余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-08-07 06:46
1129 巷間アラカルト193(0)
引用元のソース

bert
>山口真理(AP通信東京 )
稲田防衛大臣への「ネオナチ」捏造報道。
公人への名誉毀損は成立しませんが。一記者の捏造記事が世界中に拡散され、そのことによって国や国民が不名誉・不利益を蒙るというのであれば、国民の立場から山口真理を訴訟することは出来ないでしょうか?
山口真理のやっている事は、かつて慰安婦捏造で日本の名誉や国益を大きく貶めた植村隆等のやっていた事と同じだと思います。

.....外患罪という法律は法意が対外存立、つまり外国勢力に国家の存立が脅かされる事案が対象であるから、国益を害したり毀損、貶める行為もすべて対象となる。
 したがって、ご指摘の植村隆も山口真理も事実関係では争えないから、告発されれば擁護する弁護士もいない。なぜならその擁護する弁護士も売国奴として告発されるからだ。
 まさに売国奴スパイラルが発生する。
 この両者に限って言えば、政府に「竹島は日本領である」「竹島を韓国領と主張して占拠し、防衛軍事演習を繰り返している韓国とは紛争下にある」ということを確認させるだけで外患罪適用要件は足りる。
以下、参考資料としてあげておくが、外患罪は結構大変だぜ!!

第三条【過去強制】
第一条の規定に従い日本国で永住することを許可されている大韓民国国民は、この協定の効力発生の日以後の行為により次のいずれかに該当することとなった場合を除くほか、日本国からの退去を強制されない。
(a)日本国において内乱に関する罪又は外患に関する罪により禁錮以上の刑に処せられた者(執行猶予の言渡しを受けた者及び内乱に附和随行したことにより刑に処された者を除く)1965年6月22日

(2) 退去強制事由は、内乱・外患の罪、国交・外交上の利益に係る罪及びこれに準ずる重大な犯罪に限定する。1990年5月24日覚書。

外患予備罪・外患陰謀罪
罪質の重大性に鑑み、予備・陰謀をした者も1年以上10年以下の懲役に処せられる(刑法88条)。 (執行猶予がない。また禁固ではなく懲役である)

没落士族
お世話になります。
前回思惑以上に肯定的なコメントまでいただき逆に少し驚いた次第でございます。
(1090 巷間アラカルト182にて)
GOサインが出たとの事で慌しくなりますが、気になる事等は見つけ次第挙げていければと存じます。

先日このようなニュースがありました。
神戸市職員がフェンス乗り越え刑務所侵入 「酒を飲んで勢いがついて…」
ttp://www.sankei.com/west/news/160716/wst1607160031-n1.html

このおかしな事件、本来ならば疑うのは侵入した男まででしょうが、在日というのが至る所にいるが故に刑務所の職員をも疑わねばなりません。
 では何を想定しなければならないかと言いますと、やはり内通者、そして内外からの手引きによる集団脱獄や暴動でしょう。いざ中立宣言し逮捕拘束、収容しても収容先が敵の手に落ちていては話になりません。
 中立宣言ともなれば管轄は自衛隊になりそうですが、もし刑務所を使用するなら注意喚起、是正していく必要があるかと存じます。

774ぃ
こんにちは。
中国人女による、小学生のひき逃げと殴打の事件を少し脚色して、ピクシブというイラスト小説の投稿サイトに小説として投稿してみたら、かなりの数の反応があり、そのサイトのランキングにも載ってしまって少しびっくりしました。
少しでも特亜の横暴が人々に周知されればと思います。

神奈川の暇人
余命チームと読者の皆様、ご苦労様です。
先程の投稿に不備があったので、訂正して投稿させていただきます。余命チームの皆様には、お手数おかけします。半角スペースが反映されないため、代わりに「–」と入力してあります。
最近、テレビで「外国人の人口が217万人を突破した」という報道を見たので、詳細を調べてみました。
2015年12月末に法務省が発表した在日外国人の統計データから引用します。敵国人が日本にどれだけいるか、比率も勝手に計算しました。比率は四捨五入しています。
———————————
全世界–2,688,288人(100.0%)—2,232,189人(100.0%)
アジア–2,173,356人(–80.8%)—1,835,811人(–82.2%)
中国人—–785,982人(–29.2%)—–665,847人(–30.0%)
韓国人—–519,134人(–19.3%)—–457,772人(–20.5%)
朝鮮人——-33,939人(—-1.3%)——-33,939人(—-1.5%)
三国人—1,339,055人(–49.8%)–1,157,558人(–51.9%)

日本にいる外国人の半数が、敵国の人間ですね。把握しているだけの数値ですから、実際はこの数値より少し多いのではないかと思われます。
マスコミが流したのは、おそらく「総在留外国人のアジア出身者」だけだと思われます。
外患罪告発が三国人の排除のきっかけになることを期待しています。 (神奈川の暇人)

けいちん
なお10日からは官邸メールによる「竹島奪還キャンペーン」がはじまる。これは外患罪適用の前哨戦である。今年の夏は暑いな。、、
やはり、ハードLの口火になるのは竹島事案なのですね。稲田新防衛相が所謂核攻撃の際の発射コードという訳ですか。この為の下準備は可成り積み重ねられていますので、今後が楽しみです。

10n
日韓覚書(抜粋、赤字部分):なお、双方は、これをもって法的地位協定第2条の1の規定に基づく協議を終了させ、今後は本協議の開始に伴い開催を見合わせていた両国外交当局間の局長レベルの協議を年1回程度を目途に再開し、在日韓国人の法的地位及び待遇について両政府間で協議すべき事項のある場合は、同協議の場で取り上げていくことを確認した。
※↑これが、余命ブログ過去記事での「なんと日韓連携」とか「韓国へ在日マイナンバー」の根拠の一つになり得る事柄だったと思ってますけど・・(独り言)。

.....この関係の協議について韓国は国益と在日の利益を使い分けていて、とくに民主党政権時には目立たなかったが、安倍政権となってそれが顕在化してきている。
 2013年からの一連の余命記事は水面下での日韓協調を扱ってきたが、もちろん国益の反するものは別として、そのほとんど100%が事実であったことは検証されている。
 その根拠がすでに地位協定にあったということである。結局、国籍確定、居住特定、通名一本化の流れは、在日は棄民という韓国の方針が確定、完了しただけの話だった。

king
全文転載(^^)全力支援!
http://blogs.yahoo.co.jp/kingboy4649/41341068.html
午後2時に掲載します
この協定甘すぎる
『国籍条項の復活』と『入管特例法の廃止』
これを切に希望します(^^)

高速冷房
現余命さん、二代目さん、スタッフさんこんにちは。
【伏見君のブログより抜粋】
「同士討ち計画派」の代表は、「某掲示板に常駐し、今回の「告訴・告発騒動」に踏み切る最も強硬論を吐いた男性」だ。
彼は、「外部から「余命真理教」を攻撃しよう」としている人たちと通じている。
認知症老人の余命爺を、刺激し、挑発し「告訴・告発騒動」まで持ち込んだのは大した腕だ。
但し、彼の私に対する「プロファイリング」は、全く間違っていたけどね(爆)もう用済みだからいいでしょう(笑)
(ここまで)

これは私の事でしょうかね?(笑)
私が伏見君に情報提供?気持ち悪いですねぇ。
昼飯をリバースしてしまいそうです。
 あの人物分析は当たってないそうですが、無駄にプライドが高い彼が否定するのですから、8割当たっているのでしょう(笑)
そして、プライドの高さと黙ってられない性格を利用して、新たな「嘘の上書き」をして欲しいなと思っていたら…。
やはり黙ってられなかったようで、余命批判の記事を更新してしまいましたね(笑)(いつまでも続く最終章(笑))
 伏見君のようにプライドの高い人は、先に手口を予想されると、その手口は使わなくなりますね。
それをしてしまうとプライドが傷つくのでしょう。
「ごめんなさい」と「逃亡」はプライドか許さないのでしょう。
「沈黙」も頑張ったみたいですが結局無理でしたね(笑)
あと伏見君に残された手段は何だろう???

.....先ほどU.Sさんを覗いてきた。どうやら検察からの呼び出しはまだのようだ。
 いまだに余命が糸を引いているようなことを言っているが、この件、余命はまったくノータッチ。伏見君は自作自演の被害妄想が過ぎる。
 第三者が堂々と記名した告発状で、地検に告発した旨、連絡があったのは2日だから、地検が動くには、お盆もあって、まだ少し時間がかかるだろう。

あわの國
安倍総理からのGOとは破壊措置命令の常時発令のことでしょうか?これに絡んで他にもあるのでしょうか?とても気になります。
 現状の日本は北朝鮮のミサイル、竹島問題、尖閣諸島とどう考えても紛争状態ですよね。客観的に考えると日本は隣国に恵まれていませんね。隣接する地域で大陸側と海を隔てた日本では、価値観の違いに驚くばかりです。昔に「日本の常識は世界の非常識」をキャッチフレーズにしていたジャーナリストがいましたが、その言葉そのものかと納得してしまいます。
 9条信者の言う対話による解決は同じ価値観を伴っての実現だと理解しています。ですから、価値観の伴わない者同士での話し合いは議論がかみ合わずいつまでたっても平行線のままになるでしょう。
 それ以前に相手国は議論を持ち込む前に行動に出ていますので日本はこれに対処すれば良いだけかと思います。落下物の破壊措置命令だけではどうにもならない問題ですので、以後に期待をしております。

習志野ごんべゑ
あ、れ…?もしかして、さりげなくデモにお誘いいただきました???
 マスコミが取りあげやすいよう「竹島奪還」だけじゃなく同時多発とか大規模多人数とか話題性が必要でしょうか。報道しない自由なんて行使させないぞ♪v(*’-^*)^☆ なんて。
 官邸メール等で機運&気運が高まり熟すのを待つとしても、そう時間がかかるとは思えません。
 頭数が必要となりましたら是非ともお声がけください。先の川崎デモを観て覚悟はできております。ま、今回こそは奴等も下手を打ってこないと思っていますが(とはいえ末端がなぁ…)。

.....新たな運動を起こすということではなく、既存の「竹島、尖閣は日本領である!」「竹島を奪還せよ!」という共通項を持つ保守勢力のまとめ上げであるから、呼びかけに応じる保守は多いだろう。逆に応じない保守は立場をなくしてふるい落とされる。
 また、この運動に反対する勢力は待ったなしの外患罪が適用される。それだけの話だ。

まる
余命様 スタッフの皆様へ
いつも、希望を持ち続けられる活動をありがとうございます。
 投稿されてる皆様の中で、先日近隣在住の方の市町村名が書かれており、ちょっと嬉しくなりました。
 当地は比較的選挙でも保守系の方々が当選される地域ですが、ご近所の方・知人でもこのサイトについての話を聞くことはありません。職場でも徐々に日本の異常さと民進党への疑問が理解されてきたように思いますが、表立って真面目にこちらのサイトや在特会の話が出来る環境では、まだまだありません。
 以前「在日問題」を職場の休憩時間に連日話題にしていましたら、中年おばさんの私が、いつの間にか極右で国旗を持ち街宣デモに参加してるかのような噂になってました。この職場の方々の認識は、革マル派も極左も極右も暴力集団のひとくくりで、一般市民の日の丸街宣もお仲間扱いのレベルです。
 以前、余命本の本屋への予約と販売状況を先日確認した時期に、余命本が平積み(2冊)されていたのを見て、読者がいるのかもと思いましたが、余命本取り扱いが無い書店に対し不買運動を掛けていましたので、その報復を恐れての陳列の様な気もしました。
 投稿者様で在住都道府県名が記入できる方々がいらっしゃれば、読者で同郷の方には勇気が貰えるのではと思いました。
また、北海道や沖縄、或いは神奈川県の方々を多く見たら、日本もまだ大丈夫なような気がしてきます。
 ご本人様の確定がされ危険度が増される方は無理に書かれる必要はありませんし、地方名でも「日本国」でも良いかも。
差し支えなければございますが、ご提案させて頂きました。
宜しくお願い致します。

SHOW
官邸メールの仕様が変わっていませんか。
 私少し前から変わった気がしたので、直接省庁を指定し送るほうで送信しています。
そうとう面倒ですが、受付IDがしていされ確実に省庁につくようになっています。
ただいままでのように、クリックのみで多く送信できません。
確認の番号入力をしていされているからです。

まりん様
kelheim
メッセージありがとうございます。
ダヤン=伏見説を考えているのは私だけでは無い筈と思っていました。
 今日8/6の伏見ブログを読んでいても、伏見が自分名義で記事を書くのは、余命ブログを非難する時だけになっているようですから。
その他の周辺状況を織り交ぜつつ書くときにダヤンを名乗っている気がします。
いずれにせよ、少しでも言質を取られないための苦肉の策のように思えますが(苦笑)
 こちらはブログ読者の考えを紹介していくだけで、余命様はそれに関しては是とも否とも仰いません。
 全ては読者である私たちが自分で考えているだけなのですから。
 この時点であちらとこちら、ブログ主の器の大きさが違うというものでしょう。
日本人はこういう時にこそ互いの思考を尊重し、最大限に互いの能力を発揮することを考えます。
ですから、いかなる状況でも秩序だって行動することができる。
そういう事を伏見は全く解っていませんね。彼奴はすぐに体制や権威による後ろ盾や理由(言い分)を書きますから。
いよいよ動き始めます。
徒に動ずる事なく、事の推移を見極め、己に出来る事をするのみ。 (kelheim)

ククル
どうでも良いお話しです。ハードランニングの際予備自衛官補として参加できぬ年齢の方。男女は問いませぬ。
 是非赤十字の救急救命講習や各地消防署などを利用し救急処置を学んでおきましょう。
そして一旦緩急あらばブルーリボン日の丸付バッジをつけ、中立側と國體側の人々の救助活動できるよう準備を。お子様や障害のある方の避難など迷わずできるように致しましょう。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト