厳しすぎかな?
    余命の支援者として表明したくコメント発信しました。 (MK)

  17. ちなみに大阪梅田、淳久堂&丸善では、
    発売初日に2冊在庫、すぐに売り切れて、
    その後ずっと在庫なしです。
    そして福島瑞穂の本は、1Fの話題の本コーナーに平積みです。
    書店のスタンスがよく分かるような気がしませんか?(笑)

  18. テーマ 水産庁による韓国海苔の輸入枠大幅拡大について

    要望
    すでに官邸メール「余命31号 厚生労働省が危険な韓国産食品を禁輸しない件について」によって、韓国産食品に対する国民の懸念と要望を伝えました。しかし先般、水産庁が韓国海苔の輸入枠を段階的に広げて2025年までに27億枚まで大幅に拡大すると発表しました。
    これは先の余命官邸メールに対する明らかな挑戦であり、国民の要望など知ったことかという担当者のメッセージと受け止めざるを得ません。
    そもそも韓国海苔などの水産物に関しては、アメリカ、中国、欧州などが衛生面や発癌性物質の混入を理由に輸入禁止にしており、2013年には在韓日本大使館による検査で大腸菌の混入が確認されたとして外務省が注意喚起しています。
    一体、このような食品の輸入枠を大幅に拡大する正当な理由があるのでしょうか ?
    国民の要望を無視するこのたびの決定の担当責任者を国会招致するか、または会見の場を設けるかして、韓国側と合意に至った経緯、誰のどのような判断と責任で決定したのか、大腸菌・寄生虫・発癌性物質などの検査体制はどうなっているのか、輸入後の流通ルートはどうなるのか、等の説明責任を果たしていただくよう強く要望します。

    コメント。
    私としては仕事をしている官僚を引きずり出して単にいじめたいわけではなく、実際の担当者から直接話を聞く場を得て、この問題を広く世間に周知したいと思っているだけです。通常の業務の一案件にすぎないならば正々堂々と理由を説明すればいいだけの話ですから。

    加藤

  19. 余命様、いつもブログ拝見させていただいております。
    ちょっと気になったことがあったのでコメントさせていただきます。
    ネット書店のうち丸善&ジュンク堂ネットについてですが、こちらのネット書店では、元々すべての発売前書籍が予約不可です。注文ができるようになるのが発売日当日、店舗取り置きを頼めるようになるのは発売日翌日以降です。そういう仕様です。これをもって丸善&ジュンク堂ネットが取り扱わないようにしていたと言うのは少し不公平かなと思います。
    ただし実店舗の状況については言い訳のしようもないと思います。発売日当日の午前中にジュンク堂姫路店に行きましたが、在庫0、お取り寄せ扱いでした。こちらのコメント欄を拝見するとどうやら午後には入荷・陳列されていたようですが。(すえ)

      1. 春の光様
        ご指摘ありがとうございます。
        申し訳ありません。ジュンク堂で予約注文が可能な書籍を購入したことがなかったので存じ上げませんでした。
        ですので「予約注文が可能でない書籍の場合」と謹んで訂正させていただきます。
        こちらの書店、ネットからではすべての新刊書籍が予約可能というわけではなく、予約対象から外れた書籍は前回の投稿のような処理をされることが多いのです(自分の実体験では100%です)。ですから余命書籍も同じ扱いになったのだと推察いたします。
        では「何故」余命書籍を予約可能にしなかったのかという疑問が残りますが、これはいくらでも言い訳も邪推も出来る事柄になりますのでここまでにさせていただきたいと思います。
        ご指摘ありがとうございました。

  20. 「不法滞在の通報、前年比3倍超 ネット上のデマ影響か」

    朝日の記事です。このブログの集団通報が在日などにダメージを与えているので、それを牽制する記事でしょう。

    『同局によると、サーバーへの影響を懸念して10月末、情報の受け付けを停止。同一人物が大量にメールを送りつけた形跡もあり、こうしたメールを排除する対策を取った上で再開する方針という。11月には業務妨害など刑事事件にあたる可能性がないか警察に相談した。同局総務課は「外国人を中傷するメールは通報システムの目的にそぐわず、まったく遺憾だ」としている』

    別に外国人を中傷しているのではなく、「不法滞在者」の通報をしているだけなのにこの記事は歪曲しています。麻薬がらみで、イラン人による殺人事件も起きています。やはり、不法滞在者や外国人犯罪者は早急に国外追放にすべきです。

    1. 朝日がそんな記事を書いていましたか。
      しかし、もはや手遅れでしょう。
      いや、むしろこうした記事に怒りを覚える日本人が確実に増えていると思います。
      「殲滅あるのみ !!」
      国民の合意はこうやって醸成されていくのでしょうね。

    2. 先ほど久しぶりにヤフーアプリを開いてみたら、ニュースのトップに以下の記事が↓

      不法滞在の通報、前年比3倍超 ネット上のデマ影響か

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151223-00000038-asahi-soci

      取り急ぎ報告まで…と思ったら、すでにmidaway
      氏がご報告されてますね。
      ここの事でしょうか?
      敵も必死ですねw

      特区名希望 より

  21. はじめてコメントさせていただきます!
    アマゾンレビュー、すごいことになってますね!
    私も投稿させていただきました。
    見るたび件数が増えてて、思わずニヤケてしまいます。
    余命さんのサイトを読んで、歯ぎしりしながら悔し涙を流した事もありましたが、ここから始まったうねりはもう止まることはないと思います。
    通報や集団訴訟のための本の購入など、読者でも参加できる事もありますが、他にも勉強会や色々な活動を展開していける団体を作れないでしょうか?
    TwitterやYouTubeにチャンネルを持って発信するとか。
    今は自分達がメディアを持てますから、そういうのが得意な人達で、メディア部隊を作るとか。
    読者の中でも、手弁当で何かやりたい人もたくさんいるのでは?
    僭越ながら、私もサイト運営のスキルがありますので、副読本のアイデアを出された方がいらっしゃいましたが、そのような副読本的なまとめサイト作成や、もしくはwordpressのカスタマイズなど、いつでも馳せ参じますので、ご一考下さいませ!

  22. 余命さま、スタッフの皆さま
    書籍化していただき、感謝申し上げます。先月、ご近所の店舗で予約注文すると同時に市立図書館に購入リクエストを出しました。店舗では、一冊も見る事はなかったのですが、八王子市の図書館には入りましたよ!すでに予約が入っています。市立図書館にある事で、手にして読む人が増えます。皆さまもご自分の住まわれている市立図書館に余命さんの本が入っているか確認してみては如何でしょう。もし、入ってないようでしたら、リクエストをどんどん出しましょう。この貴重な本をすべての人々が読む事ができますように!
    余命さん、なにとぞお身体大切になさってくださいませ。

  23. はじめまして。出版おめでとうございます。
    文教堂書店の代々木上原店で5冊ありました。

    文教堂のリアルタイムランキングで現在5位にランキングされてますね
     http://ranking.bunkyodo.co.jp/rankings/rt_detail/4128/1

  24. はじめまして。なつみかんと申します。
    余命様のブログの愛読者で、書籍に成る事を知り早速近所の書店で
    捜したところ見つからず、お店の人に聞いたところ二日後に入荷
    予定の事で予約をしまして、二十日に入手しました。その時にはすみとしこの
    世界も注文して、二十二日に入手しました。どちらも期待を裏切らない
    出来栄えで年末の旅行の良いお供になりそうです。
    最近ご飯が美味しくて増々デブっちゃいそうなのが心配です。
    皆様も良いお年をお迎えください。

  25. 余命爺様へ
    http://hiruneneko.exblog.jp/25096622/
    昼ネコ様のブログに今回の書籍に関して在日と思われる記事が出ています。一度、ご一読下さい。この内容が事実だとすると彼等が行ってきた悪行が完全に裏付けられた事になります。

    1. つむじ風様
      ブログ拝見しました。
      内容がリアルすぎてびっくりしましたがブログ主さんは
      >空耳かもしれないが、私の耳には上記のような、呪いに近い
      怨嗟の声が聞こえるような気がする。

      と、自分の妄想をアップしたようです。
      本当に在日が言っていた秘密文書だったらすごいですけど…

    2.  一見すると「在日?」と戸惑いますが、ブログのコメント欄の「ばんたろう」様のコメント通り、こっち系の人ですね^^
       読み終えるまでに途中で血圧が上がりますが、最後の数行でどんでん返し、うっちゃられます^^
       

  26. 先日、意外にもTSUTAYAで取寄せ可能になっていると報告しましたが、書き洩らしがありました。TSUTAYAのデータ登録では発売日が12/18になっているようです。

  27. つむじ風 様  余命 様
    大変参考になる情報ありがとうございます。 つむじ風 様 GJ
         ↓
    http://hiruneneko.exblog.jp/25096622/
    >昼ネコ様のブログに今回の書籍に関して在日と思われる記事が出ています。
    >一度、ご一読下さい。この内容が事実だとすると彼等が行ってきた悪行が完全に裏付けられた事になります。

    拝見しましたが言っていることは、あの有田ヨシフ大先生と同じで噴いてしまいました。
    この方の「余命三年時事日記」に関する過去のブログは、まるで余命応援団みたいなことを言っていますね。
    今回の本を読んで突然豹変しています。これ火病でしょうか?

    …「なんとかして、余命ブログを首尾良く削除したと思っていた。
    いかにアクセス数の多いブログといえど、われわれの力を結集すれば、
    どんなことでもできる。われわれの底力には、いかに余命といえども、
    怖れをなしているのではないだろうか・・・と思ったのだが、
    なんと、息の根を止めたはずのブログが、瞬く間に再生し、
    あろうことか今度は、書籍に身を変えて誕生したという。
    それも嫌みったらしく、タイトルが『余命三年時事日記』だ。
    余命宣告されたとか、余命3年だとか、今にも呼吸を停止するかのように
    弱々しいふりをしているだけで、実際はこれではまるで、
    『余命永続時事日記』ではないか。…

    …日頃から影響力を維持している他のネット書店は、不扱いの圧力が
    奏功し、圧倒的な勝利だった。・・・あっさりと逆転はされてしまったが。
    主要書店にも、陰に陽に不扱いの要請をしたが、さすがに永年の
    付き合いが奏功し、仕入れても棚に並べないなどの協力態勢が得られた。…

    …一部の不用意な同胞が得意がって、いかにわれわれがマスメディアを籠絡し、
    意向通りに支配しているかをネット上で、
    自慢げに公開してしまった。巷間では『スヒョン文書』と名付けられ、
    ネトウヨの間で非難の対象となってしまった。
    なので、今新たにアマゾンに対する不扱い圧力をかけると、
    『スヒョン文書』の存在が再浮上しかねず、必死にあれはガセだと
    打ち消しているのに、単細胞の日本人どもは一気に反感を持つだろう。…

    以上は抜粋です。
    http://hiruneneko.exblog.jp/25096622/

    あっち側の焦りが手に取るようです。みなさんも是非ご一読ください。
    (火付盗賊改め 鬼平)

    1. 私も拝見させて頂きましたが、『皮肉』のようですよ?
      更に、おそらくですが、実際に書かれていたとかじゃなくblog主の『きっと在日はこんな風に考えてるのだろうwwww』の皮肉ではないかと。
      blog主がこの事について更新されています。
      どうも、私のようにこちらから大量に見に行ったようですね。blog主も『閲覧いつもの40倍!?何で?・・・あ、余命※欄に出てる・・・だからかぁ!』的な事を書かれてました。そのためか、この件についての補足が新たに記事として投稿されてました。

  28. zaiko 様
    情報をありがとうございます。

    三省堂池袋本店(池袋西武別館の書籍館)にてようやく2冊購入することができました。ついでに「そうだ難民しよう!」も2冊購入してきました。店頭の最後の2冊でした。(PM 8:00ころ)

    お正月休みにでも読んでもらえればと、30日に会うひとに、「いま私たちが真剣に取り組んでいることです」と各1冊づつを渡すことができます。

    初めて書き込みさせていただきました。

  29. TSUTAYAでは12/15時点ではJANコードでも、書籍名でも該当データ無しでした。取りあえず店頭で予約注文用紙に記入し発売日以降に問屋で取り寄せが出来るようになるならばと待ちました。結果、12/20に店舗より入荷の連絡が有り1冊入手しました。受け取りの際に「店頭には並ぶのか?」と問うたところ「注文があれば取り寄せるが、店頭に並べるために仕入れる予定は無い。販売履歴もこの予約の1冊のみで今後の注文も無い」と言われました。「この出版社は色々とあるので取引も無い、今までも置いた事が無い」との社員談。確信犯ですなぁ。

  30. 昼寝ネコ様のブログの過去ログをざっくり見ました。
    http://hiruneneko.exblog.jp/25096622/
    在日かと思われる内容の最後に、
    …空耳かもしれないが、私の耳には上記のような、呪いに近い
    怨嗟の声が聞こえるような気がする。…
    とあり、昼寝ネコ様のユーモアあふれる皮肉のようです。

    また過去の記事も辿ってみたら
    …自分の遺産であるこの記事情報を、すべて保存してほしい、
    というのがブログ主の、次世代の人間に託している言葉です。
    素直な性格の私は、苦労しながら過去の記事全てを
    保存し終えました。…
    と2013年の記事にあるので、古くからの「余命」読者のようでした。

    余談ですが過去記事を漁っていたら、昼寝ネコさまは自らが提唱する「ファミリー・インテリジェンス」の中に、個人や家族を守るという視点において余命記事の内容を盛り込まれいるようです。
    http://www.family-intelligence.com/
    余命記事にこんな発展のさせ方があることに興味がわきました。

  31. 一つ、このブログの読者の皆様に提案ですが、可能な限りで構いません(一人一冊でも)が、自分の住んでいる選挙区の国会、地方議員、自治体首長、町内会長などへ本を送付(贈呈)するという運動はいかがでしょう。定形外普通郵便であれば、送り主の住所・氏名を書かなくても届けてくれます。夏の参院選に間に合えばいいので、どうぞご検討下さい。

  32. 発売日以降、何回か行きましたが横浜市北部の「アカデミア」という書店には置いてありませんでしたね。
    いわゆる憲法学者の書籍をいっぱい置いてあるので「赤でみあ」なのかもしれませんがw

  33. スレチ記事失礼します。

    五輪エンブレム審査委員の1名であった平野敬子さんがブログで内幕を暴露しているようです。今最新記事を読んだばかりですがかなり客観的な内容になってますね。他サイトのコメントによれば10月頃から書いているとの事。

    http://hiranokeiko.tokyo/

    私が知らなかっただけかもしれませんが、このブログの存在はあまり拡散されていなかったのではないでしょうか。これからブログの先頭に戻って読破するつもりです。少しでも多くの人に読んでいただきたいと思いここに記します。

    最後に、真正面から電通・博報堂にケンカを売った(?)平野敬子さんの勇気と思いに敬意を表します。

  34. hirune-nekoさんの 昼寝ネコの雑記帳の真意としては、Zはこんな風に思い・考えているのではないかとの大人のエスプリでのロジック披露ですね。昼寝ネコさんのブログは以前より存じていたので少々記しました。

    余命ブログ解説サイトの紹介コメントもこれまでもございましたが、皆様すばらしく解りやすさに感心するばかりです。たかりんさんhttp://takarin7.seesaa.net/の丁寧な解釈もありがたいですし、この方はすでに勉強会を開催されました。また、サイト攻撃で弾圧され不屈の闘志で初代余命の命日12/9に更に解りやすい切り口構成で再び再開された有名な花菱さんhttp://yomei-hanabishi.seesaa.net/がおられます。副読本で出版してほしい応援サイトの代表的なブログです。待ち望むものさん・ぱよぱよ日記さん等これまでのコメでも紹介されておられる数々の皆様もおられます。

    新しく余命サイトに来られ、読み始めた方々に多くの応援サイト併読もあらためてお勧めさせて頂きます。

  35. 以前もコメント残しましたが、いまだ変化は見られず・・・

    アマゾンの本のランキング
    http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/2980479051/ref=s9_acsd_ri_bw_clnk?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-10&pf_rd_r=0BT9GNW7JCCEWRCVT1ND&pf_rd_t=101&pf_rd_p=236670749&pf_rd_i=465392_p0_h

    アマゾンの本カテゴリのトップページ(下のベストセラーをご参照ください)
    http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E9%80%9A%E8%B2%A9/b/ref=sd_allcat_jb?ie=UTF8&node=465392

    ・・・あれれ?

    1. ベストセラーとは成ってますが、アマゾンが買わせたい本なのですでに購入済みの場合は出ない可能性が有ります
      本当のランキングを知りたければログオフするとかクキーをクリアーするなりする必要があるそうです
      PCに詳しい友人からの情報です

      1. かな様

        なるほど!それは思いが及びませんでした。
        教えていただき、ありがとうございました!

        774

  36. 近隣本屋巡回3回目の報告です

    戸田書店
    江崎書店
    あおい書店
    マルサン書店
    TUTAYA書店
    夢屋書店
    谷島書店

    以上7店舗 余命本・はすみ本 共に置いてません

    ある1店舗でしつこく確認したところ
    再検索して店員が調べ
    店員「発売日に各1冊入荷しましたが売れてしまいました」
    当方「発売日に来ましたが入荷無しと伺いましたが?」
    店員、再度PCで何やら調べる
    店員「申し訳ありません≪発売日の1日前に入荷≫しましたが即日売れてしまいました」

    はぁ~~~言い訳にもなりませんね
    ここを読めば、輸送の関係で地方は入荷が遅れているのは分かっていますし
    当地方は巷で「通過県」として知られ、その中でも更に田舎です
    「一日前に入荷?!」
    嘘も大概にせいよ!!!

    「官邸メール」について現在検討していること
    ・入管・警察の仕事怠慢についてです ↓

    「不法入国したイラン人が国内で車乗り回して殺人事件」
    「朝鮮語が書かれた漂流船が多数発見されている件」

    国民として身の安全のため厳しい請願をしたいと思っています

    1. 追記&訂正

      書店名の最後

      谷島書店・・・×
      谷島屋書店・・・○

      尚、書店に置いてあるかどうかは(入荷の有無)
      全て店員に聞いています

      1回目の巡回の時は余命本のみ
      2回目以降は余命本・はすみ本
      確認しています

      結局、アマゾンからしか購入出来ませんでした

  37. 『「報道ステーション」古舘キャスター降板へ 来年3月』

    馬鹿丸出しだった古舘もとうとう降板となるようです。
    この番組は古舘は勿論コメント陣も暗い人間ばかりで見る気もしなかったものです。
    朝日系列は新聞も駄目、テレビも駄目で追い詰められつつあるようです。こんなところへ広告を出している企業の製品は買わないようにしたいものです。

  38. イチヒロ 様

    お役に立てて良かったです。

    >店頭の最後の2冊でした。
    完売したのは余命or難民どちらなのでしょう?
    もし余命なら約6時間で10冊売り切れたことに感激!

    zaiko

    1. zaiko 様

      12月23日 PM 8:00 時点(実際には PM 7:45頃)での、「余命」の店頭での最後の2冊を購入いたしました。「難民」はまだ5冊くらい残っておりました。

      「余命」のうち1冊は立ち読み等でかなり読み込まれている様子で手元に置いておきます。
      一番下にあったきれいな最後の1冊を贈るつもりでおります。

      今までさがした書店の店頭では見つけることが出来ないでおりましたが、実物の書籍を目にした時には、柄にもなく私もこみあげるてくるものがありました。

      大切な情報をありがとうございました。

      約5時間強で10冊、本当に素晴らしいですね。

  39. 何か、私のブログの記事内容のせいで、すっかりお騒がせしたようで、ブログ主様並びに読者の皆さまにお詫び申し上げます。

    拙ブログにコメントを残してくださった皆さまのおかげで、ことの顛末を把握することができました。不要な疑念や懸念を払拭させていただくためにひと言で申し上げますと、記事の冒頭に記述しましたように、必ず最後までお読みくださいと念をおしてあります。最後の数パラグラフをお読みくだされば、記事全体の構造をご理解いただけて、私の視点もご理解いただけると思います。

    すでに、余名読者の何人もの皆さんがご丁寧に解説していただいているとおりです。私はスパイ映画を好んで観ていますが、最後にどんでん返しがあるストーリーは、なかなか面白いものです。今回の記事も、そのような構図だとご理解いただけると、途中で上昇していた血圧も平常に戻り、平穏な日常生活に戻っていただけるのではないでしょうか。

    「新刊・余命三年時事日記は、出版史上最悪の書籍だ」、と思っている方々は多いと思います。半面、そういう方々と対峙している皆さんにとっては、これほど画期的で資料性の高い書籍はないのではないでしょうか。

    最後にひと言だけ申し上げます。私は余命初代かず先生の記事中の、「全記事を保存するように」という言葉を素直に受け取り、最初の記事から最新記事まで、すべてをPDF化して保存しています。文字通り「良き羊飼い」の如く、身命を賭して日本および日本人のために情報発信を続けてこられた行為には、心から敬服しています。

    余命三代を中心とする皆さんのご奮闘を祈念しています。

  40. 昼寝ネコさん。
    はじめは誤解しておりました。特に余命さんブログ削除事件のときの8月のメッセージは。
    でも気づいたんですが、「逆説の天才的な達人さん」だったんですね。
    文学的にもまるっきりお手本のような逆説。
    反対の反対は賛成という手法。
    つまり、敵の敵は味方ということ。
    もっと強烈なやり方は否定形にする。例えば「あなたが好き」とは言わないで「あなたがきらいではない」=「あなたが好き」
    高度テクニックの愛国者さんですね。
    最初からひとつの文章ができていて、それを全部ひっくり返して言って完成させる。まるきりどんでん返しです。
    頭しか読まない人はただただ驚くでしょう。
    はじめの10行で見抜けなかった私もバカでした。

    余命さんという時代が選んだリーダー、そして昼寝ネコさんのようなすてきな才能ある方、そして国民みんなが一丸となって日本を立てなおす日が絶対来ると心から信じています。

    1. ↑コメントを有難うございます。
      大変身に余るご評価をくださり、身がすくんでいます。
      ただの昼寝好きなネコ気質の人間なだけです。
      今後とも宜しくお願いいたします。

  41. 参議院議員会館B103号室で『そうだ難民しよう!はすみとしこの世界』刊行に抗議する記者会見で日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)の富田安紀子さんの質疑応答での活躍を動画で見て、即アマゾンに「日之丸街宣女子」と『そうだ難民しよう!はすみとしこの世界』の2冊を注文しました。記者会見は逆効果でしたね。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト