余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2017-08-16 13:00
1852 2017/7/16川崎デモ⑦(0)
引用元のソース

安倍首相応援
新しいケータイからです。使いなれないから大変です(笑)。
YouTubeを沢山見て笑ったり怒ったりしています。瀬戸ブログにせんたくさんの名前があり(有名だけど今まで観れず)やっと昨日観れて笑いました。国賊顔図鑑は面白いし、有名パヨク処が良く判ると思います。
川崎デモもいくつか見て、奴らの焦りがよく分かりました。
桜井誠さんの在特会時代の活動とか観れて、YouTubeはやっと皆様に追い付いた感じです。今ではみたいに入力出来ないので、何が言いたかったか忘れながら書いてます(笑)。入力練習で中身が無くてすいません。ご自愛くださいませ。
四季の移ろい
余命さん、スタッフのみなさん、こんにちは。
先日の自分投稿の採用、ありがとうございました!とても嬉しかったです!でも冗長な文章、(成るべく…)気をつけます。川崎市にパブリックコメントを提出なさった方の文章、勉強に成ります(と云いつつまるで生かされていない…)。
そしてこちら「1791 2017/7/30アラカルト①」にてPlutoさんの、要点を凝縮なさった簡潔且つ単刀直入なストレートなご指摘を読ませて頂き、そうそう、その通りです!と、スカッとしました!
本当に仰る通りで、勾留の大きな理由と仰る「罪証隠滅」の恐れが無いのならストレートにその根拠を示す文章を書けば良いのに、こねくり回して書いているのが誤魔化しの手法なんだなって、よく判ります。
しかもこの声明、治安を安寧秩序を守る事よりも暴力を優遇優先しろと言っているのですよね。で、その暴力を『表現の自由』で糊塗し誤魔化そうと、やっぱりこねくり回して言っているだけで。
暴力は『基本的人権』のジャンルに含まれるものでは無いのに。犯罪のジャンルなのに。これを許したら暴力が支配するリアル北斗の拳な世の中になってしまうし。
治安を安寧秩序を掻き乱すこれら犯罪を、全くジャンル違いの『表現の自由』で許したら社会的悪影響どころか、無法地帯になるし。
だからその為に法があるのだし、だから沖縄県警さんや那覇地検さんや那覇地裁さんはその使命の元、基地反対派の圧力に耐えながら法の遂行を懸命になさっているのだし。
そしてだから機動隊のみなさんは、それを事前に防ぐ為にその使命の元、基地反対派の暴力により超危険な目に会いながら職務遂行を懸命になさっているのだし。
それをとても頭の良い学者さん方が理解なさらないなんて、しかも『公共の福祉の維持と個人の基本的人権の保障とを全うしつつ』を守る為の法に則った職務遂行を、「力で抑え込んできた政治権力の暴力」とか(ご自身の姿を勝手に反映させて)仰っている山城さんの意見に疑問を一切持たないとか、超あり得ないし。
治安を安寧秩序を保つシステムに対する刑法学者さん方のこの認識、不味くないですか?と思います。吃驚です。
そしてこれもまた、山城さんの犯罪と疑われる行為(原因)と、政治的表現行為(結果)の「因果関係の証明」が出来ていなくて。脈絡が全然無くて。
大体何かを訴える為の表現行為をしたいのなら、それこそ川崎デモの皆さんの様にきちんと許可の申請を手続きを取ってルールを守って訴えれば良いのに、お仕事を身を守る為に設置した人様の有刺鉄線を切ったり、人様のお仕事を暴行で脅迫で威力で他人の自由意思を制圧するに足りる勢力を用いて妨害したり、傷害を負わせたり、往来を妨害したり。
やっている事は暴力犯罪。でも言っている事は平和人権平等。超矛盾しているし。
先日ななこさんがたくさん投稿して下さった、川崎デモ許さないツイートの方々はきちんと許可を取ったデモに大騒ぎし妨害する前に、先ず沖縄でやっているお仲間の謎の自称「政治的表現行為」(=犯罪と疑われる暴力行為)に目を向けないとね。
あれだけ大量のツイートな方々がおられるにも関わらず、誰一人としてお仲間の無法者な無法行為に声を挙げないのが、流石無法者のお仲間だなって感じです。川崎デモの皆さんを見習って欲しいのですけど。言うだけ虚しいですけどね。
あ、また長く成りました…すみません。でも余りに理不尽過ぎる事への思いは、言いだしたら切りが無いです。矛盾が多すぎて。
いつもありがとうございます。(四季の移ろい)
ななこ
先日、半島有事便衣兵リスト入りした岩上安身氏による川崎リベンジデモの動画がyoutubeにアップされていました。反安倍だけではなく、カウンターにも参加して日本人への敵対行動を全開にされています。
なお、この動画で有田芳生参議院議員、畑野君枝衆議院議員のカウンター参加が確認できました。辺野古の活動家もわざわざ川崎まで駆けつけて参加し、機動隊員を恫喝しています。自ら沖縄=川崎コネクションを開示して何がしたいのでしょうか。
国連でおなじみの前田朗東京造形大教授、ヘイトデモ捏造の震源地と思しき青丘社の三浦知人氏、被害担当艦ジュニアによる警察批判、かなりの見どころが満載です。ビデオはダウンロード済みですので、後程DVDに保存します。

史上初の「ピンポンダッシュ」デモ!? 申請した出発地点とは違う場所で観光バスから降りて記念撮影だけは出来た!? ~予告されたヘイトデモを許さない緊急抗議行動 17.7.16 IWJ

00:07~ 秦真実 辺野古活動家、機動隊員を恫喝

03:09~ 有田芳生参議院議員(民進党) 日本人へのヘイトスピーチ

03:36~ 前田朗東京造形大学教授

04:12~ 畑野君枝衆議院議員(日本共産党) 当日東口でデモ批判、警察批判

04:39~ 三浦知人(青丘社、ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク事務局長)

05:06~ 有田芳生参議院議員(民進党) 警察批判

05:39~ 崔息子、日本の警察を批判

06:04~ 秦真実 辺野古活動家、警察批判

.....すべて共謀罪事案だね。昨年6月5日川崎デモは全く準備不足であったため、動画と写真、それも編集されたTBS動画が証拠ということで、告訴もままならなかった。
そこで練られたのが6月5日再現デモであった。
パレルモ条約はその冒頭にあるように「以前は犯罪として取り締まりが困難であった行為を犯罪化する」という大きな目的があった。
今般のいわゆる共謀罪についてだが、個々の犯罪についてはすべて法制化されているものばかりである。野党が言っていたのはその点である。
しかし、条約の目的はその個々の犯罪を結びつけることにより、個々の犯罪を複数のまた組織的な犯罪集団として処理することである。自民党もそれは重々意識していた。
このための安倍シナリオは「パレルモ条約は風化させる」「共謀罪とは分離する」というもので、目先を共謀罪に集中させ、妥協のふりをして目的を達成している。
パレルモ条約は共謀罪の陰に隠れていたが、実際の狙いはこっちだったとはねえ...。
7月9日からの在日不法滞在あぶり出し入管通報も、実は正規滞在在日対策だったからな。安倍総理の得意の手法だね。

Wikipediaから抜粋
<組織的な犯罪集団への参加の犯罪化(5条)
締約国は、次の一方又は双方の行為を犯罪とするため、必要な立法その他の措置をとる。
物質的利益を得ることに関連する目的のため重大な犯罪を行うことを一又は二以上の者と合意することであって、国内法上求められるときは、その合意の参加者の一人による当該合意の内容を推進するための行為を伴い又は組織的な犯罪集団が関与するもの
組織的な犯罪集団の目的等を認識しながら、組織的な犯罪集団の犯罪活動等に積極的に参加する個人の行為
締約国は、組織的な犯罪集団が関与する重大な犯罪の実行を組織し、指示し、ほう助し、教唆し、若しくは援助し又はこれについて相談することを犯罪とするため、必要な立法その他の措置をとる。
犯罪収益の洗浄の犯罪化(6条)
締約国は、自国の国内法の基本原則に従い、次の行為を犯罪とするため、必要な立法その他の措置をとる。
犯罪収益の不正な起源を隠匿すること等の目的で犯罪収益である財産を転換し又は移転すること及び犯罪収益である財産の真の性質等を隠匿し又は偽装すること。
犯罪収益である財産を取得し、所持し又は使用すること。
この条の規定に従って定められる犯罪に参加し、これを共謀し、これに係る未遂の罪を犯し、これをほう助すること等
締約国は、すべての重大な犯罪並びに第五条、第八条及び第二十三条の規定に従って定められる犯罪を前提犯罪に含める。自国の法律が特定の前提犯罪を列記している締約国の場合には、その列記には、少なくとも組織的な犯罪集団が関連する犯罪を包括的に含める>

それにしても、まあ見事にはまったね。
2016年6月5日デモが鮮やかに再現されただけでなく、当時、把握できなかった部分があきらかになってきた。

岩上安身(カウンター勢力側動画提供者)
有田芳生参議院議員(民進党)
前田朗東京造形大学教授
畑野君枝衆議院議員(日本共産党)
三浦知人(青丘社、ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク事務局長)
崔息子、日本の警察を批判
秦真実 辺野古活動家、警察批判

青丘社がまともにでてきた。また沖縄活動家や共産党も民進党もそろい踏みだ。しかし、なんといっても今回の主役はツイッターと動画の連携による神原弁護士、しばき隊、のりこえネットの連携共謀プレイだろう。これで有田芳生、福島瑞穂もみなつながった。
山本、石橋、福田川崎市長、横浜地裁判事、この関係申し立て5人の弁護士も同じ穴のむじなである。当然、メディアも対象となる。外患罪での告発は第六次告発で従来通り、共謀罪での告発は追加となる。

 

けいちん
先日の川崎デモ、炎天下の中御苦労様でした。もう御存知かとは思いますが、ユーチューブにお粗末カウンター側が撮影した動画が上がっていますが、そこに有田芳生が映っていますね。一瞬で分かりにくいですが、ハッキリと映っています。0:32で止めてください。薄いピンク色のポロシャツ着て歩道橋の上から見ています。
他にも在日、極左集団の顔が確認できます。

消される前に保存がよろしいかと。

 

摸摸具和
この人達は、公安に把握されても構わない、という覚悟をお持ちなんでしょうね。
爽涼無量
余命様
御多忙中失礼仕り候。
陣営の皆様の毎日の激務に深謝申し上げます。
さて、テロ等準備罪施行、TOC条約締結と、通常国家への門を漸く潜りました昨今、川崎デモでは、反日外来種が大漁であったとのこと、心より御祝い申し上げます。
ところで、ヘイトスピーチ法の是非ついての話題ですが、私は是です。理由は、反日民族の存在をアピール出来るからです。
反日どもは、ヘイトスピーチ禁止を「差別表現の禁止」としましたが、日本人にとっては、「そんなことはしていない」のが答えです。ヘイトスピーチなどと言われても、反日民族を知らない日本人、つまり騙され易い日本人程、ピンと来ません。
そして実際の“ヘイトスピーチ”の内容とは、“反日民族の実態”であり、「ヘイトスピーチ禁止」とは、「反日民族の実態について表現してはいけない」というものです。
わざわざ反日の存在をアピールしています。
具体的に定義すればする程、日本人の警戒を強め、曖昧なままでは理解されない、そして理念法となったのが“ヘイトスピーチ法”です。
慰安婦強制連行の捏造がバレた時に、人権問題にすり替えたことが反日共の衰退を加速させたと思います。
これは、“社会国家”を知らない、寄生民族バカ乞食の発想です。現在において人権とは、社会国家を補完する為に有るのですから、国益に反する個人の権利など違法です。
反日どもは自滅の潮時ですね。
御時間を御費し被下忝く存じ申候。
330
こつる様
いつも貴重な情報をアップしていただき感謝申し上げます。
朝日新聞の英字版を翻訳してみました。
日本語版とは内容が随分違う印象です。
まず、主題からして、しれっと嘘をついています。
おかしい部分:
「数百人の抗議で取りやめ」
「数百人のカウンターに囲まれ、急遽計画変更」
「警察官は最初のグループに理を説き、新法でヘイトスピーチが
違法だと思い出させようとした。」

川崎でのヘイト集会は数百人の抗議で取りやめに
2017年7月17日 17:20
7月16日、数百人の警察官が、外国人嫌いの集会で知られたグループに
よるデモを阻止しようと川崎に集まったカウンターを抑えようとして
いる。(Kotaro Ebara)
外国人嫌いのデモで知られた小グループは、川崎で数百人のカウンターに囲まれ、急遽計画変更を余儀なくされた。
多くの警察官が治安を維持するために近辺にいた。
ヘイトスピーチに反対する神奈川県住民の1グループは偏見者を非難するプラカードを掲げ、中原平和公園近くに集まった。
午前11時ちょっと過ぎ、過去に日本から朝鮮人の追放を求めたデモは急に公園から離れた。
反ヘイトスピーチの抗議者達は直ちにデモサイトに駆け付け、数百人のカウンターは数十人のデモ参加者を取り囲んだ。
あるカウンターはすわり込みをし、最初のグループの進行を妨げた。
約10分後、デモ参加者はバスに乗り込んでその場所から去っていった。
そのグループは明らかに、地元警察と相談の上、デモのスタート地点を変更していた。
警察官は最初のグループに理を説き、新法でヘイトスピーチが違法だと思い出させようとした。
しかしデモ参加者は、デモは基本権であり、ヘイトスピーチはやらないと言った。
何人かのカウンターは、まず第一にデモを許可した警察官に怒りをぶつけた。
反朝鮮グループは、川崎で過去に、地裁の仮差し止め命令でデモの中止を受けている。
加えて、反ヘイトスピーチ法が施行された直後の2016年6月に、今回のデモにも関わった一部のメンバーがデモを計画したが、スタートしてすぐに数百人のカウンターに取り囲まれ、中止を余儀なくされていた。
川崎市は2018年3月からヘイトスピーチを阻止するガイドラインを実施する計画である。
崔康一 44歳、川崎在住韓国人は、私たちは負けないと言った。
行政措置と法改正でヘイトスピーチはできなくなる。
(記事:伊藤和也、河井健)

.....これも共謀罪事案だね。検討を開始する。

 

AZ
>外交上の判断を理由に、朝鮮学校の生徒だけに支給しなかったのは不当な差別だ
普通の国なら外交上の判断を理由にお取り潰し&強制退去でしょうね。少なくとも法務省と文科省は外国籍は国民でないとの認識ですから、憲法云々は御門違いというものです。
記事元が転載禁止との事ですからURLだけ貼っておきます、文科省の回答が色々と興味深いと思います。以前余命時事に投稿があがっておりました人種差別撤廃条約の問題点についても理解されているようです。
『3・29通知の影響は深刻、補助金カットに歯止めを/無償化連絡会が文科省に6項目の質問』日刊イオ
ttp://blog.goo.ne.jp/gekkan-io/e/c05c67ce27c5d282ea738e23057851ea
川崎リベンジデモでの県警の行動や、直近では消費者庁の動きなど政権が行政のコントロールを取り戻しつつあるのかな、なんて考えたりします。
AZ

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト