余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2018-05-11 15:23
2510 2018/05/10アラカルト②(0)
引用元のソース

日本発進
チーム余命の皆様お疲れ様です。
これはあくまでも読者へのメッセージです…
有事の外患罪に平時の共謀罪…『有事の外患罪で死刑』という『単語』でなぜか過剰に反応する方が多く見受けられます。
確かにこの『死刑』という単語が独り歩きすることには私も懸念を抱きます。でも外患罪対象者の行為を棚に上げて、告発者が有事を望み、外患罪対象者の死刑を望んでいるというような侮辱は許せないものがあります。
【チーム余命のネガティブ評価】が独り歩きしてしまうとしたら悲しくて仕方ありません。
そういう人達と言い争うつもりは毛頭ありません。勝ち負けの問題ではないからです。 そもそもそんな暇はありません。けれども、チーム余命の名誉のために一方的に言われっぱなしでは終わりたくはありません。言わなければ気が済まない、ただそれだけです。
悲しいけれど、自分のツイッターブログなんて訪問者は僅かです。だからこの場を借りるしかありません。
ちょっと待ってください…外患罪告発者がばか?アホ?
外患罪対象者の死刑を望んでいる?それが冷酷?それが残酷?頭がおかしい?
そんな馬鹿な…あり得ません。何で、どうしてが抜けています。
深刻な犯罪行為に通報行為という手段でしか訴えることができない国民に対して、アホだバカだなんていうレッテルつけはいかがなものでしょうか?
公益通報者に対し、無視、放置、なんら手を打たない検察や弁護士会等法曹関係者が一番悪いのではないのですか?私がおかしいのでしょうか?
犯罪行為をしたものが裁かれるのではなく、公益通報した者を裁く、侮辱するとはなんたる愚かな言動なのでしょうか?

通報行為者全てをカルト集団のように一律に扱い犯罪者扱いにすり替えること。
それこそが【被害者である安倍総理が加害者扱い受けている状況とリンクします】
マスコミお得意の切り貼り編集による典型的・悪質な印象操作の完成です。
この後何回も表現変えても同じ事を言うことになるかもしれませんがお許しください…

…法律に詳しい、もしくは法律業務に携わっている?そういう自己紹介して読者を名指しでカルト集団扱いされている方とかにも言いたい。
自業自縛のパヨクレベル人達の【単純すぎる矛盾】を連ねて記していきたいと思います。
外患罪は平時では成立しないのですが、平時に『それ』を語ることで何を狙って何を期待しているのでしょうか?
『予防』であり『抑止』でありいざという時の『保険』であるはずです。平時のうちに議論を積み重ね準備することに意味があります。
平時には適用されない当たり前の外患誘致罪=死刑議論でお節介に発狂する人はなんなのでしょうか?
あり得ない事と言いながら絡み、批判し怒っています。何に怒っているのでしょうか?
馬鹿にしているひとは誰を、何に対し、なぜ馬鹿にするのでしょうか?
あり得ない行為というだけで批判する・笑うだけで、その後に具体的な議論が続きません。
あり得ないなら?有事外患誘致罪適用を視野に、法の整備不足を深刻に受け止め、あり得ない罪が存在しないのか?罰が存在しないのか?はっきりしません。
まずはそこをはっきりさせて対策をうつ、先手を打つよう努力・議論するべきです。
あり得ないという理屈だけで、話を終わらせて、問題と解決法の議論に結び付けず、何もなかったことにしたままでいいのでしょうか?
適用云々で笑い飛ばすのは法や告発行為を軽視していると思います。
ぎゃーぎゃー騒ぐのは有事を意識できていているという裏返しでしょうか?
自分たちが対象になる犯罪を犯し、それも認識はしてはいるが適用は不可能だと自己紹介している?という事なのでしょうか。
『法律家だと自己紹介する人達』が法を他人事で語る立場でない当事者でもあるのにかかわらず『外患罪の適用などあり得ない』『適用されるはずがない』と言うだけ。
『外患罪で死刑』という言葉だけで昨日笑ったかと思えば今日は激怒する、死刑という語句だけで過剰反応する理由が謎だらけです。
【適用されるはずがないと自分たちで言っておきながら外患罪告発者を批判する?自分たちが何をしたいのか、客観的にどうみられているか?理解できているのでしょうか?】
適用云々ではなくその原因、対象となった行為について議論すべきなのにです。
まずは問題なのか?問題でないのか?犯罪行為が存在してないのか?犯罪行為は存在するが罰が存在しないのか?
外患罪行為と指摘された行為に何ら問題がないのなら、問題ないと公の場所で決定して納得できる形で公表したら、話は全てそこで終わることです。
納得できる形とは、全国民への公開です。
余命チームは国民の一割を目指しています。
 国民の一割以上が事実を知り、知った結果、その事実が外患誘致罪でも犯罪ですらないと、公の機関が公式発表すれば解決します。
 それでも解決しない動きがでれば そこから問題が始まるということです。
今は問題だと通報しただけ、決めるのは裁判所です。通報行為さえ公には問題になっておらず話題にならず、議論されず始まってもいないのです。
 告発者は、外患誘致罪が死刑だ!と言っても自ら手を出すわけでもなく
【あくまでも法に期待し、法に頼り、法に則ってルールを守り告発しているだけです】
そういう法に頼るしかない一般人が、法に関わり、或いは執行する立場にある人間から恐怖を抱かれる?脅迫されている?と。
何が怖いのでしょうか?どう怖いのでしょうか?どちらが弱者なのか?意味が解りません。判断するのはどなた達?恐怖を感じる弁護士?頭がどうかしているのはどちらでしょうか?
本来、懲戒請求にしても、外患誘致罪告発にしても、正式却下として公にして国民に広くまんべんなく知らせておけば、火が燻る前に鎮火します。
告発者も、納得いく丁寧で迅速な対応対処が施されていれば争いにもなりません。
無視しておいて、問題はぐらかして、催促されたら、関係ない場所で晒され逆キレされる。
怒りの矛先が業務怠慢の検察や弁護士会、法律や約款の不備ではなく、告発者の方に向けられる?この状況はいったいなんなのでしょうか?馬鹿にしているどころではありませんよ…
そもそも弱者である告発請求者の人権や生命財産が軽視されている状況は、あまりにも理不尽で許せないことです。
差別されている、人権侵害され、恐怖に慄いているのはどちらでしょうか?
そもそも告発をした人達は、他の国民の誰よりも国家の危険を察して不安を感じたから行動に出ているわけです。
有事【こんなこといわなくても法律家ならわかるはずなのですが国外から核ミサイルや大量破壊兵器等で攻撃を受けたり、国内で外国人から共謀による破壊暴行生命財産の毀損行為というような国家・国民生命財産に対する毀損行為】があればの前提で【一連の有事外患罪死刑行為】を懸念しているのです。
外患誘致罪… 一億人の日本人の命が死刑になるに等しい殺人行為=外患誘致罪、その予備・準備・実行者であって、そういう事実が認定されないと死刑になるはずがありません。いったい誰が裁くのでしょうか?
一億人でなくとも何千人何万人犠牲者がでるかわからないのが有事です。それがあってこその【外患罪=加害国側の大量殺人に利する行為】対象者です。
…あってはなりません。恐ろしいではすみません。
だからあり得ないのです。だから、抑止、防止、不安要素は徹底的に排除されなければなりません。
外患罪告発は何のために、何を期待して、何が目的で行われたのでしょうか?告発の理由と得られる効果を含めて考えることこそが必要なのです。

外患罪告発で期待できる効果はなんでしょうか・
それは、外患罪対象行為に関わるような人間の行為・事実を公に晒す事により【大量殺人行為に関わる人間】をださないことです。その直接対象行為をやめさせることです。
国内外からスパイ行為を働き、日本の国家の存亡に関わる行為を現在進行形でしている人間ならまずは有事を避けたいと思う事でしょう。
そうなれば有事そのものを阻止できます…無茶な大量殺人行為に発展する行為を予防・抑止できることになります。
そして、いざ本当に有事が起きてしまったら?そのためにある外患誘致罪告発ではないのでしょうか????

……有事が起きていない今のうち…だからこそ、起こってからでは遅い。
だから事前に告発しておく。
法や実際の犯罪行為への紐つけに問題があるとわかっているなら、あり得ない有事がおきる前に、関係機関全てにおいて調整して厳格に協議して法を整備しておくこと。
北朝鮮や、テロ行為、売国行為が存在し、具体的対象行為が存在するのに、国家的大量殺人に対する報いが決められておらず、死刑しかないこと自体がおかしいのではないのですか?
一億人の命を犠牲に晒す有事事態に対する報いである外患罪死刑がやりすぎだ、行き過ぎという論調が【実際その時になってから】通用するでしょうか?
通り魔大量殺人どころではない、戦後の朝鮮人蛮行の規模でもない、一億人の命に対する報いが外患誘致罪。今日明日にでもという位の緊急性…早急に問題の対処・議論・法の整備が必要です。
なのに?外患罪は適用不可だ?いうやつは馬鹿だあほだ?一方的に議論終了ですか?
ということです。
法に関わる当事者が国民の切実な通報行為に対し、ましてや告発された側にとっては自身の生死にかかわるという程の脅威と問題を感じていながら?何も議論を進めようとしない?
それこそがあり得ないことで、馬鹿な事です。
何度も言いますが…
外患罪告発者を誹謗中傷する人達が、揃いも揃って前例もなく適用はあり得ないと断言しているのが外患誘致罪適用=死刑です。
【法の専門家を相手に】【無邪気な馬鹿な告発者】とまで言い切り、犯罪者扱いまでしてます。
外患誘致罪対象者は死刑だといえばそこだけを拡大解釈して大騒ぎしているのが当該売国奴対象者。
裁判で勝つとか負けるとか?【縮小解釈でそこだけに意味を置いている】のは売国奴集団。
問題のすり替えはみっともないからもうやめましょう
チーム余命が意識して勝ちを目指すのは解釈やら裁判に勝つことではありません。
懲戒請求者にたいする理不尽な弁護士の相手でもなく、外患罪告発・民事裁判勝訴でもなく、売国奴から、国家の存亡の危機から日本を取り戻すことです。
その【日本国民の生命財産に対する脅威の対象者全て】に勝つことです。
他国の大量殺人行為に加担するような外患罪、その適用がないと言いながら、請求者に恐怖を覚える?恐怖を感じなければならないという事情を明かすことが恥ずかしいとは思えないのでしょうか?
告発行為をあざ笑い冷めた目でみていたのではなかったのでしょうか???
外患罪死刑といわれて恐怖を感じる?理由なく恐怖を感じるという心境が私には全く理解できません。皆お心当たりがありお困りだからなのでは???と勘ぐってしまいます。
もし本当に、死刑告発を受けその恐怖を感じたなら、それこそ確信犯ではないでしょうか?
告発がバカバカしく恐怖とも思っていないのなら、そのレッテルを剥がすだけで済むことなのに、なぜ告発者を逆告発するのでしょうか?
何度でも言いたい。一億人の命と数人?数百?の外患罪該当者?
どちらの命が大事?
戦時中ではなく戦後です、有事ではなく、集団犯罪により強姦や暴行により精神的にも肉体的にも死刑宣告され、残虐な朝鮮人蛮行で失われた日本人の命は数千人で済んでいるのでしょうか?
通名犯罪による殺人被害者は数万で済んでいるのでしょうか?
その【外患罪死刑に値する行為】にも【ならばこれから】にもふれず、単に懲戒請求者をカルト集団呼ばわりして、逆に犯罪者として裁こうとするなんていうのはとんでもない事【異常事態】なのです。
だからこその『指揮権発動事態』だということなのではないでしょうか?
国家と一億人の命を危機に晒す売国行為=外患罪レッテル付けされた理由も、外患罪の罪の重さも無視して、自分たちがやっていることも無視して、懲戒請求者を陥れる行為だからこそ死刑に値すると、もはやお節介なまでやさしい忠告なのに?
逆キレするなんてことは筋違いもいいところです。

有事がなくてもスライド指定でテロリスト扱いになれば資産凍結です。
…有事の外患罪適用がなくても平時の共謀罪、死刑宣告に等しい資産凍結。あり得ないといってる有事の外患罪適用云々で発狂しているうちは華です。
告発により罪の意識に目覚め、重い犯罪を犯す前に【まだ有事は起きていない時間も猶予もある今】のうちに目を醒ませと言っている親切心をなんだと思っているのでしょうか?

全てはそれなりの行為と結果による報いがあるだけです。
テロリスト認定されないように祈ることでしょう。資産凍結を避けたいのならこれからやるべきことは決まっているでしょう?
懲戒請求者を脅迫していることが誇れる行為でしょうか?犯罪ではないのですか・
それも【日本の危機を救う為の行動】に対する犯罪行為です。
それが失笑に値する行為というなら、日本の危機が失笑レベルであると証明しなければなりません。それが告発された、懲戒請求された法の専門家しかできない義務だと思います。
最後にもう一度。有事なしに外患罪はあり得ないといいながら外患罪死刑認定という忠告行動が脅迫になる?
外患罪死刑はどんな犯罪に対する報いですか?
何億人のまっとうな日本人の生命の犠牲を抑止・阻止する行為と、大量殺人確信犯の報いとして裁かれることになる命とを同じに語らないでください。
第二次世界大戦という有事が終わってから…日本人は一体何人成りすまし日本人により死刑宣告を受けたのでしょうか?
死刑宣告どころではないのです。不法占拠や暴挙・強姦により『死刑だ』という単語で言い表せないほどの残忍な方法で命を失い、精神を棄損され、財産を失っています。
外患誘致罪といっても有事が起こらなければ死刑の心配など関係ないではありませんか?
私たちが有事を望む?仮にもです【内心で】有事を望んでいる人がいたとしてもそれが罪でしょうか?
妄想ではなく事実として北朝鮮が何度ミサイル発射しても有事とされません。
しかし妄想ではなく竹島にいる不法占拠者の方角に日本がミサイル一発放つとどうなるのでしょうか?
一億人を危機に晒す犯罪者に報いがあるべきだと望むことが罪でしょうか?
中途半端に犯罪者が野放しとなり疑心悪鬼に過ごす事後を誰が望むのでしょうか?
日本再生後の国民に生まれる疑心暗鬼を徹底的に無くす為には黒か白かはっきりさせるのが一番重要なのではないでしょうか?
一億人の命が犠牲になるか、生きるか死ぬか?は綺麗だけで語れないのです。
外患罪死刑や有事を妄想に留め口先だけの感情論で話をする段階はとうの昔に過ぎています。
もう有事が目の前にあるのです。
有事を望んで反日勢力の蜂起を大義名分と夢想するのははっきり言って頭がおかしい、当たり前です。そうなる前の法整備が必要だろ?当たり前です。
だからこその、外患罪議論世論の喚起。
【有事の抑止と足止め、世論を喚起して、目の前の有事を相手に少しでも分が悪いと思いとどまらせるという時間稼ぎ】が重要だと思います。
【それ】を、政治家がやっているでしょうか?公安がやっているのでしょうか?
国民が知り得ない感知関与できない目に見えない所、水面下では【それ】をやっているかもしれませんが国民には見えません、だから不安になります。
【それ】を国民が見えるように、国民の心構え、何が起きているか?どうすればいいか?世論を喚起する…【その役割】を果たしてきたのが余命三年時事日記ではないでしょうか?
弁護士会の新設は司法の腐敗を糾すという単純な理由ではなく、法で日本を取り戻すということになります。
外患罪告発を止めている理由、弁護士懲戒をする理由、別の弁護士会ひとつ作ればいいという主張とその理由、そういう渦の中心にいる余命三年時事日記。
一億人を危機に晒す犯罪者に報いがあるべきだと望むことが罪でしょうか?その犯罪者から直接名指しで命を狙われるが故に、重き裁き対処を求める【思う事感じる事】のが罪なのでしょうか?
実際に殺人を犯している、起こそうとしている、幇助している、過去に犯してきた、起こしてきた、幇助してきた…そんな人達に相応しい報いがあるべきと感じることを、恥ずかしいとか、駄目だとか?それこそが日本人が自業自縛で行ってきた自虐思考です。
単純に、有事期待妄想集団と決めつけ、恥ずかしい、悪いことだと決めつけ、本来の目的と効果、やってきたこと全てを侮辱するような論調は絶対に許せません。
今だから、今こそ、事実を直視しなければなりません。
感情論ではいけないからこそ、当事者である日本国民全員が情報を共有して、意識して参加して、深刻に受け止め、議論する機会を持つ、絶好の機会なのに。
今だから、今こそ、この数年間全てに水を差すような発言を同じ保守層からでてるのを傍観してはいられません。余命読者として耐えられません。長文失礼いたしました。
(日本発進)

 

とりとり
余命翁、スタッフの皆さま
連日の活動ありがとうございます。
5月8日 福岡県弁護士会から懲戒請求の議決書が郵送されてきました。
良くわからないのですが懲戒請求者から取下書が提出され,取り下げられている。
そうです。
私は取り下げしていません。
誰が取り下げたのでしょうか??
主文
対象弁護士らについて、懲戒委員会に事案の審査を求めないことを相当とする。
第1 本件事案の概要
本件は、福岡県弁護士会と日本弁護士連合会が、2016年朝鮮学校に対する補助金停止に反対する声明を発したことが犯罪行為であるとして、当時当会の役員と日本弁護士連合会の役員であった対象弁護士らに懲戒請求がなされたものである。
なお、本懲戒請求事件番号平成29年 (網) 第756~762号は平成29年7月27日付け、平成29年 (網) 第6376~6382号は平成30年4月17日付で懲戒請求者から懲戒請求取下書が提出され、取り下げられている。
第2 本件懲戒請求の要旨
違法である朝鮮人学校補助金支給要求声明に賛同し、その活動を推進する行為は、日弁連のみならず福岡県弁護士会でも積極的に行われている二重の革新的犯罪行為である。
第3 対象弁護士らの答弁
文字を打ち込むのが大変なのでコピーを送りたいと思います。
ヤング倉庫宛でよろしいでしょうか?

....赤字の部分の記載に信憑性と法的に問題がないのか疑念が湧くね。

 

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト