官邸メール詳細
テーマ【号外8922】
NATOのサイバー演習への本格参加に賛成する
ご要望
(2018年9月2日 産経新聞より引用)
 政府が、北大西洋条約機構(NATO)のサイバー防衛演習に本格的な参加を検討していることが1日、分かった。ロシアからのサイバー攻撃にさらされるNATO加盟国は、サイバー分野の知見を多く蓄積している。政府はサイバー防衛を協力の優先分野に位置付け、NATOとの関係を深化させる考えだ。

 政府が想定するのは、NATOサイバー防衛協力センター(CCDCOE)が毎年行っている世界最大のサイバー防衛演習「ロックト・シールズ」への参加だ。参加者が攻撃側と防御側に分かれ、インフラなどを標的とする大規模なサイバー攻撃を受けた際の対処能力の向上を図る。
(引用終わり)


これに賛成し、早期実現と、長期にわたる参加を望む。

参考:
www.sankei.com/politics/news/180902/plt1809020001-n1.html
戻る
余命三年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト余命3年時事日記 ミラーサイト