余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2016-05-14 16:59 最新コメント:2016-05-15 17:15
730 余命74号資料②(15)
引用元のソース

資料⑧
承認不可でお願いします。
匿名希望

テーマ 余命74号 医師、看護師の免許、資格について

ご意見、ご要望
>>医師、看護師の免許、資格は永久ではなく、期限を設けて更新の際は厳しく審査するものとし、また研修や試験を実施するものとする。

看護協会で研修や勉強会をやっているし、能力がなければ、病院勤務を辞めさせられるし、然るべき処置をとられる。介護施設などに転属や適性にあった場所に面接を行っている。(ぶっちゃけ転職サイトもある。)
個人のやる気と能力または、各病院ごとの医療従事者の教育に力を入れているかの違いであり、旧体制の病院は潰れない時代とは違うので、淘汰されている。
https://www.nurse.or.jp/nursing/education/training/

>>既に姉歯事件以降は、建築士においては3年毎の更新となっております。

看護師免許の更新と2年毎の業務従事者届け
看護師免許は看護師国家試験に合格し、厚生労働大臣に新規申請をして取得することになりますが、一度取得してしまえば生涯有効な資格となります。看護師免許の場合自動車免許証のように定期的に更新する制度(3年~5年毎)はまだ確立されていませんが、厚生労働省では今後の導入に向けて検討を勧めているようです。
届け出義務違反には罰金も
看護業務の業務従事者に対して、「業務に従事する保健師、助産師、看護師又は准看護師は、厚生労働省令で定める2年ごとの年の12月31日現在における氏名、住所その他厚生労働省令で定める事項を、当該年の翌年1月15日までに、その就業地の都道府県知事に届け出なければならない。 」と保健師助産師看護師法33条で定められています。

もし無届などの届け出違反が生じた場合には、罰則が科せられることになっています。届け出違反者に対しては罰金50万円以下の科料が科せられるようです。罰せられない為にも届け出内容は正確にかつ期日内に提出することが大切です。

現在2年毎の届け出義務は業務従事者に限られていますが、資格保有者全員に届け出義務を課す動きもあるようですが、賛否両論ありまだ有資格者全員への導入には至っていないのが現状です。
引用元 http://nurse-cube.com/14361/
これやられると出産や子育て期間中に免許更新を忘れたり、免許維持費がかかるようになり、免許を失効する人が必ずでるし、運転免許や危険物取り扱い者等の天下り機関になるので反対です。ただでさえ、出産&子育てを終えても、看護業界に戻ってこないのに・・・・看護師免許を持っているが、別の仕事に就いっている人が多い、看護師不足の原因なる。正直、医療ヒエラルキーを経験すると、別の職業を選ぶ、サービス業の頂点だし、ワガママ患者もいるので、クレームで精神を病んでる看護師が多い。

>>医師会の反対により、医師には現状に実施されてはないですが、命に関わる重要な資格として、一度取得すれば良いと言うものではなく、常に技術の向上や、不正取得を防ぐ為にも実施をお願いしたいです。

そんなヤブ医者にかかるなと思うが・・・・
不正は医師不足&看護師不足で、病院が、採用時免許の確認していないし、寧ろ、採用病院が悪い事件でしょ?
医師のなりすまし事件については、そのいくつかの背景に一部の医師紹介会社が絡んでいたことも発覚しております。

引用元 http://www.xn--ekr87w7se89ay98ezcs.biz/category4/category6/entry268.html

>>また医師免許には写真付きとし、マイナンバーと関連付けていただきたいです。国籍も明記し、更新時や試験時に不正が出来ない様、要望します。
また、その他の各種国家資格にも同様に、期限付き、マイナンバー、写真付き免許とし、本人以外が不正に使用する事がない様、拘束を強めていただきたいです。
また試験時には必ず写真付き身分証明書を提示し、保険証等写真付きで無い身分証明書の提示は、試験の無効とします。

これは、看護学校でしっかりと本人確認を行ったものを送付しているので、不正するには、看護学校が協力でもしないかぎり無理。
学校はそんなリスクを侵さないだろうし・・・

特亜なら国家ぐるみで、不正するからな・・・・後ほど説明してる。

>>各種免許資格は、不正取得や資格も無いのに不正に実務に当たっている者、特に外国籍の者が絶えないです。特に生死に関わる様な重要な資格や、金銭のやり取りに関わる資格、実務に対して高額の報酬が支払われる資格は期限付きとして、不正取得や乱用を防ぐ為にも期限付きとしていただきたいです。

期限付きにするとかえって、日本国内から離れる時に、免許を売り払う危険が増す様に思えるのだが・・・
もう二度と、日本で働く気ないだろうし、苦労して取った資格を放置して、失効する位なら、他人に売り払う。
本人は、韓国&支那で生活してれば、犯人引渡もクソもない。知らぬ存ぜぬで決め込むだろうし、特亜政府も擁護するだろうね。
それに、韓国では氏名&生年月日の変更が簡単なので、韓国政府が保証した身分書で背乗りも簡単www

一番の問題は、外国人の母国での資格習得である。こればかりは、日本政府でも、手の出しようがない。

アリエナイ理科の教科書 三才ブックス の著者から、聞いた話だが、支那で賄賂で医師免許を購入して、日本の国家試験の受験資格を得る方法で、実際に医師に成ってる人がいると・・・・
賄賂の値段も、相手の地位などによるから、値段も乱高下は当り前wwwまぁ・・友人なら値段も有ってないようなもんだろうねwww

こればかりは、外国政府が絡んでいるので、外国医師免許の信憑性を疑うことになり、事案としかなり高度な不正でりる。
まぁ・・日本で医師免許証を取るだけの能力があるんだし・・・
医師免許=手術が出来る医者ではないので・・・・精神科とか皮膚科・内科ぐらいだろねwww
オペがある整形外科とかだと(ヾノ・∀・`)ムリムリ

何度も云うが、この官邸メールは、医師&看護師不足に拍車がかかる。
外人医師の身元&国家受験資格の厳重か位が妥当です。
採用時の医療機関で、本人確認の徹底と医師免許&看護師免許に写真を付ける位で良い事案だと思います。
日本で、ニセ医者&ニセ看護師は、採用機関がしっかり免許確認を怠っていることが、原因です。
全ては、医師&看護師が不足するような政策を行ってきたせいです。
安い給料で、働かせる為に、外人看護師を増やそとしている??
まぁ・・・特亜から日本に送り込む政策を行っている厚生労働省の陰もある様な???民主党政権下で官僚を送り込んでるだろうしwwww
厚生労働省の役人は、免許更新化で、手数料で天下り先が増えて、メシウマです。

資料⑨
韓国で謎の証明書「医師国家資格認定書」を作成して朝日新聞記者を信用させた男

キーワードは外国の免許で、日本の国家試験を受けれる方法

http://www.医師転職支援.biz/category4/category6/entry268.html

対策を取り始めた医療業界と周辺業界
こういったことから、行政、医療機関をはじめ、医師紹介会社においても具体的な「なりすまし医師」「ニセ医者」排除対策が強く求められるように成りました。具体的にはそれぞれ下記のような対策を行い始めました。

行政や医師会も対策に乗り出す

まず厚生労働省ですが、医療機関向けに、医師・歯科医師を確認する「医師等資格確認検索システム」の改修を行い、2013年8月27日から新しい検索システムの稼働を始めました。今回のシステムでは、氏名と生年月日、性別、医籍登録番号、医籍登録年月日の全てを入力して検索することで、登録有資格者の真贋確認が可能となっています。

ただし検索対象が「2年に1度の医師調査に自ら調査票と出した人物のみ」とされており、万が一「私は調査票を出していない(出し忘れた)」となりすまし医師が言い張った場合にどうするかは不明のままですが、以前の物故者まで検索結果に出てくるデータベースよりはずっとマシかもしれません。

「医師等資格確認検索システム」 http://licenseif.mhlw.go.jp/search/index.jsp
プレスリリース

また、日本医師会では医師資格証(ICカード)の発行(日本医師会電子認証センター)を行い始めました。ただし、このICカードを医師が所有するには、自ら毎年5000円(日本医師非会員は1万円)を負担しなければならず、全ての医師がICカードを所有するわけではないために、なりすまし医師防止の実効性は薄いように思われます。

※※
看護師も年間5000円~1万円とか取られたら、休職中には、痛手だし、外人なら、間違いなく売り払うだろうね。日本で働くの辞めて、祖国に帰るなら、資格ブローカーが放っておかなくなる。

朝鮮人て整形大好きだし、金型コピーで見た目が区別できんwww
整形してなくても、ツリ目でエラ張ってるキモい顔なのにwwww
同じ顔出しwwww

資料⑩
承認不可でお願いします。m(_ _)m
喧嘩を売る気がないので・・・

>>74号に薬剤師も加えていただきたいと思います。
>>どうかご考慮下さい。

薬剤師の国家試験をとって、民間の食品会社や動物医薬品製造会社で動物用医薬品&動物用食品など開発してる人や、届け業務だけの人もいるんだけどね。
全くこの業界のこと知らん人なんだと・・・・
私の古巣は、食品メーカーで動物医薬品を製造してたから、薬剤師がいたので、それなり知ってるが・・・・
薬事法の届け出業務で必要なだけ・・・
そもそも、似非医師&似非看護師&似非薬剤師を防ぐことを目的にしてるんなら、分かるのですが・・・
今更、テスト&実技試験てどんだけ感じだし・・・・
馬鹿な薬剤師でも、薬事法と薬品辞典で調べることが出来れば良いだけだし、使用量とか、特性など・・・

看護師の資格もって、一般メーカーで働いてる人もいるし・・・・

やっぱりなんか変だよこの官邸メールだけは・・・・

似非医者&似非看護&似非薬剤師かどうか、確認できるサイトの立ち上げと、外国の資格で国家試験を受けた人たげを厳重に
チャックできる様にすることだけで良いと思う。

医療技術&看護技術は別な問題だし・・・・・
針が苦手だから、転職もざらだし・・・・

医療従事者の本人確認が出来るサイトの立ち上げの要望なら理解できるが・・・

資料⑪
在日利権に関る官邸メールなら問題ないのですが、敢えて、利権を作る様な、医師、看護師の免許の講習が必要なのか?
講習&免許の書換えとかで、儲かり、医師会&看護協会の様な天下り機関ができるようになる。
運転免許の書換みたいに、儲けてる様な機関を作りかねない。
(千葉県交通安全協会連合会が全日本交通安全協会連合会から講習テキスト購入で受けた助成金の申告漏れが税務調査で明らかになった。)
ただでさえ、医師看護師不足なのに、減らす様な講習を行う政策をするはずがない。
運転免許も、判断能力ない認知症もチャック出来ない講習に成りかねない。
偽医者&偽看護師は雇用主側の責任だし、顔写真がない免許を発行している政府が問題なだけである。

それに、資格維持費がかかる様になれば、ただでさえ高い医療費が、更に高騰すると思われる。
余命氏の真意が聞きたい。

資料⑫
正直、余命様、スタッフの皆さま、嵐認定されてそうで、心配ですが・・・(^_^;)
云うべきことは、しっかり伝えないと、思っておりますので、ご了承して頂けると幸いです。
他の官邸メールは、特に問題なさそうなので、ガンガン送信して頂きたいです。\(^o^)/

  1. 2011年8月…宮城県、石巻赤十字病院。50歳代の女性が、乳癌の手術を受けた後呼吸困難に陥り、同月13日に同病院に搬送された。
    この女性は、癌性心膜炎の影響で心嚢に水が溜まった状態だったことから、20歳代の男性医師が心嚢から水を抜き取るためビニール筒を刺したが、この際に筒の内側にある針を抜き忘れたため、女性はその翌朝に呼吸停止し死亡した。
    宮城県警は2012年9月20日に元医師の男性(30)を業務上過失致死罪で、女性医師(28)を医師法違反それぞれ書類送検した。
    男性は2012年8月末、同病院を依願退職している[Wikipedia]

    一般人と違い、業務上過失致死罪、医師法違反をしても実名報道はされない。
    その上医師免許の更新もしたくない。
    ちょっとわがまま過ぎませんかね?

  2. 余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。

    官邸メール余命 74号を原文のままで特別に送信してあげると良いとわかりました。どうやら、現行制度は在日には抜け穴だらけのようですね。

  3. 琵琶鯉です。
     余命翁様、スタッフの皆様いつもありがとうございます。合わせて、エドベェ様、Miku様、Augusta様、遅くなりましたが、私の質問に答えて頂きありがとうございました。
     さて、余命730に掲載された内容について、少し意見を述べさせて下さい。
     医療界について余り詳しくありませんが、仕事をしながら子育てしてきた者として言わせ頂けるなら、産休や育児休暇後の復帰は一般職や事務職、製造職にとっても大変です。下手すると2年ぐらいブランクがあります。職場に戻った時には浦島太郎子状態です。ましてや、看護師至っては、医療の進歩は目が点になるほどだと思います。休んでいる間も常に脳に刺激を与えていないと厳しいのではありませんか?なかなか綺麗事ではいかない部分はあるとは思いますが、人間その気になれば出来るはず、定期的な資格更新⁉人の命を預かる尊い仕事ですどーんと受けて立って貰いたいものです。クルマの免許だって更新の切り替えがあるのです。どちらも人の命に関わる資格です。

  4. 凄まじい迄の論点のすり替えですね・・・。
    医療に従事する為の免許なら期限とは言わず、指紋、虹彩、網膜、DNAの登録も義務付けても良い位でしょう。
    医療法人になっている病院勤務なら、定期的に健康診断を受けてるでしょうし、その際にサンプリングすれば免許所持者の負荷も少なくて済むでしょう。
    常識的に考えて免許と言うものは厳正であればある程、取得者の価値も高い訳で、付帯的に就職、再就職、転職の何れも容易になるので免許取得者にとって利益になる事ばかりです。
    到底、医療従事者不足の原因になり得る事は無い。
    権利を作り出す云々の話も、全く以て的外れ。
    免許に伴うのは権利では無く、権限と責任、義務です。
    権限の伴わない免許など無意味なので、そもそも免許制すら敷かれていません。
    医療従事者不足の原因を追究するなら、無駄な外国人留学制度などを廃し、浮いた経費で高等工科学校の様に、身分と手当が支給される医療科学校創設などに目を向けた方がよっぽど現実的です。
    それから、法的見地でも医師免許厳正化は悪い事ではありません。
    こう表現すれば失礼かも知れませんが、美容師や理容師はたかだか毛髪を切る為に国家資格を有している訳ですが、彼らの有する権限は法的に表現するなら「他人の身体の一部を、毛髪に限って切除する事が出来る」と表現出来ます。
    これは刑法にも関連し、国民を守る為の法制です。
    一昔前までテレビCMをバンバン流していた消費者金融ですら、滞納者を事務所に呼んで、ハサミで滞納者の頭髪の一部を切ると言った脅しを行っていました。
    この様な脅しは完全に刑法では傷害罪に該当しますが、若し身体に生える毛髪を身体の一部として規定しなかった場合、上記の様な脅しは刑法で問えなくなってしまいます。
    医療は業務上、身体に対し損傷を負わせる行為を伴う限り、その資格の厳正化はあって然るべきなのです。

    「医療のジャンルに限って、間髪入れず」「議論のすり替えがあって」と言うのは、明らかに不正が蔓延っている上、濡れ手に粟である為に、厳正化されると困るからでしょう。
    しかし、それをストレートに発信する事は出来無い。
    故に、論点のすり替えを行わなければならないと言った事情が垣間見れます。
    確かに医療分野は生協なども含め、政治的団体が背後に存在する場合もあり、中には北朝鮮絡みの施設もあります。
    間髪入れずに議論のすり替えで目を逸らそうと陽動するのも、納得が出来ます。
    医療分野が、反社会的勢力の資金源になっているが故の抵抗かと。
    ならば、我々が行動すべきは医療分野の厳正化も重点的に視野に入れた活動と言う事になりますね。

  5. 下記の記述は、実際と違っていますね。

    >日本医師会では医師資格証(ICカード)の発行(日本医師会電子>認証センター)を行い始めました。ただし、このICカードを医師>が所有するには、自ら毎年5000円(日本医師非会員は1万円)を>負担しなければならず、全ての医師がICカードを所有するわけで>はないために、なりすまし医師防止の実効性は薄いように思われ>ます。

    日本医師会、医師資格証の会員年間利用料を無料に 
    電子処方箋や電子紹介状に必要なHPKIの普及狙う
    小谷 卓也=日経デジタルヘルス 2016/03/30 18:10
    日本医師会(日医)は、日医会員の場合にこれまで年会費5000円(税別)だった医師資格証の年間利用料を無料にする。2016年3月30日に実施した定例記者会見で発表した。医師資格証は、厚生労働省の保健医療福祉分野公開鍵基盤(HPKI)に準拠する医師資格を証明するICチップ内蔵の証明書。日本医師会が、発行と運用を行っている。
     今回の費用見直しの背景には、医師資格証(HPKI)の普及を加速させたい日本医師会の狙いがある。同時に、2016年に入ってから、これまで用途が不明確な部分もあった医師資格証(HPKI)の具体的な利用ケースが幾つか出てきていることにも対応した格好だ。 (以下略)
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/033001355/?ST=ndh

  6. 余命様
    御多忙中失礼仕り候。
    今回の日記で冷笑が浮かぶのは、反日在日共が、これからも日本国内の資格取得に係っていけると思い込んでいる所ですね。動物だって季節が変われば食糧を求めて移動するのに、他民族に寄生して生きている連中には、生き物の勘さえ失っているのでしょうか。
    御時間を御費し被下忝く存じ申候。

  7. 余命爺様、余命3年プロジェクトの皆様こんばんは。
    信州味噌です。いつも更新お疲れ様です。更新スピードについて行くのがやっとです。

    本日、鹿沼市市立図書館に行って来ました。蔵書検索すると、余命3年時事日記が収蔵されていました!しかも貸し出し中!嬉しくなって、ニヤニヤしながら帰って来ました。
    背中を押してくださった匿名28号様、収蔵してくださった鹿沼市市立図書館の方々、ありがとうございました。

    話題は変わりますが、看護師の免許更新の官邸メールについて少しお話しさせていただきたいと思います。

    私たちは、昨年復職した看護師です。4年間のブランクがああったので不安でした。技術も進んでいるので、浦島太郎状態です。大きな病院なら、ブランクのある看護師のための研修など手厚いと思いますが、私の働いている環境ではかないません。自分が学んだ知識はどんどん古くなりこれで良いのかと迷う日々です。
    なので、全国一律で免許更新できればどこでも同じレベルの看護が提供できるということになるのではないかと思います。そうすれば、看護師にとっても患者さんにとっても良いことだと思うのですが、理想論でしょうか。

  8. 医師看護師がどれほど忙しいか知ってますか?
    うちの主人は医者になってから熟睡したことがないほど
    夜中の救急に備えています。
    勉強しない医者もいるのは事実ですが
    そもそも国試に受かるだけの勉強をさせる能力のない医大が
    問題でしょう。

    国立大卒の医師は総じて超優秀です。もしこれ以上、試験のために時間が取られるなら患者に向かう時間をどうやって工面すればいいのですか?
    削るしかないですよね?
    医者はロボットじゃないし患者さんに休むように言いながら
    自分は強力な解熱剤を使って働いている。
    色々日本の医療は限界に来ているんです。
    日本の医師の給料は外国に比べて安いですし何十年前に比べたら
    半分になっているところもあります。
    よく知らないで発言しないでいただきたいです。

    もちろん能力のない医師を排除するシステムは必要だと思いますが…。

  9. 初代から読ませていただいております.
    静かに賛同しておりましたが、このたび初めてコメントさせていただきます。
    と申しますのは、私の住む町には比較的新しい耳鼻科の医院が1軒あるのですがそこの院長が日本人ではないのです。
    ホームページを見てみるとどうやら中国系のようなのですが、院内のどこを探しても院長の名前が見当たらないのです。治療も荒く、日本人の医師は絶対に行わないような乱暴な処置をするので、二度と行くまいと思い現在に至っています。その医者は日本語があまり良くできないようで、看護士が医師の説明を通訳のように患者に伝えるのです。この程度の日本語力で日本の医大を出て、国家試験に合格したとは思えず、本当に日本での医師免許と開業資格を持っているのだろうかと大変疑念を抱いています。処方された薬も、副作用に関する説明が十分になされておらず、ぞっとしたことがあります。埼玉の小さな田舎町に住んでいますが旧街道沿いの宿場町ということで、開業200年という老舗(?)の医院もあり舞う。ただ残念ながら耳鼻科はその一軒しかないので、やむなく受診したのですが今は何があっても隣町まで出かけていきます。
    これも入管通報案件になるでしょうか。大きな医療ミスなど起こさないうちにお引き取り頂きたいものです。

  10. コメントを受けて。

    >薬剤師の国家試験をとって、民間の食品会社や動物医薬品製造>会社で動物用医薬品&動物用食品など開発してる人や、届け業
    >務だけの人もいるんだけどね。
    >全くこの業界のこと知らん人なんだと・・・・

    わたしは、院外薬局にいるパートのカタコト朝鮮人が働いているのが気持ち悪いので、74号に便乗できないかなと思っただけですので、業界内のことは知りませんし、そのパートが似非かどうかなんて誰も言ってないんじゃ?

    大体似非医者、似非ナース、似非薬剤師ってなんなんだろう。
    普通、「似非」なんて言葉使わず「偽」や「闇」を使うと思うんですが、ひょっとして、免許は持っているけど碌な仕事をしない「過払い弁護士」みたいな輩のことを言っているのかな。

    あ、議論とか面倒なので返信はお断りします。
    「逃走しやがった」とか「はい。論破」とかは勝手にやってください。

    乱文失礼いたしました。

  11. 医者の資格更新がないのはおかしい。車などの免許のように普通は更新するべきだ。代替わりしなければ医者の知識が更新されない(昔医者になった人が最新の治療法についての知識すらないことがある)という話を聞いたことがある(真偽はしらない)。
    資格更新制度にコストがかかるというが、これまでかけるべきコストをかけてこなかったということではないのか?それとも何か都合が悪いので反発するのか?官邸メール74号、私は賛成ですよ。

  12. Web愛国左派の個別主義者である一有志からWeb中庸保守派の長老殿に、余命官邸メールに関係する件で、是非とも二つほど進言したいことがあります。

    1.余命省庁メール+警察応援メールの実行
    省庁及び警察・検察の総合代理窓口として推薦します(↓)。

    ☆公安調査庁HP:http://www.moj.go.jp/psia/index.html
    ※右下の「ご意見・ご感想など」から、メールアドレスのページに飛べます
    (ご意見などの専用メールアドレス  psia@moj.go.jp)

    ※警察関係や特に気になる省庁関係の官邸メールの項目を、各自の判断でボチボチ2・3通でも送るだけで一種の「意思表示」にはなると思われます。
    ※部署柄の機密性の高さや、法務省の外局であることもあって職掌柄の警察や関連省庁などとの親縁性ゆえ。あまり一度に大量に送りすぎると、かえって業務妨害になったり、統計などの情報処理の邪魔になる恐れもありますので、4・5通以上送りたい場合には一週間ほどインターバルを置いたほうがよいと思われます。

    2.余命官邸メールへの新規追加項目の提案

    (1)総務省管轄での帰国支援局の開設
    日本に長期滞在した在日外国人(二世含む)の帰国問題から帰国後サポートまでを包括的に行う「帰国支援局」の開設を要請します。対象国と交渉して対象国に「帰還民特区」を設定してもらえれば、日本との国際関係でのパイプ役にもなってくれると思われます。

    (2)亡命華僑への善後策
    日本の総務省に新設した帰国支援局を中心に、台湾とも協力して亡命華僑(新来の在日中国人)のための救済策・善後策を考慮していく必要があります。
    また、近年に亡命華僑を多数抱える欧米諸国とも協力し、中国大陸の東岸に日本・台湾と欧米各国ごとの「帰還民特区(香港のような自治都市・永久租借地)」を設定するべきです。それらは今後に中国大陸の環境・医療問題などでの人道支援及び暴政への監視・抑制の拠点にもなりうると考えられます。

    (3)在日韓国人のためのソフトランディング誘導
    在日韓国人の比較的善良な穏健派のために、ソフトランディング策を用意するべきだと思われます。もちろん日本と日本人は善意・誠意を逆手に取られて長年に計り知れない多大な被害を受けてきたのですから、この期に及んで過剰な配慮は禁物なのかもしれませんが、あくまでも「努力目標」としては念頭に置いておくべきです。
    たとえ同じ在日の韓国籍・帰化人であっても、厳重に処罰されるべき「ごく悪質な者たち」とは可能な限り、一線を画す異なった対応がなされることが望ましいと思われます。

    二つ目の件(三項目)は「待ち望むもの」の豆腐おかかさんの協力を得て、自分などが勝手にやっていたのですが、現状は怒りの亢進で冷静な判断が難しい状態となっております。
    日本防衛のためのWeb保守派指導者としての立場上、中韓人にあまり「甘い顔」をできないことは重々承知の上での無理なお願いなのですが、あくまでも本筋に支障のない範囲で構いませんのでよろしくご検討をお願いします。

    以上です。
    それでは、日本とアジアの未来のために!

  13. 余命様、プロジェクトチームの皆様、連日の記事アップをありがとうございます。また、私のつたない投稿を取り上げていただきましたことにも大変感謝しております。
    申し上げますが、74号については投稿しておきながら私は自ら削除希望などはしておりません。
    私のアドレスが不正使用されている可能性もあります。
    こちらも対処いたしますが、皆様にも敵方に撹乱されぬ様にくれぐれもご注意下さい。ただ内容については精査をしていただき、必要ならばより有効なメールとしていただければと思います。
    こちらも命がけで孤軍奮闘しております。連日の集団ストーカー行為にさらされておりますので。

  14. 色々細かく突っ込みたくなったけど、止めました。論旨がぼやけますし。
    彼は、以下の観点を考察出来ないと、誰の賛同も得られないでしょうね。

    問:
    「テーマ 余命74号 医師、看護師の免許、資格について」は、
    現在日本のどの様な問題に対処する意図で、提案されていると考えるのか?

    不思議な事に、彼は一切これに触れていません。
    ここまでの余命爺の読者なら、推測できようものなのに。

  15. 余命様、余命スタッフ様、いつもありがとうございます。

    日本の医師免許を取得する裏道があります。
    以下の1~4.を順に行えば、日本の医師免許を取得できます。
    1. 海外で医学部を卒業して医師になる。
    2. 日本へ帰国して1年以上病院で研修する。
    3. 医師予備国家試験に合格する。
    4. 医師国家試験に合格する。

     10数年前、「中国や台湾で医師免許を取得して、この裏技を使って日本人医師として免許を取得した人がいる」と聞いた事があります。ですが、10年くらい前から「首席卒業でも無い限り、外国での医師免許取得者に医師予備国家試験を受けさせなくなった」とも聞いております。また、中国では日本の医学部よりかなり簡単に卒業できる大学があったので、そこの医学部卒では受験できないようにされたと思います。
     一級建築士と教師と介護支援専門員(ケアマネージャ)は更新制となりましたが、医療では実現しませんでした。理由はわかりません。
    どこでも、この手の制度には必ず利権が絡みますが、医師には標榜する科の学会所属を義務づけて、その学会が認定更新するようにすれば良いのではないでしょうか?
    どこかの国家試験みたいに事務費用額を厚労省が決めて、その事務を各医学会に依頼すればいいでしょう。単に、問題を送って返送させるだけでなく写真と直筆の履歴書を添付させれば、今の世の中、スキャナで画像としてデータが保存できますから誤魔化しはできないと思います。

    何よりも、その利権が従来のように、外国人に渡らなければ良いのではないでしょうか?

    日本国内の日本人同士の問題は必ず発生しますが、今は、外国人の乗っ取りによる日本での利権の貪食を一掃する事が目的です。

    日本がなくなればそんな問題は意味がなくなりますから。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト