余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2018-04-20 07:27
2468 お知らせ(0)
引用元のソース

                                   お知らせ
                                       
 ご心配をおかけしている。いろいろと調べて状況が明らかになってきたが、この事件はどうやら在日や反日勢力の関与は一部で、実態は反余命グループ数名の犯行のようだ。
 在日関連運営サイトでは、相変わらず、余命を巷間にだすディメリットを意識しているようで、余命や余命三年時事日記が禁止ワードとなっている。
 (余命情報=金)という恐喝事件がはっきりとしてきたので、近々、民事と刑事の両方で法的措置をとることになろう。
 スタッフの安全については警察のパトロール強化という対応となっている。
 黒子の余命の正体の暴露を、ゆすり、恐喝のネタにしているようだが、すでに余命の黒子としての役割は終わっているし、まあ、少なくとも保守という関係では国会議員をはじめとして、ほとんど知らない人はいないから、こんな形で余命を自由にさせる意味がない。
 一方で、在日特権をはじめとして、反日勢力との戦いでは、根こそぎ駆逐をめざしている日本再生活動であり、金銭的影響だけでも数千億~兆をはるかにこえるレベルであるから、その活動をあからさまに妨害する行為はまさに彼らの自爆につながる。
 いずれにしても日本再生が加速することはあっても減速することはない。
 そういうことなので、本日から書籍発送やコメントへの応答その他通常業務に戻る。
しばらくはスタッフの安全を優先するのでいろいろとご迷惑をおかけすることがあるかと思うが、そういう事情なのでお許しいただきたい。

 

秘書室メッセージ
余命三年時事日記は、有事前提の日本再生実行ブログです。ブログ開始から現在まで、隠微されてきた情報の開示と拡散を行ない、外患罪告発を手段として有事における標的のマーキングを支援してまいりました。

 過去ログには、「告発は余命の担当となる」という表現が何度か見られます。これは、婉曲に日本におけるインテリジェンスの存在を示唆しているものと解釈できます。余命ブログは情報戦の最前線でもあります。当然、敵方は情報収集のために余命ブログを監視しています。その比率はわかりませんが、サイドバーのアンケートを見れば、日本再生を望まない方も読者になっていることは明白です。情報撹乱もいたるところに存在しています。

 最前線の情報戦には危険が伴うことは承知しています。そのリスクを甘んじて受け、日本再生のために全てを注いでいます。個人の生活や人生は最早二の次であり、日本人が誇りを持ち安心して生きられる国を守ることが第一優先です。とにもかくにも一括処理を実現すること。睡眠時間を削っての活動を妨害することは、一括処理を邪魔することであり、誰がそれを歓迎するかは火を見るより明らかです。

 現在余命は全力で訴訟当事者の支援を行っています。資格を持つ方が意志さえあれば訴訟に参加できるように万全の環境を整えています。しかしながら、意志はご本人のものであり、それは余命の支援で動くものではありません。戦闘ブログの現状報告は常に流動的な要素を含んでいるため、複数準備している別の手段への切り替えも常に考えています。

 なぜ、外患誘致罪の告発が必要だったのか。なぜ、返戻されても受理に向けての運動を行わないのか。読者の皆様には疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。なぜその手段がとられたのか、機が熟したらそれは明らかにされるでしょう。
 ヒントは「枝葉末節にこだわらず、元から断つ」という余命の言葉にあります。

 日本の社会には内憂と呼ぶべき様々な問題が存在しています。それは突き詰めれば予算配分の問題に帰結します。約10兆円の男女共同参画予算はその最たるものでしょう。男女共同参画には、人権擁護が含まれます。内憂を辿っていくと、外患に辿り着いてしまうケースが非常に多くみられます。外国人のフリーライドによる国保の崩壊も、民主党政権で小宮山厚生労働大臣が発出した省令が根本原因です。内憂の裏には外患があります。

 日本の社会問題を解決するためには、外患を取り除くことが最重要なのです。「化石」と看做されている外患誘致罪を広く周知徹底し、国の存立を守るために外患を意識することが日本再生への早道と言えます。

 日本再生への意志が大きくなれば、事態は動く。余命が信じる日本人の民度がそこにあります。余命ブログの読者コメントやさまざまなメッセージから伝わる「日本再生への意志」が、余命の原動力となっています。

 余命はひとつでも早めに結果を出すことに集中していますが、真の結果は一括処理の実現しかないと考えます。これまでに全員一丸となって撒いてきた日本再生の種が、時を得て開花し大きく結実することが答えです。外的要因、人員資金、時の運、すべてが揃った時にそれは実現するものと考えております。今年中には何かが形になるであろう。そのように感じております。
 読者の皆様には日頃の厚いご支援に深く感謝申し上げます。これからも全員ひた押しで日本再生のその時まで、ともに頑張ってまいりましょう!

 

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト