余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-06-21 06:21
870 寄付金メッセージ⑧(0)
引用元のソース

白髪
家内の名前も併記していただきたくお願い致します。
宜しくお願い致します。
.....寄付金ファイル21p40行に併記させていただいた。

三部○
朗報です。 (笑)
実家に 置いてきた 余命本三兄弟が威力を発揮しだしました。
net環境にない両親は 新聞 NHKを鵜呑みにして暮らしていましたが、最近は メディアに 対する第三者の 厳しい目で日々のニュースを 見ています。
 先日 母親が 、遠い親戚が統一教会に 入信 立派な 教会を建て (鉄筋コンクリート作りでかなり立派)挙げ句の果てに 建てたマンションをまるまる 朝鮮家族に貸し出していると言いだしました。
実家の 近くも かなり 汚鮮が進んで いました。
余命様 お手数おかけしますが
.....みなさんご一緒に併記させていただいた。61p27行。

戦艦大和
余命様
5月27日に僅かですが3000円振込致しました。
戦争体験者の父の分(すでに故人)もと思っていたら受付終了との事
生きていたら父もきっと賛同すると思いますので、厚かましいですが
併記をお願いできますでしょうか?
宜しくお願いします。
.....併記させていただいた。

Ktora
初めまして、余命様
「本日をもって」の一文を拝見し、慌てて仕事帰りに郵便局へ。
このサイトに出会ってからまだ日が浅く、官邸メール等なかなか行動に移せていないのが現状です。ごめんなさい。
このコメントを第一歩に、余命様、余命スタッフの皆様、そして余命読者の皆様と共々に、日本再生の道を歩んで行けたらと思います。
何卒、宜しくお願い申し上げます。
.....ご希望の通り処理させていただいた。

まえかわ
余命爺様、プロジェクトチームの皆様、日本再生ありがとうございます。
駆け込みで昨日入金いたしました。
6月1日に入金した分で自分だけの名前を記載しましたが、家族分まとめて記載をお願いします。6月1日は住所を東京都渋谷区にしましたが、本籍地の豊島区へ変更します。
微力ですが、お手伝いできればと思います。よろしくお願いします。
.....44p6行に追記、併記させていただいた。

Lee殿
.....とりあえず追加登録したが、ご本人のデータがゼロ。再投稿をどうぞ。

山桜
余命様
今は亡き父の名前を併記して頂きたくお願い申し上げます。
父は陸軍士官学校60期生で戦地に行く直前に終戦を迎えました。
 日本の為に戦って散ることのみを考えていた18歳の父にとって日本の敗戦がどれ程辛いものであったか・・・
8月15日の日記には「ただ泣く」とだけ書かれておりました。
 そして上官からの「これからの日本はお前達の双肩にかかっている。日本を復興させるために頼む。」との言葉を胸に、それからの人生を『つり銭人生』と言い、ただただひたすらに血を吐くように働いておりました。
 晩年の10数年は脳梗塞の為に失語症になり話すことが出来なくなりましたがニコニコ笑い穏やかに過ごし静かに戦友達の元に旅立っていきました。
 ただ父を見送って本当に悔しく残念だったのは、私が覚醒するのが遅く父からもっと詳しい話を訊きたいと思った時には父はもう話せなくなっていたことです。
 学生のころに森村誠一の「悪魔の飽食」という本を読み、まさかこれが小説とは知らず事実と思ってしまった私は日本の軍人の非道さを父に向って責めてしまいました。
 その時の父の顔を私は今でも忘れることが出来ません。
 何か言いたそうで、でもそれをぐっと堪えて耐えて・・・本当に苦しそうでした。そして私に対して何もひと言も言いませんでした。
 今は「何も知らないのにお父さんの誇りを傷つけて本当にごめんなさい」ただそれしか言葉がありません。
 新聞記者であれ、小説家であれ、嘘の話で日本人に罪悪感を植え付けてきた人達の罪は本当に重いです。
 私は友人の「南京大虐殺は嘘」という言葉でいろいろ調べて目覚めていきましたが、日本は悪だと信じ切ってる人を目覚めさせるのは本当に難しいと思います。
でも今私達には余命さんが希望の光として存在して下さってます。
 少しでも多くの日本人が余命さんのブログで覚醒し本当の日本を取り戻す力になって下さることを願うばかりです。

父の亡き後に出てきた「軍人手帳」。
今でもほとんど汚れなく美しいままです。どれほど大切にしていたか・・・
軍人手帳と共に手記があり
『陸士生活は正味一年半であったが我が人生で最も意義深い体験であった。今でも軍人勅諭の精神は大切な指針と思う。
1、忠節→報国
2、礼儀
3、武勇→職責完遂
4、信義
5、質素                 
日本の為に本当にありがとうございました。
その言葉を伝えたい・・・
靖国で父と話しが出来ることを夢見ています。
お手数をお掛け致しますが併記を宜しくお願い申し上げます。
余命様におかれましてはどうか御身大切にご自愛下さいますよう心から願っております。

.....基礎データに欠けたところがあったので再投稿をお願いしていたところであるが削除した。ご依頼の件は寄付金ファイル31p11行に併記させていただいた。

Guzzi
「すみれの会」が、順調に活動されているとのことで、大変嬉しく思います。
また、「日本を取り戻す」同志が多数居られることに、勇気をいただきました。
ありがとうございます。
.....修正した。63p11行に記載してある。

無名
私の母は、満州からの引揚者です。
帰還の前後に幼い長男・長女(私の兄姉)をなくしております。
(事情は知りません。 満州でのことは話そうとはしませんでした。 すでに故人です。)
それでも満蒙開拓団の一員として頑張った愛國者には違いありません。
併記していただければありがたいと思います。
.....併記させていただいた。

テンテン
余命爺様
毎日本当にありがとうございます。
寄付金情報の付記(4名)をお願い致します。
.....みなさんご一緒に併記させていただいた。

heizo
余命翁ならびにスタッフの皆様、ご活躍有難う御座います。
締め切り前に寄付が出来て良かったです。
前回は私一人の名前で寄付いたしましまたが、今回は妻との連名でふりこみました。お手数でなければ、氏名を分けて夫婦連名にして頂けばと思います。
日本人が怒ったらどうなるか、日々臥薪嘗胆で粛々とやるべきこと進めます。
.....68p11行に連名で併記させていただいた。

わたげです。
昨日、少額ですがすみれの会に振り込みました。
最近、私の住む家の近所では祝日に玄関に国旗を上げる家が以前とは違い明らかに増えてきました。
門には新しい靖国神社のお札を上げている家も今日見ました。
以前はなかったことです。
 私の小学生の息子が言うには、息子の担任の先生は「ブルーチーム」だそうで、「先生とは教室でよく日本の話をしている。」だそうです。
 日教組に汚染されてる小学校の中にも、子供達に対してハッキリと毎日のように、日本を大切にするようにという話をする先生が出てくるようになろうとは思ってもいませんでした。
 私の周囲には保守が増えているような感触が何となくあります。
保守自体が増えているのか、意思表示をする方が増えているのかもしれませんが。
 家で寄付の話をしていたところ、息子も参加したいと言うので、貯めていたお年玉から3.000円参加です。
.....みなさんご一緒に併記させていただいた。

錆猫
膨大なデータの記載、修正や追記と大変な事と思います。
妻の併記のお願いの後、気がついたのですが併記の妻のデータに生年月日を入れていませんでした。
生年月日は余命様の管理照合用なら良いのですが、奉納用ならば、よろしくお願いします。
何度も申し訳ありませんが、よろしくご対応の程お願い致します。
.....68P18行に修正併記してある。

還来渡世(カンライトセイ)
明治と大正生まれの父と母です。人生の壮年期を戦時中に過ごした鎮魂のため、寄付をいたします。
 父は軍属として北京におり、宣撫班、新民会に所属していたそうです。また、五台山の僧達との折衝にあたり金鵄勲章を戴いたと聞いております。
 特攻隊の復権だけでなく、功績により授与された金鵄勲章の復権も望むものです。そして亡くなられた方、よく戦われた方々、つまり戦前戦中の日本及び日本人の復権を願うものです。
 もっと戦前戦中の話を聞いておけば良かったと悔やまれます。
.....お二方登録したが、ご本人のデータがゼロである。再投稿をお願いしたい。

オオヤマトスメラミクニ
余命様!初代から拝読致しております。
なんの影響力も無い私ですが、おねーちゃんの居る呑み屋やバーや居酒屋、実家、友達に情報拡散をしておりますw
 今週末なんと福岡に行く事になっておりまして、桜井さんのデモもこの目で見てこようと思っております。
わずかながら寄付させて頂きました。
益々のご活躍を!

神主の末裔
上記は、小生の父の名です。(靖国へのCD奉納で、何人かの方がなされていることに触発されました)
 小生の父は2011年(売国政権の最中、震災の直前)に他界しておりますが、以下の理由により靖国神社に名前が残ることを喜ぶと思いお願いします。
 父は大正12年生まれで、太平洋戦争中は理科系の学生であったため徴兵を免れておりました。
 敗色濃厚となり最初の神風特別攻撃隊が発進した後、(恐らく昭和20年初めから4月頃)父は海軍に志願し、霞ヶ浦での訓練に入りました。 赤とんぼと呼ばれた複葉の練習機に何回か搭乗したところで終戦となり生き残ることとなりました。(祖母及び父談)
 終戦後、都立高校の理科教師となりましたが徹底して日教組には加盟せずに通しました。 元々共産党嫌いで「生徒にものを教える立場の人間が、仕事をサボる(ストライキ)とは正気では無い」と申しておりました。 小生が小学生の頃、猖獗を極めた学生運動に対しても「学生が勉学に打ち込まずにゲバ棒を振り回すなど言語道断」と切り捨てておりました。
 詳しくは聞きませんでしたが、家の近くに出来た朝鮮学校とのトラブルもかなり有ったようで、彼らの民度を徹底的に糾弾しておりました。
ともあれ、父が生き残ったおかげで、小生が生まれることができたのですが、父が国を守るために立ち上がった証としてCDに名前を記録頂き靖国神社に奉納して頂ければ、泉下の父も喜ぶと思い、このようなお願いを致します。

金星62
余命様、スタッフの皆様、毎日の御努力恐れ入ります。有難う御座います。
 早速ご教示頂きましたので取り急ぎご報告申し上げます。
父は二十数年前に他界しましたが、小生が子供の頃毎年の初詣に手を引かれながら護国神社にお詣りしたことを覚えています。
 昭和13年に入営し、一選抜で上等兵になり募集試験を受けて憲兵になって、終戦までほとんどを台湾で勤務しました。戦後の黒いイメージでこちらからは多くを聞きませんでしたが、時々聞く話では法に則った普通の警察と変わらないイメージでした。
 戦後について詳細は聞いていませんが、半島人は終戦後戦勝国と言って急に威張り出し、無茶苦茶やった。あれが無ければなあと言っておりました。もう少し聞いておけばよかったと後悔しています。
 憲兵のためにご難をお受けになられた方々も数多くいらっしゃるとは存じますが、お国のために監軍護法の職責を全うし、また靖国神社にはその顕彰碑も建立されておりますことから、美しき日本を望んだ父の名も併せて登録をお願いしたいと存じます。

赤い大地を憂う母
余命様、スタッフの皆様何時も有難うございます。
靖国神社への氏名奉納の件ですが、亡き両親と夫、長男の名前もお願い出来れば嬉しいです。次の機会には又寄付させて頂きます。
.....みなさんご一緒に併記させていただいた。20p18行。

憂えるkaka
余命爺様、スタッフの皆さま、毎日本当にありがとうございます。
2代目様の頃からの読者です。
過日、心ばかりの寄付をさせていただきましたが、実家の母の名前も併記をお願いしたいと思います。
 母の兄が学徒出陣で出兵し、サイパンで戦死しました。若くして亡くなった伯父は妻も子も無いですから、後々まで供養をしてあげられるのは私たち姪や甥しかいません。
 88歳の母は今は認知症が進み、施設でお世話になっていますが、元気だった頃は時々靖國神社に行っていました。
日本の国を守る為二十歳で逝った顔も知らない伯父を想い、これからは私が供養を続けよう、と思っています。私の子供たちにもこのことは伝えていかねばなりません。
大変お手数ですがどうかよろしくお願いいたします。

.....併記させていただいた。54p8行。

日和歌
寄付金の件について、妻と娘の併記をお願い致します。
.....該当者が複数おられる。「飛大」でよろしければ回答は結構である。
寄付金ファイル56p23行に併記した。

らいむ殿
.....ご本人のデータがない。再送信をどうぞ。

鶏肋殿
.....データ不足。再投稿をどうぞ。

mac1208
故人ではありますが、名前の併記お願いします。
.....併記させていただいた。53p17行。

長野
先日は無関係の長文を送りまして失礼しました。
新手の嫌がらせかと面食らったかもしれません。
私もビビりました。これら文章も全削除で結構です。
 今回の寄付で、身内の併記について全く考えていなかったのですが、他の方々の書き込みを読んでいるうちに、やはり無視は出来ないと思い、考えを改め、お願いすることにしました。
 父は大正15年生まれの孤児で、出世とは無縁の真面目だけが取り柄の人で、風貌からして苦労を背負ったような人物でした。
 戦時中は2等兵としてよく殴られたと述懐していましたが、私は17で家を出ており、その後父はほとんど耳がダメになって、晩年は連れ子同士の再婚はやはり失敗といえる仲となったようで、遠慮のない母娘に我慢を重ねて、夫婦円満どころか結局心身共に弱ってしまい、詳細を聴くこともないまま入退院を繰り返した後、東北の震災の年、3月下旬に84で亡くなりました。
 私自身は靖国の初期の経緯に疑義があるのですが、英霊の存在に歯向かうわけはなく、昭和を生き抜いた苦労人の一人として名を残すことが出来れば、父にとって名誉ではないかと思い、無為凡俗な私自身の名は無しで結構ですので、父の名だけはとお願いの次第です。
.....69p24行に併記させていただいた。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト