余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-05-14 08:25 最新コメント:2016-05-15 11:40
727 新規官邸メール③(16)
引用元のソース

高速冷房
余命さん、二代目さん、スタッフさんこんばんわ。
〉意味不明の絵文字が並んだものが数十コピペされている。
お返事ありがとうございます。
敵も、いよいよ幼稚通り越して病的な次元に達しているようですね(笑)
ある意味では、そのまま非公開記事に「隔離」しておくのも一つの手かも…。
公開を希望してましたが、その辺は余命さんにお任せします。
まずは官邸メールに集中したいと思います。

.....いやまあ、なんとかして妨害しようとしているのはわかるのだが、なにしろ他のサイトを見ないから他で何が起きているかもまったく知らないしわからない。蛙の面に小便とか、めくら蛇に怖じずとか言い様はさまざまあるだろうが、知らないということは強い。投稿の削除など、チェックを入れておいて、ゴミ箱をからにスルで一発削除完了だ。News USさんの官邸メールカウントが跳ね上がって651919になっている。
 投稿者数は末尾9件で割るとやはり約7万人だね。昨年8月からよくもまあ頑張って継続してきたものだ。みんなすごいよな。継続は力なりとはまさにその通りで、この数字を見ただけで在日や反日勢力はぞっとするだろう。

今回の新規官邸メールへのご心配について

妨害投稿以外に、まじめに(笑い)威力業務妨害の心配をされている方がおられるのでご説明しておく。前回も触れているのだが、わかりにくかったようだ。
数字を掛けたり足したり、また掛けたりするとメダカがすぐに鯨になる。
 官邸メールが50追加で90になったことによる、受信側の負荷ということであるが、これには問題はない。
余命2号を例にあげると、末尾制限をかけているので、送信日は2,12,22の3回、つまり10日に1回、月に3回だ。5月いっぱいでちょうど10ヶ月だがそれでも30回にしかならない。ファイルが90になっても、それは全く変わらない。
 ミラーサイトで、官邸に一度全ファイルを送信してから末尾扱いとしたのは、一度送信して、官邸のデータベースにマスターファイルを作らせたということと、各省庁への割り振りに1日時間をとったということである。
 今日は3日だが、新規メールを含め末尾4以降はまだ全く送信されていない。今日は末尾3の日である。毎日、余命90ファイルが送信されるわけではない。
官邸メールは各省庁に割り振りされるが、官邸でも各省庁でもマスターファイルは一つであとはカウントされるだけである。書類が山積みになるわけではない。

 ところで官邸メールは効いてるの?という話題が尽きませんな。
メール一つで世の中がガラリ変わるなんてことはあり得ないが、今回の新規官邸メールをみると現実にそうなりそうな流れである。
 官邸メールが集中するということは国民の関心の表れであるから、政権や行政に対して一定の影響を与える。政権の意向に合致する場合は強い追い風となる。
相手のあることであるから、法案もだましあいである。
 大体において官邸メールに挙げた案件は、行政に関しては対応が早い。ある面ガス抜きのようなところがないわけではないが、事後、無視はできなくなる。具体的には医療関係の不正受給がメールに上がったとたんに、暴力団がらみの診療報酬事件が摘発されている。
医師タレントの脇坂英里子と住吉会系組長三戸慶太郎被告らが関与した事件は、接骨院、歯科医院等の不正受給が数億規模で暴力団にも流れていたという。この関係のメールアップではとんでもないデマ、誹謗中傷投稿があいついだことを覚えている読者は多いだろう。
 今回も医療に関してかなりの長文投稿がある。匿名、削除希望の投稿ばかりだが、いずれ掲載するつもりである。
先日、選挙における国籍条項復活として余命17号と18号が記事になっていた。厳密にいえば違うのだが、あいまいな部分をはっきりとさせて、開票における外国人アルバイトの採用や監視を徹底して不正を防止するという姿勢を見せただけでも意味がある。
 この公職選挙法改正案に反対は共産党だけ。そういえば自民票がごっそりどこかに流れていたような事件がありましたな。
今回、ヘイトスピーチ法が参院を通ったが、罰則規定のない理念法である。野党は騒いだが、この手法はそっくり在日や反日勢力のパクリで、まさにブーメランである。

 官邸メール余命5号において、国歌斉唱、国旗掲揚拒否をする教員への解雇を含む罰則規定を設けるよう要望しているが、驚いたことに政府がまともに答えてきた。
 ついに共産党を支える二大組織、日弁連と日教組に戦後初めてメスが入ろうとしている。前々回掲載記事からである。再掲する。

マンセー名無しさん
64号が後押しになるかと思われ。
教職員の政治活動に罰則 自民、特例法改正案、秋の臨時国会にも提出
http://www.sankei.com/politics/news/160510/plt1605100003-n1.html via @Sankei_news
 自民党は9日、今夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられることを踏まえ、公立高校の教職員の政治活動を禁じる教育公務員特例法を改正し、罰則規定を設ける方針を固めた。早ければ今秋の臨時国会に改正案を提出する。同法は「政党または政治的目的のために、政治的行為をしてはならない」とする国家公務員法を準用する規定を定めているが、罰則がないため、事実上の「野放し状態」(同党幹部)と指摘されていた。
 改正案では、政治的行為の制限に違反した教職員に対し、「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」程度の罰則を科することを想定している。
 また、私立学校でも政治的中立性を確保する必要があるとして私立校教職員への規制も検討する。これまで「国も自治体も、私立には口出ししない風潮があった」(同党文教関係議員)とされるが、高校生の場合は全国で約3割が私立に通学する実情がある。
 党幹部は「私立でも政治的中立性は厳格に守られなければならない」と指摘。小中学校で政治活動をした教職員に罰則を科す「義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する臨時措置法」を改正し、私立高の教職員にも罰則を適用する案が浮上している。
 日本教職員組合(日教組)が組合内候補者を積極的に支援するなど選挙運動に関与してきた過去を踏まえ、組合の収支報告を義務付ける地方公務員法の改正についても検討する。
(引用終わり)
 一応、入り口は国公立高校として、私立高校への規制も検討するということであるが、こんなものすぐに改正されて大学教職員へも適用される流れである(笑い)
「余命三年時事日記2」にも記述してあるが、官邸メール余命1号~40号までは、開始直後、末尾制限をしていなかった。そのため毎日、数万の投稿が20日程度続いたので、その段階ですでに1案件100万のレベルに達していたと思われる。

現在、在日や反日勢力への対抗軸として、官邸メールがどこまで貢献しているかはわからないが、昨年8月以来、常にセットできている。16日には余命本が3巻そろい踏みとなる。わずが5ヶ月で3巻書店に並ぶなんで誰が予想しただろうか。電子書籍化も進んで、文字通りの波状攻撃となっている。官邸メールそのものは従来は官邸に送って終わりであったが、余命ではブログだけでなく書籍にも公開している。
 やる気のある行政庁には追い風だが、やる気のないところは悲惨だな。新規官邸メールと余命本2はタイアップしているから彼らにとっては地獄本になるだろう。

 以前、大阪でヘイトに対する訴訟費用貸与とか、無償で弁護士が応援とかいう動きがあった。現在、現行の司法汚染状況の打破と反転攻勢に対応するサイトを準備中である。
 組織としてどのように運営していくか細部についてはこれからなのだが、保守系裁判の支援から取り組んでいきたいと考えている。この件は近日中に詳細をお知らせする。

眠り猫
余命爺様、スタッフの皆様
ボシタ祭り、ありがとうございます。熊本県出身として大変感謝しております。今の掛け声「ドーカイ」という言葉は「どうだろうか?」という意味にもとれますので祭りに合わないと思っていました。余談ですが、熊本地震で女性レポーターが「がまだすは頑張るという意味です」と言ってました。熊本弁で「がまだす」は「よく(しっかり)働く」という意味です。何言ってんだと思っていたところ、一昨日、朝日デジタル「がまだせ熊本」とネットに出ていたので(ああ、やっぱり)と変に感心しました。今後も応援しています。皆様お体ご自愛ください。

Augusta
余命殿
ヘイトスピーチ対策法案可決。朝鮮人は蔑称だそうです。「朝鮮人」は厳密に定義された言葉ですね。じゃないと「北朝鮮」がニュースで流れる度に伏字になってしまう。
しょうがないので、これからは朝鮮半島人と呼びます。

.....いちいち韓国と北朝鮮を分ける必要のない場合に、南北朝鮮と表記するが、もうそんなレベルはこえている。今回のヘイトスピーチ法も在日駆逐の時間稼ぎであって、参院選以後、民進党(民主+維新)+共産党という反日連合がどこまで生き残れるかということにかかっている。
 「余命三年時事日記2」には選挙関連で反日連合関係の記事が満載だから面白いぞ!

ほうじ茶
余命爺様、スタッフの皆様、読者の皆様、お疲れ様です。
今回はPCからではなくスマホから投稿します。
新官邸メール、やっと確認出来ました。
いよいよ外患罪告発ですね。
 昨日まではずっとミラーサイトにて全件メールしてましたが、本日からは末尾番号にてメール致します。
ところで、余命89号のご意見ご要望にある「捏造慰安婦ビジネスを創造し~」で気付きました。
 朴槿恵政権が発足時から提唱する創造経済とは、日本を対象とした捏造ビジネスの事だったんですね。
 朴槿恵は、科学技術とICTを基盤とした創造経済と言っていますが、なるほど、慰安婦捏造をビジネスにまで発展させることが出来た実績から、更なる捏造ビジネスを造り出すというのが創造経済の本質だったのかな~(笑)
そりゃ失敗しますよね。
 今や日本人の覚醒スピードは、中韓による日本への侵略スピードを猛烈に上回っていると思います。
 朴槿恵も、まさかここまで日本人の覚醒が進むとは思っていなかったのでしょう。
とは言っても、まだまだ日本人の多くが、中韓の手先のメディア等によるソフト戦略に洗脳されているのが現状だと考えます。
 私の周りの方々に中韓汚染の話をしたら、メディアに対してはある程度の懐疑的な感想を持っているのですが、司法や行政の汚染を話しても、まさかそこまで?と疑われてしまいます。
 このような状況を踏まえて私は、来るべきハードランディングの時の世論を少しでも安部政権の味方に付けるべく、無理のない程度に日本の現状の拡散に努めます。(ほうじ茶)

かたかごの乙女
余命様、皆様、お疲れさまです。
新しい官邸メール、本当にありがとうございました。ワクワクしながら読みました。
日本を愛する皆様の思いが詰まった官邸メールです。
正しくこの日本を守る為の官邸メールです。
より一層毎日の送信に勤しむ事が出来そうです。

琵琶鯉
余命翁様、スタッフの皆様、新官邸メール投稿お疲れ様です。内容を読んで胸熱(*≧∀≦*)です。
 ゴールデンウィークも終わり世間も通常運転になってまいりましたが、日本を取り巻く状況はかなり緊迫した感じが致します。特亜三国に至っては、支那で、李克強さんの暗殺未遂(New US より)事件、パナマ文書に共産党高官など中国人の名前がかなり占めていたり、習近平さんが昨年、改革した人民解放軍の戦区改変はどうも失敗したようで、ネット上では内戦状態。そして、この第三戦区は北朝鮮と深く繋がっているようです。
 地図で見たら旧満州国、これは一体なに示しているのでしょうね。韓国に至っては政治も経済も行き詰まり、もう在日の帰還を促さねばどうにもならない状態。来年早々には兵役拒否者の個人名のネット公開になるようで・・・・米国ではトランプ氏の勢いが止まりませ。安倍さんの手腕が問われますね。こんな時代に居合わせ私はある意味幸せかもしれません。とても面白いです。不謹慎でスミマセン。

日本を取り戻す
朝日新聞の慰安婦訴訟が、偏向した団体である日弁連のために高いハードルとなり、頓挫していると聞き、大変残念に思っています。
 朝日新聞の広告主に抗議し、朝日新聞の経営基盤を崩すこと、押し紙問題で、損害賠償を訴訟させることが、反日メディアの壊滅に有効だと思います。
 そこで官邸メールが、国を動かす原動力になったのに鑑み、官邸メールを作成された方には大変お手数ですが、朝日新聞の主要広告主のコンプライアンスの意見を受け付ける窓口に、抗議の文面を投稿できるツールを作っていただき、一斉にコンプライアンス違反の抗議文を送れないでしょうか?
 実現すれば、反日メディアの殲滅には大変有効だと思われます。
よろしくお願い致します。

.....先日は大変お世話になった。ありがとう。
朝日集団訴訟は訴えている方が日弁連で弁護しているのも日弁連じゃただのガス抜きであるとして、余命は放置してきた。結果、予想していた通りになっただけの話である。
 

けいちん
官邸メール及び新規官邸メールの索引見ましたが、圧巻であり、かつ壮観です。余命ブログ遮断から短期間でここまで来るとは、私も正直予想出来ませんでした。ミラーサイト様の送信数驚きました。5月11日分で官邸メール62万、号外版89万、総計150万オーバー。ここが日本なのだと改めて思わせられると同時に、日本人に生まれて良かったとつくづく感じます。こんな民族を敵に回したら、命がいくつあっても足りません。(笑)
 左派系のchange何とかの署名サイトが何週間もかかってやっと数万件集まるのと比べれば、まさに象とアリです。
「安倍総理への直接の応援歌になる。」この意味が分かりました。

.....これは末尾制限をかけているから、実際はこの10倍あるということだ。一斉に送信したら1500万オーバー。さすがにもたんだろうね。

ゆう
どこから官邸メールを送信できるのか分からない。
最近は個人の伝言板と化してるから、雑多な文章が乱立していて、どこに大事な情報があるのか分からない。意見すれば反日在日扱いされるし…。活動に参加したくても全くやり方が分からない。

.....「余命ミラーサイト」で検索すれば官邸メールの送信法方その他が記載されているサイトが開く。余命ブログは在日や反日勢力と目下戦闘中である。ましてやアフィブログではないから迎合もしない。面白いブログでないことは確かだな。別サイトがいいかもな。

  1. 余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。

     いよいよ困窮してきたのかまるで南鮮が書くような妄想記事を露が書いてます。原油価格1バレル252ドルなら中共の東シナ海ガス田やメタンハイドレートでさえ黒字化してしまいます。最近少し原油価格が上がって1バレル46ドル程度になっていますが、このような願望記事をみていると70ドル程度まで上がらないと露は回復が始まらないという噂は本当なのかもしれませんね。
     過去に原油を止められ日本は完全に追い込まれて米国と戦わざるを得なくなってしまいましたが、今度は違う方法で米国は反米国を追い込んでいるのが確実になって来ました。謀略は本当に上手な国です。その米国を味方につけた日本を敵に回した朝鮮人や反日日本人も早く手を打たないと滅ぼされるでしょう。
     ということで、今日もポチッと官邸メール。スプートニクから。

    米エネルギー省 原油1バレル=$252までの値上がりを予想

    Alexei Filippov
    経済

    EIAの長期予想によれば、世界の主要なエネルギー源の役割は、今後25年。石油が演じるとのことだが、そればかりでなく、2040年までに、その価格は1バレル当たり、前例のないレベル、つまり$252になる可能性があるとのことだ。このデータは、米エネルギー省情報局の分析専門家が、その報告書の中で引用したものだ。

    報告書の中では、状況の進展に関し、肯定的なもの、否定的なもの、そして最も現実的なものという3つのシナリオが示されている。

    否定的なシナリオの中では、原油価格は2040年までに1バレル=$76の水準となると規定している。またもっとも現実的なシナリオとしては、2040年までに原油価格は$141になるとしている。そして最も好ましいものとして挙げられたのが、25年後には史上最高値に達するという、1バレル=$252ドルだった。

    こうしたバリエーションは、OECD(経済協力開発機構)諸国のGDPの伸びのテンポが、平均年4,5%のテンポで伸びた場合、またそれらの国々の経済が安定して発展した場合、可能になるとのことだ。

  2. 本文中の「雑多な文章が乱立していて、どこに大事な情報があるのか分からない。」
    とのご意見を観て改めて思いました。
    「日本人は、情報がタダだと、無償なのが当たり前だと思い込んでいるみたいだ。」
    どこで見聞きしたのか忘れましたが、正に、、、。

    金や代償を払って得た物であれば、それに見合うだけの価値があるかどうか等の精査をする人も多いかもしれない。

    新聞・テレビが嘘をつくわけがない。
    マスメディアから与えられた情報は全てが事実である。
    生まれてからずっと何十年も、それが当たり前で疑う余地もなく、ほぼ無意識に受け入れていた。悪意に満ちた意図的な情報だと全く疑いも知りもせずに。

    ただ、情報を与えられただけで、事実を知り得ただけでは今後も常に右へ左へ困惑する機会は減らないと思います。
    出来る出来ないは仕方がないことだと思いますが、やるやらないは自分の意識の問題です。
    物事を正確に読み取る術を身に付けようという意識がなければ、自分では抜け出せていたと、覚醒したと思っていても最悪、また気がつかぬうちに利用されるだけです。

  3. >参院選以後、民進党(民主+維新)+共産党という反日連合がどこまで生き残れるかということにかかっている。

    そういう見方もあるんですね。

    北海道の補選を見る限り、自公が勝てたのは鈴木宗男のおかげ、無党派層の7割が民共側に投票ですから、あと数年もすれば民共政権の成立もあり得ると思いますが、、

  4. 余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。

     余命官邸メールを無視する行政庁は単にやる気がないあるいは仕事ができないと言われるだけではなく、売国奴の手先あるいは敵国スパイと罵られる危険性まであるのでやる気のない行政庁は悲惨なことになると予想します。また、仕事を一向に進めようとしない行政庁には売国奴の手先あるいは敵国スパイ等の罵りメールもいいかも知れません。

    >現在、在日や反日勢力への対抗軸として、官邸メールがどこまで貢献しているかはわからないが、昨年8月以来、常にセットできている。(省略)やる気のある行政庁には追い風だが、やる気のないところは悲惨だな。新規官邸メールと余命本2はタイアップしているから彼らにとっては地獄本になるだろう。

  5. 初めてコメント欄に投稿しました。
    どこに投稿したら良いのかわからず、コメント欄に投稿してごめんなさい。
    初代の頃からかかさず余命3年時事日記を拝見していて、日本の危機的な状態を知り愕然としました。
    官邸メールを送信することしかできないのですが、少しでも何かできればと思います。
    本当にいつも貴重な情報を届けて下さり、ありがとうございます。

    ところで「民泊」について取り上げて頂くことはできませんか?
    5月13日の日経新聞に「民泊を全面解禁」という記事が載っていました。現在は保健所に旅館業法の許可を得なければ、違法民泊となっています。
    それを、ネットを通じて都道府県に必要な書類を届け、マイナンバーを記せば、住民票を添えなくても民泊を開業できるようにするそうです。

    そうなると、マンションの1室でも簡単に民泊を開業できるようになり、住民はマンションの1室が民泊で使われていることも知らない場合があります。
    オートロックがあっても、マンションの内部に旅行客が出入りできるのであれば、防犯上も治安の面でも問題が出てきます。

    2020年までに訪日客を4000万人に増やす目標達成のために、なんで今まで平穏に生活している普通の人々の生活環境が乱されなければならないのでしょうか?
    もし、民泊の部屋で火災がおきたときは誰が責任を取るのだろうか?
    民泊を歓迎する人ばかりではないと思います。
    しかも現状で民泊サイトに登録しているオーナーは日本人は以外と少ないように感じます。

  6. >.....いちいち韓国と北朝鮮を分ける必要のない場合に
    >南北朝鮮と表記するが、もうそんなレベルはこえている。

    ここについては、余命爺様に敢えて異論を。
    日本の政治史上、朝鮮人を蔑称であると公式に認めたのは、これが初めてだと思います。
    現代語訳された「朝鮮雑記」を読みましたが、朝鮮人の風俗を笑い者にする一方、それは長く続く愚民化政策のせいであり、朝鮮の支配層に苦言を呈するものでした。
    朝鮮の全てを笑い者にしていません。
    福沢諭吉が支那・朝鮮と縁を切れと唱えても、それは個人の考えに過ぎません。
    18世紀の朝鮮通信使 金仁謙は日本への旅を「日東壮遊歌」に残しています。その中で、日本人が漢詩を教わりに来たとの描写があり、朝鮮文化に敬意を持っていた事が分かります。

    これまで個人が朝鮮を蔑視することはあったでしょうが、今回、日本政府が朝鮮人の呼称に敬意を払う価値が無いと認めてしまったのです。
    朝鮮人を朝鮮人呼ばわりすると訴訟沙汰になる。
    日本は朝鮮人全体にヘイトの当たり屋と烙印を押したと言えましょう。
    これで大和民族と朝鮮民族が和解できる可能性は、完全に消滅しました。

  7. 爺様皆様、ドサンピンであります。
    皆様方の新官邸メールの弾幕の嵐、ゴキブリどもにとってはまさに脅威でしょうな。
    ゴキブリと言えばあの禿、俺が仕事で多忙だった間に大分頭のほうにも火が回ってきて
    ついに東京地検に刑事告発までされてしまいました。
    あの野郎、次はねぇだろうな。 さて、どこまで居座っていられるかな? でひゃひゃひゃひゃ^p^

    さて、ここで愚痴をいくつか。
    うちの仕事先の上司の女性の方が、お子様ご主人共々まったくPCもゲームの類もやらない方らしく、
    すべて携帯で済ましているご様子で、おまけに筋金入りのお花畑のお局ときたものだから
    こりゃあかんとほとほと手を焼いている次第。
    仕事用の買い出しは、地元のオリンピックの中にあるダイソーと、近場のヤマダ電機でした。
    そこに付き合わされて、終始口をへの字にするしかなかった俺様。 いやぁもう、白けきっちまって。
    『中国製でも日本企業も開発にかかわってる品の良いものもある』なんぞぬけぬけと説教垂れやがって。

    あのなぁ、それチャイナリスクっていうんだよ。 中国は爆発の国だぜ?
    そんなのに国内企業が関わってるから技術丸パクリされて泣きを見るんじゃぁワレェ!
    「俺みたいに経済的にやむを得ない事情があるなら別だとしても、
    ただ単に安いからと言って、敵国で作られた産品を買うことがどれほどまずい結果を生むことになるのか
    あなたはご自身で理解できていらっしゃるのか!?」
    と、久々に心中でキレそうになったぜ。 よく耐えましたよ俺。 さて、どうしたものか……。
    こういうハイパーアウトドア派の方に、余命をどうお知らせするか、皆様方のお知恵を拝借したい。
    はっきり言って、俺の手に負えん強敵だ。
    仕事と子育てに忙しくて、読書もやらんようです。

  8. 余命様、スタッフ様、いつもありがとうございます。
    新官邸メール、さっそく送りました。
    外患罪のメールが反日勢力に個別に対応していて、圧巻としかいいようがありません。

    余命44号の外患罪メールでフジテレビの部分に「日本の国旗、国歌を貶め・・」いう内容がありますが、今日のニュースで疑問に感じることがあったのでコメントさせていただきます。

    NHKでヘイトスピーチ法案を報じるニュースの時、映像が日の丸を掲げたデモの様子で、法案のニュースの間中、日の丸のアップでした。
    いつもはテレビで日の丸を映さないのに、こういう時に使うのかという驚きと共に「日の丸=ヘイトスピーチ」という印象操作だとわかりました。

    法案が罰則のない理念法とはいえ、ニュースそのものが「日の丸デモはヘイトスピーチ法案に違反するぞ」という脅しになっているわけで、マスコミ含む反日勢力が、日本人の在日への不満や行動を封じ込める手段として法案を利用しようとしているのを感じました。

    このようなニュース映像も外患罪に当たると言えるでしょうか?
    余命44号の内容に含まれますよね?

    1. 青丹よし様

      昨日の5月14日の夕刻のTBS系ニュース番組でも、同様な印象操作が行われていましたよ。
      733:巷間アラカルト55-記事内の「某リスト有名人様」の内容が正に、その番組の内容と一致します。
      連中のやり方には反吐がでます。
      TVでニュース番組を覧ていると、いつか気がついたら画面が割れていそうで苦笑します(笑)

  9. カテゴリ違いかもしれせんが1つご報告です。
    16日発売の余命三年時事日記2ですが、13日時点でフライング販売(笑)しているのを発見しました。
    ・ブックファースト北千住店
    通路側の目立つ位置に「余命本2」が10冊以上、堂々たる平積みです。以前ハンドブックが置いてあった場所になります。遠目で見る限り表紙がいつもの赤・青ではなかったので、あぁ売場変わっちゃったか…とはじめ思いましたが、それが余命本2と気づいた時はさすがに目を疑いました。やるな、と。すぐ上の台座には余命本1も表紙を手前にして置かれていました。
    更にその奥の文芸・ノンフィクション棚にもひっそり余命本1と余命本2が棚差し、隣にはハンドブックが表紙を手前にして置かれてあり、3冊並んでいるのが確認できました。政治・経済の棚であれば文句なしですが、まぁノンフィクションと言えばノンフィクションですし、売る気があるだけましですよね(笑) もちろん検索機でも余命本2含め全て在庫ありとなっています。
    今回は発売日前にお目にかかれたのが嬉しかったのでついお知らせしました。あ、もちろんその場で即買いしましたよ~

  10. 随分昔の余命記事で『60 自衛隊OB放談会 日中戦争』と言うものがありました。
    これは『81 緊迫の第一列島線』記事のケーブルセンサーと絡んだ内容で、あれだけ軍事費を費やす中共が、いまだに日本侵略への実力行使に至れない内情を暴露した記事です。
    ここ数日の、官邸メール記事にも通じる内容でもあります。
    この余命サイトの常連様がケーブルセンサーの役割を担い、官邸メールが『60 自衛隊OB放談会 日中戦争』記事で言う所の沈止機雷の役割を果たしているものと推察致します。
    今にして思えば、よくぞまぁここまでの体制を、拘束力の伴う法的根拠も無いのに築けた(気付けた)なっと関心致しております。
    今までマスコミは日本の防衛力強化を軍国主義化と擦り替え、目立つイージス艦やらFSXやらの創造した問題性を牽制球として投げて来ました。
    これは、特亜系の傀儡と化したマスコミは、どうしても「孫子の兵法」や「六韜」に代表される、騙し重視の兵法に感化された結果だと分析しております。
    しかし蓋を開けて見れば、国防の真髄は華々しいイージス艦や戦闘機などでは無く、目立つことの無いケーブルセンサーや沈止機雷(短係止機雷)にあった事は御存知の通りだと思います。
    現状では中共の軍用艦が我が国の短係止機雷に仕留められた事例はありませんが、官邸メールと言う短係止機雷は盛大に敵潜水艦をドッカンドッカン沈めている様ですね。

    扨て話題のヘイトスピーチ法ですが、これは国民の公共的利益を大前提とする国内法としては異例の法律であると認識しておく必要はあるでしょう。
    確かに与党によって骨抜法と言う形で成立し、時間稼ぎのツール化を実現した様ですが、そもそも「外国人が国民を差置いて有利になる」法律は明確な売国法であり、議論の余地無く却下されねばならない類のものなのです。
    これは北朝鮮の様な目に余る人権侵害国家に対して非常手段として国際社会が講じる”人道的介入”のアルゴリズムを悪用した、国家侵略を目的とした『人道的干渉』に該当するものです。
    そんな『人道的干渉』を許し、堂々と売国法を審議に掛ける野党を国会に送り込んでしまった現実を直視し、その不法性や危険性を啓発するアクションが今後必要となる事でしょう。

    その為には、現在国内に巣食う敵艦を地道に迎撃して行く必要がありますので、官邸メールと言う短係止機雷は継続的にバラ撒いて行く必要がありますね。

  11. 余命さま、スタッフの皆さま増々ご健勝の事とお喜び申し上げます。

    なりすましの一件が収束したようですね。
    様子を見ている間にいろいろな事が報道で明るみになるなど、事態は刻一刻と動いている事を実感します。

    さて釈明とか言い訳になる事を承知の上でコメントさせていただきます。
    以前わたしが投降した内容の中に命も惜しくないという語句がありました。
    これは表現としては稚拙と解釈され、それが故に成りすましされたと自嘲しております。

    命云々の行では言葉が足りなかったので補足しておきたいと思います。

    まずソフト、ハードの問題ですが前者はともかく後者は否応なく巻き込まれる事を想定しての表現でした。
    もちろんここまでをきちんと明記するべきでしたが、感情的になった事もあり出来なかった事が我ながら恥ずかしく思っています。

    ここのサイトに投降されている方々は己の頭で思考していると存じますが、いざ其の時、万一の事態に見舞われたときに己を守るのは己自身しかいません。
    こういった事を含めて命がけになる事を想定していたのですが、言葉足らずでした。

    そしてこのサイトに投降されている皆様にお詫び申し上げます。
    如何に成りすます本人が悪いとは言え、その隙を与えてしまった事は偏にわたしの不注意で誘発してしまいました。

    失礼致します。
    秋津洲

  12. 余命さん、投稿のみなさん、こんにちは。

    官邸メール去年8月から続けています。夏の暑い日は、図書館からメールしていました。やってみたらできました。これおすすめします。

    さて、敵の情報ですが、民進党後●●一氏の看板にこのような宣伝が・・・。

     2014年12月~15年9月質問王ランキング
     188、189国会版 三ツ星国会議員
     NPO法人 万年野党

    万年野党は、2014年1月6日設立の田原総一朗氏が会長の法人だそうです。
    私は、質問王ランキングがあることに呆れましたが、2年以上 ◆フェイスブックに、「いいね!」した友達はまだいません◆ となっていたのに納得しました。
    私の隣の家族は、共産党員です。県道沿いの自身の畑に志位と地元の候補者のツーショットの看板が立ててあります。通学路なので候補者の顔がいたずらされていますが・・・。朝日新聞を購読、軽自動車で赤旗を配りにやってきます。何かあったら投稿します。戦闘中なので。

  13. ヘイトデモについて、正に今、テレビで垂れ流し状態だなー。
    ひたすら被害者、傷つけられた我々、差別された我々可哀想、の一方的な言い分のみ。
    滑稽を通り越して、向こうの世界に行っちゃってるなぁ。
    出て行け、が親切な最終警告って、伝わらないのかぁー。
    日本人の思考に、彼奴らの意見が何ら影響を及ぼすことが無いって、理解出来ないんだなぁ。
    日本人が怒るのには、古来から、ちゃんと根拠がある。
    根拠を捏造など、する事は無い。
    どんどん首が絞まって行く。
    それも自分らの手で。
    もう、残された時間、無いのにな。
    ヘイトとかゴチャゴチャ言って、時間稼ぎのつもりなんだろうけど。

    他文化交流って、ふれあい館の主催者、何か旨味があるのかなー?
    これも調べてみよう。

    川崎市にT豚Sかぁ。
    ふぅーん。
    あ、ヨシフ先生キターw

  14. YKK
     余命翁様、スタッフの皆様、いつも有難うございます。
    テレビを点けたままブログを見ていたら、TBS報道特集で熊本地震と川崎デモを放送してました。
     熊本からはトンズラー金平がレポートしてました。パヨクの人間は都合が悪くなると、過去は不問にして白を切るか逃げ出す。コイツや岸井・鳥越達には恥と言う概念が無いんでしょうね。
     川崎デモについては、朝鮮人へのヘイトスピーチと言う事で、ヘイト法採決や京都朝鮮人学校の裁判勝訴等々を放送してました。しかし在特会を始めとする保守が何故デモをするのかと言う本質には全く触れていません。
     しかし頓馬Tで馬鹿BなスタッフSを抱えると、このような番組しか作れないのでしょうか。
     食事時のテレビを見ていたら腹が立ち思わずコメントしました。が、本コメント削除して頂いて構いません。
     予約の余命2、何処の書店からとは申せませんが、今日手にしました。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト