官邸メール詳細
テーマ【号外8849】
戦争有事の際の徹底殲滅を求める
ご要望
現在、日本は歴史が始まって以来の危機にあり、日本国家の存続が危ぶまれる状況にある。
これらの原因は、主に在日、反日、売国奴によるものであり、早急に対処を求める。
また、これらを殲滅するためにおこる有事について、提案がある。
戦争有事の際の徹底殲滅を求める。
かれらは、都合が悪くなれば、命乞いや自分たちの家族を盾にして逃げようとするが、
これらを無視してもらって殲滅してもらいたい。
彼らのやってきた行為のため、日本は多大な被害を受けており、今後これらを解消するのに、
少なくとも100年近くかかると予想される。
これらの行為を彼らはしてきたのである。行為をやめようとすればできたのにも関わらずに。
また、安倍総理が復帰できなければ、かれらの日本乗っ取りは完了することになっていた。
もし彼らによって日本の乗っ取りが成功していれば、日本国家や国民に多大な被害を与えることになった。
これらの罪は彼らの命以外で償えることはない。
戦争有事の際に、下手な同情や許しは彼らに与えることは、彼らにとっても、日本国家および国民にとってもデメリットしか無い。
悲しいようだが、これらの殲滅するために出る犠牲は黙認する。
よって、戦争有事の際の徹底殲滅を求める。
例
戦争有事(米中戦争、日韓戦争、朝鮮戦争およびそのほか戦争有事に準じること 在日朝鮮、中国人のテロ活動等)
・場合によっては、子供も含む家族の殲滅
・関係が低いもしくは反日・売国度が少ないといわれている人物や組織に対しても同様の措置
ここが、日本国家の正念場である。
非常に苦しい決断になると思うが、英断を求める。
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト