余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-07-02 16:04
934 巷間アラカルト134(0)
引用元のソース

‐ゑ‐
こんにちは 初めて投稿します。中々投稿する勇気が出ませんでした。
戦前から今日までにおける日本の共産党と中国共産党についての動画を見つけました。
(余命スタッフの皆様は既にご存知かとも思いますが、)
「中国共産党に牛耳られた戦前日本の政界・言論界 【CGS 神谷宗幣 第56回-1】」 https://www.youtube.com/watch?v=abkpQRNElYQ  
1~4まであり少し長いのですがとても分かりやすく説明されています。いかにして日本を中国共産党の支配下に置くか、など共産党の恐ろしさが分かります。日本共産党は中国共産党の支配下にあり、従ってお金が中国共産党から出ていること。などなど。
 又、アメリカはその国が自分で自分を守ろうとしない国に対しては見捨てることが出来る国だと説明されています。安倍総理が自衛隊に対する法整備を整えようとすることにつながると思います。 
 この話をされている方は江崎道朗氏、これ以外にも「アメリカにおける東京裁判史観の見直し」の動画もあります。いかにして日本が戦争に引きずり込まれたかという話です。
 *出口王仁三郎氏が、シナという国は砂のようなものだと、どんなに沢山の量があっても砂は固まらない、強い袋に入れて縛っておけばその力によって固まる。と、いい得ています。
余命ブログは一服の清涼剤、暑くなりますスタッフの皆様ご自愛ください。  ‐ゑ‐

以心伝心尾張の虎
余命翁様、はじめまして。
 今回初めて投稿させていただきますが、申し訳ないことに事情がありソフトバンクの携帯からです。削除なされてもかまいません。
当方中部地方在住の日本を愛する日本人です。
去年に様々なサイトを渡り歩いた末こちらを知り、それ以来熱心に読ませていただいております。
子供の頃より身内から在日連中がどういう存在かある程度話しを聞いて育ってきました。 私の身内は製造業を営んでいますが、外注先の会社(身内の会社が鉄・アルミなどを加工した際に発生する廃材を引取るスクラップ屋)に確か3代?に渡る在日経営者がいたり‥また、中部地方の某大手自動車メーカーの直の協力会社で300人規模の会社の経営層にも在日がいる‥なんて話を聞いております。
 中学・高校生時代には友達同士の間で「チョンコウはアカン‼︎」って共通認識がなんとなくはありました。とはいえ、それ程日常に危機感もなく危険な連中は少数‥なんてタカをくくって過ごして来てしまいました。
 今はいくつかの保守サイトや余命三年時事日記に出会えて心底良かったと感じています。余命翁のサイトから得る情報は初めて知る情報がたくさんあり、とても勉強になります。(同時に覚醒も進みました)
 当方が暮らすのは売国知事(おそらく売国奴に間違いない)が君臨する中部地方のある県ですが、このあたりでも少なからず良い方向に変化が起こっている様に感じる事があります。
 例えば何件かのパチンコ屋がなくなったり、在日がかかわっていると地元で言われていた外国人パブが潰れたり‥
 もしかしたら潰れたのは別の理由かも知れませんが、当然無くなるに越した事はないと心中嬉しく思っております。
 また、先程触れさせていただいた身内の外注先の会社の様に何代にも渡って土着している連中がたくさんいると思いますが、違法な存在ならばしかるべき処置(強制送還・殲滅)が下る事を願っています。
 役に立つかどうか判りませんが、伝えたいローカルなネタ・日常に起こったちょっとした変化を、また整理してこちらに投稿させていただいてもよろしいでしょうか?
 これからも微力ながら余命翁と余命プロジェクトチーム様を応援させていただきます‼︎
ご自愛くださいませ‼︎

シロクロ
「すみれの会」の活動が現在は裁判支援を中心とのことですが、
有田芳生の次に、もし舛添の詐欺横領を法廷で追求することになればその支援、という可能性はあるのでしょうか。

.....もちろんすみれの会の判断だが、保守系裁判という大変アバウトな設定はこういう場合も想定している。公用車の私的利用はともかく、朝鮮学校への補助金とか便宜供与あるいはソウル市との協定内容についてというような関係の提訴であれば、国益を害する行為への訴訟として支援対象となるだろう。外患罪事案は当然として、しばき隊とかシールズ、その他,ツイッター暴言のような事案も対象だ。
 7月1日から大阪ではヘイト条例が施行される。こちらもそれに対抗する形作りを進めている。いよいよはじまるな。

伊達
官邸メール送信で同じ方がいらっしゃったらと思い投稿させて頂きます。
<事象>
ミラーサイトを使い『日替送信』をする。
今日の日付と下一桁が一致する番号の官邸メールが送信される。
画面に全件送信済みのダイアログがでる。個別メール項目毎に赤字で「送信しました」がでる。
しかし、余命メール1号~30号番台位は「送信しました(赤字表記)」がでない、個別で押して送信する。
<経緯>
 官邸メールがはじまってから、自分のPCに投稿内容をコピーしたものを保存しておいて、それを官邸HPのご意見欄にコピペして送っていました。しかし、段々どこまでコピー送ったかあれれ?となるのもあり、たしか春位からミラーサイトさんを使い送信させてもらいはじめました。
 号外メールの内容を1つ1つ確認するのには時間を要しました。
当初『日替送信』を選択。最初は「全部の送信がおわりました(文章違ったかも)」表示が出てそれで終わりにしていたのですが、日によってはこの内容はやっぱり送信日じゃないが送らないで黙っていられないというのを探しに下にスクロールしていった所、号外メールでも「送信しました」表示がない所があり、一番下までみたら余命メールで「送信しました」(赤字表記)の無いものがありました。
 翌日から、送信完了表示が出ても必ず画面下まで確認をしていた所、やはり余命メール1号~30号番台位は全部又は一部が「送信しました」がでません。本日までそれは続いております。
自分のPCだけなのか、他の方もなのかわかりません。
ミラーサイトをお使いの方は、送信済みを要確認かと思いましたので投稿します。

日和歌
追撃中だった赤旗強制購読の件、板橋区から回答が返ってきました。
思想信条の自由で実態調査はできないときた。
こいつは臭うぜ。
第一種戦闘配置ってなもんで、俄然やる気が出てきました。
 今回の事案は、共産党の不祥事にまつわる実態調査なので、区職員の思想信条の自由が守られているのかを証明する良い機会だと思うのですがね。
まだまだ追撃します。

—以下板橋区からの回答と質問内容—
ご質問いただいた件について、回答させていただきます。
○様からお示しいただきました産経新聞の記事にございますような、機関紙の強制的な購読については、職員から報告や苦情が寄せられたことはございません。
 一方、○様からご要望のございます機関紙を購読している職員数のほか、特定の政党に所属しているか否かなどの調査については、憲法第19条に規定される各職員が有している思想・良心の自由などと密接な関係があり、このような調査を適法と認める判例は見当たりません。
このため、現時点において、これらの調査を実施することは、考えておりません。
 なお、地方公務員法第36条では、地方公務員の政治的中立性を担保するため、地方公務員の政治的行為を制限しており、当区においても職員に遵守させておりますので、この点はご安心いただければと存じます。
 この度は、板橋区政への貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございました。
 今後とも、板橋区政に対しまして、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

—————————————-
総務課
◆このメールアドレスは送信専用のため、返信することはできません。
再びお送りいただく際は、お手数ですがホームページから送信してください。◆

–[質問の引用/2016/06/12 22:22:47]–
共産党議員による区職員への赤旗購読強制についてその2

本件、一度下記の通りご返信を頂きました。
ご多忙の中でのご対応ありがとうございます。
ただし、回答内容は如何にもテンプレート的です。
問題のあった、東大和市も当然「職員の自由意思」で行われているはずなのに、強制するような事態が起きていたのです。

板橋区では起きていないとの回答でしたが、具体的に、区職員の何%が赤旗を購読しているのか、そのうちの何%が共産党員ではない職員なのか。また、購読している職員の係長以上の役職者が占める比率は何%なのか。共産党議員による購読の勧誘は行われているのか、行われている場合、何年の何月なのか、頻度はどれくらいなのか。などなど。
全て調べたうえでの回答でよろしいでしょうか。
実態調査もしていないで、テンプレ回答しているなら、それは有権者への知る権利を妨害している行為と言えるでしょう。
どのような調査をしての結論なのか、説明を求めます。
宜しくお願い致します。
—以上—

もぐら
イギリスのEU離脱が決定し、イギリスはイギリス人のものだと民意が示されました。 日本も日本人の手に取り戻したいものです。

板橋区日本人
暁様
 いつもの単なる愚痴な私のコメントにご返答いただきありがとうございます!
 『カエルの楽園』・・・ってそんな感じの話だったんですね!地元の立ち寄った本屋はほぼ置いてありまして(28号の本やら韓流ごり押し・韓国マンセーな本も多数ありますがね。余命本三兄弟も、もちろん・・・ありません・・・涙)、ネットでも名前が出てきますんで、気にはなってましたが、まだ読んではいませんでした。図書館で借りてみようかな?
 板橋区(と言うか、自宅周辺)は、ここ数年『中国・韓国』の人間がやたら増えたようです。どこ行っても向こうの言葉が聞かれ、学校には、必ずと言っていい程、クラスメートにあちらの方が1人以上います。ですから、どうしても『あまり深く関わるな』と言わざるを得ない。もちろん『差別』をするつもりはありません。私自身『差別』した覚えもありませんしね。逆にしてたら、ここでは生活出来ません。それ程、周りは『中国人韓国人』と『お花畑』ばかりですから。嫌な事をされない限りは、笑顔で話しますし、手伝う事があればお手伝いしますし。
 と言うか、『差別』とはなんだろう?と疑問に思ってるので、Wiki引用ですが、『差別とは、正当な理由によらず偏見や先入観に基づいて、あるいは無関係な理由によって特定の人物や集団に対して不利益・不平等な扱いをすることを指す。』ならば、もちろんするつもりはありません。『理由なき不平等な扱い』はしませんよ。
 単に『深く関わる』事をしないように言っているのです。万が一の時に、後ろから刺されないように、意識してるかしてないかで明暗を分けると思いますから。
 もちろん、道徳的部分を含め『相手がどんな子かは分からない。相手が何も悪いことをしていないのに、嫌ったりするのはいけないよ。朝は挨拶すべきだし、他の子にするのと同じ様に普通にしていれば良い。』と付け加えますが。ただ、『国同士で、今何が起きているのか?』をイロイロな記事等を見せ、かみ砕き教えており、『国防動員法(これもかみ砕いて説明済み)』から『深く関わるな』と伝えています。どこまで分かってるのかは不明だけど、子供は中国人等とも普通に挨拶したり会話したりしてますし、それでも家では『深くは関わってないよ』とは言っていますから、思った以上に理解はしてるみたい。
 とは言え、『子供に何かある』位なら、たとえ『差別だ』と言われても、私は子供を守るのを優先します。第二の『和夫一家殺人事件』として、自身の家族が被害者になることだけは絶対にさせません!

余命爺様・スタッフ様方・読者様方
 本日、イギリスのEU離脱・残留国民投票で為替やらとんでもないことになってますね。bbc報道では『離脱派勝利』とか・・・
『news.us』さんの板で、以下の解説コメント(?)がありましたが、本当なら・・・きな臭さから、煙りが見え出したのでは無いかとビクビクしてます。アチコチで第三次大戦の火種が出てやしないか?
・・・為替とか全く分からないけど・・・だからこそ不安感が増しますです・・・
以下引用
『欧州債務危機発生以来、欧州系金融機関は極端なドル不足となり、ドル調達コストも跳ね上がりました。
 中国も国内の銀行、企業は総じてドル建短期債務の自転車操業で経済発展しており 経済成長鈍化により借金返済の為のドルが急激に不足しています。 それがAIIB詐欺の理由。
 金を貸しているドイツ銀行などは、中国がドルを揃えてくれないと破綻してしまいます。
そういう事情で、欧州が青くなってAIIB詐欺に参加したわけです。貸した金を返してもらうための参加ですね
ということで、FRBが利上げすると即死するかもなわけ』
『英国の離脱派の背後にいる勢力は、何を狙っているでしょうか?
ドイツとフランスを国ごと破壊する為です。
それに英米のファンドはベットし、既に勝利は確定しています。
EUというのは、ドイツとフランスで無理やり拡大してきたわけですね。
欧州債務危機の発生自体が、英米の仕掛なんですね。
危機は欧州中銀が債券発行することで、表面上の独仏のギリシャ債などは移し替えました。
 しかし欧州債務危機のゴールは決まっており、ドイツ、フランスの金融機関の全滅と財政破綻、ここで、英米のヘッジファンドには莫大な利益が転がり込むのです。』等など・・
以上引用・・・

安倍首相のリーマン級のリスクとは、これなのか?それともパナマ文書なのか?
・・・両方か?
ますます『増税延期』は否定出来ない野合党・・・なんなら、凍結・・・いや、廃止しないかな?
以上、経済無知の発言でした。駄文、お目汚し失礼いたしました。

taka
イギリス国民の民意はユーロ離脱でしたね。
 私の個人的「3大・日本が絶対にやってはいけないこと」は
①皇室制度の廃止
②移民(外国人労働者)受け入れ
③外国人参政権導入 
なので今回の結果は②③阻止の後押しになると思い、密かに喜んでいます。
しかし可能な限り各局の報道をチェックしましたが、感覚ではどこも9:1、8:2くらいで今回の結果のネガティブ面ばかり報じていました。
(マイナス面があるのは否定しませんが・・・)
宮根なんて「急に大きなこと変えないでほしい、中年のおっちゃんついていけへんわ。」みたいなこと言ってました。
どこが公平中立なんだか・・・ほんと呆れますわ。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト