余命三年時事日記 ミラーサイト
ロード中..
2017-10-10 12:32
1945 2017/10/10アラカルト(0)
引用元のソース

安倍首相応援!
余命様が出演されてるせんたくさんYouTubeを観たくて探してたら、田母神氏応援もされてたんですね、せんたくさん。というか水島S打倒が本命か。応援したいが、その田母神氏も名前が全く出なくなりました。5月の有罪判決後の集まりに動く内部メンバーを見たら「あー押さえつけされたな、終わったな」と思いました。Ch.桜系でデカイ顔してたメンバーばかりでしたから。
また次の裁判にと話してたけど、そうやって時間稼ぎ(田母神氏の国政出馬妨害)と金稼ぎ(田母神氏応援派からぶんどり)させてるだけ。田母神氏は潰されました(私の妄想)。 でもせんたくさんと余命様が出会うとは思いませんでした。世の中変わったなとつくづく思います。後は静かな日本人の怒りを、今度の選挙で示せるか…。
消去法だろうが消極法だろうが、安倍首相が勝って首相を続けてくれなければ、日本は終わります。安倍首相自身を好きか嫌いかじゃない、日本人として日本を護りたいか売国したいかの戦い。奴等は自分の居場所は世界中で生易しい日本しかないから必死。日本人は舐められてたと自覚を持ち、戦わなくてはならない、ただそれだけ。公明党連立が嫌なら選挙に行き、自民党を勝たせなくてはならない。勝って、日本人の為に政治をしてもらうように戦わなくてはならない。議員を当てにしてはいけない。奴等は有権者を見て、気を引き締めるか、舐めるかを決めてる。
売国奴ばかりになったのは、日本国民が国民としての責任放棄してたから。奴等が投票権欲しがるはずです。日本人は何もしない。公務員をオカミと祭り上げ、公務員が言う事をハイハイ聞いてるだけだから。外国人は暴力暴言使ってまで言うこと聞かせてます。舐められるはずです…。
愛国に目覚めるだけじゃない。これからは行動!可笑しな公務員を糾弾していくこと!日本を変えるにはそれしかないのだから。解りきってる事をすいません。失礼致しました。

 

優游涵泳
御無沙汰しております。
皆様も自主的に売国奴リスト等を作られている様で、実に手慣れて来たものだと感服しております。
扨て、既に御存知の事と思いますが売国奴の根拠となるWEB情報は、忘れずにWEB上で魚拓登録しておく事をお勧め致します。
その上で、”疑い”の内容によって下記の様にカテゴライズすると良いでしょう。
カテゴライズの際は、飽くまでも”疑い”で良いでしょう。
尤も、反日勢力の殆どは北朝鮮支援行為と無関係ではありませんし、北朝鮮と言えば暗殺にVXを使用するテロ国家です。
・北朝鮮関連
・テロ関連
・マスコミ関連
皆様が収集された情報は非常に有益なものであり、日本人だけで共有するのは実に勿体無い。然る可き機関に情報提供すれば、グローバルな視点で社会貢献が可能でしょう。
一例ですが、下記などに情報提供しては如何でしょうか。
●CIA
Twitter: @CIA
提供情報種別: 北朝鮮関連、テロ関連
●FBI
Twitter: @FBI
提供情報種別: 北朝鮮関連、テロ関連
●トランプ大統領
Twitter: @realDonaldTrump
提供情報種別: 北朝鮮関連、テロ関連、マスコミ関連
国恥を他国に晒す様ですが何せ検察も弁護士もこのザマですから、国際条約を利用せざるを得ない状況に至っている訳です。
国際条約を根拠に出されると、検察も己可愛さでトカゲの尻尾切りに踏み出す可能性もあります。
亦た、Twitterですと目に見える形でチクられているのが分かりますので、敵さんも焦燥感を浮き彫りにして行く事でしょう。
この戦いは、一般人が片手間で参戦出来ると言う所が面白い所でもあります。

.....二年ほど前から在日や反日勢力の対策として一番有効なのは外圧であるとして段取りをしてきた。これは過去ログにはっきりと記載してある。手法は安倍総理とまったく同じである。当時の反応は夢想、妄想であったがやっと実現しそうだな。
この件は余命の別動部隊がやっており、その連絡と調整は25日前後に予定されている。
書面とツイッターの二本立てであるが、第六次告発と連動して11月から開始予定である。

 

勃ちあがれ日本人
いよいよ明日から選挙本戦ですね。
TVで、革マル枝野さんに、鬼謀の党は弁護士候補を対抗馬としてぶつけるそうですw
この時点で、余命の読者方は気づいたかと思いますが、
割と立候補者に多い、弁護士候補があなたの選挙区に居た場合、選挙事務所へ赴いて、下記の質問をしてみてはいかがでしょうか?
①日弁連、各県弁連が「朝鮮学校無償化をせよ」という政治主張を全国でしているのはご存知ですか?(Yes/No)
②その無償化要求に対して、弁護士会所属の○×候補は支持しますか?(Yes/No)
鬼謀の党の候補者に対しては「小池党首は無償化反対と伺っていますが」という枕詞を付ければいいでしょう。
どうしてそんな質問をするのかと聞かれたら
「ネットでそんな話を見つけて、調べてみたらその通りだった」
「北朝鮮がミサイル打ち込んできているのに、全国でそんな主張をしているのって、普通に考えたらおかしいと思って聞いてみました」
「○×候補に投票するか迷っていますので」
とか当たり障りのないことを言えばいいでしょう。
普通、弁護士事務所へ行ったりして聞くのは難しいことです。
選挙期間中なら、「投票するかどうかの参考にしたいので」で、できる事です。
Y/Nで答えられるのに、答えを渋ったりしたらまあ、怪しいですね。
みなさんの調査結果を聞きたいものです。
聞かなくても結果の分かる真っ赤な候補者には、安全の為、近寄らないほうが良いと思いますが。
あ、革マル枝野さんも弁護士系でしたっけw

 

安倍首相応援!
アメリカで国歌斉唱で不起立問題があるんですね。トランプ大統領は人種差別ではなく、国家に対する問題だと発言してますが、安倍首相と同じくマスコミに叩かれまくってますから…言葉が悪いらしいので(笑)なおのこと立場が悪くなる。トランプ大統領好きだし応援してますが、どうなることか。
「しあわせの隠れ場所」というアメリカ映画があります。白人夫婦(金持ち)が黒人未成年者と出会い、彼を息子にして、その息子はアメフトのスーパースターにまでなる、という実話。夫婦は共和党支持者(裕福な家庭が多い)。
アチコチに政治的なモノが見え隠れしてますが良い話です。 ふと、彼だったらどうするかな、と思って記事を読んでいました。白人による黒人への差別は酷すぎますから、気持ちもわかるけど、トランプ大統領の言う、国家に対する侮辱も判る。
白人の根拠無い有色人種差別は本当に酷いし(日本人に対する態度から見ても、差別者は民主党支持者が多い?民主党は日米共に金のなる木(票と)にしがみつく性質があるみたいですし)許せるものではない。アメリカ問題はアメリカにしか解決できないので、見てるしかありませんが。根深い問題ですから、トランプ大統領で解決出来るものではない。アメリカ国民皆が意識を変えていくしかない。変なジェンダーフリーとかで誤魔化さないで欲しい。
アメリカは色んな事が完全に二分化されてますが、それでも共産制共産主義は居ない。移民国家だから自己中国家になりやすいですね。
日本も在日系により二分化されてますが、そこに共産党等あるから、またややこしい。
とりあえず、日本から共産党を無くしてから、政治を語って欲しいと常々思ってます。
結局、共産党は要らない!文になっちゃいました(笑)。すいません。
失礼致しました。

 

茶飲み婆です。
余命様、スタッフ様いつも希望を発信していただきありがとうございます。
あわの國様
私も解散発表時の総理の会見には物足りないものを感じましたが、なにしろ総理としては言いにくいこともあるかと勝手に忖度しました。
サークルの帰り「何で今頃選挙なんよ。それより先にすることがあるでしょ」との言葉。ごく普通の一般的な年配の女性からです。すかさず「選挙しなけりゃ。今回は『ミサイル解散』なんだから」と。『国難突破解散』がとても穏やかに受け止められている現状に少々びっくりしましたが『ミサイル解散』には反応がありました。そして「希望の党はどう?」と聞かれましたので、これもすかさず「気を付けよう!その希望の党は元民進」と、以前「気を付けよう!その維新の党は元民主」と言われていたのをもじって伝えました。今の私にできることです。
朝夕冷え込むようになりました。
みな様ご自愛ください。

 

匿名希望
最近メディアが「リベラル」を連呼しているのが不気味です。「外国人参政権賛成」「共謀罪反対」「安保法制反対」などの政策が「リベラル」だとメディアが国民に植え付けようとしているように感じます。民進党など特定の政党を「リベラル」と呼び、今回の希望の党の騒ぎを「リベラルの危機」とするのは、放送法違反にならないのかと思ってしまいますが。

 

ななこ
余命様、いつもいつも日本再生のために体力の限界を乗り越えてのお働き、心より深くお礼を申し上げます。日本と日本人のために、余命様はいったいどれだけのものを犠牲にされてきたかと想像すると、本当に申し訳ない気持ちになります。
今も闘いの最中ではありますが、今日は少し視点を変えて、再生後の日本について考えてみたいと思います。闘いが過酷であればあるほど、それが終わった時の虚脱感も大きいものと考えます。あるいは燃え尽き症候群になってしまうこともあるかもしれません。
日本再生に参戦する私たちには、確かに守りたい日本があり、日本的なものを見分ける感覚があり、日本らしさを将来にわたって残していくために戦っています。闘いの中で自分が何を求めているのかを忘れてしまうこともありますが、再生後の日本で自分が何をしたいかを考えておくことが、今とても重要になっていると感じます。
私は本を乱読する傾向があり、流行った書籍も随分読んできました。ザ・シークレット、ホ・オポノポノ、思考は現実化する系統のものも定期的に目を通してきました。まあ、そうは言っても、現実はそれほど虫がいいものではないですね、というのがこれまでの感想でした。
ところが、先日、昨年読んだ本に書いてあったことを(一週間ほど)素直に実践してみたノートを見てみたら―それは、夢は紙に書くと現実になるという本だったのですが―すべて当時は妄想で5項目ほど書いたもののうち、3項目が現実の当たり前になっていたのです。驚きましたね。たった一週間でも集中して書くことで無意識に落とし込まれて、願望が叶うように行動していたとしか考えられません。
さらには、ノートに書かなかった長年の懸案事項も解決し、さらには自分が追い求めたい理想を実現するための人間関係もできあがっていたのです。こんなことってあるのですね。
何が言いたいかと申しますと、余命ブログに集う日本を愛する皆様にも、お一人おひとりの心に「理想の日本」があり、そこで自分が何をしたいかという夢をお持ちだと思うのです。ついては、第六次で集大成を迎える告発を機会として、再生後の日本で自分がやりたいことリストを(騙されたと思って)、紙に書きだしてみたらいかがでしょうかと思い、長々とご提案させていただきました。
皆様の心に再生後の日本のビジョンが芽吹くことにより、新しく生まれ変わった日本の景色が美しくなり、これから生まれてくる日本人の幸せを準備し、そして闘いを終えた皆様がビジョンを実現して、清く正しく美しい日本が強くなることを夢みています。私は、これをノートに書こうと思います。
第六次告発、腕を鳴らしてお待ちしています。
紫のバラ
ドグマ主義~公明党・立憲民主党・社民党・共産党
一つの教義(憲法)を何ら疑いをはさむことなく、信じる政党ですな。
ドグマを変えずにいれば、誰が、既得利権・既得権益を持つのか考えてみると、社民党・共産党・立憲民主党などは、終戦直後から、GHQに重用された特定の階層の利権を守っている政党であるとよくわかる。
現在の東アジアの状況で言うと、憲法9条は、中国、北朝鮮、韓国が、日本に対する武力侵攻を行っても、日本人が自分たちを守ることすらできない武力放棄を決定しているのです。間接的に、日本国は消滅しろ、と言っているのです。
憲法9条は、羊頭狗肉です。店主(GHQ)は、羊肉(平和)を差し出すが、実は犬肉(亡国)なのです。
日本人は武力を持てないから、今のままでは、座して死を待つことになります。
欧米のアジア植民地支配を日本人が終わりにしたことが恨みを買って、そのスキに、朝鮮半島と大陸が日本を属国にしようとしてます。
ドグマ主義は、結局、ダブルスタンダードなのです。特定の層の利権を守ることしか機能しないので、有効に機能する分野は限られる。常に刷新を求めて、特定の層の利権の塊を壊していくならば、自由と民主しかありません。
摸摸具和
今年2017年5月初め、「中国の習近平指導部が4月、崔天凱・駐米中国大使を通じ、米太平洋軍司令官であり日系人海軍大将のハリー・ハリスの更迭を、北朝鮮制裁への協力の見返りに要求した。トランプ政権はこれを拒否した可能性が強い。」と”米中関係筋”の話として、共同通信が報じました。米中両国は、これを否定しましたが、どうも怪しいようです。
ハリー・ハリス太平洋軍司令官の後任に同じく対中強硬派のスコット・スウィフト太平洋艦隊司令官が就任すると予想されていましたが、9月25日、突然海軍作戦部長(米海軍最高位の軍人)リチャードソン大将がスウィフト司令官に対して、「次期太平洋軍司令官に貴官を推薦することはない」と直接言い渡したそうです。これは実質的な退任勧告とみなすことができるとのこと。これは、「2017年に入ってから太平洋艦隊所属軍艦の重大事故を4件も起こしており、合わせて17名もの将兵を失ってしまっている」ことが表向きの理由と考えられているそうです。
つまり、「事故を起こした艦艇や第7艦隊司令部関係の幹部6名がすでに処分を受けているのだから、総責任者である太平洋艦隊司令官も引責せざるを得ない状況である」。
しかしながら、対中強硬派の海軍関係者や海兵隊関係者たちの間では、「中国が何らかの形での影響力を行使したのではないか?」あるいは「ホワイトハウスやペンタゴンにはびこっている政治的配慮が、ハリス司令官以上に対中強硬派の重鎮とみなされているスウィフト司令官の人事決定の背後に横たわる理由ではないか?」と考えているものも少なくないとのこと。「このままスウィフト司令官が太平洋軍司令官に就任せずに退役してしまった場合、得をするのは中国だけだ」といきり立っている人々も少なくないそうです。
(出典:jbpress.ismedia.jp/articles/-/51232)
これは、トランプと習近平の合意に基づくものである、と考えるのが自然だと思います。
日本は、益々米国をあてにできない状況になりつつあり、米国を敵にまわさないまでも、自主防衛の方向に大きく舵をきるべき時期が来ていると思います。
ミカンの実
とにかく日本が大事で大好きです!
余命様、スタッフの皆様、ここに集う皆様、いつも本当にありがとうございます。
わかりやすい敵とわかりにくい敵がいて、真性お花畑人と成りすましお花畑人と、まぁいろんな人がいて見分けだけでも面倒です。本音と建前を使い分けて以心伝心の文化を持つ日本において、あちらの方々は本当に住みづらいと思います。
プチ有事が(ハードランディングかソフトランディングか、判断できませんが。)始まる前に、祖国に帰ることが一番良いと思います。
私はというと、また付き合いの長かった友人を失いました。(良いことなのですけど。) もちろん喧嘩別れではなく、最低限の付き合いはしますが、自分の心の中でそっと「さようなら。」と別れを告げました。
選挙のお陰であぶり出しがどんどんできてきていますね。ツィッターで、テロリスト候補生のツィートにどんどんリツィートしていたり、賛成の意見を書き込んでいたりするごく普通の左翼的な考えの人は、このままでいたらパヨクに変貌するのではないかと怖いです。思いっきりプロパガンダにやられていますね。洗脳がどんどん進んでいるようにみえます。
さて話題を変えて、今年も新米の季節になってきました。ふるさと納税で、毎年お米などをプレゼントしてもらっております。余命記事1921の朝鮮学校補助金をしている都道府県以外の自治体に寄付します。皆様、どうかご自愛くださいませ。

余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト