官邸メール詳細
テーマ【号外8904】
パチンコ景品交換所や場外馬券場の改廃に賛成する
ご要望
(2018年9月25日 選択出版より引用)
 菅義偉内閣官房長官が、安倍晋三首相の自民党総裁連続三選を前提に、「次の一手」をあれこれ仕掛け始めている。携帯電話料金や漁業協同組合改革についての言及が代表的だが、菅氏がさらに踏み込もうとしているのが「ギャンブル依存症対策」という聖域だ。
 それが、パチンコと競馬に対する規制強化だ。ギャンブル依存症対策基本法は具体策を政令に委ねている部分が多く、行政の判断で動かせる部分が多い。菅氏はここに着目し、パチンコ景品交換所や場外馬券売り場の改廃に踏み込む意向をにじませているという。どちらの業界にしても、抵抗の大きさは携帯電話会社や漁協の比ではないだろう。パチンコ業界から献金を受け取る議員が多いことは言わずもがな、競馬にしても農林水産省の牙城で「族議員」も多い。
 また、パチンコや競馬のファンが暴動を起こしかねないと懸念する声も強い。それでも、「強い政権でなければ改革はできない」と菅氏は意気軒高だ。
(引用終わり)

このギャンブル依存症対策に向けたパチンコやギャンブルの規制に賛成する。
いきなり全廃は厳しいが、真綿で首を絞める形でいいので、実現を望む。
また、媚韓、媚北政権になってしまった時、緩和できないような法律も合わせて望む。

参考:
www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=mz7Y-RLs5yU
hosyusokuhou.jp/archives/48823620.html
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト