余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-07-02 16:14
956 巷間アラカルト146(0)
引用元のソース

匿名でお願いします
まかろん様のコメントを拝見して・・
当市の駅近に県営住宅がありますがネット検索しても絶対に出てきません。不思議に思い近くに行って見ましたらやはりしっかり県のマークが建物についています。知り合いの入居者との会話から在日専用ではないかと。最近こそ入居はあまり難しくないかも知れませんが当初は大変な競争率だったはずです。今まで黙っていましたが我慢がなりません。官邸メールか何か方法はないでしょうか?
(スマホからですのでメルアドが違います)

asas
余命様 皆さま
最近、とくにZの火病が顕著になっている感じがしますね。
 本日仕事の付き合いのあるZから、意味不明のメールを何度ももらいましたが、あらましを読んでみると、私が彼ら(Zが多くいる職場)の敵なの味方なの?ということのようでした。私がそのZの職場と対立しているところとも仕事をしているのですが、とは言え、私は両方とも仕事の相手でしかなく、どっちにつくかという2択の話ではないのです。
 それと、SNSでもZの火病はこれまで以上にすごくなっているようですね(総理に対する暴言が文脈に関係なく出てくるとか・・・)。やっぱり、Z包囲網が効いているんですかねw
 こういう情報を皆さんともっと共有できるといいですね。(まあ、身バレを避けるために、ぼかさないといけませんが)

豆腐おかか
こつる様へ
こつるさん、ありがとうございます。
元気のリレー、受け取りましたよ。
朝日新聞、信じられるのは日付だけ、あとはギャグが書いてあると思えば気持ち悪くなりませんね。
記事を探し、魚拓をとるのはとても大変なことです。
こつるさんの地道な作業に頭の下がる思いでおります。

桜井誠氏の出馬で盛り上がっています都知事選ですが、もう一つ見どころができました。
NHKから国民を守る党代表の、立花孝志氏が都知事戦にでるそうです。
この方は元NHKの社員です。
そして反旗を翻しました。
NHKとトラブルをおこしている人を救済し、NHKに疑問を持つ人、見ない人たちに対して、受信料を払わない方法や、ステッカーなどを配っています。
この立花氏が都知事選にでるということは、NHKの政見放送に出演するということです。
 そしてNHKの番組で、「NHKを見たくない人は、NHK受信料を払うのをやめましょう」と全国放送されてしまうということです。
こんなに胸のすくことはありません。
今回の都知事選は、ほんとに楽しみです。

北山
942の摸摸具和さんの危惧する除鮮後の国際世論への対策ですが、戦後やその後の現在でも続く彼らの犯罪行為を海外へ発信すれば良いのです。それでも批判するようなら「あなたはテロリストの味方ですか?」とでも問えば黙るしかないでしょう。
 中韓が日本を批判するには嘘やねつ造が必要になりますが、
 日本はただ事実を羅列するだけで良いので楽なものです。(北山)

二番目の山羊(曾祖母はアイヌ)
余命575号で一旦落ち着いた子宮頸がんワクチンの件。
ワクチン被害最大の責任は民主党(現民進党)に有り、政権奪取した自民党によって見直しが始まり、被害拡大が喰いとめられたそうです。選挙前に拡散ですね。殊に若い女性やお母様世代。

【民進党】桜井充は子宮頸がんワクチン被害拡大最大の責任者だった!
(2016/06/29)
 桜井充(民進党。日本共産党他推薦。宮城県)は「現役医師」のキャッチフレーズで、今年2016年の参議院議員選挙に出馬しているが、民主党政権期における子宮頸がんワクチンの被害拡大の、最大の責任者の一人でもある。
 2010年10月7日、当時財務副大臣だった桜井充は、「子宮頸がんワクチンの無料接種実施のための費用」(ワクチン接種緊急促進事業)の補正予算案計上を表明した。
 そもそも、子宮頸がんワクチン「サーバリックス」の製造販売を厚生労働省に承認させたのは、民主党政権の発足直後の2009年10月である。同年12月21日のBSフジで桜井議員は、女優の仁科亜希子らとの対談において、「子宮頸がんに関して言えば、予防接種すると相当の割合で自分の命を守れます。それを知っている人とそうでない人に命の差が出るのは困ります。そういう事を認知させたり、医療費全体の底上げを図るなどしていくことも政治の役割だと思っています」 と語っている。
 2011年の東日本大震災直後、仁科親子による子宮頸がんの定期健診を促すテレビCMが異様な高頻度で放映されたことは、記憶に新しい。桜井議員はその後、野田内閣において厚生労働副大臣に任命され、その間、子宮頸がんワクチンの接種、とりわけ小学校6学年から高校1学年の少女を対象とした接種が行われ続けた。
 2012年12月に自民党が与党第一党として政権を奪還。翌2013年の6月14日にようやく、専門家会議が積極的な接種の呼びかけを中止するよう、全国の自治体に求めた。
 子宮頸がんワクチン接種後の少女の健康被害は、激しい痛み、しびれ、けいれん、発熱、呼吸困難、歩行障害、記憶障害、知的障害などの、きわめて深刻なものである。
 今年2016年3月30日にはじめて、子宮頸がんワクチン接種後の健康被害を受けた患者と弁護団が、国と製薬会社に原因の究明と損害賠償を求める訴えを起こす方針を発表した。
 子宮頸がんワクチンの問題に関わるのは、当時の民主党の議員だけではない。
 しかし、当時の与党第一党の民主党で、医師免許を有し、かつ「財務副大臣」や「厚生労働副大臣」の立場で子宮頸がんワクチンの接種を広めたのは、民進党の桜井充議員に他ならない。
 その桜井充氏が、今年の参院選の選挙ポスターのキャッチフレーズを「現役医師」としたことに、有権者は疑問と憤慨を感じずにはいられないのではなかろうか。
参議院議員選挙の投票日は、7月10日である。
(引用ここまで、「テレビじゃ流さないニュース」より)
http://brief-comment.com/blog/news/53763/

※参照(余命575号より)
通りすがりの臨床医
 子宮頸がんワクチンの副反応は転換ヒステリーなどではなく,動物実験段階ですが自己抗体による神経障害である可能性が出てきています。動物モデルでは末梢神経および海馬に自己抗体の沈着を認め,ワクチン接種後の慢性疼痛や健忘などの臨床症状と一致する所見が得られています。日本人に多い点については,東アジアに多いHLA型で上記の反応が起こりやすい可能性が示唆されており,遺伝的要因が関与している可能性が考えられています。日本脳炎ワクチンの副反応である急性散在性脳脊髄炎も特定のHLAと関連しており,この点が十分に解明されるとワクチン接種前の検査により避けられうる副反応となるかも知れません。
いずれにしても臨床医の多くは現時点における安易な子宮頸がんワクチンの接種再開には反対しています。
(余命575号、2016年4月6日時事)
 実は当方、精神医療の被害者です。誤診に過ぎなかったのですが(本当に単なる誤診?)。子供を産めない身体に成りました。≪二番目の山羊(曾祖母はアイヌ)≫

匿名
コメントは表示されなくなっているようで安心しました。
すべて非公開希望です。私のコメントを読んだら前のコメントも合わせて消して欲しいです。 大したことではなく申し訳ありません。
ただ、時々余命さんに何か言いたくなるんです。
結局最後は勇気が出ないので言いたいことは言えないんですが。
 一国の民である事を意識するだけで、色んな事に気がつけるのだと、ふと思います。
 自分は、無力な怠け者で愚か者なんです。本当に。
ただただ余命さんと、保守と、武士と
撫子、そして日本を、その陰から心の奥底で静かに見とるのです。
 貴方達が日本に生まれ存在してくれることがどれ程有難いか。
本当に、貴方達は太陽の光その物に思えます。眩しく煌めいて、輝きで直視出来ません。それでいて、柔らかく、包み込む優しさを感じるのは何故でしょうか。。
この日本国、そのすべての守り神が大好き。それだけです。
お忙しい中、おじゃま致しました。
感情を吐き出してしまいまして。
お返事は必要ありませんので。。

IMF
余命様
いつも情報発信ありがとうございます。
以前採用されなかった投稿ですが、ぜひ皆様に一度見ていただきたい文章があります。
怒りの海峡 ある在日朝鮮人の戦後史
ttp://www.wako.ac.jp/organization/research/touzai_b01/tz_b0106.html
というものです。URLの頭にhを追加してください。
戦後札幌で在日の組織を作って進駐軍の手先をしていたこと、その時に北海道新聞を「会報のように」使っていたこと、共産党との関係、強制退去、密入国を繰り返していたことなど克明な記述で、戦後の朝鮮人の状況がよくわかります。是非ご一読を。

sasa
医拳士改め医戦士様
「両太郎騒動を「余命チーム」として放って置いた事のメリットを考えて見ました。そのメリットとは本当のハードランディング時に起こるデマ情報の錯綜による情報戦のシミュレーション効果ではないかと思います。」
 同感ですね。まだ有事ではありませんが、すでに情報戦・諜報戦は始まっています。その中で日本人分断工作も始まっています(ていうか、戦後70年間この工作は続いています(><)。
 情報戦で重要なのは正確な情報収集ですが、マスゴミはああいう状態ですね。そうだとすると、未確定な情報の中で誰が敵か味方かわからなくなり、疑心暗鬼が高じて仲間割れにもなりかねない。とりあえず我々に要なのは冷静さと用心深さでしょうね。(sasa)

宮崎マンゴー
余命様、余命スタッフの皆様、読者.有志の皆々様いつもお疲れ様でございます。いつも情報、勇気をありがとうございます。
 先週、2つコメントを送信致しましたものの、エラーが表示され、何度もトライ致したものの…色々な遮断の言葉が表示され、つたなく綴った長い的外れな我が文は、消えてしまいました。余命様Blogの読者.有志の皆々様の賢く豊富な情報とは違い、私はただ、命の綱として行きついた余命様の目に通される事で綴り、掲載は望む立場でもない身をわきまえてもおります。ただ、ロック様が記されていた様な事であったのであろうと思いました。
 私は、エラー、遮断を恐れて、綴ったら直ぐに送信せねばならない立場であります。おかか様のBlogを通じて、不安を余命様へお伝え下さる様にとお願いも致しました。声にならない声を伝えたく再び余命様へ送られさせて頂きます。おかか様、アドバイスありがとうございました。
ma様
 私へのお言葉ありがとうございました。貴方様が、大伯父と一緒の仕事に携われ、現在も素晴らしいお仕事を為さっていらっしゃる事に感謝申し上げます。
1977年、10月長崎バスジャック事件は当時、法務大臣の大伯父が直面致した無差別テロ事件であったことが、以前番組にて知り得ました。その頃、学生だった自分は、その背景には日航ダッカ事件があり、身代金目的の一般の人々を狙った無差別人質事件だと云うことは知らず、又、法務大臣をも名指しされていた事も知りませんでした。その事件を機にSATが組まれた事も。高齢で他界されてしまわれましたが、日本に於ける様々な日々に現実起こっているテロや事件を天から見て、歯痒い想いであるかと存じます。
 又、私が今の日本に役立てる事は、参拝しか思いつかず、ma様も御存知の旭丘(ひのお)神社へ日々参っておりますが、唯一、揚がっておりました日の丸が、今月初めから無くなっておりました。次回、揚がりたなびいております様願うばかりです。ma様の存在を余命様Blogにて知り得た事、心強く思います。
dan様
 貴方様の綴られた全てのお言葉に我々、声を押し殺し、ひたすら日本国軍である(私はそう思います)
 日本の心を持つ自衛隊の助けを待つ、全国にいらっしゃる弱者の方々の代弁を、日本を取り戻すという願いを渾身のお言葉に感謝致します。貴方様同様にロック様にも、私が云わんとする全てを、皆々様へ伝えて下さり、涙です。
 余命様Blogには、相応しくない的外れな我がコメントを載せて下さったこれ迄、本来は、伝えたい事をぼかさねばならない立場であるという事です。ある方々は、被害者団体に所属し、都市伝説ではない今ある危機として活動したり、
BlogやSNS等で発信されたりもされていますが、私は一匹狼的の数年でありました。奇跡的に辿りついたのが、余命三年時事日記のBlog、御本でありました。しかし、沢山の声を発信出来ずにおられる、子供、若い女性、高齢者の方々を思うと、我がつたない愚文でしか綴れ無かったことです。
愚国愚民による、我々の前に、又、包囲するプロ市民なる恐怖は、心身にも及び、危機なる現状であります。
いつまで待ったなら、その時をと沢山願う方々が、全国にいらっしゃるという事です。
余命様Blogと同時期に桜井誠様のBlogにも出逢ておりました。
先週、桜井様のBlogに先程、拙ブログに、「お前らは、差別的、日本人なら嫌な事でも我慢しろ」というコメントが付けられました。七十年、日本は罵られ、しかも生まれる遥か前の事について不逞鮮人らに罵倒されています。我慢したければ、貴方だけが我慢すればよい。その下卑た考えを他者に押し付ける貴方こそ差別主義者です。
…又、現在、
嗚呼忙しい…
デモや街宣と違った忙しさに目が回りそうです。それでも、多苦悩都民、日本国民の絶望的な希望を背おっている以上、ここで踏ん張らなければ!頑張ろう!
…頼もしい日本男児が登場ですね。ポスターのお顔も爽やかですね。
ここに安倍総理様、余命様、立ち上がられた読者.有志の皆々様もいらっしゃいます。
あとは、その時を待ち望むべきものとして、私は願い御祈り致します。
いつも的外れで、うまく綴れない愚文に目を通して下さるだけでも
ありがたく感謝でございます。

ロック
余命チーム様、投稿者様
いつも貴重な情報ありがとうございます。そして私の稚拙な投稿文をご採用いただきありがとうございます。
 早速ですが、在日朝鮮人が堂々と闊歩し、日本人がそれらに怯えて暮らす地域…私がどうしても許せない地域…
 それは、東京都足立区!駅前繁華街は戦後闇市時代、朝鮮人が強奪した土地と聞く。風俗、キャバクラだらけ、働く女どもも朝鮮だらけ…ここは、きちんとクリーニングにしないと行けない。

(以下本文と関係なし)
ところで、スマホにメールアドレスが2つありまして、それは通常のメール用アドレスとSMS/MMS用のメールアドレスです。現在、投稿時にインプットしていた通常のメールアドレス-shinyakojima1214@gmail.com-が使えないので、治るまで、SMS用のメールアドレスを使いますので、よろしくお願い致します。
 尚、本文につきましては、具体的な地域名を挙げているので、そういうのはいいのかどうか、自分では分かり兼ねますので、余命チーム様のご判断に委ねさせていただきます。ただ、川崎同様、東京都の中でも、足立区だけは酷いんです。朝鮮人が日本人を破滅させてる地域なんです。)

.....個人情報をどうのこうのというような話ではないから別に問題はないだろう。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト