官邸メール詳細
テーマ【号外8535】
マイナンバー口座にひも付けに賛成し早期実現を望む
ご要望
( www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/200518/mca2005180618006-s1.htm より引用)
政府が災害などによる今後の現金給付を迅速に行えるよう、自民党がマイナンバー制度を活用した公金給付の新たな枠組みを検討していることが17日、分かった。複数の関係者が明らかにした。今国会への議員立法の提出を視野に入れており、野党に協力も求める方針だ。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現金10万円の一律給付をめぐっては「手続きに時間がかかりすぎる」との批判が出ている。このため、自民党は、今回の給付のために国民が申請した預金口座や個人情報をマイナンバーにひも付け、災害発生時などの公金給付に迅速に対応できるようにするための法整備を検討する。
(引用終わり)

この法案に賛成する。自営業の人たちに素早く受給できるようにしてほしい。不正受給防止対策も含めてほしい。

参考:
www.honmotakeshi.com/archives/56769398.html

マイナンバー口座にひも付けに賛成し早期実現を望む

戻る