余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-06-11 19:24 最新コメント:2016-06-11 21:33
843 巷間アラカルト99(2)
引用元のソース

midaway
裁判支援第1号
桜井氏の訴訟が支援第1号になったとのことで喜ばしい限りです。これまで「反日集団」に対して身体を張ってきた人ですから、裁判の場でも大いに活躍していただけると思います。

.....「すみれの会」HPより
支援日
平成28年6月10日
支援先
行動する保守運動
裁判内容
民進党参議院議員、有田芳生による桜井誠氏への誹謗中傷に対して
名誉毀損罪で提訴
支援内容
上記に掛かる提訴費用

(本支援に於いて、桜井誠氏個人のお名前を公表するに当たりましてはご本人様の
了解を得ております。)
今回の支援が、保守系裁判支援団体すみれの会として行う最初の支援となります。
これも皆様から頂きましたご寄付を以って運営する当団体としての最初の活動報告でも
あります。今後もこのような形で支援のご報告をさせて頂きたいと存じます。
皆様のご支援に心底より感謝申し上げるとともに、今後ともご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

.....動き出したね。これからラッシュになるだろう。今回の例では、民事だろうが刑事だろうが、団体で告訴、あるいは告発が提起された段階で支援に入るようだから適用される事例は多いだろう。とくに民事損害賠償訴訟は勝てば還ってくるからな。
しばき隊の野間がツイッター誹謗中傷裁判で敗訴しているが、類似の訴訟が頻発するだろう。カウンターデモなどやってられなくなる。今回の川崎デモだけでも訴訟のネタは山ほどある。今回「すみれの会」が稼働したことで「余命がいなくても大丈夫」がやっと実現した。ジャパニズム31も売れに売れている。余命の読者には心から感謝申し上げる。

真太郎
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
北鮮の核開発とミサイル実験がアジアの安定を脅かしているようですが、日本のミサイル攻撃あるいは防衛開発も着々と進んでいるようです。失礼、日本の小型ロケット開発でした。(ヤフーニュースから。小型ロケットのイラストもニュースにありましたが、その外観がミサイルにしか見えない。)

世界最小!超小型衛星打ち上げロケット、JAXAが突然発表
6月10日(金)18時48分配信
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、観測用小型ロケット「SS-520」を改良したロケットで超小型衛星を打ち上げると発表した。ロケットの全長は9.54m、重量は2.6tで、人工衛星を打ち上げる宇宙ロケットとしては世界最小だ。
2016年5月27日に開催された文部科学省の宇宙開発利用部会、調査・安全小委員会で報告されたが、これまでこのようなロケットの構想はあったものの、開発状況が具体的に説明されたことはなく、突然の発表となった。
これまでの世界最小宇宙ロケットは、東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所(ISAS)、現在はJAXA内の同名の研究所として統合)が1970年に日本初の人工衛星「おおすみ」を打ち上げた際に使用したL-4Sロケットで、全長16.5m、重量は9.4t。SS-520はその1/3以下だ。
打ち上げ時期は未公表だが、通常、調査・安全小委員会での報告は打ち上げの数か月前に行われるため、今年度内に打ち上げられると思われる。

需要が高まる超小型衛星専用ロケット
超小型衛星は小さなものでは10cm角のサイコロ型から数十cm、重量は数kgから数十kgといったもので、携帯電話のような超小型電子技術の発達で近年、実用化されつつある。しかし衛星を打ち上げる宇宙ロケットは小さなものでも数百kg程度の衛星を打ち上げるサイズがあるため、超小型衛星は他の衛星と相乗りで打ち上げている。
しかしこれでは、相乗り相手の衛星に打ち上げ時期や軌道を合わせる必要があるため、自由に打ち上げることができなかった。そこで超小型衛星に合わせた超小型ロケットが望まれるようになってきた。

観測ロケット「SS-520」を小改造
ISASは宇宙ロケットを打ち上げる以前から、観測ロケットを打ち上げてきた。観測ロケットとはその名の通り、航空機が飛行できないほどの高い高度の大気を観測したり、無重力実験などを行うための、宇宙空間には到達するが衛星にならずに落下するロケットのことだ。
現在使用している観測ロケットのうち最大のものがSS-520で、1段式のS-520に2段目を追加して性能を向上したものだ。第1段、第2段とも固体推進剤を使用しており、140kgの実験機器を高度800kmまで運ぶことができる。これまでSS-520は2回(3号機は打ち上げ時期未定)、S-520は30回打ち上げられており、日本のロケットとしては実績は多い。このため第1段と第2段はSS-520を活用し、小改造と第3段の追加で宇宙ロケットに仕立てる模様だ。

ISASによる衛星打ち上げ、復活へ
今回打ち上げる4号機は実験機器の代わりに第3段ロケットと超小型衛星を搭載する。第1段、第2段は従来のSS-520から大きく変えていないため、新型ロケット開発のような大規模な開発体制ではなく、実験のひとつとして報告されたものと思われる。
ISASの宇宙ロケット「ミューロケット」は1機ごとにISASの研究員や学生が手を掛けて開発し、実験として打ち上げていた。
しかし最終型のM-Vロケットの次の小型ロケット「イプシロンロケット」は組織上、ISASの手を離れてしまった。SS-520を使った衛星打ち上げは、久しく行われていなかったISASによる衛星打ち上げ実験の復活とも言えるだろう。また超小型衛星の打ち上げ手段が増えることで実験的な衛星開発もしやすくなり、技術開発や人材育成の面も期待できる。

日本がリードするか、超小型ロケット
超小型衛星用宇宙ロケットは近年、世界各国のベンチャー企業による開発が行われている。日本でもインターステラテクノロジズ社(IST)が、今年夏の打ち上げを目指して観測ロケットの開発を進めている。SS-520の4号機は既存の観測ロケットを基にしているため、いきなり衛星打ち上げに挑戦する格好となった。
観測ロケットを含む、日本の固体ロケットのメーカーは、IHIエアロスペース社(IA)だ。IAは以前よりISASとともに超小型衛星用ロケットを提案しており、ようやく実験に漕ぎ着けた格好となる。IAがISTのように商業打ち上げを目指すのであれば、日本に超小型衛星用ロケット打ち上げ企業が2社誕生することになる。
超小型衛星用ロケットの打ち上げに成功した例は、世界にもまだない。IAが成功すれば、世界のベンチャー企業に「老舗」の実力を見せつける格好になるが、ベンチャー企業は低コスト化を最重要課題※に掲げており、SS-520も打ち上げ費用をさらに下げていくことが課題となるだろう。ベンチャーのISTに加えてISASの研究者、大企業のIAが超小型衛星用ロケット開発に参入したことで、日本の超小型ロケットが世界をリードすることに期待したい。    大貫剛

.....日本は固体燃料ロケットにこだわってきた。巨大なMVからどんどん小型化してきて、気がついたら世界最小超小型衛星用ロケット完成ということである。これはミサイルではないのかという方がいるが、衛星を載せるのだから衛星ロケットだ。じゃあ核弾頭を載せたら?そりゃあ、核弾頭ミサイルだよ。エッ!!!

ひなた
kenさんへの返信
kenさんへ
youtube検証ありがとうございます。
私はyoutubeの貼り方がわかりませんm(_ _)m
反日本共産党デモin帝都(1)2016/6/5

こちらの動画の09:06からいきなり中央に、その後10:40位まで左側や中央にチラチラ、両手を挙げてのアピールなどしています。
見える限りでは、警察の腕章は確認できないようですが、もしよろしければ検証してくださればと。
間違っていましたら、申し訳ありませんが…..。

日之本一平
RPJ
余命様スタッフ様、いつも御苦労様です。世の中が臨戦態勢で緊迫している中、まったりとした余命拡散音頭の第3弾をアップしました。実は、ほぼ完成したところに川崎デモ事件の驚きの真相が飛び込んできたため、急遽、歌詞の9番を作り直したものです。身を張って実行された皆様には失礼な表現となりましたが、「撒き餌」「入れ食い」「釣り堀」「雑魚」「魚拓」なるキーワードがピッタリはまった感じがします。
すでに第2弾もアップしてあるので、一緒に書かせていただきます。第2弾の動画では、かず先生が「スーパーカズ」となって空を飛び、第3弾では愛機(の想定)の、スーパーカブが登場します。単なる「カブ」と「カズ」の語呂合わせなのですが、このバイクがカワサキ製でなかったところが、ちょっと残念です。
皆で日の丸、旭日旗、かず先生イラストのプラカードを掲げ、「余命三年時事日記音頭」をひたすら歌う「愛国デモ行進」もありかな?と妄想します。これにはパヨクも反日集団も反対のしようがありません。拡散力は抜群ではないでしょうか。余命拡散プロジェクトNo4といったところです。

【余命拡散音頭3:スーパーカズ編】
ttps://youtu.be/QyvxLvDQwVU

(1)カブに跨り颯爽と 日本背負ってる初代かな
侍ブルーのコスチューム 変身スーパーカズ登場

(2)予言の極限 2015年 大気に土壌に水の中
余命三年時事日記 資本 共産 水 油

(3)住民登録改正で トレーサビリティ・タグ付いて
余命三年時事日記 国が追っかけファンとなる

(4)電光石火のテロ3法 いつの間にやらテロ組織
芋づる金づる お仲間は 同じ口座の郵貯かな

(5)どこに置いてる余命本 日本全国 調査隊
余命三年時事日記 置かない覚悟は あるのかな

(6)不法滞在通報で 追い込み誘導 マイナンバー
余命三年時事日記 銀行口座が名寄せされ

(7)官邸メールの作戦も ネタが尽きないポケットさ
余命三年時事日記 ペンより強きは ネットかな

(8)買わない権利の消費者は 皆が期待の つぶやきで
余命三年時事日記 ワシは好かんぞ ホニャラララ

(9)デモの撒き餌に飛びついて 入れ食い釣り堀 雑魚の数
余命三年時事日記 歓喜の魚拓収集家

(10)振り込み協賛 応援だ 本の印税 待機中
カウントダウンのスイッチは すみれの会の波動砲

【余命拡散音頭2:官邸メール編】
ttps://youtu.be/_cUcxwSCD1g

(1)最低限度の生活は 憲法すべての日本人
余命三年時事日記 ちゃっかり便乗 外国人

(2)伝家の宝刀 外患罪 踏み絵で色分け完了の
余命三年時事日記 見とけ自分の脛の傷

(3)日本国民 気が付いた メディア偏向多すぎる
実は乗っ取り裏事情 自浄なければ殲滅か

(4)諸悪の根源 日弁連 ここにも うようよ ヌマガエル
正義 忠誠 誓うなら 通名使うの駄目ですよ

(5)帰化の書類は完璧か? 資産 あの国 狙ってる
余命三年時事日記 取り消し祖国に お帰りか

(6)日の丸 敬意を払わない 教育現場も腐敗して
それに司法が加担すりゃ 弾劾裁判 日も近し

(7)経済界でも特権で 税を逃れる御誓文
余命三年時事日記 宗教法人改革も

(8)ホントの差別は駄目だけど 差別ビジネス大繁盛
余命三年時事日記 真実見分ける目が欲しい

(9)医療現場も危ないぞ レッド事件を検索だ
余命三年時事日記 通名使うの駄目ですよ

(10)駅前ちんじゃら誰の土地? 暴く戦後の真実を
余命拡散プロジェクト 拡散・覚醒・かず先生

真太郎
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
日経新聞は反日なのは、公然の秘密です。先日の川崎デモを川崎ヘイトデモと早速決めつけています。外患罪告発に一歩近付きました。
一方、あの河野太郎でさえ「違法行為につながることがないようデモ参加者、反対する方々に冷静な対応をお願いしたい」「法の精神を理解して発言、行動していただきたい」と慎重な言い回しをしています。
ここで、カウンター側に肩入れすれば自分の立場が悪くなると心得ているようです。

川崎ヘイトデモ「冷静な対応を」 混乱巡り国家公安委員長2016/6/9 13:39
河野太郎国家公安委員長は9日の記者会見で、在日コリアンへの差別的言動を繰り返していた団体が川崎市で計画したデモが反対派ともみ合いの末、中止となったことについて「違法行為につながることがないようデモ参加者、反対する方々に冷静な対応をお願いしたい」と述べた。
特定の民族への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を巡っては今月3日、不当な差別的言動の解消に向けた対策法が施行されており、河野氏は「法の精神を理解して発言、行動していただきたい」と求めた。

.....一歩間違えば、首どころではなく親父同様、外患罪まであるからな。慎重にもなるわ。もうかなり在日や反日勢力に利用されているけどな。いざとなれば切り捨てが安倍総理の方針だから、はた目には進退窮まっているように見えるがな。

  1. 余命様、スタッフの皆様お疲れ様です。
    前日は余命本情報のコメントを載せて頂きまして、ありがとうございました。

    今回は福島市内中心部の余命本情報を調べて来ましたので報告します。(2016年6月6日調べ)
    【西沢書店 福島支店】
    余命1、HB、余命2ともに0冊
    HPによれば取り寄せ可能との事です。

    【岩瀬書店 中合店】
    余命1 …4冊
    HB…1冊
    余命2…1冊

    【岩瀬書店 福島駅西口店】
    余命1、HB、余命2ともに0冊

    【くまざわ書店 福島エスパル店】
    余命1、HB、余命2ともに0冊

    【ブックエキスプレス 福島東口店】
    余命1、HB、余命2ともに0冊

    余命本情報は以上です。
    6月1日に少額ではありますが、すみれ会へ寄付致しました。寄付金メッセージにコメントさせて頂きますましたが、名前の方は結構です。
    余命様、スタッフの皆様、すみれ会の皆様に寄付した事を知っていただき、日本再生の為、少しでも役立てれば満足です。

    最後になりますが、これから暑く成りますので、お体を大切になさってください。
    皆様の益々のご活躍をお祈りいたします。

  2. 裁判支援第1号の件、本当におめでとうございます。
    展開が早すぎてついていくのがやっとですが、ほんのわずかでも日本再生の活動に参加させてもらえているのだと思うと、ただただ嬉しく、言葉もありません。一人一人の力は小さくても、皆で協力して日本のために何かができるこんな機会をくださってありがとうございます。多分皆さん同じお気持ちだと思います。

    また、確かに体制を整えるのは重要だと認識はしておりますが、「余命がいなくても大丈夫」などとおっしゃらずに、日本再生の日までどうぞよろしくお願いいたします。これも他の皆さん同じお気持ちだと思います。

    今日は今から、手に入れたばかりの「ジャパニズム31」タイムです♪♪開くのが楽しみです♪

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト