余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-07-19 07:45
1052 1049その他コメント欄より(伏見ブログ)①(0)
引用元のソース

kelheim
伏見ブログに関して、障害者に対する認識のひどさについても触れておきたいと投稿しました。
ブログタイトルは「【酒鬼薔薇聖斗を斬る②】一流精神科医が診断する。更生していない。再犯の可能性が高い。拡散自由」
2015/6/19の記事です。
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/8ea6053810d6b3a74f75019f3988e6eehttp://blog.goo.ne.jp/duque21/e/8ea6053810d6b3a74f75019f3988e6ee

この記事の中で伏見と彼の友人なる精神科医が会話していますが、この精神科医が「本当に精神科医なのか?」と言うレベルのお粗末さです。

酒鬼薔薇聖斗に関しては「サイコパス」であるという認識が一般的です。
「サイコパス」と言うのは本来は精神疾患などを持っているわけではなく、”善意”や”良心”を持たない人間の事なのです。
こちらのサイトが分かりやすいかと思います。
http://www.psy-nd.info/http://www.psy-nd.info/

しかし、伏見の友人の精神科医は「発達障害」と断言。
少しでも発達障害に関する本を読んだり、それらしき人が周囲にいる人なら分かるかと思いますが、まったくの見当違いもいいところ。
「サイコパスを発達障害」と言うのは、「吸血鬼を見てコウモリ」と言うのに近しいぐらい違います。
詳しい病態などについては割愛します。
この件で伏見に抗議のコメントを送りましたが、承認後アップ式のコメント欄ですので当然無視。しかも、NGワードに登録しているのでしょう、普通に書いた文章が全く受け付けられない。
各種試した結果「障害」と言う言葉がNG対象になっているようでした。
そのような姑息な手段を取ってでも、自分に対する批判から逃げたいという伏見に「義」はありません。
今回の刑事告訴に当たり、私が体験した伏見ブログでの一件を申し添えたく投稿いたします。

A.K
余命様、スタッフの皆様、日々様々な工作に晒され案じております。友人から白紙委任状は危険と指摘がありました。根拠は、伏見ブログとの事、すぐブログを開いてみましたが、唖然としました。カルト宗教とか国税、全国県警に通報とか出ています。身元が知れないとの事なので、「ジャパニズム31」の表紙をコピーしメールに添付して送りました。
余計な心配したと返信がありましたが、我々は軸足をしっかりさせ、少々の事にぶれない信念を持つ事が重要です。
成し遂げなければ成らないのは何か、日本を本来の姿に取り戻し、孫子の代まで引き継ぐ事、日本に害をもたらす移民の排除です。ただ、子供たちが安定した状態で生きて行ける国で有る事を願うばかりです。

豆腐おかかmade22
余命様、おはようございます。
刑事・民事、両方の告発ということで、わたしのほうで提供できます資料をこれからまとめさせていただきます。
それで、伏見あきまさのブログに対してログ保存請求、ログ開示請求をしないと、削除して逃亡されてしまうのではないでしょうか。
弁護士を通し、早急に開示請求しなければと心配になりました。
伏見をそそのかし、裏で記事を書かせている真・カミカゼがいます。
コメント欄に投稿していると思います。
かなり前なので残っているかどうか。
わたしも散々中傷をされています。
ログは3カ月くらいしか残してないと聞きます。
一応魚拓がありますが、泣き寝入りになってしまうのではないかと危惧しております。

.....この事案は、刑事事件の部分は伏見側がオーバーランして発生しているので争いようがない。民事訴訟の部分では有資格原告が増え、その過程で、公務員なりすましや捏造、公務執行妨害事案が発生する可能性が高い特異な裁判となる。
すでにお知らせしているが、「日本再生大和会」の事務所を新設したため電話からパソコン事務機器の設置に今週いっぱいかかると聞いている。
独自に弁護士を入れて動かれてもいいが、大和会が稼働後に提携された方がいいようにも思う。いずれにしてもこの事案は支援対象であるから、資金についてのご心配は無用である。とりあえず危惧されるのであれば、ご自身に関する件だけでも弁護士を通じてプロバイダーにデータ保存手続きをとればいいだろう。その費用も支援されるよ。
法律改正で、一応1年間はデータが保存されているが早いほうがいいかもな。
原告がかなりの数いるので、まとまれば原告団を結成して集団告訴ということになるが、損害賠償の請求額に大きな差があるので、そこがこれからの検討課題となっている。

真太郎
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」です。逐一突っ込んでみました。文中の(←・・・)は真太郎の突っ込みです。

【大爆笑①】「余命真理教」夏の「打ち上げ花火」
2016-07-18 13:25:27 | 皇室
朝、起きて、ネットを見て、腹筋が大崩壊した。「余命爺が伏見ブログを刑事告訴する」と喚いていたからだ(爆)
やるのは、勝手だけど、「法律に関しては完璧無知な余命爺」よ刑法何条の何罪で告訴するか行って見なさいよ(怒)わからないでしょう。(←名誉棄損罪(刑法230条1項)。もしかして知らなかった?)
★それに、逆じゃないの(笑)私が「余命真理教」を刑事告訴なり、刑事告発するならわかるけど。(←一件の苦情も寄せられてないのに?それこそ刑法何条で刑事告発するつもり?)
★余命爺よ、「自分の胡散臭いところ」「日本人の倫理に反した募金行為(←倫理のどの部分に反している?)と政治資金団体(←政治団体ではないのに政治団体と決めつけている。)の立ち上げ」「日本国の法律のでたらめな解釈」(←どの法律の解釈?)等々を「批判」されることは、「誹謗中傷」ではないんだよ。「日本語学習」が工作員時代に不足していたようだから「広辞苑」を引いて調べてみなさい。
★普通の「日本の社会通念」を理解した、成人男性は「批判」されても、「誹謗中傷」とはとらないよ。「朝鮮族」はわからないけどね(笑)(←何の根拠もなく犯罪者扱いしたら『批判』ではなく誹謗中傷。)
「保守合同会議」と大げさに宣言しているが、実態は「余命真理教」+「一条の会(真島一派)」だけでしょう。(←桜井誠氏達は?)
一条の会(真島一派)(←どなたかわかりません。余命ブログのどこに登場された?)は、訴訟を起こすと、自分たちの、「女性皇室ブロガー」への、脅迫行為、嫌がらせ、ブログ破壊活動の前科が、「芋づる式」にばれて、墓穴を掘るだけだよ。
出自が卑しく、蛇の様に陰険な真島のことだから、万が一のことを考えて、真島や手相見姐さん、ぴよの被害者数人に、「脅迫、嫌がらせ」の証人を頼んで数人から、快諾を頂いている。(←余命ブログと無関係では?)
★余命爺よ、「名誉棄損、信用棄損」なら、こちらも山ほど証拠が有るよ(笑)私を「在日朝鮮人指定」したこと、「左翼指定」したこと。(←余命ブログのどこにそのような記述がある?)
お前のお追従ブログの、「豆腐おかか」「シナの太郎」「大和心」に、本人の名誉棄損発言だけではなく、「常連読者」の私に対する悪態、全部魚拓にとってあるから。(←全員単なる余命ブログの読者。彼等が何を書いたとしても余命爺様の責任にはならない。)
★各掲示板の正統なる「余命批判」の書き込みは、私は一切やっていない。(←今もやっている。頭、大丈夫?)ただ私の記事は転載フリーだから、参照大いに結構である。
掲示板の「余命批判者」は、悪意ではなく「余命信者の洗脳からの救出」のためにやっている。「オウム信者」の「脱洗脳」と同じである。(←余命爺様に教祖の死刑が確定したカルト宗教団体のレッテル貼りしている。)
そして、掲示板での、コテハン、「前科三犯(婦女暴行)」の土木作業員、高速低能の、私に対する、「聞くに堪えない罵詈雑言」おまけに、実在しない、「私の母や妹」を作り出しての、誹謗中傷は、名誉棄損から絶対に逃れられない。(←余命ブログのどこに記載されている?)
掲示板(←余命ブログに掲示板はない。)も魚拓取ってあるからね。前科者の高速低能、沢山の証拠を残してくれてありがとう(笑)(←全部、余命爺様には無関係の人達。しかも、根拠を示して批判しているのだから名誉棄損にはならないだろう。)
★こうした「お追従ブログ」や、「掲示板奴隷」の私に対する、「名誉棄損、信用棄損言動」については、本人は固より、教祖の余命爺は、逃れられない。(←ブログ主にその読者の言動の責任は負えない。)「お追従ブログ」を見ると、余命爺の無意味な呟きを「有り難い念仏」の様に、「解説書」を作っているからだ(笑)
「教祖を頂点とする完全なる「教団組織」である。(←ブログ主とその読者なので組織ではない。はい、論破。)「オウム真理教裁判」がそうであったように、麻原が「自分は信者に指示していない」と言っても無駄なのだ。
★余命爺は「スカスカになった脳みそ」で、ちゃんとそこまで、考えて、告訴すると言っているのだろうか?固より私は受けて立つが(笑)「損害賠償」????????なになにそれ(笑)(←よく考えて刑事告訴、民事訴訟を決断しているよ。)
≪余命本3冊の惨状≫
Amazonによると、
「余命三年時事日記」・・・・・・・・中古本;34冊
「余命三年時事日記ハンドブック」・・・中古本;8冊
「余命三年時事日記2」・・・・・・・・中古本;10冊・・・読了後に、古本屋に、売られたものの多い事、多い事(笑)
★1冊目は、最初騙されて買った人が多かったが、私が検証して、最低200か所の常識では、考えられない間違いが有ったことを指摘、その記事を、アマゾンレヴューに転載させてくださいと言う人がいたので、快諾した。
1冊目の間違い箇所は、甘く評価して200であったが、厳密にみると全ページ、全てに数か所以上の間違い(←とりあえず間違い10個挙げてごらん。)が有る「詐欺本」であった。(←万一間違いがあっても詐欺本と断言すれば名誉棄損につながる。)
「余命本」が発売されるとすぐ、金で買収された(←証拠は?)「アマゾンレビュアー」が「日本を変える本だ」などとお追従する。
もし、「日本を変える様な名著」ならば、購入者は、完読後、「座右の銘」として、保存し、古本屋などに売りはしないだろう(笑)(←余命ブログは敵勢力も読んでいる。当然、余命本もそうなる。)
2冊目以降は、1冊目の批判もあり、「日本人の知識層」は買わなくなった。3冊目はもっとみじめなもので、ベストセラー1位は一瞬の間だけ。(←書店でも販売されるようになったから。1冊目は実質アマゾンだけの販売だった。)
後は、ずっと、アマゾン売れ筋ランキング100位圏外と言う惨状。信者にノルマで、買わせた(←証言があったか?)のであろうが、それでも、10冊は捨てられている。
★これは、信者、新しい読者の中にも、「洗脳」から「脱洗脳」した人がいることの証左である。
≪本が売れなくなったのは余命爺の自業自得である≫
1冊目で「詐欺まがいの本」を臆面もなく、出版した余命爺が悪いのである。200か所の間違いについては、青林堂も認めて謝罪した。(←でれでれ草か何かに書いていただけ。つまり証拠能力なし。)
余命爺も認めた。「反論が有れば論争を受け入れる」と公式告知したが、余命爺や、「お追従ブログ」は、誰も期日までに、反論しなかった。(←これもでれでれ草か何かに書いてあるだけ。証拠にならない。)
★1冊目の本「詐欺まがいの本」=「発達障害の小学生の作文」(←はい!表現自体が名誉棄損になっている。)で「「世間」の信用を失った」のだ。
それを、私のせいにするのはお門違いである(怒)
★「損害賠償請求」何て成立しないよ、馬鹿(笑)(←刑事も民事も成立する。名誉棄損罪と名誉棄損)

明確な根拠を提示せずに余命ブログを教祖の死刑確定しているオウム真理教と同じ扱いをすれば、それは『批判』ではなく『誹謗中傷』だ。なので、名誉棄損罪(刑法230条1項)で3以下の懲役若しくは禁固または50万円以下の罰金となる。また、余命読者の持つブログ等の書き込みに対して余命爺様の責任にしようとしているが、ブログ主にその読者の言動に対する監督責任はない。
しかも、伏見氏の余命爺様に対する誹謗中傷は故意であるのが↑で明らかになってしまっている。これで逃げられなくなった。
民事の名誉棄損の損害賠償の金額が確実に膨らんだ。

真太郎
伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」の続きです。

【余命花火】誰も納得しない「正体隠し」社会通念を逸脱した「募金」「個人情報の収集」は疑われて当然だ(怒)
2016-07-18 15:24:40 | 皇室
≪盲信者以外は誰も納得しない「正体隠し」≫
1冊目の著書のプロフィール欄が、出鱈目だった。(←根拠は?)日本人なら普通この欄に、簡単に経歴を書く。(←簡単に書いてあるよ。)しかし、読んで理解できたのは、初代カズ=現余命爺(←根拠は?)
の母親が朝鮮人、父親がロシア語堪能な朝鮮族で、「満州」で育ったというだけ。
≪都合が悪くなると、不自然な代替わり≫
★これも、信じるのは「盲信者」だけ、「教団」の外側から冷静な頭で観察する者にとっては、「もうちょっと上手に嘘をつけないか?」と言う「三流コント」
「死ぬ死ぬ詐欺」と言われる(←誰が言った?)ゆえんである。★初代カズは今も元気に「呟いている」(笑)(←根拠は?)
≪日本の自衛官の個人情報を収集しようと企む≫
余命爺は、何度も執拗に「この企画」を繰り返している。
「自衛官の個人情報」を欲しがるのは「中国人民解放軍」だけだ。・・・余命人民解放軍朝鮮族工作員説の根拠である。(←いつ余命が自衛官の個人情報を欲しがった?)
これは、公安調査庁や内調(内閣調査室)の調査事案である。既に報告済みであるが。(←もし、彼等が内部情報を暴露しているならそれは大問題。そうでなければ伏見氏の嘘。)
当ブログの読者で、兄弟が自衛官のかたのコメントが有るが、外出する際に、任地も任務も一切言わないそうである。(←違う。もっと真面目に調べるべき。期間さえも言えない自衛官も一部いるが全員ではない。)
★要するに、余命ブログの「自衛官覆面座談会」で、喋っているのは、「信者の成りすまし」という事である。(←何のための『覆面』座談会?)
≪正体を隠したままの募金ビジネスと、個人情報提供の強要≫
★繰り返しになるが、「社会の為になる募金」を集めるなら「堂々と顔と正体を晒し」て募金勧誘をするのが、「日本人のまともな社会通念」である。(←余命なみの過激な内容の井上太郎氏、カミカゼじゃあの氏も正体を隠したままの活動だ。ようはまだ危ないからだ。まともな思考力があるなら理解可能だ。)
余命は、「正体を隠したまま」胡散臭い、募金勧誘を行い、これまた、代表者名を秘匿した「すみれの会」に丸投げした。
★余命爺は勧誘に際して「CDを靖国に奉納する」と言う嘘をついてまで、勧誘している。(←勧誘はしていない。むしろ期間を区切って制限した。)
「靖国神社」の正式回答は、「英霊の御霊を守る」と言う趣旨に添わないものは、受け入れないという事だ。ましてや、「在特会の支援団体おや」である。(←で?余命の奉納は受付られたの?受付られなかったの?)
★この募金勧誘の際、執拗に寄付者に「個人情報の提供」を要求したのだ。
★当初余命が言っていた「税金の問題」は、私が税務当局に確認したところ、まったく、「個人情報と寄付金の税務処理は無関係」という事がわかった。(←で?奉納者の名簿と何の関係がある?)
≪遂に、「正体を隠したまま」署名・捺印を要求≫(←いつ要求した?)
★何度も言うが、「本当に国家の為の活動なら、素顔、正体を晒して正々堂々と死ぬ覚悟でやれよ(怒)」(←安全でないから正体を隠している。)
余命爺が求める「白紙委任状」に、うかつに、署名・捺印するのは、自殺行為である。(←白紙委任状ではなく、誰を告発するか決まっている委任状。しかもまだ出てない。)
★★余命爺ブログ開設以来、3年分、つらつらと俯瞰してきたが、「日本と日本人の為になる事」は、何一つやっていない。(←入管通報と官邸メールだけでも随分と貢献している。)
むしろ「募金詐欺疑惑」「脱税疑惑」「個人情報保護法違反疑惑」の「疑惑の総合商社」(←蓮舫か?)になっただけだ。
これで、一体何で、人を訴えようとするのか、(←名誉棄損罪と名誉棄損)疑問だらけになるだけである。
★寧ろ、告訴されるのは、「余命真理教」のほうでしょう(笑)「公安」「国税当局」「金融庁」様々な捜査機関から「ロックオン」されているというのに(笑)(←本当にそれらの組織に知り合いがいるのなら、余命プロジェクトチームの正体に薄々気付いてもいいはずだが。)
何度も言うが、訴訟なら受けて立つ。(←賠償金払える?)但し、私には薩摩示現流の使い手の「自警団」があり、小さいながらも「純日本人の保守団体」もある。
展開によっては、彼らが、「超法規的」な報復をする可能性が有ることを忘れないように。(←暴力をちらつかせての脅しと解釈できる。しかも、薩摩示現流の名前を出してしまった。もう言い訳ができない。)

.....刑事告訴、民事損害賠償訴訟が予告されて発狂しているな。何の目的で余命を叩いているのかさっぱりわからないが、完全に偏執狂になっている。結局のところ周囲を巻き込んで自爆状態となってしまった。赤字の部分も刑事事案であることがわかってないようだ。まあ、どうでもいいが薩摩次元流の「自警団」「純日本人の保守団体」と組織を持ち出してきたが大丈夫かな。一応、恐ろしいから警察に、この組織について暴対法のチェックをお願いしておこう。怖い,怖い。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト