余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-05-20 08:27 最新コメント:2016-05-20 15:18
758 余命本情報⑩(2)
引用元のソース

茨木市民
阪急茨木市駅近くのコジマ3階にある文教堂。前回余命1が平積みされていたのであまり心配はしていませんでしたが、今回もちゃんとありました。余命1、2ともに棚の目立つ所に平積み。ハンドブックはその二つの間に一冊挟まれていました。
とても良いですね。
 茨木市在住の方は、本はここで買いましょう。こういう良心的本屋は正しく儲かるべきです。
というか、コジマビックカメラって在日企業じゃなかったっけ?
その資本が入っている所で余命が買えるというのはなんか不思議な気になります。

マロン
5/19梅田の紀伊國屋書店
ここは余命本1のときに1冊だけひっそりと置いていたのでそういう店なのかと思いながら再来訪。
なんと入口の新刊コーナーに1とハンドブックが10冊ずつ、2が20冊陳列。
さらに定位置には3種類とも10冊ずつ平積みに。

いやー驚きました。半年でこんなに変わるんですねw
しかし昨日行った蔦屋書店とはえらい違いだ…

YKK
YKKです。
余命翁様、Pチームの皆様、お疲れ様です。そしていつもありがとうございます。
18日に丸善広島店に寄って見ました。余命1*1冊、HB在庫無し、余命2*7冊でした。
棚指しで最下段に配置と言う扱い。ちなみにシールズや左翼本は、通路の台の上に置いていましたけど・・・。

ちろ
余命扇様、プロジェクトチームの皆様、いつも更新ありがとうございます。
安倍総理大臣の選挙区内の本屋情報です。

くまざわ書店
もちろん余命三年時事日記①・ハンドブック・②どれも置いていません。
検索機にかけるとお取り寄せでした。
こちらのくまざわ書店は、検索機上では①・ハンドブック・さよならパヨクなど在庫ありとしながら、店頭には置いてない事が多々ありました。シールズ、池上彰などサヨク本が占めております。

宮脇書店
①・ハンドブックは4〜5冊置いてますが、予約して購入出来たにも関わらず②は店頭に置いてませんでした。

明屋書店
①・ハンドブック・②どれも置いてありました。②は、新刊が置かれている場所に平置きで10冊位あり、他のは歴史、社会関係の場所に数冊ずつ置いてありました。ここは、小坪しんや氏の本もあり保守的な本の品揃えが上記店舗よりかなり置いてありました。

これからは、明屋書店で購入する事に決めました。

大和丸
余命爺様、スタッフの皆様、読者の皆様お疲れ様です。
北砂アリオにある福家書店に本日寄ってみたところ、一番奥にある社会コーナー?ですかね、そこに余命1が1冊、ハンドブックが1冊ずつ棚に背表紙を向けて入っていました。
余命2は新刊コーナーにも、話題コーナーにもありません。
こんなに話題になってる本なのに、明らかなスルーですね。

ミカンの実
初めてコメントします。
みなさん初めまして。
 東海道線の、ある駅ビルに入っている文教堂さんで余命本1、ハンドブック、余命本2が多数平積みされていました。
これからは文教堂さんを贔屓にします。
 早速、月刊誌などの毎月の予約購読の手続きを文教堂さんでしました。
文教堂の株を100株購入したら株主優待で5%引きで書籍が買えます。(ただし現金のみ。)
株価を調べたら3万円台で100株買えます。
でも配当が無いので、私は近くの質屋さんで図書カードを買って書籍を買うことにしました。
この場合は時期にもよりますが4%引きになります。
(セコイかもしれませんが、ある知事さんの足元にも及びません。)
日用品や食品を扱う反日企業製品の不買もやってます。
少し手間と時間をかけて買い物をするようになり、家計の余裕ができたのには驚きました。
TVのCMも見なくなり、あえてCMを使っていない日本企業のもので少し高めのものをまとめ買いしています。
まとめ買いはいいですね。
その分お安くなることが多いし、防災の備蓄にもなります。
色んな事に気がつくことができたので余命本には感謝でいっぱいです。

草莽
お疲れ様です。
私はamazonで購入しました。
 人間、怒りには体力精神力を使うので継続は難しい。また怨みや憎しみを抱き続けるのを肯定せず、むしろ空しいと思う精神構造が日本人にはたしかにある。心穏やかな民族だと誇りに思う。しかし、時には正当な怒りすら静めてしまうほど穏やかでもある。時が過ぎればなんとやら。今まではそうであったが、今後そうはならない。そういった感情は日本人同士でしか共有できない。教養、知性知能、文化などが高次元で動いている日本社会だから実現できていただけだ。
 書籍が継続して発刊されるたびに怒りと気力を充填し、色々と再確認できることにも感謝しています。
 志があり、順法精神があり、この国を愛する者は先走ったり、暴発するようなことはないだろう。気狂い共が作った穢れた土俵に踏み込む必要もない。
本でも述べられていたが、事は順調に推移しているように感じます。また、ソフト面ではまだまだ知らないことが多く励まされます。ハード路線止む無しと思っていましたが、逆に肩透かしを食らいそうでなんとも。
 自治体レベル毎での話ですが、時折談笑する中で、有事の際には遠距離からの視認性を高め、誤射をさけるために余命読者間で通じるマークがあると一瞬で事情が分かり合えるのではないかと盛り上がりました。日本国旗ワッペンなどは既にありますが、余命マークのものが欲しくなりました。ただ戦場で余命という字面は失礼ながら縁起が悪いので、余の字を○で囲むのではどうかという意見がありました。
駄文失礼しました。

(口が埼玉)
余命本その後。
文教堂、頑張っています!
岩槻店 余命本1 2冊 HB 3冊 余命本2 4冊
蓮田店 余命本1 2冊 HB 3冊 余命本2 4冊
東大宮 余命本1 0冊 HB 1冊 余命本2 2冊

岩槻店、蓮田店ともに、平置き3冊揃い踏み。
東大宮店は在庫が少なくなってきたためか、目の高さの棚に背差しでした。
 近所ではこのほか、TSUTAYA2店舗、メガドンキ内イオン未来屋書店、イオンモール春日部内イオン未来屋、モラージュ菖蒲(ショッピングモール)内くまざわ書店、蔦屋書店、いずれも余命の余の字もありませんでした。
 モラージュショッピングモールについて、経営は双日という日本の商社ですが、先ごろ発表のあったパナマ文書に名前のあった企業です。自分だけの不買リストに入れました。
以上、御報告まで。

やまとおごじょ
757 余命本情報への投稿
東京都JR町田駅 駅ビルのルミネに入ってるブックファーストは、余命本取り扱い無し。端末検索でもヒットせず。小田急町田駅の小田急百貨店内の久美堂は、ハンドブック1冊、時事日記2が2冊、「文芸書」コーナーにありました。

ハエタロウ
 北大路ビブレ(=イオングループ)店内の大垣書店に「余命三年時事日記2」が平積みされていました。ビジネスと文芸のコーナーに。文芸のほうには余命1,2と並んでありました。イオンなのでちょっと意外です。
 この北大路ビブレの向かいには大垣書店本店があります。「僕らのヒーローはみんな在日だった」とか、ほかにも左っぽいラインナップが多いからどうかと思っていましたが、行ってみても見当たりませんでしたが、電話をしてみたら余命三冊があるとのことです。

讃岐うどん             
余命爺様、余命スタッフ様、日々の投稿ご苦労様です。 
16日宮脇書店本店より入荷の連絡がありましたが、宮脇書店本店より徒歩で3分の所の 紀伊國屋書店高松店に寄りました。余命本は店頭に無く在庫も無いとの事でした。   宮脇書店本店の入口近くの1F棚に、余命1(8冊)、余命2(5冊)、ハンドブツク(7冊)が表紙でシリーズ3冊揃っています。
 隣の新刊コーナーでは、余命1が背差しで3冊、横に余命2が二列(計13冊、)横にハンドブツク(5冊)がまたまたシリーズ3冊揃ってます。
 2F新刊コーナーにはハンドブツクが棚で表紙、その下で余命1(7冊)余命2(8冊)が平積みでした。                  
 興奮状態で血圧が上がったみたいです!!!
 17日朝(9時)、余命3年時事日記2を持ってうどん店に行きうどんを食す。周囲の客が余命本をチラ見してる。本日も拡散okかな!?
 その余命2を市内図書館に寄贈して来ました!!

小田原の住人
余命さん、チームのみなさん、お疲れさまです。書店情報をご報告させていただきます。少し変化が見られたようです。
1伊勢冶書店(本店)
 余命本1:平積みで6冊ほど
 HB:平積みで5冊ほど
 余命本2:平積みで残り1冊
※安定の伊勢冶書店です。私は、同店で購入。市内に何店舗かありますが、余命本の取り扱いは、本店のみのようです。
2有隣堂(駅ビル店)
 余命本1:なし
 HB:棚差しで1冊
 余命本2:なし
※以前は、余命本の取り扱いはありませんでしたが、少し前、余命本1がアリバイ作りのように棚ざしで1冊だけ置いてありました。現在は、上記の状況に変化しております。
3三省堂(駅ビル店)
 余命本1:棚差しで1冊
 HB:棚に表紙見せの状態で3冊ほど
 余命本2:なし
※入荷しているのであれば、早く陳列してほしいものです。
4文教堂(R255沿い)
 余命本1:棚差しで3冊
 HB:なし
 余命本2:棚差しで3冊
※この店舗は、数年前、大幅に書籍の売り場を減らし、ビデオのレンタル等に売り場面積を費やしていることから、仕方がないかと思っていたところ、今回は、上記の状況です。
 主な書店は、以上です。ツタヤについては、確認しておりません。どうせ、置いていないでしょうし(笑)。
 最近、小田原厚木道路(有料道路)の橋脚に、不審物が見つかり、県警の爆弾処理班が対応するという事案が発生しました。ますます、周りが騒がしくなってきたことを実感しております。皆様もどうか、お気を付けください。
余命さん、チームのみなさん、ご自愛ください。

ケイ
5/19 阪急西宮ガーデンズ内ブックファーストに行ってきました。 以前は、ノンフィクションコーナーの壁側でしたが、入り口通路側に、3冊並んで平積みになっていました。ノンフィクションコーナーにも置いていましたよ。
もちろん本を持ちながら、店内をウロウロしてから、お会計しました。

白髪あたま
余命様、スタッフの皆様こんばんは。
「時事日記2」をネット購入し17日にセブンイレブンにて受け取りました。
 読み終えてから、例のTO氏の発言「余命もいい度胸をしている」が頭を離れなくなりました。
 私自身は冷静でいるつもりではありますが、気持ちのどこかに憤りがたまっているように思います。
 ところで、セブンにて家人用の週刊誌「女性○○」を一緒に買いました。
今、テレビのそばに置いてあるのですが、あれに「スヒョン文書」が載っていたらいいのに!と本当に思います。(家人には余命のよの字も話したことはないです。)
それでは皆様のお元気で。

YMT
余命翁、スタッフ様
YMTともうします。
 書店情報ですが、滋賀県大津市のPARCO内の紀伊国屋書店では、余命1,余命HB,余命2が揃い踏みで各5冊ほど平積みされていたので、余命2を購入しました。レジで「これ、バカ売れしてるんだって?」と店員さんに声をかけたら、何故か無視されました^^。
 近くの西武大津店内のふたば書房では、カエルの楽園は置いてあったけど、余命本はなかったですね~。長年贔屓にしてたのに、これではお別れしなければなりませんね~ToT
 ところで、初代余命翁、前三代目余命翁のご冥福を改めてお祈りします。
 前三代目翁の「余命の旗は降ろさない。」には闘志を掻き立てられましたからね。その言葉通り余命の旗を受け継いでくれた現三代目様のおかげで我々が官邸メール等具体的な行動を採れているのですから、ますますご自愛の程お願い申し上げます。
 ところで、下記DHCTHEATERの番組内で日下公人先生が、日本の核開発、弾道ミサイル、シナの三峡ダムなどに関してユニークな切り口で意見を述べられています。
 伊勢志摩サミットでは「日本は自分から何かを起こそうとは考えないが、何か起こそうとする力は持っている国だ。」と挨拶すべきとか、パナマ文書問題は「国家同士が互いに租税協定を結んで、金の流れを掴んだので、締め上げられた国際金融連合が、国家連合に降参して提出した名簿だ。」等です。
興味ある方はどうぞ覗いてください。
【5/19(木)日本出動:日下公人先生にお話を伺ってみよう。】DHCTHEATER

  1. 余命様、お疲れ様です。
    明屋書店石井店
    余命本(1、HB、2)三冊揃い踏み。
    2はこちらで購入しました。
    また、昔話になりますが消防団員のお宅に伺う機会があったのですが、どうも家の雰囲気が違う。
    アチラ(在日若しくは帰化)でした。
    自治会レベルでも侵食されてるのが分かった次第です。

  2. 団塊世代の母に余命本1を貸しました。
    父は終戦年生まれで、生前「ロスケとチョンだけはどうにもならん」と話していた人でした。(詳しいエピソードは聞いたことがありませんでした)
    母も常々朝鮮人には嫌悪感を持っていたようで、本はすんなりと読んでくれました。戦後の日本からの膨大な援助の項目には怒りを覚えたそうです。

    余命本1はそのままプレゼントし、ハンドブックと余命本2も渡してお友達と回し読みして欲しいと頼んできました。
    余命本2はまだ読んでる途中だったので自分の分はまた別に買おうと思います。

    富山県は地元の本屋チェーン3社が大きな力を持っています。全国区の本屋は百貨店に紀伊國屋が入っているくらいでしょうか。
    さて、地元本屋の一つ「明文堂」の富山市内最大店舗。余命1とハンドブックの時はずっと在庫なし(笑)状態でしたが、余命2だけは7、8冊入荷したようです。全ての店舗を回った訳じゃないので書店全体としての態度は分かりません。
    余命1はAmazonで、ハンドブックと余命2はライバル店「文苑堂」で購入しました。ここは数店舗確認しましたがどこも政治の棚で面陳列されています。
    もうひとつの書店「Booksなかだ」の情報もどなたかご存知でしたら投稿お願いします。

    北陸三県は人口に対する書店数の多い土地柄。しかも地元書店が頑張っています。是非実店舗で購入して地元本屋を応援したいです。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト