余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-08-03 21:58
1123 軍事関連23(0)
引用元のソース

優游涵泳
保守武力戦線様
”ハードR”を戦争と位置付けるか、戦闘と位置付けるかによって、随分投稿文の解釈が変わる様に思えます。
”ハードR”を戦争と仮定した場合は”ハードR→憲法改正と言う流れが最短”となる可能性がありますが、”ハードR”を戦闘と仮定した場合は再び長い戦後を覚悟する必要があるでしょう。
 戦闘に勝っても戦争に負ける事はありますし、戦闘を伴わない戦争も存在します。
”ハードR”を戦争と仮定した場合、既に戦中であると小生は認識しております。
ベストなのは、戦闘を伴わない戦争で勝利する事でしょう。
 尤も、現代戦の戦闘と言うのは僅か数分~数時間と言うものが大半で、戦争と比べれば戦闘の時間と言うのは、微々たる時間でしかありません。
その微々たる時間の為に、数枚の外交カードを捨てるのはハイリスク・ローリターンでしかありませんので、”ハードR”を戦争と位置付けるのが最も美味しいと考えています。

.....少しでも軍事をかじった者ならば、中韓ともに、日本と実際に本格的戦争に突入なんて考えている軍人などいない。中国も韓国も日本との開戦は国家が破綻することくらいわかっている。頼みは日本国内の獅子身中の虫である。
 これについて,安倍総理は徹底したあぶり出しで対応してきた。親中、親韓議員は隠れているから面倒なので、二階だとか額賀だとか、いかに影響力があったとしても衆人環視のもとではただのひとである。今回の都知事選でも内田があぶり出され終了した。
 一番問題であった在日武装組織と見なされてきたヤクザ集団が、昨年7月9日以降は国籍確定と居住が特定されたことと、マイナンバー、テロ法の成立、警察の武装強化、自衛隊の国内治安対策への編成替え等が進んで監視が強化され、有事殲滅態勢が整ったことが大きい。並行してヤクザ分断対策が進められ、すでに6分割から8分割されている。
 そろそろ安倍総理から「竹島は日本領」「外患罪GO!」の指令が出そうだな。暗号は稲田防衛相だが....。

epi
軍事関係(参考)
刑法 第2条(すべての者の国外犯)
この法律は、日本国外において次に掲げる罪を犯したすべての者に適用する。
一  削除
二  第77条から第79条まで(内乱、予備及び陰謀、内乱等幇助)の罪
三  第81条(外患誘致)、第82条(外患援助)、第87条(未遂罪)及び第88条(予備及び陰謀)の罪
四~八 (省略)
※内乱罪、外患罪などは、国内外、国籍を問わず、すべての者に適用される。仮に、K国のP大統領が日本国に対して武力を行使させたとすると、このP大統領(その指揮系統上の者も)に外患罪が適用される。なので、過去に日本国に対して武力を行使させたP大統領が、時効を迎える前に訪日すると、外患罪容疑で逮捕されることになる(はず)と思います。(一応、ご参考まで。epi)

epi
1107 巷間アラカルト188
軍事関係(参考:刑法第2条)
投稿文訂正:
・・・時効を迎える前・・・(←外国に居る間は時効停止でした。失礼しました。)

epi
・防衛省・自衛隊HP 予備自衛官関連
 2016/07/29 記者会見(抜粋)
Q:最初に発表のあった、予備自衛官と即応予備自衛官の件なのですけれども、これは、防衛省として、何か震災とかあった際に、これまでは5日間、最低見なければいけなかったけれども、すぐ呼べるようになったということですか。防衛省から自発的に、すぐ呼べるようになったということではなくて、早く来てしまった人については、始められますよという政令の改正なのですか。
A:招集に応じる予備自衛官及び即応予備自衛官に異議がないということを前提として、より早期に自衛官としての勤務を開始できるようにしたものであります。実際に地震が発生しまして、早く手伝いたいという予備自衛官、即応予備自衛官がいましたけれども、法律においては5日間以降と定められておりますので、せっかく来ていただいても、早く即応予備自衛官として仕事することができないということで、この日にちを短縮できないかということでとった措置であります。
(以上抜粋epi)

さざれ石
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
台湾の国営中央通訊社配信のニュースの要約をご報告致します。

国営中央通訊社台北30日電18:40 英國暫停與陸核電合作 英媒:安全考量
規定では現地時間29日午前に署名するイギリスのヒンクリー・ポイント原子力発電所計画は、時間を11時間繰り上げて、しばらく見合わせる、決定するかは秋まで延期すると発表した。

この原子力発電所計画は180億ポンドを費やす予定で、イギリスで20年ぶりに新しく建設する最初の原発である。
 協議署名の前に、ビジネス・エネルギー・産業戦略大臣のグレッグ・クラーク氏は突然、政府は「細かく詳しく考慮」しなければいけないと発表した。
 イギリスBBC中国語版は、中国広核集団とフランスの電力会社はこの原発計画に共同で出資し、先進国投資と原発の建設において中国企業の先例となる、中国側は計画に基づき60億ポンドを出資するが、これは総投資の1/3を占め、この投資の多さが安全性の懸念を引き起こしたと伝える。
だがいまのところ、この原発計画の延期についてイギリス政府からまだいかなる公式の説明もない。

国営中央通訊社東京30日16:05 前總統李登輝抵石垣島 31日演講
元総統・李登輝氏は今日午後、日本の石垣市に到着し、中山義隆石垣市長らが空港で出迎えた。
曾文惠夫人ら家族と3日まで石垣市に滞在し、「全国青年市長会」で講演をする。
李登輝先生がお元気でよかったです。以上です。

横浜在住
余命翁様、皆々様おはようございます。
投稿される皆様は軍事関連でも とてもディープな内容ばかりでよく学んでいらっしゃると尊敬しております。ですから私のような普通のおばちゃんが書き込むのはどうかとも思うのですが、ひとつお聞きしたいので質問させて下さい。
 もしシナコリアンと戦争状態になったら、通信用の海底ケーブルはどうなるのでしょう?引っこ抜いちゃっていいんでしょうか?KDDIの資料を見ていて、これってかなりのダメージになるよなぁと思うのですが…。
 戦時なんとか法でやってはいけないんですかね。

.....単純にみて海底ケーブルの所有と運営は100%欧米が握っている。よってネットワーク切断の利害の問題だけを考えると、現状、中国は北斗システムをはじめとして無線通信のネットワークとその制度や軍事活用について大きく技術の向上を図ってはいるものの、そのほとんどが実体を伴わない張り子の虎であって、100%国産での信頼で運用できる技術も機器も皆無と言っていい状況では物理的な引っこ抜きは意味がない。
 中国はサイバー攻撃を国を挙げてやっているが、欧米がサイバー攻撃ではなく、通信を遮断しただけでも大混乱を起こす大きな脆弱性をもっている。
 国力、とくに軍事力というものは、国のあらゆる最高水準の部分を結集したものであって、本来は公表はともかくカタログスペックであってはならないものだ。弱い犬ほどよく吠えるとはよく言ったもので、中国や韓国は願望を即、実現してしまう。そして二言目には核ミサイルである。
 1970年代からの列島線防衛構想については過去ログを参照していただくとして、現在、問題となっている尖閣諸島での中国艦船の出入りは、開戦となれば一隻たりとも近づけないシステムが構築されている。中国原潜など出港は地獄への旅立ちである。
 2010年、国防動員法を制定。満を持して2013年1月1日、習近平は日中開戦準備を打ち上げた。ところが3月の中央軍事委員会において、なんとまあ日中開戦無期限延期が決定された。(笑い)それから3年がたつが、事態はさっぱり改善していない。その一番の要因が海底ケーブルである。
 先日、中国の政府系新聞の海底ケーブルについての記事を紹介したが、先述の軍事委員会以降、香港での政府系メディアを通じて、日中開戦延期の言い訳キャンペーンが行われていた。香港の漁民なりすまし人民解放軍作戦も中止された。実際開戦となれば一瞬で共産党政権が崩壊するとなれば、泡を食うわな。
 先日の記事の骨子は、東シナ海はともかく、南シナ海においては、自前のが軍事海底ケーブルを敷設して防衛力を強化しなければならないという学者?の意見であった。この一事を見ても沿岸海軍国家が、単に金に任せて外洋に出ようとしても空母だけでは少なくとも30年は遅れているということがわかる。
 この関係は近いうちに別途取り上げる予定である。

マンセー名無しさん
事実を言うとヘイトスピーチ」と同じ構造ですよね。

韓国、竹島記述で公使呼び抗議 16年版防衛白書に「領土」 | 2016/8/2 – 共同通信 47NEWS
http://this.kiji.is/133146841997115399
 【ソウル共同】韓国外務省は2日、日本の2016年版防衛白書に竹島(韓国名・独島)が日本の領土だと記述されたことに関し、在韓国日本大使館の丸山浩平総務公使を呼び抗議した。
 同省は「不当な領有権主張を再び(白書に)含めたことに対し強く抗議し即刻撤回を求める」とする報道官論評を発表し、抗議の場でも同趣旨の内容を伝えた。報道官によると、丸山氏は「本国へ伝える」と返答した。
 また韓国国防省も2日、同大使館の防衛駐在官を呼び、口頭で「深い遺憾の意」を伝え抗議文を渡した。

【防衛白書】新華社が批判「中国脅威論を継続して騒ぎ立て」 – 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160802/wor1608020026-n1.html
【北京=西見由章】中国国営新華社通信は2日、日本の平成28年版防衛白書について
「中国脅威論と海洋の安全問題を継続して騒ぎ立てている」などと非難する記事を配信した。
 記事は、白書が「日本の安全保障環境が日々悪化していると誇張し、3月に施行した
安全保障関連法や軍事力増強の口実にしている」と主張。
「大量のページを割いて中国の通常の軍事活動や海警局のパトロールに対し、とやかく言っている」と批判した。
オランダ・ハーグの仲裁裁判所の裁定受け入れを求めていることについても「理不尽だ」と反発している。

マンセー名無しさん
中国も反応しました。稲田さんがそんなに大物とは思わなかった。

【内閣改造】稲田朋美氏の防衛相起用に中国、「右翼」女性政治家と警戒感あらわに – 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160802/wor1608020033-n1.html
 安倍晋三首相が稲田朋美政調会長を防衛相に起用する方針を固めたことを中国メディアは2日、日本メディアの報道を引用して伝えた。歴史問題で強硬路線を取る「右翼」の
女性政治家として紹介し、警戒感をあらわにした。
 中国外務省は共同通信の文書による質問に対し「(日本の)内政に関する問題なのでコメントしない」と口頭で回答した。
 中国の通信社、中国新聞社(電子版)は稲田氏が行政改革担当相を務めていた際、靖国神社を参拝したと指摘。
歴史問題や安保政策では安倍首相の「代弁者」で、首相と政治理念が近いと分析した。
東京都知事に就任した小池百合子氏に続き女性で2人目の防衛相になることにも触れた。

マンセー名無しさん
なにか強力なメッセージと受け取っているようです。
【内閣改造】稲田朋美氏の防衛相起用に韓国反発「協力が容易でなくなる」過去には入国不許可 – 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/160802/wor1608020028-n1.html
 防衛相に起用される見通しの自民党の稲田朋美政調会長は、韓国では領土や歴史をめぐる過去の言動から対韓強硬派として否定的なイメージが強い。聯合ニュースは2日、稲田氏入閣で「安全保障協力が容易でなくなるとの懸念も生じる」と伝えた。
 稲田氏は2011年8月、竹島(島根県隠岐の島町)北西の韓国・鬱陵島視察を目的に、自民党の新藤義孝衆院議員らと訪韓を計画。韓国政府は混乱を懸念し金浦空港で入国不許可を伝えた。
 稲田氏が12年12月発足の第2次安倍内閣で行政改革担当相として入閣した際、韓国メディアは同時入閣した新藤氏と共に「独島狙撃手」などと表現、安倍政権を非難した。
 慰安婦問題をめぐる稲田氏の発言についても、聯合ニュースは「極右勢力と同じ主張」と報じ、稲田氏入閣の場合「再び物議を醸す可能性がある」と伝えていた

マンセー名無しさん
稲田防衛相就任に特別な反応を示す、民進党。
民進幹部、内閣改造に「えこひいき人事」 稲田防衛相に懸念も 2016.08.03
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160803/plt1608031332004-n1.htm
 3日の内閣改造・自民党役員人事について、与党から経済再生に向けたアベノミクスの推進に期待する声が上がった。野党は「お気に入りばかりを役職に充てる、えこひいき人事だ」(民進党執行部)とけん制した。
 民進党執行部の一人は、安倍晋三首相と親しい人材の登用が多いとして「ひいきが目立つ一方、あとは入閣待機組を適当に充てたという印象だ。自民党内で不満がたまっていくのか、これから注視していきたい」と語った。
 別の民進党幹部は、自民党政調会長だった稲田朋美氏の防衛相起用に中韓メディアから警戒の声が出ているのを踏まえ「驚いた。首相は対アジア関係を一体どうしようと考えているのか」と懸念を示した。

マンセー名無しさん
共産党も稲田防衛相に特別な反応。
共産・小池氏、改造内閣は「暴走継続内閣」:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ835SQDJ83UTFK014.html
小池晃・共産党書記局長
 第3次安倍改造内閣が発足したが、アベノミクスと言われる経済政策を含めて、安倍政権の基本路線をそのままそっくり引き継ぐ「暴走継続内閣」だ。防衛相には稲田朋美氏を起用したが、彼女は明確な改憲論者だ。憲法9条を変えて国防軍にすると明確に主張している人物だ。こういう方を防衛相という立場においたところに、安倍政権の非常に危険な性格がはっきりと表れている。(記者会見で)

マンセー名無しさん
ついでに泡沫政党の落選議員さんも稲田防衛相に特別な反応。
【内閣改造】「在庫一掃セール」「稲田防衛相はごりごりのタカ派」社民党が談話
http://www.sankei.com/politics/news/160803/plt1608030052-n1.html
 社民党の又市征治幹事長は3日、同日発足する第3次安倍晋三再改造内閣について、「インパクトや新鮮味は感じられない。『入閣待機組』約70人の在庫一掃セールのようだ」とする談話を発表した。
 又市氏は談話で、「目玉人事にも乏しく、何のための改造かよくわからない」とも指摘し、新たな閣僚の顔ぶれを酷評した。
 また、防衛相に起用された稲田朋美前自民党政調会長を「ごりごりのタカ派」と指摘。「対アジア外交にも影響を与えかねない。改憲シフトで、きわめて危険」と批判した。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト