余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2018-03-03 07:22
2385 2018/03/03アラカルト①(0)
引用元のソース

東北仁
余命様、スタッフの皆様、大変お疲れ様です。
2384アンケート調査、回答させて頂きました。ところで、③訴訟原告団に参加しますか?という項目があったのですが、参加の有無をこのコメント欄での意思表明で宜しいでしょうか?
そうであれば、私は「参加」で宜しくお願い致します。
追伸 2月末日、沖縄弁護士会より書留が届きました。
余命様、「体調は最悪との事」どうかご無理をなさらずにと申しても、「諸情勢・諸事情」が許してくれませんか!!!
余命様、スタッフの皆様、有志の皆様、どうか御身大切にお過ごし下さい。

.....全国の弁護士会の議決書がでてから攻撃開始となる。検察の返戻と一緒で個々の弁護士会の幹部が告訴対象となる。もう違法行為は確信的であるから警告の必要はないだろう。この関係は月刊余命三年時事日記№10の予定である。

 

幹夫
①マンセー日弁連会長への憲法違反、利敵声明への懲戒請求をどう思いますか?⇒賛同
②マンセー日弁連会長傘下の弁護士会会長への懲戒請求をどう思いますか?⇒賛同
③二重の声明発出弁護士会の弁護士全員に対する懲戒請求をどう思いますか?⇒賛同
④弁護士会に都合の悪い懲戒請求は受理しないそうですが、許せますか?⇒許せない
⑤国民の権利侵害については民事訴訟となりますが参加しますか?⇒参加します
⑥この件は弁護士会幹部も対象となると考えますか?⇒対象

.....余命三年時事日記を公刊にしなかったのは、以上のような日本国民の意識を踏まえてのものである。これから同人誌を舞台に平和的な総攻撃開始である。今般、「川崎デモとテロリスト上下」を刊行したが、内容はまさに売国奴のあぶり出しと具体的な糾弾資料である。売国奴のレッテルは未来永劫消えるものではない。昨日、発送を開始した。

 

神奈川県民
tvkニュースを見ていたら、ヘイトスピーチがどうのという内容だったのですが、そこに、「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」のメンバーが出てきました。一人はどうもペ・ジュンドのようでしたが、もう一人が関田寛雄氏でした。テロップも出ましたが、この人も一枚噛んでたんですね。まぁ川の中に教会を作った人が出てきてもおかしくはないんですが、ご報告まで。

.....立場が強いときは集団での蛮行の繰り返し、弱くなると弱者として人道、人権、ヘイトの被害者なりすましでのお涙ちょうだい大作戦である。当ブログの意識調査でもわかるとおり、もう在日中朝鮮人との関係は最悪である。戦後70年有余の悲惨な歴史が終わろうとしているのだ。有事には敵味方の識別は生死にかかわる。要警戒レベルになってきた。

都民
余命様 スタッフの皆様
個人的に理由で懲戒請求に参加できないのは、心苦しいのですが、誠に申し訳ございません。
また、本文を読む前に先にアンケートに回答してしまい、「この件についてのアンケートは懲戒請求をした方だけが対象となるので、よろしくお願いする」を読まないでクリックしてしまったので、ご報告とともに、深くお詫び申し上げます。

.....佐々木亮弁護士の民事訴訟は当事者として懲戒請求者であることが必要なので対象はこれ1件だけである。言葉足らずで申し訳ない。
なお、今後、マンセー日弁連と傘下の各弁護士会会長及び幹部、綱紀委員会委員の告訴といった場合にも懲戒請求者としての当事者証明が必要となるので、現状、弁護士会からの通知は保管をお願いしたい。刑事告発とは別に民事訴訟を検討しているが、原告団結成その他、詳細は月刊余命三年時事日記に記載される。

 

ミカンの実
日本が大好きです。余命様スタッフの皆様、秘書様、本の刊行おめでとうございます!。ついうっかり寄付用の(うずしお)に本の代金を振り込んだ3名のうちの一人は私です。申し訳ありませんでした。謝罪します。賠償は今後の微々たる寄付継続と本の購入ででお許しください。さて、いよいよという感じですね。
私はろくな情報ヲッ持っていませんし、情報を取り上げるスキルもありませんので、お伝えすることがほとんどないのですけど、とりあえず気がついた事を挙げますね。近所のパチンコ店閑古鳥状態です。それからオレオレ詐偽の緊急放送が少なくなりました。今ではほとんどありません。あと、暴走族の爆音がなくなっていますね。先日少しありましたが、なんとたった一人で頑張って爆音あげてました。(外にいなかったら気がついていませんよ!)寂しかったです。せめて五人はいてもいいのにどうしちゃったのかな?。でもまぁ、いなくなるのが一番いいので、これはこれで良い事ですね。それから、知り合いで親しくさせていただいていた父兄の奥様がパヨクでツイッターで活動しているのが判りました。信頼できる良い方だと思っていたのですが、残念です。本人はバレていないと思っているようですし、もしかしたら「危ないことをしている。」という意識もないのかもしれません。(お花畑まっしぐら状態)まぁ私としてはしっかりと距離をとって、離れていけばいいだけのことなので、問題ないです。テロ支援(になっている可能性大)の団体のメールマガジンなども購入して読んでいるようなので、有事が起こった場合は警察にご厄介になる可能性もあるかもしれませんね。詳しいことはわかりませんけど。御家族、特に子供さんがかわいそうに思いますが、仕方ないですね。こちらの対応としては放置プレイです。以上です。
安倍首相応援!
少し前から行橋市議の小坪しんや氏のblogを応援しています。選挙での共産党との戦いがあり、気になって今は毎日見てました。小坪氏の後輩が当選したようで安心しております。
でもこの数年で、奥田やシイルズなどを使ったりして、共産党は確実に存在感がある野党に育ってしまいました。今の南北朝鮮と同じで、民主党やnameロンダリング党が時間稼ぎ?した成果でしょうか。ソウカや民主党のような芯がなく選挙に勝つ為にヨロめく連中ではなく、共産党は選挙で勝つことより、あらゆる場所にスパイを潜り込ませ、日本解体(乗っ取り)する為にだけ存在してます。まさしく“草”な訳です。日本古来の生物を殺す外来種雑草は要らない。
安倍首相がJR東労組をカクマルとハッキリ国会で発言されたのも、今がもう冷戦中だからですね。これからは月刊余命本で日本人が一致団結することが必要になりますね。流石にマイナンバーや納税記録(日本人なら国税納付は逃げられない)で逃げ場が無くなって、本気で焦りだしてきたのでしょうね。色々炙りだしが捗ってます。あの群馬も朝鮮人学校に金は出さなくなった。茨城県もですが、支那が増えた所はチョン学校支援をやめ始めてます。支那のチョン切りでしょうか。 日本人血税が無限ではないと気付いたんでしょうね(笑)。さもしい連中です。長々失礼致しました。ご自愛くださいませ。
きょう
余命様、嬉しかったのでコメントします。
先週末に東国三社巡りをしてきました。ご存知の通り国譲り神話の三柱が祀られている所で、息栖神社、鹿島神宮とまわり、最後に香取神宮で余命プロジェクトの成功を祈願しました。そして神意は如何、とおみくじを引いた所、『大吉』。”願望”の項には、”思い通りですが油断するな”とありました。勝ちが見えたところで足元すくわれることはままあることだし、勝利を完全に手中とするまで気を抜くな、という神様からの助言と受け取りました。
みんなでひた押し、気を抜かずにがんばりましょう!
タ○○マ
私は海外在住のため、日本での受け取り手がおりません。
そこで、注文した月刊誌は送らずに、「やまと」様の方で保管しておいて頂いて、私が帰国した折にご連絡申し上げますので、そうしたら注文分をまとめて送って頂くということは可能でしょうか。
もし可能でしたら、保管希望の連絡、送付希望の連絡は、どのように連絡を取ればよいか教えて頂けますか。

.....月刊と銘打っているが、最低月に1冊という意味で、書籍の目的と内容が、一般販売書籍とはまったく違う同人誌である。日本を貶める勢力に対する戦闘マニュアルと資料が満載であることからして一過性の書籍ではない。したがって余命三年時事日記№1から、Vol.1~Vol.7というように通し番号がふってある。
巷間、一般的な常識とされている同人誌とは初刷り数が桁違いだし、増刷態勢も整っている。「日本人の一家に必ず時事日記!」をめざしているから品切れというようなことはない。帰国されてからのご注文でも大丈夫だ。
なお、海外への送付も多いから遠慮なくご注文いただきたい。

 

赤城
公立図書館に蔵書としてもらうには、どうしたらよいでしょうか?
至近の公立図書館には、余命本をすべて購入してもらいました。
現在も蔵書として並んででいます。
余命本の所蔵から発展し、坂東忠信さんやケント・ギルバートさんの書籍も所蔵されるようになっています。
蔵書となると、カーリルにも載ります。
一地域の蔵書が全国からも知られるようになります。
よろしくお願いします。

.....本来、国民が等しく知るべき事実が、実態とともに関係者も実名で記載される書籍である。都合の悪い方々が多かろうからたぶん無理だね。
そもそもが有事前提の妄想ブログから発展した書籍であるが、その内容のほとんどが現実化して時間による事実認証を受けている。かつ現在進行形の事案を扱っているからねえ。 公立図書館なら、なおさら公刊書籍ではないくらいの理由で、門前払いだろう。

 

宮崎マンゴー
質問コーナー拝読させていただきました。大変お忙しい中、全ての発信された御言葉に、身が引き締まる想いとともに涙が滲んでまいりました。日本人として生まれた事に誇りを感じたのは、余命先生や読者有志(勇志)のおかげかと改めて思いました。
ウズシオ本注文へうずしお寄付金を加算致したのは、わたくしでございます。御多忙な中、お手数お掛け致しまして申し訳ございませんでした。
スイス民間防衛に於いては、我が国は最早、最終段階かと…途方に暮れておりましたが、余命先生とともに続行しておりますひた押しが、唯一の日本再生への砦、礎であると心に誓い今を生きております。日本版民間防衛を、余命版民間防衛として、確かな御言葉で、日本へ我々へご発信下さらないでしょうか?
と、申しましても、これ迄の余命先生の御言葉とここへ集われる読者有志の皆様の御言葉全てが、現状日本への警鐘となっておりますので、愚問かもしれません。
自衛隊の防衛線のいきとどかない危機に囲まれた民間の場所に住む弱者は、助けSOSの術も無いのです。チベット、東トルキスタン、内モンゴルの現状は、既に日本に起きているのです。
余命先生へのコメントを一文字一文字、伝い落ちる涙と恐怖とともに上手い伝達法が見つからず、綴らねばならない自分でございます。
この日本で生まれ来た赤子の小さな手には、日本の未来と希望が握りしめられております。子供達の成長する目の前に、穢れた悪魔を見せないで下さい。子供達の声を命を消さないで下さい。そして、子供達の親の命も消さないで下さい。もう十分であります、お花畑と思われる方々が一刻も早く、我が国の危機を悟ることで、多くが真実をしり立ち上がることで、日出ずる国日本が再生するのですが…。
大願成就は、我が心願成就でもございました。
日本の平和を取り戻し、再生果たす日を待ち望み、毎日家に掲げようと数年前に購入致した国旗を、いまだ正々堂々と掲げられない状況下でございます。
日本の春の桜でさえ、この二十年前から素直に見上げられなくなったのは、日本を暗雲が覆っていたからだったのでございましょう。
余命先生の実戦砲の御言葉で、これ迄の不安が払拭され、先生のもとで読者有志の皆様と、日本再生への[奇跡]を起こそう!と、本日再びひた押しをと誓う所存でございます。ここに日本の灯台があるのですね。ありがとうございます。
とろりん。
余命様、余命スタッフ様いつもありがとうございます。
頑張りましょう!
川田
いつもお世話になっております。
うずしお様から民事訴訟の通知があれば従いますが、そんな金は要らないので全額余命様にお渡しします。
余命ブログは私の精神的支柱です。
日本人はまとまってこそ日本人です。

.....民事は当事者訴訟である。懲戒請求者は佐々木弁護士事件とマンセー日弁連の不受理対応について資格を持っている。
後者の懲戒請求不受理については「国が日本国民に保障している権利の侵害」と「その権利の行使の妨害」という重大な犯罪であり、いずれも損害賠償事案である。ブログアンケートで次回は日弁連についての意識調査を行うが、もう結果は見えている。
懲戒請求の却下と懲戒請求の不受理はまったく別問題であるので、これは別途、許されざる売国奴として告訴ということになろう。
勃ちあがれ日本人
「平成29年の外国漁船取締実績について」 平成30年2月20日 水産庁
ttp://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/180220.html
『拿捕件数を国別にみると、韓国は1件(前年5件)で、はえ縄漁船による無許可操業でした。中国は4件(前年1件)で、その内訳は我が国EEZ内でのさんご船による無許可操業が1件、底びき網漁船による操業日誌に漁獲量を過小記載する操業日誌不実記載が3件でした。』
『立入検査数が減少した理由は、韓国との漁業交渉がまとまっておらず、平成28年7月から、我が国EEZでの二国間協定に基づく韓国漁船の操業ができなくなっているためです。』
『また、日本海の大和堆周辺水域で北朝鮮籍及び中国籍とみられる漁船による違法操業が増加傾向にあることから、我が国漁業者の安全を確保するため、漁業取締船を重点的に配備し、退去警告等の厳しい対応を行っています。日本海においては、外国漁船に対して延べ5,191件(平成29年)、退去警告等の対応をしました。』
だそうです。
「拿捕件数、たった1件かよ!」と怒る向きも有るかと思いますが、忍の一字です。
個人的に重要なのは、
『平成28年7月から、我が国EEZでの二国間協定に基づく韓国漁船の操業ができなくなっているためです。』
という点ですw。
変に手を打ってしまうと国益を棄損しますから、このままこじれ続けるのが、良い関係(笑)という事です。
追記
こんな告知が有りました。
国土交通省航空局 平成30年2月20日
ttp://www.mlit.go.jp/report/press/kouku01_hh_000086.html
「米軍施設の上空等におけるヘリやドローンの飛行に関するビラ配布・ポスター掲示を行います 」
「防衛省、警察庁及び外務省との連名にて、このような行為を行わないようにお願いする旨のビラ・ポスターを配布・掲示することとしました。」
我々に知らされないところで、『告知しなければいけないぐらい、やっている』という反証でしょうか?

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト