官邸メール詳細
テーマ【号外8897】
金の保有に関する法律を求める
ご要望
金の価格は、ドルの価値と反比例する。ドルの価値が下がると予測する向きは、
ドル紙幣またはドル建て債券を売って、金に変えようとする。
ロシアは、2017年末に920億ドルの米国債を保有していたが、2018年7月には150億ドルに減らし、
その分、金を購入し、今や世界第六位の金保有国になった。
国家としての金保有をみると、先進国のなかで、米国がダントツで、日本が一番少ない。

米国    8733トン
ドイツ   3373(米国から預託分1700トンを取り返した)
IMF   2814(SDRの保証システムでもある)
イタリア  2451
フランス  2450
ロシア   1944(2017年は536トンだったから急増している)
中国    1054(ほかに金企業と民間とで合計3000トン強と推定)
スイス   1040
日本     764(全量をアメリカに預託している)
オランダ   612
以下、トルコ,インドなどが続く。

日本は、保有量が少ないだけでなく、全量を米国の金庫に預託しているという問題がある。
従って、もし我が国が首都の大災害などで米国債や手持ちの金を大量に売却する必要が生じた場合、
預託している金や米国債の資産凍結をやられる恐れが大である。
米国は、自国の経済安全保障のためであれば簡単に他国の資産を凍結しうる法律を持っている。
いつまでも米国の属国ではないという意思表示を行うためにも、また我が国の資産の安全を図る上からも、
以下の趣旨の法律を制定すべきではないだろうか。もしくは政令でもよい。
よって、金の保有に関する法律を求める。

例
1. 我が国が保有する金は、日銀で保管することとし、海外に預託してはならない。
2. 海外債権と金の保有割合は、20年以内に2対1になるように、政府は計画的な実施を図るものとする。
3. 所要の経過措置を設けるものとする。

参照
rippou.jimdo.com/http/rippou-jimdo-com/金の保有に関する法律/
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト