余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2018-06-08 17:10
2550 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった26(0)
引用元のソース

『中野区長選 吉田康一郎に清き一票を!
 友人・知人にもお声がけください。期日前投票の呼びかけもお願いします。
 貴方一人であれば一票ですが、友達も一緒に動けば「倍の二票」になります。
 全体の母数で考えれば保守派は未だ劣勢、一人一票では足りない。
 一人5票10票を出していくのが「選挙」です。』
 『支援をお願いします!
新潟県知事選 花角英世
平成30年6月10日 投開票
中野区長選 吉田康一郎
平成30年6月10日 投票(11日開票)』

ttps://samurai20.jp/2018/06/zeirishi/
ttps://samurai20.jp/2018/06/shigyou/
ttp://hanazumi-hideyo.jp/
ttp://k-yoshida.jp/koichiro/

新潟県知事選が拮抗状態、勝敗がわからない状況が続いています。
左派は総力戦の構え、保守の動きが出遅れてしまいました。
自民党は、九月の総裁選を控えており、直近の大型選挙を落とすと手痛い打撃となります。
総裁選を勝たねば、安倍総理は総理を続投できません。

.....「日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった」というタイトルと選挙との関係であるが、中野区長選は共産党のなりふりかまわぬ妨害にさらされ、新潟は中国、韓国、在日をはじめとする反日勢力が一大攻勢をかけている。まさにタイトルの図式なのである。
 読者の皆さんには全力支援をお願いする次第である。

 

轟木龍藏
余命の皆様、スタッフの皆座
いつも有難うございます。
小坪様のブログを拝見し、早速、ツイート、フェイスブックで情報を拡散致しました。
懲戒請求のご恩返しもありますが、同じ方向を向く同志だと確信しておりますので、できる支援を致したいと存じます。
メッセージでは、皆様、忙しいので、期日前投票を強く勧めました。期日前投票は時間内なら行きたい時に最寄りですぐ簡単に投票できます。
轟木龍藏拝

 

お多福
こんばんは
もう、これ以上、日本を乗っ取られてたまるか!という思いです。新潟に、ずいぶん前に引っ越していき、年賀状のやり取りぐらいの友人がいまして、初めて、こういう選挙のお願いというのを勇気を出してメールを送りました。押し付けにならないよう考えて送りましたが、返事はまだで、変なふうに思われたかもしれないし、相手の考えによっては、友達なくしたかもですが、何かせずにはいられなかった。
絶対に負けたくないですね。日本人がどれくらい覚醒しているのでしょうか。マスコミを早く何とかしたいです。
文字入力が「いやよせ」って…コメントするなってことだったのかな
お忙しい時に、すみませんでした。
愛媛みかん
小坪議員のブログ、FBにてシェア致しました。
あいにく新潟方面にはリアルな友人がいない為
せめてもの応援です。
あ、中野区長選の方も取り組みます。

 

びば⑥-24
「2549 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった25」
こう言う企画は… 良いと思います。
もっ~~~と! ヤッチャて下さい!笑
余命様、スタッフ、関係者の皆様の検閲を潜り抜けている成らば、信用します。炙り出しも、順調に収集されて要る様なので…
応援してます。
びば⑥-24

 

ばたつよ
大阪府在住で、新潟県・東京都中野区共に手も足も出ません。Twitterで応援を拡散しています。新潟を失う事は日本海防衛線の一角が崩れると危惧しています。新潟から東京へ一直線に来られてしまいます。
こんな事を書くと新潟から支那・朝鮮軍が上越新幹線に乗って東京へ侵攻するのかと笑われますが、そうですよ上越新幹線を使って東京侵攻も可能になります。
新潟県知事が知事権限で「新潟県はグローバル化を目指し、外国人を受け入れる。更に共生社会実現の為に地方参政権を与える。」としたらどうでしょうか。新潟県に外国人コロニーがあちこちに出来ます。特に人口の多い国から数千万人の移民が来て地方参政権を手に入れたらどうなりますか。上越新幹線で数千万人が東京に2時間程度で到達出来るのではありませんか。
奇しくも東京中野区は新潟方面からの目的地でもあります。東京が外国人(誤解の内容に反日外国人)を排除する区が存在していれば、そこを防衛拠点とする事も出来ます。
素人考えでとても正論とは言えない文章ですが、日本を再生する為には先ず日本防衛からです。各地方の有権者様、選挙には行って下さい。そして考えて一票を投じて下さい。
心急くままの駄文失礼致しました。

 

ミラコスタ
余命翁さま、スタッフさま
日々のおつとめお疲れ様でございます。
ありがとうございます。
コメントを読んでいて、小杉事務所から2通届いている方もいらっしゃるようですね。5次と6次に参加しましたけど、1通しか届いておりません。普通郵便だから不着なのか、事務所の手違いなのか、はたまた他に意図があるのか、不思議です。
また、裁判所へのお誘いのお手紙、心待ちにしていますが、まだ届いておりません。
届きましたら、すぐにお知らせいたします。
季節柄、体調を崩しやすいので、余命翁さまはじめ余命仲間の方々も、ご自愛くださいませ。

 

まるひ
余命爺様、余命チームの皆様、読者の皆様、そして小坪ブログの皆様、日々の奮闘に感謝いたします。
あまむし様の投稿を読み、自分なりに会得したことがあります。
シラス国のおほみたからとしての民衆は、決して罪をあがなう迷える子羊でもなく、ましてや搾取されるままに生きているのではないということです。田舎に多くある神社仏閣に比べ、そこに教会があまり見られないこと、左派思想を持つ者が都市に多いことは、キリスト教や共産主義が、旧来から日本になじまない事の証左であると思います。
日本という国は、「国を護りたいと願い心を寄せる」ことで造られ、「心を寄せる」ことがなければ成り立たないということです。
こうして見ると、「したがって余命の記事に違和感を感じたり批判する方はそれだけで反日が確定する。」という言葉も、日本を思い「心を寄せる」ことを悪しざまに言ったり、余命に賛同する人々の心を踏みにじろうする行為が反日だと言っているに過ぎません。
あんぽんたんなアンチ達が余命はカルトだと声高におっしゃいますが、仮に「国を護りたいと願い心を寄せる」ことがカルトだとすれば、余命はカルトの中のカルトだ、と言えるのではないでしょうか。子羊たちを救いたいなどというのは思い上がりにしか見えません。(まるひ)

 

ポエマーモード
あまむし様の西洋文明と日本文明(と私は言わせて頂きます)の違い、本当に私も似たようなものとして頭の中にぼんやりとあったものがあまむし様の言葉により私の中で物質化致しました。本当にありがとうございました。
西洋と特ア地域はそうした自らを被創造物として神と切り離され、故に物質的な快楽を求めていく性質を持つのに対して、私達日本文明を受け継ぐ日本人たちは神の子として精神の向上に繋がる行為としてすべての行いに道を求める。しかしどちらも見た目はほとんど同じく発展してきた。そしてこれからは最終結論がでてくる時を迎えたのかもしれませんね。
周りから奪ってすべて自分に還流させる文明が勝つのか、周りへ還元し、循環の中に自らを沈め、他の恩恵と共に自分を能くする文明が勝つのか。答えは明らかですね。勝ち負けもくだらない考えですが、見た目はそうです。しかし宇宙的な?視点で観れば、勝負ではなく、またそれも自然の法則による単なる現象でしかないのだと思います。
自然、には誰も逆らえないのですから。自然の本質を体で感じることのできる民族が生き残るのは、これも当然の摂理、ですよね。
とりあえず、そこまで視点や意識を拡大してみればテロリストどもの行く末も単なる波の引き寄せと同じですし、杞憂することもなし。いつの間にか私達の目の前から消えてなくなる うたかた でしょう。
私も住民票の情報公開請求して参りました。結果は余命様に秘密でお伝えします。

 

ふぃくさー
ふぃくさー への返信
「2549 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった25」に関する投稿(2018年6月7日 9:23 PM)の後、気になった点が出てきましたので念のために報告します。「開示請求に係る保有個人情報の内容」について、開示請求書に記載した内容と非開示決定通知書に記載された内容に一部相違がありました。初めて行った開示請求なのでこれが普通なのか、あるいは弁護士会が回答した時のようなごまかしなのかは判断がつきません。

<請求書に記載した「開示請求に係る保有個人情報の内容」>
申請者にかかる、住民票等の照会記録あるいは照会申請の記録
・住民票等とは、住民票、戸籍、戸籍の附表であり、申請者の氏名、住所、年齢が判明する情報を示します
・開示済の情報(氏名、住所、年齢、個人番号、等)の種類も開示ください
・過去2年分の記録を請求します(H28.5.28~H30.5.28)
・士業による照会も含みます

<通知書に記載された「開示請求に係る保有個人情報の内容」>
住民票、戸籍、戸籍の附表の照会記録あるいは照会申請の記録
過去2年分の記録
(平成28年5月28日~平成30年5月28日)

<差異>
・「士業による照会も含みます」の部分がなくなっています。
・「開示済みの情報の種類」に関しては、照会があった場合は申請書のコピーが開示されるという説明が事前にありましたので、予め不要と了承済のため問題ありません。

ふぃくさー
翁様、PTの皆様、サポーターの皆様
日本再生に向けての精力的な活動にいつも感謝しております。
さて、この度地元の市役所に開示請求を行った結果を報告します。結果は意外なものでした。
何と、住民票へのアクセスがなかったようです。
戸籍アクセスに関する情報は得られませんでしたが、住民票を見なければ本籍の調べようもないように思え、結果、戸籍へのアクセスもなかったように思えます。
すると、すごい素朴な疑問が出てきますね。
年齢ってどうやって調べた??? ひょっとしたら当てずっぽう??? あるいは、一部の方のみは住民票とかにアクセスして、私はたまたま外れていた???
以下は通知書の内容です。もし必要であればコピーを送付いたしますが、宛先はヤング倉庫でよろしいのでしょうか?

平成30年5月28日の保有個人情報の開示請求については,〇〇市個人情報保護条例第24条第2項の規定により,次の通り開示しないことと決定しましたので通知します。
<開示請求に係る保有個人情報の内容>
住民票、戸籍、戸籍の附表の照会記録あるいは照会申請の記録
過去2年分の記録
(平成28年5月28日~平成30年5月28日)

<個人情報を開示しない理由>
開示請求に係る保有個人情報を保有していない
(理由)
・開示請求に係る期間に,開示請求者に係る住民票の写しの申請がなかったため。
・戸籍及び戸籍の附表は,本籍が〇〇市ではないため保有していない。

.....なにしろ神原元弁護士が5月9日に提訴宣言してから1ヶ月たつのに、提訴確認は1件だけだからな。佐々木亮弁護士と北周士弁護士ふたりの5月16日提訴宣言からも約1ヶ月になろうとしている。
提訴を待って、日弁連、傘下弁護士会及び関係弁護士の集団訴訟をおこすが、さすがに事件?が大きくなりすぎたか、恫喝、脅迫弁護士の連中の動きが鈍くなっている。
少なくとも、この3名の進退は極まっているから、最後はトカゲのしっぽ切りの可能性がある。事態がこのまま進んで日弁連だけでなく司法全体に火が回ることだけは避けたいという動きがあるのだろうが、うまく収拾するには手遅れのような気がするがねえ。
個人情報の開示については、弁護士会や弁護士はあまりにも無防備すぎた。弁護士がペアとなって相互代理人となり、受任事件の情報開示請求を適法化しようとしたようだが、日弁連からの個人情報の守秘義務違反が漏洩と目的外使用という犯罪性が指摘されるような事態になって頓挫しているようだ。ご指摘のように何件かは開示請求があったと思われるが、彼らの想定外の展開により、現在は中止していると思われる。
示談者数も余命側ではゼロであり、彼らの言う数字とはかけ離れている。
とにもかくにも、懲戒請求者への提訴宣言をした弁護士各位は早急に提訴していただきたい。こちらは忙しいのだ。
どのような展開になろうと、この懲戒請求事件は「朝鮮人学校補助金支給要求声明」事件として決着をつけるべく段取りしている。近いうちに結果が出るだろう。
ちなみに、佐々木亮弁護士と北周士弁護士が提訴宣言した960人はこちらでは約1200人をこえている。神原君、佐々木君、北君そして連なる弁護士諸君は示談者数が増えてさぞ人生楽しかろう。

英二
ご指摘の「朝鮮人学校補助金支給要求声明」が発表されたのは2016年ですから、全ての歴代会長達が「賛同者として扱われることになる」というのは、ちょっと無理筋ではないでしょうか?

.....この件は日弁連が強制加入団体である以上、当然、傘下の弁護士は会長声明に拘束される。もし不賛同であるならば、少なくとも意思表示はすべきであろう。幹部ならば佐々木亮弁護士のように知らなかったはとおらない。
犯罪行為を犯した者は犯罪者であって、いい犯罪者とか悪い犯罪者という話こそ、まさに無理筋であろう。余命が進めているプロジェクトは有事を前提としており、南北朝鮮事案は有事には殺戮、殲滅戦となる可能性が高い。その時になって、敵味方の選別をするのでは手遅れなのだ。政府答弁でも外患罪は平時においても適用されるとしている。
この弁護士会の過去の会長が、有事において外患罪による売国奴として処罰されるか、愛国無罪として処理されるかは、日本国民が判断することだ。現状、日弁連幹部が真っ白とは間違っても言えまい。この件は黒白しか存在しない。グレーはない。
ご指摘の件は平時の判断で、ベースが違う。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト