余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-05-06 15:32 最新コメント:2016-05-07 13:04
706 巷間アラカルト51(6)
引用元のソース

いけさん
余命さん。スタッフの皆様。怒涛の更新お疲れ様です。
 駐日本国大韓民国大使館のHPを覗いていて領事部のお知らせに”在外国民の住民登録証発給及び国内居所申告証の効力喪失に関するご案内 ”が小さい字で載っており発表日が2016.4.6。
 そういや在日の韓国大使館への住民登録の締切日が2016.6.30だったよなと思ってみていたら大使館HPにはそれより過去に住民登録関係の記述なし。大使館HP検索しても住民登録関係の案内はヒット0。仕事する気あるんかいな。
 そういえば、民団から大使館に移管されたんだったと思い出し民団新聞を見ると記述があるのは2014.5.14のみ。ん?
施行前に民団新聞でさりげなく発表。在日気づいてる?
    ↓
施行日特に正式発表なし。これじゃほとんどの在日は気づかんよ。
    ↓
締め切り前に大使館HPで念押しで小さい字で公表。在日見てる?
 
どこかのサイトに申請は発給に1,2ヶ月、本国に身元の記録ない人は3ヶ月かかったという実体験のニュース発見。ん?いや、がんばればきっと間に合うさ。素直に住民登録しないと・・・不法滞在?住民登録したら・・・ウン年分の住民税?生活保護は韓国政府へ?私は知りません。個人の妄想です。
 7月1日は兵役忌避者の氏名・住所公表だっけ。参院選も7月だったな。なんかいろいろ目白押しだ♪
 政治家、芸能人、会社経営者などの有名在日たち、今から自然なフェードアウトを演出できるかな?

.....余命は一切関知しない。 

ドサンピン@量産壱号
爺様皆様、ドサンピンであります。
今年の8月15日は実に楽しみですな。
真の終戦に向けての、来るべく在日共との最終決戦の開幕となりそうです。
 来るべくこの日をXデーとして、靖国前で闘争の火ぶたが切られる可能性がにわかに高まってきました。
我々日本人の怒りはまさに、不動明王のごとき憤怒です。
お不動様は、魔を祓い衆生をお救いする仏様であります。
在日やバカ三国共の極まる横暴に、さすがの仏様も怒髪天を衝いているに違いありません。
 ゴキブリは衆生ではない。こんなことを言うと創価信者なのかと勘違いされるかもしれんが、奴らは紛うことなき仏敵だ。 よって須らく仏罰あるのみ。
 我ら余命一同に地獄の悪魔からの迎えが現れると言うのならば、彼らには、畜生道からの餓鬼の使いが現れるであろう。

真太郎
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
 2013年10月25日の南鮮軍の島根県竹島における軍事訓練を敢行したことから『公安』が外患罪の告発の準備に入ったと「78 『公安』、外患誘致罪適用へスタンバイ」にありました。しかし、「『公安』が一罰百戒で一気に行くか、尖閣衝突まで待ってまとめて面倒見るかは高度な政治判断となりそうだ」とあるようにいつ告発に踏み切るのか予想がつきません。
 ところが、「.....いよいよ竹島奪還作戦の直接の下準備に入ったということである。政府が内外に竹島が日本領であることを発信することにより、外患罪の告発が容易になる。いよいよ外患罪告発官邸メールがはじまるぞ!」と余命様の発言。
 中共と南北鮮に余力がないのは明らかですが、自衛隊が尖閣諸島と竹島の同時奪還は厳しいと考えられます。そこで、現実的な竹島奪還作戦の下準備(日米欧には、G7関係で根回し済。豪潜水艦受注問題もこれを絡めたプロレス。プーチン厚遇で露も説得。)に入り、「起訴される場合の環境は売国奴必罰の環境」作りにも入ったと思われます。井上太郎様が「諜報機関」の中で隠れた売国奴をイニシャルで非難されたり、余命様が実名で取り上げたりしたのはその一環だと思います。
 在日のあぶり出しはマイナンバー等でほぼ完了。反日勢力の資金遮断は対テロ、対脱税で進行中。そして、売国あるいは反日日本人は『公安』が告発。世論も安倍内閣を支持。
 最後に井上太郎著「諜報機関」P206から。「今は保守気取りで論調してますが、私はペルー事件はじめとする売国行為を絶対にゆるしません。」これは、愛国者のふりをしている売国奴に対する『公安』の決意ととらえています。
>これをうけて『公安』は外患誘致罪をはじめ外患各罪の告発要件が満たされたと判断した模様だ。
>そしてその「起訴される場合の環境は売国奴必罰の環境」であることは間違いない。
 近代法の精神は、疑わしきは罰せずであるがこの「外患罪は疑わしきは罰するである。」法治国家における法としては珍しい人治法のにおいがする。
 武力衝突が発生し、凄まじい死傷者がでるような中では国民感情として「売国奴には死刑しかあり得ない。」このブログで取り上げた例は政治家だけだが、「その他マスコミ、法曹、教育、財界、帰化朝鮮人、各種組織等凄まじい対象者」が存在する。
 『公安』が一罰百戒で一気に行くか、尖閣衝突まで待ってまとめて面倒見るかは高度な政治判断となりそうだ。戦前、戦後を通じてここまで『公安』が期待される存在であったことは一度もない。暗いイメージの『公安』が日本国民のヒーローとなるときには確実に日本は再生しているだろう。
78 公安、外患誘致罪適用へスタンバイ
(省略)
 韓国の竹島演習はこれまで日米の顔色を見ながら非公開でこっそりと行われてきた。したがって対外的に韓国の不法武力占拠、紛争地域という実態がなかなか証明しずらかったのだが今回、韓国国防省が公開したことによりこの紛争問題の存在が明らかになった。これをうけて公安は外患誘致罪をはじめ外患各罪の告発要件が満たされたと判断した模様だ。
 日本の刑法の規定で最も重い罪は「外患誘致」(81条)であり、極刑以外の刑罰を定めていない。条文は次の通りだ。「外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する」むろんこれまで適用例はない。(これについては外患罪に詳説してある)
 この外患罪の特徴は対外存立であって他国あるいは組織と紛争あるいは戦争が発生した時点で成立するというところにある。したがって平時には常識では売国奴的行為や反日スパイ行為であっても外患罪は成立しない。だが確実に潜在しているのだ。
 昨年末から尖閣、竹島、慰安婦等の問題で様々な動きがあった。それに対して外患罪を適用せよというような動きもあったのだが、なにしろ平時であることと、尖閣では中国と、竹島や慰安婦問題では韓国との紛争発生が絶対必要条件とのことで立ち消えになっていたのである。しかしその時点では政界だけでも「尖閣衝突での外患罪予備軍に、鳩山、村山、仙谷、加藤」らの名前が挙げられ「竹島衝突での予備軍に河野、管、小沢、野田、岡崎、山岡、志位、福島」らの名前が挙がっていたのである。一体何がその外患罪の構成要件となっていたのか、当時ネットやマスコミで飛び交っていた記事をみてみよう。
(省略)
 外患誘致罪をはじめ外患罪には援助、予備、陰謀罪がある。未遂、既遂は問わないが、その行為の重大性や影響の大きさの判断は実に微妙な感情的要素を含む。
 無名の一日本人が南京で虐殺を認めて謝罪しても外患誘致罪で起訴されることはまずあるまいが、元首相の村山や鳩山となれば国として放置はできないだろう。そしてその起訴される場合の環境は売国奴必罰の環境であることは間違いない。
 近代法の精神は、疑わしきは罰せずであるがこの外患罪は疑わしきは罰するである。法治国家における法としては珍しい人治法のにおいがする。
 武力衝突が発生し、凄まじい死傷者がでるような中では国民感情として売国奴には死刑しかあり得ない。このブログで取り上げた例は政治家だけだが、その他マスコミ、法曹、教育、財界、帰化朝鮮人、各種組織等凄まじい対象者が存在する。
 公安が一罰百戒で一気に行くか、尖閣衝突まで待ってまとめて面倒見るかは高度な政治判断となりそうだ。戦前、戦後を通じてここまで公安が期待される存在であったことは一度もない。暗いイメージの公安が日本国民のヒーローとなるときには確実に日本は再生しているだろう。

医拳士改め医戦士
昨日から今日にかけての余命記事はすごいエンターテイメントだと思いました。
 私は日本人の一割に「余命情報」の拡散を目指すのが自分の役目だと(かってに)思っているので、実は保守論争ははっきり言って半分はスルーでした。
 今度は地獄の使者みたいなしかも同じ文面のコメントが沢山並んで、すごい事になったなと思っていたら、予想通りお笑い韓国軍みたいな扱いになりました。
ところでその拡散方法なんですが、そろそろ2段階方式も取り入れたいなと思っています。
 20年以上も前の話でどこまで記憶どおりか分かりませんが、アメリカ映画(だと思います。)で、アフリカからの黒人留学生(外科医になってから来たかも?)がアメリカでエリートの外科医(志望)から公衆衛生医に転向した話をテレビでみた事を思い出しました。
 理由はアフリカでは外科手術をするより、公衆衛生知識を地元の人にまず伝えてその人達がさらにその公衆衛生知識を伝えて行くというねずみ講のような仕組みをつくる方が沢山の人を救えると考えたわけです。
その間に白人女性との恋愛物語があって、その彼女のお父さん(外科の教授だった様な?)が「君は優秀だ。しかし娘との結婚を許すわけにはいかない。」と言ったような。
 昔の事でどこまで記憶通りか分かりませんが、映画のタイトルが分かる人がいたら教えて下さい。
 ある人に「余命本」がでる前に知り合って少数で食事をする機会がありました。
 一番に保守的な?話を始めて、しかもしきりにS女史の事を持ちあげていました。
 でも、延坪島砲撃事件の真相や在韓米軍の撤退の話をしたら驚いた様子だったので、「余命ブログ」は知らないと思いました。
それで、他の人に対する影響力も大きそうだし「余命本2冊セット」をプレゼントして拡散をお願いしようと思っていたのですが、保留にしました。   医拳士改め医戦士

正義のななし
お久しぶりでございます。
最近、私の住む市で不穏な動きが出てきましたのでコメントさせていただきます。
 母がある人からきいてきた話なのですが、私の住む市のとある食品工場跡に、近々、ある宗教団体の施設ができるという噂です。
 ハードランディングが近いといわれているこの時期に宗教団体の施設の進出?とてもきな臭くて仕方がありません。在日のゲリラの拠点にでもするつもりなのでしょうか。
いずれにせよ、日本人は近づかないようにしなければならないでしょうね。
母にも「在日の拠点になりそうだから近づくな」と言っておきました。
 話は変わりますが、私の住む市は昔から周辺の市町村に比べて異様に地価が高く、そのために新しく工場やショッピングセンターなどが進出しにくい場所となっています。
 実際、私の市だけが周辺地域に比べてひと坪あたり2万円も地価が高いので、工場や商業施設は郊外か、市と隣町の境目に進出するしかなくなっています。
私の住む市は、昔から地上げ屋が多いという噂です。
 地上げ屋は在日の仕事だという話を『わが朝鮮総連の罪と罰』で読んだことがありますが、となると私の住む市も在日(とその帰化人)が多い場所ということになりますね。
田舎なのに、異様に韓国系料理店も多いですし。
田舎だからといって、ハードランディングは他人事だと考えてはいけないのでしょうね。
地上げ屋が多いという噂のある地域にお住まいの皆様は、くれぐれもご注意ください。

.....宗教団体名を伏せた。とにかく粘着されて妨害を受けるので乞う了承。

ミラコスタ
>ドサンピンさまへ
川崎市コリアンタウンのデモの記事、過去にUSさんや保守速報さん等で拝見したような記憶があります。その時も、デモの進路を変えさせるなんて、公に了承された事を否とする基地外だなと思いました。
 が、改めて読むと、自分たちがいわゆる日本人に対して投げた言葉の数々や行った行為は全て棚上げ・忘却し、被害者ぶる様子に、腹の底から怒りが湧きます。
 悪いヤツばかりではない事は知っていますが、良いヤツを知らないので、悪いヤツばかりと思われても致し方ない。
 ちなみに、私の職場からは某国マンセーしていた声の大きなおばさま達が相次いで居なくなりました。
ミスの注意や改善点を指摘しても、自分が悪いとは認めずに褒められた事しか認めない。挙句にあなたは私の事キライなんだ。だからそう言う風に聞こえるんだよ。私はちゃんと頑張っているのに。との返し+涙。
どこかで見たなこのやり取り…(笑)

願日本男児復活
願日本男児復活と申します。
余命様関係者皆様、いつもありがとうございます。私の感謝の気持ちは言葉では言い表せません。
 優游涵泳様がこたママ様に宛てたコメントを見て、私もウィキペディアについて知ることができました。
 ふと思いましたのが、ウィキでもそうですが、前もって人々に知らしめたい項目をウィキペディアに仕込んでおいて話題になるようにし、その話題について調べたい人がウィキで調べると仕込まれた情報が目につくようになっているということもあるのではないかと。自国については古代にまで遡る壮大な嘘捏造ストーリー、敵国とみなす国については世界の敵にすべくあらゆる項目をチェックし書き換え、世界中の人々の目に付くようにし、悪の日本対他国という構図を作って日本との関係を混乱させ、日本を弱体化させようとしているのではないかと感じております。
 ここで全く話が変わるのですが、今回の余命壊滅大作戦も、桜井女史や青山氏を話題になるようあらかじめ仕込み、そこに井上氏の情報をぶつけて御三方すべての影響力をなくそうとしているのではないかとも思うのです。
 ウィキのことからそう思うようになり、こういった手段は過去から現在に至るまで、最悪戦争にまで至るすべての事案に同じ事が言えるのではないかとまで思うようになりました。(もう皆様ご存じで私がのんびりしていただけなのかもしれませんが)
 今回の青山氏含む御三方の云々の件は私には真実はよくわかりませんでしたので、人によっていろんな見方があるのだと参考程度に読んでおりました。Midaway様が書かれているように、「人の噂・中傷は疑ってみることがまず基本です。真相はなかなか分からないものです。」だと思います。
 大切なことは、噂は噂、人としての在り方に置いて、参考にできる、共感できる、感動できる、といった方たちであっても100%正しい事をすることは不可能であり、ほどよい距離感を保つことだと思います。正誤を区別できないこともありますし。日本人として大切な日本を守って行かなければならないと心し、いろいろと惑わされないように気をつけたいものですね。
 私本人は、御三方が発せられることの内、国益を守る上で大切だと思ったことは参考にさせていただき、どうだかわからない内容は脇に置いています。ちなみに反日と言われる方たちの内容は参考にさせていただきたいと思ったことはほとんどありません。
 あ、正直に申しますと悪知恵については、国益になるのでしたら少々参考にしてもいいかもっと思う事はありますが。様々飛び交う情報に関しては話半分にして聞いております。 余命様情報は、親が戦争経験者でして改めて親のいう事は正しかったんだと信頼しております。私の直感が正しいかはわかりませんが、その人の立ち振る舞い、言動から何か肌で感じると申しましょうか、何か違和感や変な威圧感があり、おかしな方向に誘導するような気配や、一見善人のようでも善人ぶりを押し付けているような感じがする場合警戒してしまいます。
 しかし、武士道精神を受け継ぐ真の日本男児云々言われましても、その内容では。。。きっと日本男児に憧れている方なんでしょうね。私の警戒感は全開でした。
 

topaz
う~ん、ここは繁盛するだけあって客種がちがうね。 日本一じゃないかな。 
仕込みも工作も、瞬時に見識が集中して、分解・検証・整理・分類・保存と、調査研究対象にされてしまう。 
余命一派殲滅大作戦だって(笑
まるで、飢えた狼の群れにライオンのぬいぐるみ纏った低脳動物が悪態つくようなもの。 こわいね~(笑 
ときたま出没する有段者の沈着冷静な意見。 一元客も白帯へ、白帯から色帯へ。 
まるで修練の場だねここは。 

.....少なくとも20人以上が自分のブログをもっているし、論客も多い。ブログ自体がアフィではないし、リンクフリーで、制限事項がないわけではないが、テーマは自由、また、かなり長文でも本稿にあげている。昨日は約18万pv、月にすれば500万pvだ。
 自分の意見がフリーに書き込めるとなれば投稿に気合いが入るのは当然だよな。
 こんな場にいい加減な書き込みをすれば血祭りになるのは当然である。アマゾン低評価レビュー①では3日。今回の「余命一派殲滅大作戦」は袋だたきに遭って1日で終了してしまった。ご指摘の通り、ここは恐ろしい場なのである。

  1. クラウドフアンドで[平成28年熊本地震緊急支援]として募金を集めている社会貢献共同体ユナイテッド・アース
    代表、渕上智信氏の会社ガイアシステムはメガソーラー開発事業。
    渕上氏は「東北復興あすへの集い in TOKYO」にて基調講演をしており、そこのパネルディスカッションにヤフー(ソフトバンク)の足達伊智郎氏。
    子会社のガイアサインはパチンコ業界の求人やってます。
    ユナイテッド・アースの相談役には川上 博史(新任)/元株式会社スタジオアルタ代表取締役社長がおり、アルタは全国10地区アグネス・チャン講演会などと関係あり。
    アグネス・チャンの旦那は在日、ソフトバンクも元在日、パチンコ業界も在日。
    TSUNAGARIやユナイテッド・アースと日本ユニセフ、自分は中抜きしないところに義援金を入れます。

  2.  こんにちは、余命様。
     本日五月六日の北海道新聞夕刊でちょっと面白いコラムが掲載されていましたので引き写しいたします。

    今日の話題

     先月下旬に行われた衆院道5区補欠選挙の政見放送を見ていて、「おやっ」と思った人も少なくないのではないか。
     激戦が伝えられていたのに、テレビから流れたのは自民党公認候補の紹介だけ。野党側が推薦した候補の放送はなく、これだけだと他候補の存在すら分からない。
     衆院選への小選挙区比例代表並立制導入を決めた選挙制度改革で、衆院選の政見放送は一定の要件を満たした政党にのみ認められるようになった。
     政党本位の選挙を目指したためだ。無所属で立候補すると政見放送ができず、選挙カーやポスターの数も政党公認候補に差をつけられる。
     道5区補選では野党4党が安全保障関連法の廃止で一致し、統一候補を推した。しかし、無所属を選択したため選挙運動は制限された。野党側からは、無所属の限界という声も出始めている。
     政見放送を研究する情報セキュリティ大学院大の湯浅墾道(はるみち)教授(情報法)は「(できないことを)知っていて無所属を選んだ責任はある」とする一方、「代替手段がなく差が大きすぎる」との見方も示す。
     その上で「政治的中立の理念から、他に候補がいることを放送時に伝えるべきでは。法改正をしなくてもできる」と提案する。
     1996年衆院選の無効を求めた訴訟で、最高裁は選挙は合憲としたが、政見放送放送を政党のみに認めたことについては「合理性には疑問の余地もある」と指摘した。
     その指摘の意味を、いま一度考えてみたい。
    (嘉指 博行)
    2016.5.6

     自陣営が不利益を被った途端に政治的中立ガーと言い出す面の皮の厚さに呆れますが、アカアカしい道新がこんなことを言い出す辺り、放送法関連でがっちりスクラムを組んでいるように見えるマスコミおよび政治家も所詮烏合の衆であり、楔を打ち込む余地は十分あるようです。

  3. 最近の余命三年時事日記は読者コメント中心のブログとなっていますが、更新頻度も多くなり、中には累積した複数の記事の中からとりあえず余命翁の文章周辺だけをチェックしたいという方もいらっしゃると思います。

    というわけでパソコン初心者向けに簡単なアドバイスです。

    1.ブログを見ながらキーボードで[Ctrl]+[F]を押して検索窓を出します。
    2.検索窓に「.....」を入力して検索します。
    3.ブラウザがchromeかFirefoxなら[F3]、IEなら[次へ]のボタンで余命翁の文章を中心に続けて読むことができます。「.....」の点は全角英数のピリオド。

    以上、ご参考までに。

  4. 余命さん、二代目さん、スタッフさんこんばんは。

    〉今回の「余命一派殲滅大作戦」は袋だたきに遭って1日で終了してしまった。

    あらら。もう終わりなんですね。
    私としてはもう少し「地獄の悪魔」は何者なのか詳細を知りたかったの少々で残念です(笑)

  5. 前略、初代からの余命信者であり青山繁晴信者でもあるマサムネでございます。一度削除されてしまいましたが大恥をかくのも恐れずもう一度書き込みをさせていただきます。
    この場所で不確実な情報の切れ端で青山氏を売国奴呼ばわりする事はどうかどうかお控えくださいませ。
    青山氏は一流記者の上位変換。我が国で誰一人として他に彼の役割を担えない唯一無二の情報発信者であります。
    彼ほど世界中に幅広い人脈を持ち自ら情報を取ってこれる民間人など誰一人としていないでしょう。
    その情報を人脈から得る絶対条件として「脱私即的」(私を脱し、本来の目的に付くと言う意味)を座右の銘にされている
    実直な人柄もありますが、利害関係のないフリーな中立の立場であることが求められます。
    金や肩書等と引き換えに国を売る選択をした瞬間に彼の積み重ねてきたものは傍目にも明らかな崩れ方をする事でしょう。
    彼の利害のない中立の立場から得られる世界のあらゆるリアルタイムの現場の情報は何物にも代えがたい価値を持っております。
    さて、余命と青山氏では立ち位置が違います。例え青山氏においても我が国で余命の立ち位置を踏む事は不可能であります。
    昨年末慰安婦問題合意が成された時、青山氏はそれを受けての米国での空気やメディアの扱いなどを紹介し、大反対であると明言されましたが余命様の読み解きは全く正反対。余命様の立ち位置でなければ読み解けない視点であり私は迷うことなく余命様の慧眼を信じました。
    このように、ほかのどなたかも書かれておられてたように、青山氏の情報は足りないものを補完するという意味合いでも十分な価値があるもので余命の立ち位置からその情報を補完的に活用すれば良いかと思われます。
    保守分断など細事との事ですが、しかし国民一割を覚醒させる事は容易ではありません。青山氏を信じる保守層をわざわざ敵に回すような書き込みに如何ほどの意味がありましょう?
    もう一度書きますがそのような無責任な書き込みはどうかお控えくださいませ。。

  6. 猛烈なスピードで更新される記事を「無理をしないように、自分のできることをすればよい」という、余命様のお言葉を励みにしながら拝読いたしております。
    記事、699の中で・・・・いよいよ竹島奪還作戦の直接の下準備に入ったということである。政府が内外に竹島が日本領であることを発信することにより、外患罪の告発が容易になる。いよいよ外患罪告発官邸メールがはじまるぞ!・・・とあり、何がはじまるのかと咄嗟に理解できず右往左往する自分がおります。
     「マイペース、マイペース」と言い聞かせ、自分なりに調べたところ、初代余命様の記事の中にヒントがありました。『日韓戦争と新大久保嫌韓デモ(2013.7.24)』・・・
    黙っていても、あと3年後の選挙で民主党や朝鮮傀儡勢力は平和裏に駆逐される。何もしなくても2015年米韓相互防衛条約終了をまって、2016年には竹島で日韓開戦、在日朝鮮人は強制送還だ。・・・この夏の参議院選挙投票日前までには、竹島で紛争があるということでしょうか。
    その、政府のホームページを閲覧すると、『韓国による日本漁船の拿捕』・・その後、ライン内に出漁した日本漁船が韓国側に拿捕される事件が相次ぎ、日本側には死傷者も出ました。1953(昭和28)年7月には、竹島周辺で海上保安庁の巡視船が韓国官憲によって銃撃されました。・・・などと、意外なことに抑えた表現になっておりました。
    韓国による日本漁船の拿捕は、国会議事録によると李ライン外でも多数拿捕されたと複数の参考人が証言されているはずです。また、自分は不法な李ラインによる抑留者3929人、拿捕船舶数328隻、死傷者44人あった事実も最低限発信すべきではないかと思いました。
    山陰西部地方は朝鮮半島まで直線距離で200km余り、劣化韓国軍の流れ弾に当たらぬよう気を引き締めてまいります。  (ひよわな、長州人。)

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト