余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2015-12-22 10:22 最新コメント:2015-12-31 22:55
392 嫌韓、反、反日度数(100)
引用元のソース

 発売3日で第五刷という状況である。すでに「アマゾンが在庫あり」から「通常2~4週間以内に発送」になっている。ネットはほぼ全滅のようだ。こちらの方も投稿の未処理案件が60をこえていて発狂状態である。
 焦ってかたづく問題ではないので、予定通りに処理ということで、対応が遅れるがご了承いただきたい。

 12月17日の余命書籍化は、ネット外のみなさんへ「余命三年時事日記」の周知、拡散が目的であった。一方で余命本を販売するかしないかによる白黒判別が話題となっていたが、そんなものはいくらでも偽装できる。余命が一番知りたかったのは、現状の読者と新たに余命本を読まれた読者の在日、反日勢力に対する意識のレベルであった。
 ブログと比較すると刺激的な記述や資料は控えているし、ページ数の関係もあって、具体的なソースもほとんど示していない。結果として戦後の在日や反日勢力の動向と問題点だけをざっと並べた構成になっている。
 この形での情報提供でどのようなレベルの反応が出るかは、今後の対応に大きな影響を与える大きな注目点であった。というのは、今まで、嫌韓とか憎悪感が進んでいるといっても具体的なデジタル資料は一つもなかったからだ。
 以下の数字は18日~20日のアマゾンのレビューのデータである。これは誰でも見ることができる。
 分析時点では104のレビューであるが、もうすでに170になっているからご注意!
数字は一つのレビューに対して、評価人数、評価5の人数、評価4以下の人数)となっている。537,537,0)というのは537人の方のうち537人全員が評価5を選択し、評価4以下は0であったということである。

537,537,0)032,032,0)058、058,0)064,064,0)074,074,0)003,003,0)095,093,2)101,101,0)098,098,0)111,110,1)104,103,1)029,029,0)125,125,0)031,031,0)165,165,0)153,153,0)157,157,0)146,146,0)040,040,0)119,118,1)132,129,3)145,145,0)146,145,1)136,135,1)036,036,0)152,149,3)129,129,0)123,122,1)109,102,7)123,122,1)145,144,1)127,125,2)152,152,0)151,150,1)129,128,1)159,158,1)146,145,1)162,162,0)161,161,0)162,162,0)153,152,1)159,156,3)179,177,2)187,185,2)208,207,1)182,181,1)122,122,0)227,225,2)254,252,2)194,192,2)107,106,1)116,116,0)263,263,0)130,130,0)252,252,0)114,114,0)286,285,1)237,235,2)137,136,1)221,220,1)541,541,0)528,527,1)291,289,2)253,252,1)244,243,1)216,216,0)267,265,2)306,304,2)225,223,2)313,312,1)220,217,3)301,297,4)351,349,2)335,333,2)373,371,2)319,315,4)319,315,4)294,293,1)363,363,0)234,232,2)280,277,3)255,252,3)323,319,4)373,372,1)331,328,3)337,333,4)341,339,2)323,317,6)299,297,2)695,693,2)215,213,2)401,399,2)396,391,5)351,348,3)564,560,4)369,363,6)434,430,4)479,475,4)442,437,5)614,609,5)469,465,4)521,517,4)496,489,7)677,670,7)

23,785 179   0.0075(0.75%)

一見しておわかりだと思うが、異常なデータである。
「余命三年時事日記」の評価5が99.25%である。レビューを読んだ方の100人に一人も批判者がいないというレベルではなく賛同という事実は、在日は当然として、反日勢力である民主党や共産党には衝撃というよりは恐怖のデータであろう。
 このままでは次の参院選が衆参同時となれば消滅まであり得る事態となっている。
なぜなら、少なくとも官邸メールにおいての数々の要望事項は反日左翼と民主党、共産党が密接に絡んでいる。数々の売国的行為を国民が知った上でのレビューである。この状況で外国人参政権とかヘイトスピーチ法、共謀罪、スパイ罪反対なんて、まさに自殺行為である。だが、これからの政治的な問題はまだいいが、100%の対決意識がはっきりしたことで武力衝突の可能性が大きくなってきた。要するに愛国無罪である。外患罪案件は売国奴処理法である。一応、法で定められているが、適用事例がでた場合に裁判にはならない。
売国奴案件は、どこの国でも国民が怒りの処理をする。
 政府と自衛隊の有事対応は暴力組織とメディア対応である。現実には中韓とはいっても在日韓国人が仮想敵であるが、法的に明文化されているわけではない。結局、在日と反日勢力の処理は国民任せということだ。また通名は一つになって事実上、意味がなくなっているから廃止はあと1年くらいはいいだろう。通名在日は、有事に戦時国際法によってテロゲリラとして処分できるからだ。
 この100%データは安倍政権にとっても強い追い風である。来年の通常国会が楽しみだ。
こういう状況であるから、今後なりふりかまわず「余命本」の販売妨害と拡散阻止に来るだろうが、もう余命がいようがいまいが流れは変わらないし止まらない。
 実名を伏せたり、記述内容を押さえたりしてあるのは法対策である。出版差し止め等の妨害に対して対応してある。今回、予想に反し、簡単に突破となった。もはや第二弾、第三弾もブロックはできないだろう。
 本日21日、参議院会館で有田君による「はすみとしこの世界」販売促進記者会見が設定されている。もしかすると、諸悪の根源「余命三年時事日記」なんてちらりと口がすべることがあるかもな。あてにはしないが期待はしたいな。(笑い)

159. 名無しさん@ほしゅそく 2015年12月20日 10:06 ID:GlBpk8fu0
はすみ本にはさっそく在日サヨクがレビューで噛みついてるのに、はすみ本より二日早く出版されて高評価を受けている余命本には今のところ連中のレビューが一つもない。
 それどころか「参考になった」票もプラス票ばかりでマイナス票は僅か数件。
レビューはおろか「参考になった」にマイナス票を投じる工作すらできないなんて奴らにとって、余命本はよっぽどの腫れ物なんだなぁw

.....元毎日新聞記者に長田達治なんてのがおりましてな、余命に電通絡みの恫喝メッセージを出したら猛反撃を受けましてな、毎回、ブログ冒頭で1ヶ月さらし者にされただけでなく、有事における反日売国奴第1号という指定までされて今回書籍ではTO君なんてVIP扱いである。
 恫喝メッセージは5月5日だったが、7月9日、ヤフートップ記事の反日勢力捏造案件、朝日新聞捏造記事、8月10日ネット遮断と在日と反日勢力はすでに前科3犯で、その都度余命から痛烈な反撃を受けている。今回の書籍化は遮断の報復のようなものだ。
 余命ブログで有田ヨシフや山本太郎、福島瑞穂などテロリストや外患罪候補なんて名指しされても国会や新聞、TV等では余命の余の字もだせないだろう。だせばみんなの迷惑、仲間内から抹殺されることは確実だからだ。
 放っておけば8月15日には終了していた余命ブログに喧嘩を売って御年70の年金爺に食いつかれて四苦八苦。ちなみにこの「よっぽどの腫れ物」を医学では「悪性腫瘍」という。

2015年12月20日
余命の皆様、青林堂の皆様、出版してくだって本当に有難う御座います。
お花畑の親族にアマゾンの送料無料で送っておきました。
本日アマゾンの総合1位に返咲いていますね。
嬉しくなって、もう2冊親族へ送り、自分の分は仕事が忙しかった為、本日やっと書店で購入できます。
英語版も出版できませんか? 白人友達にプレゼントしたい。
日本は日本人に成りすます朝鮮人で困っている話をしたら、とても驚いていましたのでね。宜しくお願い致します。 (東海地区在住)

.....予定はあるが暇がない。

2015年12月20日
まずはご出版おめでとうございます。
初代かず様の時代より拝読しております。
さて、この本が書籍として世に出てしまったからには、書かれている内容もさることながら、「なぜこれまで誰も書かなかったのか?」が問われる気がします。
書かれている内容は、驚きの情報源によるものもありますが、「すでに発表された情報」「入手可能な情報」も多い。
日本には自称他称含めて星の数ほどのジャーナリストがいます。
それなのになぜ今まで活字にならなかったのか?
知らなかったならば不勉強に過ぎるでしょうし、知っていたなら何かに加担して隠してきたことになります。
日本のジャーナリストは何してきたんだ?
そんな気になってしまい、そこに暗澹とします。
日本にジャーナリストは一人も存在しないのでしょうね。
余命本は他のすべての表現者や文化人、学者に対して、それ自身がある種の踏み絵を迫る存在となりました。そこが凄いと感嘆します。 (緑虫太郎)

.....ジャーナリストといえばなにか格好がついたのは過去のこと。今は「新聞、雑誌の記者からせいぜい編集長、独立して論評、寄稿記事で食えるようになれば1人前」という単なる職種であろう。これを生業とするならば、ここに至るまでに確実に色がつく。名前が売れれば売れるほど身動きがとれなくなる。
 金が絡む限り、中立とか不偏不党はあり得ない。TVにおける田原、古館、関口、岸井なんて面々や新聞のコラムや書き込み記事の弁護士や芸能人はピエロに過ぎない。
 70年という時間をかけて弱者が都合の悪い情報の隠蔽と操作によって築き上げてきたシステムであるが、だいぶ古くなってきた。そろそろ解体の時期が来たようだ。

2015年12月20日
何回も申し訳ありません
官邸メールの追加お願いです。
皆様ご存じかと思われますが、外国人実習生の行方不明が過去最多となっております。
このままでは日本は不法外人の巣窟になってしまいます。
移民制度阻止とともに、安易な外国人流入の禁止を官邸メールにお願いします。
日本に害なすのは中韓だけではありません。
最近はアジア系や中南米系も増えており、治安の悪化は否めません。
東京の一部ではアフリカ系黒人が呼び込みなどを頻繁にしており、そろそろ歯止めをかけないと、日本の文化などの破壊にも繋がりかねません。
25日締め切りの官邸メールですが、
私としては
①夫婦別姓の禁止、阻止
②戸籍制度の廃止の阻止
③安易な外国人実習生などの受け入れ禁止、受け入れの場合の管理強化
④移民禁止
この四つでお願い致します。
外国人参政権などはすでにあったとおもいますが、この四つからも重複しているものがありましたらすいません。
余命様、よろしくお願い致します。 (おかちゃん)

.....新規官邸メール募集は25日からですよ(笑い)

余命翁殿、プロジェクトチーム諸氏
amazonランキング1位おめでとうございます。
またオンライン書店の取扱が発売数日で1:13から10:4に変化したという記事を拝見し、在日・反日勢力の姑息な妨害手段が瓦解していく様子が手に取るようにわかりました。書店側も余命ブログやコメント欄を意識しているようですね。
ゆめゆめ油断することなく、これからも自分にできることを地道にやっていこうと思います。
ご存じのかたも多いと思いますが、岡山県の読者の方が、出版の話題が出た直後から街頭のサインボードで、余命ブログの出版告知をされている動画を発見しましたのでご紹介したいと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=kBV0sMLzZ_shttps://www.youtube.com/watch?v=kBV0sMLzZ_s
本当にありがとうございます。 (よっくん)

工房なほみ 2 週間前
日本のためになることを、せめて自分なりにやろうと思いました。小さな岡山で、しかも小さな交差点で世間にアピールできるとは思ってはいませんが、誰かが観てくれるのではなかろうかと思い、余命さんをアシストするCMを作りました。少しでも役に立ちたいです。もちろん、私も買って知り合いに配りたいと思います。

.....CM1直後から承知はしていたのだが、余命が取り上げるといろいろな意味で影響が大きい。全国区になった場合、万一のマイナスの影響を考えて追加の情報を集めていたところである。今般、おかげをもって無事、出版することができた。結果が出るまでは、誠に失礼ながら、このブログ上でのお礼とご挨拶とさせていただく。
 ただ、くれぐれも無理をされないようにお願いしたい。

 さて2年ぶりに新大久保での「靖国神社テロ抗議デモ」、なんとカウンターがでて厳戒態勢であったという。冒頭の資料でわかるように、日本人の覚醒が進み、目覚めた日本人の100%が在日や反日勢力にノーを突きつける状況になっている。
 尻に火がついている瑞穂や有田がもがいているが、余命が出版という状況はネットブログとはわけが違う。どうやら終わりがはじまったようだ。
 動画では桜井さんも元気そうで何よりである。在特会は「行動する保守の要」としてその存在の重要度が増すばかりだ。余命はその行動に敬意を表しエールを送りたい。

ところで、官邸メール余命41号~は、25日からである。募集要項は前回と同じ。期限は今年いっぱいということでお願いしたい。

  1. 余命様

    官邸メール募集が25日からでしたか、失礼いたしました。
    また同じないようになりますが、25日に要望のコメントをさせていただきます。

  2. すいません、細かい募集要項、書き方などありましたらどなたか教えていただけたら幸いです。
    よろしくお願いいたします。

  3. うちの自治体の図書館に、リクエストしておきました。
    市民から図書館への要望が増えると、圧力になるかもです。

  4. 次の選挙で自民党内の左翼も追放できないものかと考える。
    もちろん自民の議席を減らさずに、野田聖子などを追放したい。
    野田聖子は自民にいながら夫婦別姓賛成派とのことです。
    万が一にもこんなのが次期総理になったら、自民はまた下野することになり左翼野党に日本を破壊されてしまいます。
    安倍総理のいる間に、党内、野党、そしてすべての反日勢力をつぶさないと。
    安倍さんの後が心配です。
    安倍さんの後継者が継いでくれたらいいけど、小泉も信用できないし。
    安倍さんがずっと総理してくれたらいいけど、これ以上延期はできないんですかねぇ。

  5.  初めてまして。信濃太郎と申します。
     文中に「暗○」という気になるお言葉がありましたので、余計なお世話と知りつつも、投稿することといたしました。
     余命様がおっしゃるように、私も国内で武力衝突が発生する可能性があると危惧しております。書籍の拡散に伴い、国内の嫌韓感情は高まる一方でしょう。在日の立場から見れば、法的な締め付けに加えて、都合の悪い情報の拡散が止まらず、居場所がなくなっていく一方でしょう。どこかで暴発すると考える方が自然です。
     さて、「言霊」という古臭い言葉があります。「言霊」の効果についてはオカルトの類でしょうが、しかし、あながち馬鹿にできない面もあると考えます。それは、強烈な印象を持つ言葉ほど、聞く者の脳裏、話す者の脳裏に焼き付くということです。脳裏に焼き付いた言葉は、長い目で見れば、当人の行動に表れる場合もあると考えます。
     言うまでもなく、余命様は不特定多数に方々に向けて情報を発信しておられます。多数の中には良からぬ輩もおります。どうか御身を大切になさってください。
     余計なお世話と知りつつも、何とも黙っておられず、投稿した次第です。(信濃太郎)

  6. 今現在Amazonレビューは181件でした。
    皆さんの熱いレビューが伝わってきます。
    何も知らない人がこのレビューを読んだとしても、確実に心に響くはずです。

  7. チェーン店では無い本屋に参りました。
    嫌韓本が今まで目に付かないところにあったために気付かず、ひょっとして反日書店かと思ったのは早計でした。
    店頭の新刊コーナー、話題の本のコーナー、社会のコーナー等にも無く、諦めかけた所、何と不思議な陳列が。

    IS、イスラム、中国、韓国のそれぞれの批判的図書をまとめてある!
    同格なんですね〜。余命様のご著書もありました。
    皆様、根気強く探しましょう。
    過激な活動が無理でも、関連書籍を買い続けましょう。

  8. 先代からの読者です。
    amazonランキング1位おめでとうございます。
    そして3日で第五刷の大増刷!。
    この本は100万部突破のベストセラーになるかもしれませんね。

    そこで要望があるのです。
    失礼ながら余命ブログはどうも読みにくい。
    今までは敵対勢力の牽制攪乱のためにわざと読みにくくしていた部分もあるのでしょうが、7月9日以降ここ数ヶ月の動向そして書籍出版により大きく状況は変化していると思います。
    書籍から余命ブログを知りここに来る方も多く居るでしょう。
    初めて来た方にも読みやすいように少しリニューアルされてはいかがでしょうか?。
    読みやすくなればさらに読者も増え、情報拡散ができるでしょう。

    まず1つは、最初からの記事タイトル一覧が無いのが取っつきにくいと感じます。
    余命ブログは1つの記事がとても長く遡ってスクロールしてタイトルを探すのも一苦労です。
    月ごとの記事タイトル一覧とアップ日時をサイドバーに表示して各記事にアクセスしやすくすると良いと思います。

    次に先代の記事もアップされることを希望します。
    ミラーサイト支援サイトなどで先代の記事は見られるようですが、やはりここで全ての記事を見れるようにしておいた方が後々何かと便利であり、数年前まで遡って記事一覧から読めれば説得力も数段上がると思います。
    とりあえずはこれ位です、ご検討下さい長文失礼しました。

  9. おかちゃんさんへ
    次期総理のことですけど、安倍総理が次の総理になれないというのは、自民党の党則で3期続けて自民党の総裁になれないのが根拠だったと思います。
    従って、次期総理大臣になれないことはないんじゃないかな?
    可能性は低いと思いますが。

    1. 党則変えてほしいですねぇ。
      そして安倍総理の間に自民党内からも左翼を追放して誰が後継になっても保守であってほしいです。

  10. Kindleでの販売予定はないのでしょうか?そこでも売れればベストセラーなどの欄にのり、いい宣伝になると思うんですが

  11. 報告が遅くなりました。福岡の状況です。意外にもTSUTAYAで取寄せ可能と言われました。

    1.南福岡駅の明林堂書店
      在庫なし。取寄せ可能(年明けになる)。取引先は日販ではなく大阪屋。

    2.中洲川端のTSUTAYA
      在庫なし。これまでの入荷実績もなし。但し、以外にも取寄せ可能(年明けになる)

    3.博多駅のMARUZEN
      在庫なし。出版元の取寄せが可能で2~3週間を要す。これまでの入荷は3冊で完売。

    4.博多バスターミナルの紀伊国屋書店
      在庫なし。ただし検索の結果、久留米店に在庫が1冊あるとの事で取置きしてもらえました。

  12. 書籍化を機会に余命ブログの新規訪問者も間違い無く増えることでしょう。
    そこで!やはりというかどうしても気になるのがブログの素っ気無さです。。
    先のナナシさんも触れていますが、せっかくのブログですから多少でも見易くして頂くのが良いのではと思います。

    <あくまで参考例>
    ※全ての文字サイズを少し小さくする。
    ※文字フォントの変更。
    ※多少の配色をして全体の構成を見易くする。
    ※ブログタイトルへ簡単な解説文を添える(デフォルト設定のままの”Just another WordPress site”の部分ですね)。
    等々。。。

    wordpressを使用しているのであればレイアウトをイジるのは結構簡単です。そのあたりの作業は余命スタッフの若人?の皆さんにご協力頂くとかどうでしょう。。
    私のイメージでは余命ブログと言えば白と黄色のツートンカラーですのでサイドバー(メニュー)かどこか一部を以前の様に黄色にするなども良いかもです。
    以上とっても自分勝手な意見でしたすいませんw
    これからも余命ブログ(書籍)の周知拡散に努めて参ります!

  13. 余命1位、はすみ本2位
    ワンツーフィニッシュですね♪
    この順位を出来るだけ長く維持出来れば
    「漫画しか読まん、ゲームにしか興味ない(攻略本等々)、アイドルの追っかけ命(写真集とか手記とか)」
    の様な方々もランキングを見て興味を持ってくれるかもしれませんね

    また、5月には第二弾とのことで嬉しいです
    が一つお願いがあります
    余命翁も仰っている通り書籍はかなり薄味でまたブログを知らない方には意味不明な事もあると思います
    例えば「朝鮮進駐軍」悪事の詳細ですが
    本ですと、発生年月日と簡単なタイトルくらいです
    また、隣国元大統領の発言等々
    あの内容を知れば世捨て人のように一日中ボーーーっとTV漬けの高齢の方々も激高間違い無しだと思うのですが
    本には「侮辱発言」としか無くイマイチ感があります

    そこで、次回配本時は副読本を同時刊行してはどうでしょうか?
    本編は第二弾として副読本には事の詳細を載せておくという手段です
    副読本を作っておけば、本編で
    『昭和○○年○○事件・・・詳細:副読本P○○参照』
    『アメリカ高官発言○○年・・・副読本P○○』等々
    としておけば、本編でのページで何度も詳しく記載する必要が無くまた、一冊で色々な自由に言及できると思います

    副読本を作っておけば、第三弾・第四弾でも
    引用可能になるので色々と勝手が良いのではと思います

    ブログを知っている人、ネット環境にある人は
    詳しく知りたければ幾らでも調べられますが
    そうでない人には「阪神教育事件:朝鮮人の暴動」とサラっと書かれていても、何がどうなっていたのかサッパリ分からないと思います
    また今現在ネット環境にが無い(持たない)方々は
    例え本を読んだとしても、じゃあPC導入とかスマホに交換とかはしないと思います(多少いらっしゃるかも知れませんが)

    本を読んでいて、全く知らなかった人には
    分かりにくい部分が多いだろうなぁと思い
    色々考えた次第です

  14. 白黒判別のために書店が偽装して置いたってそれはそれでいいことです。
    発行部数が増えれば人目につく、以前言った次の活動への鉄砲玉になる、
    問題はありません。
    いまの勢いのまま朝鮮系の追い出しをしたいですね、ここでどこまで押しだせるか、日本を取り戻すために私は明日もサラリーマンです。

  15. 余命さま、スタッフの皆様こんばんわ。
    25日締め切りの草案に関して拙いとは存じますがご検討願いたく、コメントさせて頂きます。

    昨今某私立学校による国からの助成金を不正受給、或いは着服と言う報道が明るみになりました。
    学校法人に限らずですが、一般企業にも助成金目当てで安易に起業し、
    現場の人件費を搾取するという事を目の当たりにしてきました。
    端折った言い方になりますが、搾取=朝鮮型経営と言っても過言ではない事態となっております。
    杭打ちデータの改竄等も裏で無責任で拝金主義な株主、施主、銀行などが絡んでいたと推測します。
    資本主義、共産主義の問題ではなく、あくまでも健全な労働環境と不正のない人件費の流れを再構築する意味において労基法や、厚労省にはしっかりと公務遂行して頂きたいと考えます。
    件の社労士に関しては問題外です。
    本来労働者の味方でなければならない社労士が不要な人材を合法的に解雇するなどあってはなりません。
    また調査が進むごとにこういった報道が増えると存じますが、国の根幹を成す家族や健全な労働を破壊するという行為だけは絶対に阻止せなばならないと考えます。
    以上がわたしの提案になりますが、ご検討のほどお願い申し上げます。
    失礼いたします。

    秋津島

  16. 東京都知事選挙、衆議院議員選挙、沖縄県知事選挙…
    保守層で盛り上がりを見せながらも、残念な結果に終わりました。
    今現在の購入部数は保守層によるものが大半でしょう。

    自分は友人が少なく、取り敢えず自分用以外に3冊をAmazonから送りましたが、電話でその旨を伝えたところ、誰から送られたか記入が無く訝しく思っていたとの事でした。タイトルにも驚いたが読ませて頂きますと。急いで他の二人にも電話とメールで送った旨を伝えました。

    学生時代のアルバムには住所がありますが、今もそこに住まわれているか分かりませんし、取り敢えず住所の分かる親戚に片っ端から送ろうと思っています。

    余命三代目さん、プロジェクトメンバーさん、読者の皆様、有難うございます。頑張りましょう。

  17. 余命さん

    スレ違い申し訳ありません

    23日に韓国憲法裁判所にて
    「日韓基本条約」は違憲であると判決が出る可能性が濃厚のようです
    直接、日本にこの判決が適用される事は無いのは判っていますが(朝鮮人は分かっていないらしいけど)
    韓国政府は、これによって
    「条約は破棄ニダ!個人請求権を蔑ろにした不平等条約ニダ!」
    となりそうです

    日本としては大変結構な事と自分では思っているのですが
    ・半島(南北合わせた分)に残してきた資産の請求権発生
    ・賠償金の返還要求
    ・技術供与に値する賠償要求
    ・日韓地位協定(かな?)による在日の「特別永住権破棄」←一番嬉しい!!!

    条約は国際法ですから韓国の裁判所が何を言おうが
    引っ繰り返るモノでも無いのですが
    (これやったら宣戦布告と同じだと思うんだが…)
    朝鮮人はそうは考えていないでしょう
    「ウリは道徳的に日本の上位であるから韓国の法が上であるニダ」って感じでは?

    当方浅学にして詳しく分からないのですが
    こんな感じで受け止めていいでしょうか?

    1. 日韓法的地位協定ですね。
      この協定により、特別永住者制度が設けられています。決して、永住権ではありません。
      また、基本的知識として、日韓基本条約は1965年、今回韓国が憲法違違反する韓国憲法(第六共和国憲法とも言う)の制定は1987年です。
      つまり、本来であるならば、憲法より先の条約に憲法が違反しているにも関わらず、後から定めた憲法を優先する、所謂遡及の概念(奴らにとっては感情か?あるいは情緒?)によるものと推測されます。

      宣戦布告に関しては、相手国による一方的破棄の場合、日本からする流れではありますが、日本には憲法9条がありますので、日本から宣戦布告をする事はできません。
      また、韓国からも、一方的条約破棄の上で宣戦布告をする事は無いでしょうね。
      日本は日韓基本条約や日韓法的地位協定に関連する法律を破棄し、在日朝鮮人に対し、粛々と処理を願いたいと思います。

    2. 横入りでちょっとだけ失礼します。

      違憲判決が出ただけでは条約破棄は出来ません、不思議な事に韓国は条約法に関するウイーン条約を批准しています。なので理由なしに破棄を宣言するとまずそちらの条約違反になりますので、日本どころか世界を敵にまわします。しかしながら相手は朝鮮人ですから何やらかすか分かりません(笑)なにしろ批准書の寄託先は国連事務総長(爆笑)ですから。

      裁判所は加藤支局長の例をなぞって、違憲だけど遡求出来ないみたいな玉虫色の判決出すんじゃないかと考えています。まあどっちでもクネに良い事はないですね。

    3. 茶坊主さん
      AZさん

      ご教授ありがとうございます

      しかし韓国の憲法制定が1987年ですか
      それで1965年締結の条約を云々してるとか・・・
      流石としか(苦笑

      それにウィーン条約にも批准していて
      パン君に話つけるとかw

      気持としては朝鮮人らしく
      条約は違憲だ!もっと金寄越せ!
      って展開に期待したいんだけど
      韓国のほうが損が多いので
      そう上手く話しは運ばないかな・・・残念^^;

  18. 余命様 おはようございます。
    昨日TVを見ていましたら、弁護士他法曹界住人が寄り集まって「安保法案は違憲」の裁判を来年早々、各地で起こすそうです。
    それを見ながら「この人達は余命本の騒動を解っていない、もしくは知らないのかしら ?」と思いました。
    どう考えても自分達の尻に火が付いているのに。
    それとも全く関係ないと嵩を括っているのでしょうかねぇ。
    未だに弁護士や大学教授だのの肩書を付けて騒げば、一般人を騙せる扇動できると考えて居るのでしょうが、肩書はご立派でもあまりオツムは良くない人達なのですね。

    そう思いながら早期の新弁護士会の設立を強く感じました。
    自分達の保身や偏った主義主張の為にこんな裁判を起こされるのは
    迷惑ですし、何より真っ当な考えを持った弁護士さん達が気の毒です。
    新弁護士会設立要望は既に官邸メールの中に含まれていますので、早く結果が出ないかと心待ちにして居ます。

  19. おはようございます。
    15日は皆さんと同じく紀伊国屋、hontoなどが受付不能で、大慌てでamazon予約購入しました。
    せっかくの余命さんの本を初版で購入したかったのです。
    これで「民間防衛/スイス連邦法務警察省」と並んで国民を守る田家の宝刀が揃いました。
    悔しいけれど今の日本人の置かれている立場はフランス革命前の民衆と同じかもしれません。
    それでも本来の王家だったバロア家に成り代わり乗っ取ったブルボン家に支配されるような日本には、まだなっておりませんが危なかったです。
    ユーラシア人というのは半島から黒海の周囲まで遺伝子があの凶暴だったモンゴル族の血脈ですよね。
    http://asiareaction.com/blog-entry-2457.html で見たら、まるっきり毒蝶々のような形で世界を支配している血脈地図です。
    決して同化したり婚姻したりは無しでいきたいものです。

    余命さん、今ネット本屋の時代が来て本当に良かったと心から思います。
    紀伊国屋なども含めて、ひと昔前なら【焚書】のこの本、時代を超えて語り継がれることをお祈りいたします。
    日本人が立ち上がった本当の戦後の復活のきっかけとその戦いの記録として残りますように。
    余命さん、命をかけたこの本を出版してくださって誠にありがとうございます。

  20. みなさん!いいこと思いついちゃった!
    余命モブやるんですよ、みんなで!
    例えば初代余命様命日に、あるいは1週間、など日にちを決めて皆、街や電車で余命本を持ち歩くんです。販売も広告も邪魔されるなら覚醒した日本人が自ら宣伝すればいい。お金もかからない。そして何より妨害は不可能です。

    街のあちこちで余命本を見掛ければサブリミナル効果もあるし、その異常さにきっと気がつく人も多いのではないでしょうか?

    どうせやるなら楽しく!明るく!
    いかがでしょう?

    1. 楽しく明るくは良いアイデアだと思います。
      自分は机の上に置いて妻の目に刷り込む作戦をしていますが^^(笑)
      次にこの本、アマゾンレビューで一位なんだよと宣伝しちゃいます。まあ興味があれば読んでみれば~とさりげなく引っ張り込んでいますが(笑)
      会社のデスクに置いて同僚に見せるとか、友達とお茶した時なんかでも見せびらかすのも作戦ですよね!良いと思ったらどんどん拡散しちゃいましょう!

  21. 余命様 初めてメールさせていただきます。
    スレ違いかもしれませんが疑問を持ったのでメールさせて頂きます

    昨日WI-FIのセブンスポットを利用していましたが
    検索で朝鮮カルタと入力しましたら検索できませんでした
    その他一部嫌韓がらみのワード入れましたら削除みたいな
    文言が出てきました そしてセブンネットでの余命三年時事日記
    の本の入手不可ということは依然から余命様が言っていた
    ライン引きの一環なのでしょうか?
    ぜひ余命様 身体だけはお気を付け頑張ってください
    本は本日2冊追加注文いたしました
    嫁や親にプレゼントしたいとおもいます

  22. 先ずは全てにおめでとうございます。
    お願いがございます、次回には是非ともスヒョン文書を載せて頂きたいです。
    よろしくお願いします。

  23. Amazonを先ほど見たら12月30日入荷予定と出ていますが、12月10日に大手町の紀伊国屋に予約した2冊が未だに連絡ありません。

  24. 先程紀伊国屋に予約したが連絡ないと書いて送信した直後、本が用意できましたと電話がありました。
    紀伊国屋では買えないのかなと思っていましたが、予約では買えるようですね。紀伊国屋でのランキングアップに寄与しようと思い、Amazonで買うのを控えて我慢しておりました。

  25. おかちゃんさん、AZさん

    私は総裁任期について官邸メールしています。
    こんな感じです。

    総裁任期について
    安倍総理大臣が就任されてから、ようやく日本再生の兆しが見え始め、国民も将来に向けて希望がもてる機運が高まりつつあります。
    しかし、残されたあと一期のみでは、せっかく高まりつつある日本再生は成し得ないまま後戻りしてしまうかもしれません。
    日本に巣食う悪を振り払い、本丸は「憲法改正」もしくは「日本に相応しい新しい憲法の制定」であります。
    「総裁任期、連続2期6年」の撤廃ないしは改正を提起します。最低でも、安倍総理大臣の9年続投を希望します。

    1. 私もその意見にほぼ同意です。
      自民党内から野田や二階のような輩を排除し、オール保守で安倍さんの後継者に不足ないという状況になるまで続けてほしいです。
      まずは、野党をつぶしておきたいですが。

    2. 素 気持ちが伝わってくる良い文だと思います
      ( ^ω^ )

      内閣官房や行政府というよりも自民党本部向けになりますかね、あと自民党県連に送るのも宜しいんじゃないでしょうか。

  26. 余命書籍を早速家族に読ませたところ、母がブログを見たいと言い出し嬉しい限りです。

    さて、TSUTAYAが余命書籍をシャットアウトしているようですが…

    TSUTAYAとY!はTポイントの提携とその推進をしていますね。
    Y!の頭は誰か?を考えれば自ずとTSUTAYAで当該書籍を扱わない理由が見えてきそうです。

    Tポイントは課税対象となっており、これは通貨と同等だと国からお墨付きを与えられたも同じです。名称こそポイントですが、実態は仮想通貨です。
    孫の次なる野望は、広大な仮想通貨圏の構築にあります。

    ご存知の通りビットコインは現金にエクスチェンジ出来ますね。なので、株の様に投資対象にもなっており、売買もなされています。
    Tポイントもこれと同じようになればどうでしょう?
    ポイントの管理はもちろん孫です…。

    これ以上は言わずもがなですね。

  27. 初めてお便りします。
    初代余命のブログを数か月前に知り、目をショボショボさせながらボチボチ読んでいます。途中ヤフーニュース見出し「余命はデマ」の横槍が本当に腹立たしかったです。
    書籍が出るとわかりパソコンを見ない友人に勧められると心躍りました。
    日本人なら読むべきだとブログを紹介し、書籍をオススメしたところ何日経っても返事が返ってきません…沈黙です。あの人はもしかしたら帰化人だったか、という疑惑が。そもそも、自分の知人が皆日本人だと考えるのは間違いなんだと気づかされました。
    5月に第二弾が出版されるそうですね。必ず購入します。
    余命様、余命プロジェクトチーム様これからも忙しい日々が続くでしょうが、頑張ってください。
    後、他の方がブログのデザイン変更などの要望をされていますね。
    私はデザインなどはよくわからないですが、出来ればこのままの字の大きさでお願いしたい。これ以上字が小さいと読めなくなります。(あたたかい)

    1. ご存知かもしれませんがどのブラウザでも
      テキストの拡大縮小機能がついていますので
      読みにくかったら拡大してください
      やり方はgoogleですぐ検索できますよ

    1. 12月22日調べ トーハンベストセラーですが、
      ベストセラーに載っていてもあんまり売れてなさそうな本がありますね。
      http://www.tohan.jp/bestsellers/_20151222.html

      このランキングの2位には幸福の科学出版、大川隆法著の「正義の法」という本がありますが、Amazonや楽天、e-honなどほかの書店でみてみるとあまり売れているようにはみえません。

      気になって調べてみたら、以前にも同様のことがあったようです。
      http://hs7jittai7info.blog.fc2.com/
      ↑では、「週間ランキングでも、月間ランキングでも20位以内に
      1度たりとも登場したことがなかった「未来の法」が
      上半期ランキング、年間ランキングになると
      「にわかに」適当な位置に、不自然に挿入されている」と指摘されています。

      もともとがいい加減なランキングなのでしょう。
      「余命」だけの問題でもなさそうです。

  28. 余命様 お疲れ様です。
    余命さんが、頑張ってくれました。今度は、僕らが、行動する番ではと思います。
    余命本、持ち歩くいいですね。
    余命本 挨拶運動としていきましょう。見かけたら声かけて、「頑張ろう」の挨拶運動していきましょう。無形のネットの世界から、本という形で、存在する余命本を、家に置いておくだけでは、勿体無いです。ネット繋がりから、今度は、人と人繋がり、心強いですね。そして、日本再生、1億人そう活躍になることが、できます。

  29. 結構長いブログ読者です。
    この度初めてコメントさせて頂きます。

    書店も書籍離れが進んでいるのに、通販大手のアマゾンに利する自殺行為をしていると思われます。アマゾンからしか入手出来ないため一度アマゾンを経験した客はアマゾンの簡便さと必要十分で安価な中古本に流れちゃうんじゃ無いでしょうか。書店で立ち読みしてもスマホでアマゾンの中古本買う事だって十分考えられます。早く対応(在庫を)しないと書店の没落を加速させるでしょう。
    ビジネスとして書店を経営せず、そこにイデオロギーを持ち込む余裕があるなら御自由に是非お続け下さい。被害はイデオロギーの有無とは無関係に全書店に広がるでしょう。
    アマゾンはさすがに言論の自由の国、アメリカ資本。ヘイトかどうかの判断をするのは通販会社の役目では無いと言う姿勢がいいですね。書店だってそんな責任は無いのでしょうがね。
    何処かの勢力に感化されたリベラル面した小賢しい書店関係者が特定の本を置かないとか隠すなどの卑屈な手法で寂れていく現実をなまあたたかく眺めていきましょう。おかしくない書店も被害を受けるでしょうがそれは時代の流れ、時流を読めない同業者を恨むしか無いですね。

  30. 私は子供たちにボランティアで剣道を教えています。
    一昔前は、大会開会式で国旗掲揚されても
    起立しない父兄が散見されましたが、現在はほぼ100%起立しています。
    世の中が右に振れ始めていることが実感としてあります。
    剣道を再開してから日本人の価値観や道徳観に触れ、
    未来を担う子供たちが立派な大和魂をもつ日本人になってほしいと願い、
    日々、そのように鋭意指導しています。
    そんな私でも20年ほど前は、誠に恥ずかしい「お花畑」でした。
    いま思うと、国ぐるみの洗脳教育に
    どっぷりと浸かっていた自分自身に恐怖さえ覚えます。
    ところが「朝まで生テレビ」で知った西部邁氏の著書を読み、
    その伝統的保守観に感激し、以来、徹底的な保守人となりました。
    ところが、我が国の左翼思想はその後も衰えることなく、
    ついに民主党政権となった日には、もう日本は終わりだと心底震えました。
    以後も悶々として過ごしていた私ですが、
    2年前に余命殿のサイトに出会ったことで一筋の光明を見出しました。
    そこへ出版化の朗報!たまらず、勢いで3冊購入し、
    今後の拡散のために作戦を練っているところです。
    剣道は武道とはいえ、その世界には教員や教員OBが多く、
    外から見るよりはリベラルな雰囲気があります。
    しかし、ガリガリの左翼教員が武道をしているとも思えず、
    あまり政治に関心がない方がほとんどなのでしょう。
    これからも日本再生、平成維新のために身を削る覚悟でいます。
    余命殿もお身体に気をつけて、マイペースでお取組みください。

  31. 過去記事の検索はもう少しやり易くしてほしいです。
    最近、No.1から読み返していますが、重要な情報が溢れています。

    例えば、下記のようなサブメニューが出せて、

    No.1 ~ 10
    No.11 ~ 20
    No.21 ~ 30
    (以下同様)

    No.11 ~ 20をタップまたはクリックすると、No.11 ~ 20の記事のタイトルと日付が出て読みたい記事が選べる、みたいな感じはいかがでしょうか。

    新規にブログを読み始める方には、過去記事も是非読んでほしいです。

  32. トーハンは意識高い系(プ!)?もしくはヘタレ系?
    いずれにせよ日本国民の金を米国系企業に献上させるような事態に、指を加えて見ているようでは情けない。そのうち各書店から怨嗟の声が舞い込むのじゃないかと心配するが俺の知ったことじゃない^^
    殴りこんできた度胸は認めるが、あまり構わないでね^^

  33. 五月の連休あたりには、余命続編が出版されるとのこと。
    出版社さんの呟きにありましたが・・・。
    ダブル選直前の追い風になりましょう。
    十八歳選挙権となる故、若者への啓蒙にもなりますように。

    名古屋の逃走した外国人の国籍は?続報は?
    マスコミの報道の遅さは意図がありそうですね。

  34. どうやら「余命三年時事日記」にまつわるブログ等のアップが複数のサーバーで妨害されているようです。
    どうしても本の内容を書かせたくなんですな。

    反日勢力は、表向きは無視と黙殺をきめながら、
    裏では猛烈に蠢いているようです。

    卑怯、姑息、捏造、詐欺、ほか何でもありの、まったくオゾマシイ連中です。

    妨害を受けているブログ主さんはこちらのコメント欄でサーバー管理者を告発するのも良いのでは?

  35. 5月に第2弾となるとダブル選挙に直撃しますね。もう内容は決定されておられるのでしょうか。

    一つ提案なんですが、前職現職議員の色分けとかどうでしょうかね。過去に関わった法案とか採決の立ち位置とか纏める感じの。明らさまにブルーレッドで分けると問題あるかも知れませんが、事実の列挙なら文句の付けようが無いと思います。

    AZ

    本音は落選運動リストが所望なんですが(笑)

  36. TSUTAYA 仙台南店、「よめい」で検索したら「きつねの嫁入り」がズラ~っと出てくるも肝心のものが出ず、著者名「余命プロジェクトチーム」で検索しても該当なし。
    私の検索テクニックでは探し当てることができず、カウンターで「青林堂」の「余命三年時事日記」と言って取り寄せを頼みました。
    在庫がないので出版社からの取り寄せになるということで年明け2~3週間ぐらいになるとということでしたが、それでも良いからと予約してきました。
    第何刷が届くのか楽しみです。

  37. なぜkindleで販売しないのですか?(kindle化のリクエストを出しておきました)
    朝鮮の息のかかった書店は期待するだけ無駄です。

  38. 本屋:
    兵庫西部で店頭販売2店(姫路ジュンク堂・高砂うかいや荒井店)も売り切れ入荷待ち。荒井店では、今、話題になっている本との認識を持っていた。

    図書館:
    贈呈しても、図書館によっては審議後、採用しない場合は即一方通行リサイクルの流れの所もあり、事前の調査がいります。政治系は特に館内展示されてもセキュリティが弱いと直ぐ破損・落書・盗難も見受けられその旨の御了解をと、説明もあります。

    承知の上で、ある図書館に贈本致しました。まだ、審議中で結果は数日後になります。
    図書館として播磨圏域はネットを組んでおり7市8町の36館の住人は一応は読める可能性はあると言う事ですw。
    また、審議の仕組みに不安を感じる図書館には入庫リクエストを致しました。
    個人向けに本の贈呈・御貸しした人の中には、図書館にリクエストして下さる心強い方もおられます。

  39. 北海道です

    コーチャンフォー某店 20冊ほど平積み
    喜久屋書店ウィングベイ小樽(すごく大きい) 見当たらず。
    喜久屋書店 生協スーパー内の店舗 見当たらず。

    わたしは政権交代時、民主党に投票してしまいました。
    その後覚醒し、激しく後悔しました。しかしあの流れが
    がなければ今のこの流れもなかったとも思います。
    二度とあんな政権の時代が来ないよう、そして日本人が
    バカを見ない国になるように心ある人たちと力を合わせて
    いきたいです。

    1. 素直な人ほど騙されやすいんです、気にしたら行けません。2chなんかで
      「民主党に入れた奴反省しろ」
      とか見かけますが大概分断工作かそうでなければにわか保守です。

      当時から分かってたならなおさら、民主党が駄目だと周囲に訴えるのが如何に難しい状況だったか知ってるはずですから。

  40. ネット通販を待てず、昨日書店にて購入し読了しました。

    池袋のジュンク堂は在庫1で取り置きだった為、空振り。
    池袋西武内にある三省堂書店に行くも、空振り。

    池袋駅の地下構内にある、
    「東武ブックス池袋北店」のレジ前に平積みにされているのを、
    1冊捕獲してきました。

    昨日の昼で10冊程度残っていたと思います。
    取り寄せを待てない、私のようなせっかちな方は急ぎましょうw

    1. 池袋三省堂は今日は地下と三階で平積みしてましたよ。
      一回売り切れて、最速で再入荷したんでしょうかね。

      1. エヌ様

        三省堂書店に平積みでしたか、タイミングが悪かったのかもしれません。

        購入時に、
        「カバーをお付けしますか?」
        と聞かれましたが・・・。

        「いいえ結構です。」とことわり・・・。
        (表紙を見せながらあちこちで読んでやる!)という気が満々w

        購入レシートをしおり代わりに使っておりますw
        お出かけの際には、表紙を見せつつアチコチで繰り返し読む予定です。

  41. 余計なことを言いましたかな?
    自民党総裁選は2年以上先の話です。その頃にはかなり除鮮が進んでいるはずです。(期待を込めて)
    今、官邸メールをしても党内の対立の種になるだけですね。その時の状況次第でしょう。それに、官邸メールではなく自民党メールでしょう。
    党則も変えなくても可能ですね。自民党総裁=総理大臣ではないですから。
    ひょっとして、釣れた?
    私には判断できませんから違っていたらすみません。

  42.  淳久堂書店は、一部でフランチャイズ制を取っているようで。
    ついでに、官邸メールに採用して欲しいのは、戦前のテロ事件の中でなかったものにされている事件の概要の発表ですね。
    国体護持のために、真実が明らかになっていないのがいくつかあるそうで…。
    まぁ、初代余命様すら予想できなかった全てが終わるまで、明治維新後の混乱期と大正大震災前後は無理だと思うけど。

  43. 余命プロジェクトの皆様、この度はご出版おめでとうございます。
    一読者として大変喜ばしい限りです。いつも本当にありがとうございます。
    さて、本日は少しご報告のためこの場をお借りします。
    先日、おーぷん2chの生活板に投稿がありました。
    そのまま掲載は控えますが、要約すると

    心の病気で休職中の兄がゲームに課金して(1回7000円とのこと)800万もの借金を作ってしまった。
    その後も実家で変わりなく暮らしていた兄がネトウヨまで発症した。某国大嫌い本のしかも新刊をよこしてきた。
    非常に腹立たしい。
    ttp://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1449134532/
    (レス番は262、263。現在反応している住民はいませんので突撃などはされないようお願いします)

    というものでした。
    調べたところ一応7000円のガチャというのは国内のゲームにあります。
    ですがわざわざ「新刊」「ネトウヨ」という言葉を使うあたり余命さまの本のイメージダウンの可能性もあると感じました。まあそれにこの手のイメージの結びつけはあちらが非常に好むやり方ですし…
    しょせんネットの投稿ですので嘘か真か等わかりませんが、直接接触せずこういう手法を取られ得るか、と目に留まりお伝えした次第です。

    また、こういうイメージ戦略は実際起きたことにこじつけられると非常に危険だと感じました。
    ネトウヨ=「興味のない政治の話を」「義務づけて無理やり押し付けられる」、これらをつついてくる可能性です。
    余命さまのお話はもう政治の範疇だけではなく国家の存続に繋がるお話でもあることは私も痛感しています。
    ですが、このご時世ネットに触れないような方、そのような問題には非常に鈍感で他人事です。
    配布を実践されている方々は非常に尊敬しております。私も続きたいと考えているのですが、上記投稿を見てからむしろやり方によってはイメージダウンに寄与してしまうのではと心配になりました。
    もしそのあたりの危険性を踏まえたうえで注意すべきこと、著者としてしてほしくないことなどありましたらぜひ余命プロジェクトの皆様のご意見を伺いたく存じます。どうかよろしくお願いいたします。

    以上、たいへん長くなり申し訳ございませんでした。問題があるようでしたらお手数ですが、こちらは削除をお願いいたします。
    (みつ)

    1. そのようなコメントがあった時は、
      『「ネトウヨ」という言葉は、在日や反日勢力が自分たちに都合の悪い事実を広めさせない為に使っている言葉ですよ。』
      と書き込むとその時は反発しますが、その後はネトウヨどうこうというコメントは書き込まなくなります。
      ヤフーコメント欄でそのようにしています。

  44. 秋田です。
    店頭ではまず手に入らないだろうということで、どこで購入しようかずっと検索をかけておりました。

    私の住んでいる地域はオンラインでの取り寄せはイオン系又はe-honが主でしたので、悩んだ末にブックサービスに決めました。取り寄せに時間がかかりますが、楽しみに待っています。

    余命様、ならびに読者の皆様、日本再生の為にこれからも頑張りましょう。

    1. 続報です。ブックサービスより商品が手配できないと連絡がありました。
      おそらく入荷はしないと思われます。

      他社の状況は、
      honyaclub、オムニ7(セブンイレブン)は来月中旬入荷
      ヨドバシは販売休止中

      となっておりました。本当に信頼の置ける会社どこか、きっちり見極めなければならないなぁと思います。

  45. ブログの改善提案の件
    確かに使い慣れないと過去のページが探せない感じです。2015年8月の34ページ「320 余命19号 不正手段による入国者の罰則強化は当然」のページで止まってしまいます。新しく来られたは方はネットに不慣れだったり使い方がわからない方もいると思われます。私もその一人です(笑)確か以前のブログでマス目式のカレンダーで過去のページに行けたと思います。新ブログもその機能を復活なさってはどうでしょうか。書籍化に伴い新しい方々が多数訪れてると思います。ご多忙のところ大変恐縮ですが、早急の改善を宜しくお願い致します。
    才谷梅太郎

  46. 次の選挙では自民単独で3分の2確保してほしいなあ。
    できるだけ公明や大阪維新には頼りたくない。公明は言うまでもないですが、大阪維新も橋下も似非保守ですので。
    憲法改正の見返りに維新は地方自治法の改正による道州制などを要望しているとのこと。
    わたしは10年以上前から道州制には反対です。
    日本という国を考えた時、過度な地方分権は沖縄の現状を見れば危険なことはわかります。それが地方単位になれば、内部から日本乗っ取られますよ。
    道州制などは日本分断政策だと私はかんがえています。これに関しては賛成派の方もたくさんおられるとおもいます。
    しかし、個人的には大反対なのでダメもとで官邸メール依頼してみようかとおもいます。
    そんなわけで、自民が圧勝しないと公明やおおさか維新が自分達の政策を押し付けてくると思うので、次の選挙は本当に大事です。

  47.  今日の夕方、東京、飯田橋ラムラの芳進堂書店へ「はすみ本」を買いに行きました。余命本はすでに購入していましたので。
     今日入荷したはずの「はすみ本」は、もう棚にもなかったのですが(たぶん売り切れ)、一緒に探してくれた店員さんが
    「青林堂さんは入ってるんですけどねぇ、もうないかなぁ。...ここが出した『余命三年時事日記』って本は、入った途端、あっという間に完売しちゃいましたけど」と。
    5冊入荷で、「平置きにしたら、数時間でなくなっちゃった」んだそうです。店の方も驚いた様子でした。

  48. 4冊購入、家族や母の友人にまで読ませています。
    みなさんのコメントを拝見しながら余命三年時事日記が日本全国でどんどん拡散されていく様子を想像し、感激しています。
    初代かず様の時からずっと拝読しており、周囲に一生懸命話していましたが、殆ど受け入れてもらえず随分悔しい思いをしてきましたが、やっとこの頃になって同意してくれる者が現れてきました。嬉しい限りです。
    どうかこの勢いがどんどんと大きくなって、一日も早く日本が本来の姿を取り戻す日が来るよう祈る毎日です。

    ところで、コメント欄には多くの提案や相談、有益な情報が書き込まれ、また問題提起で無くとも思わず同調したくなるお話等もあり、記事同様見逃がせないものになっています。
    しかし現状ではコメントは画面左に最新5つまでしか表示されず、それも最新記事のみのコメント欄を追っていればいいとも限りません。
    そこで、こちら余命部隊の皆さまが集うSNSのようなものがあればよいと思うのですが。パスワードで入れるようにすればむやみに荒らされるおそれもさほど無い気がしますし、テーマ別に色々話し合えれば我々ももっと役に立てることがあるのではないかと思うのですが。
    どなたか、信頼のおける方に管理人になって頂いて、余命隊?のSNS,如何でしょうか。

  49. 今日、仕事帰りに夫と一緒に近所の三洋堂書店へ見に行きました。
    発売日の時点では置いていなかったのですが、今日は、きちんと「新書・話題の本」のコーナーの一番目立つ場所に、表紙をおもてにして置いてあり安心しました(^-^) すでに私は購入しており書店には1冊だけでしたので、買占めはやめておきました。
    この三洋堂書店(自宅近くは愛知県の三河地方)ですが、普段から政治・国際・時事関係では左右平等に本を取り上げているように思います。(というかネットの動向にもわりと敏感です。) むしろ最近では保守系の著者の本のほうが目立ちます。今日棚を見たら、 小名木さんや井上和彦さん、竹田さんや石平さんらの本が平積みになっており、逆にシールズなんとかの本は目立たない所に挟んでありました(笑) これからもこの書店を利用しようと思いました。
    ただ愛知県は選挙ではいつも民主党が強い地域、来年の選挙はどうなるのでしょうか。楽しみです。

    1. いつも、拝読させていただいています。同じ地域とおもわれるYUKI様のコメントを発見しましたので。初めてコメントいたします。同じ三洋堂書店かどうかわかりませんが、愛知県三河(自動車で有名な町)の三洋堂で確認しましたところ、余命様の本は、12月24日、午前10時現在、在庫なしで、取り寄せに3週間かかるとのことでした。カテゴリーの棚は、たしかにYUKI様のおっしゃられるとおりで、保守系の本がめだつが、シールズの本(たしかにほかの本の間に挟んであった。)も置いてあり旗色がわからないな、と思った次第です。おっしゃられるとおり、大変民主党の強い地域なので、ほかの地域とはちがい、ぼくのようなものはごく少数なのかとおもっておりました。大変心強いです。^^

  50. 余命様
    先代かず先生のブログ発信から、覚醒させていただき、また二代目そして余命翁殿と共に歩まれた皆様によって反撃のチャンスをいただけた事に感謝申し上げます。
    12月22日に左翼汚染されている川崎・鶴見エリアの書店で買えるかどうか試しに鶴見西口にある井上書店へ出向き確認してみました。店員は、書籍の在庫を確認に奥へ行き戻ってくるなり「仕入先で扱っていないのでお取り扱いができませんのでうちには在庫がありません。。」ふーむ。その場で私はアマゾンのサイトをスマホから見せて「これなんですが、ランキングNo.1でAmazonでも即買いができないんですよ。そんな売れている本を扱っていないなんて信じられないなぁ~」とつぶやくとその店員は、奥の事務所へ上の人間と話しをしに行ったんでしょうね。戻ってくるなり「その本は、お取り寄せになります。その場合2~3週間かかります。年内のお取り寄せができませんがそれでもよろしいでしょうか。」と聞かれました。こちらとしては、年末年始の帰省時に車中読破して友人へプレゼントを考えていたのでなるべく早く手に入れたい思いでしたのでそのままその店を後にしました。
    その時にその書店が使っているシステムの中に本の特急便というタイトルで運営母体が株式会社ブックライナーという問屋?のサイトをタブレットから見せてもらいました。そこで余命貴書を打ち込んでみると・・・アララ
    【商品詳細】”取り寄せ不可”と出ているではありませんか。フラッグ立っちゃったねと思いその画面を見入っていましたよ。自宅に戻りあらためてそのサイトを見てみると「ご利用案内」のページに(本の特急便)があり以下の様に書かれています。

    (本の特急便)
    ○充実した検索機能、豊富な在庫。お客様の欲しい商品が、すぐに注文できます。
     「あいまい検索」「詳細検索」を使ってお客様のご注文商品を検索し、その場で在庫確認ができます。
     在庫があれば、お客様をお待たせせずに、すぐにご注文いただくことができます。
     ご注文後は、納期の確認まで約1分。お客様に商品をお渡しできる日もすぐにわかります。
     また、ブックライナーに在庫がない場合でも、出版社に在庫がある場合は、「お取り寄せ」で商品を調達できます。
     さらには、まだ発売になっていない新刊や重版予定のある商品は「予約」をすることもできます。
     客注のすべてを手配できるシステムが、ブックライナーのホームページには備わっています。
    (転載ここまで)
    とのカンパニーポリシー的ナイスな内容が列挙されています。それで客注のすべてを手配できると謳っておきながら”取り寄せ不可”とは???

    この業者から仕入れている書店がリストとして挙がっています。是非皆さん散歩がてらご近所の加盟書店に立ち寄り、問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。リスト内の加盟店の中のあぶり出しもでき、あと情報交換にもなってうれしいかな?と(笑) 

    早く日本国民がWGIPの呪縛から解かれて全うな思考と行動そして公平で公正な社会になるようお花畑なレフティたちや老若男女に貴書を拡散していきたいと思っております。

    最後にかず先生、R.I.P.

  51. 不法入国の犯罪者を擁護したり、刑務所から犯罪者を解き放ったりと、法務省も全員りすといりかくていですな。
    税金で食ってる法務省に国民は税の投入をしたくないと思うはずですな。

  52. 1.大和心への回帰さんより「緊急連絡」が出ています。

    http://blogs.yahoo.co.jp/nagomi3878
    昨日より、「余命三年時事日記」に関する新規投稿を2度にわたって行いましたが、その都度エラ-が発生し発信できません。
    今回「緊急連絡」が発信されたことを見る限り、余命以外の投稿には問題ないのかもしれませんが、定かではありません。
    原因が判明し復旧するまで、当該記事についての投稿を当面控えざるを得ないことについて、ご了承願います。
    既発信記事のコメントについては問題ないと思われます。

    2.待ち望むものさんの記事
    末期症状、言論弾圧が熾烈になってきている
    http://meron.vanillapafe.info/archives/2976

    はすみとしこ本への嫌がらせは皆さんご存知の通りだと思います。
    あちらの人たちは青林堂の出版物は全てヘイト本として認定しているようです。
    青林堂さんにこんなヘイトスピーチまでしていましたね。
    http://i0.wp.com/meron.vanillapafe.info/wp-content/uploads/2015/12/aq9e8476576.png?resize=300%2C148
    いままでも保守系著作への嫌がらせはあったけど、どんどんエスカレートしてきていますね。

    余命本もアマゾンランキング一位なのにマスコミも話題に取り上げないし、書店の扱いがひどい。

    そして大和心への回帰さんが、余命関連の記事のアップができなくなっていると。
    おかしい!
    本文中に余命記事の引用があるからそれがだめなのかもといってますね。
    もしそれが原因だとしたら、ひどい言論弾圧だよ、許せない。
    ヤフーブログは終わってる。

    保守速報のこの記事
    法務省、右派系団体前代表にヘイトスピーチ中止を勧告
    http://hosyusokuhou.jp/archives/46359683.html
    法務省には人権擁護委員会が巣くってますからね、ひどいねしかし。
    ~ 中略 ~
    ヘイトスピーチをやめろなんてしばき隊と同じことを法務省が言い出したら、もう日本も終わりだよ。
    ついにやばいところまできているかもしれませんね。
    保守への口封じがひどすぎる。
    日本国民の在日朝鮮人への憎しみが加速するのが見えます。
    内乱になっていくよ、このままいくと。
    ——————— 以上転載—————

    新聞も偏向でダメ、TVも情報操作でダメの状況の中で、日本再生の行動を起こしている個人ブログへの妨害?に対し、日本政府はインターネット上での遮断、妨害、嫌がらせ、支障が出ないように、言論弾圧をしないように早急にネット企業に勧告を出してほしいですね。

    (日本に恩返し)

  53. 何度もすみません。
    今、巷にはびこる無免許マッサージ業には韓国人中国人だけでなくブラジル人などの外国人も増えています。
    また、国民の健康被害も増加しており、消費者センターや厚労省が気をつけるように勧告しています。
    医療は国のインフラの一つであり、国民衛生の要です。何ら医学的な認可のない民間団体が勝手に認めた自称免許が野放しにされている状況は明らかに異常です。
    厚労省が無策なのであればともかく、「あん摩マッサージ指圧師」という免許制度を作っているのに、国家資格や法律を無視する自称免許は国家や行政への冒涜だと思います。

    あん摩マッサージ指圧師の多くは免許取得後、食べていけないので数年で転職します。確か、10年で50%以上だったと思います。余命さんで取り上げた柔道整復師の下で働くくらいしかなくなってきています。どうか宜しくお願い申し上げます。

  54. ブログ改善提案の件ですが、余命ブログフォロワーへのリンクをサイドバーに貼ることだけでもお願いできませんでしょうか?

    書籍の影響により、現在余命ブログには新しい訪問者がたくさん訪れていると思います。
    しかし残念ながら他の方もたくさん指摘している通り、余命ブログは各記事へのアクセスについて、とても使い勝手が良いブログとは言えません。
    せっかく日本の暗部に気づき覚醒しようとしているブログ新参者の何割かが、ブログの使い難さのため読むのを諦めたりしてたらとても勿体無いことだと思います。
    日本人への情報拡散が勝利の鍵なら、その為の敷居下げはとても重要なはずです。
    しかし余命様は現状、記事の執筆等でとてもブログ改善まで手が回らないと思うので、それならば余命ブログフォロワーを利用するべきかと。例えば

    「余命3年時事日記 さんのバックアップ」
    http://kotoage.net/yomei/
    2012年8月初代の記事から三代目の現在の記事に至るまで、月毎にまとめられて簡単に過去記事にアクセスできます。シンプルで読みやすいです

    「待ち望むもの」
    http://meron.vanillapafe.info/
    通報関連、韓国情勢、中国情勢、アメリカ情勢などジャンルごとに記事がまとめられてて読みやすくなってます

    二つ余命ブログフォロワーを書いてみましたが、余命ブログ本体は記事の執筆に専念して、記事の整理等はいっそ彼らのようなフォロワーに頼ってしまうのも良いかと。そこにリンクを張って紹介さえできれば。
    非営利を貫くためフォロワーといえど外部サイトにリンクを貼りたくないのかもしれませんが、反日、売国勢の情報拡散というどうか大きな目標、視点でご考慮して頂ければと思います。

    1. JB様の意見、各記事へのアクセスについては、上で言ったように私も同意です。
      なるほど、「余命3年時事日記 さんのバックアップ」は大変見やすく整理されていますね。
      私も一瞬それも良いかなと思ったのですが、
      しかし外部サイトは運営者の正体もわからず、豹変や釣られてIPを抜かれロックオンされるる危険性も有ります。
      そのくらい現在のネットは成りすまし似非保守で溢れかえる内戦状態にあるのです。
      (決して「余命3年時事日記 さんのバックアップ」が成りすましだと言う意味では有りません)
      余命氏がスタンドアロンで非営利を貫くので有れば、多少時間がかかってもやはりサイドバーに各記事のリンクを付けるのが良いと思います。「余命3年時事日記 さんのバックアップ」を参考にされても良いと思います。

      重要な事なのでもう一度言いますが「現在のネットは成りすまし似非保守で溢れかえる内戦ゲリラ状態にある」のです。用心しすぎるということは有りません。

  55. 書店カウンターの募金箱について
    以前は(反日と目される)ユネスコ協会の募金箱を置いてあることが多かったのですが、東日本大震災の募金の目的外使用やアグネスチャン批判が報道されてから姿を消し、別の団体の募金箱になっています。
    このような募金を集める法人の監査がしっかり行われていず、おかしな団体に資金が回っているのではないかと危惧しています。
    政府に対してどのようなメールをするのがいいのでしょうか?

  56. 余命様
    今朝(12/2306:12)以下のようなメールが届きました
    ずいぶん姑息な手段ですね・・・あきれます
    ——————————以下引用
    この度は、「e-hon」にご注文いただきまして、誠にありがとうございます。

    恐れ入りますが、下記の商品につきまして出版社/メーカーに取り寄せの
    手配を行いましたが、現在品切れのため、お取り扱いできませんでした。
    つきましては、誠に勝手ながらご注文を取り消しさせていただきました。
    お待ちいただいたにも関わらず、ご期待に添えず大変申し訳ございませんでした。

    何卒、よろしくお願い申し上げます。

    お受取方法:書店 お支払い方法:書店支払い
    受取書店:■■■■■■■■■■■
    注文メモ:
    ──────────────────────────────────────

    対象明細 総数 1

    注文番号:562786905
    注文日時:2015年12月18日14:46
    書 名 :余命三年時事日記
    著 者 名:余命プロジェクトチーム/著
    出 版 社:青林堂
    税込価格:1,296円
    注文冊数:1冊
    ——————————–引用止め

    1. もう少し冷静になったほうがいいと思います。
      書店横断検索サイトで、たとえば、「聖☆おにいさん 通常版(12)」という11月20日に販売されたマンガを検索してみてください。
      http://book.tsuhankensaku.com/hon/isbn/9784063885323
      「購入できません」とか「現在ご注文できません」,「該当書籍が見つかりませんでした」といった表示が出ます。
      出版社・取次に在庫がない場合に注文を一旦キャンセルするというのはありえる対応なのではないかと思います。

      1. そうそう、とはいっても、いくつかの書店の販売前の予約対応や販売初日の対応は異常だったと思います。

  57. ブログ改善の提案が相次いでいるようなので、差し出がましくも私見を述べさせていただきます。
    デザインの好みは人それぞれでしょうが、私は今のままで特に問題ないと思っています。ごてごて飾りたてるより、白地に明朝体というのはかえってシンプルで潔いと思うくらいです。
    問題は過去ログの閲覧機能です。
    移転当初はSonet時代からのすべてのログが画面下部のページリンクで閲覧できましたが、現在は今年の8月以降のログに限られています。ページを昇順に置くか降順に置くか余命さんも問題にしていましたが、現在の状態に落ち着いているようですね。このインターフェイスの問題点はページを1ページまたは数ページずつ繰らなければならず、膨大な過去ログの目的のページへ一気にジャンプできない点にあります。
    また現在、過去ログはサイドメニューから直近の数ページと月間アーカイブメニューがあります。どちらも降順で統一されています。
    読者としては過去ログが閲覧できればどのような形でもいいと思いますが、このサイドメニューからすべてのページへアクセスできる形が一番分かりやすく、使いやすいかなと思います。
    直近数ページのメニューは現在のまま、過去ログとして2012年から2015年まで年度選択メニューを並べ、それらをクリックするとそれぞれの年度の月間アーカイブメニューが展開する、または現在の年度のみ月間メニューがあらかじめ展開されているという形です。後者は昇順が見やすいかなと思います。

    加藤

    1. 普通の方には見づらい、検索しにくい事はありますが、
      まとめブログを活用なされてはいかがでしょうか?
      例えばですが、↓
      yomeinomatome.blogspot.jp/2015/11/blog-post_98.html

      他にも多々ありますので、そちらをご覧になられた方が手っ取り早い気もします。

  58. 田中一郎 様

    はじめまして。

    お話にありました瀬織津姫の商標登録及び認知度の向上の件ですが、官邸メール案件もしくは号外にて商標登録の撤回をお願いした後で、ゲーム会社など様々な方が触れるメディアを通して、アイデアの一環として提案するなどはいかがでしょうか。
    (余命さんの趣旨には合わないかも知れませんが)

    幸い日本のゲームメーカーの中に、アトラスという会社があり、その中の「ペルソナシリーズ」はゲームファンの中でも高い評価を受けています。

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ペルソナシリーズ

    この会社のhpの下に問い合わせ用の意見を受け付けるページがありますので、こちらにユーザーの一つの意見として提案するのはいかがでしょうか。
    個人的には、天照大御神が男という説も面白いと思います。

    http://sp.atlus-mobile.jp

    あくまで商標登録の件が解決してからかも知れませんが。

    アイデアの一環として、ご参考頂ければ幸いです。

    1. 失礼しました。

      補足しますと、こちらのゲームには日本の神々がキャラクターとして深く関与しております。

  59. アマゾンレビュー現在250件!!

    見るたびに急速に増加していますね。

    あの大ベストセラー「永遠のゼロ」は2009年7月15日文庫本発売5年で現在1763件です。
    こうなったら来年衆参ダブル選挙前の6月までにアマゾンレビュー2000件目標としたらいかがでしょう?
    今の勢いで国民的なムーブメントになっていけば可能性は高いと思います。

    ところでよく考えてみると、韓国帰化在日100万人、中国人在日65万人合計165万人全く常識が通用しない異民族が、こんなに日本人に成りすまして私達のすぐ隣に住んでいます。

    しかも大変厄介なことに韓国人の差別意識は、日本の一君万民の思想とは真逆です。
    https://youtu.be/VoLdXPfQ638

    道義心の欠片も無い。
    これまでに国内でやってきたことをみるとそう判断せざるをえません。もちろん中には、個人的に長年の友人で信頼の厚い人もおられるでしょう。しかし全体として、そう考えて対応しないと日本人は非常に危険です。

    そもそも戦後GHQの政策が原因だと思いますが、ここで日本人自身がしっかりしなければ乗っ取られるのは当たり前です。

    またこの人達は、基本的に天皇陛下のご存在を亡き者にしようと考えていると考える必要があります。
    まさに戦後70年もの長きの間、日本の教育やメディア、政治を支配し、国体、国柄を破壊しようと画策しきたのです。
    義務教育、メディア、ネットの情報を完全に支配することで日本人はこの大きな脅威に全く気がついていませんでした。
    日本人の「和をもって尊しとする」という優しさと事なかれ主義を狙い撃ちされ陰謀が実行されてきたわけです。

    この危険性を理解できるでしょうか。
    日本史上最大の国難である所以です。

    ここで私たちはどうしても我が祖国を愛し忠誠心を持つ日本人(外国人でも可)の組織化、団結力、政治力を持つことが必須です。

    次の総選挙では私たち日本人のために真剣に尽力してもらえる優秀な人材を国会にできるだけ参加させることに、注力することが当面最大の課題です。
    それには今から全国でそれぞれできる範囲で全力を挙げ準備することが必要です。

    このような国難に陥っている日本を覚醒させ再生するために手弁当でご尽力いただいている余命爺様とプロジェクトチームの皆さんには本当に感謝いたします。

    このブログに集い日本を真剣に再生させたいと考える人は、できる限り多くの余命本を購入することでご支援いたしましょう。

  60. 平昌冬季オリンピックに関して

    要望
    平昌冬季オリンピックの施設建設が遅れに遅れ、開催が危ぶまれる状況となっており、韓国国内ではすでに日本との共同開催の議論がささやかれ始めています。
    施設の建設費すら日本に頼りその費用を未だに返済していないサッカーW杯や、自衛隊に弾薬を借り、後に借りる必要もなかったしかえって迷惑だったと恩知らずなことを言う隣国です。今回の件も、万が一共同開催などした日には、後々、事実とは異なる恩着せがましいことを言い始めるのは明らかですし、平昌を共同開催したんだからという理由で、東京オリンピックに首を突っ込んで来るのは必定です。最悪の場合、韓国内でも開催可能な人気のある競技をいくつか奪い取っていくこともありうるでしょう。
    困ったことに、こんな隣国の理不尽な要求を唯々として受け入れそうな某都知事や野党議員などが日本にはあふれかえっています。
    韓国から共同開催の要請があった場合、日本政府は断固としてこれを拒否し、国益と国民の安寧を第一に考えていただきますよう強く要望いたします。

    加藤

  61. 過去記事が見にくいとの要望が多く寄せられていますね。確かに本を購入してこのブログにきても初期の投稿にたどり着ける方はごく少数ではないかと思います。本当に残念でもったいないです。
    他サイト(応援サイト)へのリンクで対応したら?という意見もありますが反対です。
    いちばん簡単にできる方法として、たとえば「Post List Generator」というプラグインを用いる方法はどうでしょうか?
    記事一覧を表示する固定ページを作成し、その固定ページのリンクをサイドバーに設置する。

    1.管理画面からプラグイン→新規追加→検索窓にPost List Generatorをコピペし表示されたリストからPost List Generatorを選択しインストール→有効化

    2.Post List Generator設定画面のショートコードに記載されているコードをコピー

    3.固定ページ→新規作成→適当な名前で作成→上記のショートコードを本文に貼り付け

    4.外観→ウィジェット画面を開き、左から固定ページのBOXを右のサイドバーの最近の投稿の上にドラッグandドロップ。固定ページBOXのタイトルを過去記事一覧等と入力。表示したくない固定ページがあれば除外する。

    他にもいろいろと見栄えの良い方法はあるのですが上記手順が一番簡単なのではないかと思います。

    Post List Generator

    ◆プラグイン概要
    https://wordpress.org/plugins/post-list-generator/

    ◆プラグイン使用方法
    http://residentbird.main.jp/bizplugin/plugins/post-list-generator/

    このコメントは公開不要です。

  62. 田中一郎様
    「商標登録の件」お近くの弁理士さんに相談することをお勧めします。
    ただ、実際の相談や対策には費用が絡むので、神社関係者にも相談して神社全体の問題として対策を採ることも良いかと思います。
     弁理士を探すにはPCから「日本弁理士会」のHPを出して、その中の「弁理士を捜す」項目をクリックして、府県別で近くの弁理士を探すことができます。
     商標登録に強い弁理士であればよいですが、他の分野の弁理士でも検索方法は一通り有りますので、必要な対策をアドバイスしてくれます。
     但し、実際の対策や手続きには、作戦や費用、時間的制限(誰でも異議申し立てできる期間内か否か?)、場合によっては適格性など法律的要素が絡むので、費用や時間が重要な要素になります。
     当方も同業者の端くれとして応援したいのですが、公開のブログでは作戦や事情が駄々漏れになる上、距離の関係から密な連絡はおそらく無理でしょうから近くの弁理士さんに相談することをお勧めします。
     年始年末の慌ただしい時期ですが、手続き期間が法律で定められている時間的制限が厳しい業界でもあり、早めに神社関係者を巻き込んで相談されることをお勧めします。
     公開可能な情報であれば検索して載せますが、先ほどの事情で、あまりやり取りするのは、敵に手の内を明かすことになるので奥歯にものが挟まった情報しかできないと思います。
     

  63. 一般的にコメントしづらい書込み(分野?領域?)の様に見えますが…私には田中一郎さんの訴え(以下、引用①②)は真っ当に感じます。無反応というのもマズイと思い、留意目的で取り急ぎ返信させて頂きます。

    引用①: が、この「女神」の「名前」を「商標登録」したバカがいるのです。「瀬織津姫 商標登録」でググれば一発で出てくる奴が犯人です。以前から何かやらかすだろうと思っていましたがまさかこんな罰当たりで済まない事をしでかすとは…言葉が出ません。
    引用②: そしてもっと恐ろしい事に、商標登録は「特許庁」管轄です。そこが何のチェックもせずスルーで「神の私物化承認」なんて、有り得ますか?おかしいでしょう?

    私自身は神事や神道には明るくない門外漢ですので、他の方のご助言等があれば…と思います。
    (加えまして、余命ブログ関係スタッフ各位、ご出版ありがとうございました。できる限り周知してまいります)

  64. 田中一郎様。
     YMTです。連投お許し下さい。先ほどの商標登録「瀬織津姫」ですが、検索した所平成23年に商標登録されていて現在商標権として登録済みです。
    権利として生きています。
     異議申し立ての期間は既に過ぎているので、今現在慌てて対策を取る必要はありません(「年始年末に手続きする必要は無い。」という意味です。)。
     で、対策は?ということになりますが、しばらく時間の経過を待つ必要があります。その後条件が揃えば「・・審判」手続きをする必要があります。
     時間経過ですが、1年後が1つの目安です。
     「指定役務」との関連や法律事項が絡むのでこの程度にします(手の内を晒さないためです。)。
     その頃になって改めて近くの弁理士さんに相談すればよろしいと考えています。
     応援してます。
     

  65. 余命様、プロジェクトメンバーの皆様、青林堂様
    Amazon第1位本当におめでとうございます。
    早速購入させていただきました。
    現在、札幌在住ですが、本日書店に行って見てきましたが、コーチャンフォーという北海道中心に店舗展開している大型書店です。
    最初、新刊のところに行きましたが見当たらなく、人気図書のところも無かったのですが、検索してみると在庫有りとでました。分類:社会-社会学-社会評論とありましたのでその場所へ行き探しましたがありませんでした。止む無く店員さんに確認すると、1冊在庫がありますので見てきますと言って、最初の新刊のスペースに行き探しましたが、先にお客様が1冊持って精算前のようでした。新刊スペースは平置きスペースですから平置きが見たかったなーと少し残念でしたが、発売日17日からもう一週間ですから、無くなって当然ですね。
    次回は5月発売ということで嬉しい限りです。
    来年はダブル選挙の可能性も噂されています。それまで若い人が一人でも余命さんの書籍とブログにたどり着けるよう私も頑張ってみます。
    相手はとにかく巨悪であり、根が深く油断の成らない者達ですから、余命さん、プロジェクトメンバーの皆様は十分に注意をしてください。
    yamato

  66. お初です。札幌の余命本報告をさせていただきます。
    「くまざわ書店 アリオ札幌店」

    平台にはSEALDs等、左側がズラリで、余命の余の字もありません。
    店内検索機で調べた所、在庫あり。
    全く関係のない郷土本コーナーに分類をされていました。
    しかし、示された場所で見つからず店員に聞くと、在庫は無いとのこと。
    それでは検索機で在庫があると出たのはどういうことか。
    また郷土本コーナーへの分類はどのような意図か質問するも、
    検索機は1日前のデータであること。分類はミスとの回答でした。
    (レジのデータと連動してリアルタイムにできないものなのか?)
    以上、報告です。

  67. 再度失礼いたします。
    ああ様、ご助言ありがとうございました。
    ネットの片隅での投稿なのでなんら影響力はないとは思っていますが、それでも逐一対応していかねばならないところが悩み所ですね。

    それはそうと、オッシ様のご意見に賛同いたします。
    大きい組織となると一旦売上が見込めないととると方針転換に時間も要するでしょう。
    まだ試験紙に反応したと見るのは早計かと。
    アマゾンで確かな実績を出しているので、今後の動きでいやでも分かるでしょうしね。(みつ)

  68. ツタヤ図書館:「協定解約を」 海老名市民、市長を提訴

    全国に広がる前に、勝訴してもらいたいですね。

  69. 初めまして。本購入しました。文教堂でしたが、普通に平積みで、歴史コーナーに、はすみさんの本の隣に置いて有りました。隠すような事も無く、発売時に店在庫として取り寄せ、並べたようです。
    その後、有隣堂厚木店へ、問い合わせに行きました。見当たらなかったので店員に問い合わせると、客注取り置き扱いで購入できません、との事。神奈川県内の有隣堂すべての店舗で、客注になっているのは疑問に感じました。反日的な要素を感じました。
                       
                       以上ご報告します。

  70. 官邸メール案宜しくお願いします。
    文章が苦手なので直して頂けたらと思います。

    対人地雷禁止条約(オタワ条約)から日本の脱退をお願します。
    世界的な地雷の被害は中国を中心とした諸外国が発展途上国(カンボジア、アフガニスタン等)に地雷を輸出し、ゲリラや政府軍がやたらに埋設したのが原因です。
    日本は輸出を一切せず、自国防衛の為の対人地雷です。日本の陸上自衛隊の不足を地雷でカバーすれば自衛隊の生命を守る事ができます。地雷廃棄は日本の防衛力を弱めています。武装工作員が上陸しそうな地域に場所を記録して埋設。そこを立ち入り禁止とし、一定期間がくれば爆発して消滅処理するように設定すればよいと思います。外国(香港等)から大挙武装船が押し寄せてくる場合に非常に有効です。
    日本がすべき事は地雷輸出国の輸出を禁止すること、地雷除去の援助をすることであり、日本の地雷を廃棄する事ではないと思います。
    アメリカ、中国、北朝鮮、韓国等はオタワ条約に加盟していません。宜しくお願い致します。

  71. はじめまして。いつも拝読させていただいております。

    電通育友会という奨学財団ですが、返済不要の奨学金で、学費を捻出することが困難な家庭にとって大変魅力的なものとなっております。
    地域トップクラスの各進学校から、優秀かつ学費捻出が困難な家庭の学生少数名を奨学生として選出しているようです。
    選ばれた奨学生は、財団が主催する国際交流に参加することが義務付けられています。

    単なる国際交流で終わるのか疑問があります。

    政府はこういった財団の活動を監視されているのでしょうか。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト