官邸メール詳細
テーマ【号外8832】
全国の空港にドローン規制法の制定を望む
ご要望
2018年12月、イギリスの空港が、意図的なドローンの妨害飛行によって、2日間にわたり、閉鎖に追い込まれ、多数の旅行客が足止めを余儀なくされた。
近い将来、わが国の空港でも、このような妨害飛行が起こるものと危惧される。特に、日米の航空基地においては、有事の際に高性能のドローンによる飛行妨害が現実の脅威として浮上してきた。
早急に、ドローンの規制法を制定する必要がある。

例:
・ドローン(無人飛行機)は、飛行場の周辺10キロメートルにおいて、これを飛行させてはならない
・警察は、飛行場から10キロメートル以内の地域において、飛行するドローンを発見したときは、これを落下させ、回収、没収することができる
・落下によって生じた損害は、すべてドローンの所有者の責任とする
・警察は、ドローンを効果的に落下させるとともに、飛行場に接近させないための技術開発を行うものとする

参考:
rippou.jimdo.com/こんな法案がほしいですね-国防-危機管理/ドローン規制法/
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト