余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-03-17 20:19 最新コメント:2016-03-23 11:09
520 巷間アラカルト⑦(83)
引用元のソース

じこく殿へ
ありがとう。お手数をかけてしまった。
しっかりと保存した。役立たせていただく。

信濃太郎
余命様、申し訳ありません。
URL貼り付け禁止のルールでしたね。
本投稿を含めて、先の投稿も削除いただいて構いません。
お手数をおかけしてしまい、申し訳ありません。

.....あくまでも原則である。
投稿された記事は、すべて一読する。その際に引用URLは必ずチェックして内容を確認している。
 最近は開いたとたんにパソコン画面がフリーズする貼り付けが頻繁に仕掛けられている。またおかしなサイトに誘導されたりする。二次的な誘導もある。
 余命は投稿の際、公的なURLあるいは安全が保証されているものについてまでアウトといっているわけではない。したがって怪しげなサイトと思われるような場合には、事前に開いて投稿していただきたい。またURLが入った投稿なら1記事につき一つ程度にして短文化していただきたい。重要かつ貴重な情報がURL入りでいくつも長文に入っていると猛烈に処理が遅れてしまう。またその中に一つでも不適当なものがあると残念ながら全記事を没とせざるを得なくなる。
 安全かつ簡単な処理ができるような投稿であればURLにこだわる必要はない。
該当するような投稿については再投稿していただければいいかと思う。

日本産
ここへきて、個人的に微妙な流れになっているように感じてしまいます。
 今までここで余命様のコメントをみて、次の選挙では反日野党は壊滅、そして反日や在日を殲滅と書いてらしたのでわくわくしていましたが、最近少し自信なさげに感じてしまいます。すいません。
 自民が圧勝し、安倍総理もいろいろ作戦通りだと思ってましたので。
 安倍自民が圧勝できるようにする方法はないのですか。
 野党側はなりふりかまわずデモなどで扇動しマスコミも味方していますし。
もしまた自民が後退してしまったり、敗北したらそれこそ日本はおわってしまいます。
心配でなりません

.....なにしろ相手のあることだから簡単にはいかない。ただ確実に先が見えてきたということだ。法的に縛り上げ、選挙投票で平和的に駆逐できるならこれに越したことはない。まだ道半ばだが心配することはない。

ボルボ
余命爺様 初代から拝読しており、精神安定剤になっています。
さて、図書館にはレファレンスサービスがあり、知りたい情報を司書さんから回答してもらえます。たとえば「大阿仁村事件」であれば、秋田県立図書館に新聞記事のコピーを欲しいと希望すれば実費で対応してくれますし、関係文献のコピーを探して対応してくれますので、ご活用ください。

....ありがとう。

興龍雲
広島中学の自殺問題について
死亡時の担任の対応は人間として未熟、自分以外の心の重みが分からない。
たとえ教員にはなれても教師としては失格だと思います。
このような教員は非常に多いと思います。
 しかし、担任もさることながら、電子データを変更しなかった教員が全く責められないのは何故かと不思議に思います。
データを変更しなかった罪が最も大きい筈なのですが・・・業務上過失致死ですよ!
 自治労連について
地方公務員も末端は共産系組合がおかしいと気付いている人間も多いと感じます。
署名も記入しないと意思表明する人間も多い、組合に入らない人も増えています。
案外と余命ファンは多いと思います。
いざ!鎌倉!の精神で、有事には日本国の存続のために尽くしたい。
日本人の主権を守りたい!

神風が吹くのはいつか
広島県の公立中学校で起こった自殺事件ですが、自殺してしまった生徒は一年の時に窃盗をしたとして(濡れ衣を着せられたようですが…)、私立受験への専願推薦をもらえず、同じ一年の時に実際に窃盗をした生徒へは専願推薦を与えていたというのは酷い話です。
 しかも、これまでは三年生になってから触法行為が有った者へは専願推薦を与えない、となっていた規定を、突然に一年生からの触法行為へと変更し、その結果、被害生徒は一年生の時に窃盗をしたという濡れ衣着せの記録で専願推薦を拒否した学校。その直後に被害生徒は自殺してしまう。
 彼が亡くなった数日後、学校は規定をまた元の三年生からの触法行為云々に戻し、一年の時に実際に窃盗をした生徒に専願推薦を与えている。その中学校の同級生とみられる生徒からのネットへの投稿では、専願推薦をもらった生徒というのは、その学校のPTAに深く関わっている人物の子供であったという。
 昨今の虐め・虐めによる自殺の報道を追跡して行くと、かなりの確率でPTAが絡んでいる。更に調べて行くと、これまたかなりの確率で問題児といわれる子供の親がPTAの上役をやっているという全国的事実が分かってきます。
 なるほど、ここ数年というもの、新聞テレビ、ネット上でも学校による虐め隠し、虐めによる自殺、PTAへの批判が噴出しているのはそういう理由だったのかと、これは起こるべくして起きているのだなと。
 前に余命記事で見ましたが、在日や反日の輩はどこにでも入り込んで場を仕切ると。それは〈商店街の会長〉から〈町内会会長〉やら〈PTA?〉まで様々なのだといった内容でした。
 恐ろしいですね。特に子供が絡む場所では危険を防ぎ様がないですからね。と、そう言えば…全国の公立学校に爆破予告が相次いでいるといった事件もまだ解決していません。
 書きたいことが纏まりませんが、とにかく日本の宝である若い命が悲しくも失われたり、虐められたり…悔しいです。
どうにかならないものでしょうか。

ななし改め 774
建設会社の事務員さんへ
 ご指摘されているお二人のコメントを、改めてよく読ませていただきましたが、至極全うな主張をされていて、逆に建設会社の事務員さんの、先鋭的なコメントのほうが気にかかりました。
 あの天皇陛下の画像事件を知り、私もまた日本人として、お二人と同じような憤りを覚え、韓国人に対する負の感情に苛まれました。宣戦布告したっていいとすら思いました。
 でも同時に思うのです。日本側から戦争の初手を出すことだけはやってはいけないことだと。宣戦布告したいぐらい激しい感情はあるけれど、でもそれはしません。たとえ煽られたとしても、超えてはいけない最低ラインは把握しているので、こういうコメントは寧ろ、同じ感情を持たれている日本人の方々がたくさんいるんだという、一種の安心感や共感を得られることのほうが重要と思います。
 相手を本気で抹消してやりたい!の類の激しい感情は、平時には覚えることのない感情で、そんなものを抱いてしまった自分はおかしくはないだろうか?そんな疑問と不安を、余命コメント欄は解消してくれました。
 誤字脱字があればごめんなさい。

.....まあ何回か記述しているが、余命には400名近いアンケート集団をもっている。しかし、ここ1年まったく機能していない。というのは嫌韓が進みすぎてオーバーフロー状態となっていて、アンケート調査の母集団としては不適格になっているのである。
 そういう中ではきわめて少数意見ではある。

ななこ
祝!Kindle版ハンドブック発売
今Amazonで、ハンドブックのKindle版が販売されているのを確認しました。
余命三年時事日記ハンドブック (青林堂ビジュアル(雑誌)) [Kindle版]
余命プロジェクトチーム (著)
Kindle 価格: ¥ 864
販売: Amazon Services International, Inc.
このタイトルは、2016/3/17に、Kindleに自動配信されます。

.....まあ、こういう関係は疎くて、Kindle版=電子書籍版程度の知識しかない。
これから調べてみる。(ごめん)

たなやん
余命さん、こんにちは。無事でなによりです。
先帝陛下の生首画像を見たときは、マウスを持つ手が震え、体から、怒りの汗が出ました。そして心の中で、「決まったな。」と思いました。降魔の剣を下す時が来たのだ、ということです。
 以前、8月に靖国神社に参拝した時、遊就館の中で、迷彩服を着た者がはしゃいで走り回っていました。私を含め人々は周りでそれを見るしかなかった。彼らが、在日朝鮮人であると分かったのは、余命さんのブログでした。厚く御礼申し上げます。やっとここまで来ました。
 今年度から、確定申告にはマイナンバーが必携となります。来年2月からの申告は、波乱が有りそうです。税務署も手ぐすね引いて待っています。これからは民主党、維新、共産党、彼らの組織の金の流れも公になり、彼らは八方ふさがりですね。
これからもよろしくお願いします。

.....「余命三年時事日記ハンドブック」が発売となった。位置づけは前著の補完本であるとしているように、前著で足りなかった部分の補完とプラスアルファの資料および解説である。
 資料は単純な事象の羅列と解説であって何の面白みもないものだ。なぜこんな本にまで在日や反日勢力は神経質になるのだろうか。
 過去において数多の書物がそれぞれに関係記事を取り上げまた出版されながらも、そのほとんどがさまざまな理由で影響力を持たずに埋もれてきたのであるが、今般は大きく事情が違うのだ。
 ブログにしても書籍にしても、政治ジャンルは地味である。ランキング常時1位という有名な政治経済ブログでさえ、月の平均pvは60万台である。余命の場合それが400万台をはるかにこえている。年5000万pvの影響は無視できない。これがひとつ。
 もうひとつは、掲載されている一つ一つが、すべてソース付きの事実であるということである。年月日はもちろんネット関係は丁寧に時間、分、秒まで入れてある。
 事実関係ではすでに対応はできないから、今後は日弁連弁護士を大量動員してのいちゃもんつけ恫喝訴訟という戦術になるだろう。 

太郎
増刷おめでとうございます。
いよいよ真保守本が売れ、利益が出るようになりました。こうなると情報を持っている、あるいは情報解析や解説ができる人物が保守本を書き出版社も飛びつくようになって行くでしょう。何せ儲かるのですから。
 新たに暴露された情報が増え、その理解が深まれば更に保守本が売れるようになります。そして、この流れを止めるのは不可能でしょう。
 そこで余命読者にお勧めします。最近の余命記事に取り上げられている、あるいはコメントに採用されている方々の書き込みはとてもレベルが高いと思いまので、その書き込みや新たに内容を付け加えて発表されてはどうでしょうか?
 身元バレの恐れがありますが、amazonのkindleのみの出版なら問題ないと思います。例えば、朝鮮進駐軍の悪行の記録を集めて整理しただけの本でも需要があると思いますし在日がそれらの記録を隠滅する前に情報を保存して流布すれば隠蔽工作対策になります。 あるいは、解説本として「0からわかる余命3年時々日記」とか、紹介本としてもっと柔らかい「マンガでわかる余命本」とか「ラノベでわかる余命本」も売れると思います。 あと、「自宅警備員から国家警備員へ!何を何処にどのように通報すれば良いのか?」「朝鮮戦争が起きたら何をするべきか?」等の具体的な行動マニュアル本も売れると思います。
 今すぐに余命派生本がたくさん売れる保証はありませんが、今から書き始めれば発売する頃には更に状況は改善されていると思いますので、始めるのは今だと思います。例えば「朝鮮戦争が起きたら何をするべきか?」等は、全くの無名の著作でも朝鮮戦争が再開される気配が強くなったり、実際に再開されればかなり売れるでしょう。
もし、余命派生本を著された方がおられましたらTwitter上あるいは余命コメント「返信」等でお知らせ下さい。kindleで購入するなり、ネット上で拡散するなり協力させて頂きます。

.....余命は非営利の目的ブログであるから予定の目的を達成したら終了する。本来、とっくに終わっていたのだが、なんだかんだで、今の流れでは「日本を取り戻す」まで終了できない状況になっている。幸い、前著による収益で活動におおきな余裕をいただいた。
 安倍総理のシナリオも完璧に実現しており、余命の段取りも進みすぎる位進んでいる。
 かなり無理気味のカンパ、寄付をいただいての訴訟もとりあえずは必要がなくなっている。あまり、できたて民進党を追い込むと、また、名前を変えるかもしれないから少しは放置しておこう。
 民進党と共産党の処理についてはめどがついて、有田や山本のようなテロ発言議員はどうするかという段階で、またもや中東シリアでの安田純平人質事件である。メディアは大騒ぎであるが、不謹慎ながらこれは野党にプラスにはなるまい。

騙され飼いならされた労働者の救い方…
ななこ への返信
ななこさん、ありがとうございます!私も、書籍の予約とともにkindle版も購入しました。電子書籍は、関心があっても、書店で手にするのに抵抗がある人や、私のように寝ながら読書したいものには特におすすめしやすいですね。
すぐに、自分のブログにも紹介しました(笑)

.....kindle版?なんていったら歳がバレるな(笑い)

バビル3世
余命本の図書館での蔵書。
福岡市総合図書館にも置いてあり、現在返却待ち(予約10件)です。
https://opac.toshokan.city.fukuoka.lg.jp/licsxp-opac/WOpacTifSchCmpdDispAction.do
購入していない人も徐々に余命本に目を通して行ってるなとワクワクしてます。
「図書館でも借りられます」って一言入れて近所にポスティングしたらいいかも♪

.....こういう投稿ははげみになる。ありがとう。

Locke
単身赴任で京都市に在住しています。
 その間持病があるので自宅近くの病院に通院していたのですが、昨年秋頃から「戦争法案反対」の署名が設置され、何かおかしいなと思っていたら、待合室には毎日新聞と赤旗が置いてありました。
 そこの院長がたまたまアカなのか、そこが所属している「公益社団法人京都保健会」がそうなのかは不明ですが、病院も汚染されているのを目の当たりにして驚きました。
この春単身赴任は解消され家族宅に戻れるのでその病院とも縁が切れますが、次に通う病院は十分調べてから決めようと思います。
 何にせよ、万一のハードランディングの際に、家族の近くに居れるというのはありがたい。何とか間に合いました。

.....さまざまなケースがあってなんともいえないが、病院の現場では、いわゆる貧困層に頼りにされているのは事実である。問題はそれを共産党の党勢拡大やビジネスにしている輩である。地道な末端の努力がなければとっくに共産党はつぶれていただろう。

りゅうりゅうママ
余命様
私が住む地域に15年前頃から出来始めた、創価学会の無駄にデカイ建物と敷地。今では車で20分圏内に3件も在ります。事が起きるとしたら、私はあの建物に敵が集結すると思ってます。もしかすると武器も隠してあるかもしれない。
 色々と想像しながら、竹刀を2本購入しました。とりあえず何もないよりは良いかなと。まだ覚醒していない友人からは
大爆笑されましたが、私は本気であります。

.....かなりきな臭くなってきてるから用心するにこしたことはない。

  1. 「自宅防衛」について触れられている投稿がありますね。
    ハードランディングの臭いがきつくなってきたから?
    まず「表札」はマズイです。
    特に昔ながらの、家族の名前が全部書くようなのは、
    家の中にいる人数までバレてしまうので、
    「乗っ取ってください」といわんばかりです。
    ご自宅、持ち家の方は、自宅への侵入経路を検討して、
    事前に潰しておくことです。窓にアルミ格子を付けるとか。
    玄関だけに限定できれば対応が楽になります。
    木刀やバットは室内では使いにくいし、女性の手に余ります。
    唐辛子スプレー、またはスタンガンを購入して、
    一組は寝室に、一組は玄関の見えないところに隠しておく。
    スタンガンの使い方も練習しておきましょう。
    痴漢よけブザーを鳴らすのも良いでしょう。
    人間、いざとなると声が出なくなります。
    これらは外に出て戦う「自警団」ではありません。
    各自が自宅への侵入を防ぐ防止策です。
    何があるか分かりません。警戒度MAXで行きましょう!

  2. 祝!余命三年時事日記ハンドブック発売!

    私の場合はまだハンドブックが届かず悶々としている所でございます(笑)

    ところで皆様、身を守るアイテムとして色々準備なされていると思います。
    私も備えておりますが、その中の一つとして
    「消火器」が非常に有効と考えております。
    朝鮮人といえば放火です。放火対策です。

    ※間違っても人に向けてブシューなんて事はしてはなりません(平時において)
    ※間違っても消火器でゴン!などと、くらわしてはなりません(平時において)
    ※よい子のみんなはマネしないでね♪(平時において)

  3. 余命爺様
    この度、余命三年時事日記ハンドブック発売おめでとうございます。
    本日、仕事関係でTUTAYA書店に出向く機会があったのですが、
    やはり・・と言うべきなのか置いてはなかったです。
    一方で、余命三年時事日記の方が12月に発売された当時から一冊も
    置いてなかったのに、今日5冊ほど置いてありました。
    思わず目を疑ってしまったのですが、趣旨がえでもしたのでしょうかね。
    何れにしろ、書店に置いてあれば人の目に触れる機会も多くなるでしょうし、
    1人でも多くの方に読んでいただきたいなと思いました。

  4. こんにちは

    余命三年時事日記ハンドブック 発売おめでとうございます!
    Kindle版は無料でハンドブックの「表紙」、「はじめに」、「目次」まで読めますね。
    目次だけで発狂する人たちがいるかも知れません(笑)

    パソコンでKindle版を読む方法
    拙ブログ
    http://yaplog.jp/todays_afpbb/archive/691

    さて、ハンドブックの目次を確認したのですが、
    2005年の「これからは我々在日コリアンの時代」  岸和田市民掲示板は
    掲載されていないようなので、ハンドブックを手にしたビギナーの方の
    ために置いておきます。
    詳細は拙ブログ http://yaplog.jp/todays_afpbb/archive/690
    (以下、当時の掲示板より引用)
    タイトル 「これからは我々在日コリアンの時代」  
    投稿者 朴 寿達  投稿日 05/06/30 午後 9:49:00

    可決されましたか。いやめでたい。 日本支配開始の一歩です。
    我々は日本への帰化など望んでいません。日本の兄の国である韓国国民としてのプライドと誇りがありますからね
    民団総連日本の市民団体の方々とともに手を組んで我々寄りの議員をどんどん送り込んでいきますよ。
    当然我々寄り議員は韓国にメリットの大きい条例や法案を作ってくれるでしょう。
    60万在日のパワーを見せつけてやります。

    コリアン特区コリアン自治区を日本全国に広げます。そして日本をのっとります。
    マスコミは我々が大勢でちょっと大きな声をだしてやるだけですぐに動きますからね。
    この条例成立がそれを証明しているでしょ?
    あとは日本中の在日コリアンコリア系日本人を総動員し日本中の都市街で投票条例を得る。公務員にもなる。
    最後は参政権【日本の主権】を手中に収めます。住民票を移したり引っ越しだってやりますよ。対馬にだって
    後ろには民主党 ,公明党がついてます。
    独島も実質的に我らのものになっていますし強制連行や従軍慰安婦も事実として認められました。
    今からこれからですよ。対馬も韓国のものになるでしょう。広島・静岡の首長は帰化した同胞。
    もう日本による歴史歪曲や妄言や差別はたくさん。これからの日本の主人は我々コリアンです。
    どうせあなたたちは何も出来やしない。パチンコ・携帯電話 で我々に貢ぐだけ。
    デモの1つもできない。結婚も出来ない。

    我々は日本人の主人として日本を変えていく。あとは我々に任せてあなたたちは消えなさい。
    民主党 はわれわれの党。

  5. 「余命三年時事日記ハンドブック」発売おめでとうございます。

    本日、すばる書店と文教堂に行ってきましたが、在庫無しでした(^^;)

    で、突然ひらめきました。多くの大学には生協が存在し、書籍部では1割引きで
    本が買えます。生協の書籍部に青林堂の本が平積みになってたら面白いなとw

    学生及び教職員諸氏におかれましては、是非、組合員の声カードにてリクエスト
    を書いて頂きたい。「アマゾンでも大人気で、素晴らしい本なので是非おいて欲
    しい」などと書かれたカードに、店舗側は必ず返答するという素晴らしいシステ
    ムになっております。

    全国の大学生協に「余命三年時事日記」や「さよならパヨク」が平積みになって
    る光景を思い浮かべると胸熱です。

    カードに記入して箱に投函するだけの簡単なお仕事です!組合員一同力を合わせ
    てみんなでリクエストしてみましょうw

  6. ”中立宣言では軍属であり敵兵ではない”という返信に驚きました。「軍属=敵兵」と一緒くたに考えていたゆえに、理解不足でお恥ずかしい。失礼しました。
     それと在韓米軍の撤退の時期については3月にはすると聞いていましたが、これは変更なく撤退するのでしょうか。延期がないとしたら、朝鮮戦争再開が現実的になりますね。

     戦争再開しても、中立宣言は安倍総理がきっとなされると思っています。その安倍総理の邪魔立ては反日勢力には出来ないはずです。なぜなら前に余命記事で安倍総理が「俺が倒れたらあとは頼むよ」と言っていた先が「自衛隊」でしたので、もしも反日勢力が安倍総理を倒すことにでもなれば、即ハードランディング(クーデター)開始、倒した側が間違いなく皆殺しにあうはずです。
     それに自衛隊の頂点は日本の内閣総理大臣ですので、クーデターは間違いなく国民が支持します。(御国を守るつわもの(軍)の頼もしさも、3・11以降全国に知れ渡っていることですし。)

     それと関係ないですが、もうジャガイモ植える時期ですので、そろそろ「スコップ(シャベル)」と「研ぎ石」をそろえようかと考えています。夜の獣害対策にLEDライトはもう買いました。もちろん、ハンドブックも!
     ちなみに余命本をアマゾンで星5個でレビュー書いたところ、15分後に”5人が参考になった”にいきなりなっていて驚き、次の日には”110人中108人が参考になった”になってて仰天。有志が”自動参考になったツール”でも開発したのだろうか・・・。 (おにこ)

  7. たんぽぽと申します。

    中学生の時に家で購読していた朝日新聞を読んで辟易しておりました。既に日本が好きだったのです。祝日には玄関に国旗を掲げるので、近所から、右翼の方ですかと?聞かれてグローバルスタンダードですよ!と答えております。笑。

    前置きが長くなりましたが、私が待ち望むものを列記しますので実現可能性をご教示下さい。

    1.反日の在日外国人帰国
    2.自主憲法制定か憲法改正
    3.TPPの署名取り止めか、批准しない事
    4.移民阻止
    5.日弁連に変わる組織成立
    6.スパイ防止法、共謀罪成立
    7.自公連立解消
    8.次第になくなったしまった、職員採用時の国籍条項復活

  8. 余命爺様、並びに余命プロジェクトの皆様、いつもありがとうございます。余命様の予定が順調に進んでいるようで、うれしい限りです。
    >寄付をいただいての訴訟もとりあえずは必要がなくなっている。
    去年、寄付の話をお聞きしたとき、この寄付で集ったお金は絶対に活きる!と確信しました。そして、その日から少しでもお役にたてるよう、積み立てております。
    私はヒラのサラリーマンなので、小遣いも僅かですが、自分の欲を満たすよりも、集団訴訟に使わせていただいた方が、絶対、日本再生に寄与きると確信しておりますし、訴訟も一つだけでは足りないかと思います。今は不要かも知れませんが、今後、ご指示を頂く時に備え、費用積み立ては続けていこう考えております。
    暖かくなってきました。春の息吹と同じように、日本再生の息吹を感じつつあり、我々の目的もようやく、芽を出してきました。
    息吹いた芽は育てなければなりません。これからも、日本の将来を導いて頂きますよう、宜しくお願いいたします。

  9. 余命様
    ご無沙汰しております。数回しか投稿したこともなく、申し訳ありません。いつも読み専用にて勉強させていただいております。ありがとうございます。
    ハンドブックは、書店を巡り在庫状況、購入状況等、ご報告させていただきます。

    りゅうりゅうママ様へ
    竹刀をご購入とか・・
    わたくしも、いろいろ考えていたのですが、かなり前ですが、保身用には、野球の金属バットなどと、どこかで見たことがあります。
    しかし、行き着いた先は、ゴルフクラブ・・大人であれば3番アイアン、子供なら9番から7番、もっと軽いのは、釣竿です。鞭のようなしなやかさで威力は抜群でしょう。玄関の傘立てに入れておけばいいでしょう。
    いずれも中古で安く購入できます。
    あくまでも、護身用です。

  10. 余命様、こんにちは。お忙しい中、ブログ更新を有難うございます。
    私は幼子を抱え、気ぜわしい毎日を送る平々凡々とした普通の主婦です。しかし、常に心に宿るのは、この日本国への想いです。
    私の愛する祖国を、何としてでも守りたい。その一心と覚悟です。

    私は、在日朝鮮人・支那人・帰化人・反日左翼日本人の正体と、ひた隠しにしてきた真実を知りました。驚愕の事実でした。
    もう二度と、平和ボケのお花畑には戻れません。戻りたくない。
    この国を貶める外国人、並びに内なる敵の日本人を、絶対に、絶対に、絶対に許せません。過激と何と言われようと、駆逐・殲滅以外に有り得ないと思います。
    そして、その思いが強くなればなるほど、熱くなればなるほど、冷静に落ち着いて、物事を見極める必要があります。司法もそうですが、マスコミも汚鮮だらけですから。
    鳥の目・虫の目・魚の目です。

    再び返り咲いた安倍晋三総理は、国内外での言動や手腕により、歴代最高の総理大臣、政治家だと私は確信しております。
    一市民として、熱い心と冷静な頭で、自分に出来ることを精一杯頑張り続けます。その一つは、極端かもしれませんが、子供を産み育て、この国の未来への糸を紡ぐことだと思っています。

    悠久の歴史と、尊い皇室が存在する日本に生まれた民として、誇りと精神を胸に、地に足をついた生活をこれからも送ってまいります。
    余命様、関係者の皆様、どうぞ、どうかご自愛くださいませ。
    (普通の主婦)

  11. 余命爺様、こんばんは。Kindle 版もあるんですね! 弱視の家族が読みたがっていたのでうれしいです。第一弾の余命本は全部読み聞かせしたのですが、自分で活字を追って読めば、行間から日本の汚染度合いがいかに緊迫しているかを実感できると思います。

  12. いつもたくさんの情報、ありがとうございます。

    先日、淡路島の伊奘諾神宮へ参拝したのですが、個人祈願のお下がりの品に混じって憲法改正署名募集のチラシが(笑)
    そういえば境内にも憲法改正の署名募集のポスターが貼ってあったし、さすが伊奘諾神宮とニヤニヤしてしまいました。

    やはり日本の緊急事態だからか、あちこちの神社で危機感を持って行動されている神職をちらほら見かける気がします。
    そういった、日本のために頑張ってくださっているところも応援していきたいです。

  13. 余命様
    今朝の新聞に消費税増税延期を検討中との報がありました。
    少しホッとしました。 参院選挙を考えるとタイミングがまずいので。
    後は、ミンミン党に何かスキャンダルでも発覚すると良いのですが。

  14. オンライン賭博がきっかけで日本滞在の韓国人が逮捕されるとか。
    考えてみれば、韓国にとってお宝を持ってる在日を回収する手段としては「起訴」という方法があるわけで、それも別に冤罪だってかまわないわけですね。
    特永があると言っても出国制限すればよく、係争中は日本に逃げても捕まえてくれって日本にお願いできるわけですしw

    棄民するなら自国の中にしてもらいたいです。故郷である済州島はゴミ箱として最適でしょ。
    日本の法律を触るのは難儀しそうなので、スワップは与えず「埋蔵金」をチラつかせて釣るのが一番です。さらにそこで「冤罪でもいいんやで?日本の警察には心付けくれれば喜んで協力するで」とひと押しすれば。
    もうやってるんですかねぇ?
    それならもうちょっとあからさまでいいんじゃないですかね。

  15. りゅうりゅうママ様へ
    >竹刀を2本購入しました。
    >とりあえず何もないよりは良いかなと。

    横からスミマセン。剣術の心得がお有りでなければ、スコップの方が宜ろしいかと存じます。勿論、金属製のヤツ。これならば殺傷能力が有ります。少々重いですが、この重量も威力を高める上で大事。撲殺も可能です。男性ならば軽々と扱えるでしょう。
    地震等、災害時にも窓を割って脱出が可能に成ります。雪掻きにも溝浚いにも使えますし。

  16. >韓国憲法(前文)
    抜粋:三・一運動により建立された大韓民国臨時政府の法統を継承。

    1 韓国は、大韓民国臨時政府という対日テロ集団の精神を継承し、歴史を捏造してまで、国民に対して、義務として、この対日テロ集団の精神を継承させている。今では、在日を含む韓国人は、対日テロ集団の精神を継承している反日思想家、反日活動家、テロリストとなってしまっている。
    2 大韓民国臨時政府とは、テロ実行部隊(韓人愛国団)を組織し、爆弾テロ事件(桜田門事件、上海天頂節事件)を実行した対日テロ集団。(桜田門事件:昭和天皇に対する爆弾テロ事件。爆発力が小さかったために失敗している。)
    3 靖国神社爆発テロの犯人は、英雄になれると信じて実行したようですね。

    >ヨドバシ書店
    余命三年時事日記ハンドブック
    販売休止(2061/03/18/13:10時点)

  17. 東京都 韓国人学校に用地貸与 朴大統領要請、都が検討
    http://goo.gl/UwO40C

    禿添都知事には、抗議しないのか?

    「保育所が足りないのは禿添のせい。保育園落ちた禿添死ね!!」

    防衛省近くに下朝鮮学校建設て、国防的に問題では?

  18. 韓国籍の身内がいない未成年は帰せないという解釈だとしたら仕方ないですね。在日韓国人というスタンスの人間はいなくなったとしても、上のケースは残さざるを得ないのでしょう。周囲に在日韓国人が多い居住地ですが、幸い(?)そのパターンに該当する人はいなさそうなので胸を撫で下ろしました(笑)。
    韓国に無関心、在日韓国人に直接的被害を与えられた実感に乏しい人間からすると「ハードランディング?…なんで??」という感じなんだと思います。天皇陛下に関してもそう興味がある人ばかりではなく、被災地訪問などを見ても“激務だなあ”とか、皇位継承に関しても“古の血をなるべく遺す為には女系は望ましくないかな”的なやんわりした感覚なのでは。
    ナントカ文書とか竹島事案とか、対岸の火事意識であれば「あ、そう」という感想でしかないのも分かります。
    自分で言うのもアレですが、自身がこの種のブログにコメントするなんて想像の彼方でしたから、やはり荒療治というか直に被害を受けるしかないと思っています。他人が被害を受けているのを目の当たりにしても「禄でもない日本(?!)人がいるもんだ」としか映らないでしょうしね。
    私の身内も数年前は「創価学会は100%正しい。ここまで日本の社会が創価の影響下では反抗して生きるのは不可能。お前は頭はいいが賢くない。」と宣う状態だったのが、盗聴・盗撮に気付いてからはソルジャーになりましたからね…私は近所の在日創価に「なんでだよ!」「鬼!」等と言われる程のぶちのめし方をしている者ですが、その私でさえ「まあまあ」と言いたくなるくらいです。
    総会では盗聴に言及したそうです。参加した在日創価学会員が話を逸らそうとしたみたいですが。本来、電車の音が聞こえない場所にも関わらず聞こえる環境に慣れてしまうとそれが普通になる─その話を聞いてビックリした人が何人かいたそうです。先の学会員は「風の向きによって聞こえる事もある」と反論したようですが、無理があるかなぁ…次の日からは静寂となりました(笑)。ちょこちょこ音を徐々に上げていき、途中で音量を微妙に上げ下げしていい案配の所でまた慣らさせようと試みたものの諦めて(?)何日かは全く聞こえない本来の状態になりました。昨日と今日は耐えられなくなったのかヤケクソなのか大っぴらに電車の音が響いてましたが、対比によって、自分達が盗聴されている認識を持ってもらう事が目的だったのでそれは達成できました。
    あとは住民名簿の氏名欄には本名のみとの見解を改めて確認し、通称名を記載している人は本名を申告してもらい、テロ対策として公共機関に情報提供する際は全員本名として提示する旨を採択したそうです。異論を唱えたそうだった人も黙るしかないようでしたが、先の在日さんは「テロなんて聞いた事ない。なんで本名を知られなくちゃいけないの」とふてくされ気味だったみたいです。
    彼等と何年も暮らしてきて思う事は嫌がらせを受け耐えかねて逃げるのは思う壺だという事。その跡地は在日コミュニティとなり、そんな場所が国内に点在していくとより大きな竜巻になるのだと思います。戦術的には逃げるのも有りですが、戦略的には綺麗事に拘らず、彼等がストレスになる事をしまくって生活し辛い環境を築き上げていく─その成果かは判りませんが、右隣の在日創価は3月中に出て行くみたいな事を話していたそうです。

  19. グーグルで「余命三年時事日記」を検索すると、
    1ページ目のトップに来ていました。

    「同ミラーサイト」は同じページの3番目くらいにありました。
    ところが、昨日同じように検索すると2ページ目になっていました。

    自分自身のPCでは両サイトともブックマークしていますが、
    会社のPCで検索してしてみて「異状」?「異変」?に
    気が付きました。

    そして今日検索したら、3ページ目になっていました。
    ヤフーで検索しても同様です。

    「官邸メール」「自民党メール」等のあるミラーサイトの方が、
    彼らにとってはより脅威であり、そのための工作ではないか、
    と愚考します。

    ブログ等で呼びかける方は、ミラーサイトのアドレスを告知すると
    共に、ブックマークする事を推奨した方が良いと思います。

    杞憂なら良いのですが・・・。

  20. 「核使用は憲法上禁止されず」 横畠内閣法制局長官
    http://www.sankei.com/politics/news/160318/plt1603180037-n1.html

     外堀が埋まっていますね。ところで、非核三原則はどこにも明文化されていません。私は、まんまとマスコミの洗脳にやられ、よほど不可侵なものなのだろうと考えていました。
     「非核三原則」は、佐藤栄作首相の国会答弁に付けられた名前です。首相談話ですらない。あー腹が立つ。

  21. いままで在日の成りすまし日本人が、一見保守風のブログを立ち上げ、保守陣営に潜り込んでいたが
    いよいよ足下に火がついてきて、冷静で居られなくなったのか、火病を発症しているようです。
    皇室に関する我々の不安につけ込み、最初は皇室の存続を願うような主張であったが、次第に彼らの目的が
    在日と同じ皇室の破壊であることが明らかになってきました。
    日本人は、在日のように、どんなに憎い相手に対する相手にも、自己抑制をきかした冷静な口調で反論するが
    余命様を攻撃している成りすまし日本人と思われるブログでは、聞くに耐えないような下劣な発言、
    本来接触するにも憚られる、民団関係者にも何の抵抗もなく接触している、また在日企業のTUTAYAを応援し
    AMAZONを糾弾しているその節操のなさはまさしく朝鮮人そのものです。
    余命様のブログや出版を阻止するまでは、陰湿な目に見えない方法で妨害工作に全力を挙げてきたのでしょうが、それが不可能となった今は、戦後日本人を殺害、強姦、しまくった朝鮮人の本性を現し、露骨な攻撃に切り替えてきたようです。
    彼らのシミュレーションゲームからは、ハードランディングが如何に日本人にとって、不利であるかを強調しておりますが、
    そのことはとりもなおさず、ハードランディングが彼らにとって一挙殲滅される最悪のシナリオである恐怖の裏返しなのではないでしょうか?
    彼らの言動を注意深く観察して誰が似非日本人かを見分け、彼らの分断工作に乗らずに
    彼らから日本を取り戻すまで、戦い続けなければいけません。

  22. アマゾンから届いた「ハンドブック」を読了しました。ブログで知っていた内容ですが、あらためて本で読むとまさに怒髪天を衝く心境になりました。
     ハンドブックの内容は戦後世代には衝撃的な内容でしょう。これで嫌韓派はまた激増するでしょう。もともと、国を挙げて歴史を偽造し反日をやっている韓国を好きになる理由は全くないのですから。
     今まで被害者面をしていた在日韓国人は実は「加害者」だったのです。これまで在日に散々脅されていた地方の役人もこのハンドブックをバイブルにして反撃することができるようになるでしょう。

  23. 余命三年時事日記のハンドブック版をアマゾンで入手しました。
    一読して、「ブログの復習」みたいな感じですが、印刷媒体という
    事か、「かなりおとなしい表現や内容」にとどまっている感を受けました。
    スヒョン文書や、李明博大統領による天皇陛下への侮辱発言なども
    ストレートに掲載されており、保守派・タカ派だけでなく、中道の
    人達もこれを見れば、怒りが沸いてくるものと思います。
    これで何とも思わない人は、たぶん、純系の日本人ではないでしょう。

    朝鮮人は残念ながら、「遺伝子レベル」で問題のある民族である事が、
    DNAレベルで証明されてしまっています。
    もっとも平和的な解決法は、一人一人を朝鮮半島に穏やかに送り返す
    事ですが、それもかなわぬ以上、ハードランディングの結末になるのも
    仕方がないと思います。
    ソース付きでなければ「余命サイト」では紹介しないそうですが、
    ネットをウォッチし続けている身には、もっと激しい事態が引き起こ
    される可能性があるものと見ています。

    「兵役に就こうとする在日韓国人男性のあまりの少なさに、韓国国民
    だけでなく、韓国政府は怒り心頭の状態。いずれは兵務庁から在日に
    対し、赤紙を突きつけて強制帰国させ、徴兵の義務を課す」

    「日本に帰化した朝鮮人に関し、日本から『国籍離脱』の証明の要請
    が来たら、『問答無用で、すべて国籍離脱を不許可とする』案も検討中。
    これにより、二重国籍を認めない日本では、日本に帰化したはずの
    帰化朝鮮人に再び韓国の国籍が戻り、取得したはずの日本の国籍が
    無効と化し、韓国人としての納税と徴兵の義務が課せられる」

    「北朝鮮も、在日の引取りに乗り出したことに韓国側は大いに焦りを
    見せており、一日も早く在日朝鮮人の回収に心血を注いでいる。
    先の見通しのきく在日は、ソフトバンクの孫正義のようにすでに他国へ
    『逃亡』していて、日本に残っているのは金がなくて逃げられないとか、
    事態の推移がまったく見通せていない朝鮮人ばかり。
    『総資産50兆円と言われる在日資産』の資金没収と、『最前線に送り、
    いざという場合、北からの攻撃に対し、本国人の盾に使い、血と肉にする
    ためだけの命』を、韓国側では欲している」

    などなど、ソースこそありませんが、恐ろしい噂がネット上ではかなりの
    信憑性を持って流れております。
    無論、余命様グループのこちらのサイトでは、
    「ソース付きでなければ認めない」
    事は承知しておりますし、当然、こうした内容に目もくれずに削除される
    であろうということはわかっておりますが、おおよそ上記のような内容が、
    かなりの信憑性を持って流れているのも事実です。
    余命様グループでも、
    「韓国ならば、そのくらいの事はやるであろう」
    と思われるのではないでしょうか。
    「在日の回収」は、韓国政府の動きがカギですね。

     可能であれば、さらに第三弾、第四弾と、本の発行を続けていかれる
    事をお勧めします。
    一過性のブームではなく、日本人全体で考えなければならない問題ですから、
    機運の高まりを消してはならないと思います。
     本を一冊出されるのにも、大変な負担がかかるのも承知しておりますが、
    初代余命様も、天国から見ておられるはずです。是非、第三弾、第四弾と、
    本の刊行をお願いしたいと思います。

  24. amazonから、今日、余命三年時事日記ハンドブック届きました。楽しみです。

  25. ハンドブック発行、おめでとうございます。
    我が家にも無事に届きました。
    QRコードに関してですが、時事日記一冊目は緊急対応として帯に印刷されたかと思いますが、
    ハンドブックの第2刷ないし、5月に発売の時事日記二冊目以降から、書籍の奥付部分・・・初代かず先生のプロフィールと版元との間の余白スペースに印刷することは可能でしょうか。
    そうすれば、販売店が書籍の帯を外して販売しても、書籍を購入された方がブログに辿り着く確率が上がるかと思われます。
    編集さんとの兼ね合いから難しいかもしれませんが、次回以降ご対応いただけましたら幸甚です。
    よろしくお願いいたします。

  26. 菜々子様 
    kindle版の情報ありがとうございます。
    注文したハンドブックがまだ手元にこないので、電子版でさきほど読み終わりました。怒りに震えてしまいました。

    私はキンドルが壊れているので、新しいタブレットにキンドルアプリをタウンロードしたら読むことができました。ということは、スマホやタブレットで キンドルをもっていなくても余命がよめるということですよね。安いのでみんなで電子版も買おう!

  27. ハンドブック流通状況簡報 兵庫西部方面

    amazon)
    3.18 午前着

    書店系)
    ”余命本の時は陳列販売されていなかった”イオン内書店の未来屋で、表のよく見える文芸新刊の書棚に2冊確認。一冊購入。<店員さんも入荷状況をよく把握していた>

    図書館)
    1館で複数名の購入希望書提出済を確認 

  28. ハンドブック発売おめでとうございます。

    リアル書店で購入しようとしましたが扱っていませんでした。

    東京では有名な書店だけに残念でしたねぇ

    その書店は三省堂書店といいます。ちなみに有楽町店です。

  29. >自衛権の行使
    1 「非武力攻撃」であっても自衛権の行使は可能だと思います(下記国会答弁)。

    海国防衛ジャーナル(2014/04/24)から
    http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50726411.html
    (抜粋)「外部からの武力攻撃」の適用対象は不必要に制限してしまった日本政府ですが、非武力攻撃に対しての見解は比較的明解で、「非武力攻撃に対して自衛権の行使が禁じられているわけではない」という立場をとっています。

    1954 年の第19回国会参議院外務委員会において、高橋通敏外務省条約局長(当時)が「武力攻撃以外の自衛権が必ずしも禁じられてはいない」とした上で、「国連憲章第51条は自衛権行使の要件を必ずしも武力攻撃に限定していない」と答弁しています。また、1998年第43回国会衆議院日米安全保障条約特別委員会 における新ガイドライン策定をめぐる国会審議の中で、橋本龍太郎首相(当時)が「国連憲章第51条は武力攻撃以外の侵害に対して自衛権の行使を排除するという趣旨であるとは解しておりません」と答弁しています。同じく高村正彦外相(当時)も「政府は従来より、国連憲章第51条は、自衛権の発動が認められる のは武力攻撃が発生した場合である旨、規定しているが、武力攻撃に至らない武力の行使に対し、自衛権の行使として必要最小限の範囲内で武力を行使することは認められており、このことを国連憲章が排除しているものではない」と答弁しています。
    (以上、抜粋)
    2 国連憲章(第53条:強制行動、第107条:敵国)について:
    (1)竹島
    日本は、第二次大戦における「韓国の敵国ではない」ので、連合国(国連)による強制行動の対象とはならない。
    ただし、国家安全保障戦略(2013/12/17)において、竹島の領有権問題について、「紛争」としながらも「粘り強く外交努力をし続ける」としているため、直ちに自衛権を行使するようなことにはならないと思います(国家安全保障戦略の修正が必要になると思います)。これは、今のところ、米韓関係に配慮しているものと思います。
    (2)尖閣諸島
    尖閣諸島は日米安全保障条約第5条の適用範囲(2014/04/24、オバマ大統領)なので、尖閣諸島の日本領有について、米国は、国連憲章第53条「敵国(日本)による侵略」に該当しないという立場をとっている。このため、中国は、国連憲章の強制行動(要するに、敵国日本による尖閣諸島への侵略に対する武力制裁)を根拠とした武力攻撃が非常に難しくなっている。
    尖閣諸島に対する武力攻撃による侵害があった場合には、堂々と自衛権の行使を決断すると思いますが、「非武力攻撃」による侵害があった場合にも、遠慮無く自衛権の行使を決断してほしいと思います。

  30. @blueeyesonly 

    待ちに待った『余命三年時事日記ハンドブック』が本日(3月18日)届きました♫
    仕事を終えてその日のうちに一気に読んでしまいました。とても素晴らしい内容です。
    ある程度の在日に対しての予備知識がない方にとっては正にとても分かりやすい内容ですね。
    余命様、及び、余命プロジェクトチームの皆様、ご苦労様でした。そしてありがとうございます。
    この本がどんどん多くの人に読まれ、多くの人が次々と覚醒する事を願います。

    読んだ後も、興奮冷め止まず、書き込みをさせて頂きます。ありがとうございました。

    “引用:  在日が武装蜂起する可能性  [余命三年時事日記ハンドブック Page 149]”

    御意。十分にありえます。私の住む地方都市の駅前から県立病院や消防署、市役所、県庁が集まる行政重要エリアに在日系企業がギッシリと進出して周りをいつの間にやら取り囲んでいます。もちろん地元最大のパチンコグループもいい場所確保していますね。有事の際は遠く離れた自衛隊や県警が駆けつける前にアッと言う間に県の行政施設は襲撃され、占拠されるでしょうね。公務員の方達は白兵戦では勝ち目ないでしょうね。。。

    皆さんの住む街はどうですか?ここで学んだ知識を念頭に置いて自分の街を冷静に見つめて見るべきだと思います。自分たちの街の行政施設が襲撃・占拠されてしまうとどうなるのでしょう。。。有事の際には危険な場所へ間違えて行かないように今から地域を視察し、行動プラスを練り、家族を守る心の準備が必要ではないでしょうか。どこで突然に襲われるか分からないですからね。

    “引用:  在日は暴力、殺人のプロ集団  [余命三年時事日記ハンドブック Page 152]”

    “引用: しかし、忘れてはいけないのは、韓国人男性は原則として全員が徴兵されて兵士としての訓練を受けており、武器の使用法や人間の殺し方を一通り学ばされているのだ。何より恐ろしいのは「人を殺す覚悟」を軍隊生活で徹底的に叩き込まれている事である。[余命三年時事日記ハンドブック Page 152]”

    思うに、つまり人を殺すことには一切躊躇しないケダモノたちですね。特に日本人に対しては。。。それと、在日は男性だけでなく、女性も負けず劣らず恐ろしいでしょうし、18歳以下の高校生や中学生でも人殺なんてへっちゃらでしょうね。

    補足として、ベトナム戦争で非道な虐殺強姦を行った退役軍人たちが裁かれることなく、韓国で英雄気取りで後輩の韓国軍新兵たちをこれまでずっと教育して来たのですから、彼ら韓国人男性(兵役経験者)としてのモラルの低俗性や残虐性は推して知るべきだと思います。

    閲覧注意:  韓国軍がベトナムで行った虐殺、強姦、放火、略奪
    http://www.mercury.sannet.ne.jp/emadukawiemogosi/1112KankokuNoSensooHanzai.html

    @blueeyesonly 拝

  31. @blueeyesonly

    もうひとつ

    “引用:  反日テロリストがつくった反日国家
      第二次世界大戦後、韓国は日本から独立することになったが、李承晩(イ・スンマン)をリーダーとする反日テロリスト集団(大韓民国臨時政府)が権力を握ったことで、韓国は反日国家の道を歩むことになった。[余命三年時事日記ハンドブック Page 114]”

    李承晩ラインといい、竹島侵略、13年間に渡り日本人拉致・抑留3929人(死傷者44人、拿捕船舶328隻)など、まさに海賊レベル。さらに、その人質外交で日本政府への無理難題「在日犯罪者釈放・滞在許可」の強要(在日ヤクザの誕生)、とやりたい放題ですね。韓国という国の存在そのものが日本国を破滅へと向かわせる大凶の存在ですね。

    “引用:  特別永住資格を持つ在日については、徴兵の義務を果たしている者はほとんどいないはずだ。しかし、ここで思い出してもらいたいのが、前述した『ヤクザの3割は在日』『在日ヤクザの数は約1万6050人』『在日男性(特別永住者12万1200人の男性人口の18歳〜65歳) の7.6人に1人、約13%がヤクザ』『在日の犯罪率は日本人の約2.6倍、在日外国人全体の約2.2倍』というデータである。[余命三年時事日記ハンドブック Page 152]”

    “引用:  在日による「日本人狩り」
     このような在日の精神構造を理解するための一助となる好著がある。金漢一(キム・ハニル)著『朝鮮高校の青春 ボクたちが暴力的だったわけ』(2005年、光文社)である。【現在、彼は朝日新聞社の記者】  [余命三年時事日記ハンドブック Page 74]”

    “引用:  さらに懸念されるのは、現在ほとんどの在日が通名(通称名)を使って生活しており、日本人のフリをして日本社会に溶け込んでいることである。日本人と思っていた相手が実は日本人に化けた在日である可能性があるのだから、・・・しかし、日本にはそんな人間が数十万単位で存在しているのである。  [余命三年時事日記ハンドブック Page 153]”

    “引用:  ・・・現状変更を行う為の最もダイナミックな方法は今も昔も戦争なのである。・・・[余命三年時事日記ハンドブック Page 147]”

    是非、有事(戦争)の際は迅速に、かつてアメリカに移民し、アメリカ社会に溶け込んでいた「日系アメリカ人」への強制収容所送り法令に倣って、すべての在日及びその全ての子孫で在日の血が16分の以上混ざっている帰化人を含む日本人なりすまし朝鮮人を財産凍結又は、没収とし、日本国民に危害が及ばない施設に収監して欲しいものです。

    思うに、在日情報の住民票管理やマイナンバー制度での「在日包囲網」にプラスして、国民、当然、在日外国人全て、日本に居住する資格として「マイナンバーにDNA生体認証登録」を義務化して頂きたいです。そうする事で多くの在日犯罪抑制が可能となるのではないでしょうか。特に、生まれ持ってDNA染色体異常の多い朝鮮人の特定が可能に。逮捕拘束する際に役に立つと思います。

    最近のDNA検査とはサンプル採取キット(綿棒のようなもの)で、口腔粘膜細胞(頬の内側)の脱落細胞、粘膜細胞の中にある核からDNAを抽出する。したがって痛みもなく、血液を使用したサンプルよりも清潔です。DNAは体のどの部分の細胞のものでも同じで解析する事ができる(裁判や犯罪捜査にも口腔粘膜細胞のサンプルが幅広く使用されています)。

    政府に是非お願いしたいものです。

    余命様 & 余命プロジェクトチームの皆様、いつも応援しております。
    引き続きご活躍をお祈りしております。

    @blueeyesonly  拝

  32. 余命爺様、提案です。
    井上太郎氏がご自身のブログ「日本のために」の中で、

    愛国、真正保守活動、やはり意志を同じくする同士は多いことに越したことはありません。請願するにも、監査請求するにも人数が必要です。多くの同じ考えの人達が増えれば、選挙で志を共にする立候補者を推薦し、当選できれば政策にも反映できます。

    さらに重要な情報を共有し、より多くの人に拡散し真正保守の啓蒙活動にも活かせることが出来ます。出来る限りの全国規模に繋がればその情報網は、様々な愛国活動にも活かせることが出来ます。
    様々な機関への要望等の書式と内容、場合によっては抗議の書式、等の雛形を用意しますから、多くの方と共に提出できれば無視できなくなります。

    そんな活動も視野に入れていますが、ご意見あればお寄せいただければ大変助かります
    出来るだけ多くの方々と共に愛国真正保守活動を広げて行きたいと思います。

    と仰られておりました。
    反日メディアに対する運動も始められる様ですし、余命官邸メールの型をパワーアップする時期が近付いてきているのではないでしょうか?
    住民監査請求等とも連動していければ強力なツールに成り得ます。
    ツールを作られている方や青林堂さん太郎さんと相談してみてはいかがでしょうか?もうされてるかなw

  33. 余命様、スタッフの皆様いつも楽しく(?)拝読しております。
    ハードランディングやむなし!?でしょうかね。

    早速ですが
    外国籍への生活保護は憲法違反と判決が出ても、未だ支給している自治体は多いと思われます。
    マイナンバー等で不正受給の摘発は進んではいると思いますが、それでも外国籍に支給されている現状は変わって無いと言う現状では無いでしょうか?
    と、言いますのも私は実際に支給を受けている朝鮮籍の方を知っております。これは確実な事案です。
    私個人でその自治体に対しメールにて抗議と停止を求めましだか未だ支給されている様子で、恐らく自治体としては、触らぬ神に祟りなしと腰は重く、抗議した私の方が鬱陶しい存在であったかのような感じに私自身は受け取りました。
    そこで提案なのですが、各自治体への集団メールなどは効果あるのでは無いでしょうか?
    素人の私でも問題点は思いつきますが…
    受給していると言う100%信頼できる情報の確保、そして自治体のメール受け取りの容量などなど…

    問題点はあるにしましても、その受給されている個別案件の背後まで私は知っていますので、とにかく停止させたい。自治体の対応にも納得が行かないと言う思いでメールさせて頂きました。
    まぁ放っておいてもハードランディングなら強制送還と言う道になるのでしょうかねぇ。

    過去の記事など被り案件でしたら、削除してください。

    よろしくお願いします。

  34. 余命さま
    日々の活動、大変ご苦労様です。
    毎日、ブログ内容を確認して励みとさせて頂いております。

    3/18 ハンドブックを友人に配布用を含めて3冊購入させて頂きました。平積みになっていましたよ。全部買い占めも考えましたが、近隣の愛国者の方にの為、今回は遠慮させて頂きました。
    すぐ側の棚には前著もありました。
    前著に比べて、大変読みやすくまとめられていると感じました。
    内容は初めての人には衝撃的ですが、この昨今、これぐらいのインパクトは日本人覚醒の起爆剤にちょうどいいかなと思います。
    岐阜県 穂積の三洋堂書店で購入しましたが、前著のような入荷のタイムラグはなく、ここでも反日勢力の弱体化が感じられました。
    着々と在日包囲網が狭まりつつあるようで、感動もひとしおです。

    私もいい年のおっさんですが有事にはお役にたてるよう、高校時代より続けている武術の鍛練を見直し、即反応できる体へ鍛え直しているところです。
    モットも、一番の護身術はリスクを事前に察知し、危なそうなところや人間には近づかないことですけども。そのための勘働きはやはり緊張感を持って日々を送ることでしか身につかないものですが。
    せめて、一朝ことが起きた時には専門家の足を引っ張らないよう心掛けたいと思っています。己の分際はわきまえないといけませんからね。
    年初よりハードランディング(あってほしくはないですが)に向けての動きをマスコミの報道からも感じるようになりました。余命さまにおかれましては日本人真正保守層の求心的役割、大変とは存じますが、日本を在日から取り戻すまでお導き頂きたく。

  35. こんにちは、いつもブログの更新を楽しみにして読んでます。余命三年時事日記ハンドブック アマゾンで購入し読んでます。もう最初の章で涙が止まりません。どれ程多くの公務員や一般国民が被害を受けたか❗戦争の中生き残った人達なのに‼そういった状態が知らずに70年続いてたなんて‼怒りで震えが止まりません‼今年入管管理局に就職する甥に「余命三年時事日記」をプレゼントしました。「どうか。日本を守って下さい。」と言葉を添えて・・・・

  36. ハンドブック購入
    アカデミアと言う赤い本屋ですが、在庫一冊ありました。
    アマゾンも良いですが、書店での購入も力になると思います。
    頑張って下さい。

  37. 余命翁、スタッフ様
    Kindle版ハンドブック、書籍版ハンドブック、共にAmazonにて購入しました。
    書籍のほうは、よごれないように透明なブックカバーをかけて、公共の場所で読もうと思っています。拡散の一助になるのかどうか…

  38. 余命爺様、スタッフの皆さまお疲れ様です。

    早速ですが、amazonにて「余命三年時事日記」カテゴリ ジャーナリズム部門第1位、「余命三年時事日記ガイドブック」社会学概論部門第1位と、二部門での1位おめでとうございます!

    私は本日、福岡のイオンモールのフタバ図書にて「ガイドブック」を手に入れました。
    福岡は17日の発売より二日遅れのようで、朝一(10時)の店頭には並んでませんでしたので、店員さんに尋ねると裏手に回ってすぐに持ってきてくれました。
    片や「余命三年時事日記」は、かなりの部数並んでまして、他にもベストセラー5位の位置にも数冊置かれてました。
    これらも、お花畑の方々に手に取っていただけるのを願って止みません。

    そんな折、またしても舛添都知事は日韓友好のため韓国人学校を作るとか申しております。
    一体どこの国の知事なんだか・・・
    私は東京都民ではなく余計なお世話かもしれませんが、都民の血税をこのようなことや豪華な海外出張中に使われるのは言語道断だと思います。

  39. 初めてコメント差し上げます。いつも御ブログを読ませていただいております。御ブログと出会って日本の未来に希望を抱けるようになりました。

    日本精神再興を願う、男とのみ申し上げます。あとは自民党関連団体の一種のような物に所属しております。(あまり具体的には申し上げられません)

    話は全く関係の無い物に飛び恐縮なのですが
    Q有事クリミア方式、メディア殲滅となった場合、産経新聞も殲滅対象となってしまうのでしょうか?
    ①主要紙の中で唯一日中記者交換協定を結んでおらず、中国国防動員法を報じた
    ②韓国による産経支局長名誉毀損事件
    ③産経新聞製作の「国民の憲法」は家族尊重規定等の自民党憲法草案に通ずる愛国の精神が見えるだけでなく、自民党憲法草案にさえ無かった国の構成の章追加。また、憲法案の脇に解説や日本の国体や悠久の歴史などを端的に表した図を併記しており、大変分かりやすい。
    ④「国民の修身」「正論」「育鵬社の歴史・公民教科書」はフジ産経グループから出版されている
    ⑤何より余命3年時事日記を始めとした青林堂の書籍を隠蔽するどころか広告として紙面に載せている。

    自分はハードランディングで「日本を取り戻す」事に成功したら、次に「日本人を取り戻す」戦いに移らねばならないと思います。
    日本人とは「武士道」「大和魂」「日本男児」「大和撫子」と言った日本の誇りとも言うべき民度道徳心を持ち、世界唯一平和を愛する民族の事です。世界史の中で世界平和を成し遂げられるのは日本民族だけです。

    その「日本人を取り戻す」戦いにおいて産経新聞出版の「国民の修身」はとても有用であると考えております。
    また、産経新聞は産経志塾という塾を開き、稲田朋美先生や山谷えり子先生を呼んで家族・教育・伝統などをテーマにした講義を次代を背負う若者に提供しております。

    必ずや産経新聞は「日本人を取り戻す」戦いにおいて有益な存在たりえます。

    メディアは全て殲滅との表現を見るたびにメディア内で唯一国益に叶っていると言える産経新聞も含まれているのだろうかと大変不安になります。

    潰す事による不利益は大きく、利益は考えられません。

    どういった対応になるのか、大変不安に思っております。

    自衛隊が「殲滅すべし」と判断したのであれば、自分としては受け入れざるを得ません。国難を乗り切るためには今は国体護持組織を信じ切るしかありませんから。

    しかし出来る事なら産経新聞だけはどうかいつまでも残っていて欲しいと勝手に願ってしまいます。

    長々と申し訳ございませんでした。
    お忙しい中恐縮ですが、記事内?での御回答を頂けると大変嬉しいです。

    読み落としも有るやもしれませんし、無知ゆえの質問でございます。お忙しい中大変恐縮ですが、コメント等を頂けると大変嬉しく思います。

  40. 余命さん、こんにちは。
    ハンドブック無事に購入しました。ぽこぺんさんが言われていた文教堂ですが、ここではハンドブックが5冊山積みで手前に置かれています。同じ神奈川県内の●●原店です。カバーの色は、かなり目立つので成功だと思いました。
    おそらく前作が売れたのでこの冊数を置くことにしたのでしょう。よほどの話題本でもない限り、初版でこの冊数は置きません。良い流れですね。
    私の住んでいる市は、民進党の後藤祐一氏の地盤ですが、いまだ看板は民主党のままです。別にもう顔がワレていて、どうでもよい議員ですが。動きが有ったら投稿します。

  41. 余命ハンドブック、本日 Amazon から入手し早速読み終えました。 前書の内容を補完する記述形式で読み易かったです。 あとがきには記載して欲しかった李明博による日本征服宣言の記載と共に、次回作も鋭意執筆中とのこと。楽しみにしております。

  42. さきほどコメントを送信しましたウシトラノコンジンです。
    アマゾンのレビュ-に投稿して4時間ほどして反映されて、当方のレビュ-が掲載されてました。
    2回投稿して初回は掲載拒否のメ-ルが来て、アマゾンのレビュ-には反映されてませんでしたが、2回目はOkで、確認しましたら反映されてました、はたしてなんだったのでしょう?
    とゆう事で先ほどのアマゾンのレビュ-掲載拒否のコメントを訂正させて頂きます。
    お忙しい所申し訳ありませんでした。

  43. お疲れさまです。
    ここへきて野党、民主などが耳障りのいい法案などを提出、提案しまくっていますね。
    かつてのガソリン値下げ隊や高速無料化詐欺を思い出します。
    国民が騙されてしまわないか心配です。

  44. ハンドブック来ました
    これを待っていたと言わんばかりの内容です。
    補完という意味通りですね、これ単体でも申し分ありません。
    十二分に活用させていただきます。

  45. 以前に取り上げ及び誰かが記載していたら私の確認ミスです
    官邸メールで教科書問題を送る予定はありますが、
    尖閣諸島を教科書に記載することを文句をつけてきたやからがいますが、
    一喝してやりたい衝動にかられました。

  46. 余命様
    毎日、日本のために更新ありがとうございます。
    ハンドブック素晴らしかったです。
    既に4冊買い配りました。
    縦書きになって読むと、初めて読む内容もあったようなきがしました。スヒョンも花王も、縦書き書籍となると、やはり、インパクトがとてつもない気がします。
    出版化は素晴らしいですね。
    ブログのドスンという言い方もなく、一般日本人(早く目覚めてくれぇ・・・!いつ目覚めるんだぁ・・・!)も読みやすいだろうと思いました。
    以下、李登輝総統というこの方の兄が靖国にいらっしゃるという状況の中で、私の個人的状況です。

    私の祖父が、台北の南で、小学校の校長をしていたそうです。
    もう随分前に亡くなりました。私の母は双子で、その当時不吉(?)だったらしく、私の母は、その当時の裕福な●家に養女に出されました。
    一卵性双生児の母の姉は台湾で生まれた日本人と結婚したのだと先月知りました。
    台湾は日本と兄弟であり、李登輝様は素晴らしい方だと、最近勉強しています。
    民進党が、どのように勝つか、とても気にしていました。
    今は、ネットでチャンネル桜の台湾チャンネルもあり、欠かさず見てます。
    台湾人の皆様、一緒に世界を良くしていきましょう。
    出来るのは、台湾人と日本人しかありません。

  47. 余命様
    ハンドブック発売おめでとうございます。
    この状況でもマスコミは、スルーですね。
    やはりというか、なんというか・・・
    少し気が早いですが、第三弾発売日には、是非とも青林堂さんに、新聞の全国紙全社に、全面広告を出してみて頂きたいところです。
    各社理由をつけて受けないでしょうが、
    どんな苦しい言い訳を付けるか興味があります。

  48. 毎日配信を心待ちにしております。
    いつもありがとうございます。
    ハンドブック拝読中です。
    本日3月19日、イオンの未来屋書店をチェックして来ました。余命三年及びハンドブックどちらも在庫無しで、取り寄せ出来ますとのこと。
    ついでにこんな情報もいただきました。直近2ヶ月の入荷履歴は余命三年0冊、今後2ヶ月は空欄 つまり入荷予定無し。ハンドブックも入荷履歴0冊、同じく入荷予定無しでした。ベストセラーなのに!入荷する気はさらさらない模様です。

  49. ハードランディングの際、敵国人あるいは反日日本人と戦いたいと真剣に考えている方が余命読者の中にもいらっしゃると思います。そのような方は予備自衛官補の応募を考えているかもしれません。しかし、自衛隊経験者でないとか年齢的に問題があり予備自衛官補に応募できない方がおられると思います。ただ、よく募集要項を見ると予備自衛官補の技能募集なら50代でも受け付けているようです。とはいえかなり高度な技能や資格や経験を要求されています。また、要求されている資格自体の受験資格に経験や学歴が要求されているので資格を取るのも簡単ではないかもしれません。
    それでも、挑戦したい方には電気主任技術者があります。年齢性別経験を問われずに試験合格で取得できる資格です。(また、経験があれば申請でも取得可能です。)有事に反日組織の施設の電源を切る、電力会社からの送電を止める依頼ができる等の権限を持ちます。なので、この資格を持って予備自衛官補の技能募集で入隊できると朝鮮ヤクザや左翼や反日メディア殲滅作戦の最前線で活躍できるかもしれません。

  50. 伏見という方のブログにて、余命書籍の誤りを200ほど指摘したとありますが余命爺様や青林堂様方に対しそのような接触はありましたのでしょうか。
    余命ブログを批判する割に批判内容が抽象的で腑に落ちません。混乱するのは私だけではないでしょうからぜひ爺様の所感お聞かせ願いたいです。

    伏見様は余命爺様が武器を取り自警団を組み戦えと煽っている(どこにそんな記載が)と発信し、総連や公安に通報するなどされているようですが…総連に通報?古書を破棄したTSUTAYAを擁護公言されたりやはり保守分断ですかね。
    余命にアクセスすれば外患誘致!と恫喝されております。余命爺様くれぐれも身辺にご注意くださいませ。

  51. 「余命三年時事日記 ハンドブック」はやはりブログ読者の私にもマニュアル本=ハンドブックといった内容になっていました。
    やや後手、若干受身の感じから遠慮無しの攻撃の態勢に入った印象も受けました。
    これまで私自身も、怒り・苛立ちとは裏腹に、私生活では一歩前に踏み出せない、周りを警戒しながらの悪い事しているような錯覚さえ覚えていました。
    けれども、今は違います。

    この本をスルーせず読めば、普通の人なら絶対わかるはずです。
    私のように、いろんなことをあきらめ、生きていた人がたくさん目が覚め変わるきっかけになるはずなのです。私が感じていた過去の日本…
    やったもの勝ち、言ったもの勝ち、病み、闇だらけ、方便、嘘ばっかりのでたらめな報われない社会。
    駄目な日本、問題がはっきりしてる日本。どうしてわかっていて解決できなかったのか?
    特に、誰もが一生向き合う労働、教育、福祉。
    本音と建前、理想と現実の違いは異常で、現実世界は、フィクションの映画かTVがかぶるような、政治家の醜態、企業の経営の実態で、フィクションの世界はそのまんま現実に繋がっていました。
    事態を認識すると、国会中継を見るのが苦痛になりました。見ると動悸が激しくなり、頭痛がして体に悪いですね。
    はたしてここは日本なのか?本当に自分たちの将来をまじめに変えようと考えている国なのか?

    第二弾出版の内容は、日本全体がもう遠慮する必要のない、退く必要のない段階に達したと思っています。
    読んでみるとやはり膨大な記事、事実のほんの一部の内容ですが、もう一歩も退くことのない日本再生の強い意思表示をしっかり感じ取れるようまとめられていますよね。
    これを読めば、もう目の前にある日本再生を誰にも邪魔させたくないはずです、こころから日本人ならばですが。

  52. 何か変なのがアマゾンレビューで暴れてますね
    日本国民をレベル別けして、意味不明な妄言を垂れ流している
    C層B層やD層、恐らく意識高い系の自分らは格が上とか思ってるんでしょうね、同じ日本民族を階層別けして嘆かわしい限りの連中
    しかも自分らのブログの宣伝までしている始末、正に虎の威を借る狐とはドコゾのインチキ占い師にぴったりのキツネ根性丸出しのズルさを感じました
    違反報告をする際には
    ①未読に関しては威力業務妨害
    ②サイトの宣伝にはレビューに装った宣伝行為
    ③日本人階級別けには差別行為
    このようにしっかりと違法行為や宣伝行為、差別表現で報告しました
    また、インチキ占い師のキツネのサイトには、余命氏への名誉毀損である、著作料持ち逃げを銘打ってます
    組織的に動いてますよ、気持ち悪いストーカーですね

  53. 余命ブログさんに何度か取り上げられていたブログ「大和心への回帰」が削除されたようです。

  54. 余命様、スタッフ様、みなさまいつもありがとうございます。
    昨日、ハンドブックが届きました。
    本当に素晴らしい内容ですね。
    ただ、恥ずかしながら、花王文書を読んだ事がなかったので読みながら叫びそうになりました。

    ずっと読み耽りたい本なので持ち歩く事になりますが、どこか公共の場所で忘れてきてしまわないか不安で仕方ありません。なので、あと数冊買って友人にプレゼントしようと画策しております。

    その友人もどこかに忘れてくるかも知れませんが。(笑

  55. 余命三代目老師様、スタッフの皆様、日々の激務お疲れ様です。
    初代様からの読者です。
    余命三年時事日記ハンドブック2冊購入しました。一冊は自宅近くの書店で2週間前に予約、一冊は関東出張中に書店で購入しました。
    内容は正直「これ、活字にされたら、嫌だろうなぁー」ですかね。
    第一弾に比べ、余りに内容が濃い、濃過ぎるので、これが拡散したら暴動が起きるんじゃねーってレベルですね。
    先走って申し訳ございませんが、第三弾が5月発売、内容が今から楽しみです。その前に微力ながら、私も拡散に努めたいと思う次第です。(購入の1冊は友人に渡すつもりです。第一弾は3冊購入して、2冊は別の友人と親族に渡しました。)
    最後ですが、老師様、スタッフ一同様、御身体を御自愛下さい。
    駄文失礼しました。

  56. 出版物へのアクセスについて

    kindleはコンテンツに対してのアクセス権の販売であり、このアクセス権は転売できません。不要になっても所有者が移転しません。使い捨てです。この観点からみると、kindleの価格は割高と感じますので、自分は書籍を買うときはできるだけkindleで買わないで印刷物を買うようにしています。他の電子書籍もkindleと類似の売買契約と想像します。ただし、電子書籍には読みたい時にすぐ手に入るという利点がありますので、我慢できないときには電子書籍を購入します。また、印刷物の所有には物理的空間に限界があります。電子書籍はこの物理的空間の問題を解決してくれるという利点もあります。

    一方、自分は一度読んだ本を再読することがめったにないことに気付きました。本を所有している意味を疑ってみると、国会図書館をはじめ多くの書籍が国公立図書館に蔵書され、理論的には全ての出版物が閲覧可能な状態にあることに気付き、自己蔵書することをやめました。購入して読んだ本は可及的速やかに転売ないしは紙リサイクルすることにしました。私の解釈では、国会図書館法第二十五条等により、電子書籍を含むすべての出版物は国会図書館に蔵書されることになります。この点がとても重要だと思います。書籍として一旦魚拓を取ることで、国家としてアーカイブすることになっているわけです。そして国民はそれらにアクセスできる。国会図書館は大切にすべき国民の大きな財産だと思います。「國體の本義」など、著作権が失効したものは画像として無料でダウンロードもできます。これはBritish Libraryなども同様です。ただし、実際の利用に関して多くの場合は、首都圏に居住していても、交通費、時間、厳格な著作権料、複写サービス費用など、安価ではありません。

    これを補完するための地方公共団体の運営する公立図書館は図書館法で定義され、第七条の二により運営基準は文部科学大臣が定めることになっています。御ブログでTsutaya図書館が問題視されていますが、誰が実務を担当しようと運営主体が地方自治体であるならば図書館法に支配されますので、第七条の三と四に基づいて地方自治体に要請すると同時に、文科大臣に問題点を提起するという方法もあると感じます。なお、自分の居住地では公立図書館が正常に機能し、電話でも細かい相談に乗ってくれ、低コストで自分にとってはとても役立っています。

    公立図書館は購入依頼も一応受け付けます。約束するものではないそうです。寄贈もできます。これも蔵書することを約束するものではないそうです。紙のリサイクルの代わりに利用されても処理能力に限界があるので理解できます。自分の経験ですと、蔵書がないのを確認してある書籍を寄贈しましたが、蔵書が確認されたのは半年後でした。遅いですが、着実に業務をこなしているのかなという印象を持っています。

  57. いつも拝見させて頂いております。
    未だに調印の目処が立たぬ慰安婦合意ですが、別の角度から質問があります。それは「株価」です。
    東京株式市場は年末から暴落を続いています。そう、ちょうど合意があった時期からです。
    株安について原油安やら中国経済やら言われてますが年末までは持ちこたえてた訳です。
    なぜ慰安婦合意の時期から日本株が下がったのか?余命様は「無関係」と思われるでしょうし、それは正論です。しかし、現代の株式市場は「不安や安心感」で実体と無関係に動くのです。
    この場合はアメリカ政府が絶賛しようと内外が「韓国に折れた日本」に不安を感じたと言う事になります。
    件の合意ですが、参院選後とかに出来なかったのでしょうか?日韓とも選挙は圧勝でしょうし(両方とも野党が弱い)、より良い形に持っていけたと思うのです。

  58. 伏見なんたらが、Amazonへの攻撃を行う様子です。
    販売中止になったらと、不安に感じています。
    言ってることやってることが朝鮮人そのもの。
    サイバー攻撃を勧めたり、Amazonへ販売中止するよう脅したり。

    日本人なら気に入らないプログはスルーです。
    いかにも在日が焦っていることと、内容が世間へれわたることを恐れていることからも、ハンドブックが真実であることを告げていますね。
    人脈・予算があればただで配りたいくらいです。

    既にご存知と思いましたが、くれぐれも気をつけていただくようお願いいたします。

  59. 官邸メールは如何成りましたか?
    何か妨害が入ったのでなければ良いのですが!

  60. ハードランディングに備えて、自分の住む地域の在日の動向をチェックできないかと、いろいろ調べています。

    在日朝鮮語ってご存知ですか?
    韓国朝鮮語ではあるのですが、
    半島ではあまり使われてない単語だけど、在日コミュニティではよく使われている語。あるいは、在日コミュニティで作られたフレーズのことです。

    これら、在日朝鮮語と自分の住む地域の地名等を組み合わせて、google検索すると、彼らのブログや、フェイスブックサイトがひっかかり、彼らの動向を知ることができます。

    在日朝鮮語のいくつかを紹介いたします。
    トンム
    モイム
    チョチョン
    アニャシミカ
    コマッスムニダ
    ウリハッキョ

    上記単語と県名、市町村名を組み合わせて、是非google検索してみてください。
    例:” トンム  新潟 ”  で検索。

    検索後に得られる情報は、彼らが表立って公表しているものですので、裏でやってるヤバい情報まではつかめません。しかし、チュチェ思想(?)の勉強会を開催したブログ記事とか、ミサイル発射の北発表の言い分を乗せたブログ記事とか、各サイトに掲載されている写真のバックに金親子の写真が頻繁に映っているとか、、
    余命日記が警告している通りの、奴らの実態が浮き彫りとなっているはずです。

    ハードランディングに備えてです。
    在日朝鮮語検索で得たことですが、
    彼らが、いつも宴会や飲み会を開く場所は決まって、その地域の最も影響力のある人物が経営している焼肉屋なのではないでしょうか。

    その店に、彼らの人、物、金、情報が集中するはずです。
    その店に子女を近寄らせない。男子は何らかの形で、その店にまつわるあらゆる情報を収集する。

    今、僕たちにできる行動の1つではないでしょうか!

    1. 貴重な情報ありがとうございます!
      早々、地元でググってみたところ、
      こんなにも多くの在日が自宅近郊で飲み会、バーベキュー等で集まり、情報交換をしていたのかと驚愕してしまいました。
      まだ数件しか読んでませんが、朝鮮学校 の同窓会に参加したブログなどおもしろいものがhitしました。
      朝鮮語で書けばいいものを(笑)

      余命さま、これは読者の方に拡散して全国規模でググってもらうべきかと思います。
      ポロっと大事なことをゲロってるかもしれませんよ(笑)

    2. 情報ありがとうございます。
      検索したら…ドンピシャ出て来ました。
      これだけ頻繁に集まって蜂起されたら…ガクブルです。

  61. 余命のみなさまご無沙汰しております。
    司法汚染に関して見解を述べたいと思います。

    ありとあらゆる犯罪に対し時効撤廃を要請します。

    これはわたしの知人ですが、未成年で犯した強盗事件が執行猶予という判決が下されており、あまつさえその犯人は、あたかも犯罪自慢をして吹聴しております。

    これではまるで、司法汚染による便宜が図られたと言わざるを得ません。

    付け足しておくとこの犯人は在日韓国人と日本人のハーフです。

    ここになんらかの作為を感じます。

    日本の刑罰は軽すぎます。

    麻薬汚染、暴行事件に至るまで、韓国系日本人に便宜が図られていたとしか思えません。

    そして韓国人による犯罪に巻き込まれて命を落とした日本人の無念はいいかばかりでしょうか?

    一刻も早く在日韓国人と在日朝鮮人の国外追放を推奨します。

    このままでは真面目に働いている日本人が食い物にされる一方です。
    さらに付け加えるなら、生活保護は日本人限定にするべきであり、
    在留外国人は国籍を置く本国が保護費を支出するべきだと存じます。

    一刻も早く除鮮を遂行しないと日本は手遅れになります。

    そこで箇条書きにしてみます。

    1生活保護は日本人限定。

    2在日韓国人、在日朝鮮人、その他の在留外国人は一旦国外追放にするべきです。

    3そして民団や総連を相手に案件を抱えてる人々には援助を差し伸べるべきです。

    4朝鮮製品の輸入禁止と不買を並行して行うべきです。

    5背乗りを防ぐため国民全員に諮問捺印と、DNA鑑定を義務付ける事を提唱します。

    6企業や省庁に置かれましては、職員、警察官、自衛官、海上保安庁に至るまで国籍条項を記載するべきです。

    以上お目汚しと存じますが官邸メールの参考にして頂けると幸いに存じます。

    最後にわたしは生まれ育った日本を守りたいと考えています。
    その為なら命を懸けても悔いはありません。

    秋津島

  62. 余命爺様、プロジェクトの皆様、青林堂様、ハンドブック発売おめでとうございます。
    前回の余命本よりも読みやすく、また、取り上げて欲しかった事案の具体的に掘り下げた説明がなされていて、自分達が今どういう状況で何と戦っているのか、今一度確認する上でも非常に理解しやすく整理されており、とても大きな助けになります。
    正しく対韓国、対在日参考書として何度も読み返すものとなるでしょうが、やはりトドメの決意をもたらすのは、「あとがき」にもってこられた李明博の「天皇陛下侮辱発言」と「日本征服宣言」です。
    余命プロジェクトチーム、安倍総理、読者皆様始め、我々日本人が必ず日本を日本人の手に取り戻すことを強く決意させてくれます。
    改めまして、ハンドブック発売ありがとうございました。
    今回も親、兄妹、友人&父にプレゼントします。 TMTM

  63. 私も余命三年時事日記ハンドブックを購入いたしました。
    ブログを拝見していますと、今年中に一般人にも、目に見えてわかる何かが起こるような気がしています。
    期待せずにはいられません。
    日本を取り戻した後にも、また再び朝鮮人に日本が付け入られないよう、彼らの卑怯さ薄汚さ付け入る手口等を後世の人達に、周知徹底して知らせて行く教育システムが必要ではと感じてます。
    では今後も有益な情報を楽しみにお待ちしております。

  64. 2016/03/16/2:53am
    >自衛権の行使(追加)
    2(1)竹島
    国家安全保障戦略(2013/12/17)において、竹島の領有権問題について、「粘り強く外交努力をし続ける」としながらも「紛争」としているため、自衛権の行使が可能ともいえるかと思います(この場合は、国家安全保障戦略の修正は不要)。

  65. 近所の本屋さんにまとめて予約してあった「余命三年時事日記ハンドブック」を取りに行きました。
    まとめ買いは拡散ツールの確保でもありますが、余命チームの次の目的の為のカンパの意味もあります。
    入口の一番目立つ場所ではないですが、あるべき場所に「余命三年時事日記」と並んで平積みにされていて、確実に状況が変化していると実感しました。
    「勝ちが勝ちを呼ぶサイクル」に入りつつあるのではないでしょうか。
    私個人としては「少しでも早く少しでも多く日本を取り戻したい。」気持もあり、ハードランディングは期待も覚悟もしています。
    しかし、少しでも犠牲を少なくする為にソフトランディングを目指す事も大切だとも思っています。
    現在の私の第一活動目標を、少しでも犠牲を少なく「日本をとり戻す。」為に、先ず少しでも多くの「お花畑層」が自民党に投票する様にし、(今回は)安倍首相率いる自民党が選挙に圧勝するお手伝いをする事に絞りました。
    最近、医療の世界でも「行動変容」という言葉を聞きます。
    医療ではより真剣に病気に向き合い、節制・服薬の遵守やリハビリへの積極的参加などの行動パターンを自主変更する事を言います。
    経験では「その人が共感実感して感情を動かす。」事が大切だと思っています。
    病気の説明でも、理解して貰う為に必要なら、「自分の家族の場合はこうしました。」とか、「自分の家族だったらこうします。」という説明をする場合もあります。
    又、過不足のない量の情報量で説明する事も大切だと思います。
    病気の説明でも、その人の理解度を考えながら、これ以上は逆効果だと思ったら説明を切り上げますし、必要だと思えば最先端の実験的治療の話もします。
    患者さんが希望する治療が良くないと思えば、その治療の統計資料や実際での悲惨な結末などのネガティブキャンペーンの様な話もします。
    その人のバックグラウンドや趣味なども知っていると説得し易いと思います。
    そこで、特に精神科医師・心理学専門家・企業マーケッティング担当者・営業マンなど「行動変容」の専門家に質問です。
    「選挙で自民党候補さらに愛国自民党候補に投票する。」に焦点を絞って「行動変容」を起こす為には、どうすれば戦術的技術的に効果的だと思いますか?
    総論各論、理論経験則など、どんな事でも結構です。
    感情を動かすには、帰納法(個別の事実の観察から結論を推論する)と演繹法(大前提の論理から結論を推論する)のどちらも必要だと思っています。
    初心者であれば、先ず小さい身の回りの事からの帰納法的積み上げで説得する事が効果的だと思っていますが。
    野党の否定(ネガティブキャンペーン?)は、一般的にはどの程度の割合でどの程度の詳しさで入れるのが効果的でしょうか。
    「余命三年時事日記」「余命三年時事日記ハンドブック」の両方の内容からその人が感情を動かしそうな内容をピックアップして説明するつもりです。
    自民党の良い所を説明します。いろいろな政治的方向の小政党とも言える複数の集団を抱える連合体であり、清濁併せ呑むとも言える小国会であると説明します。改憲が党是である事は必要に応じて順次説明します。
    効果的だと思えば野党の黒歴史だけに絞って説明するつもりです。
    「一番きれい事を言う人間と団体が実は一番卑怯で汚い事をしている。」事を説明し、その代表が名前を変えた民進党や大阪維新の会や共産党を含む売国政党である事を説明します。
    マスメディア・日弁連もグルであり、その後ろに在日韓国朝鮮人がいる事は売国野党が危険と言う事を説明するのに必要だったら順次説明します。
    この前にもお願いしましたが、「お花畑層」の感情を動かし投票行動に結びつきそうな実例のコメントを再度お願いします。
    最新の情報です。
    「外来処方箋を商品名でなく成分名にすると加算(収入)が付く様になる。」との事で、どんどん後発品(ジェネリック)を使わせる事を誘導しようという厚生労働省の政策です。
    厚生労働省の後ろで反日在日組織がそれを操っている事を理解して貰うのは、相手が医療関係者でもなかなか困難です。
    親族の病院勤めの医師に後発医薬品にはそれも安い製品ほど韓国や中国の原料が使われている事を説明したら、「本当ですか?日本のメーカーの薬もですか?それは大変だ。でもそんな事を会議で言ったら叩かれそうだな。」と言っていましたが、それ以上の説明をする時間がありませんでした。
    「情報と情報発信者の信用度」も大切だと思います。
    私は「余命ブログ」が特殊な情報を出しそれが現実化する事を時間をかけて見て来て、自分の判断として信用できると結論しました。
    医学学術論文も知らない人が発表した時に信用度を推測する一般的な指標が複数ありますし、自分なりに論文の信用度を推測する方法論は持っています。
    私は活字いなっているだけでは信用しませんが、初心者に内容を説明する時に本になっているのは一段信用度が上がると思います。
    私をある程度信用して下さっている人にはその信用度に応じて「投票行動変容」を起こす事もできるのではと思っています。
    アドバイスをお願いします。

  66. 選挙が近くなり、安保法案に戦争法案という間違ったレッテルを貼って廃止しようという活動が野党に見られます。日本人なりすましの在日(日本国籍はないので政治活動は違憲)も、この活動に含まれているので、この場合、韓国の例にをあげて反論するのがよいかなと考える次第です。

    韓国は軍隊を有する徴兵制の国で、米韓同盟を締結し、韓国に憲法9条はないが、だからと言って米国に従っていたる所で戦争をする事態になっていないではないか!軍隊を持つ韓国が米国と一緒に戦争をしていないのに、日本だけがいたる所で戦争をする国になると、法案憎しの嘘を言うな!と反論するのが有効に思います。

  67. 本日、2件目です。
    私は自分の責任で余命ブログの信用度を判断し、余命ブログを自分のブレインとして自分の目的を達する為に主体的に行動しているというつもりでいます。
    他のブログが出さない情報を出して、それが次々に実現するのを目の当たりにして、現在は自主的に余命ブログの指揮・依頼に応じているつもりです。
    命令系統での指揮下にいる訳ではありません。
    1件目にも書きましたが、医学論文でも信用度を推測する指標は複数ありますし、それを応用して医学論文以外の記事の信用度を確認する判断力を持っているつもりです。
    余命ブログへの信用度も、日々その判断を更新しているつもりです。
    以前は手当たり次第に保守系ブログを覗いていましたが、時間効率が悪いし、現在は余命ブログをキーワードに余命関連ブログを比較しながら見ています。
    一番信用できる人を通すと非常に情報が分かり易くなります。
    例えば、私も医学関連の本を買いたい人がいれば、特に自分の専門分野なら、そのお金を最大限有効に使う様に本を選ぶアドバイスができる自信があります。
    専門外の本ならその専門医を紹介しますし、食事の本なら栄養士さんを紹介できます。
    「余命三年時事日記」をキーワードに関連ブログに展開すれば、変な方向に行き始めたブログあっても、それを信用するようなミスはあり得ません。
    ただ、初心者が余命ブログを信用するまで時間がかかる様になったと思うので、妨害ブログは最初からそれが目的だったのだろうと思います。
    余命ブログ関連のキーブログを主催している方々が自分の判断で丁寧に妨害ブログに反論していらっしゃるのは、大変で鬱陶しいでしょうけど初心者対策として必要だろうと思います。
    余命ブログで実現していないのが核武装だけだというなら、それが「日本をとり戻す。」為に必要なら、積極的に安倍首相の背中を押す事が必要だと思います。
    アメリカとの関係で射程距離が制限されるでしょうが、核武装を実現して日本の自主的な生存権を確立するべきだと思っています。
    私は「日本の生存権をとり戻す。」には、軍事的に核武装と先制攻撃権と、集団的自衛権で有利な同盟関係を結ぶ事が必要だと思っています。
    武道に「後の先」という言葉があります。
    相手が攻撃して来る直前に自分から攻撃をする事を意味します。
    これなら専守防衛とも矛盾しませんし、考え方一つだと思います。
    そのバランスからしか極東の軍縮はないとも思っています。
    横綱相撲の様に攻撃を受けてからというなら横綱のような軍事力が必要だと思います。
    そもそも、核兵器を持っている相手には核兵器なしには成り立たないと思います。
    通常兵器では相手の5倍以上?でしょうか。
    しかし、それは経済的にはかなり大変な事だと思います。
    私たちの具体的なメール作戦という応援で、安倍首相には是非気持を引き締め直して実行して欲しいと思います。
    私たちが世論のハードルを下げる努力も必要だろうと思います。
    政策を実現しているのは私たちであるという自覚と誇りを持つ事が大切だと思います。

  68. 『余命三年時事日記』及び『余命三年時事日記ハンドブック』書店にて購入出来ました。埼玉県川越市の紀伊国屋書店、2階の奥まった国内関連のコーナーでしたが、双方平積みで陳列されておりました。ご報告まで。ちなみに、はすみとしこ氏の『そうだ難民しよう』も同様に平積みで陳列されておりました。

  69. 余命様のサイトを毎日拝見し、ささやかでも日本のために力になりたいと思う毎日です。
    日本の国体を破壊しようとした元凶が、小泉構造改革であり、小泉元首相の行動の原点がどこにあるかの
    参考にと、某サイトにリンクを貼ったことが大変な騒動になったことを、深くお詫び申し上げます。
    しかし、問題のサイトが、初期の頃からは内容が過激な表現になっていたので違和感を感じておりましたが、
    保守のサイトの一つだと思っておりましたが、はからずも今回のことで偽装保守サイトであることが明らかになったように思います。
    いままで在日の成りすまし日本人が、一見保守風のブログを立ち上げ、保守陣営に潜り込んでいましたが
    いよいよ足下に火がついてきて、冷静で居られなくなって、火病を発症しているのでしょうか?

    日本人は、在日のように、どんなに憎い相手に対する相手にも、自己抑制をきかした冷静な口調で反論しますが
    余命様を攻撃している成りすまし日本人と思われるブログでは、聞くに耐えないような下劣な発言、
    その節操のなさは日本人とはとうてい思えません。

    余命様のブログや出版を阻止するまでは、陰湿な目に見えない方法で妨害工作に全力を挙げてきたのでしょうが、それが不可能となった今は、戦後日本人を殺害、強姦、しまくった朝鮮人の本性を現し、露骨な攻撃に切り替えてきたのではと感じております。
    彼らのシミュレーションゲームからは、ハードランディングが如何に日本人にとって、不利であるかを強調しておりますが、
    そのことはとりもなおさず、ハードランディングが彼らにとって一挙殲滅される最悪のシナリオである恐怖の裏返しなのではないでしょうか?
    彼らの言動を注意深く観察して誰が似非日本人かを見分け、彼らの分断工作に乗らずに彼らから日本を取り戻すまで、戦い続ける覚悟です。

  70. 読まれましたら破棄してくださいませ。

    余命爺様方の無事を強く強く願っております。
    安倍首相のように死んだふりで策を練っていらっしゃるならなによりですが心配が尽きません。

    どうぞご自愛くださいませ。
    更新お待ちしております

  71. どうも、爺様皆様、ドサンピンであります。 事務所移転誠にご苦労様です。

    事務所移転の関係でお忙しいと存じますが、余命官邸メールに、大至急、下記の項目を追加願います。
    ハゲ添の糞野郎が、また余計な真似をやらかしました。
    全く、このハゲ都知事といい、有田ハゲフといい、こいつらは最低最悪の薄毛コンビですな。
    ほかの髪の薄い皆さんに対してのこの上なき風評被害になるからとっととご退場願おうぞ。

    余命官邸メール:

    「舛添要一東京都知事が表明した、新宿区にある都有地を韓国政府に貸し出す方針について」

    現在我が国は、韓国政府によって竹島を武力により不法占拠されている状態が目下続いている。
    舛添都知事が今月16日に打ち出した、新宿区の都有地を韓国政府に貸し出す方針は、
    我が国に邪悪な牙を向ける敵国にむざむざ塩を送るのと同義であり、愚劣極まる暴挙にほかならぬ。
    血税は我が国の民に最優先で使うべきであり、敵国の懐を肥やすために使うべきものではない。
    不幸な自然災害などによる生存危機を及ぼす可能性がある場合以外に、
    日本国民以外の外国人に対して血税をばら撒く行為は知事という職権の乱用であり、これは背任に該当する。
    在米韓国人女性が昭和天皇の生首加工画像などという無神経極まりない皇室侮辱画像をツイッター上に流した事件を境に
    我々日本国民が怒り狂っている事実を、どうやらこの無能知事はご存じない様子だ。
    よって刑法第247条背任罪、ならびに刑法第87条外患援助罪に該当する。
    敵国に対して「恩返しでやる」と公言しているわけだから、日本を貶める売国奴のスパイであることは火を見るより明らかである。
    即刻、刑事告訴等の対処を要求する。

  72. 追記)
    21日(月)夜の時点では、5ページ目になっていました!!
    今日22日(火)朝の時点では3ページ目に戻っていました。

    朝日新聞の朝鮮高校への補助停止反対の社説。
    「いちからわかる! 緊急事態条項」の記事等。
    相手が追い詰められているのが分かります。

    余談ですが、コンビニは産経新聞を置いてないようです。

  73.  余命様皆様こんにちは。

     事務所移転されたんですね、作業お疲れ様でした。
    ここ数日、余命記事の更新がなかったせいなのか(笑)、保守速報などでサヨクが情報飢餓で暴れまくってたように見えました。保守の側としては、もう流れは決まっているのだからドンと構えて、こつこつ通報しつつ推移を見守る感じなので、余計に目立ちます。

     杉田女史が国連で、慰安婦やライダイハンについて言及されている記事や竹島に関する記述の教科書問題の記事で、特に荒らしがひどかったように思われますが、どんな背景の連中がやってるのか一目瞭然ですね。

     国連での会場ブッキング→警察に通報するぞ騒動及び、会議後の金髪美人による、帰り道で杉田氏が赤い服でレイプされたら慰安婦事件など、国連なんて組織がいかにヤクザなのか、改めてよくわかりました、まさかここまでとはな・・・と。

  74. ハードランディングが巷間話題になってきているためか、
    「ハードランディング不可能論」が出てきていますね。
    Xデー、外出禁止、報道規制とギリギリまで擦り寄ってきて、
    そのうえで「マスコミを沈黙させる方法が見つからない」
    「ハードランディングは国民の負担が大きすぎる」
    だから「不可能である」って。
    国が乗っ取られることを思えば、国民の負担など知れたもの。
    だいいち、マスコミについては、
    余命様がはっきりと「殲滅」と書かれていますよね(笑)。
    一番都合の悪いところだけ無視するのだな。
    「ハードランディングは悲惨なことになる」
    「残酷なことになる」というイメージを広め、
    心優しい日本人をためらわせるような工作が、
    この先、さかんになる予感がしますね。

  75. 少々気になることがあってコメントしました。
    むかし余命サイト遮断時にWordpressを勧めたものです。

    >最近は開いたとたんにパソコン画面がフリーズする貼り付けが頻繁に仕掛けられている。またおかしなサイトに誘導されたりする。二次的な誘導もある。

    URLについては、非常に危険です。PCをのっとるくらいは仕掛けられている可能性があります。
    「あちらの勢力」にはそのくらいのものなら作れるエンジニアも多く、性善説に頼るのはマズいと感じています。

    基本的には、Macfeeなどでも良いので、踏む前に危険なサイトかどうか見分けるソフトを必ずインストールしてください。間違っても「あちら」が関わっていそうなソフトはできるだけ排除してください。
    また、そのURLを一度google検索にしかけて問題がないか確認してください。検索にひっかからないURLはそもそも危険である可能性があります。

    ぜひセキュリティにはお気を付けください。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト