余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-09-19 02:47
1162 小坪しんや事件1  (0)
引用元のソース

テロ犯「小坪しんやはブログで辞意表明を行え!さもないと行橋市役所を爆破する!」→行橋市議会共産党議員らが発議「小坪慎也議員はテロ犯人に謝罪せよ!」→賛成多数で可決←???
提出議員は下記の通り。
提出者 市議会議員  德永克子
提出者 市議会議員  二保茂則
提出者 市議会議員  大野慶裕
提出者 市議会議員  藤木巧一

共産党が発狂している。
民進党(旧民主党+維新)と提携以来、民進党の衰退の受け皿として党勢を維持したものの、実態はジャパニズムにもあるように、取り巻く環境は厳しくなっている。
朝鮮傀儡政党とか売国奴集団と称される民進党と組んだことにより、戦後71年にわたって隠蔽してきた彼らに都合の悪いことがあぶり出されてきているのだ。
昨年の安保法制をはじめとする仕掛けが失敗して、巻き返しの一手として選択した提携であったが、逆に足を引っ張られている。
出版においては「山村明義 劣化左翼と共産党」「井上太郎 最前線日記」「村田春樹 日本乗っ取りはまず地方から」「行方市議会議員 小坪しんや」「田岡春幸 中小企業がユニオンにつぶされる日」そして一連の余命三年時事日記シリーズ、特に今回は外患誘致罪がテーマである。
民進党だけではなく、社民党や在日との連携も出てくるのはマイナスばかりで、沖縄における反対運動での逮捕者が在日韓国人であったとか、運動の沖縄以外の参加者には行動費5万円支給とか、もう目も当てられない惨状である。
国の反撃が始まり、先日、翁長も敗訴した。このような流れには、じっとしてはいられなかったのだろう。小坪しんや事件は得意の集団恫喝で、なりふりかまわず弱いところをついてきたということだ。この件は次回とりあげる。
今回は蓮舫二重国籍問題がかねてから在日や反日勢力の弱点であり、民進党(旧民主党+維新)と共産党が保身のために、いかに執拗に議員誓願として提案されてきたかを示す資料である。
このリストを見れば、まさに売国奴リストであり外患罪リストであることがわかる。
適用されるとすれば外患誘致罪であり、有罪、「死刑確定」である。日弁連が人道的問題として死刑廃止を訴えているが、簡単な話、これも保身ということである。
こういう実態がわかってくると、民主党野田政権が自衛隊クーデターを恐れて政権を放り投げたという噂も納得できるし、安倍政権成立後、30数名もの亡命者がどこかに殺到したという話もまんざらガセではなかったのだろう。
外患誘致罪で告発検討されているみなさんが関係する事案は赤字にしておいた。

第190回国会 法務委員会 第20号(平成28年5月25日(水曜日))
第20号 平成28年5月25日(水曜日)
会議録本文へ
平成二十八年五月二十五日(水曜日)
出席委員
委員長 葉梨 康弘君
理事  あかま二郎君 理事 安藤裕君
理事  井野俊郎君  理事 城内実君
理事  吉野正芳君  理事 井出庸生君
理事  逢坂誠二君  理事 國重徹君
尾身 朝子君    大塚  拓君   奥野 信亮君    門  博文君
上川 陽子君    笹川 博義君   鈴木 馨祐君    田所 嘉徳君
辻  清人君    冨樫 博之君   藤原  崇君    宮川 典子君
宮澤 博行君    宮路 拓馬君   若狭  勝君    階   猛君
山井 和則君    柚木 道義君   大口 善徳君    吉田 宣弘君
清水 忠史君    畑野 君枝君   木下 智彦君    上西小百合君
鈴木 貴子君

…………………………………
議員 宮崎 政久君    山口 壯君    逢坂 誠二君    江田 康幸君
法務副大臣        盛山 正仁君
法務大臣政務官      田所 嘉徳君
政府参考人(総務省大臣官房審議官) 佐伯 修司君
政府参考人(法務省人権擁護局長)  岡村 和美君
法務委員会専門員          矢部 明宏君

五月二十三日
法務局・更生保護官署・入国管理官署及び少年院施設の増員に関する請願(大口善徳君紹介)(第二三〇七号)

 民法を改正し、選択的夫婦別氏制度の導入を求めることに関する請願(大口善徳君紹介)(第二三〇八号)

 国籍選択制度の廃止に関する請願(横路孝弘君紹介)(第二三三三号)

 もともと日本国籍を持っている人が日本国籍を自動的に喪失しないよう求めることに関する請願(横路孝弘君紹介)(第二三三四号)

裁判所の人的・物的充実に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二四四四号)
同(池内さおり君紹介)(第二四四五号)
同(梅村さえこ君紹介)(第二四四六号)
同(大平喜信君紹介)(第二四四七号)
同(笠井亮君紹介)(第二四四八号)
同(穀田恵二君紹介)(第二四四九号)
同(斉藤和子君紹介)(第二四五〇号)
同(志位和夫君紹介)(第二四五一号)
同(清水忠史君紹介)(第二四五二号)
同(塩川鉄也君紹介)(第二四五三号)
同(島津幸広君紹介)(第二四五四号)
同(田村貴昭君紹介)(第二四五五号)
同(高橋千鶴子君紹介)(第二四五六号)
同(畑野君枝君紹介)(第二四五七号)
同(畠山和也君紹介)(第二四五八号)
同(藤野保史君紹介)(第二四五九号)
同(堀内照文君紹介)(第二四六〇号)
同(真島省三君紹介)(第二四六一号)
同(宮本岳志君紹介)(第二四六二号)
同(宮本徹君紹介)(第二四六三号)
同(本村伸子君紹介)(第二四六四号)

同月二十四日
外国人の在留資格に関する請願(吉良州司君紹介)(第二四七一号)

民法を改正し、選択的夫婦別氏制度の導入を求めることに関する請願(前原誠司君紹介)(第二四七二号)

法務局・更生保護官署・入国管理官署及び少年院施設の増員に関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第二六三四号)

同(池内さおり君紹介)(第二六三五号)
同(梅村さえこ君紹介)(第二六三六号)
同(大平喜信君紹介)(第二六三七号)
同(笠井亮君紹介)(第二六三八号)
同(穀田恵二君紹介)(第二六三九号)
同(斉藤和子君紹介)(第二六四〇号)
同(志位和夫君紹介)(第二六四一号)
同(清水忠史君紹介)(第二六四二号)
同(塩川鉄也君紹介)(第二六四三号)
同(島津幸広君紹介)(第二六四四号)
同(田村貴昭君紹介)(第二六四五号)
同(高橋千鶴子君紹介)(第二六四六号)
同(畑野君枝君紹介)(第二六四七号)
同(畠山和也君紹介)(第二六四八号)
同(藤野保史君紹介)(第二六四九号)
同(堀内照文君紹介)(第二六五〇号)
同(真島省三君紹介)(第二六五一号)
同(宮本岳志君紹介)(第二六五二号)
同(宮本徹君紹介)(第二六五三号)
同(本村伸子君紹介)(第二六五四号)
同(吉田宣弘君紹介)(第三〇二一号)
同(城内実君紹介)(第三一七〇号)

裁判所の人的・物的充実に関する請願(漆原良夫君紹介)(第二七七二号)
同(大口善徳君紹介)(第二九六八号)
同(清水忠史君紹介)(第三〇二二号)
同(横路孝弘君紹介)(第三〇二三号)

国籍選択制度の廃止に関する請願(横路孝弘君紹介)(第三〇一九号)

もともと日本国籍を持っている人が日本国籍を自動的に喪失しないよう求めることに関する請願(横路孝弘君紹介)(第三〇二〇号)

選択的夫婦別姓の導入など、一日も早い民法改正を求めることに関する請願(赤嶺政賢君紹介)(第三一三三号)

同(池内さおり君紹介)(第三一三四号)
同(梅村さえこ君紹介)(第三一三五号)
同(大平喜信君紹介)(第三一三六号)
同(笠井亮君紹介)(第三一三七号)
同(穀田恵二君紹介)(第三一三八号)
同(斉藤和子君紹介)(第三一三九号)
同(志位和夫君紹介)(第三一四〇号)
同(清水忠史君紹介)(第三一四一号)
同(塩川鉄也君紹介)(第三一四二号)
同(島津幸広君紹介)(第三一四三号)
同(田村貴昭君紹介)(第三一四四号)
同(高橋千鶴子君紹介)(第三一四五号)
同(畑野君枝君紹介)(第三一四六号)
同(畠山和也君紹介)(第三一四七号)
同(藤野保史君紹介)(第三一四八号)
同(堀内照文君紹介)(第三一四九号)
同(真島省三君紹介)(第三一五〇号)
同(宮本岳志君紹介)(第三一五一号)
同(宮本徹君紹介)(第三一五二号)
同(本村伸子君紹介)(第三一五三号)

 治安維持法犠牲者に対する国家賠償法の制定に関する請願(奥野総一郎君紹介)(第三一五四号)

同(穀田恵二君紹介)(第三一五五号)
同(近藤洋介君紹介)(第三一五六号)
同(佐々木隆博君紹介)(第三一五七号)
同(志位和夫君紹介)(第三一五八号)
同(田島一成君紹介)(第三一五九号)
同(寺田学君紹介)(第三一六〇号)
同(畠山和也君紹介)(第三一六一号)
同(藤野保史君紹介)(第三一六二号)
同(堀内照文君紹介)(第三一六三号)
同(本村伸子君紹介)(第三一六四号)
同(横路孝弘君紹介)(第三一六五号)

 民法・戸籍法の差別的規定の廃止・法改正を求めることに関する請願(清水忠史君紹介)(第三一六六号)

同(塩川鉄也君紹介)(第三一六七号)
同(堀内照文君紹介)(第三一六八号)
同(宮本岳志君紹介)(第三一六九号)

同月二十五日
 治安維持法犠牲者に対する国家賠償法の制定に関する請願(池内さおり君紹介)(第三二七六号)

同(笠井亮君紹介)(第三二七七号)
同(岸本周平君紹介)(第三二七八号)
同(玉城デニー君紹介)(第三二七九号)
同(福島伸享君紹介)(第三二八〇号)
同(古川元久君紹介)(第三二八一号)
同(宮本岳志君紹介)(第三二八二号)
同(宮本徹君紹介)(第三二八三号)
同(赤嶺政賢君紹介)(第三三七四号)
同(梅村さえこ君紹介)(第三三七五号)
同(大平喜信君紹介)(第三三七六号)
同(穀田恵二君紹介)(第三三七七号)
同(斉藤和子君紹介)(第三三七八号)
同(志位和夫君紹介)(第三三七九号)
同(清水忠史君紹介)(第三三八〇号)
同(塩川鉄也君紹介)(第三三八一号)
同(階猛君紹介)(第三三八二号)
同(島津幸広君紹介)(第三三八三号)
同(田村貴昭君紹介)(第三三八四号)
同(高橋千鶴子君紹介)(第三三八五号)
同(西村智奈美君紹介)(第三三八六号)
同(畑野君枝君紹介)(第三三八七号)
同(畠山和也君紹介)(第三三八八号)
同(藤野保史君紹介)(第三三八九号)
同(堀内照文君紹介)(第三三九〇号)
同(真島省三君紹介)(第三三九一号)
同(升田世喜男君紹介)(第三三九二号)
同(本村伸子君紹介)(第三三九三号)
同(池内さおり君紹介)(第三四六八号)
同(大平喜信君紹介)(第三四六九号)
同(笠井亮君紹介)(第三四七〇号)
同(金子恵美君紹介)(第三四七一号)
同(菅直人君紹介)(第三四七二号)
同(黄川田徹君紹介)(第三四七三号)
同(小宮山泰子君紹介)(第三四七四号)
同(志位和夫君紹介)(第三四七五号)
同(田村貴昭君紹介)(第三四七六号)
同(武正公一君紹介)(第三四七七号)
同(辻元清美君紹介)(第三四七八号)
同(宮本岳志君紹介)(第三四七九号)
同(宮本徹君紹介)(第三四八〇号)
同(赤嶺政賢君紹介)(第三六四七号)
同(小川淳也君紹介)(第三六四八号)
同(清水忠史君紹介)(第三六四九号)
同(藤野保史君紹介)(第三六五〇号)
同(吉川元君紹介)(第三六五一号)

国籍選択制度の廃止に関する請願(荒井聰君紹介)(第三三七一号)
もともと日本国籍を持っている人が日本国籍を自動的に喪失しないよう求めることに関する請願(荒井聰君紹介)(第三三七二号)

裁判所の人的・物的充実に関する請願(階猛君紹介)(第三三七三号)
同(若狭勝君紹介)(第三四六七号)

法務局・更生保護官署・入国管理官署及び少年院施設の増員に関する請願(若狭勝君紹介)(第三四六六号)は本委員会に付託された。
本日の会議に付した案件
政府参考人出頭要求に関する件
部落差別の解消の推進に関する法律案(二階俊博君外八名提出、衆法第四八号)
(以下略)

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト