官邸メール詳細
テーマ【号外8873】
徴用工問題での賠償請求に応じないことを望む
ご要望
2018年10月30日に韓国大法院で自称元徴用工らに個人請求権を認める判決が出て以来、日韓関係は最悪の状態に突入した。
もともと日韓間には1965年の日韓請求権協定によって、国、個人を問わず、いかなる請求権も失効というコンセンサスがあった。
しかし、日本に対するタカリを継続したい韓国は「謝罪」を要求したのである。賠償を求めたところで、日本が支払うはずがない。
だから、今まで彼らの「賠償請求」は日本から引き出すものを最大化するためのポーズだった。
今回の「請求権は有効」という判決は、そのパラダイムを転換するものなのだ。
自称慰安婦達のように自称徴用工の証言がコロコロ変わったり、証言内容が時系列としてデタラメだったとしても、
彼らは嘘をつくことについて心に何の呵責もないと思われる。
従って、この徴用工なる人々の証言の真偽は韓国国民にとって重要なことではない。
彼らとしては、日本を批判し、日本からタカるものがあれば良いわけで、自国の最高裁がネタとしては最高のものを提供し、
韓国国民はこの上なく高揚しているのだ。
韓国では今、「65年体制見直し論」が広がりつつある。65年体制は日韓併合から戦後の1965年までの国家関係を総括、規定するものであるから、
日韓併合から終戦までのありとあらゆるものを持ち出し、また「謝罪と賠償」という大合唱を始めようとしているのである。
謝罪と賠償に応じていたらキリがない。国際法に基づき毅然とした外交を要望する。
今回の判決により日本企業への賠償請求が求められる可能性もあるが、例外は認めず、一切の謝罪と賠償に応じないように日本企業への通達を要望する。
また、在韓邦人に対するリスクも高まっていることから、日本企業の韓国撤退を促すよう求める。

参考:
yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3265.html
yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3269.html
www.sankei.com/politics/news/181030/plt1810300039-n1.html
www.sankei.com/world/news/181111/wor1811110013-n1.html
ryotaroneko.ti-da.net/e10792497.html
ryotaroneko.ti-da.net/e10787124.html
ryotaroneko.ti-da.net/e10800561.html
ryotaroneko.ti-da.net/e10791539.html
ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-5070.html
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000042-san-pol
deliciousicecoffee.jp/blog-date-20181030.html
deliciousicecoffee.jp/blog-date-20181101.html
blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35302119.html
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト