余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-03-27 02:30 最新コメント:2016-03-28 04:26
538 ハンドブック③(18)
引用元のソース

Kinoshita Mikio
ハンドブック購入できました。
 先日、藤沢のホームセンター、コーナン内の文教堂にて、平置き6冊置いてありました。
5冊購入いたしました。隣には、余命本1冊並んでおりました。うれしく感じました。
 少しずつ日が伸び、暖かくなってまいりました。
 4月以降、ますます注意が必要かと思いますが、日本のため、家族のため、自分のため、友人のため、出来ることはする覚悟はできております。
日本を、取り戻そう!
まずは、購入状況のご報告まで。

山猫
こつる様
スマホやタブレットがなくても、普通のパソコンでも電子書籍は読めるようです。
amazonで、「kindle for pc」と検索してみてください。
ただ、私は実際に使ったことはないので、導入はおのおの自己責任でお願いいたします。

くくり
余命様
いつもありがとうございます。
はじめてコメントいたします。
「余命三年時事日記」のKindle版がでるのですね。
 先日、大病院で会計待ちの間、待合いロビーの図書コーナーにうっかり余命本を置き忘れてきてしまったものですからKindle版がでるのは大変有難いです。
うっかりも甚だしいですがなにしろ「余命三年」ですから・・・
 ハンドブックもAmazonから届き拝読しているところです。
こちらも追って自分用にはKindle版を購入いたします。
 今日はご高齢の共産党員の方々が駅前で活動なさっていました。
こんな小さな駅にまで・・と恐ろしくなりました。
その声の波動があまりにも耳障りでしたのでずいぶんと気が滅入りました。

日本人
余命様
ハンドブック3時間で読破しました。
 前著「余命三年時事日記」と並び、まさに日本人覚醒の必読本ですね。お忙しいと思いますが、貴下及びスタッフの方々は、今や日本国のオピニオンリーダーである事を自認し、日本、そして真に日本を愛する人々の司令塔として、「官邸メール」「通報」など、従来行って来た効果的なアクションのご教授を今後も賜りたいと思っております。
 参院選挙前には、余命様著の「余命三年時事日記」「余命三年時事日記ハンドブック」、そして当ブログでご紹介頂いた「井上太郎最前線日記」「コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾」、さらには村田春樹氏著の「日本乗っ取りはまず地方から」を国民の皆さまにはぜひ読んで頂きたいと思っています。これらも在日・左翼・共産党など、日本乗っ取りを目論む反日勢力の実態と目論みが暴かれている日本国民覚醒の必読書と思いますので。
「日本乗っ取りはまず地方から」は参院・衆議院選だけでなく、地方議会の選挙においても左翼・在日が傀儡候補を支援し、条例によって市、自治体単位の法的支配を目論む現在進行形の謀略が書かれています。
 この度発刊されたハンドブックで特筆すべきと思ったのは、選挙前に候補者の出自が公開されず隠匿されていること、公然と出自詐称が行われている点です。これでは偽装帰化した反日国家のエージェントが行政府の中枢に入り込んでしまうではないですか!
 出自と言うと連中は「差別」を持ち出して来るでしょうが、差別の定義とは「肌の色などの外見や、偏見により、特定人物・集団に対して不当な行為・人権を踏みにじる行為」のことを言うのでは?
 過去には暴力による特権の獲得、日本人に対する殺人やレイプを重ねたテロ行為、国家転覆を共産党と共に行ったクーデター未遂、現在は政治・教育・司法機関への間接的な浸透を行い、日本国民の支配を企んでいる事など、テロ・犯罪実績の多々ある在日朝鮮人に声を上げることは「差別」ではなく「敵対国家に所属・また忠誠を誓う民族に対し、日本国への間接侵略による国家乗っ取り、及び日本民族に対する奴隷的支配を阻止する行動」ですよね?
 これまでネットや書籍、新聞記事で公開された事実、エビデンスを無視して「差別」というのは言語の虚のすり替えです。
「敵性民族による日本乗っ取りへのカウンター」の表現が正当ではないでしょうか?
 選挙の際の裁判官の信任も、まったく事前情報がないのは異常です。
 企業でさえ履歴書、職務経歴書で社員の採用を決め、虚偽申告が発覚したらクビになるのに、国家の命運を左右する議員・知事・裁判官のプロフィールや出自が事前に情報公開されていないのは、何の為の選挙なのか?選考基準のない博打をやっているのと同じではないですか?
SEXや何を食べたかはプライバシーですが(メディアはこっちの方は細かく報道しますね)、肝心な政治家の活動・実績、思想、国民生活に与えた影響などはネットの一部でしか公開されておらず、異常です!
 余命様、以上の事から、以下を提案させて頂きたく思います。
・選挙の際には議員・知事・裁判官の思想・信念、これまでの経歴・実績(議員なら通した、または賛成した法案など)や裁判官ならこれまで関わった裁判の判決結果、判断結果全て)、各出自(家庭内教育の影響がありますから当然三親等まで開示)、在籍団体・支援団体・交流団体の公示、などのプロフィール、履歴書などを、選挙権を持つ者に事前にネットで公開する。
※国家運営を託されている公人にプライバシーはありませんよ?
 性生活や食生活を除いて(常軌を逸した豪遊などは論外ですが)
・上記の項目に虚偽申告や、国家に悪影響をもたらす事柄をあえて事前公開せずに当選した場合は議員・裁判官の職を即刻辞職する
・議員・知事・裁判官が日本国家・国民への忠誠を誓い、公務に於いて外患誘致、日本国民の財産・権利、国益に重大な損失を与えた場合は即刻罷免する(特に外患誘致に相当する行為を行った者は憲法に従い、逮捕・裁判後、速やかに処刑する)
※この場合抵抗勢力となる日弁連も、憲法条文の外患誘致罪に相当する明らかな弁護を行った場合、新弁護士会員を選任した裁判を経て速やかに担当者を処刑する(日弁連会長の使用者責任も考慮)
・帰化人も、反日国家、組織、ネットワークと与し、日本国民・国家の利益を損なった場合、帰化を取り消し、即刻国籍を剥奪する。
 まだまだありますが、今回はハンドブックの感想、そこから得た日本再生のための私なりの意見を述べるつもりでしたので、この辺にしておきます(笑い)。
 もちろん、余命本第三弾、是非購入しますので。

.....このように法的提言をしている投稿であっても、なりすまし連中は部分部分を取り上げて危険サイトと吹聴するのである。場合によっては部分的にカットすることがあるかもしれないが、ご容赦願いたい。

まるこ
余命様
Kindle版、購入しました。
この誰にでもわかりやすい本を
英語はもちろん、複数の言語に翻訳して頂きたい。
世界中の人に真実を知ってもらいたい。
そして国連の汚鮮されているスタッフに送りつけたいです。

.....翻訳はまだ問題がある。外国への贈書は今回は100冊である。

お遍路
余命爺様、一つ下らないかもしれませんか提案があります。
時事日記のサイト及び書籍のタイトルや抜粋記事のキャプチャーをyoutubeにUPです。
余命さんの方でキャプチャーしてもいいものを用意していただくか、指定していただければ、それをキャプチャーして土曜日などにyoutubeにUPしたいと考えてますがどうでしょうか?

.....余命ブログはフリーだから内容が誤解されたり、改ざんというようなことがなければ別にどういう編集をしても問題はない。現実にそういうサイトはいくつもある。余命よりはるかに読みやすい。(涙)

ma
池袋東武百貨店7階旭屋書店、「余命三年時事日記ハンドブック」平積み6冊ありました。
「余命三年時事日記」は1冊だけささってました。
ご報告でした。

.....ありがとう。こういう投稿が反日勢力にはボディーブローなのだ。

ポーラスター
余命翁 様、プロジェクトの皆様、
いつも有益な情報提供と読者コメントの紹介、ありがとうございます。
 先日、翁様が移転した際に、ブログ更新が無かったので気に掛かっておりましたが、
豆腐おかか様のブログを訪ねましたら、心配無用の読者様とのコメントのやり取りを拝見し、多分ご多忙なのだろうとお待ちしておりました。
 その前の更新が無かった時も、同じように豆腐おかか様のところで不安を払拭できました。フェイル・セーフが機能しているという安心感のようなものを感じております。
 私も数日前に、ハンドブックを書店で購入しました。函館湯の川の文教堂です。
棚に表紙が正面になるように置かれており、5冊のうち1冊を購入致しました。
前著も同書店で購入しましたので、迷わず同じエリアに直行してハンドブックを手にしました。ですが、前著 余命三年間時事日記は見当たりませんでした。
 売り切れかどうか確認しておりませんが、ハンドブックがあったので、入荷待ちだったのかもしれません。
 ハンドブック購入後、お気に入りの喫茶店に直行し、気付いたら3章途中まで読み進んでおりました。ブログから入り前著も読みましたが、私的にはハンドブックが一番読みやすかったと感じております。
 内容的には皆様がコメントされているように、既出の内容が主ですが、巻末の注釈ではなく、下部に関係事案の解説があるので読みやすく、内容がストレートに入ってくる分、インパクトは大きいものでした。
 淡々と事実が記載されているというのに、その事実を知らない日本人が多いという事実は、改めて恐ろしさを感じてしまいます。これは、確かに敵は嫌がり、火病も発症するものと思います。細心の注意を払いつつ、反日の話題の際には、ハンドブックをソースとして戦う所存でございます。
 次作がどのようなスタイルになるのか今から楽しみにしております。
 翁様には、ご自愛いただき、今後ともご教示下さいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 拙文失礼いたしました。

.....1冊残すところが奥ゆかしい。まあ無理をしないでマイペース(笑い)

ルージュ
じつはまだハンドブックを購入しておりません。
だって、前に余命日記を買った書泉グランデ行ってみたら、肝心のモノはあったのですがその真後ろで新聞立ち読みしてる人が・・・
 こんなところで立ち読みできる新聞といえば?「前進」ですよ!「前進」www
 監視対象なんですね。
どうか余命翁をはじめ皆様におかれましては、何よりも身の安全のほどを。
昨日まではお花畑かと思っていた場所は、目覚めてみれば実は戦場。
ここは明らかにボーダレスな超限戦の戦場です。
武士道なぞ通じない輩を相手にしているという自覚を常に保ち各々方油断召されぬよう。

.....セキュリティ対策は二重三重にとっているが、不正アクセスについてはメールで確認できるようにしている。毎日すさまじい量が検出されている。まさに戦場である。

ものいわぬ多数派
余命爺様、余命スタッフ様 こんばんは
 昨年の安部談話や安保法制の成立で、一歩一歩着実に日本本来の姿を取り戻しつつあることを実感していた矢先に、今回の舛添都知事の大暴走。嫌韓燃料多量投下ってとこですね。これで誰の目にも、舛添が都民よりも韓国大事と考えていることが明白になり、次はないでしょうね。
 先週、余命三年時事日記ハンドブックを、新宿の紀伊国屋で2冊購入させていただきました。それもなんとサイン本! 同店では「余命三年時事日記」もハンドブックも店内数カ所で平済み販売してました。対照的なのが、成城の三省堂。店内に置いていないので、店員に問い合わせたところ、予約なら取り寄せるが、店の方針で店頭販売は行わないとのことでした。

.....サイン本は書店のイベント用ということで全国で50冊用意した。配本は承知していないが、関東地区、新宿紀伊國屋書店ということなので、おそらく5冊~10冊程度は配本されていたのかなと思う。しかし販売部数を考えるとまるで宝くじだな。余命のサインなんて柄にもないが、まあ何かの記念にはなるだろう。
 三省堂書店についてはサヨクの牙城のような認識しか持っていなかったのだが、今般は本店を始め何店舗かで扱っているようだ。確実に流れが変わりつつあるな。


余命様、プロジェクトチームの皆様
ハンドブック前書に続いてAmazonランキング連続1位おめでとうございます。そして、感謝申し上げます。
2回目のコメントさせて頂きます。
 前回のコメントでは、年末の日韓慰安婦合意に憤慨しコメントいたしましたが、その後余命三年時事日記ミラーサイト様に号外として採用いただき毎日5万件程度官邸メールされて大変ありがたく感謝しております。
 本日は、地方書店の販売状況の報告です。
 前書は余命様がブログで仰っていたように、第6版が増刷された2月に札幌の3書店(文教堂書店、なには書房、コーチャンフォー)で平積みで10冊ほど販売されておりました。そして、旭川のジュンク堂にも販売されておりましたが、帰宅後オンラインで予約をしてみたところ予約できない状態で、アリバイ作りで在庫有り状態かなとも思いました。
 ジュンク堂は、大日本印刷の子会社ですからおそらく子会社化する前の従業員に在日が相当数いるのではないでしょうか。
 ハンドブックについては、地元のなには書房に発売日の3月17日に行ってみたのですが、大型書店ではないので予約注文でした。ハンドブックは23日に入るということで先日取りに行きましたが、しっかり新刊本の売り場にも置いてありましたし、前書も平積みのポップ付きで置かれておりました。ポップはやはり嬉しいですね。
ハンドブックは一気に読みました。
 前書は初心者用に情報を抑えていたため薄味(済みません・・・笑)でしたが、ハンドブックはとても読みやすく各情報がすんなり理解できるのではないでしょうか。
5月の書籍もとても楽しみにしています。
 最近、発狂している者が散見されていますが、『事実』を集めた余命本にはとうてい敵いません。私も一人でも多くの方へ広めていきたいと思います。
 最後に、身辺には十二分に気をつけていると存じますが、『危機管理』の基本は、最悪の状態を想定して準備対応が必要です。
発狂しているものは怖くはないですが、黙って動きを探っている本当の敵はやはり注意が必要です。(余計なお世話ですみません)

.....ジュンク堂オンラインは統合のため21日からは休止中だね。

剛田たけし
剛田です。
 余命爺様、愛知県西春日井郡豊山町にある旧・名古屋(小牧)空港国際線ターミナルビルを再利用した、モール型ショッピングセンター「エアポートウォーク名古屋内紀伊国屋書店」にて在庫確認です。
 余命三年時事日記:二箇所で陳列、系12冊
 余命三年時事日記ハンドブック:3箇所で陳列、系23冊
ベストセラー2位でした。
一冊目の発売後は0冊だった事を考えると爆発的に増えましたね。
イオン系テナントの未来屋書店は発注可でも、店頭には置いてませんね。
選挙前までに何人の方が覚醒するか楽しみです。
自分も老人会の集会所等にさりげなく置き忘れてこようと思います。

.....ありがとう。イオンに入っている書店はほとんどがダメだね。これはイオンの意向だろう。

すぅ
不思議ですねぇ~
あれほど週刊誌や発信者不詳のツイッターネタ「保育園落ちた、日本Xね」等の低俗なネタで国会追及をしていた野党の先生方が{余命本ネタ}については全くスルーですね。 「こんなに捏造された(我々に不利益になる)事が拡散している現況は如何なものか?」なんて・・・まあ出来るはずもありませんがね(笑)
 情報源の少ない善良な日本人はまだまだ沢山います。
その人たちを一日でも早く覚醒させる為には<与党の先生方が{余命本ネタで}国会質問にて国に確認を促す、あるいは考えを質す>ことをすれば一気に拡散速度が高まると考えます。
 あれだけ怪しいソースの情報で国民が呆れるほど国会質疑を繰り返される野党の先生方からは、<少なくとも情報ソースの観点からは>四の五の言われる筋合いはありませんよね。
 昨晩、余命ハンドブックを一気に読み通しました。
 今回の本は文体にも手を加えられており、初心者の方にも大変読みやすい構成となっています。
 <一人でも多くの日本人の覚醒の為に{与党国会議員の先生による余命本ネタでの国会質疑}を実現いただく日が訪れることを願って止みません>

.....不思議だね。国会議員だけでなく、朝日も毎日もテレビもしばき隊もShieldsも有田も信恵もまったくスルーだね。まあ、扱っている事案が強烈だからな。一例挙げれば、まともに叩きに来てブーメラン食らったら、竹島紛争下では外患誘致罪で告訴があるからな。一発売国奴指定で死刑確定ではみな逃げる。結局、みんな黙って右ならえ!知らんふりが一番だということになる。それだけの話だ。

  1. 余命爺様、プロジェクトチーム皆様、青林堂様、読者皆様、お忙しい中いつもありがとうございます。
    次回余命本は参院選前に発売でしょうから、各政党(又は個人)が何をやったか、或いは仕出かしたか等の情報を少しでも載せられないものでしょうか?
    共産は言わずもがな、民主(現 民進党)がやらかした数々の売国事案(例えば特定秘密保護法は民主が言い出したという事を一般の人は知らないか忘れているとか、破棄された防衛機密3万4000件の内、民主政権時代のごく短い期間に3万件もの大量な秘密が破棄されていたとか、センゴク38で騒がれた中国人船長釈放事件等々)
    また、第一次安倍内閣の退陣する迄の一年間の実績はYouTubeなどで見ることができますが、テレビなどの報道では一切されませんが、短い期間によくもこれだけの事を・・・と民主党とは真逆の感想を持ちます。
    選挙違反や法律違反、名誉毀損などにならない範疇で与党、野党の功罪をまとめて紹介できたら、次回選挙の投票に役立つのではと思います。(勿論、法的に許されるならですが)
    あと、テレビでサラッと報道されたりした韓国、中国ネタ(例えばスポーツによる反日事案は枚挙に暇がないので、2〜3紹介するだけでも一般の方には思い当たる節があるかもしれません)
    これらを少し入れることによって、テレビ、新聞しか知らない方にも余命本が入り易くなるのではと思うのであります。
    素人の浅知恵ですので的はずれ余計なお世話とバッサリ切り捨てて頂いて構いませんm(_ _)m
    最近は読むのが精一杯な程の更新、ありがとうございます。まだまだご無理なさらないよう時折はゆっくりお休みくださいませ。ご自愛ください 。 TMTM

  2. 余命様、スタッフの皆さま
    私めの投稿にコメント頂き、有難うございます。

    現在、舛添知事の韓国人学校設立の件と共に問題になっている、自民党平沢勝栄氏の推進の「特定民族に対するヘイトスピーチ抑制法案」に大変な懸念を抱いております。
    あれだけ国民から反発を喰らい、民主党(現民進党)を売国奴集団と決定づけ、国民から最後通告を突きつけられた人権擁護法案を言葉を変えてまたやろうというのですから。
    やり方はともかく、在特会の桜井氏があれだけ周囲を敵に囲まれた中で、デモや朝鮮学校の公園不正占拠、朝鮮学校に莫大な支援をしている川崎市役所への突撃などを行って在日特権というタブーに切り込み、同時にネット民たちが、朝鮮人らがこれまで暴力で特権を獲得していった経緯—事実に基づいた資料・エビデンス付きの情報を次々投下していって援護し、反日教育で敵性国家を形成している朝鮮民族という特殊集団の戦後の悪行、日本人へのレイプや暴行、脅迫などのヘイトクライム(テロと言った方が適切かも)、そして行政・司法・教育機関への間接侵略による日本乗っ取り計画を暴き、ついには朝鮮人犯罪の温床となっていた通名作り放題・乗りかえ放題という生ポの不正受給やマネーロンダリング込み込みプランを、通名は一つのみ、(結婚など以外の)変更禁止、にまで持って行ったのではないですか?
    そしてこれらの活動なくして2012年末の自民党復活、安倍政権の誕生はなかった。
    特に人権擁護法案は鬼女たちが2012年末の衆院選前にネットで大騒ぎしていた事案です。※迷惑な韓国~というブログに朝鮮男がいかに日本女性をレイプしたがっているか、日本人女性収容所をつくる計画までさらされています。鬼女たちは人権擁護法案の監視人である人権委員が朝鮮人に閉められ、もし日本女性がレイプされて訴えても「差別だ、おまえらの先祖がやって来たことだからこうなったんだ」などと日本女性が朝鮮人から奴隷化されることを恐れたのです。
    これがとどめでした。私が選挙に行って自民党に投票したのは、外国人参政権と人権擁護法案に反対していた唯一の政党が自民党だったからです。
    この時が、朝鮮籍も韓国籍も(二つがつながっていることは仕事柄知っています)朝鮮人自体が、帰化人を含めて日本乗っ取り計画を企む日本人の敵性民族グループである事を国民がはっきり理解し、アクションを起こした節目だったと思います。

    こんな経緯のある法案をまた通そうとしている二階は、今や舛添と並んで国民の敵第一号でしょう。
    そもそも「‟特定の民族”に対するヘイトスピーチ抑止法案」とはどういう意味ですか?
    共産主義者と同盟関係にある在日は自分の都合のいいように言葉を曲解する。
    都合よく曲解した言語が一言でプロパガンダになることを知っているからです。(共産党の歴史をロシア革命から調べれば、これが連中の使い古された手口であることがわかります。党の方針に異議を唱えた者をルヴャンカ刑務所内で拷問し、無力にさせることを‟矯正”と言ったように)
    かつて女子高生の売春が援助交際と言葉を変えたことで流行し、そのあまりの乱れぶりに、「援助交際は売春です」というポスターが公共機関によってあちこちに貼られたとたん、いきなり援助交際は影を潜めました。
    このように連中は自分たち都合よく曲解した一言プロパガンダが大衆への十分なアピールになることを知っている。
    なんで私がこういうことを説明するかというと、恥を忍んで言いますと、大叔父が共産党の幹部であり、毛沢東から直接人民服を送られるほどの大物党員だったからです。
    金銭の問題ではるか昔に大叔父一族とは絶縁し、現在は一切の交流はありませんが、親づてに聞いた「お互い主張があって感情があるのだから、まず理論武装しなければいけない。相手を従わせるには言葉を選ぶことが凄く重要だ」という大叔父の言葉はそのまま共産党の言葉なのでしょう。しかも、彼の党員仲間の多くが朝鮮人だったそうですから、「井上太郎最前線日記」に書かれている左翼・共産党・朝鮮人の関係はは大いに納得できます。
    では、「‟特定の民族”に対するヘイトスピーチ抑止法案」の正確な名称はなんでしょうね?
    正しくは「反日行為を繰り返し、日本侵略を目論む特定民族に対する、ヘイトを含んだ一切の反論を禁止する法案」ではないでしょうか?
    つまり平沢勝栄は70%の日本人が「韓国は信用できない」と答えている現状において、当の韓国籍の人間の為に言論弾圧法案を通す気なのです。

    せっかく余命翁様より知恵を頂いたのですから、思うことあれば官邸メールにて異議申し立てするべきです。
    この国を言論弾圧国家にしたら共産主義国家と同じです。

    長々と書いて済みませんが、舛添氏の越権的売国行為とパチンコ議員の大ボス平沼勝栄だけは許せません!!
    誰かがやるではなく、みんなが行動しましょう!

    長文失礼致しました。

    1.  貴方の大叔父様の言うことはまさにその通りで、力押しだけでは反発を招くばかりなので、ソフトに行く必要がある場面もあります。要は、硬軟をうまく使い分けろってことですね。

  3. 与党議員の皆さんに、これ見よがしに国会で一斉に読んで欲しいんだよねぇ。
    野党が質問してる時、与党が野次らずハンドブックを熟読…

  4. 余命様
    初めてコメントいたします。
    先週金曜日に神保町三省堂本店にて、予約していたハンドブックを購入しました。当初は、新宿紀伊国屋と考えましたが、思い直して三省堂本店に。サービスカウンターの女性に本のタイトルを聞かれ、「余命、、」と言った所で直ぐに棚から出してくれました。
    店内はかなり混み合っていたため、陳列棚は確認せずに近くのカフェへ直行し拝読しました。
    まだ我が子は幼いですが、いつか手渡すつもりです。ちなみに、保育園は確かになかなか入れませんが、日本死ね!とは思いません。都知事○ね!とは、思います。

  5. 余命三年時事日記及び余命三年時事日記ハンドブックは購入済です。さらに地元の図書館に配本いただくようリクエストしております。なお、余命三年時事日記は配本されておりまして貸し出し中が続いております。皆様も自身の購入のほかに地元図書館に配本依頼されては如何でしょうか。

  6. 初代かず先生の頃から読んでますが、今回初めてコメント投稿させていただきます。

    書籍販売状況のご報告です。
    世田谷区経堂駅周辺に文教堂と三省堂がそれぞれあります。文教堂は、平積みで最初の「時事日記」3冊、「ハンドブック」1冊、三省堂の方は、本棚に縦置きで「時事日記」2冊、「ハンドブック」0冊の販売状況でした。

    アマゾン予約購入のものは実家に、自分用にはKindle版購入済みです。これからは、友人へのプレゼント用ですね笑

  7. 書店の販売状況:ジュンク堂書店(大阪、堂島アバンザ)

     先日、上記書店に訪れる機会がありましたが、2階「話題の本」コーナー(笑)にてハンドブックと前著が並んで置かれておりました。ハンドブックが2列で十数冊、前著が1列で数冊置かれていました。通路側の目に付きやすい所にありました。ビジネス書週間ランキング(うろ覚えです)のコーナーにも11位として置かれていました。
     梅田近辺にお住まいで、置き忘れるといけないから紙媒体を探しておられる方は堂島アバンザに行かれてはいかがでしょうか。ハンドブック2冊購入しましたが、まだまだありそうでした。

     あってもわかりにくいところにあるんだろうなぁなどと思っておりましたので、「話題の本」コーナーに置かれているのを見たときは、思わず吹き出しそうでした(笑)。(黒子)

    1. ジュンク堂はフランチャイズが多いので、売れる本を扱わないとフランチャイズが黙ってはいないのですよ。

  8. 余命様…スタッフの皆様、そして読者の皆様お疲れ様でございます。
    私もハンドブックを5冊購入しました。微力ながら自分にもできることがないかと、ハンドブックによる真実の拡散に努めている次第であります。
    さで、購入先の件なのですが、前作の購入が難しかった(発売日より2週間後に到着しましたが…)大手ショッピングサイトの◯◯BOOKs
    で予約でき、発売日の次の日には届きました。
    前作の拡散。余命ブログ。私も含め覚醒した皆様方。すべてにおいての影響力は凄いと感じました。
    前政党時代の長引く不況。そしてあの、東日本大震災…。不安と悲しみで押し潰されるような気持ちで、まるで何も見えない真っ暗な深海の底をさまよっているかのようでした。
    まさに余命ブログは、深海に射し込んだ一筋の光の如く、我々日本人が失いかけていた、勇気と希望を思い出させてくれたとのだと思います。
    そしてまた、皆様方のコメント内容の頼もしさに、希望と勇気、嬉しさを感じたのでした…。
    これからも、微力ですが自分に今出来ることを継続していきます。
    やがてその力が100となり1000となりさらに巨大な力になることを願っております。
    余命様、スタッフの皆様、どうかお身体だけは大切にしてくださいませ。
    いつまでも応援しております。
    失礼いたします。
    信長の血をひく者より

  9. ※先日の投稿に誤りがありましたので、再投稿します。すみません。

    >安保関連(参考)

    官報 平成28年3月25日
    号外67号
    〔政  令〕
    ○我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令(八三) ……… 24

    ○我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律及び国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令(八四) ……… 24

    〔府  令〕
    ○国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律施行規則の一部を改正する内閣府令(内閣府一五) ……… 28

    〔省  令〕
    ○我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律等の施行に伴う防衛省関係省令の整備に関する省令(防衛七) ……… 38

  10. >テロ関連(参考)

    官報 平成28年3月25日
    号外68号
    〔告  示〕
    ○国際連合安全保障理事会決議第千二百六十七号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法第三条第一項の規定に基づき国際テロリストを公告する件(国家公安委八) ……… 24

    ○国際連合安全保障理事会決議第千二百六十七号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法第三条第二項の規定に基づき、公告事項に変更があった公告国際テロリストを公告する件(同九) ……… 26

    ○国際連合安全保障理事会決議に基づく資産凍結等の措置の対象となるタリバーン関係者等を指定する件の一部を改正する件(外務七九) ……… 37

    ○先進主要七箇国(アメリカ合衆国、カナダ、グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国、フランス共和国、ドイツ連邦共和国、イタリア共和国及び日本国)が協調して資産凍結等の措置を実施する対象となるテロリスト等の個人及び団体を定めた件の一部を改正する件(同八〇) ……… 40

  11. 覚醒した、ひよわな長州人。
    自分は、昭和20年代生まれです。余命様のブログを読みながら、日本人に覚醒したなという瞬間がありました。背中に鳥肌が立つような感覚でした。
    その記事は、「アメリカが世界で一番警戒しているのは日本だ」(2012.8.21)です。
    ・・・ここで日本人の国民性が表れる。奴隷支配されるぐらいなら潔く死のう。こんな考えを持つ民族、国民、国家はこの地球上では日本しかない。・・・・「真夏の夜の夢」と、初代余命様は記事を結んでおられます。
    「潔く死のう」これが「大和魂」でしょうか。「大和魂」とは軍国主義・戦争に結びつくものでもなく、「正直」・「律儀」・「家族を守る」正しいこころだと、今は確信しています。
    日本の数十発の核ミサイルが、ご都合主義のアメリカと、嘘はきのロシアに降り注ぐ「真夏の夜の夢」の話が書籍化になればと、密かに期待しています。

  12. 余所様
    前回、初めて投稿させて頂いたのですが、ひょっとしてアドレスの表記が間違ってなかったでしょうか。送信された?…IT環境に慣れていないので訳が分かりません。スマホも使い勝手が悪く、ガラケーに戻し、タブレットで漸う情報を得ている次第です。初回「余命本」は地元「宮脇」の店頭には無く、年末でしたが取り寄せて下さり3冊購入。韓流かぶれの妹と知人、市内に住む従兄弟に日本の現状を知って欲しい旨の一筆を添え贈りました。従兄弟は少なからず知識はあった様ですが、妹からは「いつからこんな事を思いだしたのか。私には難しいから旦那に見せる」と言ってきました。前途多難です。自分用にはネットで受け付けを始めた楽天で購入。今回4冊のハンドブックは楽天での予約購入です。周知徹底に務める所存。
    地方の長閑な城下町ですが、市のホームページで図書館の蔵書を検索したら「余命本」、1冊有りました!〈嬉しかった〉 読者は?…予約者ゼロです。これではハンドブックはどうなるか。自分で借り出さないといけませんねぇ。
    皆様の投稿を見ますと、ご自分でブログ発信されてる方達ばかりに思えます。緊迫した情報の飛び交いに、どれだけ自分が無力で部外者なのかと切なくなったりも致します。団塊世代の一人として出来うる事を為すつもりです。
    貴重なお時間を取らせる事になりまして申し訳ありません。
    失礼致します。

  13. 皆様の店頭での販売状況のコメントを見て、現在の状況について情報を共有できることがとても頼もしくうれしく思い、わたしも報告をさせていただきます。

    余命本第一弾は、昨年12月にコメント欄のzaiko様の情報を頼りに、三省堂池袋本店(池袋西武別館の書籍館)にて2冊購入しました。

    ハンドブックも、一昨日、三省堂池袋本店の3F人文コーナーにて2冊購入いたしました。レジ前に余命本とハンドブックが20冊以上づつ平積みされていました。ハンドブックには手書きの味のあるポップも付けられていて迷わずに見つけることができました。

    契約満了月まで我慢しようかとも考えていましたが、一昨日、yahooBBも解約手続きをしました。解約違約金は癪に障りましたが、気持ちがひとつ晴れやかになりました。

    余命本第三弾も、また地元の三省堂池袋本店にて購入しようと思います。

  14. 浅き夢見氏さまへ
    励ましのコメントです。 
    この余命ブログに共感しているあなたは、部外者でも無力でもないです。これは力説したい。

    周りにもわかってもらいたい。わかります。
    でもそれに依存しては、せつなくなる。
    それもわかります。

    自分を強くするには、自分しかない。
    余命ブログを読み込んで、
    日本の歴史を勉強して、日本人としての誇りを取り戻す。
    そして中国韓国製品を不買して他人事ではなく、自分の生活の中に武器を使わない戦いを取り入れる。
    女性ならではの戦いの仕方だと思います。団結しましょう。
    日本を守るために。あなたもその一員てです。

    しかし、団結すれども他者に依存しない。自分を強くする。これが日本人だと思います。

  15. こつる様へ
    励ましの言葉への感謝

    びっくりしました。私の拙い文章が、余命様のブログ上に!! 
    その上、励ましのコメントまで「おまけ」されているではないですか。これが驚かずになんとしましょう。
    震えました。涙がでました。嬉しかったですよ。「有り難う御座います」
    そうですね、見えなくても連帯しているんですね。この安心は力になります。

    日本は、類い希なすばらしい国です。真実を知るにつけ、日本人である事が誇りに思えました。この歳でですから、ホントは悲しい事ですよね。「頑張ります」

    余命様へ
    慣れない事で、誤字脱字失礼な事多く、恐縮しております。入力にも時間がかかり、苦労しております。…言い訳にもなりませんね。すみません。 取り上げて頂き有り難う御座います。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト