余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-02-14 09:55 最新コメント:2016-02-11 23:25
445 2016年2月9日時事(17)
引用元のソース

現在、未処理の投稿記事が130近くある。官邸メールの案件はとりあえず忙しいものをかたづけてからにするので、もう少しお待ち願いたい。整理はコメントのできるものから取り上げている。

五十六パパ
余命殿への御礼で初コメントいたします。
 川崎発日本浄化デモ関連で二度も連続して掲載して頂き、誠に有り難く、御礼申し上げます。
川崎・神奈川は日本における、反日勢力跋扈の縮図です。
反日勢力の内、在日連中は行政を恫喝し、特権を得て日本破壊工作を繰り広げています。
 他方のサヨクは耳聞こえの良いプロバカンダで、無知蒙昧層を煽り、取り込み日本人を奴隷化しております。つまり無知蒙昧層の多くが、暴力的で危険な雰囲気を漂わせている事を利用して日本人を恫喝しています。
 さらに、残る反日勢力である、マスコミに名を借りたプロバカンダ機関(典型が神奈川新聞の私への実名公表恫喝)が反日勢力の正体を隠蔽し、レッテル貼りで日本人を洗脳・萎縮させると言う全くの病んだ日本の腫瘍中心となっております。
私はこの様な状態を断固として許しません。絶対に屈せず戦います。
そして、この戦いの『最有効戦術は事実の拡散』です。
事実を知れば、日本人(まともな)の民度、知性、矜持が事を急速に進める事は間違いありません。
理由は、何よりも私の様な未熟者でも日本を取り戻す行動をしているからです。
 余命殿とプロジェクトの学生各位殿におかれましても、反日勢力を日本から一掃するまで、『事実の拡散』において、指揮官先頭を率先垂範される事を切に、また、益々のご健勝を願っております。
.....戦後、ずっと隠蔽と捏造、集団の暴力と恫喝で日本を蚕食してきた手法が、日本人の覚醒によって通じなくなってきている。法の整備も進んでいわゆる在日特権の剥奪まであと少しというところまできている。すでに脱税、生活保護費不正受給、医療不正等、数々の不正が暴き出されており、在日社会が崩壊しつつある。カウンターはあがきであるから無理はされないようにされたい。日本人全員が手をつないでひた押し!これが一番だ。

oukkmn
蔑称について。
先日も書き込みさせていただきましたが、本文及びコメントでの蔑称を自粛していただきたい。
マスゴミだのパヨクだのぱよちんだのと見苦しい。
せっかくまともな考察をしていても蔑称が出てくるだけでその考察はゴミにも劣ると私は考えます。
蔑称を書きたい気持ちはわかりますが、我慢できませんか?
どうしても書かなければいけない言葉ですか?
なぜ反日勢力や左翼などの書き込みにつられて自分の価値を下げるのでしょうか。
蔑称を使って得られるものは目覚めたばかりの方々の不信感でしかありません。
それほどまでに蔑称を使いたければご自身のブログに書き連ね、URLをコメント欄に貼り付ければいいのではないでしょうか。
余命様に至っても、コメントコピペするときには蔑称部分を校正または消去していただきたくおもいます。  oukkmn
.....余命ブログそのものに品がないから読者に対してああだこうだとは言えないな。
余命の記述では現実に売国民主党とか韓国と北朝鮮を同時に扱う場合は朝鮮人とか一括りしている。蔑称とは反対の敬称については逆に有田とか福島とかつけていない。
 いろいろご不満があるようだが、唯一の解決方法はこんな品のないブログはみないことだ。それに尽きる。

爽涼無量
余命 様
日記再開に、心よりお祝い申し上げます。
御多忙中に恐縮ですが、御一読の程、宜しくお願い申し上げます。
 早速ですが、余命日記440へのクミ・トービン氏のコメント「カルフォルニア州教育委員会への対応」につきまして、愚見を述べたく投稿致しました。
 国防総省、国務省、CIAとFBIに3000万ドルの費用と8年の期間を掛けて調査させても“性奴隷”の証拠が一つも見つからなかった、というのがIWG報告書(「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)米国議会あて最終報告」)である、とのことで、これが米国政府の出した最終見解であると思われます。
 こうした中、学校教科書への“性奴隷”捏造に加担するカルフォルニア州教育委員会というのは朝鮮勢力の手先であると考えた方が良いのではないか?と思えるのです。
 そもそも歴史というのは、市民の意見を纏めて決めるものではありません。
カルフォルニアの教科書に捏造を載せないで下さいと、相手の土俵に乗ってやるより、同教育委員会のメンバーを「政府見解を無視し、未来の有権者を洗脳しようと企む危険思想の持ち主である」とし、「首謀者の特定」「背後関係の調査」「再発防止」等を米政府に訴えた方が宜しいのではないでしょうか。
 これに対し米政府が、「問題にはならない。カルフォルニアの好きにさせたらいい。」というのならば、カルフォルニアには政府見解を無視して朝鮮人の言いなりになる人間が居る、ということを全米に知らしめる運動にしたらいいのではないか、と思うのですが如何でしょうか。
最後までお読み頂きまして、誠に有難うございました。
.....なでしこアクションの活動は正面からだが、余命はご指摘のような考えで本体を叩こうとしている。米国大統領選TV討論からとはずいぶんとのんびりしているようだが、遅いようでこれが一番確実で、結果として早いと考えている。すでに準備に入っている。

秋月
http://www.media-japan.info/?p=659
相手も本当に余裕がなくなってきたみたいですね。
.....無職の在日が生活保護、医療保護、通名口座凍結なんてくらったら事実上の死刑判決だ。メディアは報道していないが、すでに悲惨な事態となっているようだな。

愛国子
今日、道を歩いていたら マイナンバー反対と書いた民主商工会の車が通りかかりました。雨でマイクで何言ってるか聞きとれず、自宅に帰ってから調べてみると
http://blog.jjseisakuken.jp/blog/2015/09/post-c520.html
民主商工会(民商)の全国組織である全国商工団体連合会(全商連)が、衆議院議長・参議院議長宛の「マイナンバー制度実施を延期し、廃止を求める」請願署名を集めているそうです。
これはどういう団体なのでしょうか?
共産党臭い感じがしますし 在日もからんでいるのでしょうか?
マイナンバー廃止にはならないと思いますが署名集めとか要注意だと思いましたのでお知らせします。
さきごろ 保険証偽造で300通も作って架空口座とか摘発されたばかりですね。こういう署名集めで悪用されないとも限りません。
余名さま みなさま どう思われますか?
.....医者、教師、弁護士、民商、みんな利益集団に成り下がっている。ここから日本を立て直すのは難儀であるが、まあしょうがない。ご指摘の通り、署名は慎重に!

 以下の件は行き違いがあったようだ。余命の投稿記事の処理が遅れて、前後関係に問題が生じたのが原因らしい。しばらく気がつかなかったのだが、読者のみなさんからの投稿で、遅まきながら事態が把握できた。すでに解決しているようだが、ご心配をかけていたようだ。お詫びをする。今後はよりいっそう注意したい。以下、関連経緯を記載した。

茶子
横から失礼します。
既に指摘されている部分もありますが。
愛国武蔵様も花菱様も何の悪気もなかったと認識しております。
ただちょっと誤解というか、勘違いがあっただけなようです。
余命のお爺様が嫌いな会社を2社言及
   ↓
コメント欄に「この会社も!」と情報が投下される
   ↓
それなら方法としては「やんわり指摘電話orメールがいいんじゃないか」という意見が出る

ここで集団で電話やメールが殺到したら、その企業から余命ブログが攻撃を受けるのではないかと思って心配になった。
ということですよね。
しかしご安心下さい。
余命のお爺様は電話&メール攻撃を「採用する」とは一言もおっしゃっていません。
あくまでもコメント欄に投下された一意見です。
 もし相手が威力で業務を妨害された!と訴えてきたら、
「日本を愛する力もない一人のお年寄りが、目に余る程の反日ぶりに憤慨して自身のブログで『嫌いだ』と書いただけなのに、
そんなお年寄りを訴えるのか!? 年寄りイジメか虐待か!?」という世論に持って行くか、
 逆に「自分達が日本で日本人相手に商売しておきながら反日なのが悪い!日本で日本人に喧嘩売ってタダで済むと思うなよ!」と恫喝してやればいいのです。
 彼らがこれまでしてきたことをそのまま仕返すだけ。
 弱者を装うなら更なる弱者になればいい。
 恫喝してくるのは恫喝されるのが怖いから。
もっと居丈高に恫喝してやりましょう。
 それと、コメントするなとか、厳しい指摘を批判するコメントもありましたが、このコメント欄を荒らしてやろうと目論む連中を牽制することにもなるので、厳しい指摘もたまにはいいと思います。
だけど喧嘩はいけませんよ、内ゲバは彼らだけの専売特許にしといてあげましょう。(^_-)

愛国武蔵
余命翁様
お世話になります。
上記「2016年1月27日時事」の中で、「今回はご丁寧に「反日企業への集団通報メール」と語句をすりかえている。無理矢理「威力業務妨害罪」に持っていきたいのだろうが、・・・」
とありますが、正直「???」の内容です。誤解されてませんか?
私が申しあげたいのは、花菱さんの「余命三年時事日記アーカイブ」の最新版にあった以下のコメントをうけてのものです。花菱さんの懸念には一理あると判断したためです。

(花菱さんのブログより)
「大量のメールを企業に送り付けたら、その行為自体が威力業務妨害になる、という考え方があるのです。たとえ「苦情」「抗議」ではなくとも、たとえ「調査依頼」や「ソフトな意見」でも、です。相手が筋金入りの反日企業なら、ネトウヨにスパム攻撃されたと被害者ぶることもできます。余命ブログでは、これまで入管や官邸にメールを一斉送信してきました。しかし、今回の相手は民間企業です。勝手が違います。」
 私の先程のコメントにある「反日企業への集団通報メール」とは、上記花菱さんの「大量のメールを企業に送り付け」ることを意味し、「入管や官邸への通報メール」と同じ意味で使ってはいません。用語の使い方で誤解を与えてしまったかもしれませんが、翁曰く「ご丁寧に語句をすり替えた」わけではございません。
 入管や官邸と違い、大量のメールを民間企業に送る行為を「威力業務妨害」だ云々と言われたくないがために、今回の反日企業への不買運動でも「メール」というツールが刑法事案には当たらないと予め理論武装するべきと提案したまでです。
 反日企業に余命ブログへの攻撃のスキを与えてはいけないと思い提案しましたが、全く問題なく私の心配が杞憂であるならばそれに越したことはありません。
他の方の提案を参考に、引き続き私なりに不買運動を如何に成功させるか思案してみます。

花菱
>愛国武蔵様
お気遣いいただいたことは感謝いたします。
しかしながら、「花菱さんがご自身のブログ「余命三年時事日記アーカイブ」で、反日企業への集団通報メールが「威力業務妨害罪」になるかもと危惧されております。」とありますが、それは余命ブログ様が展開中の不買運動とは無関係の部分に関する記述です。
 自分が余命ブログ様に「ひとつの案」として投稿した「とあるプランの欠点」を自分自身で指摘しているだけであり、余命ブログ様のこのたびの不買運動の主旨とは無関係のものです。
 余命ブログ様には「余命ブログが反日企業へ集団通報メールを送る」という事実も計画もどこにも記載されていないことはご理解していただけるかと思います。
 愛国武蔵様のご厚意から、このような投稿をされたことと存じますが、当方が「自前のブログにて自分の投稿内容に対する欠点を指摘しているもの」という前提がございますので、余命ブログ様のコメント欄にいきなりこの文脈ですと、大きな誤解を招く結果となってしまいます。

>余命爺様
大変ご迷惑をおかけいたしました。
「反日企業へ集団通報メールを送る」という記述に関しては、自身が余命ブログに投稿した意見(ISO26000を利用する案)に対して、自身のブログにて補足説明を行った際の文節です。
 読者の方の誤解を誘発するような記述をしてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。他意・悪意等一切ございませんこと何卒ご理解くださいませ。
http://yomei-hanabishi.seesaa.net/article/433000895.html
ご多忙なところ、煩わせまして大変申し訳ありませんでした。

アオイ
>不買運動(ボイコット)
1 結論からいえば、業務妨害になり得ないと思います。どこが業務妨害に当たるのかが分からない。
2 書店の業務は本の仕入れ販売であり、書店には、特定の本の仕入れ販売をするか否かについての自由がある。
3 一般には、特定の本の仕入れ販売をしないというのが不等と思える(感じる)こともあり、また仕入れた本の販売にしても不等と思える(感じる)こともあるでしょう。
4 今回の余命本でいえば、書店による特定の本(余命本)に対する扱いが不等だと思う(感じる)から、この「不等な扱い」に対して「抗議をしている」だけで、この書店の利用をボイコットすることが、この抗議に含まれているだけ。
5 そして、この抗議は、本を自由に仕入れ、自由に販売するという書店の業務を何ら妨げるものではなく、また消費者による本の購入の自由を妨げるものでもない。
むしろ、特定の本に対する扱いが不等なため、消費者には、この本の購入上の不自由さが生じます。余命本の場合、事実として、客観的にみて、アマゾンと比較すると、消費者の購入の自由をあまりにも制限する不等な扱いでしたから。
このように思います。
.....まさにご指摘の通りであるから、オンライン書店に関しては販売偽装はあるものの、とりあえずすべて販売のスタイルをとっている。この場合は目には目をという対応ができたが、反日メディアについては一筋縄ではいかない。メディアの不買運動の取り組みはもう少し時間がかかりそうだ。

  1. コンサート会場までタクシーに乗ったらお若い運転手が突然「BOKUは在日韓国人です。トクエイ権利を持っています。」と話す。
    そして「韓国の音大を出ている。だからこういう会場で仕事をする権利がある。」だと・・そして当方の身の上を聞きたがる聞きたがる。
    理由を聞くと「なんとなく、、」だそうです。
    私が「特別永住権もなくなるのかもしれませんね。」とか申しましたら突然キレて何度も急ブレーキかけるし、これが噂に聞く在日の危ないタクシーかと痛感しました。
    最後に当方が「なるものはなる、ならないものはならない。どのようにしてもなんとしてもなるようにしかならない。」とかなぞなぞのようなことを申しましたら「勉強になりました。よーく覚えておきます。」と捨て台詞をはかれましたわ。
    皆様もお気をつけてくださいね。

  2. 全力支援(^^)全文転載
    http://blogs.yahoo.co.jp/kingboy4649/41080280.html
    9:00に掲載されます

    >そこでは朝鮮人差別など全く無く、むしろ在日の方が弱い立場の日本人をいじめてました。

      ↑
    これはホントのことですね(^^)
    僕の街でも繁華街がにぎわっていたころには目が合うだけでも喧嘩になりましたが、相手は決まって『その者』たちでした(笑)

  3.  遺伝子絡みの情報です。
    ここでは多分有名なイザベラハート著「朝鮮紀行」の4年前に出版された、本間九介著「朝鮮雑記」が祥伝社から発行されました。
    帯には120年ぶりの復刻とありますから、安倍総理と代々の余命様の努力の結果なのかもしれません。
    http://www.amazon.co.jp/dp/4396615531/
    とうぜん、半島の南側の人達が隠したい習俗もばっちり記載されています。

  4. 本文未掲載及びコメント公開はおやめください。

    本件については誠にお手数をおかけいたしました。
    蔑称と言いましても 三国人 朝鮮人 などは歴史的問題として説明できるのでかまわないのです。

    最近目覚めた母には勉強用にタブレットを買い与え、左右どちらの情報もできるだけ目を通すように言ってあります。
    先日母が「どっちも子供の喧嘩みたいに罵り合いしてるようにしか見えない。何が書いてあるのか全然入ってこない」といわれ、ゆびさすところをみてみると、 ぱよぱよちーん ブサヨ パヨク 病(山井議員のことらしい) ネトウヨ ジャップ などの侮蔑表現のオンパレードでした。

    余命ブログは相当神経を尖らせて執筆されているように感じます。
    そう感じているからこそ、「パヨク(最大限の賛辞)」などと目にするとがっかりするのです。
    コメント欄でダマスゴミなどとみるとがっかりするのです。

    今回の私のコメント採用で、少なくとも我が家のこういう気持ちがご理解いただけないことがわかりました。
    しかし情報は有益なことばかりなので、来るなと言われようと毎日通わせていただきます。

    コメントはこれを最後に一切いたしません。
    失礼いたします。

    1. oukkmn様
      以前私はこどもを「子供」と書いた時、
      知人から「供」というのはこどもを供物にするという意味だから使わない方が良いと言われ驚いた事があります。
      その方は左翼でも右翼でもなく、政治に興味のないごく普通の日本人です。
      その後自分で調べて、左翼が日本語破壊のため、日本文化破壊のため、あるいは日本語が不自由で自国でも漢字文化を捨てた民族への配慮のため(?)言葉狩りをしているという事実に行き当たりました。
      差別用語とか、侮蔑用語と言われているものの大半は誰かが「差別だ」「侮蔑の言葉だ」と言い出したからそうなったのです。
      お母様に「勉強用」としてタブレットをプレゼントされたことは素晴らしいですし、お母様ご本人もご自身で「調べよう」となさる姿勢は賞賛に値します。
      ですが、もう一歩踏み込んで、「なぜその言葉が使われるようになったのか、どういう経緯があるのか」まで調べて初めて「情報」なのではないでしょうか。
      oukkmn様が挙げておられる例に「ぱよちん」がありますが、
      侮蔑というよりあだ名としての意味合いが強いように思います。
      本名が報道されていない以上、勝手に彼の本名を書く事はそれこそ個人情報の不正使用になります。

      また、保守にもさまざまな方がおられます。
      最近色々知って怒りに燃えておられる若い方、在日や左翼の犯罪被害者、これまでずっと日本を立て直そうと頑張ってきたのにそれをせせら笑うかのようなマスコミに腸煮えくりかえっておられる方。
      こうした方たちが、少し乱暴な言葉を使ったからと言って責められるべきでしょうか?
      もちろん、あまりにも行き過ぎた下品な言葉は使うべきではありませんが。

      ダマスゴミという言葉も、本来公平中立な内容と真実のみを報道しなければならないマスコミが、自分たちに不利な法案には反対する立場で報道し、特定の民族が犯した犯罪は通名を使ったり「報道しない自由」を行使して、あたかも日本人を騙しているようだからこそ使われたのだと思います。
      そうした燃えるような義憤に対し、oukkmn様やそのご家族が理解を示されないのだとしたら、「我が家のこういう気持ちがご理解いただけない」のも当然だとは思われませんか?

      私はoukkmn様を責めているのではありません。
      今の日本の現状は武力や暴力を用いていないだけの戦争状態だと認識しております。
      その中で「仲間を撃ち抜く行為」は、日本と日本人の自滅行為だと感じるのです。
      今は細かい事にとらわれず、最終的な目標だけを見据えて、日本人同士が一致団結して最後まで走り抜く事こそが大事なのではないでしょうか?
      生意気なことを申し上げるようで恐縮ですが、
      もしoukkmn様が本当に日本の現状を憂う志士であられるなら、お互い傷つけ合うのではなく、手を取り合って邁進していきたいと感じた次第です。
      御一考くださいませ。

  5. 余命様 おはようございます。
    今朝のヤフーニューストップに載っていました。
    いよいよ左巻きTVに安倍さんは手を付けるのでしょうか ?
    今までも散々偏向及び洗脳放送をダダ流しし、指摘があっても詫びも変更もせず、我が世の春を謳歌していたTV局にもとうとう縛りが掛かると判断しても宜しいのでしょうか ?
    安倍政権はTVのみが情報元の情弱の方々の為にも、頑張ってほしい所です。
    ちなみにずっと左巻きのプロパガンダだったTVでありましたが、今までその放送内容に言及された事はありませんでした。
    しかしここに来て政府がこの様な警告を発したと言う事は、余命メールの効き目が出て来たのかなと独り喜んでおります。

    >高市総務相、電波停止に言及 公平欠ける放送に「判断」
    朝日新聞デジタル 2月8日(月)23時35分配信

     高市早苗総務相は8日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、放送法4条違反を理由に、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性に言及した。「行政指導しても全く改善されず、公共の電波を使って繰り返される場合、それに対して何の対応もしないと約束するわけにいかない」と述べた。
     民主党の奥野総一郎氏が放送法の規定を引いて「政権に批判的な番組を流しただけで業務停止が起こりうる」などとただしたのに対し、高市氏は「電波法の規定もある」と答弁。電波停止などを定めた電波法76条を念頭に、「法律は法秩序を守る、違反した場合は罰則規定も用意されていることで実効性を担保すると考えている」と強調した。
     そのうえで高市氏は、「私の時に(電波停止を)するとは思わないが、実際に使われるか使われないかは、その時の大臣が判断する」と語った。
     放送法4条は放送の自律を守るための倫理規範とされてきたが、高市氏はNHKの過剰演出問題で、行政指導の根拠とした。この点についても「放送法の規定を順守しない場合は行政指導を行う場合もある」との考えを重ねて示した。
     「政治的な公平性を欠く」の事例については、「国論を二分する政治課題で一方の政治的見解を取り上げず、ことさらに他の見解のみを取り上げてそれを支持する内容を相当時間にわたり繰り返す番組を放送した場合」などと列挙。「不偏不党の立場から明らかに逸脱していると認められるといった極端な場合には、政治的に公平であるということを確保しているとは認められない」とした。

  6. 余命様、スタッフの皆様方
    いつもお疲れ様です。
    早速ですが、oukkmnさんのコメントを読んで、思った事をコメントさせて頂きます。
    蔑称に対する意見は同意できますが、「ぱよちん」は蔑称では無く、先方が勝手に蔑称にしてしまったのです。
    あくまで個人的な考えですが、情報への接し方で重要なのは、一つの情報に対して点で接するべきでは無いと思います。
    点で捉えた情報は間違えた受け取り方をしやすく、また誤誘導にハマりやすいと思います。
    情報には時系列で確認する事が重要で、例えば、このブログの内容も時系列で整理していけば、どれだけ正確な情報があるのかが確認できるはずです。
    具体例として、「ぱよちん」を例にとれば、そもそもがある左翼系の方が、元アイドルの方への挨拶に「ぱよぱよちーん」と挨拶していたSNSへの書き込みが頻繁にあったのを某掲示板かまとめブログか、双方かに取り上げられたのが始まりです。
    あまりに語呂が良いので皆んなが、それこそ立場の違う方それぞれが真似しだしたら、何故か左翼系の方々が怒り出して、「ぱよちん」の言葉を書き込んだ人に対して、誰彼構わずネトウヨと言い出して、あまりの支離滅裂な経緯でからかい半分で更に広まったのです。(実際、これを契機に左翼系の方々が仲違いしだした様ですし。)
    この様に時系列で見れば、どう扱うべきかが見えてきます。
    慰安婦合意も甘利元大臣の問題も、時系列で情報を見ている者にとっては最初は様子見です。
    それこそ情報が足りていませんので。
    以上、長文になり申し訳有りませんが、情報への接し方について少しでも間違った捉え方にならない様に、相手に利するようにならないように、お節介ながら私見を述べさせていただきました。
    以上でコメントは終えますが、最近は寒暖差が大きく体調も崩しやすいので、余命様、スタッフの方々、読者の皆様方もお身体ご自愛ください。
    また、益々の活動の活性化を祈念しております。
    自分も微力ながら出来る事をやっていきますので、今後ともよろしくお願いします。

  7. 証券口座の開設急減 株安・マイナンバー影響
    2016/2/6付日本経済新聞 夕刊
    ttp://www.nikkei.com/article/DGKKASGD03H4F_W6A200C1MM0000/

    証券会社の新規の口座開設が急減している。国内大手5社の
    1月の開設数は昨年12月に比べて半分程度に落ち込んだ
    ようだ。株式相場の急落に加え、今年から証券口座の
    開設時に税と社会保障の共通番号(マイナンバー)の申請が
    義務付けられ、事務作業が混乱している影響もありそうだ。
     大手5社(野村証券、大和証券、SMBC日興証券、
    みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券)の合計
    口座数は2015年に月間平均で約…(以下会員限定)

    ざっくりとした内容は、マイナンバー制度への抵抗感から
    口座開設書類に個人番号カードの写しが添付されずに返送
    された事例が1月以降相次ぎ、リーマンショック時よりも
    苦戦しているとのこと。

  8. 余命様
    お世話になります。
    余命様のブログ形式についてですが、読者からの投稿は一切表示せず、余命様の中で精査確認したうえで、余命様の記事として発信されてはいかがでしょうか?
    個人の意見や希望は余命ブログとして似つわないと思います。以前のような、一方的発信方式の方が読みやすく、書籍から新たに読者になった方からみると??だと思えます。
    また、保守の方は往々にして自分の意見が1番と思っている方が多く保守が大同団結できないと要因です。それぞれ、目的が微妙に異なりますので、あくまでも余命様と方向性を同じにする方達への情報発信ブログとして欲しいです。余命様のことですからコメントも撒き餌のような事なんだと思いますから投稿は可能にして頂ければ結構だと思います。
    このコメントは、表示されなくて結構です。事象事実の積み重ね。行動の発信を希望します。

  9. シャープの闇を追及していた深田萌絵さんのブログが二つとも削除されています。

  10. 余命様
    次女の成人式の話しですが、成人式会場に『安部政治を許さない』『戦争法案反対』のプラカードや旗を持ち署名活動をする人々を見ました。新成人に上手いこといって署名させてましたが、親として物凄く腹が立ちました。成人したとはいえまだまだ社会の事などほんの一部しか知らないであろう世代に。署名やデモなどに参加することの意味をちゃんと教えなければと痛感した次第です。ことが起こっからじゃ遅いのかもしれないけど、
    今まだ目覚めぬ人を目覚めさせるには
    危機を感じる何かが起きないとダメなのでしょう。あたしは余命様と安倍総理を信じて協力するのみ。戦後70年そのもっと以前からの朝鮮中国のシガラミを一掃するのは困難を極めるけれど、ここまで来たのだから。やり遂げなければなりませぬ。名誉回復はそれからでも遅くはないと思います。

  11. 爺様、
    保守速報さんなどでも取り上げられてましたが、「来日・在日の日本人殺し一覧表」というものが警視庁から発表されました。

    http://hosyusokuhou.jp/archives/46766129.html

    「坂東忠信の日中憂考」ブログから

    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235510

    「外国人犯罪問題に取り組む自民党衆議院議員長尾 敬先生のご協力によるもの」だそうです。

    やはり、特定の国籍に偏りがありますね。憤りを覚えますが、こういったデータが出てくるようになったことは、少なからず前進しているということですね。

    地道に出来る事を頑張ります。TMTM

  12. 日本の文化を守らない文化庁に緊急メールを!
    下記の報道を見て危機感を覚えます。
    賛同される方は文化庁の今回の指針に反対のメールを。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20160210-OYT1T50028.html

    文化庁の文化審議会漢字小委員会は9日、漢字の手書き文字について、「はねる」「とめる」など細かい
    違いで正誤はなく、多様な漢字の形が認められていることを説明する指針案をまとめた。
     今春までに指針の確定版を作成して文化庁ホームページに掲載し、書籍化も予定している。

     現在の常用漢字表でも、漢字には様々な書き方があり、細かい違いは許容されるとしている。
    しかし、2014年度の国語に関する世論調査で、「はね」「とめ」や点の向きなどの違いで、人によって正しいと考える字形が違うことがわかった。

     指針案では、点や線の「長短」「方向」「つけるか、はなすか」「はらうか、とめるか」「はねるか、とめるか」など、
    違いがあっても同じ漢字として認められる事例を示した。常用漢字表にある全2136字でも、1文字につき2~3個、手書き例を示した。

     また、学校のテストなどでは、指導した字形以外の字形であっても、柔軟に評価するよう求めている。

  13. 以下は、
    434クミトービン殿へのメッセージ④
    弊投稿(2016/02/04/2:55am)関連
    です。

    >歴史戦
    1 特亜との歴史戦は国内だけでなく国外(例えば米国歴史教科書)にまで拡大しています。この歴史戦において、日本政府の積極的な介入の足かせになっているのが「日中共同宣言(1972)・日中友好条約(1978)」です。理由は、日本がポツダム宣言第8項(カイロ宣言の履行)の実施を約束したも同然の状態となっているからです。
    2 解決策は思いつきませんが、仮に、(1)中国が分裂、または(2)日中か米中が軍事的に衝突となれば、日中間の取極で中国が勝ち取った優位性が一瞬にして吹き飛び、これにより日本は攻勢に転じることが可能となります。
    (以前、尖閣付近で自衛艦に対するレーダー照射事件がありましたが、中国外交部はさぞかし慌てたことと思います。)

  14. 初めまして。最近氣になった事があったのでコメントさせていただきます。マイナンバーについて以前TSUTAYAが身分確認に使った記事がありましたが、郵便局で簡易保険の満期受取りの時に「マイナンバーはお持ちですか?」と尋ねられました。きっと同時に名義変更もお願いした為かと思われますが、持ち歩く物でもないので「ありません」とハッキリと返答しました。皆さんの中でも、この様な経験ある方いらっしゃいますか?

  15. この日本の非常時にお騒がせしたなつみかんでございます。
    多少理解をしただいたようで、重ねて申し上げます所。差別された、
    日本人側で、いじめられたと申しても、日本人は究極へこたれない民族
    なので、雨にも負けず風にも負けず。が基本ベースにあると思うのです。
    自分の思い通りに成らなくて、死ぬ人は負け組です。絶えず思い通りに
    いつか達成するように努力を続ける人が、最後勝ち組になるんだろうと
    思う訳です。私の母も父も、泣き言は許さない性分でしたので、私の娘も
    泣いたことはありませんが、未だにおんぶにだっこです。責任は親が
    取るしかないですね。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト